ヒロインは絶望しました。 ヒロインは絶望しました。(1)

ヒロインは絶望しました。って漫画が色々ヤバイって言う話

ヒロインは絶望しました

ヒロインは絶望しました。 声が小さくなるとヤンデレの秋葉は更に「ちゃんと数えないとまた一からやり直しだよ?」とお尻叩きを続ける。 渋谷がお尻の感覚な無くなり始めた時、秋葉は提案で「パンツも脱いでくれない?」と話す。 残り72回のところを10回にするという約束で、渋谷はパンツを脱ぎ秋葉のご褒美は終了した。 次の日、対人戦で勝った相手の高校を見つけて待ち伏せする渋谷。 すると渋谷に昨日の対人戦のプレイヤー側が気づいた。 逃げる渋谷を追い、逆にプレイヤー側が「頼む…! 助けてくれ! このままじゃ…」と話される。 2巻:7話ネタバレ そして昨日の対人戦を行った「ユウ」も現れた。 2人は本当の兄弟であり、極度のシスコンであるプレイヤー側が「港 勇」でありキャラ側が妹の「優」と自己紹介される。 兄妹のコンパクトを見てみると、3つの丸の中1つ光を失っていた。 更にハートの模様にはヒビも… 渋谷はドレスタを一通りもう一度教えてもらい、3つの丸の部分がドレスタのライフであることを知る。 そしてそのライフが「0」になると、つまり3回死んだらゲームオーバーということを聞く。 しかしランクが「SS」になるとエンディングになりゲームクリアであることも聞く。 そのため同盟を組むことを持ちかけられる渋谷。 秋葉のことを話し、優しい兄妹は何か力になれるように接してくれた。 久しぶりに実感した優しさに涙が溢れ出した。 渋谷は「この涙はいっぱい出ても辛くなかった」と感じていた。 2巻:8話ネタバレ 渋谷のドレスタに「マッチング完了しました 次回転送まで残り5日」と次の対戦相手が決まった。 当日、いつに転送されてもいいように秋葉と一緒に行動することに。 秋葉は勝利した時のご褒美のことしか考えていない頃、ちょうど外から風が吹いてしまい渋谷のパンツが丸見えに。 秋葉は恥ずかしがり悔しがる渋谷に対して「今さらそんな目で見なくても下着なら何回かもうまじまじと見てるんだけど ちょっと自意識過剰になってるんじゃない?」と嫌味を言い、更に「その下着ちょうだい 今すぐに」と提案した。 そして秋葉の強気な態度で、渋谷はパンツとブラジャーを渡し一日中ノーパンで過ごすことに同意する。 いざドレスタに転送されると、今回の相手はキャラ側の女の子が指揮を取り、言いなりになっているオジさんプレイヤーが相手だった。 早速、秋葉は渋谷を一番強いドレスに変身させ攻撃する。 しかし秋葉も見たことが無い、「なにもないところから剣」での攻撃を受けて早速ピンチになった渋谷。 2巻:9話ネタバレ 対戦相手は1個前の相手「ユウ」達とは全く別でゲームを楽しんでいた。 「嬲って 辱めて 指の一つも動かせないくらいイジメ抜いたとき あなたはどんな顔で鳴いてくれる?」と発言し、ゾッとする渋谷だった。 秋葉は歯が立たないことから、エスケープ能力の高いドレスに変身させ一旦ワープを使った。 しかし相手は空を飛び、一瞬で見つかってしまった渋谷と秋葉。 防御力が弱いドレスのため相手の攻撃にボロボロになる渋谷。 なんとかドレス変更を求めるも「ドレスチェンジは相手や状況見て作戦を変えられる強力な後出し技…つかxったら3分間は次のドレスチェンジが行えないんだよ」と話される。 渋谷は殴られ、 次に「脱ぎ脱ぎしちゃいなさい」と詰められる。 そんな渋谷の反応に「あ いいね今の顔 ゾクゾクしてきた」とやる気満々の相手だった。 2巻:10話ネタバレ なんとか技を繰り出そうとするが、今回の相手は強すぎて何も歯向かえない状態で一方的に攻撃を受けた。 そして相手のキャラは「痛い 恥ずかしい 悔しい 悲しい 怖い 人のそんな顔を見るのが趣味なのよ あ…やば…濡れてきちゃった」とイカれた相手だった 秋葉はボロボロになった渋谷から目を離していた。 そんな秋葉に対して「プレイヤーさんもちゃんと見なさいよ あなただって一度は襲おうとしたんでしょ?なら眼福じゃないの」と話す。 あまりにも見ない秋葉を見させるために、渋谷の爪に一本一本剣を差していく。 抵抗ができなくなった渋谷は相手の言う通り、「お願い…私の恥ずかしい姿…見てください」と泣きながら言う。 2巻:11話ネタバレ 更に相手は秋葉がなぜ渋谷を見ないか。 「他人が自分のモノで遊んでいるのが気に入らなくて それで見ないようにしてる…」と推理する。 更に秋葉に対して「あなた…本当に気持ち悪いよ」と喧嘩を売る。 3分間経ったところでドレスを着替え、渋谷を逃げるように操作する秋葉。 そして逃さんとばかりに攻撃をしてくる相手のキャラ。 秋葉はその状況を見て、 「人のこと散々舐め腐りやがって…死ぬほど後悔させてやる…! 」と不気味な笑みを浮かべる。 2巻:12話ネタバレ ただこれだけやっても傷一つ付けることができない強い相手に対して、渋谷は「秋葉くん…渡私もう…」と言い出すと秋葉が「諦めたくないって言ったよね このままコケにされて終わるなんてまっぴらだ」と新しいドレスに変身させた。 しかし秋葉は絶望的な顔で「ま…間違えた…」と呟いた。 相手が大技を繰り出し、秋葉は渋谷を動かそうとするが…技を放たれた。 すると秋葉は「くっ…w本当にかかってやんの…」と呟き、攻撃された渋谷は消え、相手のプレイヤーのオジさんに直撃した。 「ミラー系ドレスで作り出した幻の渋谷さんを攻撃した」と全ては秋葉の作戦通りに物が動いた。 そして相手側のプレイヤーを倒したため、相手のキャラは「死ぬのも時間の問題ね…私も自分で動けないならもう負け確定じゃない ちゃっちゃとやりなさいな」と話す。 そんな相手に対して秋葉は、「人のこと散々バカにしてくれたもんね 借りはキッチリ返させてもらうよ じっくり ねっとり たっぷりとね」と笑みを浮かべる。 2巻:13話ネタバレ 動けない相手に対して、躊躇なくジワジワ痛めつける秋葉だった。 しかし相手もズタボロになりながらも「女の頭ムリヤリ下げさせてでしか悦に浸れないの?そういうトコが気持ち悪いってなんで気付かないかなぁ」と反論する。 秋葉はそのまま腕を落としたり、骨を折ったりで殺した。 今回も勝利のため無事に「戦利品」のドレスカードをゲットした。 そして現実世界に戻り、渋谷の下着をもらうというご褒美寸前だった。 2巻:14話ネタバレ そしてパンツもブラジャーも外させ、後付けではあるが一日中ノーパンでいるように指示した秋葉だった。 一日渋谷を振り回し、イジメた秋葉だった。 しかし秋葉は心の中で、 「またやっちゃった。 本当は普通にお話ししたかっただけなのに…なんでこうやりすぎるかなぁ?」と悔やんでいた。 放課後、渋谷を校門で待ち構えていた1回目の相手「ユウ」と合流する。 そしてユウから「重要な情報を手に入れたの 一刻も早く話したくて…」と伝えられる。 レイドバトルとは、複数人のプレイヤーで協力し合って時間内に強力なボスを討伐する非強制イベントであった。 そしてレイドバトルの報酬として、強い武器のサブウェポン。 それと「ライフ回復」であった。 そして3ペアで出場することが条件であった。 すると「私があなた達と組んであげる」と今朝に戦ったやばい相手が現れた。 2巻:16話ネタバレ やばい相手も目的がゲームクリアのため、報酬のライフと武器は欲しいと伝える。 そして渋谷と戦ったとき「あれだけヒドイ目にあわせたのに 私のことかばってくれたじゃない ぶっちゃけ惚れた」と話す。 ユウ達と渋谷は、やばい相手「足立 妃」ことキサキを組みレイドバトルに出ることを決めた。 渋谷のファーストキスが奪われた。 そしてユウ達と離れてからキサキに呼ばれた。 キサキは渋谷に対して、秋葉を「ギタギタにこらしめる方法があるんだけど…興味ない?」と持ちかけた。 2巻の感想 ヒートアップしましたね。 相変わらずヤンデレでやばすぎる秋葉。 とことん、やってしまうぶっ飛んでるキャラですね。 しかし、また種類が違うがキサキもぶっ飛んでる1人ですね。。。 そんな中、ゲームに関してはやはり秋葉が安心して読めますね。 それに付いていく、どこまでも心がピュアで優しい渋谷。 そしてドレスタのランクもSSになるとエンディングと。 まだ2回しか戦っていないが相手が強すぎですね。 今後、どんな相手が出てきて戦っていくのか楽しみですね。 渋谷はどうなってしまうのですかね….

次の

ヒロインは絶望しました。1巻はzipやrar、pdfで令和現在も無料で読めるの?

ヒロインは絶望しました

『ヒロインは絶望しました。 』漫画のネタバレ感想|ヒロインが喰われ嬲られ殺され続ける… 謎の異世界に転送されたヒロインが何度も殺されて、助けを求めた少年には奴隷のように扱われてしまう絶望のバイオレンスアクション漫画『ヒロインは絶望しました。 ヒロインを痛めつけて殺す化け物の存在、ゲームに巻き込まれながらも欲望も満たしていく登場人物たち、そんな怪物たちに何度も痛ぶられ殺されながらも立ち向かっていくヒロインに目が離せなくなる衝撃作となっています。 「異常者の愛」を描いた千田大輔先生の新作『ヒロインは絶望しました。 』のあらすじや登場人物、見どころをネタバレや感想を含めてご紹介していきます。 出典:「ヒロインは絶望しました。 」、著者:千田大輔、出版社:講談社 「異常者の愛」や「マコさんは死んでも自立しない」などの人気作を世に放った千田大輔先生の新作である『ヒロインは絶望しました。 』の設定やあらすじをご紹介していきます。 ヒロインが絶望を味わう謎のゲームの世界は以下のような設定となっています。 作品の設定や概要• 著者:千田大輔• 出版社:講談社(マガジンポケット)• ジャンル:バトル・アクション、デスゲーム、ファンタジー• ドレスタのモチーフであるコンパクトが少女たちにいつの間にか配布されていて、そのコンパクトのアラームが鳴ると少女たちは徐々に体が消えて意識を失い、転送される。 ゲームではキャラ役の女の子と操作役のプレイヤーとに役割が分担されていて、キャラ役の子は専用のコスチュームに変身すると腕一本動かせなくなり、操作役のプレイヤーの操作によってのみ動くことができる。 チュートリアルでは化け物クマとの勝負となっていて、それをクリアすると週に1回の対人戦の勝負となる。 対人戦は時間無制限の一本勝負で、勝った方には「レアドレス」を贈られるが、負けた方はライフを1つ失う。 ライフを失うとコンパクトにヒビが入り、3回負けると本当の意味で死んでしまうと言われている。 また実際のゲームだとランク「SS」まで到達するとゲームのエンディングが見れるため、裏ドレスタでもランク「SS」までいくとゲームから抜けられると思われている。 細かいルールとしては、転送先ではプレイヤーはキャラ役の子に変なことをすることは規制される。 またキャラ役の子を倒さないと相手プレイヤーを直接攻撃することができない。 さらに裏のドレスタでは「レイドバトル」という複数人のプレイヤーで協力して時間内に強力なボスを討伐する非強制イベントがあって、倒すと強力なサブウェポンやライフ回復などの報酬がもらえる。 そして、ローカルマッチング機能もあって、近くにいるプレイヤーとチーム戦の対人戦を行うことができる。 チーム対人戦では、キャラ役の痛覚はプレイヤー役にもシンクロしている。 あらすじ 悪くない毎日は、血と屈辱に侵された。 明るく優しい人気者の女子高生・渋谷明は、ある日、地獄に落ちた。 わけもわからず転送された仮想世界で、化け物たちに喰われ嬲られ殺される。 何度も何度も。 狂いそうになる痛みと絶望の底で出会った少年・秋葉歪は、彼女の命と引き換えに、さらなる恥辱を要求した。 これは少女の、尊厳をかけた戦いだ。 引用) 異常なキャラクターが多い『ヒロインは絶望しました。 』の主な登場人物 少女たちの命懸けで戦うデスゲームを描いた『ヒロインは絶望しました。 』には、サディスティックで異常なキャラクターやゲームによって人生を狂わされたキャラクターがたくさん登場します。 そんな残酷なデスゲームに巻き込まれた登場人物たちをご紹介していきます。 渋谷明(しぶや めい) ギャルだけど可愛くて良い人で、目立ちグループでも絡みやすい周囲から人気の女の子。 しかし、ある日突然異世界に転送されて、謎の化け物に虐殺される地獄の日常を送ることに…。 そんな残酷な日常を救ってくれたのがクラスメイトの秋葉だったが、それは「一回の勝利につき一回だけ言うコトを聞く」という条件付きの救いであり、秋葉の奴隷になりながらドレスタで戦っていく。 思いやりのある優しい性格で、自分を痛めつけた人に対しても優しく接する。 秋葉歪(あきば) 渋谷のクラスメイトの男子で、ドレスタの全国ランキングのトップランカー。 ある日、渋谷と一緒に転送されて、すぐにドレスタゲーム内と同じ世界であることに気付いて渋谷と一緒に戦って謎のクマを倒した。 しかし、そのことをきっかけに渋谷を自分のモノにしようとする。 とにかく性格が悪く、渋谷を奴隷に扱う。 宇田川(うだがわ) 渋谷の友達の女の子。 渋谷に「本当にダメなときは言って 力になるよ」と優しい言葉を投げかかる。 渋谷のために調査したりもしてくれる。 港優(みなと ゆう):ユウ 渋谷の初めての対人戦相手のキャラ側だった女の子。 ゲームに巻き込まれた優しい女の子で、渋谷に同盟を組もうと提案する。 優しいが、ゲームの力はイマイチ。 港勇(みなと いさみ) 渋谷の初めての対人戦相手のプレイヤーだった男の子。 ユウの兄で、ユウのことがとにかく大好きなシスコン。 常にユウを褒める言葉を発するため、優からは鬱陶しがられている。 足立妃(あだち きさき):キサキ 渋谷たちの対戦相手となった裏のドレスタに巻き込まれたキャラ側の女の子。 超サディスティックな性格で、ドレスタで相手プレイヤーを弄んで殺すことを楽しんでいる。 渋谷たちとの対戦でも圧倒的な力を見せるが、対戦後は渋谷のことは大好きになって「お姉様」と呼ぶようになる。 また秋葉の性格をよく理解していて、心底気持ち悪いと思っている。 そもそも男性は嫌い。 豚 足立妃のパートナーのドMな変態プレイヤー。 足立妃に従って、思い通り動いている。 中学生 仲間を奴隷のように扱っている男子中学生の裏のドレスタプレイヤー。 経験豊富で、渋谷たちをいきなりチーム対人戦に引き込んで圧倒する。 仲間のプレイヤーにも容赦なく暴行を加えり、戦闘中も平気で仲間を犠牲して戦う極悪人で、現実世界でも自分の仲間を奴隷のように扱っている。 そして、渋谷たちに自分の奴隷にならないかと持ちかける。 中学生のキャラ 中学生のキャラ役である女の子。 基本的に表情を変えない。 ブースター付きの見えないハンマーを武器に使って戦う。 2号ちゃん 中学生の奴隷である裏のドレスタプレイヤーの女の子。 中学生の命令で「バーサーク」状態を使うことになり、自分の意志とは関係なしに捨て身で攻撃を繰り出す。 4号ちゃん 中学生の奴隷である裏のドレスタプレイヤーの女の子。 渋谷たちとのチーム対人戦で中学生の盾として使われる。 凄惨だけど面白い『ヒロインは絶望しました。 』の3つの見どころ(ネタバレあり) 出典:「ヒロインは絶望しました。 」、著者:千田大輔、出版社:講談社 かわいい少女たちの殺される姿や辱めを受ける姿など凄惨な光景が数多く描かれた『ヒロインは絶望しました。 』には、目を背けたくなるけど面白い見どころがたくさん存在します。 そんな数ある見どころの中でも特に注目してほしいポイントを3つに絞ってご紹介します。 ヒロインをさらなる地獄へ…気持ち悪い秋葉の性格 『ヒロインは絶望しました。 』では、ヒロインの渋谷が助けを求めた秋葉の言動が見どころとなっています。 渋谷はひょんなことから秋葉と一緒に転送されて、秋葉のおかげではじめてゲームをクリアして最悪な日々から解放されます。 しかし、助けを求めた秋葉によって、渋谷はさらに追い込まれていくのです。 一度助けて意気投合したことで自分のことを好きになったと勘違いする秋葉。 再度助けを求めてきたときに「スカートの中見せてよ」と言い出し、その後もドレスタで戦うたびに「手を舐めて」「服脱いで」と気持ちの悪いお願いを渋谷に要求をしていきます。 そう…ヒロインを助けてくれた秋葉は良い人ではなく、ヒロインをより地獄に陥れる悪魔だったのです。 しかし、それでも戦闘時には秋葉の判断力や心理戦がズバ抜けていて、渋谷は何度も命を救われるので、秋葉の戦略が楽しみで読み続けてしまう部分もあるのがまたやっかいなところです…。 サディスティックな秋葉の気持ち悪いお願いや渋谷に対する想い、そして秋葉のドレスタ攻略はぜひ注目してご覧ください。 絶望の味わい続けるヒロインの渋谷 またタイトルの通り、何度も絶望を味わうことになるヒロインの渋谷も見どころです。 渋谷は突如謎の空間に転送されたかと思うと、なぞの人形に痛ぶられ、生きたまま食われ続けたり、次第に無くなっていく自分の四肢をただもがいて見続けながら死んでいく状況に陥ります。 毎回残酷な殺され方をして、やっと日常が戻ってきて「また楽しくなるって いっぱい遊べる」と思ったヒロインが、コンパクトが鳴って強制的に残酷な異世界に転送される光景に、読者も困惑してしまうでしょう。 そして、唯一自分を救ってくれる存在である秋葉が実は鬼畜で、現実世界でも秋葉によって辱められる渋谷には同情せずにはいられません。 しかし、そんな残酷なゲームに巻き込まれて何度も痛い思いをしながらも、人に対して思いやりを持ち続けて辛い現実に1人で耐えて頑張る姿は、この作品で心が救われる部分となっていて応援に力が入ると思います。 そんな絶望しながらも優しさを持ち続けるヒロインをぜひ最後まで見届けてもらいたいです。 謎と欲望が渦巻く裏のドレスタ そして『ヒロインは絶望しました。 』では、裏のドレスタの謎や欲望溢れる裏のドレスタプレイヤーたちも見どころとなっています。 裏のドレスタは、出現するクマがサディスティックで人を痛ぶるように殺し、対人戦ではかわいい女の子たちが体を勝手に操作されて、「いたい」「やめて」と叫びながら殴り合って血を飛ばし合う姿が描かれていて、思わず目を背けてしまうほどむごい光景が広がっています。 そんな裏のドレスタには不可解な点もあり、どんな目的が隠されているのか気になるところです。 さらに、裏のドレスタの設定を利用して、人を痛めつけることに快感を覚えるイカれたキャラクターもたくさん登場するので、ドレスタによって生み出された欲望も注目せずにはいられません。 そして、謎多き裏のドレスタの世界で渋谷や秋葉がどのように強敵を倒してゲームのクリアに向かっていくのか結末まで目が離せない展開が広がっています。 読む人を選ぶ『ヒロインは絶望しました。 』はこんな人におすすめ 『ヒロインは絶望しました。 』はリョナ(ヒロインが苦痛を味わうシチュエーション)系の漫画が好きな方にはおすすめの作品です。 物語は、突如謎の異世界に転送されるようになったヒロインが、その異世界で何度も無慈悲に殺されて、助けを求めた少年にも人としての尊厳を奪われ、それでも謎のゲームをクリアするために戦っていくバイオレンスアクションとなっています。 ヒロインの渋谷や登場するかわいい女の子たちが、体の自由を奪われて殺し合う凄惨な光景が描かれていて、人を奴隷のように扱う胸糞悪いキャラクターも満載の作品ですので、かなり読む人を選ぶ作品だと思います。 しかし、そんな漫画ならでは残酷な描写も楽しめる人もいると思いますし、痛めつけられながらも優しい心を持つヒロインに救われて、謎のゲームの正体が気になるストーリー展開が面白いです。 残酷な描写が苦手な方は絶対に見ないでほしいですが、リョナ好きな方はぜひご覧になってみてください。 紹介者が考える『ヒロインは絶望しました。 』の伝えたいこと(考察) 出典:「ヒロインは絶望しました。 」、著者:千田大輔、出版社:講談社 『ヒロインが絶望しました。 』では、絶望的な状況でも思いやりを忘れずに立ち向かっていく姿を伝えたいように感じられます。 ヒロインの渋谷は、突然化け物たちに殺され続ける異世界に転送されて、助けを求めた秋葉には尊厳を奪われる日常を送ることになります。 しかし、渋谷はそんな最悪な状況でも他の人への思いやりを忘れず、自分を殺そうとした相手まで助けようとするのです。 そんな渋谷の思いやりによって渋谷の周りには仲間が増えていき、困難を乗り越えていく姿が描かれているので、自分が嫌な事されたからと言ってそれを人にやり返さずに思いやりを持って接することが大切だと思えてきます。 謎のゲームに巻き込まれて、殺され続けてイカれた人たちが増えていく状況下でも、渋谷の優しさは輝いているので、その思いやりの力を見てもらいたいです。 『ヒロインは絶望しました。 』の評価まとめと感想 最後に記事執筆者の評価と他の漫画サイトからの評価をまとめてみました。 漫画を購入するときのひとつの指標として、よかったら周りの評価も参考にしてみてください。 当サイトの評価 3. 7(記事作成者の評価) コミックシーモア 2. 3(3件の評価) まんが王国 2. 5(4件の評価) Renta! 8(5件の評価) BookLive 4. 8(4件の評価) めちゃコミック 2. 『ヒロインは絶望しました。 』が気になる人におすすめの類似作品 ここでは『ヒロインは絶望しました。 』に興味がある方におすすめのかわいい女の子たちとグロ描写が登場する漫画をご紹介していきます。 1つ目は『イジメカエシ。 -復讐の31-』です。 『イジメカエシ。 -復讐の31-』は、クレイジーアイドルたちの情熱と血煙が吹きすさぶステージを描いた狂気のサスペンス漫画となっています。 夢に見た超人気アイドルグループに所属することができたヒロインですが、毎日のようにメンバーからいじめられ、笑顔を奪われていきました。 しかし、自分の笑顔を取り戻すためにヒロインは同じメンバーの子を次々と殺戮していくのです。 「ヒロインは絶望しました。 」のような残酷な作品が好きな方は、イジメや枕営業、殺人行為までする狂気のアイドルの姿にハマると思うので合わせてご覧になってみてください。 下の記事では『イジメカエシ。 -復讐の31-』の詳しい内容や無料で読む方法をご紹介しています。 2つ目は『はじめての虐殺』です。 『はじめての虐殺』は、スク水を着たかわいい幼女たちが次々にロリコンを殺してくスプラッター系ハザードクライムサスペンスとなっています。 幼女を襲うロリコンたち。 そしてロリコンが感染していくハザード。 そんなロリコンを細切れに殺戮していく美しき幼女たちに目が離せない衝撃作ですので、かわいい女の子たちの虐殺を見たい方はぜひご覧ください。 下の記事では『はじめての虐殺』の詳しい内容や無料で読む方法をご紹介しています。

次の

ヒロインは絶望しました。を絶対無料で読めるサイトはここ!

ヒロインは絶望しました

『ヒロインは絶望しました。 』漫画のネタバレ感想|ヒロインが喰われ嬲られ殺され続ける… 謎の異世界に転送されたヒロインが何度も殺されて、助けを求めた少年には奴隷のように扱われてしまう絶望のバイオレンスアクション漫画『ヒロインは絶望しました。 ヒロインを痛めつけて殺す化け物の存在、ゲームに巻き込まれながらも欲望も満たしていく登場人物たち、そんな怪物たちに何度も痛ぶられ殺されながらも立ち向かっていくヒロインに目が離せなくなる衝撃作となっています。 「異常者の愛」を描いた千田大輔先生の新作『ヒロインは絶望しました。 』のあらすじや登場人物、見どころをネタバレや感想を含めてご紹介していきます。 出典:「ヒロインは絶望しました。 」、著者:千田大輔、出版社:講談社 「異常者の愛」や「マコさんは死んでも自立しない」などの人気作を世に放った千田大輔先生の新作である『ヒロインは絶望しました。 』の設定やあらすじをご紹介していきます。 ヒロインが絶望を味わう謎のゲームの世界は以下のような設定となっています。 作品の設定や概要• 著者:千田大輔• 出版社:講談社(マガジンポケット)• ジャンル:バトル・アクション、デスゲーム、ファンタジー• ドレスタのモチーフであるコンパクトが少女たちにいつの間にか配布されていて、そのコンパクトのアラームが鳴ると少女たちは徐々に体が消えて意識を失い、転送される。 ゲームではキャラ役の女の子と操作役のプレイヤーとに役割が分担されていて、キャラ役の子は専用のコスチュームに変身すると腕一本動かせなくなり、操作役のプレイヤーの操作によってのみ動くことができる。 チュートリアルでは化け物クマとの勝負となっていて、それをクリアすると週に1回の対人戦の勝負となる。 対人戦は時間無制限の一本勝負で、勝った方には「レアドレス」を贈られるが、負けた方はライフを1つ失う。 ライフを失うとコンパクトにヒビが入り、3回負けると本当の意味で死んでしまうと言われている。 また実際のゲームだとランク「SS」まで到達するとゲームのエンディングが見れるため、裏ドレスタでもランク「SS」までいくとゲームから抜けられると思われている。 細かいルールとしては、転送先ではプレイヤーはキャラ役の子に変なことをすることは規制される。 またキャラ役の子を倒さないと相手プレイヤーを直接攻撃することができない。 さらに裏のドレスタでは「レイドバトル」という複数人のプレイヤーで協力して時間内に強力なボスを討伐する非強制イベントがあって、倒すと強力なサブウェポンやライフ回復などの報酬がもらえる。 そして、ローカルマッチング機能もあって、近くにいるプレイヤーとチーム戦の対人戦を行うことができる。 チーム対人戦では、キャラ役の痛覚はプレイヤー役にもシンクロしている。 あらすじ 悪くない毎日は、血と屈辱に侵された。 明るく優しい人気者の女子高生・渋谷明は、ある日、地獄に落ちた。 わけもわからず転送された仮想世界で、化け物たちに喰われ嬲られ殺される。 何度も何度も。 狂いそうになる痛みと絶望の底で出会った少年・秋葉歪は、彼女の命と引き換えに、さらなる恥辱を要求した。 これは少女の、尊厳をかけた戦いだ。 引用) 異常なキャラクターが多い『ヒロインは絶望しました。 』の主な登場人物 少女たちの命懸けで戦うデスゲームを描いた『ヒロインは絶望しました。 』には、サディスティックで異常なキャラクターやゲームによって人生を狂わされたキャラクターがたくさん登場します。 そんな残酷なデスゲームに巻き込まれた登場人物たちをご紹介していきます。 渋谷明(しぶや めい) ギャルだけど可愛くて良い人で、目立ちグループでも絡みやすい周囲から人気の女の子。 しかし、ある日突然異世界に転送されて、謎の化け物に虐殺される地獄の日常を送ることに…。 そんな残酷な日常を救ってくれたのがクラスメイトの秋葉だったが、それは「一回の勝利につき一回だけ言うコトを聞く」という条件付きの救いであり、秋葉の奴隷になりながらドレスタで戦っていく。 思いやりのある優しい性格で、自分を痛めつけた人に対しても優しく接する。 秋葉歪(あきば) 渋谷のクラスメイトの男子で、ドレスタの全国ランキングのトップランカー。 ある日、渋谷と一緒に転送されて、すぐにドレスタゲーム内と同じ世界であることに気付いて渋谷と一緒に戦って謎のクマを倒した。 しかし、そのことをきっかけに渋谷を自分のモノにしようとする。 とにかく性格が悪く、渋谷を奴隷に扱う。 宇田川(うだがわ) 渋谷の友達の女の子。 渋谷に「本当にダメなときは言って 力になるよ」と優しい言葉を投げかかる。 渋谷のために調査したりもしてくれる。 港優(みなと ゆう):ユウ 渋谷の初めての対人戦相手のキャラ側だった女の子。 ゲームに巻き込まれた優しい女の子で、渋谷に同盟を組もうと提案する。 優しいが、ゲームの力はイマイチ。 港勇(みなと いさみ) 渋谷の初めての対人戦相手のプレイヤーだった男の子。 ユウの兄で、ユウのことがとにかく大好きなシスコン。 常にユウを褒める言葉を発するため、優からは鬱陶しがられている。 足立妃(あだち きさき):キサキ 渋谷たちの対戦相手となった裏のドレスタに巻き込まれたキャラ側の女の子。 超サディスティックな性格で、ドレスタで相手プレイヤーを弄んで殺すことを楽しんでいる。 渋谷たちとの対戦でも圧倒的な力を見せるが、対戦後は渋谷のことは大好きになって「お姉様」と呼ぶようになる。 また秋葉の性格をよく理解していて、心底気持ち悪いと思っている。 そもそも男性は嫌い。 豚 足立妃のパートナーのドMな変態プレイヤー。 足立妃に従って、思い通り動いている。 中学生 仲間を奴隷のように扱っている男子中学生の裏のドレスタプレイヤー。 経験豊富で、渋谷たちをいきなりチーム対人戦に引き込んで圧倒する。 仲間のプレイヤーにも容赦なく暴行を加えり、戦闘中も平気で仲間を犠牲して戦う極悪人で、現実世界でも自分の仲間を奴隷のように扱っている。 そして、渋谷たちに自分の奴隷にならないかと持ちかける。 中学生のキャラ 中学生のキャラ役である女の子。 基本的に表情を変えない。 ブースター付きの見えないハンマーを武器に使って戦う。 2号ちゃん 中学生の奴隷である裏のドレスタプレイヤーの女の子。 中学生の命令で「バーサーク」状態を使うことになり、自分の意志とは関係なしに捨て身で攻撃を繰り出す。 4号ちゃん 中学生の奴隷である裏のドレスタプレイヤーの女の子。 渋谷たちとのチーム対人戦で中学生の盾として使われる。 凄惨だけど面白い『ヒロインは絶望しました。 』の3つの見どころ(ネタバレあり) 出典:「ヒロインは絶望しました。 」、著者:千田大輔、出版社:講談社 かわいい少女たちの殺される姿や辱めを受ける姿など凄惨な光景が数多く描かれた『ヒロインは絶望しました。 』には、目を背けたくなるけど面白い見どころがたくさん存在します。 そんな数ある見どころの中でも特に注目してほしいポイントを3つに絞ってご紹介します。 ヒロインをさらなる地獄へ…気持ち悪い秋葉の性格 『ヒロインは絶望しました。 』では、ヒロインの渋谷が助けを求めた秋葉の言動が見どころとなっています。 渋谷はひょんなことから秋葉と一緒に転送されて、秋葉のおかげではじめてゲームをクリアして最悪な日々から解放されます。 しかし、助けを求めた秋葉によって、渋谷はさらに追い込まれていくのです。 一度助けて意気投合したことで自分のことを好きになったと勘違いする秋葉。 再度助けを求めてきたときに「スカートの中見せてよ」と言い出し、その後もドレスタで戦うたびに「手を舐めて」「服脱いで」と気持ちの悪いお願いを渋谷に要求をしていきます。 そう…ヒロインを助けてくれた秋葉は良い人ではなく、ヒロインをより地獄に陥れる悪魔だったのです。 しかし、それでも戦闘時には秋葉の判断力や心理戦がズバ抜けていて、渋谷は何度も命を救われるので、秋葉の戦略が楽しみで読み続けてしまう部分もあるのがまたやっかいなところです…。 サディスティックな秋葉の気持ち悪いお願いや渋谷に対する想い、そして秋葉のドレスタ攻略はぜひ注目してご覧ください。 絶望の味わい続けるヒロインの渋谷 またタイトルの通り、何度も絶望を味わうことになるヒロインの渋谷も見どころです。 渋谷は突如謎の空間に転送されたかと思うと、なぞの人形に痛ぶられ、生きたまま食われ続けたり、次第に無くなっていく自分の四肢をただもがいて見続けながら死んでいく状況に陥ります。 毎回残酷な殺され方をして、やっと日常が戻ってきて「また楽しくなるって いっぱい遊べる」と思ったヒロインが、コンパクトが鳴って強制的に残酷な異世界に転送される光景に、読者も困惑してしまうでしょう。 そして、唯一自分を救ってくれる存在である秋葉が実は鬼畜で、現実世界でも秋葉によって辱められる渋谷には同情せずにはいられません。 しかし、そんな残酷なゲームに巻き込まれて何度も痛い思いをしながらも、人に対して思いやりを持ち続けて辛い現実に1人で耐えて頑張る姿は、この作品で心が救われる部分となっていて応援に力が入ると思います。 そんな絶望しながらも優しさを持ち続けるヒロインをぜひ最後まで見届けてもらいたいです。 謎と欲望が渦巻く裏のドレスタ そして『ヒロインは絶望しました。 』では、裏のドレスタの謎や欲望溢れる裏のドレスタプレイヤーたちも見どころとなっています。 裏のドレスタは、出現するクマがサディスティックで人を痛ぶるように殺し、対人戦ではかわいい女の子たちが体を勝手に操作されて、「いたい」「やめて」と叫びながら殴り合って血を飛ばし合う姿が描かれていて、思わず目を背けてしまうほどむごい光景が広がっています。 そんな裏のドレスタには不可解な点もあり、どんな目的が隠されているのか気になるところです。 さらに、裏のドレスタの設定を利用して、人を痛めつけることに快感を覚えるイカれたキャラクターもたくさん登場するので、ドレスタによって生み出された欲望も注目せずにはいられません。 そして、謎多き裏のドレスタの世界で渋谷や秋葉がどのように強敵を倒してゲームのクリアに向かっていくのか結末まで目が離せない展開が広がっています。 読む人を選ぶ『ヒロインは絶望しました。 』はこんな人におすすめ 『ヒロインは絶望しました。 』はリョナ(ヒロインが苦痛を味わうシチュエーション)系の漫画が好きな方にはおすすめの作品です。 物語は、突如謎の異世界に転送されるようになったヒロインが、その異世界で何度も無慈悲に殺されて、助けを求めた少年にも人としての尊厳を奪われ、それでも謎のゲームをクリアするために戦っていくバイオレンスアクションとなっています。 ヒロインの渋谷や登場するかわいい女の子たちが、体の自由を奪われて殺し合う凄惨な光景が描かれていて、人を奴隷のように扱う胸糞悪いキャラクターも満載の作品ですので、かなり読む人を選ぶ作品だと思います。 しかし、そんな漫画ならでは残酷な描写も楽しめる人もいると思いますし、痛めつけられながらも優しい心を持つヒロインに救われて、謎のゲームの正体が気になるストーリー展開が面白いです。 残酷な描写が苦手な方は絶対に見ないでほしいですが、リョナ好きな方はぜひご覧になってみてください。 紹介者が考える『ヒロインは絶望しました。 』の伝えたいこと(考察) 出典:「ヒロインは絶望しました。 」、著者:千田大輔、出版社:講談社 『ヒロインが絶望しました。 』では、絶望的な状況でも思いやりを忘れずに立ち向かっていく姿を伝えたいように感じられます。 ヒロインの渋谷は、突然化け物たちに殺され続ける異世界に転送されて、助けを求めた秋葉には尊厳を奪われる日常を送ることになります。 しかし、渋谷はそんな最悪な状況でも他の人への思いやりを忘れず、自分を殺そうとした相手まで助けようとするのです。 そんな渋谷の思いやりによって渋谷の周りには仲間が増えていき、困難を乗り越えていく姿が描かれているので、自分が嫌な事されたからと言ってそれを人にやり返さずに思いやりを持って接することが大切だと思えてきます。 謎のゲームに巻き込まれて、殺され続けてイカれた人たちが増えていく状況下でも、渋谷の優しさは輝いているので、その思いやりの力を見てもらいたいです。 『ヒロインは絶望しました。 』の評価まとめと感想 最後に記事執筆者の評価と他の漫画サイトからの評価をまとめてみました。 漫画を購入するときのひとつの指標として、よかったら周りの評価も参考にしてみてください。 当サイトの評価 3. 7(記事作成者の評価) コミックシーモア 2. 3(3件の評価) まんが王国 2. 5(4件の評価) Renta! 8(5件の評価) BookLive 4. 8(4件の評価) めちゃコミック 2. 『ヒロインは絶望しました。 』が気になる人におすすめの類似作品 ここでは『ヒロインは絶望しました。 』に興味がある方におすすめのかわいい女の子たちとグロ描写が登場する漫画をご紹介していきます。 1つ目は『イジメカエシ。 -復讐の31-』です。 『イジメカエシ。 -復讐の31-』は、クレイジーアイドルたちの情熱と血煙が吹きすさぶステージを描いた狂気のサスペンス漫画となっています。 夢に見た超人気アイドルグループに所属することができたヒロインですが、毎日のようにメンバーからいじめられ、笑顔を奪われていきました。 しかし、自分の笑顔を取り戻すためにヒロインは同じメンバーの子を次々と殺戮していくのです。 「ヒロインは絶望しました。 」のような残酷な作品が好きな方は、イジメや枕営業、殺人行為までする狂気のアイドルの姿にハマると思うので合わせてご覧になってみてください。 下の記事では『イジメカエシ。 -復讐の31-』の詳しい内容や無料で読む方法をご紹介しています。 2つ目は『はじめての虐殺』です。 『はじめての虐殺』は、スク水を着たかわいい幼女たちが次々にロリコンを殺してくスプラッター系ハザードクライムサスペンスとなっています。 幼女を襲うロリコンたち。 そしてロリコンが感染していくハザード。 そんなロリコンを細切れに殺戮していく美しき幼女たちに目が離せない衝撃作ですので、かわいい女の子たちの虐殺を見たい方はぜひご覧ください。 下の記事では『はじめての虐殺』の詳しい内容や無料で読む方法をご紹介しています。

次の