パソコンからアイフォン 写真。 iPhoneからPCに写真を取り込めないときの10の対策

【Windows10】iPhoneの写真をパソコンに取り込む/保存方法!

パソコンからアイフォン 写真

iPhoneに保存されている、 「写真だけ」をパソコンにコピー・移動させる方法をご紹介します。 一般的に、iPhoneのバックアップは、 「暗号化」されて 「圧縮」されています。 バックアップデータは、ひとつのパッケージ(塊)ですので、バックアップから個別の写真にアクセスすることはできません。 しかし、今回の方法は、 簡単な手順でiPhoneのカメラで撮影した写真・ムービーだけをパソコンにコピー・移動させる事ができます。 また、 圧縮・暗号化もしませんので、パソコン内でもiPhoneからコピーした写真を自由に閲覧・編集ができるのも大きなメリットです。 今回紹介する方法を覚えると、パソコンへ写真だけをピンポイントでデータ移行ができるようになりますので、iPhoneのストレージ容量を気にせず写真撮影を楽しむことができるようになります。 それでは、さっそく手順を紹介していきたいと思います。 iPhoneをパソコンにつなぎデバイスとして認識させる。 まずは、iPhoneのライトニングケーブルを使用して、パソコンとiPhoneを接続します。 初めてパソコンに接続する場合には、iPhoneの画面に 「このデバイスを信頼しますか?」という文字が表示されますので 「信頼」を選択しましょう。 iPhoneをパソコンに繋いだ後に、パソコンのCドライブ・Dドライブなどフォルダ一覧が表示された画面を表示します。 iPhoneが正しくパソコンに接続されていると、フォルダ一覧にiPhoneという項目が表示されていますので、クリックします。 ポイント この作業はパソコンを使用して、iPhoneの写真の「保存フォルダ」に直接アクセスする方法です。 パソコンから、iPhoneの写真フォルダから、パソコン側のフォルダへと、移動・コピーを行うことができます。 なお、APPLEという名称が含まれたフォルダは複数存在していて、各々に別の写真・ムービーが保存されています。 必ず、すべてのフォルダをコピーできているかをチェックしましょう。 iPhoneのストレージ容量が一杯の場合は、コピーではなく移動がオススメです。 iPhoneからパソコンフォルダへ写真を移動した場合は、iPhoneの写真アイコンでは写真を閲覧できなくなります。 しかし、移動させたパソコン側のデータフォルダからは、閲覧することができます。 必要に応じて、再度iPhoneにコピーすることもできます。 作業時の注意点 容量が多いほど、コピーやデータの移動には時間がかかります。 コピー作業中にiPhoneの画面が自動消灯してロックされてしまうと、パソコンとの連結が途絶えてしまい、作業は中止されてしまいます。 下記の記事を参考にiPhoneの画面を明るままキープして自動ロックされない設定にしてから、作業を行うようにしましょう。

次の

【iTunes以外】PCからiPhoneに写真を入れる8つの方法

パソコンからアイフォン 写真

iPhoneの愛用者達はきっと新型iPhoneを入手したいでしょう? それで、新しいiPhoneを購入した後、元々使っている古いiPhoneから写真などのデータを新iPhoneに移行する作業が必要です。 iPhone同士で写真を転送する方法が色々ありますが、こちらはパソコンを使う場合と使わない場合の2パターンに分けて合計4種の方法をご紹介します。 このアプリ経由でiPhoneの写真を新しいiPhoneに転送する手順は下記の通りです。 まずはUSBケーブルで古いiPhoneをパソコンに接続して、写真データをパソコンに読み込むようにします。 「コンピューター」を立ち上げて、「ピクチャ」の下に新しいフォルダを新規作成し、古いiPhoneから取り込んだすべての写真そのフォルダに入れます。 iTunesを起動して、新しいiPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続します。 iTunesの左上に表示されているiPhoneのアイコンを押下して、左側にある「写真」項目をクリックします。 「写真を同期」にチェックを入れて、「選択したフォルダー」を選んで、先程新規作成したフォルダをチェックします。 最後にiTunesの右下にある「適用」ボタンをクリックすると転送が始まります。 iPhone内のデータをパソコンに表示でき、ファイルを指定して転送することができます。 ApowerManagerを起動して、USBケーブルで古いiPhoneをパソコンに繋ぎます。 接続ができたら、ソフトの立ち上げ画面が表示されます。 上のメニューから「管理」タブを選択します。 「写真」をクリックすると、古いiPhoneに保存されているすべての写真が表示されます。 転送したい写真をチェックしてから、「エクスポート」ボタンを押下し、写真を一旦パソコンに吸い上げます。 新しいiPhoneをパソコンに繋げます。 「管理」>「写真」タブを開き、「インポート」ボタンを押して、先程パソコンに取り込んだ写真を選んで、「開く」ボタンをクリックします。 すると、写真が新しいiPhoneに移動されます。 iPhone同士だけではなく、Android同士、iPhone・Android間でのデータ転送もサポートしております。 早速この便利な転送アプリの使い方を見てみましょう。 2台のiPhoneを同じWi-Fiネットワークに接続し、AirMoreを起動します。 2台のiPhoneで画面の右下に表示されている「その他」アイコンをタップしたら、「スマホ間の転送」を選択します。 接続を確立したあと、古いiPhoneで「写真」のタブを開き、転送したい写真をチェックして、下側に表示されている「送信する」ボタンをタップしたら、選ばれた写真が新しいiPhoneに送信されるようになります。 転送が終わったら画面の右上隅のアイコンをクリックして、転送履歴の確認が可能です。 2台のiPhoneでWi-Fiとブルーツースを有効にします。 新しいiPhoneで画面下部から上方向にフリックし、コントロールセンターを開き、「AirDrop」をタップして「すべての人」をタップします。 古いiPhoneの「写真」アプリを起動し、転送したい画像をチェックして、画面下部の「アクション」アイコンをタップします。 「タップしてAirDropで共有」欄に、新しいiPhoneの名前が表示されるので、それを選択します。 すると、新しいiPhoneの画面にAirDropでの画像の受信画面が表示されるので、「受け入れる」をタップします。 すると、選ばれた画像が古いiPhoneから新しいiPhoneに移行されます。 以上はiPhoneから新しいiPhoneに写真・画像を移行する四つの方法です。 皆さんが自分の状況に応じて一番効率の高い方法を選択すればよいです。

次の

5つの方法でパソコンからiPhoneに写真を送る

パソコンからアイフォン 写真

1. Windows 10で最新のiTunesを起動してください。 次に、iPhoneをコンピュータに接続してください。 iPhoneのイメージは左上隅に現れるでしょう。 2. iPhoneアイコンをクリックして、そして左側のサイドバーで「設定>写真」にナビゲートしてください。 右の画面では、「写真を同期」をチェックして、「すべてのフォルダ」あるいは「選択したフォルダ」のいずれかを選択してください。 3. 右下隅にある「適用」ボタンをクリックして、Windows 10からiPhoneに写真を輸入します。 パート2.Leawo iTransferでWindows 10からiPhoneに写真を転送する iTunesはiOSデバイス公式ソフトで、機能が多いですが、複雑で、使いにくいです。 そのため、iPhone初心者なら、iPhoneのデータを管理する場合にはサードパーティー製ファイル管理ツールをオススメします。 例えば、 というファイル管理ソフトウェア。 プレイリスト、連絡先、SMS、メモなどを効果的に管理できます。 Leawo iTransferを開き、それが自動的にiPhoneをスキャンし、左側のサイドバーにiPhoneのライブラリを表示します。 右のところに、タイプ、機能、バージョンとiPhoneに関するほかの情報が表示されます。 また、iPadをコンピュータに接続して、 こともできます。 3. 動画ガイド パート3.Google DriveでWindows 10からiPhoneに写真を同期する方法 iTunesを使いたくない人もいるかもしれません。 そうでしたら、iTunesを使用せずにWindows 10からiPhoneに写真を転送する他の方法はありますか? もちろんあります。 実は、Googleユーザーが簡単にWindows 10からiPhoneに写真を転送できます。 一般に、Googleドライブアプリを使用するか、ウェブブラウザのGoogleドライブに直接アクセスすることができます。 ここでは、Windows 10上のGoogleドライブアプリを使用してその方法を説明します。 まずはWindows 10のパソコンでGoogle Driveをダウンロード、インストールする必要があります。 その後、Google Driveにログインします。 Google DriveアプリをiPhoneにインストールして、ログインします。 Google Driveアプリで写真フォルダを開いて、写真をチェックします。 iPhoneにダウンロードしたい写真を選択します。 「…」アイコンをタップして、パネルリストで「コピーを送る」ボタンをタップします。 最後は「写真を保存」をタップすればいいです。 パート4.iCloudの公式サイドでWindows 10からiPhoneに写真を転送する iCloud公式ウェブサイトは、Windows 10からiPhoneに写真をインポートする別の代替手段です。 また、写真、メール、カレンダー、連絡先などを転送することもサポートしています。 そして、安全かつ効率的で、使いやすいです。 iTunesを使わず、iCloudの公式サイドでWindows 10からiPhoneに写真を転送する手順は以下の通りです。 ウェブブラウザーでiCloud. comにアクセスして、Apple IDとパスワードを入力して、サインインします。 その後、iPhoneでの検証コードをサイトに入力して、iCloudのマイン画面に入ります。

次の