ハッピー ホルモン。 オキシトシンの増やし方一人でもOKハッピーホルモンをドンドン分泌

判明!猫の癒し効果が凄い。幸せ&愛情ホルモンでもっとハッピーに!

ハッピー ホルモン

この記事の目次• 積極的に身体を動かしてストレスを解消する セロトニンを増やすためには 適度に運動をすることが効果的です。 しかしどんな運動でもセロトニンを増やすことに役立つという訳ではなく、特に効果的なものがいくつかあります。 まずはセロトニンを増やすために効果的な運動のポイントを見ていきましょう! 好きなスポーツや運動 セロトニンを増やしたいからと言って、無理に苦手な運動をしてストレスの素を作ってしまうようでは逆効果です。 セロトニンを増やすために運動をする場合には、第一に 「自分が楽しんで行うことができる運動」を選ぶようにしましょう。 ダンスなどのリズミカルな運動 セロトニンを増やすためには、ダンスやウォーキングなどの リズミカルに行うことのできる運動が特に効果的です。 運動強度の高い運動はセロトニンを増やすことにはあまり向きません。 できるだけゆったりとしていて、あまり頭を使わなくてもできるような運動を選ぶことがセロトニンを増やすことに向いています。 特に ヨガやストレッチなどは、セロトニンを増やすための運動として有効です。 セロトニンは日中に分泌され、夜の間や寝ている間には分泌されません。 そのため、起き掛けにしっかりと朝日を浴びることや日中に自然光を浴びることが、セロトニンの分泌を促すためには欠かせないのです。 また夏場は特に日焼け対策で紫外線を浴びないような工夫をしている方も多いと思いますが、紫外線を浴びることで体内でのビタミンD生成が活発になります。 このビタミンDはセロトニンの生成をサポートしてくれる成分です。 朝に自然光を浴びることは、すっきりとした目覚めることにも効果的です。 朝が苦手な方なども、カーテンの隙間を少し開けておいたり光目覚まし時計を取り入れたりすることで、セロトニンの分泌を促しながらストレスフリーな朝を目指しましょう。 瞑想で無になる 瞑想をすることはセロトニンの分泌を促すためにも効果的な方法です。 何も考えず頭の中を無にして、自分の呼吸のリズムだけに集中します。 セロトニンの分泌を促すための瞑想では 「息を吐くことを意識した呼吸」が重要なポイントです。 ゆっくりと数を数えるような意識で息を吐きだすことで、セロトニンの分泌がより活性化されます。 ぜひ少し早起きをして、朝日を浴びながらの瞑想を朝のルーティンに加えてみてはいかがでしょうか。 食べ物の効果で身体の内側からアプローチする セロトニンの分泌を増やすためには、 普段の食生活も大切です。 セロトニンの分泌を促したりセロトニンの素となる栄養を積極的に摂ったりすることで、セロトニンの分泌を増やすことに繋がります。 どのような食材が効果的なのかを見ていきましょう。 牛乳やヨーグルトなどの乳製品 牛乳やヨーグルトなどの乳製品には、セロトニンの素となる 「トリプトファン」という栄養素が含まれています。 乳製品• バナナ• 大豆食品• 魚・肉 赤身 おやつにナッツを食べる ナッツ類にもトリプトファンが豊富に含まれています。 ナッツにはトリプトファンの他にも良質な脂肪分やビタミンなどの栄養が含まれているものも多く、健康的なおやつとしておすすめです。 またナッツ類は硬く歯ごたえがあるため、しっかりと咀嚼して食べる必要があります。 セロトニンは呼吸や咀嚼などのリズミカルな生命活動によっても分泌が促進されるので、セロトニンを増やすことにも効果的なのです。 ある実験では12週間ナッツを多く食べるもしくはナッツを避ける食事をした場合に、 ナッツを多く摂取した人たちの方がよりセロトニンの分泌が活発になっていた、という結果が示されています。 間食をしたくなったときには、ぜひナッツ類を よく噛んで食べてみましょう。 セロトニンを増やす習慣で毎日をよりハッピーに 今回は 「幸せホルモン」と呼ばれているセロトニンを増やす方法についてご紹介してきました。 セロトニンを増やすためには、 普段のちょっとした生活習慣や食事での心がけが大切です。 自分の生活を振り返ってみて、生活習慣の乱れや食事バランスの偏りなどに心あたりがある場合には、少しずつ改善してみましょう。 セロトニンが増えるとストレス耐性が強くなったり、感情をコントロールしやすくなって 幸せを感じやすくなったりします。 ぜひセロトニンを増やす方法を毎日の生活に取り入れて、よりハッピーな毎日を過ごしていきましょう!.

次の

幸せホルモン、セロトニンを増やす方法。毎日がより楽しくなる! | 女性の美学

ハッピー ホルモン

今回の 『ぼちぼち くろブロ』では、 オキシトシンの増やし方一人でもOK ハッピーホルモンをドンドン分泌 について記事をまとめてみました。 オキシトシンという神経伝達物質は ハッピーホルモン(幸せホルモン)と 呼ばれていますね! 人と人の スキンシップや 愛情などに 脳が反応し分泌されるのです。 現代社会はスマフォやタブレット パソコンの使用が当たり前で SNSで人と人が繋がる世の中です。 人と人が直接触れ合う機会が ドンドンと 減少していますよね。 これではオキシトシンの分泌不足で ハッピーホルモンが発揮出来ず ドンドン 荒(すさ)んでいきます。 でも、大丈夫。 一人でもオキシトシンを増やして ドンドン分泌してハッピーなろう。 人とは接触を避けたい 環境や事情のある時には 積極的に意識する必要がありますね。 ハッピーホルモン(オキシトシン)を ドンドン分泌させていきましょう! もちろん、基本的には 男女の恋愛や愛情、スキンシップなど 人との直接的な繋がりの方が 効果的にホルモンが分泌されます。 スポンサーリンク ハッピーホルモンをドンドン分泌 オキシトシンが増える食べ物 魚類や 肉類は、 特にオキシトシンを増やす効果が あると言われています。 ストレスホルモン( コルチゾール)の 血中濃度を下げる作用が解明されていて。 心拍数や血圧を下げ、 不安や恐怖心を緩和してくれるんです。 人が 前向きに生きていく上で 必要なことばかりですね! 素晴らしい効果を発揮するホルモンです。 ハッピーホルモンと呼ばれる 由縁です。 これを見れば、 オキシトシンをドンドンと 分泌させていきたいところですね。 スポンサーリンク ソース元:TED 途中からご覧になるよりも 講演内容全てをご覧になったほうが より理解が深まりますし面白いです。 ケリー・マクゴニガルさんが オキシトシンについて話されている 和訳内容を以下に抜粋しています。 『オキシトシンの作用について』 オキシトシンは、愛撫や抱擁の皮膚接触刺激で分泌されるので、「抱擁ホルモン」という名前もあります。 これはオキシトシンが関与しているほんの一部の作用にすぎません。 オキシトシンは脳神経ホルモンで、人間関係の社会的本能を調整します。 オキシトシンは、他の人々と親密な関係を強めるような行動を促します。 オキシトシンは、家族や友達との身体的な接触を望むようにさせたり、人との共感を高め、私たちが大切に思う人たちを助けたり支えたいと思わせたりもします。 実験的にオキシトシンを点鼻薬で投与されると、金銭取引で相手を疑うこともなく、だまされてしまいます。 自閉症のアスペルガー症候群の被験者が、主治医の目を見て話すなど、知的障害者にも社会性を高める強い効果を発揮しました。 でもこのホルモンについてあまり知られてないことがあります。 ストレス反応の一環として脳下垂体を経て血液中にオキシトシンが分泌されます。 これはアドレナリンが心臓を高鳴らせるのと同様にストレス反応の一環です。 ストレス反応としてオキシトシンが分泌されると、誰かに支えてもらいたいと感じる反応が生まれます。 ストレスから生じる生物学的反応は、あなたが誰かの助けが必要な状態にいることを、あなたに気づかせるように分泌されているのです。 お互いが助け合うことで、困難な状況を愛する人たちと一緒に乗り越えられるように仕向けているのです。 『ストレスと助け合いとオキシトシンの関係について』 ストレスのこの面を理解すると、どうしてより健康になれるのでしょうか?実はオキシトシンは脳だけに働くのでなく、身体の他の部分にも働きかけます。 その主な役割の1つは、心臓や血管系をストレスの影響から守る抗炎症作用です。 ストレスを感じても血管をリラックス状態に保ちます。 特に良い影響が心臓で起ります。 このホルモンを受け取る受容体が心臓にあり、ストレスで起きる心臓のダメージをオキシトシンが修復します。 社会的繋がりや支援があると、オキシトシンの効果は強くなります。 ストレス下の人に手を差し伸べ、助けたり助けられたりすると、このオキシトシンがもっと分泌され、人間関係が強くなり健康になります。 その結果、ストレスから早く回復することになります。 ストレスが身体で起こす反応には、ストレスから回復するための機能が内蔵されていて、その機能は人と人との繋がりを支えにして成り立つのです。 なんと素晴らしいことでしょう。 まとめ いかがでしたか? オキシトシンの増やし方は 一人でも効果的に出来ます。 意識して実行していけば とてもポジティブになり 人との繋がりにも積極的に なれることでしょう! 気分が下がりがちな時こそ ハッピーホルモン分泌を ドンドン促す行動が必要です。 それでは、以上で オキシトシンの増やし方一人でもOK ハッピーホルモンをドンドン分泌 についてのまとめを終わります。 最後まで読んでいただき ありがとうございます。 これからも ぼちぼち くろブロをヨロシク! スポンサーリンク.

次の

ガッテン!ハッピーホルモン

ハッピー ホルモン

中でもセロトニンは、他の全てのホルモンの指揮者のような役割を果たしています。 セロトニンがしっかりと分泌されている時、その他のホルモンバランスも整いやすく、心身ともにバランスの取れた状態へと導いてくれます。 それだけではなく、私たちが多くのストレスに疲弊している時にも多いに活躍してくれます。 セロトニンがしっかりと分泌されていれば、ストレスによって揺れ動いている感情のコントロールがしやすくなり、私たちに心身の健康を取り戻してくれるのです。 セロトニンの分泌が私たちに幸せを届けてくれ、ストレスに打ち勝つ強い心を養ってくれます。 だからこそセロトニンはハッピーホルモンと呼ばれているのです。 幸せに過ごすヒントはセロトニンの分泌を促す生活習慣にあります。 今回はそんなハッピーホルモンであるセロトニンを増やすための3つの習慣をご紹介します。 幸せを作る、たった3の「セロトニン習慣」 ・セロトニンを作る食べ物を摂ろう! セロトニンを分泌する為にはその材料となる栄養素の摂取が必要不可欠となります。 セロトニンを作る栄養素は トリプトファン ビタミンB6 炭水化物 です。 トリプトファンは必須アミノ酸のうちの1つで、チーズや豆腐、卵や牛乳などに多く含まれます。 このアミノ酸は体内で生成することが出来ない為、食物から摂取する必要性があります。 またビタミンB6は、セロトニンの生成を促す栄養素で、にんにくや玄米、脂肪の少ない赤身の肉や魚に多く含まれています。 この3つの栄養素を含んでいて、手軽に摂取できるオススメの食べ物が バナナです。 ・日光を浴びよう! 在宅が多くなるとどうしても浴びる機会が減ってしまう日光。 目覚めてからすぐ浴びる日光は、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を止めてくれ、セロトニン分泌にスイッチを入れてくれます。 生活リズムが不規則になりがちな時こそ、しっかりと目覚めに日光を浴びる習慣が大切になるのです。 日光を浴びるのは窓越しでもOK!また曇っている日など、日光が出ていない時は照明などの強い光を浴びることで代用することも出来ます。 ・リズミカルな運動をしよう! 規則正しい、リズミカルな運動は、セロトニンの分泌を促すことが分かっています。 このリズミカルな運動とは、負荷が高いような運動である必要はありません。 ウォーキングや軽いスクワット、ヨガを行う方は太陽礼拝などでも十分です。 また運動だけでなく、ガムを噛む、歯を磨く、呼吸を意識的に行うといった、リズムを感じるものでも効果があります。 最後に ちょっとした習慣が体内のホルモンボランスを変え、幸せスイッチを押してくれます。 セロトニン習慣でハッピーな毎日を送りましょう! ライター/山下恵 ヨガインストラクター。 サービス業に従事する中、知人の勧めでヨガを知る。 人生の価値観を変化させていくヨガの力、そして人を繋げていくヨガの力に魅せられヨガ講師へと転身。

次の