デシル グルコシド。 オーガニック ビネガーフォーム ポンプ 500ml

オーガニック ビネガーフォーム ポンプ 500ml

デシル グルコシド

デシルグルコシドは、肌に優しくベビーシャンプーなどにも使用されている、非イオン系の洗浄成分です。 デシルグルコシド 出典 成分評価3 デシルグルコシドとは デシルグルコシド decyl glucoside は、コンスターチ由来のグルコースとデカール ココナッツ由来の脂肪族アルコール を反応させて合成する非イオン系界面活性剤 ノニオン界面活性剤 です。 洗浄剤として使用される成分で、一般にグルシド系と呼ばれるもので肌へ刺激が少ない事で、ベビーシャンプーや敏感肌の人向けに使用されている、洗浄成分です。 デシルグルコシドの効果、効能 デシルグルコシドは、洗浄能力としては、比較的強めですが、肌への浸透力が低く、表面の汚れのみを落とすとして注目を集めている洗浄成分です。 ただ、主剤として使われる事は無く、主洗浄成分の助剤として使用される事が多い洗浄成分です。 デシルグルコシドは、特にしっとりとした、マイルドな泡立ちで、肌のうるおいを逃がさないため、シャンプー、ボディーシャンプー、そして食器用洗剤などにも使用されている成分です。 デシルグルコシドの毒性、副作用、安全性 デシルグルコシドは、アレルギー性も低く、赤ちゃんや敏感肌向けに使えるように、肌への刺激が少ない成分です。 そのため洗浄成分の中では、比較的刺激が少ないと言えます。 また生分解性もあるため、環境影響が低いとも言えます。 そのため、肌や環境への影響が少ないとして、食器洗いの洗剤成分としても使用されております。 食器洗い用にも使用されていると、いやがる方も多いですが、実際は主剤の刺激から手肌を守るために使用されているものです。 成分が含まれる製品一覧 成分が含まれるその他の商品一覧.

次の

デシルグルコシドとは

デシル グルコシド

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~ 当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。 あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。 【最重要】ロクシタンファイブハーブスリペアリングシャンプーの洗浄成分は? いくらいい香りがするロクシタンブランドであろうが、シャンプーはシャンプー。 故に最も注目するべき成分はなんちゃらハーブエキス!・・・などでは無く、『洗浄成分』です。 シャンプーはあくまでも、頭皮や髪を洗浄するもの。 この洗浄成分がメッチャ強力であれば、365日毎年毎年髪や頭皮にダメージを与え続けることになります。 1回や2回では大した差ではなくても、これが1年、2年…と続けば膨大なダメージになるのは間違いいないし、一度負ったダメージを回復させるよりも、予めダメージを最小限に抑えるほうが費用面でも、労力面でも100倍楽です。 洗浄成分1, ラウレス硫酸Na うおッ。 初っ端から来たか・・・と思わず呟いてしまった成分がコチラの『ラウレス硫酸ナトリウム』 あなたはシャンプーの解析記事を読んでいただいているくらいですから、「ラウレス硫酸は何か止めといたほうがいい」と聞いたことがあるかもしれません。 流石に一般的にもこの成分がメッチャ強力なのは、知れ渡ってきているので国内のブランドなどは、代替え成分として「オレフィンスルホン酸」を使用するケースが多いです。 (まあ、このオレフィンスルホン酸もバカみたいに洗浄力が高いのですが・・・) ただ、海外ブランドのシャンプーはまだまだ、このラウレス硫酸ナトリウムが使わていることがかなり多いですね。 というのも、欧米人の毛髪は日本人に比べてかなり強固なので、多少洗浄力が強くても髪の毛が耐えてくれるので、強めで安価な成分が使われることが多いんです。 と言ってもココはJAPAN。 日本人の毛髪事情にあったシャンプーを使うべきだ!というのが私の考えです。 洗浄成分2,デシルグルコシド あまり聞き慣れない成分ですが、低刺激ながらかなり強めの洗浄力があるのがこの成分。 髪のキシみが気になる人やダメージが気になる人には全く向いていない成分ですね。 洗浄成分3, コカミドプロピルベタイン 殆ど全てのシャンプーに配合されている成分がコチラの『コカミドプロピルベタイン』という成分。 刺激性に関してはかなりの低刺激で、ベビーシャンプーにも配合されるほど優しいですし、洗浄力もマイルド。 と言った良成分ですね。 よくこの手のラウレス硫酸ナトリウムなどの強力な洗浄成分をメインに持ってきているシャンプーの、洗浄力緩和のために配合されるんです。 と言ってもラウレス硫酸はメチャ洗浄力が高いので、この成分を配合したからと言って、全体の洗浄力がマイルドになるか?と言ったらまだまだ、まだまだ強いです。 総合的に見ると、一昔前に1000円以下の市販品によくある王道的ダメシャンプーの成分構成ですね。 ただでさえ、『ラウレス硫酸』のみでも強力な洗浄力があるのに、『デシルグルコシド』という洗浄力が強い成分がプラスされているのが、意味不明です 汗 もし、あなたがダメージを気にするのであれば、使うべきではないし、カラーやパーマの持ちも必要以上に悪くなるのは間違いないです。 恐らく私がこのシャンプーを使うことは一生に一度も無いでしょう・・・ その他の成分も微妙すぎる・・・ 洗浄成分がアウトーーー!な時点でいくら優れた補修成分を配合しようが無意味ですが、一応その他の補修成分についても目を向けてみました。 が! 「これは!!」といえる成分が1つも無いんです。 たったの1つも無いんです(汗) ロクシタンのシャンプー自体、補修効果を謳ったりとかあまりしていないので仕方ないと言えば仕方ないですが、頭皮や髪に良いといえる成分が1つも無いのが痛い、痛すぎる。 ラベンダー油、ゼラニウム油などの香りに関する成分はあれこれと入っているんですが、毛髪や頭皮を保湿してくれるとかそういう成分がほぼ入っていないのは潔いというか、何というか。 強いていうのであれば、『パンテノール』という成分は育毛剤などにも配合されることがあり、育毛効果が期待できるかもって成分です。 と言っても、珍しい成分でもなく誰もが知っている市販シャンプー「パンテーン」等にも配合されている成分なので、ロシタタンシャンプーで無くても・・・っというのが本音です。 う~ん、香りは良いのかもしれませんが、保湿、補修成分に関して言えばショボい。 ショボすぎる。 【結論】このシャンプーを使う理由が1つも見当たりません。 洗浄成分も市販レベル並・・・と言いたいところですが、最近は市販品もジワジワレベルが上がってきているので、正直言って市販品よりもレベルが低いと思います。 価格に関しても、300mlで2592円、1ml辺り8,6円と決して安い!とは言い難い価格設定。 友達がロクシタン大好きでプレゼントしたいというのであれば、シャンプー意外の商品を検討してみることをオススメします・・・ もし、あなたがロクシタンが好きで好きでたまらなく、「毛髪のダメージなんかどうでも良いッ!」と言い切れるのであれば、引き止めはしません。 が1%でもダメージが気になるのであれば、洗浄成分がマイルドなアミノ酸系のシャンプーを使うことを強く、強くオススメします。 という事でぜひぜひ参考にしていただければ幸いです。 もう何年もシャンプージプシーです。 笑 知識がないので美容師に言われた、 高ければ高いほど良い成分が入ってると その言葉を信じ買い続けましたが このブログを見せてもらい 自分あほやったんやなと思いました!笑 早速おススメの無印かヒマワリを 買いにいこうと思ってるのですが、 私は頭皮のにおいが1番気になってます。 次に毎月カラーもしてて痛んでもいます。 笑 貴重な感想頂きありがとうございます。 外資系のシャンプーって元々外人向けの商品だからか、成分が強いものが多いんですよね。 外国人の髪は日本人の髪よりもかなりタフなので、洗浄成分が強くても大丈夫だったりします。 しかも、毎日髪を洗わない国もありますし。 美容師に言われた、 高ければ高いほど良い成分が入ってると これはちょっと酷いですね。 シャンプーは価格が高くても、成分がダメダメな商品もかなり多いです。 むしろ市販以下でしょ?みたいな。 膨大な広告費、ブランド料で高いだけの商品も多いですからね~。 (無印やひまわりでもOKです) ロクシタンに使われているような、『ラウレス硫酸』系のシャンプーを使ってきたのであれば、必要言う場に脱脂していたので、頭皮の油分の分泌量が増えてしまって、ニオイのものになっている可能性が考えられます。 なので、優しい成分のもので、2シャンし徐々に頭皮を慣らしていくのが良いかと。 少しでも参考になれば幸いです!.

次の

洗剤、シャンプーに使われている【アルキルグルコシド】の成分と特徴

デシル グルコシド

アルキルグルコシドの特徴について 名称、原料の由来、構造について アルキルグルコシドは、台所洗剤やシャンプーに配合される非イオン(ノニオン)性界面活性剤になります。 生分解性がよく、刺激が少ないのにも関わらず、起泡性がいいのが特徴です。 反応させる糖と高級アルコールの種類によって、アルキルグルコシドの性質が変わってきます。 高級アルコールを構成している炭素数が多くなればなるほど肌刺激は減っていく傾向があります。 炭素の数が6個以上連なったものに水酸基(ーOH基)がついているものを指します。 さらに付け加えると、グルコースの水酸基(ーOH基)と有機化合物の間で酸素を介したエーテル結合(-O-)を形成しているものになります。 化粧品や台所洗剤としては、ブドウ糖と炭素数が10個前後の高級アルコール(脂肪族アルコール)が結合したものがよく使われています。 アルキルグルコシドは高級アルコールの炭素数ごとにそれぞれ名称が異なります。 炭素数8個 カプリルグルコシド• 炭素数10個 デシルグルコシド• 例えば、アルキルグルコシドの一種であるデシルグルコシドの合成原料は、とうもろこし(コーンスターチ)とココナッツ由来のものを使っているそうです。 デシルグルコシドは、コーンスターチ由来のグルコースとココナッツ由来の脂肪族アルコールであるデカノールを反応させて生成する。 出典: 下図はアルキルグルコシドの構造式になります。 左側のO(酸素原子)のところの部分までが糖(グルコース)由来の原料部分(親水性)、右側の折れ線が高級アルコール部分(疎水性)になります。 出典: 表示について 洗濯表示の場合(家庭用品品質表示法における成分表示)であれば、 「アルキルグルコシド(AG)」となっていますが、化粧品原料の場合では、 「アルキルグルコシド」という表示ではなく、 「カプリルグルコシド」、「デシルグルコシド」、「ラウリルグルコシド」のように炭素数ごとの名称になります。 アルキルグルコシドは、ココナッツなどの植物性の原料を使用しているので、高級アルコールの炭素数に幅があります。 そのため、医薬部外品で使われている名称では、 「アルキル 8〜16 グルコシド」というように、( )かっこの部分に含まれている高級アルコールの炭素数が記載された表示になります。 <アルキルグルコシドの表示 (炭素数10個のデシルグルコースの場合)> 表示の種類 名称 化粧品原料名 デシルグルコシド 医薬部外品原料規格名称 アルキル 8〜16 グルコシド 家庭用品品質表示法における成分表示 アルキルグリコシド(AG) 性質について 低刺激 構造的な性質としてアルキルグルコシドの高級アルコール部分の炭素数が多い方が、肌に対してよりマイルドな傾向があります。 アルキルグルコシドのような非イオン界面活性剤は、電荷(静電気)を持ちません。 タンパク質に吸着する作用が弱く、タンパク質の立体構造を壊して性質を変えてしまう 「タンパク質の変性」が起きにくい傾向があります。 そういうことから 皮膚や目に対して低刺激の原料となっています。 ところが、食器洗いにも使われているように油汚れも落とすぐらいの洗浄力は備わっています。 しかも台所で使う場合、かなり長時間接触(例えば30分以上とか)することになりますよね。 特に冬場は、お湯を使って洗うことになりますし。 低刺激といってもあまり過信しないほうがいいので、洗浄剤として使うときには、できるだけ接触時間を短くした方がいいかと思います。 例えば台所用洗剤のようにあらかじめ長時間使う事が分かっているのであれば、手袋を活用したほうがいいかもしれません。 優れた起泡性、硬水中でも使える アルキルグルコシドは、刺激が少ないのにも関わらず、陰イオン界面活性剤並に起泡性がよく、洗浄力が高い性質があります。 台所洗剤やシャンプー、ボディソープなどの洗浄剤として使われています。 他の界面活性剤(陰イオン、陽イオン、両性イオン界面活性剤)が共存していても、性質が変わらないので、幅広く活用できます。 ただし、アルキルグルコシドの炭素数が増えると起泡性がさがり、乳化剤としての用途で使われています。 アルキルグルコシドは非イオン界面活性剤で、電荷(静電気)を帯びていないため、ミネラル分が多い硬水中でも性質が変わらず使うことが出来ます。 優れた生分解性、水生環境によい もともと天然成分の糖と高級アルコールから出来ているので、生分解性はかなり優れた界面活性剤になります。 生分解性がいいとなると肌への吸着が少なく、より安全に使えます。 イメージが良い 天然植物由来の原料(コーンやヤシ油)を使って合成されているので、流行りのボタニカルやオーガニック系統のシャンプーや洗剤に使いやすい成分です。 しかも低刺激で生分解性も良いのでイメージはいいのではないでしょうか。 安全性について アルキルグルコシドに関して、毒性、発がん性、アレルギー性は、ないことが報告されています。 ただし、海外の文献にて皮膚に接触したままの化粧品ではアレルギーの可能性も示唆されています。 毒性について 毒性(急性毒性)については、化粧品原料メーカーの書類を参照にすると、使用上ないことが報告されています。 単回暴露後に、特定の臓器に対して毒性を示すことはありません。 出典: 発がん性について 発がん性についての危険性は、化粧品原料メーカーの書類を参照にすると、使用上ないことが報告されています。 入手可能なデータから、発がん性はないと考えられています 出典: アレルギー性(感作性)について アレルギー性(感作性)についての危険性は、化粧品原料メーカーの書類を参照にすると、使用上ないことが報告されています。 ただし、海外の報告では、接触したままの化粧品でアレルギーの報告もあります。 入手可能なデータから、皮膚感作性についてはないと考えられています 出典: During the past 15 years, numerous cases of allergic contact dermatitis have been published, mostly to lauryl and decyl glucosides, and these compounds are considered emergent allergens. Interestingly, the sunscreen Tinosorb M contains decyl glucoside as a hidden allergen, and most cases of allergic contact dermatitis reported to this sunscreen ingredient are probably due to sensitization to decyl glucoside. 日本語訳:過去15年間に、アレルギー性接触皮膚炎の多くの症例がラウリル、デシルグルコシドで報告され、新たに出現したアレルゲンであると考えられる。 興味深いことに、サンスクリーンのTinosorb Mは、潜在的なアレルゲンとしてデシルグルコシドを含んでおり、この日焼け止め成分で報告されたアレルギー性接触皮膚炎のほとんどの症例は、おそらくデシルグルコシドに対する感作によるものである。 出典: 使われている製品 デシルグルコシドやラウリルグルコシドのような炭素数が10前後のものは、シャンプーやボディーソープなどヘアケア、ボディケア商品に配合されています。 その他、洗剤として、台所用食器洗剤としてよく活用されています。 炭素数がさらに多いグルコシド原料になると乳液や日焼け止め、メイクアップ用品の乳化剤としても配合されています。 台所用洗剤 アルキルグルコシド使用の洗剤 ドルチボーレナチュラルウォッシュに洗浄剤主成分として配合されています。 シャンプー デシルグルコシド スキンケア発想のヘアケア【モイストヘアケアシリーズ】 アミノ酸系主体のシャンプーですが、洗浄剤成分として添加してあります。

次の