どんなときもwifi 縛りなしwifi 比較。 よくばりWiFi登場!どんなときもWiFiと比較 どっちがいい?

SAKURAWiFi・FUJIWiFI・SPACEWiFi・縛りなしWIFIの4社比較!レンタルモバイルWiFiルーターでお得なのはどれ?

どんなときもwifi 縛りなしwifi 比較

各項目毎に詳しく比較していくので、モバイルルーター選びの参考にしていただければと思います。 表の比較項目をクリックすると、該当の比較項目の詳細比較に飛びます。 こちらもよかったら活用してください。 どんなときもWiFiは「クラウドSIM」を採用しており、au・softbank・docomoの3大キャリア全ての電波を受信することができます。 そのため、 ほぼ日本全域で通信することができます。 一方で、WiMAXは田舎や山間部では非対応のエリアも多くなっています。 WiFiを対応エリアで選ぶならどんなときもWiFiの方がおすすめです! 「クラウドSIM」とは、端末本体にSIMカードを挿さずにクラウドサーバー上に無数に接続されているSIMカードで通信を行う方式のことです。 例えば、山間部ならドコモが繋がりやすいからドコモのSIMに接続。 都心ならauが速いからauのSIMに接続。 といったように その場その場で最適なSIMを選んで接続できる方式になっているんです。 最大通信速度 (理論値) 150Mbps 1. WiMAXは首都圏であれば、平均して20Mbps以上の速度が出ます。 100Mbps近くでる事もよくありますよ…!ただし、 山間部や田舎では思うように速度が出ないので注意が必要です。 また、田舎や山間部でも同じような速度が出るのが強味です。 通信速度を重視しているようでしたら、 首都圏在住ならWiMAX。 田舎や山間部に住んでいるようでしたらどんなときもWiFiがおすすめです。 どんなどきもWiFiは、LTE回線を受信しているので屋内や地下でも繋がりやすいですが速度はそこまで速くありません。 そのため、 屋内や地下・山間部での利用が多いのであればどんなときもWiFi。 首都圏での屋外利用が多く速度が速いほうが良いならWiMAXがおすすめです。 0Gbps 上り:75Mbps 連続通信時間 12時間 6時間 コンセント給電 wifi規格 IEEE802. 11b/g/n IEEE802. 11a/n/ac IEEE802. 11b/g/n IEEE802. どんなときもWiFiとWiMAXの端末の性能を表で比較してみました! どんなときもWiFiの端末のGlocalMeU2は、最大通信速度や接続可能台数など全体的に性能は高くありませんが最大通信時間が12時間と長いのが特徴です。 一方で、WiMAXの端末のW06やL02は最大通信速度が非常に速く接続可能台数も多いです。 また、「IEEE802. 11a/n/ac」に対応しており5GHz帯での通信が可能な点が特徴ですね。 端末の性能で選ぶならWiMAX。 電池持ちの良さで選ぶならどんなときもWiFiの端末がおすすめです! 文中の「IEEE802. 11a/n/ac」とは、WiFiの通信規格のことで5GHz帯での通信に対応した最新の規格です。 従来の2. 4GHz帯での通信と比べて、 5GHz帯での通信は電波干渉が少ないため通信時のロスが起こりにくく速度が出やすい特徴があります。 ただし、2. 4GHz帯よりも障害物に弱いので部屋の壁を挟んでの通信など障害物を挟んで通信する場合速度が一気に出なくなる点に注意が必要です。 一方で2,4GHz帯での通信は、電子レンジやBlootoothの電波と干渉するため速度が出にくいです。 また、レンジの電源を入れた瞬間に通信が切断されるようなこともあります。 モバイルルーターの様な、端末とWiFiルーターが近距離にある通信の場合は速度が出やすい5GHz帯での通信がおすすめです。 まず、 どんなときもWiFiは基本的に通信容量完全無制限のWiFiです。 当サイトで検証した結果、1日100GB使っても速度制限がかからないことが確認出来ています。 一方で、WiMAXには3日で10GBの制限があるためYouTubeなどの容量を大量に消費するコンテンツを利用した場合速度制限がかかる事が多いです。 速度制限がかかった場合の速度についてはWiMAXの方が速いのですが、そもそもどんなときもWiFiは国内利用であれば速度制限がかかることはほとんどありません。 そのため、たくさん容量を使いたい人にはどんなときもWiFiがおすすめです。 また、下記関連記事で無制限の真相について検証しているので、気になる人は読んでみてください。 どんなときもWiFiの月額料金は2年間一律で、3,480円です。 一方で、WiMAXの月額料金は4,380円と900円も高いんです…汗 厳密に言えば、WiMAXはプロバイダ毎に割引きがありますしキャッシュバックがあります。 なので、実質月額料金はもう少し差が縮まります。 WiMAXで最も安いGMOとくとくBBの実質月額は3,207円です。 ですが、 この金額は高額キャッシュバックを受取忘れない前提の金額です。 そのため、月額の点では、 何もせずとも2年間一律3,480円と安く使えるどんなときもWiFiが優れていると言えます。 どんなときもWiFi・WiMAX共に縛り期間中に解約した場合の違約金の最高額は19,000円です。 そのため、解約違約金でどんなときもWiFiとWiMAXを比較した場合の差は無いと言えますね。 どんなときもWiFiは元がお得なので、キャッシュバックやお得なキャンペーンは行っていません。 強いて言えば月額割引きキャンペーンを行っているくらいですね。 一方でWiMAXはプロバイダ毎に様々なキャンペーンが展開されており、時期によって変わりますが 最大4万円前後のキャッシュバックや乗換時の解約違約金負担などお得なキャンペーンが目白押しです。 そのため、キャッシュバックやキャンペーン内容を重視してWiFiを選ぶならWiMAXをおすすめします。 また、次の関連記事でがお得なWiMAXを紹介しています。 一方でWiMAXは、国内向けのWiFiなので海外で使う事はできません…汗 国内でも海外でも手続無しで同じ端末で通信できるのは魅力的ですよね。 そのため、海外旅行に行く事が多い人には、どんなときもWiFiは非常におすすめのWiFiです。 結論!総合的にみておすすめなのはどんなときもWiFiです! ここまで、どんなときもWiFiとWiMAXを9つの項目で比較してきましたが総合的に見ておすすめのWiFiはどんなときもWiFiです。 また、月額料金も3,480円と安く縛り期間も2年間です。 月額が4,380円で3年縛りのWiMAXと比べて料金の面でもお得ですね。 その他、海外でも使える点や端末の電池持ちが良い点などを考えると 総合的に見て満足度が高くおすすめできるのが「どんなときもWiFi」なんです! どんなときもWiFiとWiMAXのどちらを契約するか迷っているようでしたら、どんなときもWiFiを選べば後悔することはありません。 首都圏在住で速度重視ならWiMAXもあり! 総合的に見ておすすめのWiFiはどんなときもWiFiでしたが、首都圏在住で通信速度重視ならWiMAXの契約がおすすめです。 WiMAXの特徴はとにかく速度が速いことです。 YouTubeの1080pの高画質動画もスムーズに見る事ができますよ!また、も平均して50ms以下に収まるので、FPS以外のネットゲームであれば快適にできます。 どんなときもWiFiとWiMAXの契約で迷っていて、「首都圏在住」「通信速度重視」という条件であればWiMAXの契約をおすすめします。 当サイトでは、全31社のして特におすすめの10社をランキング形式で紹介しています。 WiMAXの契約を検討しているようでしたら是非参考にしてください。 どんなときもWiFiとWiMAXの比較に関するまとめ 今回の記事のまとめ• どんなときもWiFiは料金が安く国内・海外どこでも繋がるのが特徴• WiMAXは通信速度が速くキャンペーンが豊富なことが特徴!• 比較の結果おすすめなのは「どんなときもWiFi」• 首都圏在住で通信速度重視ならWiMAXがおすすめ! 今回の記事では、どんなときもWiFiとWiMAXを9つの項目で徹底比較してきました。 比較の結果、どんなときもWiFiは「どこでも繋がる」「料金が安い」WiMAXは「速度が速い」「キャンペーンが豊富」といった特徴があることがわかりました。 WiMAXは、首都圏では通信速度が非常に速いので首都圏在住で通信速度を重視してWiFiを選ぶ人におすすめです。 総合的に見てどんな人にもおすすめできて優れたWiFiは「どんなときもWiFi」です。 迷ったらどんなときもWiFiを契約すれば損はしませんよ…!.

次の

【2020年最新】どんなときもWiFiとWiMAXを9つの項目で徹底比較!

どんなときもwifi 縛りなしwifi 比較

STAR WIFI(スターワイファイ)とは• 2年や3年などの契約期間無し• 縛りもなければ解約手数料も無い• 3日で10GBみたいな速度制限も無い• 端末はレンタルの為、端末代は無料。 解約時に返すだけ• 契約時にクーポンを使えば永遠に格安&値上がり無しの定額• ソフトバンクLTE回線を使っているので、人口の99パーセントをカバーする繋がりやすさ(地下や建物の奥でもOK)• 7日間全額返金保証がついているので、万が一の時は返品可能なので安心• もちろんdocomoやau、他の格安スマホにも使える といったこれまでのポケットワイファイの弱点を上手くクリアし、格安に抑えたまさに神wifiです。 関連記事>> 他社によくあるポケットワイファイを途中解約するしょうもない方法 大半のポケットワイファイが2年もしくは3年とスマホの契約と変わらない程の契約期間を設けられます。 そして、もし途中で何らかの理由があって解約する場合は違約金が発生し、多額の解約手数料を支払って解約するしかありません。 「ポケットワイファイを1年だけ使う裏技」「ポケットワイファイを最安で解約する方法」 また、ネットで検索するとよくあるこんな裏技や方法の大半が、 「キャッシュバックキャンペーン」の利用。 ほとんどの情報がこのキャッシュバックキャンペーンの利用で、解約金をカバーできますというオチ。 実にしょうもないですね。 WiMAXによくある、契約から11ヶ月後にメールが届き、キャンペーンを受け取る仕組みですが、契約時によく理解しておかないと、適用されなかったり、メールを見逃して、キャッシュバックを貰えなかったりというハプニングもよくあります。 それなら最初から契約縛りがないポケットワイファイを選んだ方が断然お得です。 実際解約したい時に、そのお金もうないし 笑 そもそもキャッシュバックの意味ないじゃん!企業側のキャッシュバックの狙いを理解すれば、キャッシュバック推しのプロバイダーは必然と選ばないよね 笑 まあこうしてプロバイダーは「うちを使ってください」「こんなサービスでお得ですよ」と利用者の囲い込みをしているわけです。 まぁ競合他社はたくさんいるので、ビジネス的にはしょうがないことですけどね。。。 一方、STAR WIFIは先程挙げたように「途中解約無料」「契約期間無し」と、生活環境が変わってポケットワイファイが不要になった方や、遅くて繋がらないポケットワイファイはもう嫌だと感じた方の乗り換えにはピッタリです。 STAR WIFI(スターワイファイ)のデメリットって何? STAR WIFI(スターワイファイ)のデメリットとして ・端末は無料の分、レンタルの為解約した時は返さないといけない(家のwifiルーターと同じような仕組み) ・月の利用料金がクレジットカード決済のみ(デビットカード不可) これくらいです。 実際に僕も使ってみたので、感想をまとめています。 関連記事>> 縛りなしWIFIと比較 縛りなしWIFIはその名の通りいろんなものがありません。 「初期費用」「契約縛り」「解約手数料」「月のデータ通信量の制限」のすべてが無い2018年に新たに発売された注目のポケットWIIFIです。 ポケットWIFIでは珍しく「Softbankの4G LTE回線」か「WiMAX」のどちらかを選ぶ事ができます。 (それぞれに対応した端末を選ぶってことです。 ) 3日で〇ギガの速度制限はあるものの、月々3300円、13ヶ月目からは2800円とモバイルルーター業界ではかなり安く、条件も魅力的なプロバイダーです。 STAR WIFI 縛りなしWIFI データ量 無制限(300GB程度) 1日で3GBor3日で10GB(端末による) 料金 3,480円(申し込み時にクーポン) 3,300円(2年目以降2800円) 最大通信速度 350Mbps(4G)612Mbps(LTE) 187. 5Mbps~612Mbps 対応エリア 4G LTE(ソフトバンク回線) 4G LTE(ソフトバンク回線)or WiMAX 契約期間 いつでも解約可 いつでも解約可 縛りなしワイファイのデメリットって何?(STAR WIFIとの比較ポイント) 縛りなしワイファイのデメリットは ・ソフトバンクの回線を利用できる端末(1日3GBまで)とWiMAXの回線を利用できる端末(3日で10GBまで)が選べるものの、速度制限がかかる。 結果月に90GBまでしかまともに使えない ・確かに月に〇ギガまでという制限はないものの結局速度制限があるため、変わらない ・端末紛失・故障 水没時弁済金がえぐい(39800円) POINT:スピード、速度制限なしを重視するならSTAR WIFIが〇 速度制限があっても構わないからとにかく安い方が良いなら縛りなしWIFIが〇 どんなときもワイファイと比較 佐藤二朗さんのCMでもおなじみの2019年にサービスを開始したどんなどきもワイファイ。 他社とはことなり、クラウドSIMを採用しているため、エリアによってソフトバンク、docomo、auの回線を切り替えて利用する仕組みです。 容量無制限、海外でもそのまま切り替える事なく使えるという魅力的なポケットワイファイです。 2年間の契約縛りはあるものの、クレジットカード支払いなら月々3480円、口座振替なら月々3980円と容量無制限のポケットワイファイの割に格安です。 STAR WIFI どんなときもワイファイ データ量 大容量(100GB程度) 制限なし 料金 3,480円(申し込み時にクーポン) 3,480円or3,980円(2年目以降2800円) 最大通信速度 350Mbps(4G)612Mbps(LTE) 150Mbps 対応エリア 4G LTE(ソフトバンク回線) 4G LTE(3大キャリアの回線) 契約期間どんなときもワイファイのデメリット いつでも解約可 2年縛り どんなときもワイファイのデメリットって何?(STAR WIFIとの比較ポイント) どんなときもワイファイのデメリットは ・2年間の契約縛りがある ・最大下り150MbpsとSTAR WIFIよりは遅い ・3年目から月の利用料金が500円上がる です。 POINT:2年も使うかわからない、月に100GBの容量があれば十分ならSTAR WIFI。 海外でも使う予定がある、2年間は必ず使うから無制限がいいならどんなときもワイファイ。 最後に 「ポケットワイファイを1年だけ使う裏技」や「最安で解約する方法」で強引に解約するよりも、もともと普通に使えて、万が一環境が変わっても無料で解約してもOKなSTAR WIFIなら、何も気にせず思う存分使いまくれますけどねっっ。

次の

「どんなときもWiFi」と「縛りなしWiFi」どっちがおすすめできるの!?

どんなときもwifi 縛りなしwifi 比較

・データ通信量 ・通信エリアの範囲 ・通信速度 ・Wi-Fiの同時接続台数 ・データ通信の安定性 ・海外利用時の条件 ・操作方法のカンタンさ ・契約から端末受け取りまでの日数 ・料金プラン なお、縛りなしWiFiで貸し出してるWi-Fi端末は、WiMAX「Speed Wi-Fi NEXT W04」「Speed Wi-Fi NEXT WX05」Softbank「502HW」「603HW」の4種類です。 1日2GBまでなので、1か月あたり60GBまでしか利用できません。 縛りなしWiFiについては、WiMAX端末はWiMAX(au 4G LTE)かSoftbank端末はSoftbankの電波が入るところで使用可能となっています。 5Mbps 上り:35. しかし、実測値は大差なく、普段利用にはどれを選んでもさほど通信速度は変わらないことが分かります。 後述しますが、電波の安定性で言えばどんなときもWiFiの方が優れているので、普段利用にはむしろどんなときもWiFiの方が向いています。 すべての機種が10台の同時接続が可能で、Softbankの603HWにいたっては13台も同時接続が可能です。 縛りなしWiFiの場合、WiMAXとSoftbankで通信状況が大きく変わってきます。 WiMAXは通信速度は速いものの障害物に弱く、室内での受信状況はあまりよろしくないことが多いです。 Softbankは一定の安定性を保っています。 どんなときもWiFiでは防護機能の解除が、縛りなしWiFiでは初期設定が必要となります。 また、台風などの自然災害があった場合はこの限りではありません。 中でも縛っちゃうプランは、3年の契約期間縛りが発生してしまうものの、格安で利用することができます。 どんなときもWiFiと縛りなしWiFi、どっちがいい? ここまで、どんなときもWiFiと縛りなしWiFiの違いを比較してきました。 では、どちらを選ぶのが良いのでしょうか? 縛りなしWiFiが向いている人 縛りなしWiFiが向いている人はこんな人です。 ・データ通信量を気にせず使い倒したい人 ・室内でも快適にWi-Fiを使いたい人 ・通信の安定性を重視する人 ・海外によく行く人 どんなときもWiFi最大の強みは、データ通信制限がないことです。 1日中動画やゲーム、ネットをしていても通信制限がかかることはありません。 また、WiMAXだと通信エリア内でも室内だと電波状況が悪くなることがよくあります。 どんなときもWiFiであれば、室内でも全く問題なくWi-Fiを利用することができます。 まとめ どんなときもWiFiと縛りなしWiFiの比較をしてきました。 縛りなしWiFiはとにかく安くWi-Fiを利用したい人に向いており、どんなときもWiFiはWi-Fiを使い倒す人や速度制限を気にせずに使いたい人に向いています。 それぞれの特徴を押さえ、自分の利用スタイルに合った方のWi-Fiを選びましょう。

次の