東京 23 区 浸水。 浸水予想区域図

浸水危険エリアは地名でも推測できる?渋谷は「まさに谷」

東京 23 区 浸水

ある専業主婦(40才)は、一夜の出来事に肩を落とした。 坪単価420万円のマンションを買ったのに、駅前の道路が冠水するなんて。 駅のブランドが下がればリセールバリューも落ちちゃうし、心配で仕方ありません」 ニコタマとは、東京・世田谷区の多摩川のほとりに位置する「二子玉川」の通称で、セレブが集うエリアとして知られている。 富裕層が多く住む大田区田園調布でも被害が多数報告された。 多摩川の対岸に位置し、タワーマンションが林立する神奈川県の人気エリアの武蔵小杉(川崎市)でも下水が逆流して浸水の被害が発生。 住居のトイレ使用を当面禁止するタワーマンションもあり、共同トイレの使用を強いられている住民もいる。 埼玉県の都幾川では2か所の堤防が決壊し、都幾川と合流して下流を流れる越辺川でも2か所が決壊。 多くの住宅や特別養護老人ホームなどが水につかる被害が出ている。 また、水が堤防を越える「越水」はのべ181の河川で確認され、東京・八王子市では南浅川が氾濫して高尾駅周辺が冠水した。 そのほか、都内を流れる荒川や綾瀬川などでは、氾濫発生直前の危険レベルを示す「氾濫危険情報」が出ている。 東京都職員として江戸川区土木部長などを歴任し、水害対策に詳しい土屋信行さんが解説する。 「工業用水として地下水をくみ上げたことで地盤沈下し、土地の高さが海面以下になった場所は『ゼロメートル地帯』と呼ばれています。 東京でいえば江戸川区、墨田区、江東区、足立区、葛飾区の5区に広がっている。 荒川や綾瀬川は、このゼロメートル地帯付近を流れており、氾濫が発生すれば、未曽有の事態に陥っていたことは想像に難くないでしょう」 荒川下流に位置する江戸川区の一部では、20万世帯以上に避難勧告が出された。 幸いなことに堤防の決壊や氾濫はなく、最悪の事態は免れた。 とはいっても、川沿いでなければ安心とも言い切れない。 今年6月、東京大学と早稲田大学は共同研究として「東京23区浸水危険度マップ」(表参照)を発表した。 約3000戸が浸水被害を被った2005年9月の「杉並豪雨」を想定し、1時間に50mmを超える雨が2時間半にわたって降った場合、浸水が1mを超える地点を示したものだ。 「強い勢力を持った今回の台風19号は、上陸前の段階では東京都心を含む首都圏で1時間に80mmを超える猛烈な雨が降ると予想されていました。 実際には50mm以内の雨量に留まったことで被害エリアが限定されましたが、もし予想通りの雨量だったら、この危険度マップで示されている以上に多くの場所で浸水被害が発生したはずです」(防災アドバイザー) 危険エリアは「地名」からも判断できるという。 「水に関係する地名には気を付けた方がいい。 たとえば『渋谷』。 スクランブル交差点から周囲を見回すと、宮益坂や道玄坂など四方を上り坂に囲まれていて、どの方向からも水が流れ込む。 まさに『谷』なわけです」(土屋さん) 東京には、ほかにも四ツ谷や日比谷、市ヶ谷、茗荷谷など谷がつく地名が多いが、いずれも低地であり、浸水被害が懸念されるエリアとされている。 今回の台風で、「氾濫危険情報」が出た河川や「危険度マップ」も参考に、近隣に住む人は防災の意識を高めたい。

次の

軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性|日刊ゲンダイDIGITAL

東京 23 区 浸水

東京23区の3分の1が浸水する 東京都が2018年に公表した浸水のシミュレーションは衝撃的でした。 大型台風や低気圧が接近すると、海水面(潮位)が平常時より高くなる「高潮」が発生します。 この「高潮」による氾濫によって想定される、浸水危険性を表す「高潮浸水想定区域図」です。 それによると、東京23区の3分の1の面積にあたる約212平方キロメートルが浸水。 堤防決壊などで、浸水の深さは最大で10メートル以上。 約84平方キロメートルの広範囲にわたって1週間以上水が引かない地域が発生します。 17区で住宅などが水に浸かり、大手町や丸の内、新橋、銀座の一部など、都心のオフィス街や繁華街も浸水、昼間人口約390万人に影響が及ぶ見込みです。 中央防災会議は、利根川や荒川などの堤防が決壊し、東京湾で大規模な高潮が発生した場合、最大約7600人の被害者が出ると想定。 土木学会では、東京で洪水や高潮が発生した場合、建築物などの資産被害の総額は64兆円に上ると推定しています。 関西大学社会安全研究センターの河田恵昭センター長は、荒川が氾濫した際の復旧には数年かかり、経済的被害額は90兆円と試算しています。 いずれにせよ、18年に過去最大の被害をもたらした西日本豪雨の1・1兆円をはるかに上回る規模となります。 これははるか昔の地形が影響しており、地盤の弱い土地は古くは海だったところです。 では、皇居の西側なら安心かというと、必ずしもそうではありません。 例えば、筆者(長嶋)が創業したさくら事務所は、渋谷区桜丘町にあります。 周辺の地形分類は「山地」「台地・段丘」と非常に盤石で、標高も高く浸水や液状化の可能性は低いのですが、少し歩けば「氾濫平野」が広がっています。 同様に、周辺の「南平台」「鉢山町」「代官山町」といった高台の高級住宅地に、標高が30メートル程度でも「大雨で雨水が集まりやすく、浸水のおそれ。 地盤は軟弱な場合がある」とされる「凹地・浅い谷」が存在します。 地盤の強弱や水害の可能性は「地名」によってある程度わかると言われますが、「丘」「山」「台」という地名がついていても、実態は千差万別で、中にはハザードマップで浸水の可能性が指摘されているところがあります。 このように地形というのは、個々によく調べなければわかりません。 「浸水」や「洪水」というと、江東5区や海沿いの低地がイメージされますが、浸水の可能性がある地域は標高の高い内陸部にも存在します。 そして、そうした地域にも一戸建てやマンション、アパートなどが当たり前に建設されています。 たとえば、東京内陸部にある世田谷区の標高は25〜50メートル程度と高いのですが、起伏が非常に激しく、ハザードマップを見ると、浸水可能性のある地域が多数存在します。 ハザードマップで黄色になっている地区では大雨が降った際に0・2〜0・5メートル浸水する可能性があります。 水深0・5メートルになると車が浮いて、パワーウインドーが作動せず、車の中に閉じ込められて、非常に危険な状態となります。 水色の地区では1〜2メートル、青色の地区では2メートル以上の洪水が予想されています。 原因は「ゲリラ豪雨等による多摩川の氾濫」です。 東京など都市部の場合、雨水の排水処理能力は1時間あたりあたり50〜60ミリ程度を想定していますが、それを超えて処理しきれない分は路上に溢れ出します。 昨今のいわゆる「ゲリラ豪雨」と呼ばれる大雨は、時間あたり雨量が100ミリを超えることも少なくありません。 こうした排水能力を超えた大雨に見舞われた際、排水路から雨水・下水が溢れ出します。 たとえ標高は高くても周辺の土地に比べて相対的に低い所に水が集中します。 2005年9月、東京都杉並区では時間雨量110ミリを超える集中豪雨が発生、内水氾濫と河川の氾濫が並行し、大きな被害がもたらされたのは記憶に新しいところです。 また、1999年7月、新宿区では時間雨量131ミリというすさまじい集中豪雨によって住宅地が冠水、水没した地下室に男性が閉じ込められて亡くなりました。 水圧によって外階段へのドアが開かず、エレベーターも動きませんでした。 浸水の可能性が高い立地にある建物は、基礎を高くするなどの工夫が施されていればいいのですが、建物の容積率を稼ぐために、地下や半地下を備えた一戸建てやマンションが多数存在します。 こうした半地下物件は一戸建ての場合、数万円の「ポンプ」で排水処理を行うことになっていますが、このポンプの処理能力は十分でしょうか。 壊れたり、停電で止まったりしたらどうなるのかという心配もあります。 もし100ミリ以上のゲリラ豪雨に見舞われたら浸水は確実でしょう。 実際、世田谷区深沢では、ここ数年の大雨で複数回にわたって浸水した一戸建てが存在します。 台風19号で被害のあった武蔵小杉のタワーマンションのように、排水管から水が逆流する可能性もあるでしょう。 都市化の進んだ市街地ではゲリラ豪雨のような局所的豪雨によって、下水道の排水処理能力がオーバーし、排水が逆流して浸水する地域が増えています。 これまでは土に浸透していた雨水が、地面がアスファルトやコンクリートなどで覆われたことで、浸透しにくくなっている影響もあります。 過去に浸水した履歴のある地域ならば、新築時に止水板などの防水装置が備えられているところもあります。 一方でハザードマップに浸水の可能性が示されているエリアでも、過去に浸水履歴がなければ対策がなされていない新築物件も多数存在します。 東京都港区の麻布十番と言えば、芸能人も住む人気の街です。 しかし、地下鉄の麻布十番駅周辺は「後背低地」で、地下水位が高く、周辺地より標高も低いため、排水性が悪く水害を蒙りやすい地域です。 地質も軟弱で地盤沈下の恐れがあり、地震動に弱いところです。 港区には他にも南青山、西麻布、白金台、溜池山王などの高級住宅地がありますが、いずれも2メートルの浸水が想定されている地域です。 もちろん各所で随時対策が進められています。 例えば、渋谷区恵比寿南3丁目、恵比寿西1丁目付近では、過去に多くの浸水被害が発生したのを受け、浸水対策事業として、雨水貯留管新設工事が行われました。 それ以降浸水はしていません。 ただし、こうした対策は万全ではありません。 今後、気候変動はますます激しくなることが予想されます。 対策を怠ってはなりません。 (長嶋修/不動産コンサルタント、さくら事務所会長 共著「」日経プレミアシリーズから)•

次の

【台風】東京23区浸水危険度マップ【水に関係する地名に注意??】

東京 23 区 浸水

ページ番号1005633 更新日 令和2年6月5日 荒川氾濫版 外水氾濫) 台風などによって川の水が堤防からあふれたり、堤防が決壊したりすることによって発生する洪水のことを 『外水(がいすい)氾濫』といいます。 板橋区ハザードマップ(荒川氾濫版)は、国土交通省が公表した洪水浸水想定区域図(荒川が流れる地域で3日間での総雨量632ミリメートルの降雨があった場合)に基づき作成しています。 洪水浸水想定区域図の詳細については国土交通省荒川下流河川事務所ホームページをご覧ください。 集中豪雨版(内水氾濫) 近年多発してきているゲリラ豪雨など、短時間で大雨が降り下水の処理能力を超えてあふれる洪水のことを 『内水(ないすい)氾濫』といいます。 板橋区ハザードマップ(集中豪雨版)は、東京都が作成した浸水予想区域図(平成15年)を基に、平成12年に発生した東海豪雨(総雨量589ミリメートル、1時間雨量114ミリメートル)と同程度の降雨があった場合に想定される浸水状況です。 石神井川及び白子川流域浸水予想区域図(改定)について 令和元年5月に東京都は、板橋区が含まれる石神井川及び白子川流域の浸水予想区域図を更新(改定)しました。 詳細は、東京都河川部ホームページ をご覧ください。 (そのほか板橋区が含まれるのは隅田川及び新河岸川流域です。 ) 浸水深・地盤高データも公開されています。 【問い合わせ】 浸水予想区域図に関すること 東京都建設局河川部計画課 中小河川担当 電話:03-5320-5414 中小河川の整備に関すること 東京都建設局 第四建設事務所 工事第二課 電話:03-5978-1734 下水道(内水氾濫)に関すること 東京都下 水道局 計画調整部 電話:03-5320-6594 浸水履歴ついて• 洪水ハザードマップについて 現在配付しているハザードマップは、「防災ガイド」として各種生活情報を掲載した「いたばしくらしガイド2019-2020」と両開き構成の冊子となっております。 (平成31年1月作成) 洪水ハザードマップのほかに、防災マップ、土砂災害ハザードマップを掲載しています。 詳しい配付場所は、いたばしくらしガイド・防災ガイドのページのをご参照ください。 ホームページからは下記の添付ファイルをご覧ください。 ハザードマップ(Web版)について ハザードマップ(Web版)でも同様の情報がご確認いただけます。 【問い合わせ】 板橋区ハザードマップに関すること 板橋区役所危機管理室防災危機管理課計画推進グループ 電話:03-3579-2159 避難情報等の入手方法について( 防災・緊急情報メール配信サービス) 板橋区では、避難情報や雨量情報などの気象情報をメールで配信しています。 詳しくは防災・緊急情報メール配信サービスのページを参照ください。 土砂災害ハザードマップ・板橋区防災マップ(地震・大規模火災)について 以下をご覧ください。

次の