鹿島 アントラーズ ブログ。 鹿島アントラーズ 中指事件

鹿島アントラーズ|スポンサー企業一覧

鹿島 アントラーズ ブログ

今シーズンのJリーグもいよいよ残り2節を残すのみとなった。 としては逆転優勝に向けとにかく連勝し、クラブ・サポーターが一体となって奇跡を信じるだけである。 そんな中、や某板である出来事が騒ぎとなった。 発端は11月1日homeで行われた戦。 一部の鹿島サポーターが中指を立て自身のにアップし騒動に発展した。 それから3週間以上経過したがいまだ当事者を非難する声が目立つ。 そもそもは今の時代、企業としても個人としても世の中へアピールする重要な武器になるはずのものだ。 しかし今回の話しに限らず誤ったアピールにより企業や個人に対し非難が集中することが本当に多い。 「時代の流れで を始めてみた」が「時代の波にのまれてしまった人」時代遅れの人間があまりに多い。 話しをもとに戻そう。 結局何が言いたいかと言うと鹿島サポーターはをサポートすることに専念しよう。 今回の当事者は反省していると思うし、私個人としては同じ鹿島サポーターとして信じたい気持ちである。 とにかく2冠!笑って終わりましょう! yuichigarden.

次の

鹿島アントラーズの戦術ブログを始めたきっかけはビジネススクールの講義│ロニーの鹿島アントラーズ戦術小屋ロニーの鹿島アントラーズ戦術小屋

鹿島 アントラーズ ブログ

週末から再開されたJリーグでは、選手交替枠が3人から5人に変更されています。 土曜のゲームが終わった時点で、自分で確認していたのですが、スポニチに、ルール変更による影響がどれくあらいあったのか数えた記事が掲載されていました。 5人の交替枠を使いきったのは、J2の22クラブ中の10クラブだったようです。 私がざっと見たところでは、4人か5人の交替を行っているクラブが多かったと思います。 記事にもある通り、攻撃的な選手の交替が多く見られました。 これまでも、攻撃的な選手の交替が多かったでしょうから、もう少し詳しく見てみないと攻撃的な選手の交替が増えているかどうか、はっきりとは分かりません。 交替のタイミングが、ハーフタイムを除いて3回に限定されていることも、やはり、ポイントになりそうです。 前半を交替なしで乗り切って、ハーフタイ... 【アントニオ】ルール変更 昨日、J2リーグ戦が再開しました。 自陣の右サイドでボールに触ってから、斜めに全速力で走って、左サイドで受けてゴール右隅に決めました。 スタジアムの雰囲気ですが、懐かしい(?)ヴェルディの応援が聞こえて来ました。 ホームのヴェルディが、自分たちの都合の良いように音を流せる訳ですが、このままで良いんでしょうかね…。 もし、無観客が長く続くようだったら、勝つために利用するクラブが出て来るかもしれません。 例えば、ヴェルディの最後のPKのシーンで、蹴り辛い音を出すとか出来ますよね。 サポーターがやっているから、大きなフラッグを振ったりするのもグレーゾーンですが、本来であればプレーを邪魔する行為です。 野球場にはバックスクリーンが設置されていますし、良く良く考える... 【アントニオ】Jリーグ再開 と、タイトルをつけてみたものの、スイッチをオフにしていたために情報がまるでない。 少ない試合を観た手持ちの感想からすれば、ザゴは特定選手を優遇というイメージがある。 実際、全戦力を均等に使える監督なのだろうか。 ブエノを放出してしまったように、自分の好みに合わない選手は干されていくような感じがするのだが、無理にでも使っていかないと今年は乗り切れない。 どこまで我慢するかわからないが、今のところは実績のある選手からメインにしていくという感じだろうか。 前の記事にも書いたが点がまったく取れていないことが強い懸念材料で、エヴェラウドが使い物にならないと判断したならば上田や染野、あるいは中盤から誰かコンバートしてでも得点を取れる選手を使って欲しい。 どうにもブロガーさんや掲示板の情報を見ていると、エヴェラウドがハズレっぽいのが心配で・・。 ボランチは個人的には永木.. ユヴェントス・フットボール・クラブ Juventus Football Club s. a は、イタリア・トリノを本拠地とするサッカークラブチーム。 ユヴェントスはラテン語で「青春」という意味。 「ユーヴェ」と略称される場合もある。 愛称はエンブレムやユニフォームからビアンコネッロ(イタリア語で「白と黒」、複数形でビアンコネッリとも)や、シニョーラ(同じく「老貴婦人(イタリアの貴婦人)」)などがある。 クラブ設立当初のユニフォームはピンクであった。 エンブレムの真ん中にいるのは馬ではなく牛。 これはホームのトリノ市の紋章にも描かれていて、トリノの語源が「タウリーニ 牛の人々 」であることが由来である。 セリエA優勝27回(最多)など、イタリアのみならず世界を代表するチーム。 ただしUEFAチャンピオンズリーグの優勝回数2回はACミランの7回には及ばない。 96年から98年には3年連続決勝に進出。 過去7度決勝に進むもうち5度は準優勝に終わっている。 欧州の主要リーグでは、国内リーグの優勝回数が最も多いクラブがチャンピオンズリーグの優勝回数も最多である場合が多いのだが、セリエAに関しては例外である。 ホームタウンという概念が確立しているヨーロッパには珍しく、全国的な人気を持つクラブである。 ただし全国的に人気があることが嫌われてか、地元トリノではトリノFCの方が人気がある。 ホームスタジアムのデッレ・アルピは、平日開催の試合や、コッパ・イタリアの試合などで閑散となる事がしばしばある。 その後、ユヴェントスは「カルチョ・スキャンダル」における八百長に対するペナルティを受け、2006年にクラブ史上初めてセリエBへの降格処分となった。 パリ・サン=ジェルマン・フットボール・クルブ(Paris Saint-Germain Football Club、PSG)は、フランス・パリに本拠地を置くサッカークラブチーム。 1970年創立の比較的新しいクラブチームで、過去にはジョージ・ウェアやライー、ロナウジーニョらが所属した、多国籍チームである。 新興チームであり、優勝実績もさほど多くはないながら、国内での人気は高い。 ファッションデザイナーのダニエル・エシュテルが会長だったことがあり(在職1974年 - 1978年)、チームのユニフォームは彼の手によるものである。 エンブレムにはパリのシンボルであるエッフェル塔が描かれている。 欧州や南米のサッカークラブは、元々総合スポーツクラブとして誕生し、発展した例が多い中、パリSGの生い立ちはやや異質である。 設立時には、パリ出身の著名人、たとえばジャン=ポール・ベルモンドなども出資をしている。 オランピック・ドゥ・マルセイユ(Olympique de Marseille)(英語読みはオリンピック・マルセイユ)は、フランス・マルセイユに本拠地を置くサッカークラブチーム。 現在はフランスリーグのリーグ・アンに所属しており、1899年に設立されたフランスの名門サッカークラブチーム。 同じ名門であるパリ・サンジェルマンとの一戦は大変な盛り上がりをみせ、フランス中の注目を集める。 同時に当時の会長の脱税などスキャンダルが相次ぎ、チームも2部に降格処分を受けた。 近年はアフリカの有望選手や若手など積極的に補強。 2004-2005シーズンには元日本代表監督のフィリップ・トルシエが指揮を執り、その縁もあって中田浩二も在籍した。 ジネディーヌ・ジダンがかつて少年時代に憧れていたチームでもある。 アーセナル・フットボールクラブ Arsenal Football Club はイングランドの首都ロンドン北部に拠点を置くプロサッカークラブである。 愛称は「ガナーズ Gunners 」。 またアーセナルのサポーターのことを「グーナー Gooner 」という。 プレミアリーグに所属している。 資金がそれほど豊富なクラブではないため、ビッグネームと言われる選手を他クラブから引き抜く事はあまりなく、移籍金のかからない15〜17歳前後の将来有望な若手選手を獲得する手法をよく採ることでも知られる。 ただし、2006年から新スタジアムに移転したことで収益性が増し、2007年現在、レアル・マドリードに次いでヨーロッパで2番目に裕福なクラブとなった。 また過去にはリーグ優勝13回、FAカップ優勝10回と多数のタイトルを勝ち取っている。

次の

鹿島アントラーズ サッカーブログ・テーマ

鹿島 アントラーズ ブログ

鹿島アントラーズ育成チームで「金髪」など人種差別発言【兄弟で提訴】 【モバイル】 スタッフダイアリーとロッカールームを更新しました。 上記は弟が受けたいじめで、ジュニアユースチーム所属だった兄も、監督に公式戦に出してもらえないといういじめを受けたと語っています。 今のところアントラーズの育成チームの運営会社「鹿島アントラーズ・エフ・シー」は訴訟内容を否定しています。 問題の鹿島アントラーズのジュニアユースには、鹿島(鹿嶋市)、ノルテ(日立市)、つくば(つくば市)の3チームがあり、「つくば」のジュニアユースで起きた出来事のようです。 本当に差別的な発言があったのかなかったのか、トップチームの話ではありませんが、しっかり調査して頂きたいと思います。 最初ニュースで見た時は「出場されないのは本人の問題では?」と思いましたが、Jリーグのユースってそこまでたくさん人数居ないので、1度も公式戦に出られないというのは本当なのか疑問が残りますね。 試合に出れなかっただけで訴訟したら、勝ち目が無いと思うので、「火のない所に煙は立たぬ」なんらかの出来事はあったのではないかと考察します。 鹿島に処罰、処分はあるのか 暴力と差別のせいで、僕の国イタリアのスタジアムがほとんど空っぽになってた。 Jリーグのスタジアムもそうなったらいい? みんな、考えましょう… そして、タイムリーなtweetありがとう、槙野選手! — チェーザレ CesarePolenghi Jリーグで差別的な発言というと、2014年に浦和レッズのゴール裏のクルバ所属のサポーターが、人種差別を連想させる横断幕を提出して村井チェアマンが会見、Jリーグ史上初の無観客試合の処分が下されました。 事件が起きたのは2014年の3月のサガン鳥栖戦で、無観客試合になったのは同3月の清水エスパルス戦。 史上初の無観客試合に大勢の報道陣が集まりました。 今回の鹿島での出来事はユースチームでの出来事ではありますが、もし鹿島が訴訟内容を認めるような事があった場合Jリーグが何からの発表を行う可能性はあるのではないでしょうか。 Jリーグは みなさまには、スタジアムの内外において、日頃よりJクラブや選手たちの応援・サポートを通じてJリーグを盛り上げていただき誠にありがとうございます。 私たちは、安心かつ安全で快適、そして年齢、性別、国籍などの区別なく誰もが夢を見て、楽しめるJリーグでありたいと考えています。 このような考えに基づき、Jリーグのスタジアム内外における掲示物等のメッセージは、それに触れる方々が共感し、感動を共有できるものにしましょう。 Jリーグを、「世界で一番フェアでオープンなリーグ」にしていきましょう。 というチェアマンのメッセージを伝えています。 スポンサーリンク まとめ 2月21日(金)の開幕を楽しみにしている矢先、鹿島アントラーズの育成チームでの人種差別問題。 もし事実だったのなら、とても残念な事ですね。 育成チームでの出来事なので、罰則や処罰はないかもしれませんが、事実かどうかをしっかりと調査し、もし事実なら再発防止につとめて欲しいと思います。 スポンサーリンク.

次の