アルバハ 風 編成。 風マグナでアルバハhlソロ!編成と注意点について

【グラブル】アルティメットバハムートHLソロ攻略【アルバハHL】【風マグナ】

アルバハ 風 編成

アルバハHLでの風属性 マグナ 編成 アルバハHL攻略において風属性は火力が出やすく、MVPが取りやすい属性です。 風マグナ編成では背水を軸にプレイするので自然とHPの減るアルバハHLでは火力が伸びやすいです。 更にシエテ、ニオ、レナの編成なら安定しやすく、HPが少なくても、きちんと使いこなす事が出来れば安定プレイも可能です。 ですが全属性中一番HPが低くなりやすいので、慣れていないと早々に全滅してしまう事もあります。 ある程度アルバハHLに慣れている人ならおすすめできますが、アルバハHL初心者にはあまりおすすめできません。 特に野良共闘部屋では、風属性はデバフなどがない属性なので火力が出せないと役割を果たせない属性です。 それをあらかじめ把握した上で参加するようにしましょう。 スポンサーリンク 十天衆は最終解放していないとダメ? シエテもニオも最終前と最終後で使用感はあまり変わりませんが、効果値がかなり変わります。 アルバハではこの4アビの瞬間火力が重要な役割になるので、必ず最終解放しましょう。 ニオは2アビの性能が大きく上方され、4アビのTAUP&追撃が増えるので強力です。 風マグナ編成でのアルバハの役割は火力なので、十天衆が二人共最終してない場合は火力貢献ができず役割を果たす事ができません。 必ず二人共最終解放してからアルバハHLに参加しましょう。 他にもダメージカット用に各種カーバンクルを入れるのもおすすめです。 グリームニルを使用するのもおすすめ。 基本的にスパルタはファランクスを回しながら戦闘していきます。 ゲージMAXの時やトリガーには必ずファランクスをするか、貰うかしましょう。 リヴァイヴは基本的にキャラを落としたらすぐ使用しましょう。 CTが長いのでターンが回ってきた時にキャラが落ちていたら、使うようにしましょう。 オメガブラストは最新のアビ5つを消去するので、シエテ1アビの後にファランクスやアテナを使えば剣光を残したまま通過する事が可能です。 その次のターンにバイヴカハ、風カーバンクル、その次のターンにシヴァorカグヤという感じで準備します。 メリットとデメリットは上記参照。

次の

風マグナ編成 アルバハlhソロ

アルバハ 風 編成

キャラクター 役割 解説 主人公 () 弱体・スロウ グラビティによって最大チャージターンを増加させ、ディレイIIによってチャージターンを減少させ、特殊技を受けるまでの時間を稼ぐ。 バッファー・回復・弱体 主人公と共にデバフで弱体を行う他、HP回復や味方に強化効果を付与することで火力支援役も兼ねている。 回復・クリア 使用間隔3ターンのクリア、活性付きクリアヒール、と回復に特化したキャラ。 クリアは味方キャラ最短の使用間隔なので状態異常にしてくる敵に挑む時には頼りになる。 バッファー 全てのアビリティが味方強化で、奥義効果によって強化の量と効果時間を伸ばす、強化に特化したキャラ。 防御寄りのキャラを揃えていても、しっかりと全体強化を使えばパーティ全体の攻撃力も確保できる。 ただし慣れるまでは運用が難しく感じるかもしれないのでその点だけは注意。 他のオススメ編成候補キャラ 6〜8体まで キャラクター 役割 解説 主人公 () 弱体・スロウ グラビティによって最大チャージターンを増加させ、ディレイIIによってチャージターンを減少させ、特殊技を受けるまでの時間を稼ぐ。 またEXアビリティにアーマーブレイクをセットしてより防御力をダウンさせる役目がある。 アタッカー ウェポンバーストと単体連打タイプのアビリティ二つを持ち雑魚複数からボスまで柔軟に対応できる。 アタッカー・バッファー 自己強化タイプのアタッカー兼味方の支援もできるバッファー。 パーティの支援役兼火力役に。 最終でクリアや追撃もつく。 キャラクター 役割 解説 主人公 () 防御・ダメカ アルバハHLには基本的にはダメージカットを持つスパルタで挑むことになる。 オメガ剣を装備し、連続攻撃率と属性攻撃力を上げたい。 バッファー 剣光という独自の自己強化によって連続攻撃率を高めることができ、剣光をためると味方全体を即奥義発動させることもできる。 サポートアビリティによって味方全体の奥義ダメージが常時1. 5倍になる。 最終解放によって剣光が簡単に維持できるようになり、4アビという強力な瞬間火力を更に獲得した。 回復・クリア・蘇生 使用間隔3ターンのクリア、活性付きクリアヒール、復活と回復に特化したキャラ。 アルバハ戦においては復活が心強い。 奥義上限の高さもシエテと好相性。 バッファー 最終解放によって風最強の全体強化役となった。 通常攻撃ですら全体に大ダメージを受けるアルバハ戦では昏睡も非常に役立つ。 チェンジ 任意の仲間と入れ替わることができる。 バッファー 任意の味方の敵対心アップを所持していて、自分に使うことでHP50%のトリガー技シリウスから他の仲間を守ることができる。

次の

【グラブル】水ヴァルナ・アルバハHL攻略編成立ち回りまとめ

アルバハ 風 編成

ウーノ 十天衆 アタッカー・ディフェンス 水属性アルバハHLでの最良キャラ。 1アビでオーバードライブ時の敵に11倍ダメージ 最終解放していれば上限約143万。 2アビは1ターンかばう効果+通常攻撃カウンター効果。 最終解放していれば攻撃力大幅アップ効果もつき、1アビと併用したり連続攻撃率パフなどと併用すれば水属性キャラ随一の瞬間火力が出せます。 またアルバハ序盤のターゲッティングも2アビを発動したターンはターゲティングがつかないのも便利です。 攻防共にサポートできる大変優秀なアビリティ。 現在HPを超えるダメージを受け、戦闘不能にならない限りは、HPが減る事はありません。 奥義効果もモードゲージ減少+HPが多いほど攻撃UPする渾身効果+バリア効果 味方全体 でとても優秀です。 カトル 十天衆 アタッカー、弱体 水属性アルバハHLでの最良キャラ。 使用間隔が5ターンと短いのも魅力。 2アビは約120万の高ダメージ倍率攻撃+ グラビティ効果。 これだけでも優秀ですが 最終解放をしていればディスペル効果もあるので、更に使いやすくアルバハHLでも噛み合います。 3アビは味方全体の強化効果を1ターン延長しますが、アルバハHLは強化消去をされる事もあるので使い所は選ぶ必要があります。 4アビは1アビと2アビが即時使用できるようになり、 最大4回まで連続で使用できるようになります。 先に1アビ、2アビを使用した上で4アビを使用すれば、最大連続で7回アビリティが使用できます。 というシーンも珍しくありません。 そんな時にこの4アビはとても便利です。 更にカトルは 奥義効果でスロウ+連続攻撃率アップもつきます。 奥義の連続攻撃UPは四天刃とほぼ同等効果なので、非常に強力です。 ですが 最終解放すると、カトルの1アビは状態異常付与が1つから2つに増え、2アビはダメージが4回から6回に増え、さらにディスペル効果が追加されます。 4アビを使用すればいつでも1アビ2アビを使用する事ができ、かつ連続使用が可能となり、状態異常付与だけでなく削りにも有効です。 奥義でのスロウ効果は最終解放する前からありますが、四天刃とほぼ同等の連続攻撃率UPは最終解放してからです。 また、奥義で渾身効果+バリア効果 味方全体 がつくのも最終解放してからです。 カトルとウーノの二人は最終解放する事により、大幅強化され、強化面は主に火力貢献と安定感に関わってくるので、できれば十天衆の二人は最終解放する事をおすすめします。 他にもダメージカット用に各種カーバンクルを入れるのもおすすめです。 ファランクス かばうが安全ですが、PT火力が高いとかばうのアビを押した後に50になってしまい、確定でかばったキャラが落ちてしまうので慎重に。 受けた後にHP1になったらポーション、落ちた時はリヴァイヴかエウロぺ ウーノ2アビが切れない場合は高HP維持で通過。 ルシ4凸でHPを回復したり、オールポーションで回復して空がおすすめ。 HPが厳しい場合はダメアビで削り35まで待機。 攻防ダウンが再び有効になるので、アルタイル2アビが有効 基本的にスパルタはファランクスを回しながら戦闘していきます。 ゲージMAXの時やトリガーには必ずファランクスをするか、貰うかしましょう。 リヴァイヴはキャラを落としたらすぐ使用しましょう。 CTが長いのでターンが回ってきた時にキャラが落ちていたら、使うようにします。 ただバース・コントロール前にキャラを落とした場合、復活すると出したいキャラが出せない事が起きるので注意しましょう。 アルバハHL【水編成】立ち回りセージ編 立ち回り例 役割 10トールの場合 100〜75 ターゲッティングがついたら必ずクリア。 ない場合は必ずファランクスをもらう。 通過後にハイ!スタンプ。 70~50 トールを召喚確認後、ソーンの麻痺が入らなかった時はカトルの1アビで麻痺を狙う。 神光で状態異常がつきやすいゾーン。 ファランクスをもらう。 ロミオ2アビを使えば火軽減もできる。 ルシ4凸でHPを回復してからがおすすめ。 HPが厳しい場合は35まで待機。 HPが不安な場合は他の人の通過を待つ。 味方の強化解除は全員されるので、前後の強化タイミングに注意。 アビリティはOK。 HP削りが微妙な時はカトルの4アビを使って削りに協力。 その後再び待機。 ヒールオールは使えるターンはすぐ使い、ガンガン回していきましょう。 リヴァイヴはスパルタと同様です。 水属性の10トールの特徴は、トール待機している時もカトルの4アビを使えば削りに積極的に参加できる事です。 他属性にもダメージアビリティを使用できるキャラクターは沢山いますが、カトルのように連続で使用できるキャラはいません。 アルバハHLの詳しい立ち回り、攻略は【】からどうぞ。 【水ヴァルナ】アルバハHLおすすめ編成例スパルタ アルバハHLにまだ慣れていない方を想定した、守護武器を入れた編成例です。 編成のしやすさも踏まえ、課金武器はミュルグレス1枠のみです。 召喚石はヴァルナxヴァルナです。 序盤のターゲッティングなどはクリアオールで必ず解除するようにしましょう。 メイン武器はミュルグレス。 ミュルグレスが無い場合は、七星剣を水属性に変えたもの 奥義でダメージカット や、一伐槍を水属性に変えたもの 奥義で味方全体の被ダメージの10%を反射 がおすすめです。 フィンブルが2本しか無い場合は、EXゼノコキュ杖2本目を編成するか、玄武殻拳を編成しましょう。 守護武器を編成すると火力は伸びないので、慣れてきたらコキュ槍を他の武器に変えてください。 ミュルグレスの本数が多い程、火力は伸びます。 セージのメイン武器はEX武器のゼノコキュ杖がおすすめです。 ヴァルナ編成の詳しい武器編成についてはこちら【】の記事をご覧ください。 スポンサーリンク.

次の