お盆 なす きゅうり 向き。 お盆飾りの飾り方!仏壇や祭壇・盆棚などの飾り付け方法は?

お盆のなすときゅうりの精霊馬!宗派や地域での違い、意味を知ろう!

お盆 なす きゅうり 向き

ご先祖様はなすに乗って帰って行きます。 なすは 歩きの遅い牛をイメージしていて、帰りは景色を楽しみながらゆっくりとあの世に戻っていってほしい!!また力強い牛には多くの荷物(お供え物)を乗せて帰ってもらいたい!! という願いが込められています。 地域や宗派によって「ゆっくりとお迎えしたいから迎え盆になすの牛を作り、迷わずにきちんと帰ってもらいたいから送り盆にきゅうりの馬を作る」というような地域もあるようですし、別の考え方では「ご先祖様自身は馬に乗り荷物は牛に乗せる」という地域もあるようです。 宗派・地域・慣習によって様々な考え方があるようですので、ご自身の所がどうなのかよく分からない時はご実家の祖父母やご近所の年長者の方などに聞いてみるといいと思います。 ただ…共通しているのはなすときゅうりの精霊馬は お盆にご先祖様が帰ってくる時の乗り物であるということです。 (なすやきゅうりに乗って移動するなんてなんだか可愛いらしいですよね。。 汗) どうして「なす」と「きゅうり」なの? お盆の時期に 手に入れやすいことまた 旬の野菜でお供えとしても適していることから、なすときゅうりが古くから使われていたようです。 確かに、なすときゅうりならどんな家庭でも用意できますもんね。。 高級な物じゃなくて本当よかったです。。 どちらも少し曲がっているものの方が動物っぽく見えますょ。 精霊馬の飾り方!馬と牛の置き方は? 飾る期間はお盆の時期なので 8月13日~8月16日までの4日間になります。 13日の夕方に迎え火を16日の夕方に送り火を炊くところも多いですよね。 精霊馬の飾り方も地域によって様々なようで・・・ 仏壇以外に精霊棚(盆棚)をつくり「 ご先祖様がやってくる13日には二頭とも頭側を自宅向きに、帰られる16日には外に向けて置く」という向きを都度変える考え方や「きゅうりは内向きに、なすは外向きに」という考え方「門や玄関先に二頭とも表に向けて飾る」という考え方など、ほんとうに地域・慣習によっても違います。 このあたりも祖父母や年長者に聞かれると今までどのようにやってきたのかが分かってよいと思います。 川や海に流す。 (地域の決まりに合わせて下さい。 燃やす。 (地域の決まりに合わせて下さい。 土に埋める。 (地域の決まりに合わせて下さい。 お寺で他のお盆飾りと一緒に処分してもらう。 半紙などの白い紙に清め塩と一緒にくるんで捨てる。 現在では川や海に流すのも燃やすのも環境問題などで難しいと思います。 また、そもそも ご先祖様の乗り物として置いているものですので、他のお供え物とは少し考え方が違います!!(通常、仏壇などに置くお供え物はお供えした後にありがたく頂くことがあると思いますが、精霊馬はこの考え方とは違いますのでご注意をされて下さいね。 ) 今回はお盆になすやきゅうりを飾る意味・飾り方・処分方法について見ていきました。 精霊馬といい…• きゅうりが馬• なすが牛 を表している。 ご先祖様の霊が移動する時の乗り物という事でした。 またいろいろ調べて思ったのは、宗派・地域・慣習によって様々だったということです。 言ってみれば「絶対にこうでなければならない!!」という決まりはないということですよね。。 大切なのはご先祖様・故人をおもう気持ち。。

次の

お盆になすときゅうりで作る精霊馬の意味や作り方、処分方法まで|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

お盆 なす きゅうり 向き

お盆のキュウリやナスの馬や牛の正式名称は「 精霊馬・精霊牛(しょうりょううま・しょうりょううし)」といいます。 お盆に精霊棚に供える供えるお盆飾りのひとつです。 精霊棚ではなく玄関先や門の脇に置くお宅もあります。 地域によっては精霊馬・精霊牛ではなく「お盆馬」と呼ぶところもあります。 作り方も地域差があるようですが、キュウリやナスに麻幹(おがら)や割り箸、爪楊枝などを足代わりに突き刺して四本足に仕上げるのが一般的です。 精霊馬・精霊牛の意味 精霊馬・精霊牛とは、ご先祖様の霊が この世とあの世を行き来するときに使う乗り物だと言われています。 お盆の時期にご先祖様は、キュウリやナスで作った馬や牛に乗って帰ってくるのです。 馬は足が速い動物なので「早く来てほしい」という思いが込められています。 キュウリの馬は来るとき用の乗り物です。 一方、牛は歩みがゆっくりなので、ナスの牛があの世へ帰るための乗り物とされています。 また、牛にはたくさん荷物を積むことができるので、お帰り用に牛を使っていただいて、お供え物をたくさん持ち帰っていただきたいという思いも込められています。 逆に、ゆっくり戻ってきてもらうためお迎え用が牛で、短時間でお帰りいただけるよう馬がお見送り用と考える地域もあります。 精霊馬・精霊牛とは、ご先祖様と一緒にお盆を過ごしたいという思いが込められているのです。 なぜキュウリやナスで作るの? ではなぜ、ご先祖様の乗り物をキュウリとナスで作るのでしょう? この理由は、実は はっきりとはわかっていないのです。 お盆とは8月の中旬、13日から16日にかけての期間を指します。 一部の地域では7月に行うこともありますが、どちらにしても夏季ということになります。 8月にお盆を行う地域の多くは、古くから農業が盛んでした。 お盆の時期は収穫が一段落し、ご先祖様とゆっくり過ごすための様々な準備が行われます。 精霊棚を用意してお供え物をするのも、そのためです。 心を込めて飾り付けをし、ご先祖様をお迎えします。 この時期手に入りやすく身近なものということで、キュウリやナスといった夏野菜が使われるようになったのだろうと考えられています。 暑い夏の時期、立派に実った収穫したばかりの夏野菜を使って、ご先祖様をお迎えするための牛や馬を作っていたのでしょう。 わらで作られた精霊牛・精霊馬もある 現代ではキュウリやナスで作った牛・馬が主流です。 ですが他の素材で精霊牛・精霊馬を作っていた時代や地域もあるようです。 藁(わら)を編んで牛や馬を作る地域もあります。 真菰(まこも・日本全国の水辺に群生するイネ科の植物)も丈夫なのでよく使われる素材です。 中にはたてがみを付けたり、蒲の穂などを組み合わせて手綱やしっぽを付けたりと、職人の域に達している精霊牛・精霊馬を飾る地域もあります。 ただ、素人が作るには難しそうです。 また、沖縄ではサトウキビを2本お供えする習慣があります。 ただし、乗り物としてではなく、ご先祖様がお帰りになるときの杖や、お供えを持ち帰るための天秤の棒として使っていただくのだそうです。 お盆の精霊馬・精霊牛の作り方 では、 精霊馬・精霊牛の作り方について解説します。 材料は簡単です。 ナス1本、キュウリ1本、割り箸か爪楊枝を適宜用意します。 割り箸や爪楊枝は足代わりです。 昔は麻幹(おがら)を使っていたそうですが、割り箸や爪楊枝のほうが扱いやすいしおすすめです。 ナスやキュウリはまっすぐなものより少し曲がっていてるほうが、味のある牛・馬に仕上がります。 キュウリはやや太めのもののほうが作りやすいです。 スーパーや生花店で手に入る野菜はまっすぐで形がきれいなものがほとんどなので、野菜の直売所などに足を運んでみるとよいかもしれません。 手に入れたナスやキュウリをよく観察して、どちらを頭に見立てるか、向きを決めます。 足を付ける場所を決めて、爪楊枝で軽く印をつけておきましょう。 次に、足となる部分を用意します。 大きめのナスやキュウリなら割り箸がよいですが、小さめ・細めのナス・キュウリの場合は爪楊枝のほうが扱いやすいです。 割り箸を使う場合は、適当な長さに切って使います。 ごく普通の割り箸なら、半分の長さに切ればよいでしょう。 いよいよ仕上げです。 ナスやキュウリの足を付ける位置に、用意した割り箸または爪楊枝を指します。 平らなところに置いてみて、ちゃんと立てば完成です。 バランスが悪い場合は、足の底に少量の粘土を丸めて貼り付け調節してください。 お盆の精霊馬・精霊牛の飾り方や置き方 キュウリやナスを使った精霊馬・精霊牛が完成したら、次は 飾り方についてです。 どこに飾るかによっても異なりますが、精霊棚(盆棚)に飾る場合は、迎えるときは内向き、送るときは外向きに置くのが一般的です。 精霊棚は仏壇の前に置きますので、迎え火の前は精霊馬・精霊牛は仏壇に向けて置きます。 送り火のころには仏壇に背を向けるようにして置きます。 いつからいつまで飾る? 精霊馬・精霊牛を飾る時期ですが、 13日の朝に飾るのがよいようです。 精霊棚を置くご家庭なら、飾りつけは13日の午前中までに済ませると思います。 そのときに精霊馬・精霊牛も他の飾りと一緒に棚に置きます。 精霊棚を設けず玄関先や門の脇に置く場合も、12日の夜か13日の朝に飾るのがよいようです。 13日にお迎えをすることになるので、あまり遅くならないうちに飾りましょう。 ご先祖様がお帰りになるのは16日です。 精霊馬・精霊牛は17日に片付ければよいでしょう。 地域や宗派によって飾る向きが異なる 精霊馬・精霊牛の向きや飾り方については、地域や宗派によって違いがあります。 お盆は地域の習慣や風習に根付いてきた行事なので、特に地域による違いは大きいです。 ご先祖様は東から来ると考えられている地域では、 方位を重視します。 東から来て東に帰るため、キュウリを西向きに、ナスを東向きに飾るのだそうです。 また、必ず玄関に向けて置くという地域もあります。 向きは特に決まっていないという地域もあるようです。 お盆の精霊馬・精霊牛の処分方法は? お盆が終わったら、精霊馬・精霊牛はどうすればよいのでしょう。 処分の仕方は何通りかあります。 地域によって異なる可能性もありますが、ここでは 4通りの処分方法をご紹介します。 お盆飾りと一緒に燃やす 昔は、棚にお供えした他の盆飾りと一緒に燃やすお宅が多かったようです。 農家など広い庭や敷地があり、今でも盆飾りをご自宅で燃やしているというお宅もあります。 しかし住宅街やマンションでは、自分で燃やして処分するわけにはいきません。 そんなときは、普段から供養をお願いしている お寺で燃やしてもらうとよいでしょう。 川や海に流す 盆飾りを近くの川や海に流していたという地域も多いです。 しかし現代では、川や海にものを流すことを禁止している地域がほとんどです。 勝手に川に盆飾りを流すわけにはいきません。 お盆らしくてよい気もするのですが、川や海に流すという方法は、 現代ではほぼ不可能かと思われます。 土に埋めて自然に還す 燃やす、川に流すのと同じように、土に埋めていたという地域も多いです。 お盆飾りを片付けた後、庭の隅に穴を掘って埋めて、自然に還すのです。 もとはナスやキュウリですから、埋めておけばいずれは土に戻るでしょう。 この方法も、広い庭があるお宅ならよいかもしれませんが、 住宅地ではご近所の迷惑になる可能性もあります。 白い紙に包んで捨てる 燃やすことも土に埋めることも難しく、近くにお寺もない場合はどうすればよいでしょう。 その場合は、 半紙など白い紙に包み、一般ごみとして処分します。 お清め用に塩を少しふってから捨てるというお宅もあります。 お盆飾りとしてお供えしていたものなので、ごみとして捨てるのはしのびないという方も多いかもしれませんが、白い紙に包んで処分すれば大丈夫です。 精霊馬以外にお盆にお供えする物 精霊馬・精霊牛以外にも、お盆には様々な飾りやお供えをします。 笹竹や盆提灯、生花や果物、ミソハギの花など、精霊棚に飾るものは様々です。 その他にも、地域やご家庭によって、 様々なものを盆飾りとして飾ります。 そうめん 生花や果物以外のお供え物の代表がそうめんです。 暑い時期によく食べるものでもあり、 「細く長く」と縁起を担いでお供えするようになったと考えられています。 精霊棚の場合は、茹でずに乾麺のまま、帯付きでまとまった状態の束をお供えします。 また、仏様が食べるお供えとして、茹でたものをお膳としてお供えします。 お膳としてそうめんをお供えするのは15日と決まっている地域もあるようです。 お団子 お盆にお供えするお団子のことを 「迎え団子」と呼ぶ地域もあります。 あの世から渡ってこられたご先祖様の霊に食べていただいて、道中の疲れを癒していただくためのお供えと言われています。 餡子やみたらしなど甘いタレを添えたお団子をお供えするのが一般的です。 お団子ではなくおはぎをお供えする地域もあるようです。 お盆に飾る精霊馬・精霊牛に関するまとめ• キュウリやナスで作った馬・牛の正式名称は精霊馬・精霊牛• 精霊馬・精霊牛は、お盆の時期にご先祖様があの世からこの世へ渡ってくるときに使う乗り物である• なぜキュウリやナスなのか由来は不明だが、お盆の時期に手に入りやすいものを使ったのが始まりではないかと考えられている• キュウリやナスに割り箸や爪楊枝で足を付けて作るのが一般的• 13日の早朝までに飾り17日に片付ける• 迎えるときは仏壇に向けて置き、送るときは仏壇に背を向けて置くのが一般的だが、地域によって向きや飾り方に違いがある• 捨てるときはお寺にお願いして燃やしてもらうか、白い紙に包んで一般ごみへ キュウリやナスの馬・牛は何とも愛嬌があり、子供たちにも人気があると聞きます。 ご先祖様の話をしながら家族みんなで精霊馬・精霊牛の準備をするというのも、よいお盆になりそうです。 最後までお読みいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

お盆のなすときゅうりの向きや置き方は?意味・作り方から地域の処分方法まで

お盆 なす きゅうり 向き

お盆では、きゅうりやなすを使って牛馬に見立てた飾りを作ります。 そのこと自体は知っていても、どこにどう飾ればいいのか、処分や一緒に供えるものなど、実際にやってみなければわからないことも多々あります。 この記事ではお盆に飾る牛馬について、詳細を隈なく解説します。 お盆で精霊馬の置き方や処分方法は? お盆で精霊馬を飾る期間は? お盆は地域によって、新暦や旧暦によっても違うのですが、一般的には 8月13日から16日、迎え盆から送り盆までの4日間です。 Author: Kimagureya お盆の精霊馬や精霊牛の置き方. 精霊馬は基本的に「精霊棚」に飾ります。 「精霊棚」というのはお盆の時にご先祖様の霊にくつろいで頂くためのスペースの事で、お供え物を飾る棚のことです。 そしてこの精霊棚への置き方にも色々あります。 お盆の精霊馬の由来や作り方は? 精霊馬(しょうりょううま)の由来は、 その発祥時代は明確にはされていません。 古くは旧暦7月15日のお盆の1週間前にあたる7月7日。 現在の一般的に言われる「七夕」 この日がお盆期間の始まりとされていました。 お盆の時期になると、キュウリやナスに爪楊枝や割りばしで足を付けた牛や馬を見かけますが、どんな意味があるかご存知ですか?あれは精霊牛・精霊馬と呼ばれる、日本に古くから伝わる風習のひとつです。 今回はそんなお盆の時期に欠かせない精霊牛・精霊馬について解説します。 精霊馬の飾り方!馬と牛の置き方は? 飾る期間はお盆の時期なので 8月13日~8月16日までの4日間 になります。 13日の夕方に迎え火を16日の夕方に送り火を炊くところも多いですよね。 精霊馬の飾り方も地域によって様々なようで・・・ Author: MOKO 精霊馬はご先祖様があの世とこの世を行き来するための乗り物です。 速馬に乗って早く来ていただき、牛に乗ってゆっくりお戻りいただくというのが一般的ですが作り方も解釈も色々あるようです。 お盆の精霊馬(しょうりょううま)とは何かご存知ですか? そう、キュウリやナスでできた動物(馬と牛)のことです。 この精霊馬は何のためのものなのか、また地域による違いはあるのか?気になりますね。 精霊馬の作り方はとても簡単ですので、今年はこの精霊馬について語りながら お盆にきゅうりとなすを飾るのはなぜ?名前は何?いつ飾る?置き方や向きに決まりはある?作り方や処分法は?その疑問解決します!精霊馬の由来がわかると割り箸などを使って作る理由がわかります。 地域による違いや作り方、正しい処分の仕方もお伝えします。 お盆になすときゅうりを使って牛馬の飾りを作る人も多いのではないでしょうか。 ご先祖様をお迎えするときは早くお家に帰っていただくために馬を用意し、お見送りするときはゆっくりお戻りになるよう牛の飾りを用意するという意味を持っています。 ご先祖様をお迎えするときは早くお家に帰っていただくために馬を用意し、お見送りするときはゆっくりお戻りになるよう牛の飾りを用意するという意味を持っています。 お盆の時期に見かける馬や牛。 それが何を意味しているのかはよくわからないという方、少なくないのではないでしょうか?そこで今回は、古くから地域に根付いてきたお盆にとても深い関わりを持っているお盆に飾る馬と牛について詳しく紹介します。 お盆に飾る馬と牛は何なのか? 牛はたくさんの荷物を運ぶことができるため、こちらからのお土産(供養のためのお供え物)をたくさん持って行ってほしいという意味もあるようです。 お盆に飾るなすときゅうりの精霊馬!簡単な作り方 お盆には、精霊馬と呼ばれるきゅうりの馬となすの牛を作りますよね。 ご先祖様を送り迎えする乗り物です。 毎年、きゅうりとなすのどっちが頭か?ヘタの方か逆か、どういう向きに飾るのか?を紹介しま お盆の牛と馬のお供えには、どんな意味があるのか気になりませんか。 この記事では、なぜお盆にきゅうりやなすで牛と馬を作って飾るのかについてまとめました。 また、飾る期間や飾り方の向きや場所、作り方についてもお伝えします。 お盆にきゅうりとなすを飾るのはなぜ?名前は何?いつ飾る?置き方や向きに決まりはある?作り方や処分法は?その疑問解決します!精霊馬の由来がわかると割り箸などを使って作る理由がわかります。 地域による違いや作り方、正しい処分の仕方もお伝えします。 お盆にみる馬と牛の意味と飾り方や並べ方と最後の処分のあり方は? を揃える場合は香炉を中心はそのままに内から燭台、花立が外になるように左右対称に置きます。 もちろん精霊馬や精霊牛も並べます お盆のなすときゅうりの飾りについて解説します。 地域や宗派によって、お盆になすときゅうりを飾らないところがあったり、飾る意味や飾り方が違ったりするものですが、様々な説を含め解説します。 ちなみにお盆飾りのなすときゅうりの名前は「精霊馬と精霊牛」です。 お盆のなすときゅうりで作る精霊牛と精霊馬には、向きや飾り方に決まりがあります。 盆棚や精霊棚という、お盆の飾りを置く台を用意します。 この台を仏壇の前に置き、真こもを使ったござを上に敷いて、 2つ、別々の方向を向けて飾る置き方。 など、いろいろですね。 馬と牛の役割り ご先祖様を迎えるにあたり いろいろな願いが、それぞれ込められています。 足の速い馬に乗って 早くあの世から家に帰って来られますように。 お盆に飾る馬と牛に置き方などルールもあるの?? 飾り方ですが ナスは東向きに、キュウリは西向きに置くことが一般的です。 ご先祖様が東から来ると言われているからです。 また、仏壇に飾る場合は、お迎えするときは内向き お盆になると、ご先祖様を迎えるために家にはたくさんのお盆飾りが飾られるようになりますね。 その中でも一番有名で定番ともいえるのがきゅうりとなすで作られた馬と牛。 お盆の時期に、キュウリとナスで作られた動物のようなものを見たことはありませんか? なんか子供がいたずらで作ったような変な形をしたものがあるなと思った方もいることでしょう。 実はそれにはきちんとした名前がつけられており お盆になると目にするナスときゅうりの飾り、「実は意味をよく知らない」という方は多いのではないでしょうか?お供え物の名前や意味をご紹介します。 これらを正しく知って、ナスやきゅうりなどの野菜でお盆に御先祖様を迎え入れましょう。 お盆にみる馬と牛の意味と飾り方や並べ方と最後の処分のあり方は? を揃える場合は香炉を中心はそのままに内から燭台、花立が外になるように左右対称に置きます。 もちろん精霊馬や精霊牛も並べます お盆にご先祖様があの世とこの世を行き来する乗り物とされる精霊馬の作り方と飾り方や飾る時期とお盆が終わった後の処分の仕方についてまとめてみました。 お盆に実家に戻られた際、なすやきゅうりに割り箸の刺さった置物を一度は見たことがあると思います。 精霊馬(しょうりょうま)と呼ばれ、ご先祖様の送り迎えをする役目を担います。 今回の記事では精霊馬について、作り方から処分の方法まで詳しく解説していきます。 お盆の仏壇飾り 飾り方は! きゅうりとなすを馬や牛に見立てるようにおがらをさして作ります。 バランスをみて置き方や置く位置を変えても問題はありません。 お盆も2日目となりました。 今日は馬と牛の作り方を紹介します。 お盆の期間中に、故人の霊魂が、この世とあの世を行き来するための乗り物として、「精霊馬」(しょうりょ お盆になると、なすときゅうりを使って牛と馬を作る精霊馬があります。 この精霊馬とは何なのか?風習はいつから始まったのか?いつ飾るのか?地方によって違いがあるのか?など、興味がありましたので調べてみました。 お盆の時期になると、「なす」と「きゅうり」で馬と牛を作る慣習が日本にはあります。 なすやきゅうりを牛や馬に見立てるために、割り箸などを刺して作ります。 こちらでは、なすときゅうりで作る馬と牛について説明していきます。 馬の方の足が牛よりも長くなるようにしましょう。 きゅうりやなすに足をさして完成です。 精霊馬の置き方と片付けの方法. お盆は地域によって 7月と8月 に分かれています。 どちらでも、13日の夕方に迎え火を焚きますので、 13日の朝 に精霊棚に飾ります。 お盆といえば、ナスやキュウリで作る牛馬がユーモラスでかわいいお飾りですよね。 ナスで作る牛、キュウリで作る馬。 ご先祖さまは馬に乗って早く来て、牛に乗ってゆっくり帰っていく、と言われていま 精霊馬の作り方. お盆の際、盆棚にお供え物として飾りつけられるもので、きゅうりと茄子を用いて、そこに足に見立てた割り箸や爪楊枝を刺し、動物の形に人形を作ります。 作られる動物は馬と牛で、きゅうりが馬、茄子が牛の役割を果たします。 お盆はご先祖様の霊をお迎えする行事です。 そしてお盆になると「きゅうり」と「なす」で四本足の動物のようなオブジェ(置物)を作りますよね?これらは、「馬」と「牛」を模したもので、きゅうりの方が馬となり、なすの方が牛で、それぞれ「精霊馬(しょうりょううま)」、「精霊牛 精霊馬という言葉は知らなくても、なすやきゅうりに楊枝や割り箸を刺した飾りをお盆のころに目にしたことはありませんか?このなすときゅうりで作ったお盆飾りの精霊馬にはどんな意味があるのでしょうか?作り方、飾り方、そして意外と知らない処分の仕方までご紹介します。 お盆の定番の精霊馬ですが、Twitterでは現代版のぶっ飛んだ精霊馬が話題になっています!思わず笑うその姿に、きっとご先祖様もたまげること間違いなしです!この夏に真似したいおすすめの画像まとめ お盆に飾るなすやきゅうりで作る精霊馬。 ご先祖様をお迎えして、また送るための乗り物として作られる精霊馬ですが、 形を見ますとなんとも言えず可愛らしいですよね。 精霊馬はなすやきゅうりに割り箸をさすだけで簡単にできることから、 子供たちと一緒に楽しみながら作ることもでき お盆の仏壇飾り 飾り方は! きゅうりとなすを馬や牛に見立てるようにおがらをさして作ります。 バランスをみて置き方や置く位置を変えても問題はありません。 お盆のなすときゅうりの飾る向きを教えてください。 宗派によって異なりますが、一般的には、きゅうりの馬に乗って東から来るので、きゅうりの頭は西向き、なすの牛に乗って東に帰るので、なすの頭は東向き、とされているらし 投稿ナビゲーション.

次の