ふいうち剣盾。 【ポケモン剣盾】オーロンゲの育成論と対策【ソードシールド】

【ポケモン剣盾】「ふいうち」で先制できない場合

ふいうち剣盾

構築経緯 「ダイジェット」が強力 有利状況から一気に全抜き状態に移行できたり、素早さ関係の逆転により不利状況を覆したりと多岐にわたって活躍しており、 素早さを上げながら攻撃できる「ダイジェット」が 今作の対戦環境において最も強力な動きの1つ であると感じたため「ダイジェット」持ちのダイマックスポケモンを軸にすることにしました。 「ダイジェット」を使用するポケモンにもトゲキッスやギャラドスなど様々な種類が存在しますが、型が豊富で他のどのポケモンよりも行動が読まれにくくかつ撃ち合える範囲も特に広いということを考慮し、 弱点保険ドラパルトをメインのダイマックスポケモンとして採用しました。 残HPを2倍にするという仕様上、ダイマックスをするポケモンは可能な限り高いHPを確保しておきたいです。 これより、サイクル戦を行うことはダイマックスと相性が悪く、 交代せずに殴り合う『対面構築』こそダイマックスポケモンを最大限活かすパーティである と考えました。 ドラパルトに加えて、特性「ばけのかわ」のおかげで 相性を無視して殴り合う性能が高いミミッキュと、技「からをやぶる」により 多くの相手に先制で高い火力を押し付けられるパルシェンの3体を基本選出とすることにしました。 2体目のダイマックスポケモン探し• 前述した通り「ダイジェット」持ちのダイマックスポケモンが強力なので、 ドラパルトが出しにくい相手に対して選出する第2のダイマックスポケモンを探しました。 タイプ一致で「ダイジェット」を撃て特性「じしんかじょう」のおかげで全抜き性能が特に高いギャラドス、飛行技が半減なので「ダイジェット」の撃ち合いにおいて強力なスピンロトムなどを試してみたものの、 弱点保険バンギラスの流行により動き辛いと感じたため採用を断念しました。 特性「すなかき」+「ダイロック」により「ダイジェット」と同様の動きが可能なドリュウズは、上の2匹とは違ってバンギラスにも強い点が優秀で長い間使用していましたが、 ドリュウズミラーやアーマーガアに対する明確な回答を容易するのが難しかったためパーティから外れることとなりました。 その後も バンギラスに強く、アーマーガアにも負けない「ダイジェット」使いを探し続けたところ、 「とびはねる」+「かみなりパンチ」持ちのホルードにたどり着きました。 また、このポケモンは特性「ちからもち」のお陰ですでに十分な火力が確保されているため火力増強アイテムを持たせる必要がなく、代わりに 「ラムのみ」を持たせることでここまでの3体で用意されていない状態異常耐性を付与する ことができました。 受け構築とアイアント対策• こちらのダイマックスを上手く耐え抜かれた場合受け構築を崩す手段がなくなり詰められてしまうため、 ダイマックスを使用せずとも受けパーティに対抗できる「わるだくみ」持ちサザンドラを採用しました。 また、終盤に『ヌルアント』と呼ばれる タイプ:ヌル+アイアントを軸にしたパーティが急増し、こちらにも 非ダイマックスで抵抗できるようエースバーンを採用しました。 個別紹介 ドラパルト 特性 クリアボディ 性格 いじっぱり 持ち物 じゃくてんほけん 努力値 HP:236 攻撃:196 防御:44 特攻:0 特防:4 素早さ:28 実数値 193-181-101-108-96-166 技 ドラゴンアロー ゴーストダイブ そらをとぶ だいもんじ 調整意図 HB:172 252 ドラパルトの「いのちのたま」持ち「ダイドラグーン(ドラゴンアロー)」耐え HD:152 252 の「いのちのたま」持ち「ダイドラグーン(りゅうせいぐん)」耐え S:最速サザンドラ抜き 解説 最強のタイマン性能 このドラパルトはミミッキュ以外のほぼ全てのポケモンに対して撃ち合いで強く、殴り合う展開になった場合はほぼ確実に相手のポケモンを1体以上倒します。 また、ドラパルトやサザンドラやヒヒダルマ、ギルガルドなどに対しては 対面から「ダイジェット」を打つことで「じゃくてんほけん」でAとCを2段階上昇させながら素早さも上げつつ相手を突破する ことができます。 この動きが決まったドラパルトをミミッキュ以外で止めることは難しく、ミミッキュが繰り出された場合は後述のパルシェンの起点に、そうでなければそのまま試合に勝ってしまうことも少なくありません。 「ダイホロウ」で役割集中 さらに、弱点保険ドラパルトの苦手とする 受けポケモンに対しては「ダイホロウ」で防御を下げながら退場する ことで、後続のミミッキュやパルシェンで倒しに行く、いわゆる『役割集中』を狙うことができます。 アーマーガア対策の「だいもんじ」 ダイマックスを利用する弱点保険型のドラパルトは「ドラゴンアロー」「ゴーストダイブ」+飛行技までは確定で最後の1枠が選択となりますが、今回は上の 「ダイホロウ」の防御ダウンでの役割集中を特性「ミラーアーマー」で阻止してくるアーマーガアに対して刺さる「だいもんじ」 を採用しました。 ミミッキュ 特性 ばけのかわ 性格 ようき 持ち物 いのちのたま 努力値 HP:4 攻撃:252 防御:0 特攻:0 特防:0 素早さ:252 実数値 131-142-100-x-125-162 技 シャドークロー ドレインパンチ かげうち つるぎのまい 調整意図 A:可能な限り高いダメージを与えたいため振り切り S:ミミッキュミラーで先制する可能性を高めたいため最速 解説 終盤の掃除役 ドラパルトや後述するホルードにダイマックスを切って場を荒らした後、 相手のポケモンの僅かに残った体力を削りきる『スイーパー』として使用します。 「じゃれつく」よりも「ドレインパンチ」 ま た、アタッカー型ミミッキュによく採用されている「じゃれつく」ですが、このパーティはミミッキュにダイマックスを切らないため「 ダイフェアリー」の追加効果の恩恵を受ける場面がない 上に、 打ちたい相手であるバンギラスやカビゴン、タイプ:ヌルには「ドレインパンチ」の方が有効 であることに気付いたため不採用としました。 ダイマックスポケモンはその仕様により先制技を打つことができない ため、「きあいのたすき」で残りHPが1になったパルシェンを安全に倒し切ることができません。 これを利用して、パルシェンは ダイマックスポケモンの前では安全に「からをやぶる」を選択し反撃に移行する ことができます。 特に、トゲキッスは本来「エアスラッシュ」の怯みによってパルシェンを突破してしまう可能性を持っていますが、ダイマックスしてしまうとその追加効果が消えてしまうので確実に対面から勝つことができるようになります。 誘うミミッキュを起点に全抜き また、ドラパルトの欄で記述した通り、 「じゃくてんほけん」が発動したドラパルトを唯一安全に処理できるのはミミッキュ ですが、その ミ ミッキュを起点に「からをやぶる」で全抜きを狙う ことができるため、ドラパルトと同時に選出した場合はこれが最も太い勝ち筋の1つになります。 ただし、「トリックルーム」持ちのミミッキュにはその展開を阻止されてしまうため注意が必要です。 ホルード 特性 ちからもち 性格 いじっぱり 持ち物 ラムのみ 努力値 HP:116 攻撃:252 防御:28 特攻:0 特防:4 素早さ:108 実数値 175-118-101-x-98-112 技 じしん とびはねる かみなりパンチ つるぎのまい 調整意図 A:「ダイジェット(とびはねる)」+「ダイサンダー(かみなりパンチ)」で161-115 4-0 ダイマックストゲキッスを68. オーロンゲやカバルドンなどドラパルトが苦手とする 状態異常撒きに対して「つるぎのまい」を積み、全抜きを狙います。 対受け構築 上記の露骨な状態異常技始動の展開構築以外にも、 受けパーティに対して選出することが多いです。 また、その場合はサザンドラと共に選出することがほとんどですが、その時はホルードのダイマックスが切れた後相手のダイマックスポケモンに逆転されないよう ミミッキュやパルシェンなどのストッパーも同時に選出する 必要があります。 サザンドラ 特性 ふゆう 性格 おくびょう 持ち物 たべのこし 努力値 HP:0 攻撃:0 防御:0 特攻:252 特防:4 素早さ:252 実数値 167-99-110-177-111-165 技 あくのはどう ラスターカノン わるだくみ みがわり 調整意図 C:可能な限り高いダメージを与えたいため振り切り S:最速 解説 受け構築対策ポケモン ドヒドイデやヌオーなどの受けポケモンの技に対して「みがわり」を選択し、そこから安全に「わるだくみ」を積んで相手パーティの崩壊を狙います。 サザンドラを倒せるポケモンを誘い出す 受けと攻めを両立しているパーティに対しては このポケモンで攻めポケモンを誘い出し、こちらのタイマン性能の高いポケモンで返り討ちに します。 ニンフィアの選出・交代を読む また、受けに特化した構築はサザンドラ対策としてニンフィアを用意していることが多いですが、それはすなわちこのポケモンがいるだけで ニンフィアの選出や後出しを強要できるということなので、 それを利用した読み行動を通して勝機を見出します。 エースバーン 特性 もうか 性格 ようき 持ち物 たつじんのおび 努力値 HP:60 攻撃:212 防御:4 特攻:0 特防:52 素早さ:180 実数値 163-163-96-x-102-178 技 かえんボール とびひざげり ふいうち ちょうはつ 調整意図 A:「とびひざげり」で167-110 0-0 サザンドラを確定1発 HB:172 252 ドラパルトの「いのちのたま」持ち「ドラゴンアロー」を確定耐え HD:189 252 トゲキッスの「ダイジェット エアスラッシュ 」を確定耐え 177 252 サザンドラの「ダイドラグーン りゅうせいぐん 」 S:最速アイアント抜き 解説 対アイアント 構築経緯にて述べた通り、アイアント入りのパーティや「ダイジェット」で全抜きを狙ってくるアーマーガア入りに対して選出します。 高いタイマン性能 調整意図にある通り、アタッカーとしては高水準の耐久と「ふいうち」を持っているため、タイマンでの殴り合い性能はかなり高いです。 また、技「ちょうはつ」のお陰で 相手の展開を許さず純粋な殴り合いというこちらの土俵に無理やり持ち込むことができます。 選出パターン 相手のパーティをある程度分類し、それぞれに対して 事前に選出とダイマックスするポケモンを決めておく ことで対戦中の慌ただしい思考を排除し、 実際の対戦を机上論でのゲームメイクに極限まで近付け機械的に勝利する ことができます。 対面特化• 相手のパーティに カバルドンなどの状態異常撒きやドヒドイデなどの受けポケモンがいない場合、基本的に対戦は単純な技での殴り合いになります。 その場合、この基本選出は無類の強さを発揮するため、余計なことは考えず ドラパルトにダイマックスを使用し、対面のポケモンに通る技を押し付けます。 vs鋼入り• アイアントやアーマーガアをエースに設定しているパーティに対して選出します。 初手でドラパルトにダイマックスを使用しある程度相手を削った後、エースバーン+ミミッキュorパルシェンで詰めます。 アーマーガアがバンギラスなどと同居していて「ステルスロック」+「ダイジェット」展開を狙ってきそうな場合この選出を、ギャラドスなどと組み合わされており アーマーガア以外がダイマックスしてきそうな場合は上の「ドラパルト+ミミッキュ+パルシェン」の選出を優先します。 vs展開構築• カバルドンやオーロンゲなどの状態異常撒きや「ステルスロック」持ちのバンギラスから展開してくるパーティに対しては初手ホルードから入り、状態異常を「ラムのみ」で掻い潜りながら初手の展開要員を仕事させずに突破します。 バンギラスに対しては「じゃくてんほけん」持ちや「きあいのタスキ」からの「ばかぢから」を警戒して積極的にダイマックスを切っていきます。 vs受け構築1• ホルードの高い火力と広い範囲で受け構築の崩壊を狙います。 また、相手が物理受けを複数体選出してきた時に突破しきれないという事態を防ぐため、 物理受けを起点に崩しを狙えるサザンドラも同時に選出します。 しかし、この2体では相手が「ダイジェット」持ちのポケモンを選出してきた場合総崩れになってしまうので、 ストッパー要員であるミミッキュかパルシェンを相手のパーティに合わせて選出します。 vs受け構築2• 上の「vs受け構築」と基本的には同じですが、相手にニンフィアやマホイップなどの サザンドラ受けがいる場合はストッパーではなくエースバーンを優先します。 サザンドラに後出しされやすいニンフィアに対しエースバーンが後出しできるため、最低限のサイクルを行いこちらの崩しの起点を伺う様子見のターンを得られるようになります。 ただし、サザンドラ受けだけでなく 「ダイジェット」持ちのエースポケモンもいた場合は「vs受け構築1」を選出し積極的に交代読み行動を行って強引に崩していきます。 vs襷ガルド+トリルミミ+ドサイドン• 初手に出されやすい 襷ギルガルドを迅速に処理できるミミッキュを初手に置きます。 相手のドサイドンはこちらのサザンドラまたはホルードのダイマックスを合わせないと突破できないため、ドサイドンが出てくるまでダイマックスを温存して立ち回ります。 パルシェン全抜き狙い• 数は少ないですが、パルシェンで安全に「からをやぶる」を決められてしまえばそれだけで勝ててしまうパーティも存在します。 そういった構築に対しては エースバーンの「ちょうはつ」でサポートしながらパルシェンで展開するといった選出を行います。 終わりに 以上、最終4位のホルード入り対面構築の紹介でした。 ポケモンソルジャーではこれからも好成績を残したパーティの紹介を行っていきます。 公式アカウント で記事の更新を告知していますので、ぜひフォローをお願いします。 主催:ポケモンソルジャー 主催Twitter: 開催場所:関東 予定時刻:未定 12 2020年7月12日 13 2020年7月13日 14 2020年7月14日 15 2020年7月15日 16 2020年7月16日 17 2020年7月17日 18 2020年7月18日 19 2020年7月19日 20 2020年7月20日 21 2020年7月21日 22 2020年7月22日 23 2020年7月23日 24 2020年7月24日 25 2020年7月25日 26 2020年7月26日 27 2020年7月27日 28 2020年7月28日 29 2020年7月29日 30 2020年7月30日 31 2020年7月31日 1 2020年8月1日.

次の

「ふいうち」とは。対策方法や、優先度、使い勝手を徹底解説【ポケモン初心者講座】|ポケモット

ふいうち剣盾

構築の流れ アブソル解禁をどうやら冠の雪原まで待たなければいけない所からスタート(今日は鎧の孤島発売前日)。 早くせいぎのこころアブソルの超火力ふいうちを使いたい。 ・・・と思っていたところ「 わるいてぐせ」を利用した動画を発見。 味方殴りによる起動後、殴った味方から道具を奪い、その後相手に攻撃するというものである。 これを利用すれば、 超火力のふいうちで相手を縛り続けることができるのでは?幸い、わるいてぐせとふいうちを両立できるも多い。 不意打ち役に適任なのは、 ・こうげきが高い ・味方殴りの後の相手の攻撃も1発は耐えたいため耐久も高い ・不意打ち役より速い優先度1の攻撃が味方殴りに必要なので、速すぎない方が良い これを全て満たす オーロンゲに決定。 次に味方を殴るについて。 当初はのを使っていたがとても痛かった(A下降でもが31あると2割以上入る)。 そこでオーロンゲをやさしく殴れてかつサポートもできるを探していたところ、 が該当。 Aがたったの35しかないため、をオーロンゲに打っても全く痛くない(1割以下)。 そしてSは35もあるため、S振りによってオーロンゲの上を取ることができる。 紙耐久(H-B-Dは35-35-35)なのですぐ倒れて高速展開もできる。 サポート技としててだすけもあるため生き残っても腐らない。 オーロンゲまで確定。 ここまでで相手のサイコフィールドが辛そうなため、フィールドを書き換えられて強い ゴリランダーを採用。 や、要するにがめちゃくちゃに辛いので、に強そうな と水を採用。 水の悪巧みからの全抜きを第二の勝ち筋にしたいため、サポートできる ピッピを採用。 構築を完成とした。 使いの中で攻撃が最も低く、いのちのたまを持ってもオーロンゲに1割も入らない。 火力が皆無なのですぐに気絶して後続に繋げてもいいが、サポート技にてだすけがあるので腐りにくい。 後続のにも使える。 ・てだすけと対のまもるまで確定。 残りは持ち物を奪うどろぼう、火力重視のしんくうは、メロメロ辺りが候補。 初ターンに相手を1体持っていくのが理想だが実際結構通った。 初ターンにあまり削れていなければックスエースとして運用もできるため、技範囲を広くとった。 が、実際はとにかく不意打ちを打ち続ける動きの方が多かった。 残り4体は一般的ななので説明は軽め。 対特殊で詰める動きをする。 バンドリが重そうなので進化前2体を差し置いてタスキを持った。 ロンゲ選出時にも裏から出て来てックスすることが多かった。 トリル下ではおさきにどうぞorうたうのどちらが強いのかかなり悩ましい。 結果 カジュアル2戦で選出2勝、ランクマ3戦で選出1敗、非選出1勝1敗 感想 ギミックが決まると楽しい。 ・が無限に辛い ・が放置されてオーロンゲが狙われる ・出オチ感が凄い(初手でやりたいことがバレて2ターン目からは優先度2の神速やフェイントがバンバン飛んでくる) ・火力が怪しい(エースバーン程度なら倒せるが高耐久だと倒せないことも) など色々問題はあったが、そもそも ・ 「サポートにがっつり寄った紙耐久味方殴り」と「わるいてぐせ」の相性が思ったより良くない のではと思い当たった。 ここから先は似たとくせいである 「きょうせい」と比較する。 きょうせいもわるいてぐせも、味方殴り+道具消費から、殴られ役へ殴り役の道具が移動する点では同じである。 但し違うのは、 きょうせいが「殴るほうの特性」であるのに対し、 わるいてぐせが「殴られるほうの特性」である点。 きょうせいの場合、殴られたは自分の特性をさらに利用できる。 リソースが 殴られたに集中するといえる。 例えばきょうせいのがオクタンを殴るような構築の場合、オクタンは自分の特性スナイパーをそのまま活用できる。 一方 オーロンゲの特性わるいてぐせは、オーロンゲが道具を奪った時点でお役御免である。 そしてオーロンゲを殴るのが ではなく例えば だった場合、 強力な特性がの側に残っているため、もそのまま相手を殴ることができる。 きょうせいよりは リソースが分散しているといえる。 ところが高速展開しやすいでは、 特性やるきは大抵とともに初手で吹き飛んでいる。 きょうせい済みで特性が無用となったが吹き飛ぶのと比べるとやはり もったいない感がある。 というわけでの考察を深めるよりは、一度アウトプットして別のことを考えた方が良いと思い記事にまとめた。 ギミック自体はよく決まり相手を初手で1体持っていくことはできるため、高火力ふいうちは弱くなさそう。

次の

【ポケモンUSUM】剣舞後の「キリキザン」でおいうち・ふいうちの択を迫るのが楽しすぎるんだがwwwww

ふいうち剣盾

構築の流れ アブソル解禁をどうやら冠の雪原まで待たなければいけない所からスタート(今日は鎧の孤島発売前日)。 早くせいぎのこころアブソルの超火力ふいうちを使いたい。 ・・・と思っていたところ「 わるいてぐせ」を利用した動画を発見。 味方殴りによる起動後、殴った味方から道具を奪い、その後相手に攻撃するというものである。 これを利用すれば、 超火力のふいうちで相手を縛り続けることができるのでは?幸い、わるいてぐせとふいうちを両立できるも多い。 不意打ち役に適任なのは、 ・こうげきが高い ・味方殴りの後の相手の攻撃も1発は耐えたいため耐久も高い ・不意打ち役より速い優先度1の攻撃が味方殴りに必要なので、速すぎない方が良い これを全て満たす オーロンゲに決定。 次に味方を殴るについて。 当初はのを使っていたがとても痛かった(A下降でもが31あると2割以上入る)。 そこでオーロンゲをやさしく殴れてかつサポートもできるを探していたところ、 が該当。 Aがたったの35しかないため、をオーロンゲに打っても全く痛くない(1割以下)。 そしてSは35もあるため、S振りによってオーロンゲの上を取ることができる。 紙耐久(H-B-Dは35-35-35)なのですぐ倒れて高速展開もできる。 サポート技としててだすけもあるため生き残っても腐らない。 オーロンゲまで確定。 ここまでで相手のサイコフィールドが辛そうなため、フィールドを書き換えられて強い ゴリランダーを採用。 や、要するにがめちゃくちゃに辛いので、に強そうな と水を採用。 水の悪巧みからの全抜きを第二の勝ち筋にしたいため、サポートできる ピッピを採用。 構築を完成とした。 使いの中で攻撃が最も低く、いのちのたまを持ってもオーロンゲに1割も入らない。 火力が皆無なのですぐに気絶して後続に繋げてもいいが、サポート技にてだすけがあるので腐りにくい。 後続のにも使える。 ・てだすけと対のまもるまで確定。 残りは持ち物を奪うどろぼう、火力重視のしんくうは、メロメロ辺りが候補。 初ターンに相手を1体持っていくのが理想だが実際結構通った。 初ターンにあまり削れていなければックスエースとして運用もできるため、技範囲を広くとった。 が、実際はとにかく不意打ちを打ち続ける動きの方が多かった。 残り4体は一般的ななので説明は軽め。 対特殊で詰める動きをする。 バンドリが重そうなので進化前2体を差し置いてタスキを持った。 ロンゲ選出時にも裏から出て来てックスすることが多かった。 トリル下ではおさきにどうぞorうたうのどちらが強いのかかなり悩ましい。 結果 カジュアル2戦で選出2勝、ランクマ3戦で選出1敗、非選出1勝1敗 感想 ギミックが決まると楽しい。 ・が無限に辛い ・が放置されてオーロンゲが狙われる ・出オチ感が凄い(初手でやりたいことがバレて2ターン目からは優先度2の神速やフェイントがバンバン飛んでくる) ・火力が怪しい(エースバーン程度なら倒せるが高耐久だと倒せないことも) など色々問題はあったが、そもそも ・ 「サポートにがっつり寄った紙耐久味方殴り」と「わるいてぐせ」の相性が思ったより良くない のではと思い当たった。 ここから先は似たとくせいである 「きょうせい」と比較する。 きょうせいもわるいてぐせも、味方殴り+道具消費から、殴られ役へ殴り役の道具が移動する点では同じである。 但し違うのは、 きょうせいが「殴るほうの特性」であるのに対し、 わるいてぐせが「殴られるほうの特性」である点。 きょうせいの場合、殴られたは自分の特性をさらに利用できる。 リソースが 殴られたに集中するといえる。 例えばきょうせいのがオクタンを殴るような構築の場合、オクタンは自分の特性スナイパーをそのまま活用できる。 一方 オーロンゲの特性わるいてぐせは、オーロンゲが道具を奪った時点でお役御免である。 そしてオーロンゲを殴るのが ではなく例えば だった場合、 強力な特性がの側に残っているため、もそのまま相手を殴ることができる。 きょうせいよりは リソースが分散しているといえる。 ところが高速展開しやすいでは、 特性やるきは大抵とともに初手で吹き飛んでいる。 きょうせい済みで特性が無用となったが吹き飛ぶのと比べるとやはり もったいない感がある。 というわけでの考察を深めるよりは、一度アウトプットして別のことを考えた方が良いと思い記事にまとめた。 ギミック自体はよく決まり相手を初手で1体持っていくことはできるため、高火力ふいうちは弱くなさそう。

次の