茨城県 コロナ 日立製作所 死亡。 茨城、香川で初の感染者=神奈川で死者―新型コロナ

【新型コロナ】 茨城で初の感染者確認 日立製作所勤務、イタリア出張の30代男性

茨城県 コロナ 日立製作所 死亡

【AD】 新型コロナウイルスの影響で、大洗町とひたちなか市、神栖市は8日、各市町の計7カ所の海水浴場について、今夏の開設を中止すると発表した。 北茨城市も同日までに、市内1カ所の開設中止を決めた。 いずれも、県外を含めた多くの来客により密集、密接することが見込まれ、感染対策を十分に取れないことを理由に挙げた。 県内18の公設海水浴場のうち、他の4市の計10カ所については既に中止が決まっており、今夏は県内全ての海水浴場が開設されないことになった。 新たに開設中止が決まったのは、大洗、大洗サンビーチ 以上大洗町 、阿字ケ浦、平磯、姥の懐マリンプール 以上ひたちなか市 、日川浜、波崎 以上神栖市 、磯原二ツ島 北茨城市 の各海水浴場。 県内最多の集客を誇る大洗サンビーチなど2カ所の開設中止について、大洗町はライフセーバーの確保や来場者の感染防止対策が難しいことを理由に挙げた。 町商工観光課によると、5月末ごろ、監視活動を担う「大洗サーフライフセービングクラブ」から、大学生を中心としたライフセーバーの確保が難しいことなどを踏まえ、今期の活動は実施できないと示されていた。 さらに、県内外の海水浴場で開設中止の判断が相次ぐ中、開設した場合、例年以上の海水浴客の来場が想定され、感染防止対策が十分に講じられないことなどを総合的に判断した。 「訪れる人の安全を最重視しなければいけない。 苦渋の決断だった」 同課担当者 ひたちなか市も同様の理由を挙げ、「今年は来場を控えていただき、収束後に多くの人に来てもらいたい」としている。 両市町は各海水浴場の駐車場の閉鎖や有料化などについて検討している。 県観光物産課によると、県内18の海水浴場の昨年の入り込み客数は計48万1087人。 近年は50万〜70万人が海水浴を楽しむために茨城県を訪れており、宿泊事業者を含め夏の観光に対する打撃は深刻だ。 県内では2011年に東日本大震災の影響で磯原二ツ島が開設中止している。 15〜17年には茨城県沖にサメが確認され、複数の海水浴場で一時的な遊泳禁止に追い込まれたが、「これだけ多くの海水浴場が開設中止となる事態は聞いたことがない」 同課 という。 県内海水浴場のうち既に開設中止を決めていたのは次の通り。 高萩 高萩市 、伊師浜、川尻、会瀬、河原子、水木、久慈浜 以上日立市 、大竹海岸鉾田 鉾田市 、平井、下津 以上鹿嶋市.

次の

日立市|日立市内での新型コロナウイルス感染症患者の発生について

茨城県 コロナ 日立製作所 死亡

茨城県は17日、日立製作所水戸事業所(ひたちなか市)に勤める30代の会社員男性が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。 2月24~27日にイタリアに出張していたという。 県内での感染確認は初めて。 男性が勤務していた建物は3月18日から閉鎖し、社員ら約1千人は、男性が最後に出社した11日の翌日から14日間となる25日まで、自宅待機するという。 感染確認を受け、大井川和彦知事は同日記者会見し、「濃厚接触者は限られている。 県民の皆さんには冷静な対応をお願いしたい」と呼びかけた。 県によると、男性はひたちなか市在住で、同僚2人とイタリア・トスカーナ州に出張。 羽田空港を使って先月28日に帰国し、3月1日まで自宅にいた。 発熱などの症状はなく、2~5日はマスクを着けて徒歩で出社。 5日に微熱が出たため6日は欠勤した。 平熱に戻ったことを確認して9~11日に出勤したが、12日に37度台の発熱があり、再度会社を休んだ。 せきや頭痛の症状もあったことから、16日に家族が保健所に相談して帰国者・接触者外来を受診。 17日にPCR検査をした結果、陽性と判明した。 男性は現在、県内の感染症指定….

次の

コロナウイルスが茨城にも

茨城県 コロナ 日立製作所 死亡

茨城県内で初の新型コロナウイルス感染者を確認|30代男性会社員 3月17日、茨城県で初の新型コロナウイルス感染者が確認されました。 新型肺炎への感染が確認されたのは、30代男性会社員です。 【新型コロナ】日立製作所の約千人が自宅待機へ 茨城県によると、日立製作所の水戸事業所に勤める30代男性の新型コロナ感染が確認されたことを受け、同事業所は25日まで職員約千人を自宅待機とする。 — ライブドアニュース livedoornews 新型コロナウイルスへの感染が確認された茨城県の30代男性はどこに住んでいる?住所は? 茨城県で初の新型コロナウイルス感染が確認された30代男性会社員は、ひたちなか市に住んでいます。 プライバシー保護の観点から、ひたちなか市在住以上の情報は公表されていません。 スポンサーリンク 新型コロナウイルスへの感染が確認された茨城県ひたちなか市の30代男性会社員の勤務先や通勤経路は? 茨城県ひたちなか市で初めて新型コロナウイルス感染が確認された30代男性会社員の勤務先は、日立製作所水戸事業所です。 通勤経路については、徒歩で10分~15分程度とのことです。 通勤に電車やバスなどの公共交通機関は利用していません。 〒312-0033 茨城県ひたちなか市大字市毛1070 新型コロナウイルスへの感染が確認された茨城県ひたちなか市の30代会社員の男性の感染経路は?行動歴は?症状は? 茨城県ひたちなか市で初の新型コロナウイルス感染が確認された30代男性会社員は、2月24日から27日までイタリアのトスカーナ州に出張していたそうです。 感染経路としては、イタリアの可能性が高いとされています。 イタリアから帰国後の3月5日に微熱(37度台)の症状が出たものの、その後に快復。 しかし、再度発熱し、3月16日に帰国者・接触者相談センターに相談。 3月17日にPCR検査を実施、13時に陽性が確認されました。 男性はせきや頭痛の症状があり、県内の感染症指定医療機関に入院していますが、症状は軽いということです。 なお、30代男性は、3月2日から11日まで出社していたそうですが、イタリアで新型肺炎の感染が広がっていることを考慮し、マスク着用のうえ、昼食時間を他の方とずらすなどして、濃厚接触を避けていたとのことです。 スポンサーリンク 新型コロナウイルスへの感染が確認された茨城県ひたちなか市の30代男性会社員の濃厚接触者は? 茨城県ひたちなか市で初の新型コロナウイルス感染が確認された30代男性会社員には、妻と2人の幼稚園児のお子さんがいるそうです。 茨城県では、濃厚接触者であるご家族全員のPCR検査を実施。 幼稚園の関係者の健康観察も行うとのことです。 また、30代男性が勤務していた日立製作所水戸事業所では、25日まで職員約千人を自宅待機勤務とします。 なお、濃厚接触者の人数や症状が出ている方がいるかなどの詳しい情報については、現在調査中です。 茨城県ひたちなか市で初の新型コロナウイルス感染者が確認されたことに対するネットの反応 茨城県ひたちなか市で初の新型コロナウイルス感染が確認されたことに対するネットの反応は下記の通りです。

次の