クリームシチュー クラムチャウダー 違い。 クラムチャウダーとクリームシチューの明確な違いとは何ですか?

クリームシチューに合わせる簡単おかずおすすめ33選!

クリームシチュー クラムチャウダー 違い

チャウダーの意味とは? それではさっそく「チャウダー」について解説していきます。 アメリカでチャウダー(chowder)といえば、 スープ料理の一種となっています。 スープの中で も具沢山で食べ応えのあるスープとなっており、 ベーコンなどの肉類、魚介類、じゃがいもなどたくさんの食材が使われます。 そのため、チャウダーといっても地方によっては使われる食材や味付けが異なり、様々な種類のチャウダーが存在しています。 白身魚が入ったものは「 フィッシュチャウダー」、とうもろこしが入ったものは「 コーンチャウダー」、豆類がが入ったものは「 ビーンズチャウダー」と呼ばれていますね。 また、アメリカは多民族国家であることから、地域によってベースとなるスープの味付けも全く異なります。 例えば、イギリスからの移民が多い地域では、日本でも食べられているクリームを使った「ニューイングランド風」のチャウダーが主流となっています。 また、 イタリアからの移民が多いマンハッタンでは、 トマトをベースにした「マンハッタン風」のチャウダーが主流となっています。 クラムチャウダーってどんな料理? それでは、日本で主に食べられている「クラムチャウダー」とはどのようなスープ料理を指すのでしょうか? クラムチャウダーは生クリームが使われることから、 「クリーム=クラム」を使ったチャウダーだと勘違いしている方が意外と多いようです。 クラムチャウダーはアメリカでもクリームを使ったスープをベースとしているため、ニューイングランド風のチャウダーの一種になります。 チャウダーの語源 続いて「チャウダー」という料理名の語源について解説していきます。 「チャウダー」は古くから存在する料理であり、語源は諸説ありますが、 フランス語が語源となっている説が通説のようです。 チャウダーとシチューの違い 最後にチャウダーとシチューの違いについて解説していきます。 日本ではチャウダーとシチューのどちらにもクリームが使われるのが主流のため、 よく似た料理となっていますよね。 味の違い まずは「味の違い」ですが、チャウダーには二枚貝などの魚介が使われることが多いため、 海鮮系スープの味がします。 一方でシチューは 肉類や野菜類などの食材を中心に作られるため、根本的にチャウダーとは味が異なります。 調理工程の違い チャウダーは 食材を細かく刻むことから煮込み時間が短いのが特徴です。 シチューは食材を大きめに刻むことから、煮込み時間も長く、食材がごろごろ入っているのが特徴です。 ポジションの違い チャウダーは「スープ」として食べられますが、 シチューは「メイン料理」として食べられています。 先ほども解説しましたが、チャウダーの方が食材が細かく刻まれていますが、シチューはごろごろと食材が入っているため、より食べ応えがあるのです。 以上が「チャウダーの意味とは?」についてでした。

次の

シチューの素で簡単おいしい!クラムチャウダーの作り方

クリームシチュー クラムチャウダー 違い

クラムチャウダーは、はまぐりなどの二枚貝を使ったクリームスープです。 シチューではありません。 ですからレストランのメニューではメインディッシュになることはなく、スープの項目に入ります。 クリームシチュー、は主材料は限定しませんが、スープのようにべしゃべしゃではなく、あくまで「白いソース」で煮こんだ料理です。 レストランではメインディッシュとして供します。 <補足>別にほうれん草やベーコンがはいっててもいいのですよ。 主材料が二枚貝であれば、ね。 ビーフシチューにジャガイモが入ってても牛肉が主体ならOK,というのと一緒。 ポイントは、二枚貝が「主たる材料」であり、「スープ」であることです。 スープにも当然店によって濃淡があって、とろみの強い店もあるんですけどね。 チャウダー(chowder)はアメリカで生まれた具だくさんのスープをさします。 具材によって名が変わりますが、特に決まった味付けはありません。 シチュー(stew)は、野菜や肉、魚介類を出汁やソースで煮込んだ料理をさします。 そのなかで、ホワイトソースや生クリームを使った物をクリームシチューと言います。 ただシチューとスープの区別は曖昧なので、「クリーム系のクラムチャウダー」と「二枚貝のクリームシチュー」では、区別が付かないのも事実です。 まあ美味しいのですから、名前はどちらでも良いのかと。 仮にベーコンとほうれん草がメインの具材ならば、ベーコンとほうれん草のチャウダーとなります。

次の

クラムチャウダーとクリームシチューの違い〜クラムチャウダーとクリームシチューの違いを簡単解説

クリームシチュー クラムチャウダー 違い

Contents• チャウダー・シチュー・ポタージュの定義は? チャウダー チャウダーとは、魚介類、じゃがいも、ベーコンなどがたっぷり入ったアメリカ発祥のスープのことです。 ハマグリやアサリなどの二枚貝が入ったクラムチャウダーが有名ですよね。 その他にも白身魚のフィッシュチャウダー、スイートコーンのコーンチャウダーなどもあります。 クラムチャウダーと言えば、牛乳ベースの白いクリームスープを思い出しますが、ニューヨーク風のクラムチャウダーは赤いトマトスープになるそうです。 シチュー シチューは英語で煮込み料理を意味します。 本来は、野菜や肉、魚介類をダシやソースで煮込んだ料理の総称です。 日本でシチューと言えば、クリームシチューかビーフシチューのいずれかのことを指します。 どちらも、小麦粉を炒めて作ったルーを加えたとろみのあるものが定番です。 ポタージュ ポタージュはフランス語でスープ全般のことを指します。 つまり、フランス語では、コンソメ、ブイヤベース、ヴィシソワーズ、ビスク、ポトフなどはすべてポタージュになります。 でも、私たちは「ポタージュ=スープ」の意味では使いませんよね。 日本では、澄んだコンソメースープに対してとろみのある不透明なスープのことをポタージュと言っています。 違いはなんなの? 具の大きさを見ると、分かりやすい違いがあります。 シチューとチャウダーを比べると、シチューのほうが具が大きくなります。 シチューは元々、煮込み料理。 ということは、具がメインなので必然的に大きくなるのでしょう。 チャウダーはスープなので、シチューよりも具が小さいのかもしれませんね。 具を小さく切ることによって、短い加熱時間で手軽に作ることができます。 ポタージュは具入りのものもありますが、裏ごしをしていて具がないものが多いです。 スポンサーリンク チャウダーの素とシチューの素は代用できる? スーパーを見てみると、シチューの素と並んでクラムチャウダーの素もいくつか販売されていました。 ですが、品数は圧倒的にシチューのほうが多かったです。 クリームシチューの素でチャウダーを作っている方はたくさんいるようです。 また、メーカーからもシチューの素で作るチャウダーのレシピを提案されています。 同じように、クラムチャウダーの素でシチューを作ることもできます。 シチューを作るつもりが間違ってチャウダーの素を買っていたとしても、慌てなくて大丈夫ですよ。 どちらの素で作っても、美味しくできるということですね。 ただし、 シチューの素のほうがチャウダーの素に比べるととろみがあります。 そのため、分量どおりで作ると、シチューの素で作ったチャウダーはとろみの多いものに、チャウダーの素で作ったシチューはさらさらしたものになります。 もちろん、そのまま作ってもかまいませんが、水分量を調節したり片栗粉や小麦粉を使ったりしてお好みのとろみにしてもいいですね。 最後に.

次の