ウルフ カット 前髪 なし。 女性のウルフカット画像集・ヘアカタログ

【2020年夏】ウルフカットでより女性らしく、大人に似合う髪型へ|ウルフカット

ウルフ カット 前髪 なし

暑くなってきたし、ちょっと小ざっぱりしたくなって急遽セルフカットです。 巷で再熱している『ウルフカット』。 一昔前に流行ったチョロ毛だけ残すウルフカットとは違い最近ではオシャレなレイヤースタイルもウルフカットと定義しているようですね。 事前に用意する物・する事 事前に用意する物 ・カットできる環境 ・カット状況が見えるくらいの大きめの鏡 ・カットハサミとすきバサミ ・コーム ・ダッカール(ブロック分けするもの) 事前に用意する事 今回はドライカットしていきますので 自分で今できる最大限のブローをしておきましょう。 寝癖や普段と違う分け目になっていると正確なカットが出来ないので 仕上げたい分け目で、ハンドブローでいいのでしっかり乾かしておきます。 しっかりしていて、こぼれにくく重宝しています。 主にボリュームを出したり、抑えたりする役割。 トップの長さによって印象はがらりと変わります。 人によっては生え癖などもあり、「こっちは内巻きにならないの~」とよく悩み相談される部分です。 ここもすきすぎると、スカスカになって悲しくなるので注意です。 茶色く塗った部分 顔周り、前髪などの印象作りに重要な部分です。 人によって薄くとったり、厚くとったり幅が違います。 長めに切る場合は間違って切ることはないだろうけど 切りすぎないように気をつけて。 まずはトップの長さを決めます。 ここが起点になるのでしっかり吟味します。 量を調節するので5ミリくらいは長めに切る方がいいです。 短くなればその分ボリュームアップしやすいので、膨らむ分、長さも短く感じます。 髪の1番表面に当たる部分の落ちる長さを決めましょう。 こんな感じで切りました。 ガイドとなる部分ですが、あまり多めにとってザクっと切らないようにしてくださいね。 とった束が大きすぎると余計な部分まで短くしてしまうかもしれません。 1センチ四方くらいの土台から生えてる髪の量くらいでいいかと思います。 トップを切ります。 頭皮に対して垂直に引き上げましょう。 先程切ったガイドラインが端っこにちょこっと顔を出します。 こんな感じです。 もし、わからなかったら、 最初に戻ってガイドの量を少し追加してみましょう。 トップに引き上げた髪が長いとハサミが届きませんよね。 そういう場合はカットする所をしっかり挟んでそのまま顔の前まで下ろして切ります。 手が離れてしまったらやり直してくださいね。 少しずつ切り進めるのはカット全体で言えることです。 多少ガタガタでも最後にすきバサミいれるの問題ありません。 (だいたいガイドラインと平行であれば) 次に、ハチマワリを切ります。 こちらも頭皮に対して90度、垂直に引き上げます。 カットするラインも平行に。 トップで切った端っこがガイドの長さになります。 こんな感じで三角に髪が出てきます。 この山を切り落とします。 この山を切る事でシルエットに丸みがでます。 顔を正面から見た時の印象をつける部分です。 こんな感じで、 顔の方に歯を入れてからひっくり返して丸くとくと内側にはいりやすくなります。 引き出して好きな角度でレイヤーを入れます。 イメージは斜め45度、手前下です。 手前から切り始めます。 1番最初に切った部分をガイドにして後ろに切り進めます。 どんどん後ろに下がっていきますが、次第に切る所がでてこなくなる部分です。 ベースカット終了です。 こんな感じにスッキリしました~~!! 丸みが・・・ 取れました!!! ここで左右の長さが同じか確認して、オッケーなら量の調節をします。 量の調節(すきバサミを入れる) すきバサミ・・・物によって切れる量が全然違うので1回で切れる量を目視しておいてください。 髪を薄く取って切ってみればわかりますが、たくさん量を落とせるハサミはザックリいくと、すいたカットラインが出てブサイクです。 自身の髪が多いからと言ってザックザックいかないように気をつけてくださいね。 イメージとしては こんな感じです。 ベースカットした時と同じ様に引き出してすきバサミをいれます。 ハサミを入れる深さ?は毛先から5センチ程度。 頭皮に近い部分から手前に少しずつずらして3回くらいジョキジョキとハサミをいれるといいです。 全体に入れてまだ量が多いと感じたら 図でいう黄色の部分、髪の長さの半分くらいの所までいれてみます。 ですが、量を見ながら進めてください。 特にハチマワリの髪を根本近くからすくとボリュームアップしちゃうのでお気をつけて・・・ 元から、すいてるスタイルの人の方が多いので毛先の調整程度にすくといいかもです。 最後に微調整してカット終了 最後に、前髪や顔周りの髪と馴染んでいるか調整します。 落ちている髪が重い、すきバサミじゃなく軽くしたいというなら一度垂直に引き上げてみてください、三角のような角が見つかれば少し切り落とすと軽くなります。 以前使ってたコテが壊れたので買い替えたのがこちらです。 特にメーカーに拘りはなく 設定温度までの立ち上がりが速い事と、ストレートとカールと2Wayで使えるものを探してました。 カールとしても使えて ロックを解除すれば ストレートアイロンにもなります。

次の

女性のウルフカット画像集・ヘアカタログ

ウルフ カット 前髪 なし

スポンサーリンク 【ショートレイヤーウルフ】 ふわっと柔らかい丸みと動きのある髪が特徴のショートウルフ 【リラックスショートウルフ】 スパイラルパーマ、平巻き・逆巻きパーマをミックス 【ミディアムマッシュウルフ】 トップから肩につくまで、放射状に巻きおろしたリュクスパーマ特徴的なスタイル 【ふわふわマッシュウルフ】 大きめのカールが重なるスタイル 【ベイビーショートウルフ】 マッシュウルフのカットをベースに、赤ちゃんのくせ毛のような、キュートで動きのある柔らかい質感のショートスタイルです。 【黒髪ネオウルフ】 ぶつ切りカットがアクセント! 【ワンカールマッシュウルフ】 バングを揃え、毛先にかかったワンカールのパーマがかわいらしいマッシュスタイル。 【マッシュショートウルフ】 ストレートヘアの大人っぽさとかわいさが感じられるスタイル 【くりくりショートウルフ】 ウルフベースで、顔まわりはやや長めに、顔全体を包み込むようなスタイル。 前髪以外は毛先を巻いて自然なクセをつける。 顔まわりはピンパーマで引き締めを。 【外国人風個性派ショートウルフ】 外国人女性のようなショートレイヤー。 えり足はやや長めで、太めのロッドとピンパーマで巻いたスタイル。 【キュートウルフ】 可愛らしさ残しつつ、大人っぽさをプラスしたショートレイヤースタイル。 ポイントパーマで軽さ・ふんわり感を表現しています。 【ショートウルフレイヤー】 ハチ上にボディパーマをプラス。 【セミウルフ】 間引きカットで自然な動きを出した、シャープでかっこいいショートカットウルフ。 【ミディアムマッシュウルフ】 毛先はパーマで巻き髪風に。 前髪は厚めにとって、バックはレイヤーでつなげたスタイル。 【ミディアムレイヤーウルフ】 クセ毛風のニュアンスパーマとボディパーマをミックスしてふわっとした柔らかな質感をプラス 【ディテールショートウルフ】 ウルフカットをベースに、やや薄めに毛量調整。 前髪はギザギザのダブルバング。 毛先は外ハネで動きを出し、可愛らしさアップ! 【前下がりウルフボブ】 トップはボリュームを出すよう放射状にレイヤーをいれ、フェイスラインは前髪からつながるよう、顔を包み込むようにレイヤーをいれたスタイル。 小顔効果あり。 【前下がりショートウルフ】 前髪をシャープにまとめたストレートベースのクール系のショートスタイル。 【エンジェルウルフ】 大きめのウエーブが特徴的なミディアムウルフ。 【黒髪ウルフミディ】 重ためにならないよう、大きめカールで毛先に動きをプラス・ 【キュートなマッシュウルフ】 ボブをベースとした丸いフォルムのマッシュウルフ。 顔周りはマッシュラインを残してキュートに、後ろは重さを残しつつレイヤーを入れてウルフっぽく。 大人っぽさと可愛らしさのあるスタイル。 【スウィートウルフ】 内巻きで全体に丸み感のあるショートのレイヤースタイル。 【ソフトアシンメトリーウルフ】 前髪やサイドに微妙なニュアンスのアシンメトリーを加えたスタイル。 耳にかけたり、パートを変えるなどスタイリングで手軽に雰囲気を変えられます。. 【ナチュラル系ネオウルフ】 マッシュショートベースで、動きが欲しいところだけにスライドカットをプラス。 【グラマラスウルフ】 長めの前髪と毛先のカールが特徴的なスタイル。 かわいさも残しつつ、少し大人に見せたい方にオススメです。 【やわらかマニッシュウルフ】 短めの髪にマニッシュ・ウルフを合わせる事で女性らしさアップ。 【ゆるふわウルフ】 ボブスタイルベースに、ウェーブと毛先のハネで動きを作ることでオシャレ感UP!! 【ウルフロング】 トップからのレイヤーで動きを出したロングスタイル。 ななめのバングカラーも印象的。 【マッシュレイヤーウルフ】 全体にローライト、ハイライトを入れた立体感溢れるロングヘアスタイル。 毛先のルーズ感が大人っぽさを演出。 カジュアルにも対応できます。 【ミディアムウルフレイヤー】 毛量の多い方におススメのスタイルです。 長さを変えずにスタイルを変えたい時にレイヤーを入れれば、お手入れ簡単な楽チンスタイルに。 スポンサーリンク 【ハイレイヤーウルフ】 ウルフカットのかっこよさと、ハイレイヤーの可愛いさを合わせたスタイル。 顔周りの丸いマッシュラインで更に可愛さプラス。 【ミディアムウルフレイヤー】 髪の段差で動きを出したスタイル。 【ミディアムウルフ】 くるくるの巻き髪が特徴的なゆったりスタイル。 【ツーブロックくびれウルフ】 ストレートヘアをベースに、サイドのツーブロック、長めの斜めバングがクールでかっこいいすたる。 ウルフのシルエットにくびれを強調。 【ミディアムレイヤーウルフ】 重みを少し残したレイヤースタイル。 優しくピュアな雰囲気に。 毛先のゆれ感と、ふんわりと丸みのあるフォルムが爽やかな印象を与えます。 【軽やかソフトウルフ】 パーマでフンワリ感を出したウルフスタイル。 【ワイルドロックウルフ】 トップをハイレイヤー気味にし、ベースを薄くすることでカッコよく見せるウルフスタイル。 【涼しげSweetミディアムウルフ】 大きめのロッドでエアーウェーブをかけた、動きのあるお手入れ簡単スタイル。 【フェミニンショートウルフ】 ショートレイヤーベースで耳に少しかかる感じでフェミニンな感じに。 【クールショートウルフ】 ストレートベースのクールでかっこいいショートウルフ。 【ナチュラルショートウルフ】 【ソフトウルフ】 ストレートとデジタルパーマを組み合わせたスタイル。 クセがある方でも再現できるスタイルです。 【エアリーショートウルフボブ】 顔まわりはマッシュベースで、トップを短くしポイントでパーマをかけたスタイル。 【ネオウルフ】 ちょこんとハネた毛先の遊びがキュートなショートウルフ。 【ショートウルフ】 周りの長さは耳が隠れるくらいで長めにしてトップからハイレイヤーを入れて全体的に軽さを出したすっきりスタイル。 【ロックテイストウルフ】 【ボーイッシュショートウルフ】 トップにふんわり感をだした軽めのショートウルフ。 えりあしは長めに残し、首まわりにハネ感を出します。 顔の形が気になるけどショートにしたい方におすすめのスタイル。 【イノセントショートウルフ】 ストレートのボブをベースとしたショートウルフ。 【ウルフ風マッシュショート】 パーマで毛先に遊びをきかせた少しウルフ風のマッシュショート。 斜めバングでオシャレ度アップ。 【ベリーショートウルフ】 大人っぽさを強調したクールなデザイン。 【ショートレイヤーウルフ】 ストレートベースの大人のレイヤースタイル。 長さは変えずに、雰囲気とスタイルを変えたい方に。 【ゆるふわ愛されショートウルフ】 クリープパーマをプラスしたゆるふわスタイル。 【ボーイッシュショートウルフ】 大人っぽさを感じさせるベリーショートのレイヤースタイルです。 【スィートショートウルフ】 トップにレイヤーを入れて動きを出し、襟足は首にそわすようにタイトに。 頭の形が良く見え、小顔効果のあるスタイル。 毛先にはニュアンスパーマを。 【ツーブロックショートウルフ】 耳の上を刈り上げスッキリとした2ブロックショートスタイル。 前髪アシメもかっこいい! 【エッジィショートウルフ】 ランダムな動きと束感がでるようにカットし、パーマでふんわり感とハネ感をプラスしたスタイル。 イレギュラーな動きが目を引く、クールでスタイリッシュなショートウルフ。 【愛されショートウルフ】 ストレートヘアにFパーマでカールを加えた清涼感のあるウルフスタイル。 【アシメウルフ】 前髪の長さを大胆に変えたアシンメトリーが目を引くショートスタイル。 トップにはポイントパーマを。 【カジュアルショートウルフボブ】 シンプルで柔らかい質感のショートウルフ。 【カジュアルウルフ】 短くカットした前髪と長めに残した襟足が特徴的なショートウルフ。 【イノセントショートウルフ】 丸みをのこしつつ、フェイスラインや前髪に重さと角を残すことで、シャープな子顔効果もあります。 【アシメショートウルフ】 【セレブ風ミディアムショートウルフ 】 空気間たっぷりのふわクシュセレブ風ミディアムショートウルフ。 【セクシーエンジェルカール】 肩上レイヤーボブのふわふわエアリースタイル。 【パルファンウルフスタイル】 関連項目•

次の

ウルフカット切り方!たった3つのステップで解説!

ウルフ カット 前髪 なし

スポンサーリンク 【ショートレイヤーウルフ】 ふわっと柔らかい丸みと動きのある髪が特徴のショートウルフ 【リラックスショートウルフ】 スパイラルパーマ、平巻き・逆巻きパーマをミックス 【ミディアムマッシュウルフ】 トップから肩につくまで、放射状に巻きおろしたリュクスパーマ特徴的なスタイル 【ふわふわマッシュウルフ】 大きめのカールが重なるスタイル 【ベイビーショートウルフ】 マッシュウルフのカットをベースに、赤ちゃんのくせ毛のような、キュートで動きのある柔らかい質感のショートスタイルです。 【黒髪ネオウルフ】 ぶつ切りカットがアクセント! 【ワンカールマッシュウルフ】 バングを揃え、毛先にかかったワンカールのパーマがかわいらしいマッシュスタイル。 【マッシュショートウルフ】 ストレートヘアの大人っぽさとかわいさが感じられるスタイル 【くりくりショートウルフ】 ウルフベースで、顔まわりはやや長めに、顔全体を包み込むようなスタイル。 前髪以外は毛先を巻いて自然なクセをつける。 顔まわりはピンパーマで引き締めを。 【外国人風個性派ショートウルフ】 外国人女性のようなショートレイヤー。 えり足はやや長めで、太めのロッドとピンパーマで巻いたスタイル。 【キュートウルフ】 可愛らしさ残しつつ、大人っぽさをプラスしたショートレイヤースタイル。 ポイントパーマで軽さ・ふんわり感を表現しています。 【ショートウルフレイヤー】 ハチ上にボディパーマをプラス。 【セミウルフ】 間引きカットで自然な動きを出した、シャープでかっこいいショートカットウルフ。 【ミディアムマッシュウルフ】 毛先はパーマで巻き髪風に。 前髪は厚めにとって、バックはレイヤーでつなげたスタイル。 【ミディアムレイヤーウルフ】 クセ毛風のニュアンスパーマとボディパーマをミックスしてふわっとした柔らかな質感をプラス 【ディテールショートウルフ】 ウルフカットをベースに、やや薄めに毛量調整。 前髪はギザギザのダブルバング。 毛先は外ハネで動きを出し、可愛らしさアップ! 【前下がりウルフボブ】 トップはボリュームを出すよう放射状にレイヤーをいれ、フェイスラインは前髪からつながるよう、顔を包み込むようにレイヤーをいれたスタイル。 小顔効果あり。 【前下がりショートウルフ】 前髪をシャープにまとめたストレートベースのクール系のショートスタイル。 【エンジェルウルフ】 大きめのウエーブが特徴的なミディアムウルフ。 【黒髪ウルフミディ】 重ためにならないよう、大きめカールで毛先に動きをプラス・ 【キュートなマッシュウルフ】 ボブをベースとした丸いフォルムのマッシュウルフ。 顔周りはマッシュラインを残してキュートに、後ろは重さを残しつつレイヤーを入れてウルフっぽく。 大人っぽさと可愛らしさのあるスタイル。 【スウィートウルフ】 内巻きで全体に丸み感のあるショートのレイヤースタイル。 【ソフトアシンメトリーウルフ】 前髪やサイドに微妙なニュアンスのアシンメトリーを加えたスタイル。 耳にかけたり、パートを変えるなどスタイリングで手軽に雰囲気を変えられます。. 【ナチュラル系ネオウルフ】 マッシュショートベースで、動きが欲しいところだけにスライドカットをプラス。 【グラマラスウルフ】 長めの前髪と毛先のカールが特徴的なスタイル。 かわいさも残しつつ、少し大人に見せたい方にオススメです。 【やわらかマニッシュウルフ】 短めの髪にマニッシュ・ウルフを合わせる事で女性らしさアップ。 【ゆるふわウルフ】 ボブスタイルベースに、ウェーブと毛先のハネで動きを作ることでオシャレ感UP!! 【ウルフロング】 トップからのレイヤーで動きを出したロングスタイル。 ななめのバングカラーも印象的。 【マッシュレイヤーウルフ】 全体にローライト、ハイライトを入れた立体感溢れるロングヘアスタイル。 毛先のルーズ感が大人っぽさを演出。 カジュアルにも対応できます。 【ミディアムウルフレイヤー】 毛量の多い方におススメのスタイルです。 長さを変えずにスタイルを変えたい時にレイヤーを入れれば、お手入れ簡単な楽チンスタイルに。 スポンサーリンク 【ハイレイヤーウルフ】 ウルフカットのかっこよさと、ハイレイヤーの可愛いさを合わせたスタイル。 顔周りの丸いマッシュラインで更に可愛さプラス。 【ミディアムウルフレイヤー】 髪の段差で動きを出したスタイル。 【ミディアムウルフ】 くるくるの巻き髪が特徴的なゆったりスタイル。 【ツーブロックくびれウルフ】 ストレートヘアをベースに、サイドのツーブロック、長めの斜めバングがクールでかっこいいすたる。 ウルフのシルエットにくびれを強調。 【ミディアムレイヤーウルフ】 重みを少し残したレイヤースタイル。 優しくピュアな雰囲気に。 毛先のゆれ感と、ふんわりと丸みのあるフォルムが爽やかな印象を与えます。 【軽やかソフトウルフ】 パーマでフンワリ感を出したウルフスタイル。 【ワイルドロックウルフ】 トップをハイレイヤー気味にし、ベースを薄くすることでカッコよく見せるウルフスタイル。 【涼しげSweetミディアムウルフ】 大きめのロッドでエアーウェーブをかけた、動きのあるお手入れ簡単スタイル。 【フェミニンショートウルフ】 ショートレイヤーベースで耳に少しかかる感じでフェミニンな感じに。 【クールショートウルフ】 ストレートベースのクールでかっこいいショートウルフ。 【ナチュラルショートウルフ】 【ソフトウルフ】 ストレートとデジタルパーマを組み合わせたスタイル。 クセがある方でも再現できるスタイルです。 【エアリーショートウルフボブ】 顔まわりはマッシュベースで、トップを短くしポイントでパーマをかけたスタイル。 【ネオウルフ】 ちょこんとハネた毛先の遊びがキュートなショートウルフ。 【ショートウルフ】 周りの長さは耳が隠れるくらいで長めにしてトップからハイレイヤーを入れて全体的に軽さを出したすっきりスタイル。 【ロックテイストウルフ】 【ボーイッシュショートウルフ】 トップにふんわり感をだした軽めのショートウルフ。 えりあしは長めに残し、首まわりにハネ感を出します。 顔の形が気になるけどショートにしたい方におすすめのスタイル。 【イノセントショートウルフ】 ストレートのボブをベースとしたショートウルフ。 【ウルフ風マッシュショート】 パーマで毛先に遊びをきかせた少しウルフ風のマッシュショート。 斜めバングでオシャレ度アップ。 【ベリーショートウルフ】 大人っぽさを強調したクールなデザイン。 【ショートレイヤーウルフ】 ストレートベースの大人のレイヤースタイル。 長さは変えずに、雰囲気とスタイルを変えたい方に。 【ゆるふわ愛されショートウルフ】 クリープパーマをプラスしたゆるふわスタイル。 【ボーイッシュショートウルフ】 大人っぽさを感じさせるベリーショートのレイヤースタイルです。 【スィートショートウルフ】 トップにレイヤーを入れて動きを出し、襟足は首にそわすようにタイトに。 頭の形が良く見え、小顔効果のあるスタイル。 毛先にはニュアンスパーマを。 【ツーブロックショートウルフ】 耳の上を刈り上げスッキリとした2ブロックショートスタイル。 前髪アシメもかっこいい! 【エッジィショートウルフ】 ランダムな動きと束感がでるようにカットし、パーマでふんわり感とハネ感をプラスしたスタイル。 イレギュラーな動きが目を引く、クールでスタイリッシュなショートウルフ。 【愛されショートウルフ】 ストレートヘアにFパーマでカールを加えた清涼感のあるウルフスタイル。 【アシメウルフ】 前髪の長さを大胆に変えたアシンメトリーが目を引くショートスタイル。 トップにはポイントパーマを。 【カジュアルショートウルフボブ】 シンプルで柔らかい質感のショートウルフ。 【カジュアルウルフ】 短くカットした前髪と長めに残した襟足が特徴的なショートウルフ。 【イノセントショートウルフ】 丸みをのこしつつ、フェイスラインや前髪に重さと角を残すことで、シャープな子顔効果もあります。 【アシメショートウルフ】 【セレブ風ミディアムショートウルフ 】 空気間たっぷりのふわクシュセレブ風ミディアムショートウルフ。 【セクシーエンジェルカール】 肩上レイヤーボブのふわふわエアリースタイル。 【パルファンウルフスタイル】 関連項目•

次の