高校生 塾。 全国の高校生向け学習塾ランキングベスト10|口コミ・ランキングで比較【塾ナビ】

全国の高校生向け学習塾ランキングベスト10|口コミ・ランキングで比較【塾ナビ】

高校生 塾

はじめに 高校生の塾選びに悩んでいるあなた。 大学受験を控えた高校生の塾って本当に疑問が尽きないですよね。 本記事では、そんなあなたに高校生の塾選びのポイントとタイプ別おすすめの大学受験塾をご紹介します! 私自身、高校生のとき塾に行くべきかどうかの判断には随分悩まされました。 しかし、様々な大学受験塾を比較検討した結果、自分に合った塾を見つけ、そのおかげで大学受験に成功することができました! そこで、本記事ではまず、高校生の塾について基礎知識を確認した上で、高校生の塾選びのポイントを解説、続いて高校生におすすめの大学受験塾の特色をご紹介します。 あなたに合った塾選びを成功させ、大学受験成功に向けて良いスタートダッシュを切りましょう! 高校生の塾について解決したい3つの疑問! 高校生の塾ってどういったものなのでしょう?意外と知らないことも多いですよね。 そこで、ここでは高校生の塾に関するよくある疑問にお答えします。 高校生の塾について考える際の参考にしてください。 高校生が塾に行くメリットって? 費用もかかるのに大学受験で多くの高校生が通う塾。 では、高校生が塾に行くとどんないいことがあるのでしょう。 まず高校生の塾は「受験勉強のペースメーカーになる」という点でおすすめです。 映像授業など特殊な形態の大学受験塾を除けば、決められた時間に授業を受けることになっているので、その時間中は少なくとも勉強することになりますし、それ以外でも課題を出されたり模試を受けたりと勉強するきっかけになるような機会を多く提供してくれます。 自分一人で勉強してるとどうしても怠けてしまったり、何を勉強していいか分からなくなってしまったりと自分で勉強のペースを維持するのは想像以上に難しいものです。 そんなとき大学受験のための塾に通っていれば、強制的に勉強する時間が作れますし、授業や課題を通して塾側がペース配分を考えてくれます。 つまり、自分で自分を管理する手間を塾が代わりにやってくれる、ということですね。 次に「高校生が塾で刺激を受けられる」というのも高校生の塾をおすすめするポイントの一つです。 例えば、高校生が集団塾に通うと、同じように志望校合格に向けて頑張っている高校生を見つけて刺激をもらうことができます。 また何よりわかりやすく面白い授業を受けることは受験勉強の刺激になりますよね。 学校が違う高校生と出会う機会はあまりないので、高校生の塾はそういった自分と異なる環境にあるライバルの高校生と出会う場でもあるのです。 高校生が塾に通うメリットまとめ ・受験勉強のペースメーカーになる ・塾で刺激を受けられる 高校生の塾に必要な費用は? 高校生が大学受験のための塾に通うメリットを知ったところで、次に気になるのは実際にかかる高校生の塾代ではないでしょうか。 そこで高校生の塾の費用の相場を見てみましょう。 高校生が大学受験塾に行く際にかかる費用は主に「入学金」「授業料」「講習料」の3つです。 高校生の集団授業塾の場合は、入学金約3万円、授業料1講座あたり1年で7〜8万円、講習料1講座あたり約2万円が相場のようです。 高校生の個別指導塾の場合は、入学金約2万円、授業料1講座あたり1年で約30〜40万円、講習料1講座あたり1〜5万円とコマ数によって幅があるようです。 どうしても個別指導塾のほうが割高になりますが、個々の高校生に合わせた指導をしてくれることを考えれば、当然の結果と言えるでしょう。 受講する講座数によって料金が上下するので、工夫の余地がありそうです。 大学受験塾によってはこの他にも設備費や指導費などが別にかかる場合もあるので、資料請求などで情報を集めましょう。 高校生の塾・予備校費用についてはこちらの記事で詳しく紹介されているので、ぜひ参考にしてみてください。 高校生は塾にいつから行くべき? 一体高校生は塾にいつから行くべきなのか、というのは非常に気になるポイントの一つですよね。 最も多くの高校生が大学受験塾に行き始めるのは、受験生となる高校3年生になるタイミングでしょう。 大学受験の受験勉強は志望校によって対策方法も違うため、情報戦であるとも言え、一人で乗り切るには困難が伴います。 塾に通うことで大学受験生は、先に上げたようなメリットに加え、過去の合格者の成績など志望校に関する情報を手にしやすくなります。 また、入試科目や入試傾向などから考えられた志望校に即したカリキュラムで受験勉強に励むこともできますし、高校生のための塾に行くことは受験生にとって大きな支えとなりそうです。 したがって本格的な受験勉強を始める高校3年生のタイミングは多くの高校生にとって塾に行くべきタイミングの一つと言えるでしょう。 とはいえ、基本的に高校生が大学受験塾に行くべきタイミングとは「高校生のあなたが自分で塾に行くべきだと感じたタイミング」です。 自分一人ではどうやって勉強していいかわからない…学校の授業についていけない…など塾に行く必要性を感じたとき、大学受験塾の資料を取り寄せたり、体験入学をしてみたり何か行動をおこしてみるのがおすすめです。 高校生が塾に行くべきタイミングまとめ ・高校生は高校3年生で入る人が多い ・でも基本的には自分が塾に入りたいと思ったタイミングで! 高校生の塾選びのポイント 一言で高校生の塾と言ってもその特色は様々です。 高校生の塾の授業形態には主に「集団授業」「個別指導」「映像授業」の3つがあります。 それぞれ特色があるので一つ一つおさえていきましょう。 高校生の塾の「集団授業」 「集団授業」とは生徒数十人に対し講師一人が教室で講義を行うという、学校の授業と同じ形式を取る授業です。 他の高校生と切磋琢磨できるというメリットがある一方で、授業進度がすでに決まっているので、一度ついていけなくなると置いていかれてしまうというデメリットもあります。 授業のレベルについていける人や一緒に目標に向かって頑張る仲間やライバルが欲しい高校生におすすめの大学受験塾です。 高校生の塾の「個別指導」 「個別授業」とは高校生と講師が一対一、もしくは一対数人で行う少人数制の授業です。 自分のレベルに合わせて授業を組んでくれる上、進度の調整も可能なので、自分にあったペースで勉強したい高校生におすすめの大学受験塾です。 ただ少人数なので特定の仲間やライバルができにくいというデメリットもあるので、誰かと一緒に頑張りたい!という高校生にとっては少し注意が必要です。 高校生の塾の「映像授業」 「映像授業」とは講義が収録された映像を自分の都合の良い時間に視聴する、という形式の授業です。 時間に融通が聞くので好きなときに好きなだけ勉強を進めることができるとか、何回も講義を復習できる、というメリットがありますが、講師がいないので気軽に質問ができないという点や自分でペースを管理しなければならないという点が難点としてあります。 普段は部活動などで忙しく決まった時間が取れない高校生や自分で受験勉強を管理したいという高校生におすすめの大学受験塾です。 なぜかというと、大学受験の勉強は授業を受けることが全てではないからです。 例えば自習スペースやサポート体制が充実しているかどうか、校内模試の質はどのレベルか、添削を受けられるシステムはあるのかなどなど、高校生が塾について重視すべきポイントは授業以外にもたくさんあります。 また、駅から近い自宅から通いやすいなどアクセスの良さも意外と重要になってきます。 折角塾に通うのに、移動に体力を奪われ授業に集中できないなんてことになったら元も子もないと思いませんか? 今まで述べてきたのはあくまで一例で、高校生が大学受験塾に何を求めるかというのは本当に様々あるので、実際に高校生の塾に通う自分をイメージし、自分はどういう点を重視して大学受験塾を選びたいかをまずしっかりと考えてみましょう。 高校生におすすめの大学受験塾!タイプ別に特色をご紹介 高校生の塾選びのポイントもわかったところで、いよいよ実際の高校生の塾について見ていきましょう。 ここでは高校生の塾選びの例として大手大学受験塾3校の特色をご紹介します。 サポート重視の高校生におすすめの大学受験塾!河合塾 生徒1人1人に焦点を当てたキャッチコピーからも分かる通り、河合塾は個々の生徒の「合格力」を伸ばすことを重視する大学受験塾です。 そのため、生徒のサポート体制が非常に充実していて、生徒一人ひとりに担当のチューターがつき、進路指導をしてくれます。 定期的に行われる個人面談では志望校選びの相談から学習計画、受験スケジュールの立案まで受験にかかわることはなんでもサポートしてくれるといっても過言ではありません。 その他にも、面談コーナーやカウンセリングルーム、情報ステーションなど高校生の学習生活を支える施設が充実しています。 きめ細やかなサポートを求める高校生のあなたにおすすめしたい大学受験塾だと言えますね。 また、「幅広さ」も河合塾の特色の一つです。 集団授業は、東大・京大といった難関大を目指すクラスから各教科の基本を身につける易しめのクラスまで幅広い層の生徒に対応しています。 また、全統模試は難易度が最もスタンダードな模試として知られており、非常に広い学力層の高校生が受験するため、入試本番により近い環境で受験することができます。 ハイレベルな環境を求める高校生におすすめの大学受験塾!駿台 一方の駿台は有名なキャッチコピーで第一志望への合格に着目している通り、ハイレベルな学習環境の提供に注力する大学受験塾です。 授業も難関大学向けのクラスが多く、難関大クラスのレベルが比較的細かく設定されています。 したがって、割合としては難関大志望の高校生が多く、レベルの高い仲間とともに切磋琢磨することとなるでしょう。 またサポート体制においては、クラスリーダーというクラス担任が設置されていて、クラス全体として生徒を管理するというシステムがとられています。 模試もかなり高いレベルに設定されているため、全国のトップ集団の中での立ち位置を知ることができます。 難関大を目指すあなたには必須の模試を無料で受験できるというのはかなりのおすすめポイントですね。 また、医学部に特化したサポートの多さも特色の一つと言えるでしょう。 各医学部の入試情報や面接対策に役立つツールが豊富に取り揃えられているうえ、実際に面接対策の指導もしてくれます。 医学部を目指す人はこういった点にも注目しておきたいですね。 志望校対策を重視する高校生におすすめの大学受験塾!東進 映像授業で有名な東進は志望校別対策の充実度を特色とする大学受験塾です。 特に東大対策では、各教科カリスマ的な講師陣をとりそろえ、わかりやすく、かつレベルの高い授業が展開されています。 東大に特化した勉強がしたい高校生のあなたには必須の授業かもしれません。 授業も中学レベルから超東大レベルまで、かなり細かくレベルが設定されていて、自分の実力や志望校のレベルに合わせた授業を受講することができます。 また映像授業を自分で進めていく、という形式を取っているので、好きなタイミングでレベルを上下させることができます。 独自開発の英単語学習アプリや過去問対策講座という10年分の過去問を添削してくれるシステムなど、志望校に合わせた日頃の自主学習をサポートする制度が非常に充実した高校生の塾です。 サポート体制はグループ指導という制度が取られています。 クラスよりも少人数の仲間内で交流し、切磋琢磨することになります。 高校生の塾・予備校探しはこちらから! 改めて、ここに高校生の塾・予備校探しができるリンクを載せておきます。 先程は、高校生の塾選びの例として大学受験塾の大手3校の特色をご紹介しましたが、その他にも高校生の塾・予備校はたくさん存在します。 市区町村や最寄り駅から高校生の塾・予備校を探すことが出来るので、近くの塾を探してみましょう! 高校生が塾をうまく活かせるかどうかは塾選びから始まっていると言っても過言ではありません。 ぜひ積極的に資料請求をして、いろいろな大学受験塾について情報を集めましょう!.

次の

全国の高校生向け学習塾ランキングベスト10|口コミ・ランキングで比較【塾ナビ】

高校生 塾

Contents• 高校生の塾選び 高校生塾選び 【集団塾】 集団塾というのは、先生が黒板の前で、大勢の高校生を前に授業をする塾のことです。 大手では、河合塾や駿台、その他では多くの地域塾が、集団指導の形態を取っています。 集団指導の特徴としては、授業がある日がカリキュラムとして、学校の授業のように決まっています。 したがって、早くに入り、 カリキュラムに沿って勉強していくことができれば非常に便利です。 一方、一般的には 下から逆転していくといった場合には、向いていないといわざるを得ません。 集団塾が向いている人は? 集団塾に向いている人は、 「勉強のやる気が既に高く、ある程度勉強ができる人」 「無駄な干渉をされたくない人」 「周りとの競争でやる気が出る人」 です。 自分である程度モチベーションをコントロールできる人、勉強が苦手ではない人に向いています。 集団塾が向いていない人は? 一方、集団塾が向いていない人は 「勉強が苦手な人」 「よくグダってしまう人」 「勉強の遅れを取り戻したい人」 です。 集団塾のカリキュラムに成績が追い付かなくなったりした場合には、継続して通うかは検討すべきでしょう。 映像授業の塾は、勉強は映像授業で学び、授業の内容が定着しているかの確認、勉強計画、モチベートなどを塾のスタッフがやってくれます。 基本的にはどんな人にも向いています。 既に勉強ができる人から、逆転合格がしたい人まで映像授業の塾はおすすめです。 自分の 目標としている志望校のペースに合わせて、授業のペースを調整することができるのが特徴。 映像授業の注意点は? 個別でアドバイスをくれるスタッフの人が、しっかりと指導してくれるかどうかに左右されるところはデメリットです。 復習指導や、理解度を管理してくれなければ、映像授業なので、授業を受けただけということになりがちです。 高校生の塾選び 【個別指導塾】 個別指導塾は、塾で先生対高校生の1対1あるいは、1対2以上で授業をします。 個別指導塾なので、授業時間に勉強も教えつつ、簡単な計画だったりを伝えます。 1つ認識しておきたいのは、一部の個別指導塾を除いて、個別指導塾の使い方は限られます。 学校の成績向上や、中高一貫のテスト対策で利用するのが一番です。 大学受験をする場合には不向きな指導形態なのが現状でしょう。 なぜかというと、映像授業や集団授業のように、複数科目で授業を詰め込むと、授業料がかなりの額になってしまうからです。 また、個別指導塾の授業は主に、学生のアルバイトが教えます。 映像授業のように、学習アドバイスならまだしも、肝心の授業内容が、スタッフの人によって大きな差が出てしまいます。 高校生の大学受験塾選び 仕組みで選ぶ5つのポイント 1.モチベートしてくれる 【定期的な面談】 「モチベーションが続くか心配という人」は、 週に1度のペースで学習アドバイスや学習計画を練ってくれる面談がある塾がおすすめです。 この面談が仕組みとして、あるかないかでかなり異なってきます。 入塾時の面談では、生徒に話しかけますよと言っている塾であっても、 声をかけてもらえるかは生徒によりけりであるのが現状だからです。 2.日々の勉強空間 【自習室】 自習室があるかどうかは必須です。 また自習室があるとして、自分がストレスを感じない環境なのかどうかはしっかりと見ておきましょう。 実際に成績を伸ばすのは、自習の時間だからこそ、自習室は要チェックです。 個人的には、自習室は授業の分かりやすさよりも大切だと思います。 3.勉強の疑問を質問対応できる 【スタッフの存在】 校舎にいるスタッフが高学歴がどうかも非常に大切です。 自分の分からない範囲を質問すれば、教えてくれるスタッフの存在は重視しましょう。 国立志望の人なら、自分が志望する国公立大学以上のスタッフがいるかどうかを確認するのがよいでしょう。 私大志望の人であれば、早稲田、慶應、上智、東京理科大レベルのスタッフは必須です。 大学生は、受験を終えてから学力が落ちていくので、このレベルの大学に通っていなければ、高校生の「勉強が分かりません」に答えられるスタッフがいるかどうかは重視しましょう。 4.意外と大切 授業の出席を取るのはもちろんですが、 自習に来ている時間も出席を取っているかは非常に大切です。 中には違う人もいるとは思いますが、塾で自習しない日は勉強量が落ちてしまったりすることが多いと思います。 学力を伸ばす時間は自習時間です。 自習にも来ていないことを指摘してくれる仕組みのある塾がよいでしょう。 5.競争意欲が沸く環境 競争意欲の沸く環境というと、レベルの高い集団塾が当てはまりますが、そうでなくても塾内に色々なランキングが張り出されている校舎は競わせようとしている可能性が高いです。 ただ私の感覚ですが、ランキングがあるから、頑張れる人はほとんどいません。 しかし、ランキングがあると頑張れるという人もいるはずなので、そういった人は校舎の掲示物を見てみるのもいいかもしれません。 大学受験塾を探す前に確認したい3つのポイント 1.自分一人で受験勉強しようとしていないか 大学受験をしようと考えている高校生には、塾は必須といえます。 参考書やといった教材を使って勉強できる習慣が自分自身にあり、成績が既に高い高校生には塾は必要ありません。 しかし、自分一人で受験勉強を進める際、2つの大きな障害があります。 1つ目が、 受験勉強をするモチベーションが保てないことです。 塾では、周りに勉強している人がいることや、授業が入っていると行かざるをえない、担当の先生が怠けていると喝を入れてくれるため、モチベーションを維持することができます。 2つ目が、 受験勉強のペースや、勉強のやり方が分からないことです。 毎日どれくらい勉強をすればよいのか、勉強計画がずれた場合どう修正すればいいのかといったペースを塾でなら細かく教えてくれます。 また、 勉強していても伸びない、他の人と同じくらい勉強しているのに伸びが悪い気がするといった、勉強方法が分からないというのも、塾なら常に教えてくれます。 勉強のやり方は、1回で理解することができるものではなく、何度も何度も繰り返し教えられて身につけるものです。 費用の下調べをする まず、高校生の塾費用 料金 は、 入学金、授業料、講習費用、その他 合宿など に分かれます。 そして授業料は、個別指導塾、集団指導、映像授業と種類ごとに変わってきます。 入学金は1~3万円ほどが相場です。 個別指導塾は入学金2万円、授業料1講座 月4回 2万円、講習1~5万円ほどが平均になります。 週2コマ入れた場合、年間で48万ほどです。 集団塾は入学金2万円、受験生となると大手予備校だと60~100万円ほどになります。 映像授業の塾では、入学金は2万円、東進やマナビスといった有名な塾では、70~100万円ほど年間でかかります。 こうしてみると、個別指導塾は安そうに見えますが、週2コマでは必要な範囲は終わるわけもなく、集団塾や映像授業の塾と同じように必要な科目を全て取った場合は、150万円を超えるでしょう。 ここで紹介する料金は、あくまでも例なので、入学する塾や、講座の取り方で変わります。 また、講座とは別に受験の出願費用が10~20万ほどかかります。 大学受験はお金がかかるのが、昨今の現状です。 塾に通うタイミングを考える 高校生の塾通いの時期は、「目的と自分の成績」を基に考えるのがよいです。 目的としては、 「学校の成績を伸ばしたい」、「内部進学のためのテスト対策」、「受験勉強を意識した勉強をしたい」の3つに分かれます。 「学校の成績を伸ばしたい」、「内部進学のためのテスト対策」が目的の場合は、塾に入って伸ばそうと思ったときには塾に入るべきです。 成績が伸び悩み始めたり、内申で1がついてしまった時はすでに遅いので、早めに入るに越したことはないでしょう。 「受験勉強を意識した勉強をしたい」という方は、目標とする志望校と現状の学力を参考に入る時期を決めるのがよいです。 一般的に 難関国公立 東大、京大、一橋大、東工大 志望であれば、 遅くとも高校2年生4月には入っておくのがよいでしょう。 難関私立 早稲田大、慶應大、上智大、理科大理系学部 を志望であっても、 高校2年生4月には入塾をするのがおすすめです。 これでも、早いということはありません。 周りを見渡せば、始めるのが遅いのに合格しているなど例外はありますが、例外は参考にはしない方がようでしょう。 高校生の塾選びまとめ なぜ塾選びが大切なのかというと、 「多くの人の最終学歴を決める最後の受験勉強をする場所」を決めるためです。 これは冗談ではなく、 入った塾に応じて、 本当に合格するかどうかが決まってしまうかもしれません。 例えば、高校3年生4月に明治大学志望の受験生、英語・国語・社会を塾で1から勉強したいとします。 これまで勉強をさぼっていたせいで、勉強習慣がついていないだけでなく、当然合格できるような成績ではありません。 この場合、個別指導塾や集団塾は、不向きになります。 そこで、 どういった指導形態で、どういった仕組みがある塾を選ぶべきなのか、塾選びのリテラシーと塾の情報収集をして決める必要があります。 ぜひ合格に向けて頑張ってほしいと思います。 高校生におすすめの大学受験塾 基本的には大学受験で使うなら、集団塾あるいは映像授業の塾がおすすめです。 大学受験塾探しは、 塾選びのリテラシーと、塾の情報収集、自分で実際に足を運んで見てみることが大切。 まずは、資料請求からして、興味のある塾の情報を集めてみてください。 その科目の映像授業に関しては、何でも見放題です。 そして、 個別トレーニングの時間には、授業の内容を理解できているのか、講師の前で説明をし、曖昧な知識を言語化することで、「知識の定着」をサポートしてくれます。 個別トレーニングでは、他にも学習アドバイスや確認テストなどしてくれるのです。 映像授業の 自分のペースで進められるというメリットと、個別塾にもない 理解の定着サポートといいとこどりの塾です。 早くから受験勉強を頑張りたい高校生、これまで塾に通っていたけど大幅な成績向上をしたことがない、他の人よりも勉強の効率が悪いと感じている高校生におすすめ。 勉強量を重視したい人は 【東進ハイスクール】 東進ハイスクールは、有名講師による映像授業で評判の塾です。 しかし、実は東進ハイスクールは有名講師だけではなく、 日々の学習サポートに力を入れている塾なのです。 週に1度のグループ面談を通じて、大学生の講師と計画を立て、モチベーションを高めていきます。 また、ホームルームといったイベントもあり、細かくモチベーションを高めてくれるのが特徴です。 塾全体で、生徒の合格を考え、 勉強の促進をしてくれる仕組みが整っています。 ハイレベルな人が集まり競争環境が欲しい高校生なら【駿台】 駿台は集団塾の中でも、東大、京大、医学部を目指す高校生や浪人生が多く集まる予備校です。 授業の内容もレベルが高く、開成といった有名高校の学生が多いので、 レベルの高い環境に身を置きたい高校生におすすめです。 駿台模試を始め、難関大を目指す高校生に必要なあらゆるツールを帝京しています。 勉強に自信のある受験生の方は、ぜひ駿台を検討してみてはいかがでしょうか。 *大学受験の例 中学・高校・大学と塾に行かなくても難関校に合格してる人は沢山いるのは事実です。 とくに周囲に塾がない地域に住まれている方に支持されています。 スタディサプリは何回も見直しができて時間がなくても復習できるところが最大のメリット。 授業では分からないところが出てもその瞬間にわかるまで聞きなおすことができないですが、スタディサプリは動画なので わかるまで聞きなおす事ができるから納得いくまで勉強ができます。 また、東進などの有名予備校よりも 安価で成績を伸ばすことができます。 唯一のデメリットは、 「仲間なしで自分で頑張れるか?」 この一点で、自宅で集中できないときは図書館や自習室、カフェなど集中できる環境で利用するのがポイントです。 重要なのは自分に必要なことをどうやって勉強するか。 参考書をベースに、分からないところや苦手な教科だけスタディサプリを利用するなど、自分に合った方法を見つけて効率的に勉強することが大切です。 ぜひ、頑張ってほしいと思います。

次の

高校生に塾は必要か?大学へ進学した10名の意見あり!|世知NOTE

高校生 塾

高校生の塾選び3つのポイント 高校生が通う塾を選ぶ際には、知っておきたい3つのポイントがあります。 3つのポイントをおさえることで、自分にピッタリの塾を選択可能です。 自分に合った塾を選べば、それだけ目標達成の確率は上がります。 ぜひ、確認してみてください。 1、目的に合った塾を選ぶ 高校生の塾選び1つめのポイントは、目的に合った塾を選ぶことです。 塾によって、その特徴はさまざまです。 難関校対策が得意な塾やセンター試験に強い塾、マンツーマンで分からないポイントを克服できる塾など、塾によって学習内容や学習スタイルは大きく異なります。 そこで大切なのが塾に通う目的を明確にすることです。 まず 「なぜ、塾に通うのか?」をハッキリさせることで、自然と自分に合った塾が見えてくるでしょう。 2、ペースに合わせて集団塾か個別指導塾を選ぶ 高校生の塾選び2つめのポイントは、ペースに合わせて集団塾か個別指導塾を選ぶことです。 高校生が通う塾は「集団塾」と「個別指導塾」の二つに大別できます。 集団塾とは、学校同様に「先生1人」対「生徒複数」で授業が行われる塾のことです。 高校生が通う塾としては、最も一般的な形態です。 基本的には、同じレベルの志望校を目指している人が一緒のクラスに振り分けられます。 競争心が芽生えることでモチベーションが上がったり、挫折しそうな時に励ましあったりできることが大きなメリットです。 個別指導塾とは、「先生1人」対「生徒1人」のマンツーマン形式を基本として塾のことです。 基本的 には個々人の得意・不得意や学習能力に応じて勉強を進めていきます。 周囲に合わせる必要がなく、自分に最適なペースで学習できることが、大きな魅力です。 3、授業以外のサポート体制に注目する 高校生の塾選び3つめのポイントは、授業以外のサポート体制に注目することです。 塾に通うことのメリットは、成績や学力の向上だけではありません。 塾によっては、進路相談や学習相談に応じてくれる塾もあります。 サポート体制が充実している塾であるほど、親としては安心して子どもを塾通いさせられます。 とくに受験期の高校生は悩みが多いもの。 生徒をサポートする体制が手厚ければ手厚いほど、高校生も不安なく勉強に打ち込めます。 コロナ対策:安心の自宅でできるオンライン学習塾 今現在、 コロナウイルスが世の中を騒がしています。 感染者は日々増加し、学校も休校となり授業も受けれないという状況が続いています。 そんな中、自分一人だけで自習をして成績を向上するのはとても困難です。 しかし受験や模試は待ってくれません。 そんな時におすすめなのが今CMでも話題のオンラインで塾を受けることができるスタディサプリ。 スタディサプリは短期間で成績がぐんと上がるからおすすめなオンライン学習塾だと評判になっています。 そのおすすめされる理由が下記の3点です。 厳選された トップクラスの有名な先生の授業が受けれる• 全国の700校以上の学校で教材として使われている• 14日間無料で体験できる 現在キャンペーンで 14日間無料で体験することができるので自分にあっているのか、お子さんに合っているのか試してみるのもおすすめです。 ベーシックコース 合格特訓コース 担当のコーチがつきます 12ヶ月 月払い 通常料金月額(税抜) 1,980円 1,980円 9,800円 キャンペーン料金月額 1,180円 1,480円 6,800円 無料体験 有り 有り 有り 料金に関しても、通常の学習塾に通うよりもかなり格安になるのでぜひ一度無料期間をお試しください。 大学進学を希望する生徒からよく聞くのが、この質問。 単純にもし高校1年生から塾に通っていた場合、2年間は大学受験に向けての学習、そして最後の一年は丸々大学受験対策に充てられます。 しかし高校3年生から通塾し始めたのなら、 他の人は何年もかけた部分を短期間で終えなければなりません。 予備校などには浪人生もいるので、プラス1年かけて大学受験対策をする浪人生と、その半分の期間で大学受験対策をする高校3年生を見たとき、その学力の差は明らか。 第一志望大学に受かりたいなら、早めに準備をしておきましょう。 まずは、誰にでもある「勉強のやる気スイッチ」を見つけるためにも、無料体験授業に参加してみて下さいね。 まずは 無料でお試し! 高校生におすすめの予備校5選 高校生の塾選びで迷っている方の中には、具体的にどの塾を選べば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。 そこで、口コミ評価の高い高校生にオススメの予備校も厳選紹介します。 各予備校ごとに口コミも掲載していますので、ぜひ塾選びの参考にしてみてください。 1、河合塾 河合塾は、全国トップクラスの知名度を誇る予備校のひとつです。 最大の特徴は、多彩なコースが用意されていること。 「集合型授業の進学塾・予備校」「映像授業+個別指導型の進学塾」「専門学校・大学生・社会人対象講座」など、自分に目的にピッタリのコースを選べます。 また、担当チューターが塾生一人ひとりを親身にサポート。 難関大学への合格実績も多数あり、腰をすえて受験勉強に取り組めます。 河合塾の口コミ.

次の