フレイヤファミリア。 白兎は【フレイヤ・ファミリア】へ!?

『ダンまちファミリアクロニクル~フレイヤ編~』連載開始!

フレイヤファミリア

が描いた、の楽劇『』に登場するフライア。 フレイヤに相当するが、を管理するという女神の役割も持たされている 住処 配偶神 親 兄弟 子供 , 乗り物 猫が牽く車 フレイヤ(Freja, Freyja)は、におけるの1柱。 出身で、の娘、の双子の妹である。 フレイア、 フレイアー、あるいは風に フライア、 フライヤというカナ表記が用いられる。 綴りはやドイツ語では(専門家以外は)Freyaが多い。 他にFreiaなどがある。 生と死、愛情と戦い、豊饒とを司り、やとは対概念的な存在である。 非常に美しく力のある女神とされ 、豊饒神としての性格上性的に奔放であり、ヴァナ神族では普通のこととされているものの、父ニョルズや兄とも肉体関係があったほか、や 、たちが 身代金や報酬として彼女を望むなど、しばしば性的な欲望の対象になった。 名の由来 [ ] 詳細は ()を参照。 フレイヤという神の名は、こんにちはもう証明できない神の個人名を置き換えるのに用いられたに起源を持つと考えられている。 置き換えの結果、元の名前は完全にとなったか、他の既に知られている女神に引き写される、あるいは下位に置かれるなどの過程を経たかのいずれかであると考えられる。 概要 [ ] 来歴 [ ] フレイヤはの出身であり、ヴァン神族との抗争(ヴァン戦争)が終了し和解するにあたり、人質として父、兄とともにに移り住み 、アース神族にセイズをもたらした。 関係者 [ ] 海神ニョルズとニョルズの妹の間の子であり、豊穣神フレイの双子の妹である。 夫は (おそらくアース神族)。 と という娘がいる。 という人間の愛人がいる。 所有物 [ ] によって描かれた、猫が牽く車に乗るフレイヤ。 フレイヤの住む館はといい、その広間は広くて美しいといわれており、そこで戦死者を選び取るとされている。 もしくは という、神をも魅了する黄金製(もしくは琥珀製)の首飾りを所持している。 動物との関わり [ ] が多産であることから、豊饒の女神であるフレイヤの聖獣とされている。 フレイヤは2匹の猫が牽く車を持っており、移動手段としている。 というも持っていてこれに乗って移動することもある。 愛人のが変身した姿ともいわれている。 フレイヤ自身が動物に変身することがある。 フレイヤは夜になると、に変身して牡山羊と遊ぶという。 他に着るとに変身できる鷹の羽衣をもっており、この羽衣は何度かに貸している。 主なエピソード [ ] 愛を司る女神 [ ] の写本『』に描かれたフレイヤ。 性に関してだらしない面があり、首飾りを手に入れる際も、製作した4人のたちに求められるまま、4夜をともに過ごしたとされる。 人間や神々の中にも多くの愛人がいたという。 特にお気に入りだったのが人間の男性オッタルで、彼を猪に変身させてそれに乗って移動することもあったという。 そのためか、夫オーズに去られている。 フレイとも関係を持った事があるが、ヴァン神族においては日常的に行われる。 『』の『』においても、ロキから、フレイヤが兄と一緒にいるときに神々が乱入したことを指摘されている。 人間が恋愛問題で祈願すれば喜んで耳を傾けるともいわれている。 名前の類似から(別名)と混同されやすい。 また、愛の女神という点で、のと同一視されることもある。 豊穣の女神 [ ] 兄のフレイと共に豊穣神としてアース神族の最重要神とされる。 霜の巨人からしばしば身柄を狙われている。 たとえば、破壊されたアースガルズの城壁の建設を請け負った石工は、正体が山の巨人であったが、報酬として望んだのはフレイヤと太陽と月であった。 また、巨人がアース神のの持つ最強の武器を盗み、返却の条件として出したのは自身とフレイヤとの結婚であった。 巨人が宮内で酒に酔った時は、フレイヤとだけを自分の国へ連れて行き後は皆殺しにするなどと豪語した。 死者を迎える女神 [ ] 『古エッダ』や『ギュルヴィたぶらかし』では、戦場で死んだ勇敢な戦士を彼女が選び取り、オーディンと分け合うという記述がある。 なぜ彼女が主神と対等に戦死者を分け合うとされているのか、理由ははっきりしていない。 戦死者をオーディンの元へ運ぶのはの役割であるため、フレイヤが彼女たちのリーダーだからと考える研究者もいる。 あるいはフレイヤとオーディンの妻フリッグ(別名フリーン)は同じ女神の別の時期の名前であって2人は同一人物だった可能性もあるという。 フレイヤがオーディンの妻ならば死者を夫と分け合うのは不自然なことではない。 (詳しくはを参照。 )さらに、キリスト教への改宗が進んだ時期にはフレイヤがフリッグの地位を占めるようになっていたとも考えられる。 その一例として、アイスランドの首領のがのの会場で旧来の神々を冒涜した際に謡った詩は、「2匹の犬つまり淫婦のフレイヤとオーディンを一緒にしろ」という趣旨の、2人の関係をほのめかす内容であった。 女性が死んだ際にフレイヤの元へ迎えられるという伝承もあり、サガにおいて、自殺すると決めた女性が、フレイヤの元で食事するまでは断食を続けると語る場面がある。 黄金を生み出す女神 [ ] 『』に登場する女性の正体は彼女だと考えられている。 「グルヴェイグ( Gullveig)」という名は「黄金の力」を意味し 、黄金の擬人化、または黄金の力が女性の姿をとった存在だとされている。 フレイヤが行方不明になった夫を捜して世界中を旅する間に流した赤い涙は、地中に染み入って黄金になったとされている。 そのため黄金は、フレイヤの名乗った別名から「マルデルの涙」と呼ばれることもある。 その他 [ ] グルヴェイグに関連したエピソードとして、グルヴェイグは「」という魔法を使って人々をたぶらかした が、フレイヤもセイズを使うことができ、オーディンに教えたとされている。 セイズの本質は人の魂を操る事にあり、霊を呼び寄せて予言を受けたり、己の肉体から魂を分離して遠くで起きた事を知る事ができたという。 セイズの使い手は女性とされ、男性が使う事は不快がられた(たとえば『ロキの口論』において、オーディンがセイズを使う事に対してロキが女々しいやり方だと罵倒している)。 行方不明のオーズを探す間にフレイヤは様々な異名を名乗った。 女神( Gefjun)にはフレイヤとの共通点がみられる。 フレイヤの別名の中には「ゲヴン」( Gefn)という、「ゲフィオン」に似た名前がある。 またフレイヤが女性の死者を迎えるように、ゲフィオンも処女で死んだ女性を迎えている。 は2人を同一神格と考えるには材料が不十分としている が、 ()は「ゲフン」とゲフィオンが関連していると考えている。 フレイヤに由来する命名 [ ]• 122. 菅原、264頁。 252. (『』第一部『』35章)。 菅原、262頁。 菅原、263頁。 菅原、264頁。 菅原、268頁。 菅原、264頁。 , p. 112. , pp. 55 — 56. , p. (『』の『』)。 (『古エッダ』の『』)。 (『ユングリング家のサガ』)。 251. (『ギュルヴィたぶらかし』35章)。 , p. 212. (『古エッダ』の『』)。 , p. (『古エッダ』の『グリームニルの歌』第14)。 245. (『ギュルヴィたぶらかし』24章)。 , p. (『古エッダ』の『 ()』第13聯)。 , p. 272. (『ギュルヴィたぶらかし』49章)。 , p. 188. , p. 124. , pp. 83-84. , pp. 258-259. (『スノッリのエッダ』42章)。 , pp. 89-92. (『スリュムの歌』)。 , pp. 24-25. , pp. 125-127. , p. 126. , p. 122. , p. 168. , p. 127. , p. , p. 171. , p. 186. 参考文献 [ ]• 「北欧神話」、、1984年10月。 、訳注「スノリ『エッダ』「」訳注」」『文学部紀要』第43巻No. 特輯号3、1983年12月、。 スノッリ・ストゥルルソン『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 -』1、谷口幸男訳、プレスポート・北欧文化通信社〈1000点世界文学大系 北欧篇3〉、2008年10月。 『北欧神話』米原まり子、一井知子訳、、1992年9月。 『エッダ 古代北欧歌謡集』V. ネッケル他編、谷口幸男訳、、1973年8月。 『巫女の予言 エッダ詩校訂本』訳、、1993年12月。 『北欧の神話 神々と巨人のたたかい』〈世界の神話 8〉、1982年9月。 Orel, Vladimir 2003. A Handbook of Germanic Etymology. Brill Publishers. Grundy, Stephan 1998. In Billington, Sandra; Green, Miranda. The Concept of the Goddess. ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

【ダンまち/フレイヤ】謎だらけの女神フレイヤ!シルとの関係は?【ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ダンまち)】

フレイヤファミリア

僕が武器貯蔵庫で武器を選んでいると、オッタルさんがやって来る。 「あれ、どうかしたんですか?」 僕がそう質問すると、オッタルさんはこう言って来る。 「お前はまだギルドでの冒険者登録していなかったな。 」 「あっ、そう言えばまだしてませんでした。 」 オッタルさんの言葉に僕は肯定する。 「フレイヤ様が今から登録をしてくるようにとの事だ。 」 「はい、分かりました。 」 「待て」 オッタルさんからフレイヤ様の言葉を聞くと、僕は武器貯蔵庫から出てすぐにギルドにへと向かおうとすると、呼び止められた。 「どうしたんですか?」 「これを持っていけ」 そう言ってオッタルさんが手渡してきたのは【フレイヤ・ファミリア】の 紋章 エンブレム の入った短剣を差し出して来る。 「あの、これって・・・。 」 「それはお前がフレイヤ様の恩恵を受けし者だという証でありギルドにも話は通る。 」 そう言ってすぐにオッタルさんはフレイヤ様の傍にへと戻っていったと思いながらギルドにへと向かうのだった。 ギルドに着くと、僕はまっすぐ受付へと向かっていき、受付嬢に話しかける。 「あの、すみません。 」 「はい、本日はいかがされましたか?」 僕が話しかけるとハーフエルフの女性職員が対応してくれる。 「それでは、この用紙にお名前と所属 派閥 ファミリア を記入してください。 」 「はい。 」 そうして、僕は渡された紙にスラスラと名前と 派閥 ファミリア 名を記入して女性職員に渡し、オッタルさんから預かった自分がフレイヤ様の眷属である事を示す短剣を取り出した。 「これって【フレイヤ・ファミリア】の・・・!?急いで済ませて参ります。 」 短剣を見た女性職員の人は慌てて奥の方へと行くと、すぐに戻って来た。 「お待たせしました、これにて冒険者登録は終了です。 」 「そうですか、それじゃあ僕は 本拠 ホーム に戻ります。 」 僕はそう言って受付から離れようとすると、女性職員の人がこう言って来る。 「お待ちください」 「何ですか?」 呼び止められた僕はそう言うと、女性職員の人がこう言って来る。 「私はエイナ・チュールと申します、この度ベル・クラネル氏の専属アドバイザーを担当させていただきます。 」 「そうですか、よろしくお願いしますエイナさん。 」 新米の冒険者を 支援 サポート する為の一つだと判断した。 「それでですね、新米の冒険者の方々にはダンジョンの基礎知識を学ぶ為の講習を開かれていますが受講されますか?」 その申し出に僕はこう言った。 「はい、お願いします。 」 「畏まりました、それではこちらにある講義室にどうぞ。 」 「はい。 」 そうして、僕はダンジョンを探索するための講義を受けて知識を蓄えるのだった。 三時間後、講義を終えた僕は 本拠 ホーム へ戻り、刀と呼ばれる武器を両手に二本持ち『殺し合い』にへと参加していく。 刀という武器を初めて使うにも拘らず手に馴染んでいた。 僕はその刀で同じlevel1の団員達を蹴散らしていった。 【ステイタス】が更新された身体は僕の予想を遥かに超えて動いた。 一週間前には反応出来なかった攻撃にも反応して、反撃を行えるようになっていた。 これが 神の恩恵 ファルナ 、これならフレイヤ様の役に立つことが出来る!! その事を身を持って感じ取った僕は更なる成長をするために現時点での格上の団員達に戦いを挑んで行くのだった。 しかし、結果は想像に難くはない。 目を覚ますと顔は腫れ上がり、腕や足も動かない状態になっていた。 だが、そこまで傷つきながらも僕は考えた。 この『殺し合い』を勝ち抜く方法を。 ベルがギルドで冒険者登録と講義を受けている一方、フレイヤは【ヘファイストス・ファミリア】の 摩天楼施設 バベル 支店の主神の部屋を訪れている。 「貴女が私の所へ来るなんて珍しいわね。 」 そう言って来るのは赤髪眼で男装をした麗神で右眼には眼帯をしているその女神の名前はヘファイストス。 鍛冶の神としては他の追随を許さないほどの技術を持っており、それに裏打ちされたヘファイストス・ブランドは冒険者の間で最も信頼が厚い。 その鍛冶神の隣には【ヘファイストス・ファミリア】団長であり 最上級鍛冶師 マスター・スミス と呼ばれるオラリオ最高の鍛冶師である椿・コルブランド。 「そうね、ちょっとお願いがあって来たの。 」 ヘファイストスの言葉にフレイヤは笑みを浮かべながらそう言った。 「お願い?それって 専用武装 オーダーメイド の依頼とかかしら?」 フレイヤの言葉に反応してヘファイストスがそう言うと、オッタルの方を見る。 「残念だけれど、そうじゃないわ。 」 「じゃあ、何のお願いなの?」 フレイヤの返答に分からないといった感じで言い返すヘファイストス。 「新しく入った私の 眷属 こども に貴女の所の鍛冶師の子を専属にさせて欲しいの。 」 「え?」 その申し出にヘファイストスは素っ頓狂な声を出した。 「あの子には武器や防具が必要なのだけれど、それを全て私が用意してしまってはあの子の為にはならないわ。 だから、切っ掛けくらいは作ってあげないとね。 」 そう言って来るフレイヤに対してヘファイストスはこう言って来る。 「なるほどね、分かったわ。 それなら何人か選別しておくからこの話は後日になるわね。 」 「そうね、それじゃあお願いね。 」 そう言ってフレイヤは立ち上がると、ヘファイストスがこう言って来る。 「フレイヤ、その子が大切なのね。 」 「えぇ、とっても。 」 ヘファイストスの言葉にフレイヤは笑みを浮かべながらそう言って帰って行くのだった。 僕が身体が動くまでに回復して 本拠 ホーム へ帰って来ると、すぐに汗と返り血を落とす為に浴場に向かった。 浴場を出ると、僕は一人の団員からフレイヤ様がお呼びである事を伝えられ、すぐにフレイヤ様のもとにへと向かった。 フレイヤ様の 神室 しんしつ の扉をノックをした後こう言った。 「フレイヤ様、ベル・クラネルただいま参りました。 」 「入ってらっしゃい。 」 「失礼します。 」 フレイヤ様から入室の許可を貰い、僕は部屋の中にへと入ると昨日と同じでフレイヤ様の傍にはオッタルさんが居た。 「登録は出来たかしら、ベル?」 「はい、オッタルさんから借り受けた 派閥 ファミリア の 紋章 エンブレム の入った短剣のおかげで恙なく冒険者登録出来ました。 」 フレイヤ様の言葉に僕はそう言った。 「そう、それは良かったわ。 それじゃあ、今日の【ステイタス】更新をしましょうか。 」 「はい、よろしくお願いします。 」 僕はそう言って上着を脱いで背中をフレイヤ様に向けた。 オッタルさんは前回と同じで静かに部屋へと出て行った。 「ねぇ、ベルは武器を何しようとか決めているのかしら?」 「いえ、それはまだなんです。 けど、さっきまでの競争で使っていた二本の刀という武器が今まで一番手に馴染んでいました。 」 「そうなの。 」 そうやってフレイヤ様との会話を楽しんでいると、更新が終わってフレイヤ様が【ステイタス】が書き写された羊皮紙を渡して貰った。 「ベル」 「何でしょうか、フレイヤ様。 」 名前を呼ばれて僕は反応すると、フレイヤ様はこう言って来る。 「せっかくだから明日はダンジョンに行ってきなさい。 」 「ダンジョンにですか?」 フレイヤ様の言葉に疑問で返すと、こう返って来た。 「えぇ、冒険者登録をしたのだからダンジョンに行かないと意味ないでしょ。 」 「そうですね、そうします!!」 フレイヤ様の言葉を聞いて納得をした僕は同意する。 「装備は言わなくても分かるわね。 」 「はい、装備は武器貯蔵庫から持っていきます。 」 「いい子ね、それじゃあ今日はもう休めなさい。 」 「はい、それでは失礼いたします。 」 僕はそう言ってフレイヤ様の 神室 しんしつ を出て、自分の部屋にへと向かうのだった。

次の

ダンまちファミリアクロニクルepisodeフレイヤ の感想について

フレイヤファミリア

が描いた、の楽劇『』に登場するフライア。 フレイヤに相当するが、を管理するという女神の役割も持たされている 住処 配偶神 親 兄弟 子供 , 乗り物 猫が牽く車 フレイヤ(Freja, Freyja)は、におけるの1柱。 出身で、の娘、の双子の妹である。 フレイア、 フレイアー、あるいは風に フライア、 フライヤというカナ表記が用いられる。 綴りはやドイツ語では(専門家以外は)Freyaが多い。 他にFreiaなどがある。 生と死、愛情と戦い、豊饒とを司り、やとは対概念的な存在である。 非常に美しく力のある女神とされ 、豊饒神としての性格上性的に奔放であり、ヴァナ神族では普通のこととされているものの、父ニョルズや兄とも肉体関係があったほか、や 、たちが 身代金や報酬として彼女を望むなど、しばしば性的な欲望の対象になった。 名の由来 [ ] 詳細は ()を参照。 フレイヤという神の名は、こんにちはもう証明できない神の個人名を置き換えるのに用いられたに起源を持つと考えられている。 置き換えの結果、元の名前は完全にとなったか、他の既に知られている女神に引き写される、あるいは下位に置かれるなどの過程を経たかのいずれかであると考えられる。 概要 [ ] 来歴 [ ] フレイヤはの出身であり、ヴァン神族との抗争(ヴァン戦争)が終了し和解するにあたり、人質として父、兄とともにに移り住み 、アース神族にセイズをもたらした。 関係者 [ ] 海神ニョルズとニョルズの妹の間の子であり、豊穣神フレイの双子の妹である。 夫は (おそらくアース神族)。 と という娘がいる。 という人間の愛人がいる。 所有物 [ ] によって描かれた、猫が牽く車に乗るフレイヤ。 フレイヤの住む館はといい、その広間は広くて美しいといわれており、そこで戦死者を選び取るとされている。 もしくは という、神をも魅了する黄金製(もしくは琥珀製)の首飾りを所持している。 動物との関わり [ ] が多産であることから、豊饒の女神であるフレイヤの聖獣とされている。 フレイヤは2匹の猫が牽く車を持っており、移動手段としている。 というも持っていてこれに乗って移動することもある。 愛人のが変身した姿ともいわれている。 フレイヤ自身が動物に変身することがある。 フレイヤは夜になると、に変身して牡山羊と遊ぶという。 他に着るとに変身できる鷹の羽衣をもっており、この羽衣は何度かに貸している。 主なエピソード [ ] 愛を司る女神 [ ] の写本『』に描かれたフレイヤ。 性に関してだらしない面があり、首飾りを手に入れる際も、製作した4人のたちに求められるまま、4夜をともに過ごしたとされる。 人間や神々の中にも多くの愛人がいたという。 特にお気に入りだったのが人間の男性オッタルで、彼を猪に変身させてそれに乗って移動することもあったという。 そのためか、夫オーズに去られている。 フレイとも関係を持った事があるが、ヴァン神族においては日常的に行われる。 『』の『』においても、ロキから、フレイヤが兄と一緒にいるときに神々が乱入したことを指摘されている。 人間が恋愛問題で祈願すれば喜んで耳を傾けるともいわれている。 名前の類似から(別名)と混同されやすい。 また、愛の女神という点で、のと同一視されることもある。 豊穣の女神 [ ] 兄のフレイと共に豊穣神としてアース神族の最重要神とされる。 霜の巨人からしばしば身柄を狙われている。 たとえば、破壊されたアースガルズの城壁の建設を請け負った石工は、正体が山の巨人であったが、報酬として望んだのはフレイヤと太陽と月であった。 また、巨人がアース神のの持つ最強の武器を盗み、返却の条件として出したのは自身とフレイヤとの結婚であった。 巨人が宮内で酒に酔った時は、フレイヤとだけを自分の国へ連れて行き後は皆殺しにするなどと豪語した。 死者を迎える女神 [ ] 『古エッダ』や『ギュルヴィたぶらかし』では、戦場で死んだ勇敢な戦士を彼女が選び取り、オーディンと分け合うという記述がある。 なぜ彼女が主神と対等に戦死者を分け合うとされているのか、理由ははっきりしていない。 戦死者をオーディンの元へ運ぶのはの役割であるため、フレイヤが彼女たちのリーダーだからと考える研究者もいる。 あるいはフレイヤとオーディンの妻フリッグ(別名フリーン)は同じ女神の別の時期の名前であって2人は同一人物だった可能性もあるという。 フレイヤがオーディンの妻ならば死者を夫と分け合うのは不自然なことではない。 (詳しくはを参照。 )さらに、キリスト教への改宗が進んだ時期にはフレイヤがフリッグの地位を占めるようになっていたとも考えられる。 その一例として、アイスランドの首領のがのの会場で旧来の神々を冒涜した際に謡った詩は、「2匹の犬つまり淫婦のフレイヤとオーディンを一緒にしろ」という趣旨の、2人の関係をほのめかす内容であった。 女性が死んだ際にフレイヤの元へ迎えられるという伝承もあり、サガにおいて、自殺すると決めた女性が、フレイヤの元で食事するまでは断食を続けると語る場面がある。 黄金を生み出す女神 [ ] 『』に登場する女性の正体は彼女だと考えられている。 「グルヴェイグ( Gullveig)」という名は「黄金の力」を意味し 、黄金の擬人化、または黄金の力が女性の姿をとった存在だとされている。 フレイヤが行方不明になった夫を捜して世界中を旅する間に流した赤い涙は、地中に染み入って黄金になったとされている。 そのため黄金は、フレイヤの名乗った別名から「マルデルの涙」と呼ばれることもある。 その他 [ ] グルヴェイグに関連したエピソードとして、グルヴェイグは「」という魔法を使って人々をたぶらかした が、フレイヤもセイズを使うことができ、オーディンに教えたとされている。 セイズの本質は人の魂を操る事にあり、霊を呼び寄せて予言を受けたり、己の肉体から魂を分離して遠くで起きた事を知る事ができたという。 セイズの使い手は女性とされ、男性が使う事は不快がられた(たとえば『ロキの口論』において、オーディンがセイズを使う事に対してロキが女々しいやり方だと罵倒している)。 行方不明のオーズを探す間にフレイヤは様々な異名を名乗った。 女神( Gefjun)にはフレイヤとの共通点がみられる。 フレイヤの別名の中には「ゲヴン」( Gefn)という、「ゲフィオン」に似た名前がある。 またフレイヤが女性の死者を迎えるように、ゲフィオンも処女で死んだ女性を迎えている。 は2人を同一神格と考えるには材料が不十分としている が、 ()は「ゲフン」とゲフィオンが関連していると考えている。 フレイヤに由来する命名 [ ]• 122. 菅原、264頁。 252. (『』第一部『』35章)。 菅原、262頁。 菅原、263頁。 菅原、264頁。 菅原、268頁。 菅原、264頁。 , p. 112. , pp. 55 — 56. , p. (『』の『』)。 (『古エッダ』の『』)。 (『ユングリング家のサガ』)。 251. (『ギュルヴィたぶらかし』35章)。 , p. 212. (『古エッダ』の『』)。 , p. (『古エッダ』の『グリームニルの歌』第14)。 245. (『ギュルヴィたぶらかし』24章)。 , p. (『古エッダ』の『 ()』第13聯)。 , p. 272. (『ギュルヴィたぶらかし』49章)。 , p. 188. , p. 124. , pp. 83-84. , pp. 258-259. (『スノッリのエッダ』42章)。 , pp. 89-92. (『スリュムの歌』)。 , pp. 24-25. , pp. 125-127. , p. 126. , p. 122. , p. 168. , p. 127. , p. , p. 171. , p. 186. 参考文献 [ ]• 「北欧神話」、、1984年10月。 、訳注「スノリ『エッダ』「」訳注」」『文学部紀要』第43巻No. 特輯号3、1983年12月、。 スノッリ・ストゥルルソン『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 -』1、谷口幸男訳、プレスポート・北欧文化通信社〈1000点世界文学大系 北欧篇3〉、2008年10月。 『北欧神話』米原まり子、一井知子訳、、1992年9月。 『エッダ 古代北欧歌謡集』V. ネッケル他編、谷口幸男訳、、1973年8月。 『巫女の予言 エッダ詩校訂本』訳、、1993年12月。 『北欧の神話 神々と巨人のたたかい』〈世界の神話 8〉、1982年9月。 Orel, Vladimir 2003. A Handbook of Germanic Etymology. Brill Publishers. Grundy, Stephan 1998. In Billington, Sandra; Green, Miranda. The Concept of the Goddess. ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の