フレッツ光 プロバイダ 乗り換え 方法。 ドコモ光のプロバイダ変更の方法を簡単3ステップで解説!費用・注意点も

【カンタン解決】プロバイダの変更方法と4つの注意点

フレッツ光 プロバイダ 乗り換え 方法

「フレッツ光」が長く人気がある理由とは 全国加入者数第一位をキープしているのがインターネット回線「フレッツ光」。 NTT東日本とNTT西日本が提供している老舗のインターネット接続サービスです。 登場した時は、どの販売代理店も高額キャッシュバックキャンペーンをしていて、話題性も高く、次々に加入者・契約者が増えました。 やがて、知名度が高くなると高額なキャッシュバックキャンペーンや高級家電、ゲーム機のプレゼント特典などは減少しました。 そして新たに登場した「光コラボ」回線など、さまざまな事業者が販売する光回線への加入を促すためのキャンペーンの方がしばらく目立っていたため、「フレッツ光」のPRはあまり見られない状況です。 ところが、派手な宣伝により新しいインターネット光回線サービスに加入したものの、回線速度やサポート対応、料金に不満があり速度的にも信頼度的にも安定感のある「フレッツ光」に乗り換えたいという人が実際には多くいるのではないかと思います。 フレッツ光をおすすめする3つの理由 回線速度の安定感 「フレッツ光」の大きな特長は、回線速度です。 上位の回線速度は上り下り最大1Gbps。 大容量の動画や画像のダウンロードもすばやく快適にできて安定感があり、ストレスが少ないのが特長です。 ビジネスにも最適で法人契約も多いと思います。 また、スマホやタブレットのように「使いすぎの月は速度制限」ということも、もちろんありません。 月額料金の安さや割引キャンペーン、高額キャッシュバックに魅力を感じて他社回線に加入した人が、結局「フレッツ光」がいいのでは?と感じ始める理由はシンプルにインターネット環境の快適さにあると思います。 月額利用料の安さ スタンダードな月額料金プランとして「フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ」で戸建てタイプとマンションタイプの月額利用料金を比較してみました。 ただし、プロバイダ料金は別途となります。 プロバイダ料金込み、というインターネット接続サービスもありますが「フレッツ光」なら、好きなプロバイダー会社を選ぶことが可能です。 その自由さは特長のひとつとなっています。 プロバイダー会社を選べる 「OCN光」のようにプロバイダ料金込みだから割安に感じるというインターネット接続サービスもあります。 KDDIが提供している「auひかり」のように、プロバイダ料金は無料だけれども、限定7社のうちからしかプロバイダー会社を選べないという回線サービスもあり各社さまざまですが、「フレッツ光」に関しては、プロバイダー料金は月額500円~必要となります。 しかし、好きなプロバイダ会社を自由に選べるということはメリットのひとつ。 もちろん料金だけにこだわる人にとってはデメリットかもしれませんが快適なインターネット環境を作ることを第一に考えた場合はプロバイダー選びも重要な要素だと思います。 以上の3点が、 「フレッツ光」のおすすめポイントです。 ほかにも固定電話の電話番号をそのままでお得に使える「ひかり電話サービス」や「ひかりテレビ」などオプションサービスも充実しています。 現在のネット回線からフレッツ光へ乗り換えるプロセスで得する方法 現在ご利用のインターネット回線から「フレッツ光」へ乗り換える場合、まず、申し込み先を決めることが必要ですよね。 申し込み先としては、• NTT東日本・NTT西日本へ直接連絡• 家電量販店• 販売代理店 の3パターンがあります。 キャッシュバックや電話サポート、特典など申し込むところによって違いがあります。 割引キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンが本当にお得かどうかをじっくり考えられない場合や、とにかくすばやく「フレッツ光」に変えたいというときにはNTTにダイレクトで電話するとすぐ申し込みできます。 どこで新規加入の申し込みをするかによって料金や特典などに違いがあります。 【NTT東日本・NTT西日本に電話で申し込み】 急な転勤ですぐに引っ越さなければならない場合などはすばやく「フレッツ光」で利用開始できるのでよいと思います。 ただし、現時点では新規加入の特典やキャッシュバックキャンペーンなどはありません。 【家電量販店の店頭で申し込み】 大型家電量販店ではだいたいどこでも「フレッツ光」の申し込みができます。 最近ではあまりないようですがパソコンやタブレット、ゲーム機などのプレゼント特典があったり、高額な家電製品を一緒に購入した場合に限り、家電が割引になるということも。 ただし、必要のない家電を購入しなければならないこともあるので、よく考えなければなりません。 【販売代理店にネットで申し込み】 現在のインターネット回線から「フレッツ光」に乗り換える場合は、ネットからの申し込みが最もお得で便利ではないでしょうか。 販売代理店によっては最大69,000円の高額キャッシュバックキャンペーンのある会社もあります。 マンションプランなら、約1年間の月額利用料金が無料になる感覚なので、上手に利用するとお得ですね。 また、乗り換え時に生じた違約金の支払いにも対応できるのでよく調べてみましょう。 プロバイダーの比較 「フレッツ光」は好きなプロバイダー会社を選べるメリットがあります。 広告やセールストークよりも、自分の目でしっかりプロバイダ会社を選べばお得になります。 それぞれ月額プロバイダー料金で比較してみると OCN Yahoo! しかし、サービスに関しては各社かなり違います。 「OCN」はNTTコミュニケーションズが提供しているプロバイダーで安定感があり、信頼性が高いのが特長です。 サポートセンターもしっかり対応してくれます。 「Yahoo!BB」はソフトバンクとの関連が強く気軽で割安なイメージがありましたが、OCNより少し高いですね。 インターネット回線に関する相談などをすることを考えると、OCNの方がよりNTTに近いので対応がスピーディな気がします。 口コミでは「Yahoo!BB」は気軽だけれどサポート対応があと一歩、という意見もときどきあります。 「BIGLOBE」もプロバイダ会社としては老舗ですね。 派手さはないですが、パソコン接続設定が無料だったりさまざまなサービスがあります。 格安料金のプロバイダについては口コミ・評判をよく調べてから決めましょう。 どのプロバイダにすればよいか、よくわからないという場合はとりあえず「OCN」を選んでおけば問題ないと思います。 理由のひとつとして「フレッツ光」の利用料金と一緒に請求できるから、という便利さもありますね。 「フレッツ光」から他社回線への乗り換え方法は 現在「フレッツ光」を利用しているが、他社のインターネット回線サービスへ転用、乗り換えたいという方ももしかしたらいるかもしれません。 2年間ごとにある2ヶ月間の更新月に乗り換えればスムーズに乗り換えることができます。 また、乗り換え先が「フレッツ光」の光回線を利用した「光コラボ」商品であり、現在住んでいるところに「フレッツ光」の光回線の回線工事が済んでいるのであれば初期工事費用ゼロでOKとなることもあります。 ただし、いったん他社の「光コラボ」商品へ乗り換えてしまった場合は、再度「フレッツ光」へ同じように乗り換えることはできないのでそこが注意点となります。 また、割引率がよいからという理由で選んだとしても、長く利用することにより「フレッツ光」の方が結局安くなる、ということもあるので確認しましょう。 まとめ 現在利用しているインターネット回線にストレスがある場合、回線速度が安定していてサービスも充実している人気の「フレッツ光」に乗り換えたい・・・と考えることが多いのではないでしょうか。 やはり快適なインターネット環境を整えることはとても大切ですよね。 普通にNTTに申し込めば簡単ではありますが、キャッシュバックやキャンペーンなどお得な加入方法もあるのでしっかり調べてから上手に乗り換えましょう。 この記事の監修: わたしのネットはインターネットに関する疑問や問題の解決・評判・サービスの基礎知識など、あらゆる情報を紹介し、暮らしに役立つ情報を発信しています!.

次の

やっぱり「フレッツ光」へ戻したい!一番お得な乗り換え方法

フレッツ光 プロバイダ 乗り換え 方法

フレッツ光から他の光回線への乗り換えで、今より月額料金が安くなるって本当?おすすめの乗り換え先は?とフレッツ光から乗り換えようか悩んでいますね。 結論から言うと、フレッツ光から他社光回線への乗り換えで基本料金が格段に安くなるという事はありません。 ただし、以下のような光回線に乗り換えると、総合的に今よりもお得に利用できます。 この記事では「乗り換え方法」や「乗り換え費用」はもちろん、乗り換えるメリットとおすすめ光回線も紹介します。 NTT東日本 電話窓口:0120-140-202 WEB窓口: NTT西日本 電話窓口:0120-553-104 WEB窓口: 光コラボに申し込む 転用承諾番号を取得したら、新しい光コラボに申し込みましょう。 WEB申し込みの場合、転用承諾番号を入力する画面があるので、先ほど取得した転用承諾番号を入力してください。 光電話やテレビオプションなどを引き続き利用したい場合は、オプションサービスも同時に申し込みましょう。 約2週間で切り替わる 申し込み手続き後、約2週間でフレッツ光から光コラボへ切り替わります。 自動的に切り替わるので、切り替え日当日の手続きは必要ありません。 新しい光コラボからWi-Fiルーターをレンタルする場合は、機器の交換だけ行って下さい。 プロバイダを解約する 光コラボが切り替わったら、フレッツ光のプロバイダを解約しましょう。 代表的なプロバイダの窓口を紹介しておきます。 プロバイダ WEB 電話 BBexcite 0570-783-812 So-net 0120-80-7761 nifty 0570-03-2210 BIGLOBE 0120-86-0962 OCN 0120-506-506 DTI 0570-004-740 自分が契約しているプロバイダが分からない場合は、契約書類や請求書を確認しましょう。 契約書類が無いという方は、Wi-Fiに繋いだ状態でを確認してください。 以下の黄色箇所に利用しているプロバイダの情報が反映されます。 フレッツ光から独自回線へ乗り換える方法 フレッツ光から独自回線への乗り換えの流れを紹介します。 フレッツ光から独自回線への乗り換えの流れ ・新しい光回線を申し込む ・新しい光回線の開通工事をする ・フレッツ光を解約する ・プロバイダを解約する 独自回線への乗り換えの場合は、ほとんどのケースで開通工事が必要になります。 開通までは1~2ヶ月みておきましょう。 新しい光回線を申し込む 新しい光回線を申し込みましょう。 WEBで以下の情報を入力すれば申し込み完了となります。 ・エリアの確認 ・契約者の情報を入力 ・お支払い情報の入力 ・工事日の予約 申し込み完了後、申し込み確認メールや、工事日に関するSMSまたは電話が来ます。 新しい光回線の開通工事をする 新しい光回線の開通工事が行われます。 契約する光回線によって工事の回数は変わり、1~2回となります。 フレッツ光とプロバイダを解約する 新しい光回線が開通したらフレッツ光とプロバイダを解約しましょう。 解約窓口はNTT東日本・西日本共通です。 アナログ戻しの手続き窓口 NTT東日本:0120-116-000 NTT西日本:0800-2000116 フレッツ光で番号を発番した方は、番号の引継ぎが出来ないので手続きは不要です。 新しい光回線で光電話を新たに契約しましょう。 フレッツ光から乗り換えるメリット フレッツ光から別の光回線への乗り換えは大きく分けて「光コラボへの乗り換え」「独自回線への乗り換え」の2種類です。 どちらに乗り換えるべきかは、乗り換え理由によって変わります。 今利用中のフレッツ光よりも月額料金を安くしたい&お得に利用したいなら「光コラボ」、速度を改善したいのであれば「独自回線」になります。 光コラボと独自回線へ乗り換えると何がお得になるのか詳しく紹介します。 光コラボへ乗り換えるメリット 光コラボとは、フレッツ光回線とプロバイダをセットにした光回線です。 ドコモ光やソフトバンク光がこれに該当します。 光コラボに乗り換えると、回線はそのままで契約が一本化されます。 月額料金が格段に安くなるという事はありませんが、以下のような光コラボに乗り換える(転用する)ことで総合的にお得に利用できます。 契約者とその家族も適用されるので、例えば、3人家族であれば毎月3,000円割引になります。 対象のスマホと光コラボの組み合わせは以下になります。 割引で月額料金が安くなる ソネット光プラス・BIGLOBE光・楽天ひかりなどの3社では割引キャンペーンを実施しています。 これらの光コラボへ乗り換えると、割引キャンペーンによって1,000円~2,000円安く利用することが出来るので、割引期間中はフレッツ光よりも格段に安くなります。 光回線 戸建て マンション フレッツ光 5,200円 3,750円 ソネット光プラス 5,580円 2,980円 4,480円 1,980円 BIGLOBE光 4,980円 3,500円 3,980円 2,500円 楽天ひかり 3,800円 2,800円 2,800円 1,800円 キャンペーンが受けられる フレッツ光から光コラボへ乗り換えると、以下のようなキャンペーンが受けられます。 お得なキャンペーンを実施している光コラボは以下の6社です。 独自回線へ乗り換えるメリット 独自回線とは、フレッツ回線以外を使用する光回線です。 auひかり・NURO光などがこれにあたります。 この場合は「新規契約」となるので開通工事が必要になります。 フレッツ光から独自回線への乗り換えで何が変わるのか紹介します。 フレッツ光は回線とプロバイダが別契約ですが、独自回線の場合は契約が一本化されて支払いがまとまります。 ただし、月額料金が大幅に安くなるという事はありません。 フレッツ光から独自回線へ乗り換えるメリットは以下の2つです。 フレッツ光の一般的なプランは最大1Gbpsですが、例えば世界最速で話題の「NURO光」へ乗り換えると、戸建てマンション関わらず最大2Gbpsになります。 とくに、フレッツ光で以下のプランを利用している方は最大速度が10倍~20倍になるので、大幅な速度アップに期待できるでしょう。 ・フレッツ 光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ ・フレッツ 光ライト マンションタイプ キャンペーンが受けられる フレッツ光からNURO光やauひかりへ乗り換えると、以下のようなキャンペーンが受けられます。 プロバイダの乗り換え プロバイダの乗り換えとは、フレッツ光はそのままでプロバイダだけ切りかえることを指します。 新しいプロバイダを契約後に、今利用中のプロバイダを解約するだけなので、これまで紹介した乗り換え方法の中で最も簡単な乗り換えです。 プロバイダを乗り換えることで、月額料金が安くなるケースもあるので、光回線を乗り換えるほどではないという方は参考にしてください。 月額料金が安くなる フレッツ光のプロバイダは、プロバイダごとで「プロバイダ利用料」や「キャンペーン」が変わります。 プロバイダ利用料の安いプロバイダや、割引キャンペーンを実施しているプロバイダに乗り換えることで、今よりも数百円程度お得になります。 プロバイダ利用料が安かったり、割引キャンペーンを実施しているプロバイダをいくつか紹介します。 プロバイダ 月額料金 特典 BBexcite 500円 ー plala 1,000円 1ヶ月無料 35ヵ月500円 BIGLOBE 1,200円 36ヵ月500円 DTI 951円 23ヵ月340円 WAKWAK 950円 23ヵ月500円 nifty 1,000円 16ヵ月無料 AsahiNet 780円 11ヵ月間500円 So-net 1,000円 11ヵ月600円 hi-ho 1,200円 3ヵ月無料 OCN 1,100円 ー 今利用中のプロバイダ料金を確認したうえで、よりお得なプロバイダに乗り換えましょう。 フレッツ光の乗り換え費用 フレッツ光の解約違約金 フレッツ光を利用している方は「契約期間の無いプラン」と「2年契約プラン」のどちらかを契約しています。 2年契約プランを利用している場合、更新月以外に解約すると以下の解約違約金が発生します。 エリア 更新月 戸建て マンション 東日本 25. 26ヶ月目 9,500円 1,500円 西日本 24. 25ヶ月目 11,000円 7,700円 また、西日本エリアで「もっともっと割」や「どーんと割」を利用しているか方は、利用年数によって解約違約金が変わるので、詳しくは公式サイトで確認してください。 光コラボへの乗り換え(転用)の場合は解約違約金はかかりません。 プロバイダの解約違約金 契約期間が定められているプロバイダを契約している場合、そのプロバイダが定める更新期間外に転用すると、3,000円~5,000円の解約違約金が発生します。 光コラボへの乗り換え(転用)の場合も請求されます。 以下は、解約違約金が発生するプロバイダの契約期間と解約違約金です。 プロバイダ 契約期間 解約違約金 BB. excite 24ヶ月 5,000円 So-net 24ヶ月 3,000円 nifty 24ヶ月 3,000円 BIGLOBE 24ヶ月 5,000円 OCN 24ヶ月 5,000円 フレッツ光のおすすめ乗り換え先 フレッツ光から他の光回線へ乗り換えたい方へ、おすすめ光回線を紹介します。 ネットの基本料金はフレッツ光とあまり変わりませんが、家族全員のドコモスマホの料金が毎月最大1,000円割引となるため、ネットとスマホのトータルで考えると今よりもお得になります。 ドコモ光はプロバイダが24社から選べるのが特徴で、プロバイダによって料金やキャンペーンなどのサービススペックが変わります。 総合的に最もお得な「GMOとくとくBB」のから申し込みましょう。 ソフトバンクスマホはソフトバンク光 ソフトバンクスマホとセット割ができる光コラボはソフトバンク光一択です。 家族全員のソフトバンクスマホの料金が毎月最大1,000円割引となるため、ネットとスマホのトータルで考えると今より格段にお得になります。 セット割を受けるには、月額500円の光セットオプションへ加入し、ショップで手続きが必要ですが、ソフトバンクスマホとセット割ができる光コラボはソフトバンク光だけなので、ソフトバンクユーザーには間違いなくソフトバンク光がおすすめです。 auスマホとセット割ができる光コラボ auスマホとセット割ができる光コラボは以下の3社です。 光回線 月額料金 キャンペーン ソネット光 プラス 戸建て:2,980円 マンション:1,980円 ルーター永年無料 BIGLOBE光 戸建て:3,500円 マンション:2,500円 ルーター1年無料 @nifty光 戸建て:5,200 円 マンション:3,980円 30,000円CB ルーター25ヶ月無料 上記の3社はどれも、月額500円の光電話オプションへの加入が条件ですが、家族全員のauスマホの料金が毎月最大1,000円安くなるので、間違いなく今よりもネットとスマホのトータルを安くすることができます。 さらに、上記の3社は割引キャンペーンやキャッシュバックも充実しているので、自分に合ったキャンペーンを実施している光コラボを選びましょう。 割引キャンペーン実施中の光コラボ 今よりも月額料金を安くしたい方は、割引キャンペーンを実施している光コラボへ乗り換えましょう。 乗り換えキャンペーンを実施している光コラボは以下の3社です。 光コラボ 戸建て マンション ソネット光プラス 5,580円 2年間2,980円 4,480円 2年間1,980円 BIGLOBE光 4,980円 1年間3,500円 3,980円 1年間2,500円 楽天ひかり 3,800円 1年間2,800円 2,800円 1年間1,800円 割引期間は1~2年ですが、割引期間中はフレッツ光よりも約2,000円以上安く利用できます。 ソネット光プラス ソネット光プラスは、フレッツ光のプロバイダとしても人気なSo-netが提供する光コラボです。 割引キャンペーンによって2年間、戸建て2,980円マンション1,980円になるので、フレッツ光とSo-netを組み合わせて利用するよりも3,000円近く安く利用できます。 さらに、Wi-Fiルーター永年無料レンタルも実施しているので、今フレッツ光でWi-Fiルーターを月額300円でレンタルしている人は、レンタル料分も浮くので、ソネット光プラスへ乗り換えるメリットはかなり大きいでしょう。 楽天ひかり 楽天ひかりは、1年間、戸建て2,800円・マンション1,800円で利用できる光コラボです。 さらに、楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT とセットで契約すると、「月額料金が1年間無料になるキャンペーン」を実施しているので、楽天モバイルユーザーは乗り換えるメリットがかなり大きいです。 さらに、Wi-Fiルーター無料プレゼントも実施しているので、今フレッツ光でWi-Fiルーターを月額300円でレンタルしている人は、レンタル料分も浮きますよ。 最大2GbpsのNURO光 フレッツ光よりも速い光回線を利用したい方は、フレッツ光の2倍の速度を提供するNURO光に乗り換えましょう。 NURO光は全ての建物で光ファイバー方式になるので、フレッツ光で最大100MbpsしかでなかったVDSL方式のマンションでも、最大2Gbpsが利用できるので、大幅な速度アップが期待できるでしょう。 エリアは狭い・・・ NURO光はフレッツ光のように全国エリア対応ではありません。 契約できるエリアは狭いのでそこだけは注意してください。 NURO光提供エリア 関東:東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 東海:愛知 静岡 岐阜 三重 関西:大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 九州:福岡 佐賀 北海道:札幌のみ また、上記エリアにお住まいでも、建物や地域によっては契約できないこともあるので、まずはエリア確認ページから申し込みができるかどうかを確認しておきましょう。 まとめ フレッツ光の乗り換えについて最後までご覧いただきありがとうございます。 光コラボへの乗り換えであれば、工事不要で解約金もかからないので、本当に簡単である分かりましたね。 スマホとセット割ができる光コラボ・割引キャンペーンを実施している光コラボへ乗り換えることで、今よりも格段にお得に利用できますし、 プロバイダを乗り換えるだけでも月額料金を安くすることも出来るので、今利用中のスマホやプロバイダを確認したうえで乗り換え先を決めて下さいね。

次の

フレッツ光のプロバイダを乗り換え手続き方法。工事は必要?キャンペーンや違約金を比較

フレッツ光 プロバイダ 乗り換え 方法

なぜなら、次のプロバイダに申し込むときにどのエリアでどのプランだったのか間違えないためです。 なので契約書で調べるかNTTに電話して確認しましょう。 次に 新たに契約するプロバイダの申込手続きをましょう。 電話や公式サイト等から手続きが可能です。 そして 新しいプロバイダの接続設定をに移ります。 契約書などが送られてきたら確認します。 接続IDやパスワードが記載されているので、それを共に接続設定をします。 設定に関してはをご参照ください。 新しいプロバイダでの接続が完了したら、 旧プロバイダの契約を解除しましょう。 プロバイダの会員ページから手続きをするか、コールセンターに電話連絡をして解除します。 フレッツ光のプロバイダ変更はメリットがない 実は現在、 フレッツ光のプロバイダだけ変更してもメリットはほとんどありません。 というのも今は初期費用をあまり掛けずに更にお得になる光回線に移行(転用と言います)が出来るからです。 フレッツ光のプロバイダを変更する際は、以下の光回線を利用することをおすすめします。 スマホセット割が使える光回線に移行しよう 光回線の中には、 スマホとセット割で料金が安くなるプロバイダがあります。 例えばドコモ光はドコモのスマホを持っていれば「セット割」が利用でき、スマホのプランによって変わりますが1台あたり最大 月1,000円の割引が適用されます。 その他にもスマホセット割が使える光回線はいくつかあります。 ドコモ:• ソフトバンク:• au: 3大キャリアのスマホ(携帯電話)を使っている場合は上記の光コラボを選ぶとお得になるのでオススメです。 転用は初期工事費も掛かりませんし、月額基本料金もフレッツ光と同程度かやや安くなるので、スマホとセットで割引が適用される光コラボへ移行すると大幅に月額料金を安く出来るので非常にお勧めです。 回線名称 月額料金 (マンション) 割引特典 5,200円 (4,000円) ドコモとセットで割引 5,200円 (3,800円) ソフトバンクとセットで割引 3,980円 (2,980円) auとセットで割引 フレッツ光から移行する際のおすすめ光回線 上述した通り現在フレッツ光からプロバイダのみを変更するメリットはほとんどありません。 プロバイダ各社は現在自社回線サービスを提供しているのでプロバイダのみの変更が出来ないケースも多いです。 なのでフレッツ光からプロバイダを変更する際は回線の移行を検討しましょう。 オススメは以下の3社。 今利用しているスマホ(携帯)に合わせて移行することをおすすめします。 いずれも フレッツ光を利用していれば工事不要で移行することが可能です。 例えばauひかりやソフトバンク光などは初期工事費が無料になり、旧回線から発生する違約金などの還元も行っています。 乗り換える際におすすめの光回線、申込み特典は下記ページにまとめています。 プロバイダを変更、転用するときの注意点 プロバイダを変更したり、ドコモ光やソフトバンク光などに移行するときには注意しておかなくてはならないポイントが複数あります。 注意点を知ることで、損をすることなくプロバイダを変更できるのでチェックしておきましょう。 旧プロバイダのサービスが使用できなくなる プロバイダを新しいものに変更すると、 これまで使っていた旧プロバイダのサービスは利用できなくなってしまいます。 プロバイダにはメールサービス、セキュリティソフトが無料で使えるサービスなどがオプションでついていることがあります。 プロバイダが提供してくれていたメールアドレスを使用していた方は、乗り換えをする前にGmailなどの無料のメールサービスでアドレスを取得しておき、サイトに登録しているアドレスを変更するといった手続きを行っておきましょう。 プロバイダの違約金に注意 プロバイダの解約は場合によっては違約金が発生することがあります。

次の