宅建 勉強サイト。 宅建の勉強時間の目安について|効率的な勉強法についても徹底解説|コラム|宅地建物取引士(宅建士)|資格取得なら生涯学習のユーキャン

独学で宅建士に合格できる?勉強時間の目安は250時間!|わかりやすく宅建・宅地建物取引士の解説

宅建 勉強サイト

宅建士とは、宅建業を行なうには一定数その営業所に配置しなければならない資格者です。 従業員5名につき1名以上の宅建士を有するので、大きな不動産企業であれば多数の宅建士を必要とします。 そのため、不動産業界への転職・就職に有利な資格として毎年20万人前後が受験しています。 ネットでは、「宅建士は簡単」「3週間で合格」「1ヶ月で合格」など、いかにも簡単に取得できる資格であるかのような記事が見受けられます。 これは本当でしょうか。 このページでは、これから宅建士を目指す人に向けて、• 宅建士は簡単に取得できる資格なのか• 合格するにはどんな勉強をするべきか についてまとめていきます。 ネットの声に惑わされることなく、宅建士試験合格を目指しましょう。 宅建士試験は簡単? 法律系資格の中では易しい試験 宅建士試験が簡単かどうか考えるとき、何か比較するものが無ければ判断が難しいと思います。 そこで、同じ法律系の資格と比べてみました。 こうして見ると、法律系の資格の中では比較的易しい試験だといえます。 上に挙げた資格試験を受験したことがある人や法学部を出ている人なら「宅建士は簡単!」と感じることができるでしょう。 ですが、初めて資格試験を受験する人は、油断禁物です。 宅建士試験は、少し勉強しただけで簡単に合格ができる試験ではありません。 合格された人の多くは、3~6ヶ月程度コツコツと勉強しています。 結論をいいますと、宅建士は「きちんと勉強すれば合格できる」レベルの試験と言えます。 そういった事例が珍しいが故に記事になり、興味を持つ人もいるのでしょう。 ですが、誰にでもできることではありません。 たまたま、時間が割けない中で頑張って合格できることも、もちろんありますが、真面目に資格を目指すのであればある程度の時間をかけて準備し、きちんと合格を狙うことが望ましいのは言うまでもありません。 ネットの記事を参考にするのであれば、その具体的な勉強方法や時間の作り方を見習う方向で考えましょう。 やみくもに、「短期間で簡単に合格できる」と思い込まないように注意しましょう。 初心者が選ぶべき勉強方法は? メリット・デメリットだけでなく自分に合っているかで考える 独学、通信、通学のうちどれを選ぶべきか。 まず独学で挑戦してみようと考える人が多いのではないでしょうか。 なぜなら、独学はほとんど費用がかからないので気軽に試すことが可能だからです。 費用はかからない代わりに、独学では上手な勉強法をみつけることができず後から別の学習法に変えるというのは時間を浪費しています。 時間を浪費しないためにも、最初からそれぞれの学習法のメリット・デメリットを知るとともに、「自分に合った学習法か?」という点も考えてみましょう。 例えば、自宅で勉強すると怠けてしまう人は、通学で強制的に勉強する方法が向いているでしょう。 一番重量なのは自分に合っている方法かどうかです。 ですので、自分の生活環境と合わせてしっかり選びましょう。 独学のメリット・デメリット 費用を取るか、時間を取るか はじめに、多くの人が選択する独学についてのメリット・デメリットを考えてみましょう。 独学の最大のメリットは、「費用が安い」ことです。 それ以外にも、下記のようなメリットがあります。 デメリット• 独学よりは費用がかかる• サボろうと思えばいくらでもサボれる• 質問サポートが多くの場合メールに限られる 質問サポートについては、メールでの質問ですとある程度「自分が何を聞きたいのか」をまとめられないと質問できません。 対面や電話と違い、その点が少し難しいところです。 いつから勉強を始めるべき? 試験4か月前にスタートする 集中力やモチベーションが長続きする人は良いですが、多くの人に当てはまるわけではありません早く勉強を始めてしまうと、途中でたるんでしまったり、忘れてしまったりすることもあります。 では、宅建士試験の勉強は、いつ頃から始めれば良いでしょうか。 ここから先は、初めて資格試験に挑戦する人を想定してお話いたします。 初学者は、試験4か月前に勉強をスタートしましょう。 必要な勉強時間は、200~300時間と言われています。 できるだけ毎日勉強するのがコツです。 なぜなら、時間が経てば経つほど覚えたことを忘れていってしまうからです。 ですので、忘れつつ覚えつつということを毎日繰り返す方が、一度に詰め込んで間が空いてしまうよりも効率が良いといえます。 300時間は、毎日勉強できていない場合のリカバリーも含めた勉強時間だと考えてください。 もちろん、独学・通学・通信なのかでも時間は大きく変わりますが、通学・通信で200時間、独学で250~300時間が目安です。 初心者向け合格までのスケジュール 「この時期にやること」を決める 4ヶ月間の勉強は、学生時代の定期試験の勉強などと比べるとかなり長期間になります。 そのため、「この時期にはこれをやる」という目安を決めておかないと、時間を無駄にしてしまうことがあります。 つまり、スケジュールを作ることが大事です。 とは言っても、初心者がいきなり完璧なスケジュールを作るのは難しいと思います。 そこで、まずはざっくりとした全体像をとらえましょう。 時期 やること 1ヶ月目• テキストに目を通す• 過去問をやってみる 2ヶ月目• テキスト読み込み2周目• 過去問正解6割を目指す• 疑問点をまとめる 3ヶ月目• テキスト仕上げ• 過去問正解8割を目指す 4ヶ月目• 疑問点をなくす• 過去問重要問題復習• 模試 このようなスケジュールを組み、実際に取り組んでみないと先が見えてこないと思います。 時間の割り振りは、1ヶ月目と2ヶ月目を多めにとり、問題演習中心の4ヶ月目は少し抑えましょう。 この辺りは自分のペースで考えていき、その日、その週に使える時間に合わせて調節する必要があります。 早い人は、3ヶ月目で過去問も仕上がりますが、予備も含め4ヶ月という設定にしてあります。 取り組んでみてさらに細かい週ごとのスケジュール、毎日のスケジュールを考えていきます。 「スケジュール」というより「やること」と考えた方が簡単です。 自分で設定したスケジュールに遅れが出てきたら、どうして遅れているのか、時間配分やペースが正しいかどうかを考えて、現状に合わせた対策を練ってください。 まとめ 宅建士は、少し勉強して簡単に取得できる資格ではありません。 しかし、きちんと計画的に勉強すれば十分手が届く資格でもあります。 大事なのは、ある程度時間をかけて「コツコツ勉強すること」。 4ヶ月を目安に、時間を作って取り組むことをお勧めします。

次の

宅建に独学で合格する勉強方法、勉強時間などを徹底解説!【独学勉強法】

宅建 勉強サイト

宅建の勉強の具体的な方法がわからない• 過去問はいつからやればいいのか?何回やればいいのか?• 過去問を完璧と言えるにはどれくらいやりこめばいいのか? 宅建の勉強を始めようと思って、 では具体的にどういうふうに勉強をしたらいいのかわからない。 そして、勉強を始めている方でも、自分勉強方法が正しいか自信が持てない、本当に合格できるのかといった悩みにも突き当たると思います。 この記事では「過去問を使った具体的な勉強方法」を 脳科学・心理学の観点から極めて現実的に解説します。 過去問の習得は、独学・通信・予備校といった受講形態を問わず重要ですので、目を通しておいて損はしません。 また記事を書いている 管理人は平成29年度宅建試験に計62時間で合格しており、某大手受験予備校で宅建士講座を運営している 業界のプロです。 すみません💧 目次• 宅建の勉強は過去問を中心せよ!その5つの理由 「宅建は過去問の習得が重要である」 そんなの当たり前、みんな同じようなこと言ってるよと思われるかもしれません。 なぜ過去問がそんなに大事なのでしょうか? 過去問集は 過去の試験にでたところを集めた問題集であるため、本試験そのものであるため本試験の対策として最も優れた教材といえるからです。 確実に合格するには過去問の習得が必要不可欠といえるでしょう。 そして、過去問を中心に学習すべき理由は以下5つあげられます。 試験範囲をすべて勉強するのは不可能• 出題傾向の把握ができる• 重要な知識とそうでない知識がわかる• あなたには時間がない• 幅広く細かいところまでやっていては何年経っても合格ができません。 本当に重要な部分だけ、試験に出るところに力を入れる必要があります。 過去問題集をやれば 試験に出るところだけを効率よく学習することができるでしょう。 よく出るものと多くの受験者が正解しやすい知識は絶対に落としてはいけません。 試験に出される問題をあらかじめ知ることはできませんが、過去問を読み解き試験の傾向を知ることで 「試験に出るところを予測できる」ようになるからです。 そもそも宅建試験は「実務」をするにふさわしい能力があるかをチェックする試験 宅建試験は 「宅建士として働くために必要な知識」が出題されるため、毎年の出題傾向が大きく変更されることはありません。 試験が10年実施されれば問題の出題のバリュエーションが尽きてしまいますので、過去問も10年分やれば試験範囲を網羅できるでしょう。 そのため、ほとんどの市販の過去問題集は10年程度の量で編集されています。 過去問と同じものが出る? 過去問演習を一通り行うと、 試験に出やすい知識には偏りがあると実感できるでしょう。 宅建業法であれば35条37条書面・媒介代理・免許基準。 民法であれば不動産の売買・賃貸に関わる知識が頻出ですよね。 特に宅建業法は過去問以上のことは聞かれません。 宅建業法は学問ではなく実務のルールであるからです。 本試験では過去問と「同じような」問題が出題されるため、特に宅建業法においては過去問さえやれば満点が狙えるほどです。 どこが重要かそうでないかを把握していない状態でテキストを読んでも勉強の効率が悪いですよね。 何が重要かを把握していない状態で勉強しても、「3時間机に向かってみたけれども結局何をやったか覚えていない」といった状態に陥ることになります。 勉強している時間すべてを集中して行うことは不可能です。 メリハリを意識した勉強をしましょう。 「1日1時間の勉強をしよう」と決意しても、なかなか継続できません。 思わぬ障害がいくつもでてくるからです。 例えば、あなたがフルタイムで仕事をしつつ、小さいお子さんがいるような状況であれば、 勉強時間に多くの時間を割くのは困難だとおもいます。 ただでさえ、仕事で疲れて帰ってきて、家事をやりお子さんの面倒まで見ていれば、すぐに寝る時間が訪れてしまいます。 お子さんの年齢が幼ければ夜も満足に寝れない睡眠時間が4時間以下で、1日でトータル30分しか勉強できない、まったく 勉強できないといった日もあるでしょう。 忙しい日々を過ごしていれば、勉強が進まないまま、試験まであと3ヶ月しかない、1ヶ月しかないといった状況になっていきます。 試験が近づくにつれて、このテキストを使えばうかる、受からないといった情報が目に入ってきて 「もしかしたら私が使っているテキストと問題集だけでは合格できないのでは?」と思い始めます。 あらゆる教材を買い漁ってみるものの、少しずつしか手を付けられないまま本試験に挑み、残念な結果になるケースが非常に多いです。 もし迷っていた時間や不安で行動していた時間をすべて勉強に当てられていれば合格できていたかもしれません。 勉強の方向性を間違えるな 試験勉強は勉強時間を確保することが大事といわれますが、それよりも 勉強の方向性を間違えないことがなにより大事です。 やみくもに勉強しても合格しません。 過去問を中心に学習を進めれば、勉強方向性が大きく間違うことはありません。 「 これだけをやる」「これだけは完璧に仕上げる」教材を決めましょう。 教材を絞ると勉強に集中できるようになります。 人は、選択肢が多いと行動をためらうようになりますし、行動を起こすのすら面倒になるからです。 モチベーンションが続かない、やる気がでないといったことの理由の一つに、やるべきことが明確になっていないことが上げられます。 講座を受講している方は、授業で使うテキストと過去問題集があれば十分合格できます。 ベテラン講師、合格者が揃えて言います。 「過去問が一番大事だ」と。 過去問だけは完璧に仕上げる、過去問だけは絶対にやりきるときめてやりこみましょう。 どの受講スタイルでも勉強の最終目的は過去問を完璧に仕上げること 私は資格のプロですので、あらゆる会社の宅建講座を調べてきました。 どの会社の宅建講座を選んでもカリキュラムの 最終目的は過去問を完璧に仕上げるに尽きます。 宅建は受験ノウハウがほぼ確立されている試験ですので、どこの会社の宅建講座を受講しようとやることは大して変わりません。 ほとんどの宅建講座は授業を受けて、授業を受けた範囲の過去問題集を解き、直前期には過去問を練り直したオリジナル問題の演習を行っていくカリキュラムになっております。 独学のかたは、テキストと問題集しかありませんので過去問を極める範囲でテキストを読んでいくことになります。 宅建試験に合格するかしないかは、過去問をいかに極められるかにかかっています。 テキストを使って学習する、授業を受ける、動画講義を受ける。 これら 全ての教材・講座は、過去問を理解し完璧に仕上げるための手段に過ぎません。 管理人おすすめの通信講座個人的には、できるだけ教室講義に通うことをおすすめしていますが、教室講義の合格率は講師の指導力に大きく左右されることから「これがおすすめ!」とは一概に言いづらいのが現状です。 通信講座を検討されている方には、プロかつ合格者の立場から精査したおすすめ講座ランキング記事「を作成しましたのでご参考ください。 もし独学で宅建の勉強する場合は、テキストは2冊あるといい 1冊目ではわからなくても、2冊めでは別の角度から解説をしていて理解できるといったことがあるから。 メインのテキストは簡単に言葉を用いられており、図解が多用され、 視覚的にわかりやすいテキストを使うといいでしょう。 そして、詳しく知りたいといった場合に 辞書的に使う網羅性のあるテキストを2冊目として購入することを勧めします。 分野別の過去問集の徹底的に解き、わからないときはテキストで調べ過去問を完璧にします。 時間的な余裕があれば予備校の模試や直前対策講義の受講を検討すると良いでしょう。 あくまでも やり込むのは過去問集であり、テキストは補助教材の位置付けにしてください。 どのテキストを買えばいいのか?については、どれでもいいです。 どれをやっても合格できるように市販のテキストは試験範囲が網羅されているからです。 一応、個人的におすすめのTAC出版のテキストを紹介しておきます。 短期合格者には特別な才能があると思いますか? 答えはNOです。 私自身も計62時間(1日30分程度)の勉強時間で受かっていますが、特別頭がいいわけではございません。 勉強のノウハウを持っているだけ。 短期合格者のほとんどは過去問を読むことから勉強を始めます。 そして、過去問を解き、過去問を完璧にするというプロセスを経て試験に合格していくわけです。 ただし、3週間で合格は不可能とまでは言えませんが運の要素がかなり大きいです。 実質的には無理と思っていただいたほうがいいでしょう。 短期合格者のほとんどは他資格の合格者であったり、勉強慣れしている人がほとんどだからです。 どんな人も勉強技術を磨けば100時間で合格は可能ですが、 勉強慣れしてない人は最低300時間は見積もってください。 短期合格者の勉強法の共通点は、はじめから過去問を読むこと• 脳はコンマ何秒というほんの一瞬のことをメッセージとして記憶してしまう性質があります。 このプライミング効果は 予習・復習に非常に効果的に活用できるでしょう。 予習としてテキストをパラパラとめくり「へーこんな用語があるんだなー、こんなことを学んでいくんだ」 気になる単語やフレーズを眺めるだけでも、あとでしっかりと学習をするときに「そういえば、予習したな、気になってたんだよね」「どこかで聞いたことあるな」と 引っかかりができるため、記憶に残りやすくなります。 復習の時も、しっかりと復習をしようとするのではなくて気楽に復習をしてください。 そして時間と気力がある時はしっかりと復習をすると良いでしょう。 気をはらず、でも真面目にコツコツと知識を積み上げる感覚です。 雑誌を読むように読むスキルを磨け 勉強をしていると、本を読んでいて「頭の中がパンパンにつまる感覚」に陥ったことはありませんか? 実は、それは脳のメモリー ワーキングメモリー がパンパンになっているからです。 この頭がパンパンになっている感覚はどうすれば収まるでしょうか? 解決策は、読み飛ばして時間を空けて読むことです。 わからなかったら飛ばしていい。 むしろ飛ばした方が学習効率は向上するのです。 効率的に読む技術を解説してくれる本であり、 世の中の「速読」と言われるものはこの方法でしかありえません。 過去問は問題形式の テキストだと思う はじめから過去問を読め!と言われますと• いきなり過去問なんて解けない• 最初から過去問を解くともったいない とおもわれるかもしれませんが、試験に出るところしか載っていない過去問集を一番先に押さえることが確実に合格するための近道。 過去問は解くのではなく 読む問題集としてテキストのように使っていくのが理想です。 過去問を試験やテストとは思わずに 読む教材だと思ってガンガン使いまわしましょう。 どのみち何回も何十回も読み込むのですから、完全に答えを覚えてしまいます。 テキストに出てくる文章に慣れてきたら、 答えを見ないで問題を解いてみましょう。 答えを見ても理解できない場合はテキストを読んで理解します。 宅建の勉強はこれの繰り返しです。 後述しますが、 過去問は最低4回は解きましょう。 始めは解けませんが、解けなくて恥ずかしいと思う感情は捨ててしまいましょう。 解けないのがあたりまえ。 解けたら勉強なんかしなくていいのです。 勉強とはできないことをできるようにしていく行為ですから、開き直ってどんどん間違え、正確な知識を理解していきましょう。 答えがあっていたら、「なぜその答えになるのか理由を説明できるか」を意識します。 詳しくは後述します。 過去問を読むための 準備知識はマンガで得られる知識で十分です。 わからないところをその都度参考書で調べましょう。 宅建士の過去問は何年分解けばいいのか? 分野別問題集を10年分とけば宅建は合格できる 某大手T予備校の講師は「年度別過去問集を12年分完璧にできるようになれば100%宅建試験は受かる」とおっしゃっています。 年度別過去問集とは、過去問を年ごとに並べたもの。 本試験そのまま問題構成 ですので、 10〜12年分が宅建試験に合格するための学習量といえるでしょう。 10年分過去問をやりこめば、どのような出題形式で知識が問われているのかを知ることができ、どこを重点的に学習すればいいのかがわかるわけです。 過去問すべて解き切って余力があれば予備校オリジナル問題を解くといいでしょう。 まず分野別問題集で完璧にしてから、本試験形式の年度別問題集を解く 上記で、 某大手T予備校の講師は「年度別過去問集を12年分完璧にできるようになれば100%宅建試験は受かる」といっております。 この文言をそのまま受け止めて、 初期の段階から年度ごとにわかれた問題集を解こうとしてはいけません というのも、予備校・通信の講座は、講義用のテキストと、自習用の教材として分野別題集を配布してます。 最初のうちは分野別で解くのです。 分野別問題集とは、宅建業法、民法などの科目ごとに分けた問題集のこと これらの問題集を解き終わったあとに、本試験の練習として本試験形式で解くという意味で年度別の問題集を解くことをすすめているのです。 宅建の過去問は何回解けば良いのか? 人は忘れる生き物。 何回も繰り返して復習しなければ記憶に残りません。 なぜ忘れるか? 宅建の知識は人が生きる上で本来必要不可欠な知識ではないからです。 人間は生命を存続させるために必要不可欠な情報を記憶にとどめる性質があります。 何回も何回も問題を解いて、間違えて、 生きていくのに必要な知識であると!と頭をだまさなければいけません。 では何回問題をとけばいいでしょうか? 脳科学者である東京大学薬学部の池谷 裕二教授は 4回復習することを推奨しております。 脳科学的に最も効率的なのは、以下のような復習スケジュールだと私は考えています。 学習した翌日に1回目 の復習。 その1週間後に2回目。 さらに2週間後に3回目。 さらに1カ月後に4回目。 全部で4回です。 引用:• 「最新」の脳科学から見る「最適」な勉強方法を紹介する本。 正直読まなくて良いです。 ただ、最新の脳科学から考えられる最高の勉強方法の正解を示してくれるため、「いろんな勉強方法の本を読んだけど、何が正しいのかよくわからない」といった方にはおすすめ。 宅建士の過去問を「完璧にやりこんだ」状態とは? 10回やった、100時間やったは自己満足でしか無い 復習は最低4回やることを述べましたが、過去問を4回やればいいというのは不正確です。 本試験までに「完璧な知識」「正確な知識」に仕上げなければいけません。 合格する人はどのくらいの精度の知識を持っていると思いますか? この知識の精度に関する認識があいまいのまま学習をすると、単に問題を繰り返しとくという「回数」「〜〜時間勉強した」という勉強したという結果だけに満足してしまうことになります。 問題を解くときには、すらすらと問題文が読めて、どれが正解で、どれが不正解かが瞬時にわかるくらいの知識。 この精度にまで知識を仕上げられればあなたは合格水準に達しているといえますし、間違いなく合格できるでしょう。 即答は3秒以内で答えられるかどうかを基準にしてください。 理由を付けて答えられるとは、例えば友達から質問されたときに「〜〜だから〜〜という答えになるんだよ」という風に返せるくらいでOKです。 では、理由をつけて、即答できるまでにはどのくらいやればいいのでしょうか? それには脳や記憶の仕組みを知る必要があります。 勉強する人は知っておきたい!記憶の5つの段階 NLP 神経言語プログラミング による 記憶の5つの段階の考え方を知れば、どのくらいの知識の精度を持てば、 宅建試験において知識が完璧と言えるかが明確にわかるようになるでしょう。 出典: 1. できないことを知らない 無意識・無能力 まず5段階目の中の1段目。 勉強においては、 わからないことが何かわからない状態です。 例えば、あなたが宅建の学習初学者の場合は、「重要事項の説明」「35条書面」と言われてもなんのことか理解ができないでしょう。 このように 言葉の存在そのものを知らない状態が1段階目の記憶です。 できないことを知っている 意識・無能力 2段階目。 勉強においては、 わからないことが何かわかっている状態です。 テキストの目次を見たいり、中身をパラパラとみて 「これから学習してい内容をなんとなく把握・認識した」状態です。 まだぼんやりと知っているだけで、言葉の意味については理解ができておりません。 このように 「わからないことが何かをわかっている」段階が2段階目の記憶です。 ソクラテスの有名な言葉「無知の知 知らないことを知っている)」と同じ意味ですね。 意識すればできる 意識・能力発揮 3段階目は、 わからないことがわかるようになる状態です。 2段階目の記憶から進んで、理解をしていますが自由自在に使いこなせない状態です。 頑張ればできる、時間をかければできるといったレベルです。 例えば、1回テキストを読んでに理解はしたものの、問題を解いた時に「あれどうだったかな」と立ち止まりますが、しばらく考えたら答えを導き出せる。 仮に導き出した答えが間違っていても、答えを聞いた時に「あーそうだったそうだった」となるくらいの記憶レベルです。 意識しなくてもできる 無意識・能力発揮 4段階目は、 わかっていることを知らない状態です。 例えば問題を解くときに、 正しい、不正解が理由付きですぐに答えられるレベルの知識です。 一通り読んでる段階ではここが違う、ここはあってるというのが理由付きですぐに答えがわかる、苦労なくできるといった状態。 ここでの ポイントはすぐにわかるところです。 宅建試験に合格するようなレベルの人のほとんどは、 問題を読んだ瞬間に答えがわかるのです。 手が勝手に動くくらいすらすらと問題を解けると宅建は合格できます。 考えて解いていたのでは試験時間が足りません。 無意識的にできるし、人に教えられる 無意識的有能に意識的有能 5段階目は、人に教えられるようになって知識を完全に習得していると言えます。 知識が完全に定着しており自由自在に使いこなせるレベルの知識なので 講師レベルの知識です。 例えばあなたが仕事をはじめたての頃はいちいち考えながら仕事をしないうまくできなかったでしょう。 しかし何年何十年と仕事を続けていくと何も考えなくても仕事ができますし、どのように仕事をしたらいいか教えることができます。 何も考えなくてもできる。 できるのが当たり前という状態です。 この段階のレベルの知識は論述が必要な試験で求められます。 司法試験や司法書士、会計士などの難関試験がこのレベルの知識が求められます。 宅建はマークシート形式の択一試験なので、このレベルまでは必要ありません。 つまり過去問を完璧にするとは? 宅建試験で必要な知識は3や4の段階のレベルの知識です。 MEMO 3段階目、頑張ればできる、時間をかければできる 4段階目、正しい、不正解が理由付きすぐに答えられる 宅建試験において「過去問を完璧にするとは、最低でも考えれば解ける、理想はすぐに理由付きで解答ができるレベルの記憶にすること」。 考えなくてもすぐに答えがわかるまで繰り返し問題を解き、正確な知識を骨身にしみませます。 記憶を引き出すスピードが大事です。 試験は問題を読んだ瞬間に、どこが正解不正解かが理由をつけて答えられるくらいの正確な知識とスピードを身につけなければ受かりません。 試験には制限時間がありますので、テンポよく答えられなければ時間が足りませんし、見直しをする時間ありません。 反対に、精度の高い記憶が増えれば増えるほど、試験時間はあまります。 自信を持って回答ができるようになりますし、ケアレスミスも減るでしょう。 ただ、気を張ったり、焦りでスピードをあげるのは間違いです。 何度も何度も繰り返して問題を解いていくうちに自然とスピードが上がるのが理想です。 仕事と同じですね。 「過去問だけでは受からない」は間違い 過去問を完璧に行ったけれども受からなかったと言う人は過去問のやり込みが不十分。 特に法律の学習経験が無い方が過去問を1回2回やった程度では、知識は定着しません。 問題を読んで、答えを理由付きで瞬時に導きだせる。 そのくらいまでやって過去問が完璧と言えるのです。 答えを覚えているだけの人がいますが、本試験では角度を変えて問題が問われますので通用しません。 かならず理由付きで答えられるようになりましょう。 そして最低でも4回は解いてください。 問題の正解の肢を覚えるのではなくて、1つ1つに理由をつけて答えられるようになること 過去問を完璧にするとは過去問が50問あれば50問すべて正解できるようになるではありません。 1問につき4つ選択肢があれば、その肢のすべてに対して、 「なぜ、それが正解なのか、不正解なのか」を理由付きで答えられる状態が完璧です。 理由を付けて答えられるかどうか判断は、 友達や知り合いに質問されたときに教えられる、または簡単に授業ができるかを基準にしてください。 宅建試験の問題のほとんどは過去問からの焼き直しのですが、まったく同じ表現では問われません。 正解の選択肢だけを覚えていると、ひょっと文言を変えられたときに答えを間違ってしまうことがあります。 ただ、答えを覚えているだけだと引っかけ問題に対応できませんから、この選択肢は「〜〜だから正解である」という風に理解をしてください。 過去問10年分の問題の1つ1つの選択肢に、なぜその選択肢が正解なのか不正解なのかを理由をつけて理解していれば、本試験でも自信を持ってすばやく答えられるようになるでしょう。 宅建士は過去問学習のスマホのアプリが充実している 宅建試験は受験申込者が毎年20万人を超える超人気資格なので、 宅建の勉強をサポートするスマホアプリが充実しています。 スマホアプリであれば ちょっとした時間に勉強できますし、 テキストを持ち歩かなくても勉強ができますよね。 まとめ ここまでの長文にお付き合いくださりましてありがとうございます。 色んな資格試験がありますが、 宅建試験に関しては過去問10〜12年分を完璧にできれば受かります。 過去問が完璧であればまず落ちません。 ですので、宅建試験に落ちる一番の理由は教科書や講座が悪いのではなくて、過去問をやりきれてないからだと確信しております。 勉強のメイン教材は過去問。 これ絶対です。 過去問を理解するために独学でテキストを読んでも良いですし、講座を受講しても良いでしょう。 あらためて記事の内容をまとめます• 学習の最初の段階から過去問を読む• 過去問題集をテキストに、教科書は補助教材にする• 過去問は10年分あれば十分• 答えはわからない状態を作ってから読む• 過去問は最低4回解く• 勉強にいきづまった時、悩みがでた時に買ってください。 人間は困ったとき、わからない状態になったときに知識を吸着しようとする生き物ですから、困ったときに買うのがベストだからです。 それ以外の時に読む勉強方法の本は趣味であり、時間つぶしであり、勉強ではありません。 宅建合格を志すあなたが 最優先にすることは過去問を完璧に仕上げること。 そして、今は記事に書いている内容がわからなくても、 学習を進めていくと勉強の方法について悩むときが必ず訪れます。 未来の自分に楽をさせてあげるためにも、 この記事はブックマークをし、勉強方法のマニュアルとして何回も読み返すようにしてください。 定期的に読み返し、勉強の方向性が間違っていないかをチェックしましょう。 わからないことがあれば「」から私に質問してください。 お答えいたします。

次の

宅建は独学でどのくらいの勉強時間が必要か?

宅建 勉強サイト

・権利関係 ・宅建業法 ・法令上の制限 ・税金その他 かなり出題範囲が広く、独学で勉強するにはスケジュールと教材がとても大事になります。 僕は最初に参考書だけで勉強しましたが、用語などわからないことが多くオンライン講座も利用しました。 資料請求でオンライン講座の確認もしておくこと 僕は参考書だけの独学で合格できると思っていましたが、予想以上に覚えることが多く途中で挫折しました。 独学で勉強する前に、オンライン講座の資料請求を見て、いざという時の保険も考えておいた方がいいです。 今はスマホで学習できるオンライン講座もありますし、AIを使った学習で効率よく合格できる最短の勉強法を提案してくれます。 資料請求なら無料なので、まず宅建のオンラインでどんな勉強ができるかを知っておいてください。 スポンサードリンク 宅建合格に必要な勉強時間は、200~400時間と言われています。 僕が合格までにかかった勉強時間は400時間くらいで、6ヶ月くらいの期間かかりました。 正直、200時間で合格できる人は再受験の人(宅建2回目以降の受験生)ではないかと思います。 実際に僕が行ったスケジュールは以下になります。 1ヶ月目~5ヶ月目は1日2時間• 最後の1ヶ月(試験日まで)は1日3時間 土日は休んだり1日5時間勉強したりと、その時の予定で変えていました。 これは大体の目安ですが、仕事をしながら勉強時していたので時間には余裕を持ちました。 僕の友人は3ヶ月で合格しましたが、1日の勉強時間を6時間と多くしていたそうです。 1日6時間位勉強できれば3ヶ月位でも合格できるかもしれませんが、覚えるのが多く大変なので6ヶ月は見ておいた方がいいです。 宅建独学の効率的な勉強法 僕が行った宅建の独学勉強法は以下になります。 入門用の本で宅建の基礎を勉強• 参考書と問題集を3回繰り返す• 過去問と模擬試験で本番対策 まず大事なことは、自分のレベルに合った参考書から始めることです。 僕の場合は宅建が初めてだったので、最初は入門レベルで宅建の基礎を勉強しました。 参考書を使った勉強法 基礎ができたら参考書で本格的な勉強を開始します。 参考書の勉強法としては、以下の手順で勉強すると効率的です。 1回目は流し読みをする• 2回目は精読をして内容を理解する 宅建の参考書は厚いので、何度も読むとそれだけで勉強時間が多くなります。 参考書は完璧に理解する必要はなく、宅建の概要が理解できれば十分です。 参考書で概要が理解できたら、問題集をどんどん解いて実力をつけます。 問題集の勉強法 問題集の勉強法としては、以下のステップで行うと効率的です。 問題集を解く• 間違えた問題を復習する• 1周したらもう一度問題を解く• 間違えた問題を正解するまで繰り返す 問題集の勉強法はシンプルで、正解率が100%になるまで繰り返すだけです。 正解率が低い人は、間違えた問題をしっかりと理解していない傾向があります。 繰り返し復習することで、独学でも宅建に合格できる効果的な勉強法になります。 宅建の独学では、問題集も1冊を完璧にすることが重要になります。 スポンサードリンク 宅建は暗記要素も強い資格試験ですが、内容を理解しなければ合格点は取れません。 ただ暗記だけをする勉強では、本試験の応用問題に対応できない可能性が高いからです。 そのため内容を理解できる、丁寧な説明の参考書を使うことが重要になります。 参考書選びで重要なこととして、レベルに合ったものを選ぶこともあります。 初心者の場合は最初の1冊は入門書で勉強したほうが、結果的に勉強効率が上がります。 基本から理解できる参考書選びが、宅建に最短で合格するポイントになります。 入門レベルの参考書 宅建を初めて受験する人は、基礎が理解できる入門書を使うのがおすすめです。 宅建の初心者が苦戦するのは、馴染みのない用語が多いからになります。 この参考書は、マンガで宅建の概要を理解することができる内容になっています。 マンガだと不安もあるかもしれませんが、 ストーリーがしっかりしているので読みやすい参考書になります。 馴染みのない法律用語なども、 具体例やイラストを使って初心者にもわかりやすく説明している1冊です。 分野ごとの重要ポイントもしっかりと押さえているので、宅建基礎だけではなく本番でも役立つ実力をつけることができます。 実践レベルの参考書 宅建の独学の参考書で最もおすすめなのは、TACのわかって合格(うか)る宅建士 基本テキストになります。 資格スクールとして有名なTACの講師が、初心者でも宅建に合格できる実力をつけることを目的とした参考書になります。 ただ暗記するのではなく、 しっかりと内容が理解できる工夫がされているのが大きなポイントです。 わかりにくい宅建の用語を、丁寧に解説しているので独学でも無理なく勉強することができます。 レイアウトも二色刷りで見やすく、重要なポイントをしっかりと理解できます。 巻末には厳選過去問があるので、実力試しをしてみると良いでしょう。 この参考書を使えば、宅建の概要をきちんと理解することができるようになります。 基本的には「 わかって合格(うか)る宅建士」がお勧めですが、好き嫌いの問題もあると思います。 シンプルな赤黒のテキストが好みでない人は、 主流のフルカラー版の参考書を選ぶと良いでしょう。 フルカラー版で勉強したい人は、みんなが欲しかった!宅建士の教科書がお勧めです。 フルカラーの図解になっていて、視覚的に理解することを目的としている参考書です。 色々なカラーのためポイントがわかりにくい部分もありますが、要点はしっかりと押さえている参考書です。 宅建業法、権利関係、法令上の制限・税を3冊に分けることができるので、 持ち運んで勉強することも可能です。 内容的には、 宅建合格の最低限の知識を身につけられるといった構成になっています。 本試験の内容に比べて不足している部分もありますが、問題集で補うことができます。 カラー重視で見やすい参考書が好みの人は、こちらの参考書をお勧めします。 民法の参考書 宅建の試験で、民法は 参考書だけではカバーが難しい内容になります。 民法は宅建では必須ですが、専門的な参考書を使うと終わらない危険があります。 民法の勉強をする場合、宅建向けの参考書を選ぶことで効率的に勉強できます。 民法の参考書としては、民法がわかったで勉強することをお勧めします。 民法改正については 宅建独学ならばこちらも参考になります。 民法初級者向けの内容ですが、 宅建の試験では役立つレベルの参考書になります。 攻略が難しい民法ですが、この参考書を使えば基本的なことは理解できます。 あとは問題集で実践演習をすれば、独学でも対応できる実力が身につきます。 宅建独学に必須の問題集 宅建を独学で合格するには、問題集でどれだけ正解率を上げられるかが鍵となります。 問題集選びのポイントは、最新の出題傾向を分析した問題集を選ぶことが重要です。 難易度が年々上がっている宅建なので、その対策をしている問題集を選びましょう。 問題集の使い方としては、100%に限りなく近づけることがポイントになります。 1回や2回では完璧にはできないので、 何度も繰り返す勉強が必要になります。 正解率を上げることで、本試験での合格率を確実に上げることができます。 問題集としてお勧めのものは、LECの出る順宅建士ウォーク問シリーズになります。 過去問から 厳選した問題を勉強することで、効率的に宅建の勉強ができます。 このシリーズの良いところは、過去の試験傾向から出題されやすい問題を勉強できるところです。 550問とボリュームもたっぷりなので、宅建試験対策としては十分な量になります。 7割以上の正解率になるには、 最低でも5回は復習するようにしましょう。 よく間違える問題があるはずなので、苦手な問題は10回以上復習すると効果的です。 宅建の合格率は、問題集の正解率が大きく関係してきます。 先に進みたい気持ちを抑えて、しっかりと復習することが合格の近道になります。 宅建の要点整理に役立つ参考書 宅建は範囲が広いため、要点の整理がやりにくい試験です。 追い込み時期などは、要点が探しやすい参考書を使うと効率的に学習できます。 要点整理の参考書でおすすめは、パーフェクト宅建 要点整理になります。 基礎がある人ならば、 要点を調べるのに役立つ参考書になります。 図なども使って見やすいレイアウトなので、サブテキストとして重宝します。 時間がなくなる追い込み時期などに、効率よく勉強するのに使える1冊です。 この参考書は絶対に必要ではありませんが、持っているとかなり役立ちます。 試験に近づくにつれて、 1分1秒の勉強時間が惜しくなってきます。 要点がまとまっている本書ならば、勉強時間の節約にも役立ってくれます。 宅建は必ず模試を利用すること 宅建の独学で重要なことに、スクールで実施している模試を受けることもあります。 資格スクールで定期的に実施しているので、必ず受験してから試験に臨みましょう。 模試を受けることは、主に以下のメリットがあります。 時間配分の練習になる• 本番同様の緊張感を味わえる• 最新の傾向にあった問題にチャレンジできる 時間配分の練習になる 模試の大きなメリットとしては、本番と同じ時間配分で試験を受けられることです。 独学で勉強していると、どうしても時間に甘くなってしまうことがあります。 宅建の試験時間は2時間あるので、 慣れていないと集中力が切れてしまいます。 模試を利用することで、試験の時間配分に慣れることができます。 模試は1回だけではなく、 何度か受験すると徐々にスピード感に慣れてきます。 独学では手薄になる時間配分も、模試を利用すれば対策することができます。 本番同様の緊張感を味わえる 資格試験は、独特の雰囲気の中で試験を受けることになります。 独学は落ち着いて家で勉強できますが、本番は全く違う緊張感で受験することになります。 この緊張感に慣れておかなければ、 本番で思わぬミスをする可能性もあります。 解答欄を間違えたり、緊張して集中できないといった事態も予測されます。 事前に模試を受けておくことで、そういった緊張感に慣れることができます。 2、3回模試を受ければ、緊張感には慣れてくるので必ず受験しましょう。 最新の傾向にあった問題にチャレンジできる 模試の目的は実力を確認するだけではなく、質の高い問題にチャレンジできることもあります。 模試は本番試験の内容を分析して、 最新の宅建に沿った形式の問題が出題されます。 本番でも同じような問題が出題される可能性も高いのが、模試を受けるメリットになります。 そのため模試は受けるだけではなく、終わったらしっかりと復習してください。 間違えた問題を放置してしまうと、本番でも同じミスをする可能性が高いからです。 模試もしっかりと復習することが、宅建の合格率を上げることに繋がります。 通信講座も合格率を上げる効果的な学習方法 宅建は基本的に、インプットとアプトプットを徹底的に繰り返すことで合格することができます。 問題の傾向も過去と大きく変わらず、しっかりと参考書と問題集を繰り返せば独学でも合格は難しくありません。 ただし多くの受験生の悩みとなるのは、この繰り返し学習が単調でつまらなくなってしまうことです。 2、3回問題を解いて理解した気分になって試験を受けて失敗してしまいます。 確実に宅建に合格するには、 何度も復習することが大事になるのです。 この単調な作業を効果的に学習できる方法として、スマートフォンを使ったオンラインもおすすめになります。 スマホのオンライン講座を受講するとわかりますが、 講師の質が高く動画がとても理解しやすいことです。 参考書などを読むのは億劫に感じるかもしれませんが、動画であれば聞いているだけでも頭に入ります。 人間の脳は見るだけではなく、 聞くことでも記憶力を高めることができます。 ただ参考書を読むだけよりも、確実に成果を上げることができる方法としてスマホを使った勉強はおすすめできます。 スマホオンライン講座も活用するのであれば、こちらのが内容が充実していておすすめです。 宅建の独学勉強法まとめ 宅建の独学は、その広い範囲を計画的に勉強することに苦労します。 しかし効率的に勉強すれば、 短期間でも合格ラインに届く実力をつけることができます。 独学のポイントとしては、正解率を上げる勉強法をすることになります。 参考書は概要を理解するだけにして、問題集を徹底的に勉強しましょう。 数回解いただけでは実力はつかないので、何度も復習することが合格率を上げることに繋がります。 特に苦手な問題は、 10回以上復習すると克服することができます。 宅建はインプットとアプトプットを繰り返す学習で、確実に合格できる資格試験です。 宅建の難易度は簡単ではありませんが、この繰り返し学習で合格に近づけるはずです。 地道な努力が必要になりますが、努力すれば宅建は誰でも合格することは十分可能な資格なので諦めず頑張って下さい。

次の