ご 教授 いただく。 「ご教授」の意味と使い方とは?類語「ご教示」との違いも解説

「ご教授ください」と「ご教示ください」【意味・例文・使い方】|語彙力.com

ご 教授 いただく

意外と知らない「ご教示」の意味 日常会話では「教えてください」が多く使われており、「ご教示ください」はあまり聞き慣れない言葉かもしれません。 しかしビジネスの場面では、よく聞くことになります。 意味を知らないまま「ご教示ください」と急に言われては、対応に困ってしまうこともあるでしょう。 ここでは、「ご教示」の意味と使い方を紹介します。 ご教示の意味と用法 広く使われている「教えてください」と意味は同じです。 それを丁寧に畏まった形で言うと「ご教示ください」となります。 また、もともと「教示」とは、知識や方法が対象となっている言葉です。 職場で言うと、ものの使い方や状況の報告に当たります。 目上の方に、よく分からないことや必要な情報を尋ねるときには「ご教示ください」と言いましょう。 ご教示の例文 日常的には使われないというのもあって、あまり「ご教示」を使った文章が浮かばない人も少なくないでしょう。 ビジネスではどう使われているのか、例を紹介します。 「知っている方がいれば是非ご教示願いたいです。 」 人が対象となっていますが、人材や担当者の「情報」を求めているので適切な使い方と言えます。 「ご教示を賜りたいと存じます。 」 より丁寧な文章でお願いをするときに使う言い方です。 「使い方をご教示くださり大変に感謝しております。 」 実際に教えてもらったことで目的が果たせた場面で使います。 しっかりとお礼を言うことで誠意も伝わるでしょう。 「この後のスケジュールをご教示下さい。 」 相手方のスケジュールを聞いて確認しておきたいときに使います。 「在庫の有無をご教示下さい。 」 ことの現状を確認したいときにも使えます。 「教示」と「教授」の違いとは? ビジネスで間違えやすいのが「教示」と「教授」の使い分けです。 違いを知らないために、誤って「教授」を使ってしまうケースもあります。 意味は似ていますが、対象が大きく異なるので、ポイントを抑えましょう。 何が対象なの? それぞれの語句が対象としているものは、簡単に言うと「教授」は学問・技芸、「教示」は知識・方法です。 「教授」は、一時では知り切れない長期的なものを指します。 それに対して「教示」は、聞いたら今すぐ知ることができる方法や情報を指します。 もし、ビジネスで「教授」を使ってしまうと、今後も教え続けていただくというニュアンスになってしまいます。 一次的に何かを教えてもらう場合、基本的には「教示」を用いて、情報を聞くようにしましょう。 しかし、長期的にスキルを身に付けるために教えを乞う場面では、使用しても差し支えありません。 「教示」「教授」はどちらも書き言葉 「教示」「教授」はいずれも口語ではなく、書き言葉として使われるものです。 話し言葉として使用する場合は、言い換えが必要となります。 書き言葉として使われる教示、教授 どちらも、主にメールや文章で使われる言葉です。 畏まったメールや文書で、敬意を表すときに使用します。 しかし、口語として接待や会議のときに使うのは硬すぎる印象を相手に与えてしまうため、会話で使用するのは避けましょう。 話し言葉の時の言い換え 元々の意味は教えるという意味です。 目上の方に対して使うので、「教えてください」を敬語にして「教えていただけますか?」や「教えていただけますでしょうか?」と言い換えましょう。 他には、情報を聞き出す用途として「お聞かせいただけますか?」や「お尋ねしてもよろしいでしょうか?」というのも、同様の意味合いになります。 似ている単語「ご指南」と「ご指導」 教授と教示以外にも、似た言葉で「ご指南」と「ご指導」があります。 これらも、書き言葉になります。 ビジネスで使い間違えることがありますので、明確な違いを覚えて、正しい方を使いましょう。 正しいのは? ビジネスシーンで使用するのに適しているのは「ご指導」のほうです。 「ご指導」はある目的のために、教えを乞うという意味があります。 一連の流れに沿った教えを受けて、明確な目的達成を願うときは、「ご指導」を使いましょう。 また、対象としている範囲は、教育やノウハウ、技術と幅広いため、ビジネスにおいても多用されます。 それに対して「ご指南」は、武術や芸能といった精進的なものに限定されます。 よって、ビジネスシーンでは「ご指導」を使用するほうが適切でしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか?「ご教授」と「ご教示」は似ている言葉ではありますが、用途は大きく異なります。 ビジネスシーンでは、些細な言葉遣いの誤りが、自分の評価を下げてしまうことも少なくありません。 それぞれの意味や用法を正しく理解して、間違えのないように使用しましょう。

次の

【例文つき】「ご教示」と「ご教授」の違い&正しい使い方とは

ご 教授 いただく

公開日: 2018. 18 更新日: 2018. 18 「ご教授ください」の意味と使い方と例文!「ご教示」との使い分け ビジネスシーンでは上司や取引先などに対して、何かしらの情報や方法などを教えてほしいという場面がありますよね。 そのような場合に使うのが「ご教授」と「ご教示」という言葉です。 使い勝手が良く、かつ社会人らしいスマートな印象を与えられる「ご教授」と「ご教示」はビジネスで頻繁に使用します。 では、「ご教授」と「ご教示」の違いについてご存知でしょうか。 何気なく使っていた、同じ意味では?と思っている方も多いと思います。 そこで今回は「ご教授」の意味や使い方、「ご教示」の使い分けについて解説していきます。 「ご教授」の読み方と意味 「ご教授」は <ごきょうじゅ>と読みます。 「教」は音読みだと「キョウ」、訓読みだと「おしえる」と読みます。 「教」は「おしえる」「おしえ」を意味します。 「授」は音読みだと「ジュ」、訓読みだと「さずける」と読みます。 「授」は「手わたす」「さずける」を意味します。 「教授」の意味は、 ・学術、技芸などを教えること。 養護、訓練とならぶ教育上の基本的な活動、作用 ・大学、高等専門学校などの教育機関で、専門の学術、技芸を研究し教える人、その官名または職名 となります。 「ご教授」の「ご」は尊敬を表す接頭語です。 「ご教授ください」は 「専門的な知識や技術を教え授けてください」という意味になります。 また、 「比較的長い期間に渡って教えてもらう」という意味合いも含まれます。 「ご教授」の使い方 「ご教授」は専門的な知識や技術をある程度の期間、継続的に教えてほしい場合に使います。 「ご教授」はよく、楽器やスポーツなどの習い事に関する場面で使われることが多いです。 「トランペットの基礎をご教授いただけませんか」といったように、長期間に渡っての訓練や鍛錬がが必要な楽器やスポーツの分野では頻繁に「ご教授」が使われます。 ですので、 「ご教授」は普段のメールで使うには、少々重たい内容になってしまいます。 また、「ご教授いただきたい」レベルの内容であれば、メールで聞くのは失礼に当たります。 「ご教授」をメールで使う場面としては、主に芸術や音楽関係の先生、スポーツ関係や習い事でお世話になっている先生へのメールがほとんどです。 例文 ・是非ともこの分野での専門的な知識を学びたいと思っておりますので、ご教授ください。 ・今後とも末永くご教授いただければ幸いです。 ・データを送らせていただきますので、お気づきになった点がありましたら、ご教授くださいますようお願いいたします。 ・先生に約3年に渡ってご教授いただいたおかげで、ここまで頑張ることができました。 ・先生の手厚いご指導のおかげで、水彩画の展示会で入賞することができました。 今後ともご教授賜りますようお願いいたします。 ・生け花教室に通い始めて、生け花の奥深さや楽しさを日々感じております。 つきましては、今よりもお稽古の日数を増やしたいと考えております。 今後とも変わらずご教授願います。 「ご教示」との違いは? 「ご教示」は <ごきょうじ>と読みます。 「教」は音読みだと「キョウ」、訓読みだと「おしえる」と読みます。 「教」は「おしえる」「おしえ」を意味します。 「示」は音読みだと「シ」「ジ」、訓読みだと「しめす」と読みます。 「示」は「しめす」「物事を表して知らせる」を意味します。 「教示」は 「知識や方法などを教え示すこと」を意味します。 「ご教示」の「ご」は尊敬を表す接頭語です。 「ご教示ください」は 「知識や方法などを教えてください」という意味になります。 「ご教示」は「ご教授」と比べると、より単純で、教えてほしい事柄が明確な場合に使います。 ビジネスシーンでは、書類の書き方がわからない場合に質問したり、対処の方法について尋ねる場合に使えます。 また、「ご教示」はアドバイスを求める場合にも使います。 「ご教示」は、メールなどと書き言葉として使用するのが一般的です。 例文 ・お忙しいところ恐縮ですが、議事録の作成方法をご教示いただきたく存じます。 ・企画についてよりよい方法がございましたら、ご教示ください。 ・この度発売の新商品について、お客様に忌憚のないご意見をご教示いただけると幸いです。 ・是非お目にかかりご教示いただければと、予てから思っておりました。 ・ご教示いただきました事柄につきましては、今後の参考にさせていただきます。 ご指導ご鞭撻 「ご指導ご鞭撻」は <ごしどうごべんたつ>と読みます。 「ご指導ご鞭撻」は、(目上の)相手の自分に対する教育や指導のことであり、それらを敬っていう表現です。 「指導」は「ある目的に向かって教え導くこと」、「鞭撻」は「鞭(ムチ)で打つこと」「怠らないよう強く励ますこと」を意味します。 「ご指導」も「ご鞭撻」のどちらも、「ご指導お願い申し上げます」や「ご鞭撻の程、よろしくお願いします」のように単独でも用いられますが、 「ご指導ご鞭撻」とセットで用いられることが多いです。 「ご指導ご鞭撻」は、どんな場合でも挨拶やスピーチの「結びの言葉」「締めの言葉」として使います。 ビジネスシーンでは、目上となる上司や顧客・取引先などに対して引き続き変わらない付き合いをお願いする際の常套句となります。 例文 ・何卒、今後ともご指導ご鞭撻くださいますようお願い申し上げます。 ・引き続き皆様方のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

次の

「ご教授ください」の意味と使い方と例文!「ご教示」との使い分け

ご 教授 いただく

ことばの使い方(社会言語学・敬語) 分類:尊敬語 「~くださいまして」と「~いただきまして」はどう違う? 「~くださいまして」と「~いただきまして」の違いを考えるにあたって、まずこれらの表現に含まれる「くださる」と「いただく」の違いを考えてみます。 「くださる」と「いただく」はそれぞれ「くれる」と「もらう」の敬語です。 「くれる」と「もらう」はどちらも物の授受を表しますが、視点の違いがあります。 すなわち「くれる」は物を渡す側に視点があり「もらう」は物を受け取る側に視点があります。 したがって目上の者 A から目下の者 B に物が手渡される場合、渡す側の目上の者 A に視点をおけばその人物 A を尊敬する「(AがBに)くださる」が使われ(尊敬語)、受け取る側の目下の者 B に視点をおけばその人物 B を低める「(BがAに)いただく」が使われます(謙譲語)。 「~くださる」と「~いただく」は物の授受から、より抽象的な受益に転じた表現ですが、この場合も同じことが言えます。 たとえば「ご来店くださいまして」ならば来店者を直接敬っているのに対し、「ご来店いただきまして」は来店される側を低めることで間接的に来店者を敬っています。 実際の使用ではどちらも同じように用いられ、違いを特に意識して使い分けられてはいないようですが、実際に耳にすると先に見た視点の違いから来る微妙な語感の違いが感じられます。 すなわち被尊敬者に視点のある「~くださる」は被尊敬者への敬意が強く感じられるのに対し、受益者に視点のある「~いただく」は受益者の側の感謝の意が強く感じられます。 また「もらう」と「くれる」の使い分けと同様、相手自身の意志ではなく、依頼した結果相手が行動する場合は「~くださる」は使えません。 これも両者の視点の違いを反映しています。

次の