ズキン アザラシ。 ズキンアザラシ を フランス語

アザラシの種類一覧まとめ

ズキン アザラシ

ふっくらした身体つきと大きな瞳、腕を器用に使って床を這うように一生懸命移動する姿は、可愛らしさがつまっていますよね。 人にも良く慣れる点から、より身近で触れ合うことのできる海獣類の一つです。 また、場所によっては で展示されていることもあり、全国各地の動物展示施設でみかけるポピュラーな生き物です。 そんなアザラシですが、野生の個体はどのような生活をしているのでしょうか? 早速、次の項目よりアザラシの特徴・生態について解説していきます。 合わせて、アザラシがいる水族館もピックアップしてご紹介させていただきます。 現在アザラシ科は10属19種類存在しており、頭蓋骨・四肢骨の特徴から、モンクアザラシ亜科・アザラシ亜科に分けられています。 北極圏に生息するアザラシはホッキョクグマの主食になっており、なんとその割合は9割を占めています。 日本海近郊では、水族館でおなじみのゴマフアザラシ、ゼニガタアザラシ、アゴヒゲアザラシ等全部で5種類のアザラシが生息しています。 アザラシは種類や特性によって住む地域が異なっています。 主に流氷の移動によって季節ごとに移動する個体が多いですが、ゴマフアザラシなどは分散して沿岸部で生活しています。 しかし、いづれの種類も定着はしておらず、2002年に多摩川で目撃された「たまちゃん」をはじめ、日本各地で確認することができます。 アザラシについて:生態 アザラシは鰭脚類に含まれる海棲哺乳類のグループであり、北海道ではアイヌ語より「トッカリ」とも呼ばれています。 その種類によって形態は様々であり、50kgのワモンアザラシから3,700kgにも及ぶミナミゾウアザラシなど変化に富んでいます。 雄雌の個体差はほぼないのですが、ミナミゾウアザラシでは雄の方が雌より10倍ほどの体重に成長します。 ゾウアザラシ属とズキンアザラシは繁殖のディスプレイのために鼻が特徴的な形をしています。 大部分は首が短く、四肢には5本の指があり、指間には水かきが変化したヒレがついています。 アザラシの前ビレのうち、空気中に露出している部分は人の手首より先の部分にあたります。 身体には短い体毛が隙間なく生えており、保温性に優れているため毛皮として利用の歴史も長いです。 また、アザラシは優れた潜水能力を持っており、キタゾウアザラシは水深1,500メートルまで潜水可能な個体も存在しています。 これはアザラシが肺の中の空気をほとんど吐き出すことで、高い水圧に耐えられるという潜水に適した特徴を持っています。 食性は肉食性であり、魚やイカなどを捕食して生活しています。 種類によっては、海藻類・貝類を捕食することもあり、好みには偏りがあります。 最大の特徴は耳の形であり、アザラシは耳部分に穴が開いているだけですが、アシカには耳たぶが存在しています。 また、アシカは後肢に比べて前肢が発達しており、泳ぐ際には前肢をうまく使用して遊泳します。 反対にアザラシは後肢が発達しているので、泳ぐ際には前肢は体幹に添えるだけで、左右の後肢を交互に動かして推進力を得ています。 陸上の移動においても明確な違いがあり、アシカは後肢を前方に折り曲げて前肢も同時に使い歩くことができます。 しかし、アザラシは後肢を前後に折り曲げることはできずに、前肢を補助的に使用しながら、這うように移動します。 つるつると床を移動するアザラシの姿はチャームポイントの一つと言えますよね。 アシカとアザラシは、以前は同種類の生物であるとされてきていました。 しかし、このような差異からクマに近い種類を祖先に持ち、全く別種類に分かれた生物であるということが解明されました。 アザラシについて:保全活動について 日本のアザラシは古くから貴重な食料として、扱われてきました。 主に北海道の先住民である、アイヌ民族により狩猟が行われていました。 その皮は水濡れに強く、馬の手綱やかんじきの紐に好んで使用されており、肉は食料として貴重なたんぱく源でした。 また脂肪は照明用の燃料に使われており、全身を活用して生活していました。 昭和初期までアザラシ猟は行われていましたが、需要の低迷により現在日本におけるアザラシ猟は終了しています。 また、同様に北極圏やカナダにおいてもアザラシは貴重な資源として、狩猟対象になっていました。 地方によっては現在でも狩猟が行われており、捕獲頭数も増えたことでアザラシが減少傾向にありその点が問題視されています。 なお、近年の地球温暖化による流氷の減少、開発による水質汚染などによる住処の減少から、種類によっては絶滅の危機に瀕しています。 このような背景から、世界各国ではアザラシの保全活動が続いており、保護施設も増加の傾向にあります。 現在日本で展示されているアザラシの多くは、国内で繁殖された日本生まれの個体がほとんどであり、水族館同士で血縁関係にあります。 アザラシについて:日本に生息するアザラシ5種 日本では主に北海道オホーツク海近郊で、様々な種類のアザラシに会うことができます。 日本に生息するアザラシを種類ごとにご紹介いたします。 ・ゴマフアザラシ 日本の水族館や動物園で最も多く展示されている種類のアザラシです。 日本海の太平洋北部に分布していて、体長は170センチ前後、体重は70kg~130kgに成長します。 最大の特徴は、名前にもある通り灰色の地に黒いまだら模様が散らばっている身体です。 一方腹面は薄灰色でまだら模様は少なく、模様の入り方は個体差が著しく大きいです。 寿命は約30年前後ですが、飼育下では30歳よりも長命に生きた個体も確認されています。 食性は幅広く、口に入るものならなんでも捕食するので、イカや 、 などの甲殻類も好んで食べます。 漫画のモチーフに起用されたこともあり、「ごまちゃん」の愛称で親しまれている最もポピュラーな種類です。 北海道の稚内には11月~4月までで多い時には1,200頭を超えるゴマフアザラシが越冬のために訪れ、観察することができます。 ・ワモンアザラシ 日本沿岸に定住している唯一のアザラシであり、野生個体は比較的見つけやすいです。 太平洋から大西洋まで広く分布しており、北海道東部の襟裳岬や歯舞群島に生息しています。 体長は大きめで、雄で150センチ~200センチ・体重70kg~170kgになります。 雌は他の種類同様、雄より小型で120センチ~170センチ・体重50kg~150kgに成長します。 日本にいる種類は岩場で出産するなど、流氷地域を好まずに岩礁域に定着して生活しています。 寿命は約20年であり、ゴマフアザラシ等に比べると短命です。 また日本でのニュースとして、2007年に北海道で「コロちゃん」の愛称で親しまれていたゼニガタアザラシが見物人を噛む事故が起きています。 アザラシは見た目が可愛いらしいですが、肉食獣である他、野生動物であるのでむやみに触るのは危険です。 ・クラカケアザラシ オホーツク海に生息するアザラシで、半数はアラスカ海域に生息しています。 体長は200センチ~260センチ・体重200kg~360kgと北極海に住むアザラシの中では最大クラスです。 体表に模様はなく、淡灰色~暗褐色の色をしており、小さい頭部が特徴です。 他のアザラシに比べてひげ部分が発達しており、上唇付近から生えています。 単独性が強く、流氷の移動と共に生活拠点を移動しますが、成獣を見かけることは稀です。 故に日本の首都圏に現れたアゴヒゲアザラシの「タマちゃん」は特異なケースであったと言われています。 潜水が得意であり、水深50メートル~200メートルの海域で底生の魚を中心に捕食します。 寿命は25年~30年前後です。 タマちゃんブームをきっかけにお菓子のおまけとしてフィギュア化されたりとなじみのある種類です。 アザラシについて:アザラシを見ることのできる水族館5選 こちらの項目ではアザラシが展示されている関東近郊の水族館を紹介させていただきます。 お出かけの際にはお好みのアザラシについての参考にしてくださいね。 ゴマフアザラシと並んでいる姿が観察できます。 環境水族館の名のもと、福島の海についての知識が豊富に紹介されており、博物館的な要素を持っている水族館です。 港に近く、おいしい海産物を食べられるお店が複数点在しているのも魅力的です。 伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス 伊勢シーパラダイス 所在地:〒519-0602 三重県伊勢市二見町江580 営業時間:9:00~17:00(季節により異なる) 休業:12月に2回メンテナンス休あり 特徴: 関東圏からは離れてしまいますが、アザラシ好きにはたまらない水族館です。 アザラシ類の展示数が多く、触れ合いイベントが開催されており、実際にアザラシにふれることができます。 予約制で有料になりますが、アザラシを膝の上にのせて写真を撮ることも可能です。 その他、セイウチの行進なども近くで見ることができ、お伊勢参りをするにも近い便利な立地です。 同じ土地には、かの有名な夫婦岩がある二見興玉神社もあり観光地として栄えています。 アザラシについて:まとめ.

次の

アザラシの種類|寿命、生態、特徴は?

ズキン アザラシ

スポンサーリンク 生態 アザラシはその体格から、地面を這うようにして進みます。 しかしその分潜水能力にたけており、長時間息を止めることが出来るため1500mほど潜ったり、約2時間潜り続けることが出来ます。 アザラシの種によって食べ物は異なります。 魚介類や甲殻類を捕食するものが多く、オキアミやペンギンを捕食する種もいます。 捕食方法としては海中で泳ぎながら捕食することが多いです。 種によっては深海まで獲りに行くものもいます。 天敵としてはシャチやホッキョクグマが主ですが、サメや別種のアザラシが天敵となることもあります。 アザラシのヒゲには多くの神経が通っており、餌を獲るうえでとても重要になっていきます。 魚などが動くとその振動をヒゲで感じ取り捕食します。 また、深海などでは視覚が上手く働かないため、ヒゲの感覚を使って狩りを行います。 寿命 寿命は30年ほどの種が多いです。 しかし、20年ほどで寿命を迎える種もいれば、40年~50年近く生きる種もいます。 種だけでなくオス・メスでも寿命が異なります。 生息地 主な生息地は北極や南極といった寒冷地ですが、熱帯に生息しているアザラシもいます。 日本では北海道に生息しており、5種類のアザラシが確認されています。 北海道では、アザラシだけを飼育している施設もあり、保護活動も行われています。 繁殖 アザラシの繁殖期は種によって異なりますが、4~5月頃が多いです。 妊娠期間は1年の種もいれば2~3週間の種もおり、4月や9~10月に出産をします。 出産する場所は主に氷のある海上ですが、陸地で出産する種もいます。 この時の出産場所によって赤ちゃんの体色は変わります。 メスの性成熟はおよそ4歳で、そのころから求愛行動が見られるようになります。 夫婦形式は多種多様で、一夫一妻や一夫多妻の種から、ハーレムを形成する種もいます。 似ているよく間違えられる動物 アザラシは、アシカやオットセイなどの動物と間違えられやすいです。 先ず、アシカとの違いですが耳介があるかどうかです。 耳介というのは、私たちが主に「耳」と呼んでいる外側に出ている部分のことを言います。 アシカにはこの耳介があるのですが、アザラシにはありません。 アザラシは目の後ろ側に穴が開いており、そこが耳の穴になります。 耳以外にも、鉤爪の違いで見分けることが出来ます。 アザラシの前足には鉤爪がありますが、アシカには無く大きなヒレの形をしています。 アシカは後ろ足も大きなヒレの形をしており、このヒレを体の下に入れることが出来すため、陸上を歩くことが出来ます。 しかし、アザラシはヒレを下に入れることが出来ないので這うような形で移動します。 次にアザラシとオットセイの違いです。 オットセイにも耳介があるため、この違いで見分けることが出来ます。 また、オットセイの耳介はアシカに比べて大きいため、見分けがつきやすいです。 この他にも、ヒレの形状や体毛にも違いが見られます。 アザラシに比べオットセイは前足と後ろ足のヒレが発達しており、陸上で歩くことが出来ます。 ショーなどで手を叩いている芸をしているのもオットセイやアシカが多いです。 体毛の違いは、その量です。 アザラシは体毛が少なく、皮下脂肪によって体を温めています。 オットセイは体毛が多く、外から見える体毛の下に綿のような毛があるためそこに空気を溜めて層を作ることで体を温めています。 その為、アザラシに比べて皮下脂肪が少ないです。 スポンサーリンク アザラシの種類 日本に生息するアザラシ 日本にはゴマフアザラシ・ワモンアザラシ・ゼニガタアザラシ・クラカケアザラシ・アゴヒゲアザラシの5種類のアザラシが生息しており、いずれも北海道沿岸で目撃されています。 ゴマフアザラシ 北海道の海域で見られ、多くの水族館や動物園で飼育されています。 流氷が無くなると去っていくものが多いですが、流氷が無くなっても留まる個体や夏でも目撃されています。 ゴマフアザラシの由来は、体の斑点がゴマのように見えるからとも言われており、英名でも斑点があるアザラシとなっています。 ワモンアザラシ 北海道以外では北極海に多く生息しています。 ワモンアザラシはアザラシの中でも最も小さいアザラシとなっています。 背中側に灰色や黒色の斑紋があり、多くの斑紋は白く縁取りされています。 この事から、別名フイリアザラシとも言われています。 氷上で多くの時間を過ごしており、氷床や流氷のある場所で生活しています。 鉤爪を使って氷に呼吸穴をあけることが出来るため、他のアザラシよりも行動域が広いのが特徴です。 ゼニガタアザラシ ゼニガタアザラシは、日本にいるアザラシの中でも唯一定着するアザラシです。 北海道東部で見られる以外では、北太平洋や北大西洋に広く生息しています。 乱獲や漁の網に引っかかってしまうことから生息数がかなり減りました。 準絶滅危惧種に指定されていますが、いまだに網にかかってしまうことが多いです。 クラカケアザラシ 出典: 北海道で見られることは稀なアザラシで、オホーツク海やベーリング海周辺に生息しています。 単独で行動することが多く、帯状の模様が特徴的です。 飼育している所が少なく、北海道のおたる水族館でのみ飼育されています。 アゴヒゲアザラシ 今まで紹介したアザラシの中では最大のアザラシで、模様はなくヒゲが発達しているが特徴です。 また、声にも特徴があり歌声のようだと言われています多摩川で目撃されて一躍有名になった「タマちゃん」も、このアゴヒゲアザラシに分類されます。 北極に生息するアザラシ タテゴトアザラシ 体に「U」の逆のような模様があるのが特徴のアザラシで、赤ちゃんは白い体毛に覆われています。 画僧検索をするとタテゴトアザラシの赤ちゃんが出てくることが多いです。 イヌイットでは今でも食料や毛皮を目的として狩りを行っています。 ズキンアザラシ ズキンアザラシは鼻を黒や赤色の風船のように膨らまし、威嚇や求愛を行います。 黒色の場合は鼻を膨らませているだけなのですが、興奮してくると鼻の中にある鼻中隔を膨らますことで赤色の袋が出てきます。 南極に生息するアザラシ ミナミゾウアザラシ ミナミゾウアザラシは体長が6m、体重が4tに及ぶ個体もいる最大のアザラシです。 成長すると鼻がゾウのように長くなります。 このアザラシはハーレムを作り、メスをめぐって激し戦いを繰り広げます。 その激しさは、時に血を流すほどです。 ヒョウアザラシ ヒョウアザラシはかなり獰猛な性格をしており、大きな口と鋭利な牙が特徴的です。 主にオキアミを食べるのですが、魚なカニクイアザラシを食べることもあります。 泳ぐ速度が速く、体長はメスの方が大きいです。 その他のアザラシ ハワイモンクアザラシ このアザラシはハワイに生息しているアザラシで、乱獲によって個体数は少なくなっており絶滅危惧種に指定されています。 生まれたての赤ちゃんは黒色をしており、成長と共に段々と灰色になっていきます。 バイカルアザラシ バイカルアザラシはロシアのバイカル湖に生息しており、世界で唯一の淡水に生息しているアザラシです。 目が大きく、透明度の高いバイカル湖では視力を頼りに狩りをすることが知られています。 まとめ アザラシといっても多くの種類がおり、日本でも見られることが分かりました。 また、海や寒い地域だけでなく、ハワイやバイカル湖にも生息しているようですね。 アザラシの中には絶滅が危惧されている種もいるため、保護活動にも力を入れていく必要がありそうですね。

次の

ズキンアザラシ

ズキン アザラシ

ミナミゾウアザラシ 体には短いが隙間なく生えており毛皮として利用されてきた。 アザラシは優れた潜水能力をもつことで知られている。 は1,500mまで潜水した記録がある。 鼻腔を閉じることができ、の中の空気をほとんどすべて吐き出すことで高い水圧に耐えられるなど、潜水に適応した特徴をもつ。 かつて、アザラシはとの共通祖先から分岐し、はとの共通祖先から分岐し、によって類似した形態を獲得したとする2系統説が主流であったが、近年は分子系統学的研究により、いずれもクマに近い共通の祖先をもつという単系統説が主流になっている。 分布 [ ] から、南極まで幅広い海域に生息する。 アザラシ科は10属19種からなり頭蓋骨や四肢骨の特徴からモンクアザラシ亜科とアザラシ亜科に分けられる。 モンクアザラシ亜科に属する種は主に南半球に、アザラシ亜科に分類される種は北半球に生息する。 アザラシはの主食となっており、その食料の9割をアザラシが占める。 ホッキョクグマの嗅覚は優れており10kmくらい離れた場所からでもアザラシの匂いを嗅ぎつけることができるとする説もある。 日本近海では北海道を中心に、、、、の5種のアザラシが見られる。 日本近海には5種のアザラシが生息しているが彼らは「すみわけ」をしているように見える。 大雑把に言うとは氷や流氷の多い地域に多く、大型プランクトンと小型魚類を食べている。 は流氷の移動する浅い海域を好み底性の魚類やカニ・貝を食べている。 とはこれらより南に分布し、冬から春にかけては流氷上で出産する。 流氷期が終わるとは分散して沿岸で生活するがは外洋で回遊する。 はその南に分布し流氷のあまり来ない北海道から千島列島の結氷しない地域で暮らす。 以上が日本近海のアザラシの分布の定説であるが、に東京都のに出現し日本を騒がせたののように定説どおりに動かないアザラシの個体も少数おり、日本各地に出現するケースも稀にある。 繁殖 [ ] ゴマフアザラシの幼獣 アザラシの夫婦形式は一雄一雌型ののような種もいる一方、は一夫多妻型、ハーレムを作る種もおり多様である。 アザラシは陸上・もしくは海氷上で出産する。 一産一仔で妊娠期間はほとんどの種で一年である。 新生児の産毛は保護色になっている種も多い。 すなわち海氷上で出産する種(・など)は白色の産毛を持って産まれてくる。 食物 [ ] アザラシは一般的に魚やイカなどを食べている。 種によって食物に偏りがあるが詳細は各種項目参照。 感覚 [ ] 視覚 [ ] アザラシを含む鰭脚類の眼球は陸生の食肉類に比べて大きい。 南半球では・北半球ではが特に大きい。 網膜には色を識別するはなく明るさを感じるだけなので彼らに色の概念は無い。 なお陸上にアザラシがいる際、目の下が濡れて泣いているように見えるときがあるが、これは涙を鼻腔に流す鼻涙管が無いためでヒトのように泣いているわけではない。 聴覚 [ ] ゴマフアザラシの頭部。 目の後ろの穴が耳。 両極地方の暗い水の中で魚を取らなければならない種もおり、視覚以外の感覚も鋭い。 アザラシには耳たぶは無いが目の横に耳の穴がある。 ゴマフアザラシなどのいくつかの種では水中でクリック音を発してエコロケーションを行っている。 また飼育下のアザラシでも周囲の物音に敏感に反応する様子を観察する事ができる。 嗅覚 [ ] アザラシの母親が自分の子供を見分けるための重要な情報が匂いであると言われている。 なおアザラシと近縁の科でも親が子を確認するのに嗅覚が使われている。 アシカとの違い [ ] とは外見がよく似ているが、いくつか明確な相違点が見られる。 アシカには耳たぶがあるが、アザラシの耳は穴が開いているだけである。 アシカは後肢に比較して前肢が発達している。 泳ぐ際の主たる推進力は前肢から得て左右の後肢を同調させて泳ぐ。 逆に、アザラシは後肢が発達しており、泳ぐ際には前肢は体側に添えるのみで、左右の後肢を交互に動かして推進力を得る。 陸上における移動を見ても異なっている。 アシカは後肢を前方に折り曲げ、主に前肢を使って陸上を『歩く』ことができる。 一方、アザラシは後肢を前方に折り曲げることはできず、前肢もあまり発達していないので『歩く』ことはできない。 前肢を補助的に使いながら全身を蠕動させ、イモムシのように移動する。 このような差異もあって、かつてアザラシ類とアシカ・セイウチ類は異なる祖先からそれぞれ独自に進化したとみられていたが、研究が進んだことでアンフィキオン類(クマに近い化石種の系統)から進化した共通の祖先を持ったグループであることがわかっている。 アザラシ猟 [ ] 日本 [ ] 日本では古くからアザラシ猟が行われてきた。 北海道のアイヌや開拓期の入植者も利用した。 皮は水濡れに強く、馬の手綱やの紐に好んで使われた。 また脂肪は照明用に燃やされた。 昭和以降になると皮がスキーシールやかばんの材料になったり、脂肪からが作られたりした。 昭和30年代以降はみやげ物の革製品の材料として多く捕獲された。 この頃になると猟も大規模になり北海道近海からサハリン沖にまで及んだ。 最盛期の年間捕獲頭数は2500頭ほどと推定されている。 その後、環境保護の流れが盛んになりファッションの材料としての需要の低迷、ソ連の200海里水域経済水域宣言、輸入アザラシ皮の流入等の理由により昭和50年代には商業的なアザラシ猟は終わりを迎えた。 現在では北海道の限られた地域で有害獣駆除を目的としてわずかな数が捕獲されているのみである。 北極圏 [ ] 北極圏にはアザラシを食料として狩る民族が現在も存在する。 アラスカ及びその他北極圏を拠点とするにとってアザラシの肉は数少ない貴重なタンパク源であるとともに、脂肪分を多量に含むアザラシ肉は極地環境で消費される大量のカロリーを補う優れた食物である。 などの民族独自のアザラシ料理が存在する。 またカナダなどでは、アザラシの子供が商業狩猟の対象となっており、棍棒で殴り殺して、上質の毛皮を得る。 分類 [ ] アザラシ科• アゴヒゲアザラシ属 Erignathus• Bearded seal,• ウェッデルアザラシ属 Leptonychotes• Weddell seal,• カニクイアザラシ属 Lobodon• Crabeater seal,• Caspian seal,• Ribbon seal,• Spotted seal,• Common seal Harbor seal ,• Harp seal,• Nerpa Baikal seal ,• Ringed seal,• ズキンアザラシ属 Cystophora• Hooded seal,• Northern elephant seal,• Southern elephant seal,• ハイイロアザラシ属 Halichoerus• Grey seal,• ヒョウアザラシ属 Hydrurga• Leopard seal,• Mediterranean monk seal,• Hawaiian monk seal,• ロスアザラシ属 Ommatophoca• Ross seal, ギャラリー [ ]• は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2018年10月)• Ronald M. Nowak " Walker's Mammals of the World Walker's Mammals of the World " Baltimore : Johns Hopkins University Press 1999. 和田一雄・伊藤徹魯 『鰭脚類 : アシカ・アザラシの自然史』東京 : 東京大学出版会 、1999年、284頁。 和田一雄編著 『海のけもの達の物語 : オットセイ・トド・アザラシ・ラッコ』東京 : 成山堂書店、2004年 172頁。 斜里町立知床博物館編 『知床のほ乳類』斜里町 : 斜里町教育委員会、 2000年。 エッセイ [ ]• 大江健三郎『「自分の木」の下で』朝日新聞社, 2001, 193p- 外部リンク [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 アザラシに関連する および があります。 に関連の辞書項目があります。

次の