スマブラ sp クッパ jr。 【スマブラSP】クッパのコンボと最新評価【スマブラスイッチ】|ゲームエイト

【スマブラSP】クッパJrのキャラランク、必殺技と特徴、基本戦術まとめ|VOD WALKER

スマブラ sp クッパ jr

クッパJr. の評価 クッパJr. は、重量級の割には復帰力が高く、必殺技(横B)や空中攻撃(空下、空前)が強力なキャラです。体重の重さや復帰力の高さという強みを活かしつつ、必殺技(横B)からコンボを始動させていく立ち回りが求められます。 クッパJr. の長所と短所 長所 ・空中攻撃が持続が長く優秀(空N、空前、空下) ・スマッシュがとても強い(下スマッシュ) ・火力が高い ・撃墜力が高い ・復帰力が高い ・クラウンでダメージ軽減 短所 ・コンボ耐性が低い ・立ち回りが弱い ・復帰阻止に弱い(上B) ・本体に当たるとダメージ増加 クッパJr. 空Nの吹っ飛ばしの弱い部分を当てて、上強始動のコンボとつなげます。 上強で繋げるコンボよりも、3回目の空上が入る状況が少なくなっています。 クッパJr. の技考察 クッパJr. の弱攻撃 1vs1ダメ 発生F 弱1 A 2. 4 4 弱2 2. 4 6 百裂 連1 0. 6 百裂 連2 0. 6 百裂 〆 3. の弱攻撃は、発生の早い技です。 主に近距離での暴れに使いますが、吹っ飛ばしがそこそこ強いので崖際から撃墜も狙えます。 クッパJr. のダッシュ攻撃・強攻撃 1vs1ダメ 発生F ダッシュ 連 (ダッシュ+A) 2. 16 8 ダッシュ 〆 4. 4 4 下強 Hit2 2. 4 12 下強 Hit3 7. のダッシュ攻撃は、発生の早い技です。 突進速度が遅いので奇襲には使いにくいですが、持続時間が長いので相手の着地狩りには適しています。 の横強攻撃は、発生の早い技です。 吹っ飛ばしは弱いですが、相手を低く吹っ飛ばすのでダウン連の展開を取りやすいです。 の上強攻撃は、発生の早い技です。 リーチは短いですが、相手を軽く浮かせるのでコンボに使えます。 の下強攻撃は、発生の早い技です。 技が3ヒットするので、相手のその場回避を狩りやすいです。 クッパJr. 2 18 横スマ 〆 13. 2 7 上スマ 連 1. 2 18 上スマ 〆 7. 221. の横スマッシュは、ダメージと吹っ飛ばしの強い技です。 持続時間が長いのでその場回避や崖上がりを狩りやすいほか、技の後隙が小さいのでガードをされても反撃を受けにくい強みがあります。 の上スマッシュは、発生と吹っ飛ばしに優れる技です。 しかし、左右のリーチが短いので基本的に対空技としての使用になります。 の下スマッシュは、ダメージと吹っ飛ばしの強い技です。 また、シールドの削りが強く最大の状態からでも2発でシールドブレイクができます。 クッパJr. の空中攻撃 1vs1ダメ 発生F 空N (空中でA) 9. 6 7 空N 持続1 8. 4 9 空N 持続2 4. 8 10 空前 持続1 10. 4 14 空前 持続2 8. 8 15 空下 〆 3. 0 39 空下 着地 2. の空Nは、発生の早い技です。 前後いっぺんに攻撃ができるので、暴れに向いています。 また、空Nは相手を低く吹っ飛ばすので復帰阻止としても優秀です。 の空前は、判定の持続時間に優れる技です。 ジャンプの昇りと同時に出すことで着地隙がなくなるので牽制に使えるほか、持続時間を活かして復帰阻止にも使えます。 の空後は、ダメージと吹っ飛ばしの強い技です。 クッパJr. の撃墜技のなかではリスクが少ないので、メインの撃墜技として使います。 の空上は、発生の早い技です。 当てた後は相手が軽く浮くので、空上を連続して当てるコンボができます。 の空下は、判定の持続時間に優れる技です。 めくりとして優秀な技ですが、左右のリーチが短く抜けられやすいので注意しましょう。 クッパJr. 015. 6 21 上必殺技 爆発 15. 4 - 下必殺技 爆発 8. の通常必殺技は、鉄球を発射する技です。 通常必殺技はボタン長押しで溜めが可能で、溜めるほどに鉄球の威力と速度が強化されます。 の横必殺技は、クラウンをカートに変形させて走る技です。 スティックを前方に倒すとスピードが上がり、スティックを後方に倒すか攻撃をするとスピンターンをします。 スピンターンはダメージと吹っ飛ばしが強いですが、技の後隙が大きいです。 さらに横必殺技はジャンプでキャンセルも可能です。 このときのジャンプは通常のジャンプとは別扱いで、空中で使用してもジャンプを消費しません。 の上必殺技は、クラウンから上空に向かって脱出する技です。 脱出後のクラウンはそのまま落下し爆発するので、下からの復帰阻止として使えます。 また、クッパJr. は上必殺技を使っても行動不能の落下にはならず、攻撃がハンマーを振る技に変更されます。 ハンマー攻撃の発生・ダメージ・吹っ飛ばしは強いですが、着地隙が大きい点には注意しましょう。 の下必殺技は、メカクッパを発進させる技です。 メカクッパは拾って投擲アイテムとして使うこともでき、相手に当たるか時間経過で爆発します。 ただし、時間経過の爆発はクッパJr. も巻き込まれてしまいます。 メカクッパの生成は遅いですが、相手の行動を制限できるので積極的に撒いていきましょう。 クッパJr. の投げ技 1vs1ダメ 発生F 掴み攻撃 1. 6 14 前投げ 投げ 8. 44 16 下投げ 投げ 4. の前投げは、相手を前方向に吹っ飛ばす技です。 の後ろ投げは、相手を背後に吹っ飛ばす技です。 の上投げは、相手を真上に吹っ飛ばす技です。 投げた後は空上に繋いでコンボができるので、ダメージを稼ぎたい時は上投げを選択しましょう。 の下投げは、相手を低く吹っ飛ばす技です。 コンボには使えませんが、ステージ外に出せば復帰阻止の展開に持っていけます。 クッパJr. の最後の切り札 攻撃名 操作方法 特徴・備考 最後の切り札 スマボ所持中 B 【ニセマリオペイント】 クッパJr. がニセマリオに変身してバッテンを描きダメージを与える。 切り札の途中から自由に動けるので、さらなる追い打ちが可能。 クッパJr. の解放条件(出し方) 大乱闘(プレイ時間)で解放する方法 61番目に解放 ミュウツーのキャラ解放から10分経過orソフト再起動後に大乱闘or灯火の星プレイからメニューに戻ると出現 勝ちあがり乱闘で解放する方法 フォックスで勝ち上がり乱闘を6回クリア 灯火の星で解放する方法 「クッパJr. 」のキャラ解放の条件は、上記の3つです。 いずれかの条件を満たせば、「クッパJr. 」を使えるようになります。 クッパJr. の調整点 Ver7. 0の調整点 調整点 その他 シールドのサイズを大きくしました。 Ver3. 0の調整点 調整点 ダッシュ攻撃 ふっとぶ角度を変更しました。 上強攻撃 スキを減らしました。 上スマッシュ ふっとぶ距離を伸ばしました。 通常必殺ワザ 空中での攻撃が出るまでのタイミングを早くしました。 横必殺ワザ 走り始めたときの速度を上げました。 上必殺ワザ ハンマー攻撃の攻撃範囲を広げました。 ハンマー攻撃の攻撃判定が持続する時間を長くしました。 地上で出したときのクッパクラウンの爆発でふっとぶ角度を変更し、連続ヒットしやすくしました。 , LTD. , INC. , LTD. 当サイトのコンテンツ内で使用しているゲーム画像の著作権その他の知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属しています。 当サイトはGame8編集部が独自に作成したコンテンツを提供しております。 当サイトが掲載しているデータ、画像等の無断使用・無断転載は固くお断りしております。

次の

【スマブラSP】クッパの立ち回りと評価・コンボ集【スマブラスイッチ】

スマブラ sp クッパ jr

コンテンツ• スマブラSPのクッパJr. の評価は? クッパクラウンに乗ってステージを縦横無尽に駆け巡るクッパJr.。 と同じくカラーを変える事でモートンやレミーなど、クッパ7人衆の中から好きなファイターを選ぶ事が可能です。 クッパJr. は各種必殺技を使った立ち回りが非常に強力。 横必殺技のカートダッシュで攻め込みながらコンボ火力を稼ぐ事が出来ますし、 通常必殺技のクラウンキャノンや下必殺技のメカクッパで相手の立ち回りを制限できます。 練習をしてきちんと使いこなす事さえ出来れば、自分のやりたい立ち回りを通すだけでもそれなりに戦えてしまうのがクッパJr. の強いところ。 上空中攻撃を中心としたコンボもゴリゴリ繋がって行くため、使っていて爽快感があるファイターでもあります。 ただし、 クッパJr. は身体への直接的なダメージは大きくなる特性があるため、相手の攻撃を貰った位置によっては一気にダメージを貰ってしまう事もあるためそこだけ注意が必要です。 飛び道具を設置しながらゴリゴリ火力を稼いでいきたい方にクッパJr. がおすすめです。 Aボタンを連打する事で、連続で攻撃が出せる百裂攻撃へと繋がり最終段で相手を吹っ飛ばせます。 主に相手と密着した時の暴れとして使っていきましょう。 狙いどころとしては回り込み回避から狙いに行ったり、通常必殺技などでシールドを大きく削った後に強引に押し付けて行ったりと言った使い方があります。 一般的な百裂攻撃と違い横方向への吹っ飛ばしが非常に強力であるため、ダメージが100%近い相手に崖際で当てる事が出来れば撃墜も狙えに行けます。 横強攻撃(フォーク) フォークを取り出し横方向へ突き付けて攻撃する技。 リーチ自体はそこまで長い訳ではありませんが、素早く技を出して相手を飛ばしたい時にはなかなか便利な技となっています。 シールドをされても掴みが届かない位置で当てに行くのも良いですし、相手がダッシュなどで突っ込んでくるのを読んで引きステップから狙いに行くのもありです。 根元よりも先端の尖っている部分で当てた方が威力が高いので、間合い管理をして当てに行きたいところ。 上強攻撃(突き上げフォーク) フォークを下から上に突き上げるような攻撃。 後隙が少ない上に当たると相手は上方向に飛んでいくため、突き上げフォークを起点にしてコンボを繋げに行ってみましょう。 どの%帯でも安定して次の技に繋げられるため、相手と密着したら突き上げフォークを優先的に狙いに行くのもアリです。 クッパJr. の火力を取るために必要な技の1つなので、当てる隙を見つけて当てに行きましょう。 下強攻撃(なめまわし) 合計3回クラウンから舌を出して相手を舐め回す多段ヒット技。 発生が弱攻撃と同じくらい早く、主に相手と密着した時の暴れとして機能しやすいです。 シールドを貼った相手が途中でシールドボタンを離してしまうと持続部分がヒットするため、 相手がすぐにシールドを解除するような癖がある場合は近距離でなめまわしで押し付けて行くと良いでしょう。 後隙も全然無いため、技を出し終えた時にシールドをされているようであれば、Aボタンを連打して弱攻撃で強引に暴れて行くのもなかなか強いです。 ダッシュ攻撃~各種スマッシュ攻撃 ダッシュ攻撃(丸ノコギリ) クッパJr. のクラウンの口から丸ノコギリを出して相手を斬りつけて行く技。 全部で6回ヒットする多段ヒット技であるため、ダッシュで近づいてきたクッパJr. に驚いてシールドを解除してしまった相手に刺さる事が多いです。 主にガンダッシュからおもむろに仕掛けていき、相手のリズムを狂わしていきましょう。 直前に通常必殺技のクラウンキャノンや下必殺技のメカクッパなどを相手に当てて シールドを削っておくと、ジャンプなどで逃げたくなるためそこをダッシュ攻撃で狩るようなイメージです。 横必殺技(スマッシュツインドリル) 両腕からドリルを取り出し相手に攻撃する多段ヒット技。 クッパJr. の主力撃墜技となっていて、崖際でクリーンヒットすれば100%未満からでも早期撃墜を狙って行けます。 このスマッシュツインドリルの特徴は 何と言っても後隙の無さ。 仮にシールドを貼られてしまったとしても、多段ヒット技であるため終わりの確認のタイミングが難しく、相手がどうするか悩んでいる間にクッパJr. 側は次の行動に移る事が出来ます。 打ち終えたら反撃を警戒して守りを固めるのも良いですし、引きステップからもう一度横スマッシュ攻撃をぶっ放しに行くのも強い立ち回り。 上スマッシュ攻撃(ロータリーミキサー) 逆立ち状態になり、プロペラを使って相手を巻き込んで上方向へと吹っ飛ばす技。 多段ヒット技で相手を巻き込みやすい特徴があるため、試合後半になり相手がジャンプから様子見をするようになったら、着地点へと潜り込んでタイミングよくロータリーミキサーを狙いに行きます。 また、スマッシュ攻撃の中ではかなり反撃が早いため、クッパJr. がシールドを貼ったところに相手が攻撃をしてきたようであれば、 シールド状態から上スマッシュ攻撃を繰り出して相手を飛ばしていきましょう。 下スマッシュ攻撃(ダブル鉄球) 両腕から鉄球を取り出して前後の相手に叩きつける技。 前後に同時に攻撃判定が出るため、相手がその場or回り込み回避をしてくるのを読んで狙うと、どちらのタイミングでもピンポイントで当てに行けるのがダブル鉄球の強いところ。 相手に回避をする癖があると見抜けたようであれば、適度に下スマッシュ攻撃を置いて回避に対してリスクを付けに行きましょう。 ただし、リーチがそこまで長い訳ではないのと後隙はそれなりにあるため過信は禁物です。 スマブラやスマホの見過ぎで目に疲れを感じていませんか? 強くなるためには毎日の練習と同時に、 疲れ切った目をケアして上げる事も大切! テレビCMでもお馴染み、ファンケルからの【えんきん】で頑張った目にご褒美を! 各種空中攻撃 通常空中攻撃(プロペラパンチ) 空中でクルクル回りながらパンチを繰り出して相手に攻撃。 クッパJr. の周囲に攻撃判定があるため、相手が自分のどちらの方向にいるか分からなくなった時などに使い勝手が良い技となっています。 近距離でごちゃごちゃした展開になりやすいなどのファイターに周りで攻撃を置かれているようであれば、相手ファイターが着地した後に小ジャンプから繰り出して反撃を取りに行きましょう。 また本当て以外にも 持続当てが長いので、復帰阻止としても優秀です。 上から被せるように振って行き、相手の復帰を詰ませに行きます。 前空中攻撃(鉄球ふりまわし) 前方に技名通り鉄球を振り回して相手にダメージを与える技。 押しつけ性能が非常に高いので、主に差し込みとして強気に狙いに行ってみましょう。 狙う場面としては、 下必殺技のメカクッパを設置して相手がジャンプで逃げたところを前空中攻撃で叩き落としたりと言った使い方が出来ます。 本当て以外にも持続当ての判定も長いので、ぴったりのタイミングで合わせられなくても偶然噛み合ってヒットしてくれる事も多いので割と信頼して振れる技。 クッパJr. の立ち回りの軸となる技の1つなので、きちんと練習して当て勘を養っていきましょう。 後ろ空中攻撃(裏鉄球) 振り向きながら鉄球を押し付けるようにして攻撃。 前空中攻撃と比べると持続は短くなっていますが、こちらの裏鉄球は ダメージと吹っ飛ばしがかなり強く設定されています。 主に相手のダメージが100%を超えるようになったら、崖付近に追い詰めて裏鉄球を当てに行き撃墜をして行きましょう。 メカクッパを設置してジャンプで逃げたところを予め置くようなイメージで当てに行ったり、地上にいる相手に小ジャンプから押しつけに行ったりと言った使い方が出来ます。 復帰阻止として狙いに行くのも良いですが、若干難易度は高め。 基本は前空中攻撃で良いですが、 どうしてもワンチャンス取りたい時は後ろ空中攻撃を狙いに行くのもアリ。 上空中攻撃(天井砕き) クッパJr. がハンマーを持って頭上にいる相手に殴り掛かる技。 発生が早く後隙も短いので、 空中に浮かした相手にポンポン積極的に追撃に行けるのが強いです。 クッパJr. のダメージソースとして無くてはならない技の1つで、主に低%でのコンボとして繋げていくのが一般的。 上投げや上強攻撃を起点にして浮かせる事に成功したら、上空中攻撃の天井砕きに繋げてコンボ火力を稼いでいきましょう。 1発10%近くも入るため、一連の流れだけでも40%~稼ぐ事だって可能です。 下空中攻撃(突き刺しドリル) 真下に向けてドリルで突き刺して攻撃する多段ヒット技。 リーチこそそこまで長い訳ではないですが、持続が優秀で相手を巻き込みやすいため、 主に浮かされた時の真下に対する暴れとして使っていきます。 相手が上方向にあまり判定が強くない上空中攻撃を持っているのようなファイターであれば、追撃に来そうな雰囲気があれば急降下を入れながら突き刺しドリルを狙って行きます。 相手のダメージが低%帯で終わり際を地上の敵に当てる事が出来れば、その後は 前or後ろ空中攻撃にコンボとして繋げる事が出来ます。 暴れからリターンが取れるのは美味しいので、時には強気に狙いに行ってみましょう。 各種投げ攻撃 前投げ(ボディブロー) 相手を崖端に追い詰めた時に掴む事が出来たら、前投げのボディブローで場外へと吹っ飛ばしていきましょう。 後ろ投げ(遠心投げ) 逆にクッパJr. が崖を背負わされてしまったら後ろ投げで相手を場外に飛ばしていきます。 上投げ(放り投げ) クッパJr. が掴んだら基本的には上投げをして行きます。 投げた後は上空中攻撃に繋げてダメージを稼いでいきましょう。 下投げ(バックドリル) 投げられた相手は横方向に低く飛んでいきます。 クッパJr. の投げでは1番ダメージが高いので、上投げのコンボが繋がらなくなった時などに使います。 各種必殺技 通常必殺技(クラウンキャノン) クッパクラウンの口から鉄球を飛ばす攻撃技。 Bボタンを押しっぱなしにする事で溜める事が出来、速度と威力を上げられるのが特徴です。 主に相手と距離が離れている時のけん制技として打っていき、相手にプレッシャーをかけに行きます。 地上から打つだけではジャンプで対応されてしまうため、相手が近付いてくる気配が無ければ 大ジャンプから打ちジャンプに対するリスクも付けていくのがおすすめです。 溜め無しの状態であればゆっくりと飛んでいくため、鉄球を飛ばした後に横必殺技などで突っ込んでいきましょう。 相手視点からすれば鉄球とクッパJr. 本体を気にしなければいけないため、かなり厄介に感じるはずです。 横必殺技(カートダッシュ) クラウンをカートに変えて突っ込んでいく技。 クッパJr. の立ち回りの軸と言える技の1つで、カートダッシュを打ち相手が隙をさらしたらそのまま突っ込んでコンボに繋げていき、シールドを固めていたりジャンプでかわされそうになったらクッパJr. 側もジャンプで逃げて様子見をして行きます。 見せているだけでも強い技なので、クッパJr. の立ち回りに困ったらこのカートダッシュをいかに通すかを考えて行くと良いでしょう。 突進中にAorBボタンを押せば急ブレーキをかけられ、相手を強烈に吹っ飛ばす事も可能です。 崖付近であれば早期撃墜も狙えるため、時には強気にブレーキをかけて撃墜を狙いに行きましょう。 上必殺技(自爆ジャンプ) クラウンを乗り捨て上方向にジャンプをする復帰技。 乗り捨てられたクラウンは一定時間後に爆発するため、この爆風に相手を巻き込んで吹っ飛ばす事も可能です。 主に投げや前空中攻撃などで ステージ外に追い出した相手に対し、クラウンの自爆を当てて追撃する使い方が一般的です。 爆風はかなり強いので位置によってはそのまま撃墜が狙えます。 復帰技があまり強くないのようなファイターには、自爆を当てて復帰阻止をして行きましょう。 また、乗り捨ててステージ上に着地するまでの間のクッパJr. はハンマーで相手を攻撃する事も出来ます。 こちらも非常に強力な吹っ飛ばしを誇るため、相手が追撃に来そうなタイミングで攻撃を狙いに行きます。 下必殺技(メカクッパ) メカクッパをステージ上に設置をすると、とことこ歩いて相手に当たるか一定時間が経過をすると爆発します。 出したメカクッパはアイテムとして活用する事も出来、いつでも投げられる状態にしておく事で相手にプレッシャーを与えられます。 ただし、 設置をしてからクッパJr. が動けるようになるまでにかなり時間がかかってしまいます。 メカクッパを出す時は相手が近づいてこない時にしておき、接近戦をガンガン仕掛けてくるようであれば 引きながら空中から出すなどパターンを読まれないようにする事も大切。

次の

【スマブラSP】クッパJr.の確定コンボ・立ち回り・特徴・出現条件【コンボ動画】

スマブラ sp クッパ jr

横Bの対処法 カートの速度が早くなって近づかれやすくなりました。 距離を容易に詰められるので、作った間合いを簡単に潰されてしまいます。 また、ダッシュ中に横Bを使われて、ガードが間に合わずにぶつかってしまうことも有り得ます。 吹っ飛ばす力も上がったので、これまで以上に驚異となります。 横Bは、クッパJrの主力であるため対策は必須と言えます。 この技に対して有効なのはガードです。 ジャンプで飛び越えようとすると、クッパJrの横Bのジャンプキャンセルで進路を塞がれて、そのまま攻撃を受けてしまうことが多々あります。 ステップは論外です。 後方に下がっても距離を詰められるだけです。 また、いつでもシールドを張れるように歩いておくことが効果的です。 歩行は、シールドでキャンセル出来ます。 ダッシュでは間に合わなくても、歩きであればガードが間に合います。 攻撃を受けきったら、ガードキャンセル空Nなどで弾き返しましょう。 下Bの対処法 歩いてくるメカクッパに対してはシールドを使うことをオススメします。 シールドに触れたメカクッパは転倒して、拾うことができるようになるからです。 下手にジャンプで避けようとすると、引っかかってしまうことがあります。 安全を考えてガードで対応しましょう。 拾ったら、捨てるなり投げつけるなり好きなように使えます。 ただし、倒れているもしくは歩いているメカクッパは、クッパJrも拾うことが可能です。 相手にいつでも投げられる飛び道具を持たれた状態であると、その投擲にも警戒をする必要が出てきますし、何よりも相手に攻撃の手段を与えてしまうことに繋がります。 クッパJrに奪われる前に、なるべく早く拾ってしまいましょう。 また、誤って歩行中のメカクッパに当たって打ち上げられてしまったら、外側にズラしてみてください。 体の小さなファイターであれば、爆発に巻き込まれずに済むことがあります。 爆発の威力は大きいです。 なるべく喰らわないようにしましょう。

次の