アンドロイド プロセス。 Androidで「プロセス『system』は応答していません」とエラーメッセージが出た時

annualreport2016.candafoundation.org を終了しますの表示がでた時の解決法|スマホの解決法

アンドロイド プロセス

:誰もが「自分のスマホがもう少し速かったら... 今回は、Android端末を高速化するために試すべきこと、そして避けるべきことをご紹介します。 役に立つこと:一般ユーザー向け スピードを優先したいなら、Android端末のデフォルトアプリや設定は必ずしもベストな選択ではありません。 若干の変更を加えて、スマホをすっきりした状態に保つと、パフォーマンスを手早く向上させることができます。 ホーム画面を整理する プロセッサーの処理速度が落ちている場合や、RAMが不足している場合は、無駄を省いたホーム画面を維持することがスピードアップに有効です。 ライブ壁紙(動く壁紙)やウィジェットはリソースを消費します。 特に後者はバックグラウンドでアップデートし続けることもあります。 それらの影響をもっとも目にするのは「ホーム画面の再描画」においてです。 『Chrome』など、RAMを大量に消費するアプリから画面を切り替えると、完全に空白のホーム画面が表示され、アイコンやウィジェット、壁紙などのすべてがリロードされる間、しばらく待たなければなりません。 これを避けるためにも、ホーム画面はいつも整理しておきましょう。 別のランチャーを使う Android端末に搭載されているデフォルトのアプリランチャーは通常、デバイスのベストな機能を陳列するように設計されています。 そのせいで、一番高速なわけでも、一番効率的なわけでもなくなっています。 Google Playストアでは、膨大な数のサードパーティ製ランチャーが提供されており、その多くはスピードの向上に最適化されています。 「MakeUseOf」のお気に入りは『』ですが、いくつか試してみて、自分にピッタリなランチャーを見つけるのも良いでしょう。 ブラウザを変える Android端末の標準ウェブブラウザはChromeですが、残念ながらかなりのリソースを消費するアプリです。 それを改善するための方法はいくつかありますが、どうせならまったく新しいブラウザに切り替えたほうが良いかもしれません。 一部のベンチマークテストから『』が最速のAndroidブラウザであることが明らかになっています。 なるべくChromeに近いものをお望みなら、『』も良いかもしれません。 Operaのデータ圧縮機能は、ページの読み込み速度の向上に効果絶大です。 効率の悪いアプリをアンインストールする 効率の悪いアプリがスマホの速度低下の原因になることも少なくありません。 しかも、速度を落としているのが必ずしも無名のアプリというわけではなく、アプリ業界で最大級のビッグネームが犯人の場合もあります。 『Snapchat』はAndroid端末でやたらにラグることで有名ですし、『Facebook』をアンインストールすれば、15パーセントものスピードアップが実現できるかもしれません。 代わりに、サードパーティ製のFacebookアプリに切り替えてみてください。 しかしSnapchatユーザーの方は、公式アプリ以外に選択の余地はありません。 アプリの自動同期を中止する SNSやニュース、天気など、さまざまな種類のアプリが、リモートサーバーと自動同期するように設定されています。 しかもこれらのアプリは、15分に1度という頻度でオンライン状態になるよう初期設定されている場合もあるのです。 このようなアプリが多すぎると、たちまちスマホはそれに耐えかねてギシギシ音を立てることになるでしょう。 すべてのアプリの同期スケジュールを確認し、数時間おき、1日おきなどの長めの間隔でスケジュールを設定するか、同期をオフにして、代わりに手動でアップデートするようにしましょう。 定期的に再起動させる 最後にご紹介するのは、スマホを再起動させるという方法です。 再起動すれば、スムーズな動作の維持が促されます。 とはいえ、毎日再起動する必要はありません。 たまの再起動でも効果はてきめんのはず。 特にスマホが著しく遅くなっていたり、いつもより熱くなっていたりする場合です。 ご紹介したヒントをすべて試してみて、それでも効果がなければ、出荷時の設定にリセットすればふたたび調子が良くなるかもしれません。 ただし、リセットする前にデータのバックアップを取るのを忘れずに。 役に立つこと:Androidオタク向け もう少し上級者向けのヒントをお望みですか? 隠し設定をあれこれいじることが好きな人、あるいはお使いのデバイスをルート化している人は、さらに多くの手を使ってAndroid端末をスピードアップできます。 アニメーションをスピードアップする Android端末には、オペレーティングシステムに滑らかな印象を与え、使用感を楽しくするアニメーションが詰め込まれています。 この隠し設定にアクセスするには、 「設定」>「開発者向けオプション」と進んで、 「ウインドウアニメスケール」と 「トランジションアニメスケール」「Animator再生時間スケール」を 「. 5x」(0. 5倍)に設定します。 これでアニメーションの長さが半分にカットされます(お好みで完全にオフにすることもできます)。 開発者向けオプションが表示できない場合は、まずはそれを表示できるようにしなくてはなりません。 「設定」>「端末情報」と進み、 「ビルド番号」を7回タップすると開発者向けオプションが表示されます。 別のROMを試してみる カスタムROM(メーカー非公式のAndroid)には、Android OSの完全なビルドが含まれているので、プリインストールされたすべてのソフトウェアと置き換えることが可能です。 カスタムROMは、異なった見た目や追加機能が入っていたり、パフォーマンス向上のために最適化されていたりする場合があります。 お使いのスマホの標準ソフトウェアがいまひとつという方は、(英文記事)が得策です。 多くのメーカーが、余分なアプリや機能を詰め込んで、自社製デバイスを肥大化させ、バグだらけにし、遅くしています。 そのような場合は、「」などの軽いROMを使って書き換えると、即座にスピードが向上するでしょう。 カスタムカーネルを使ってみる (OSのコア)は、スマホのソフトとハードの間のインタラクションをすべて管理しています。 カスタムカーネルを使用するもっともな理由はたくさんありますが、その最たるものの1つが、スマホのスピードアップです。 カスタムカーネルを使用すれば、ハードの機能の微調整が可能になります。 つまり、プロセッサーはどのくらいの速さでトップスピードに上昇するのか、どの程度のビジー状態になれば、プロセッサーは追加のコアを起動するのか、などといったことを変更できるのです。 中には、アプリごとの設定を提供しているカスタムカーネルもあり、特定のゲームのプレイを終えて通常の状態に戻ると同時に、最大出力でデバイスを動作させることが可能です。 また、多くのカスタムカーネルはCPUをし、その動作の高速化も実現してくれます。 ただし、カスタムカーネルの使用については異論も多く、メリットがあるような気がするだけで、ただの気休めにすぎないと言う人も大勢います。 Greenifyでバックグラウンドアプリを管理する のちほど説明いたしますが、タスクキラー(タスクマネージャー)はスマホを高速化しません。 『』はアプリがバックグラウンドで動作するのを阻止するので、タスクキラーのように思えますが、若干違います。 Greenifyはシステムレベルで動作し、アプリを終了させるだけでなく、必要になるまで、その一切の動作を阻止します。 つまりGreenifyには、アプリに自動同期をやめさせ、それと同時に、スマホの起動時にそれらのアプリが読み込まれるのを防ぐ働きもあるのです。 Greenifyはとしていますが、その一方でパフォーマンスを大幅に向上してくれるのです。 役に立たないこと Android端末の高速化に関しては、役立つテクニックもあれば、一般的に知られていても実際には役に立たないテクニックもいくつかあります。 スマホをスピードアップできるなどとやたらに豪語するアプリには注意しましょう。 タスクキラー タスクキラーはGoogle Playストアでもっともポピュラーなユーティリティアプリの1つですが、ズバリ言って、役に立ちません。 むしろ、スマホのスピードを落とすこともあるほどです。 タスクキラーは、バックグラウンドアプリを終了させて、RAMを解放します。 そうして解放されたRAMがパフォーマンスを向上させるというのですが、それは本当ではありません。 Androidでは、アプリがRAMに保存されるようになっていますが、それは誤って削除したデータや不調になったシステムを素早くリストアできるようにするためです。 また追加のリソースを解放する必要がある時は、アプリをインテリジェントに終了します。 さらに重要なことに、一部のアプリに関連するプロセスの中には、バックグラウンドで動作する必要があるため、強制終了されてもすぐに再起動するものもあります。 この終了と起動の繰り返しがスマホをはるかに遅くしてしまうのです。 ということは、本来のまま、Android端末にまかせっきりにした方が良いというわけです。 アプリの終了 それと理由は同じで、やたらに気にしてアプリを手動で終了する必要もありません。 繰り返しになりますが、アプリの終了もAndroid端末が自動でやってくれます。 リソースを解放する必要がある時は、Android端末が、しばらく使われていないアプリを終了してくれます。 その必要がないなら、放っておいても害はありません。 パフォーマンスもバッテリー寿命も、まったくと言って良いほど影響を受けないからです。 スピードブースターの使用 できるだけ一般化はしたくありませんが、スマホのパフォーマンス向上を謳う非ルート化アプリについては、避けるべきだと言ってまちがいありません。 つまり、RAMブースターやSDカード高速化アプリ、デフラグツールなどです。 これらに効果はほとんどなく、それどころかスマホを遅くする恐れがあります。 おまけに、煩わしい広告でいっぱいの場合も少なくありません。 高速化の限界 言うまでもなく、スマホをスピードアップするためにできることには限界があります。 しばらくは速くてスムーズな動作を維持できますが、遅かれ早かれ、ハードの限界に突き当たることは避けられません。 その時には、スピードアップの最終手段として、新しいデバイスを買ってくださいね。 MakeUseOf Andy Betts(訳:阪本博希/ガリレオ) Photo by Shutterstock.

次の

アンドロイドで「問題が発生したため…を終了します」と出た際の対処方法

アンドロイド プロセス

「問題が発生したため、…を終了します」はなぜ出る? 「問題が発生したため、…を終了します」が出る原因ついては、様々な要因があります。 アプリが正常に認識されていない、メモリが不足して動作が重く処理できない、アプリ自体が不具合を起こしている等々、いろんな要因で、アプリが正常動作しなくなったりすると、出てくるメッセージになります。 そのため、一概にこれという原因を特定するのは難しい症状になります。 対処方法 「じゃあ、どうすれば解決できるの?」ということになると思いますので、対処方法を順番に説明していきます。 要因がいろいろあるため、順番に試してみて、症状が改善されるか確認してみてください。 キャッシュの削除 アプリを使用すると、次回以降の起動を早くするため、一時的にデータを記憶します。 その一時的に保存しているデータのことをキャッシュといいます。 このキャッシュが、正常に記憶されていない、破損しているなどで、アプリが正常起動しないことがあります。 アプリの画面からキャッシュの削除ができますので、下記手順を試してみて、どうなるかを確認してみてください。 1.[設定]から[アプリ]をタップします。 2.[ストレージ]をタップします。 3.[キャッシュの削除]をタップします。 スマホの再起動 電源を切らずにスマホをずっと使用していると、メモリが不足してきて、動作が重たくなります。 この動作が重たい状態になると、アプリが処理しきれず、終了されてしまい、「問題が発生したため、…を終了します」と表示されることがあります。 スマホを再起動することで、メモリも消去されるため、動作が軽くなり症状が改善される可能性があります。 スマホの再起動方法は、電源ボタンを長押しして、[再起動]をタップすることで可能ですので、一度再起動を試してみましょう。 もしくは電源OFFをタップして、電源ボタンを長押しすることで、再起動ができます アプリのアップデート アプリが古いバージョンになっているため、正常起動せず、メッセージが出ていることが考えらます。 アプリのアップデートを行い、正常に動作するか確認してみましょう。 1.Google Play ストア を起動します。 2.検索欄左にある、[三]をタップします。 3.メニューが出てくるため、[マイアプリ&ゲーム]をタップします。 4.更新があるアプリについては、アップデートありの欄に表示されますので、該当アプリをタップします。 5.[更新]をアップすると、アプリのアップデートがされます。 アプリのアンインストール アプリ自体が、正常に認識されていない、正しくインストールされていないなどで、問題が起きている可能性があります。 アプリのアンインストールをして、再度インストールしなおすことで、正常に認識して、問題が解決する可能性があります。 アプリのアンインストール方法については、以下の手順です。 1.[設定]から[アプリ]をタップします。 2.アンインストールしたいアプリをタップします。 3.[アンインストール]をタップします。 アプリのアンインストールが終わった後は、再度インストールをして、症状が改善しているか確認してみてください。 そもそもアプリに不具合がある アプリ自体に不具合があり、「問題が発生したため、…を終了します」と出ている可能性もあります。 この場合は、こちらでどうすることもできないため、最新バージョンの更新などを待って、更新してみてどうかを確認してみることになります。 まとめ 対応方法について、いかがだったでしょうか。 予期しない困りごとは、落ち着いて対応していきたいですね。 以下、対処方法のまとめです。 ・キャッシュを削除 ・アプリを最新バージョンにアップデート ・アプリの入れ直しをしてどうか ・スマホの再起動をして、メモリの確保 ・アプリ自体に問題があることもある 症状が解決して、快適なスマホの利用ができるお役に立てれば幸いです。

次の

Androidスマホ「annualreport2016.candafoundation.org」エラーの原因と対策 ~セーフモードで再起動

アンドロイド プロセス

みなさん、こんにちは。 埼玉県ふじみ野市のITサポートの関口です。 以前、Androidスマホの『プロセス「System」は応答していません」エラーのブログを書きましたが、最近になり、同じような不具合で悩まれている方からのお問い合わせを多くいただいております。 問い合わせの内容から、ドコモの「dtab」系で多く発生しているように感じます。 なかには、Androidが再起動を繰り返して、使い物にならないという現象もあるようです。 『プロセス「System」は応答していません」エラーの対策は、機種により、お使いの状況により異なりますので、ブログで正確な情報はお伝えできませんが、Androidのセーフモードをつかえば、対処できる可能性がありますので、その方法をご紹介します。 今まで普通に使えていたのに、あるときから急に「Systemエラー」が表示されるようになるのは、以下の理由が考えられます。 最近アプリをインストールした• インストールされているアプリを更新した• AndroidのOSを更新した ドコモの「dtab」系でエラーの問い合わせが多い理由は、恐らく、ドコモ系アプリとAndroid間でエラーが発生しているからと思われます。 また、「Systemエラー」で、Androidが再起動を繰り返すのは、Androidの起動プロセスで常駐アプリがエラーになるからだと思います。 「Systemエラー」は、Androidとアプリ間のエラーです。 よって、Androidにインストールされているアプリが多いほど、「Systemエラー」が発生するリスクは高まります。 スマホには、不要なアプリをインストールしないこと、スマホ内のデータをバックアップしておくことが、「Systemエラー」に対する備えになります。 ドコモの「dtab」系をお使いの方は、ドコモショップのサポートを受けた方が確実かと思います。 あくまでも参考情報としてお読みください。 「Systemエラー」が表示されるようになった原因を以下と仮定したとき、• 最近アプリをインストールした• インストールされているアプリを更新した• AndroidのOSを更新した その問題を解決するには以下の対処が必要になります。 最近インストールしたアプリを削除する• 最近更新したアプリを止める、更新を削除する• Androidを初期化する(工場出荷状態) ただ、「Systemエラー」が表示されお困りの方は「Androidがまともに操作できない」「再起動を繰り返す」という状況のようですので、その場合は「Androidをセーフモードで起動する」ことで、本体の操作ができるようになると思います。 セーフモードとは、Androidを必要最低限の機能に絞って起動させる方法です。 Androidをセーフモードで起動したあとは、以下の手順で復旧を試みます。 Androidをセーフモードで起動• 必要データをSDカード等にバックアップ• 最近インストールしたアプリ・不要アプリの削除• 最近更新したアプリの更新データの削除• Androidのを初期化(工場出荷状態に戻す) ひとつずつ解説します。 1.Androidをセーフモードで起動する セーフモードで起動すると、メイン画面に設定されていたウェイジェットが初期化される可能性があります。 多くのAndroidスマホの場合は「電源キー」を長押し、表示されたメニューの「電源オフ」・「再起動」のどちらかを長押しすることで「セーフモード」メニューが表示されるようです。 セーフモードを終了するには、Androidの再起動をします。 ちなみに、ドコモの「dtab」のセーフモード起動方法は、dtabの取り扱い説明書の118ページに記載されています。 ご参考まで、マニュアルから抜粋しておきます。 端末動作が不安定 ご購入後に端末へインストールしたアプリケーションが原因の可能性があります。 セーフモードで起動して症状が改善される場合には、インストールしたアプリケーションをアンインストールすることで改善される場合があります。 ・必要なデータを事前にバックアップした上でセーフモードをご利用ください。 ・お客様ご自身で作成されたウィジェットが消える場合があります。 ・セーフモードは通常の起動状態ではないため、通常ご利用になる場合には、セーフモードを終了させてからご利用ください。 ~ドコモ dtabマニュアルより引用~ 2.必要データをSDカード等にバックアップ セーフモードで起動でき、操作可能になったら、スマホ・タブレット本体内に保存されている写真等の必要データを、SDカードにバックアップします。 セーフモードでは、LINE等のアプリが利用できないため、アプリのバックアップはできません。 3.最近インストールしたアプリの削除 アプリをインストールしたあと「Sysyemエラー」が表示されるようになった場合、最近インストールしたアプリに原因がある可能性が高いです。 4.最近更新したアプリの更新データの削除 次に、最近更新したアプリの更新データを削除します。 手順3と4を行った後に、Androidを再起動してください。 再起動後、Androidが正常起動できた場合、手順3と4で対処したアプリに原因があったことになります。 今後に備えて、LINE等のアプリバックアップもとってください。 Android再起動をしても、エラーが解消されない場合は、スマホ・タブレットの初期化(工場出荷状態に戻す)をします。 5.Androidを初期化(工場出荷状態に戻す) まとめ 何度も繰り返しになりますが、『プロセス「System」は応答していません」エラーの対策は、機種により、お使いの状況により異なりますので、ブログで正確な情報はお伝えできません。 今回ご紹介した方法は、ひとつの参考例として、最終的にはご自身の判断と責任でお願いします。 ただ、ひとつだけ言えることは、スマホやタブレットにインストールされているアプリが多いほど、「Systemエラー」になるリスクが高くなるということです。 ドコモ・au・ソフトバンクから発売されている、スマホやタブレットには、プリインストールアプリが満載されていますので、dtab系で問い合わせが多いのも、それが理由と思います。 Androidは定期的にバージョンアップしていきます。 その際に不要なアプリが多いと、バージョンアップができない、バージョンアップ後にエラーがでるなどのリスクが高まります。 もし、これからスマホやタブレットの購入をする際は、不要なプリインストールアプリが入っていない、シンプルなSIMフリースマホやタブレットをオススメしています。 お困りの方のご参考になれば幸いです。

次の