どんなときもwifi mugenwifi 比較。 3回線ポケットWiFi:どんなときも/限界突破/Mugen…7社比較した結果!

どんなときもWiFi・よくばりWiFi・MugenWiFiを徹底比較!2年契約レンタルWiFiのおすすめは?

どんなときもwifi mugenwifi 比較

2020年は「データ容量無制限」の時代? 2020年はデータ容量無制限で安く使えるモバイルWi-Fiがトレンドになっています。 1日3ギガ以上、3日10ギガ以上の使用などによる速度制限がある契約に不満を持っている方が増えてきました。 また、2020年から次世代通信規格である「5G」が商用利用開始ということで、「4G」からスムーズに乗り換えることができるようにしたいと考えるユーザーが急速に増えています。 そうしたニーズから、「データ容量無制限」「契約期間のしばり」「解約違約金」といった特徴をもったモバイルWi-Fiが登場するようになりました。 今回比較するモバイルWi-Fiは、とです。 この2つのモバイルWi-Fiサービスはいずれもデータ容量無制限で利用できます。 この記事では、 と の特徴やメリット、デメリットを比較していきます。 盗難・紛失がわかったら、早急にご連絡ください。 解約処理を行わないと課金が続く為、カスタマーセンター(0120-048-277)までご連絡ください。 契約月の日割り なし(契約月は1ヶ月分請求) あり 月額料金 ずっと3,280円 税抜 格安国内外プラン ずっと3,880円 税抜 アドバンスプラン 1ヶ月目~24ヶ月目3,480円 税抜 25ヶ月目以降3,980円 税抜 契約期間 2年間(自動更新) 2年間(自動更新) 解約違約金 1年未満:9,000円(税抜)1〜2年未満:5,000円(税抜) 契約更新月以降:0円(税抜) 契約月を1ヶ月目とし、契約更新月は25ヶ月目となります。 お申し込み時に翌月から利用希望の場合 support mugen-wifi. com宛に次月開始対応の依頼をだしていただけましたら当月内の端末停止処理ができます。 ただし、ただし端末到着後2日以上経過している場合は、協議の上決めさせていただきますのでご了承ください。 どちらもトリプルキャリア対応で通信エリアが広い 「どんなときもWiFi」、「MugenWiFi」ともにソフトバンク、au、ドコモのトリプルキャリア対応のモバイルWi-Fiです。 通信対応エリアは公式サイトをご確認ください。 どんなときもWiFi、MugenWiFiともに解約違約金あり MugenWiFiは、契約月から24ヶ月未満の場合に解約違約金が発生します。 1年未満:9,000円(税抜) 1〜2年未満:5,000円(税抜) 契約更新月以降:0円(税抜) 契約月を1ヶ月目とし、契約更新月は25ヶ月目となります。 他のモバイルWi-Fiと比べて、解約違約金が1万円未満なので、そこまで大きなデメリットではありません。 どんなときもWiFiは、 0〜12ヶ月目 19,000円(税抜) 13〜24ヶ月目 14,000円(税抜) 26ヶ月目以降 9,500円(税抜) 更新月(25ヶ月目、49ヶ月目)0円 となっており、更新月以外の期間で解約すると解約違約金が発生します。 通信速度は同じ MugenWiFiでは 「G4」という端末がアドバンスプランで使えます。 MugenWiFiの端末 「G4」は下り最大150Mbps 上り最大50Mbpsで、「U2s」も同じです。 通信の性能は同じで、 「G4」は翻訳機能やマップ機能、充電機能(端末から充電)が付いています。 画面があるので、使ったギガ量や残りの充電を確認できるメリットもあります。 どんなときもWiFiの端末 どんなときもWiFiで扱っている 「D1」は「U2s」と同じく、国内3キャリアから提供される現在環境に最適な「通信容量制限無し」の回線が自動で選択されます。 下り最大150Mbps 上り最大50Mbpsとなっております。 MugenWiFiのU2sと性能はほぼ同じです。 以下のようなご利用はなるべく控えていただけますようお願いいたします。 長時間の動画コンテンツの視聴、長時間のオンラインゲームのご利用、大容量のダウンロード、長時間のネット通話、高解像度動画などの視聴、複数機器の常時接続などはお控えください。 上記などを守っていただけない場合ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。 なお利用方法によって停止措置や速度制限がかかった場合の返金や交換などの対応は一切行っておりません。 また違法ダウンロードや犯罪行為などの不正利用の疑いがある場合、端末自体のご利用停止を行う場合があります。 エリア内であっても建物や障害物、電波塔などの影響で通信ができない場合がございいますため予めご了承ください。 どんなときもWiFiの場合 国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。 また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。 MugenWiFiは初期費用が3,000円 税抜 、どんなときもWiFiは3,000円 税抜 かかります。 月額料金は、MugenWiFiは3,280円 税抜 、どんなときもWiFiは3,480円 税抜 となり、MugenWiFiのほうが月々200円安いです。 MugenWiFiのほうが安く使えます。 接続可能台数について 通信端末の接続できる台数は、 MugenWiFiが5台、どんなときもWiFi が5台となっています。 インターネットを複数の端末で利用する方、家族と一緒に使う方であれば、5台は物足りないかもしれません。 返却の必要あり MugenWiFi、どんなときもWiFiはどちらともレンタルなので端末を返却する必要があります。 MugenWiFiの場合 お問い合わせフォームよりご連絡いただき、 折返しのご連絡で解約手続きが簡単にできます。 25ヶ月目以降に解約の場合は、返却は不要です。 どんなときもWiFi どんなときもWiFiの端末は、新品のレンタル(貸し出し)とさせていただいております。 送料はお客様負担 返却期限までに返却がない場合、返却時に故障が見られる場合、返却物に欠品がある場合は機器損害金として18,000円 税抜 を請求させて頂く場合がございます。 動画見てると普通に制限超えちゃうので。 — さかなか sakanaka3 Mugen Wifiってやつ!ただ回線的には普通の携帯回線使うようなタイプだからよく調べた方が良いかも。 今の所ってもまだ二日だけど、Wimaxから移行してみて不便は無いかな~ — のぜりあ noseli4 管理人の影武者です。 海外でもそのまま使えるモバイルルーターMugen WiFi、端末自体がAndroid搭載。 韓国にて翻訳機能も使ってみましたがちゃんと通じたようで何より — GARUMAX GaruJpn おおむね、好評のようで安心しました。 しかし、都心部の混雑している場所では混雑しており、電波が足りないといった場合や山間部では、電波が少ないため都市部よりは少しつながりにくいという情報もあります。 MugenWiFiは全国各地からお申し込みが増えているため、かなり多くの人が気になっているようです。 しかも無制限。 が、まだまだ信用はできない。 明日はどんなときもソフトバンクWifiに戻るだろう。 au、ドコモの回線だと、Wi-Fiに割り当てられる回線に限りがあるので、そういった理由でソフトバンクにつながりやすくなっています。 ソフトバンク回線がつながりにくい場所では、au回線につなげたほうが電波が良いので、電源を切って再び電源を入れると回線がリセットされるので、au回線につながるまで、リセットすることをおすすめします。 「Speedtest」というスマホアプリでどの回線につながっているのかわかります。 2020年2月下旬頃から「速度が遅い」などの苦情が増えています。 10GB制限問題の前に普通に使用出来ない事が大問題。 08Mbps 【PM】 15:00時 0. 07Mbps 21:00時 0. 59Mbps 日中に電話も繋がらないし、40分待って出た回答が制限は掛かってません... じゃあ原因は何!? しかも回線切断が1日に何度もある。 比較した結果 ・どんなときもWiFi、MugenWiFiともに、トリプルキャリア対応で、通信範囲が広く、通信が安定しやすい ・月額料金、解約違約金はMugenWiFiのほうが安い ・どちらも3日10ギガ以上、1日3ギガ以上などの速度制限はなし 2020年は「データ容量無制限」が流行る? 「データ容量無制限」でこんなに良いサービスを提供して元を取れるのか!?ってレベルでお得なモバイルWi-Fiが登場しているので、今後も多くのサービスが出てきそうですね。 「データ容量無制限」でインターネットを使いたい方はぜひご検討ください。

次の

どんなときもWiFi VS どこよりもWiFi|評判・料金・速度・性能を徹底比較

どんなときもwifi mugenwifi 比較

どんなときも、めっちゃ、よくばりWiFiの比較のしかた 私はモバイルWiFiとして どんなときもWiFiを使っています。 無制限WiFiの選び方【消去法】 2019年9月に 2週間に1度くらいの頻度で どんなときもWiFiに通信障害が起こりました。 そして2019年9月になって、 どんなときもWiFiと似たWiFiサービスがいくつか登場しました。 どんなときもWiFiの乗換え先 私自身は既にどんなときもWiFiを利用しています。 もしも今後、どんなときもWiFiに何らかの大きな不具合が発生して、 新しく登場してきたWiFiサービスに乗り換えを検討しなければならなくなった場合に備えて、 新しく登場したWiFiサービスと どんなときもWiFiとで 月額料金などサービス内容の比較をしてきました。 これまでに比較をした結果、 私にとってのどんなときもWiFiの有力な乗り換え先は まだ見つかっていません。 どんなときもWiFiは 主に月額料金の点で他のWiFiサービスよりも優れていると、私は感じました。 その理由 どんなときもWiFiは2年間の実質的な月額料金が安いから どんなときもWiFiは快適にネットに接続することができているから どんなときもWiFi 私が使っているWiFiサービスです。 2019年9月に通信障害が 2週間に1度くらいの頻度で起こりました。 2019年9月以降に新しく登場してきたWiFiサービスと どんなときもWiFiのサービス内容の比較をした結果 新しく登場してきたWiFiサービスは どこかしら気になる点や注意すべき点がありました。 そうした注意すべき点を減点対象と見なすと 消去法でどんなときもWiFiが残ってしまいました。 どんなときもWiFiの通信速度などに関して この記事の下の方にリンクを貼っておきました。 めっちゃWiFi ユニバーサル料金という詳細が不明な料金が余計にかかるため、 どんなときもWiFiよりも 月額料金が高くなることが予想されるWiFiサービスです。 2019年10月21日追記 めっちゃWiFiのユニバーサル料金は 3円であることを確認しました。 めっちゃWiFiの利用規約に ユニバーサル料金に関しての記載がありました。 pdf 第4ユニバーサルサービス料 2料金額 区分単位料金額(税抜) ユニバーサルサービス料基本額1契約ごとに3円 引用おわり めっちゃWiFiのホームページを見ると、 税抜きの月額基本料金3480円とは別に ユニバーサル料金が発生すると書いてありました。 したがって、 税抜きの月額基本料金3480円に ユニバーサル料金3円を加算すると、 3480円+3円=3483円となります。 どんなときもWiFiのユニバーサル料金 どんなときもWiFiの規約にも ユニバーサル料金について記載があることを確認しました。 pdf (ユニバーサルサービス料の支払義務)第35条 2. 当社は、通常料金契約ごとの月額にユニバーサルサービス料を含めてご請求します。 2 料金表 (3)ユニバーサルサービス料 平成31年2月時点、1契約ごとに月額 区分ユニバーサルサービス料 料金額(税抜) 3円 ア ユニバーサルサービス料は月額利用料に含まれております。 引用おわり どんなときもWiFiの利用明細 私のどんなときもWiFiの利用明細を確認しました。 よくばりWiFi 端末保証をつけない場合は、 実質的な月額料金が どんなときもWiFiよりも3円ほど高くなるWiFiサービスです。 MugenWiFi 2019年10月1日時点で、 MugenWiFiに対して警告を発するウェブサイトを見つけました。 また、MugenWiFiのホームページ上で 重要事項説明書を見つけられなかったため、 私はどんなときもWiFiの比較対象とはしませんでした。 どんなときもWiFiの感想 ネットに繋がらない障害が起きてはいるものの 私が使っている限りでは どんなときもWiFiはかなり快適にネットに接続することができています。 その根拠を以下の記事にまとめています。 MICROWAVE.

次の

本当に無制限?Mugen

どんなときもwifi mugenwifi 比較

回線提供元の都合により、2020年4月10日にてMugen WiFiの新規申し込み受付は終了となりました。 現状、 全てのクラウドWiFiがMugen WiFiと同様にサービス停止となる予定です。 また、既に契約済のクラウドWiFiに関しましても上記都合により今後容量制限が設けられる可能性が高いです。 (限界突破WiFiの前例あり。 ) そのため、 これから新しくポケットWiFiを契約するようでしたら「WiMAX」の契約をおすすめします。 月間容量が無制限な上に、通信速度が非常に速く安定しています。 下記ボタンの飛び先で、31社のした結果、業界最安値で最もおすすめのWiMAX「」について詳しく解説しています。 ぜひ、チェックしてみてくだい。 ちなみに1日で100GB以上容量を消費しましたが、本当に無制限で使えました!(ネットで最高画質の映画を永遠と見てたら1ヶ月で500GB越えちゃいました…!)2020年2月現在も愛用中でとても満足しています。 完全無制限で使えて、海外利用もできるモバイルWiFiを探している人には「Mugen-WiFi」がマジでおすすめです! この記事で紹介すること• そもそも「Mugen-WiFi」とは? ここでは、そもそも「Mugen WiFi」とは何なのか?について解説していきます。 Mugen WiFiは、月額3,280円から契約できるポケットWiFiです。 WiMAXやソフトバンク・ドコモなどのポケットWiFiと違って容量完全無制限で使えることが特徴です! また、別途料金がかかりますが海外でも使えるため海外旅行が好きな人には特におすすめできるWiFiです。 Mugen WiFiは、「充電機能」「翻訳機能」などを搭載したGlocal Me G4が使える「アドバンスプラン」を取り扱っています。 G4は地図機能なども搭載しており、海外旅行での利便性が高い機種です。 なので、海外旅行が好きなようでしたらMugen WiFiの方が向いています。 G4について詳しく知りたいようでしたら、について解説している「」の記事をチェックしてみてください。 また、Mugen WiFiはどんなときもwifiにはない「30日間全額返金保証」と言う、 30日間であれば違約金なしで解約できるといったお試しサービスがあります。 そのため、「とりあえず一度繋がるか試してみたい」というようでしたらMugen WiFiを契約することをおすすめします。 37Mbps! 結論から言うと、Mugen-WiFiは容量無制限で使える上に海外でも通信できる非常に優れたポケットWiFiです。 その他、通信速度や支払い料金など総合的に見ても他社のポケットWiFiやWiMAXなどよりも優れており非常におすすめのサービスと言えます。 この後から、実際にMugen WiFiを契約した様子や端末と通信している様子などについて紹介していきます。 こちらも是非読んでみてください! 現金10,000円が受け取れるのは上記URLだけです! 「Mugen-WiFi」を開封していきます! まずはモンハンをプレイしたのですが、さすがにラグが気になる結果でした…汗。 その後、switchで ポケモンピカブイのオンライン対戦をやってみましたが、こちらは快適にプレイ出来ました! 通信速度を測ってみましたが、やはり「14. 8Mbps」とそこそこの速度が出ていますね! Mugen-WiFiの充電機能を使ってみました! Mugen-WiFiのアドバンスプランだけで使える「充電機能」も実際に使って見ました。 充電機能を使うには、上記画像の左右に置いたケーブルを使います。 こちらのケーブルは、最初の付属品で貰えます。 充電器機能を使うには、画像の右側の「USBケーブル メス)」と「USB-TypeC」のケーブルを使います。 このケーブルのUSB-TypeC側の端子を端末の充電用端子に差して、空いているUSBケーブル メス)の端子に充電したい端末の充電用ケーブルを挿すと充電出来ます。 実際に充電している様子がこちらです。 ちょうどWiMAXのW06があったのでW06を充電してみました。 端末右上の充電マークが充電中に変わってしっかりと充電できていることがわかりますね! アドバンスプランのGlocalMe G4は電池容量も多いので、 出先でスマホの充電が切れそうな場合など非常に便利な機能ですね! 「Mugen-WiFi」を3ヶ月使った私の口コミまとめ• ルーターはちょっと大きくて重い…• 電池持ちも良好!充電無しで1日持つ!• 速度は充分!平均して10Mbps以上!• 海外での使用感は不明。 渡航した際に詳細レビュー予定。 月額3,280円はとてもお得! Mugen-WiFiを3ヶ月間使って見て、結論から言うととても満足しています。 Mugen WiFiには不満が1つも無いほど満足していますが、敢えて難点を上げるとすれば端末が少し大きくて重いですね…汗、カバンに入れないと持ち運びはキツいです。 一方で、端末が大きい分電池持ちが良くて出先で追加充電する事は一切ありませんでした。 速度に関しても、Web閲覧やYouTubeなどを見る程度は快適な速度が出ています。 Mugen-WiFiは、WiMAXやPocketWiFiの不満点を全て改善したようなWiFiでとても満足完が高いです。 友人に「おすすめのポケットWiFiは?」と聞かれたら「Mugen WiFi一択!」と答えます。 動画見れるけど、ハイクオリティーにならず、ずっとボヤけてる。 4GHzのみ対応機器がダメっぽいのでルーター確認したけどIEEE802. 限界突破wifiも地図使えるらしいけど、そっちはどうなんだろう? — かみやすり kamiyasurimc21s Mugen-WiFiのネット上の悪い評判についてリサーチしてみました。 結果、「通信速度が遅い」「家電に上手く繋がらない」といった内容がありました。 Mugen WiFiはガチで無制限で使える上に月額料金も非常に安いWiFiなのですが、通信速度が比較的遅いのは事実です。 また、希なケースですが「家電に接続できない」症状が発生することがあるようです。 そのため、スマートホーム用のWiFiとして使う場合は一度お試しした方が良いでしょう。 ただし、上記悪い点に目を瞑れるなら非常に優れたWiFiなので、次に紹介する良い評判と天秤にかけて比較してみてください! 「Mugen-WiFi」の良い評判例を5つ紹介! おとといの夜、申し込んだMugen WiFi 届いた!思ったより早かったし、包装も丁寧。 とりあえず自宅でつながることが確認できたので、あとはSoftBank回線のつながらない山奥でつながるかどうかだな。 ネット繋がりにくい半蔵門線でもサクサク動くし、費用もそこそこ安いし良き 。• 全く問題ないな。 後は昼間の速度と事務所内に入ったらどうなるかだ。 これくらい出てれば十分使えますね! — こうくんぱぱ koukunspapa Mugen WiFiのネット上の良い評判についてリサーチしてみました。 結果、「容量が無制限で良い!」「繋がりやすい!」「配送が丁寧」といった内容が多かったです。 Mugen WiFiは容量が本当に無制限で使えるWiFiです。 また、クラウドSIMを採用しているため場所を選ばず繋がりやすい点も優れています。 また、通信速度は10Mbps前後で安定しておりpingも平均して50ms以下な上ににほとんどの場所で電波を拾うことができます。 Mugen WiFiは、WiMAXの3日で10GBの制限だと容量が少なすぎると感じている人や、光回線を引かずにモバイル回線だけで済ませたい人などに非常におすすめのWiFiです。 「Mugen-WiFi」の口コミ・評判まとめ ここまでで、Mugen-WiFiのネット上での悪い評判と良い評判をまとめてきました。 結果、「通信速度が遅い」「本当に無制限で快適」「配送が丁寧」といった内容が多かったです。 Mugen-WiFiはWiMAXと比べると通信速度が多少遅いです。 実測値で言うと10Mbps前後のことが多いですね。 ですが「本当に無制限」「料金も安い」「配送が丁寧で安心」など多くのメリットも存在します。 どちらかと言えばメリットの方が大きいので、メリットとデメリットを天秤にかけて納得できるようでしたら是非契約を検討してみてください。 「Mugen WiFi」の2つのデメリット… 2つのデメリット• Mugen WiFiの口コミや評価について一通り解説できたところで、Mugen WiFiのデメリットについても紹介していこうと思います。 Mugen WiFiには上記2つのデメリットがあります。 実測値で比較した場合、40Mbps前後の差があります。 Mugen WiFiは、クラウドsim上でソフトバンク・au・ドコモの回線を切り替えて通信しているため通信速度はソフトバンク・au・ドコモの回線速度に依存します。 平均して10Mbps前後、良くて20Mbps強程度が実際の速度です。 一方で、WiMAXは平均して30Mbps以上は速度が出ますし、良い時でしたら100Mbpsを越える事もあります。 Mugen-WiFiのデメリットについて紹介できたところで、メリットについても紹介していこうと思います。 Mugen-WiFiには、上記8つのメリットがあります。 この後から、8つのメリットについてそれぞれ詳しく解説していきます。 Mugen-WiFi契約前に是非目を通してみてください。 10,000円のキャッシュバックを貰った場合、Mugen WiFiは支払い総額が最安値のクラウドSIM WiFiとなります。 現状無制限WiFiの月額最安値は「ギガゴリwifi」の3,050円です。 例えば、25ヶ月契約で月額3,280円。 10,000円のキャッシュバックが貰えるWiFiの実質月額は下記のように計算します。 そこで、容量無制限で使い放題なことは「Mugen-WiFi」の大きなメリットの1つであると言えます。 Mugen-WiFiのクラウドSIMは、 日本国内の大手キャリア「ソフトバンク」「au」「ドコモ」全ての回線を受信可能なので日本国内であればほぼどこでも通信可能なんですよ。 一方で、WiMAXやポケットWiFiは通信できる回線が限られているので通信できないエリアが必ずあります。 クラウドSiMを採用しており、日本国内ならほぼどこでも通信できることはMugen-WiFiの大きなメリットの1つであると言えます。 Mugen-WiFiは2年間一律で月額3,280円で利用できます! その上、なるほどwifi限定で10,000円のキャッシュバックが貰えるので料金が非常にお得になっています。 一方で、WiMAXやポケットWiFiを見てみると月額料金は3,500円前後なことが一般的です。 高い場合は、4,000円を超える事もあります。 Mugen-WiFiとWiMAX・ポケットWiFiを比較した場合、速度以外の点でMugen-WiFiの方が圧倒的に優れていることはここまでで書いてきました。 モバイル回線を契約する場合、なるべく早く使いたいという人も多いと思います。 また、回線切り替えの場合などは端末が届くまでの期間は不便しますよね。 月額が若干高くなってしまいますが、海外旅行好きな人には便利な機能ですよね! 競合サービスと比較すると、 「翻訳機能」「充電機能」「地図機能」の3つの機能が付いているのは「Mugen WiFi」だけなんです。 Mugen-WiFiは、実際に使って見て満足できなかった場合最初の30日に限って「送料」以外の費用が返金される補償制度があります。 競合の他のサービスと比較しても、 返金保証制度を採用しているのは「Mugen WiFi」だけなんですよ! 万が一満足できなかった場合を考えると、30日間お試し全額返金保証がある点は大きなメリットであると言えますね! 上記からわかった!「Mugen-WiFi」をおすすめする人しない人 Mugen-WiFiのメリット・デメリットについて解説できたところで、Mugen-WiFiを「おすすめする人・おすすめしない人」についても紹介していこうと思います。 Mugen-WiFiの契約を考えているようでしたら、是非契約前に読んでみてください。 それでは、まず「おすすめしない人」から解説していきますね! 「Mugen-WiFi」をおすすめしない人… おすすめしない人• 気軽に持ち運べるルーターが良い人• 速度が速い回線で通信したい人• 当日今すぐ受け取れるWiFiを契約したい人 Mugen-WiFiをおすすめしない人は、上記のリストで紹介した3つのパターンがあります。 まずは、Mugen-WiFiは端末が大きくて重いのでポケットに入れて気軽に端末を持ち歩きたい人にはおすすめしません。 また、 通信速度は平均して10Mbps程度なので30Mbps以上の速度でサクサクネットを使いたい人はWiMAXを契約した方が良いでしょう。 その他、Mugen-WiFiは最短即日発送で翌日には受け取れるのですが当日受取はできません。 当日に端末を受け取りたいようでしたらやをおすすめします。 容量無制限で沢山通信したい人• 海外旅行が好きで年に2〜3回海外に行く人• Web閲覧やYoutubeなどが見られれば良いという人• なるべく安い料金でWiFiを契約したい人• 地方在住で繋がりやすいWiFiを契約したい人 Mugen WiFiをおすすめする人は、上記リストの5パターンがあります。 容量無制限である点と海外でも使える点がMugen WiFiの特徴なので、特に、無制限で通信したい人や海外旅行が好きな人にはおすすめです。 また、softbank・au・ドコモの3キャリアの回線で通信できて電波感度の点でも優れたWiFiなので地方在住で電波が繋がりにくい人にもおすすめです。 キャッシュバックが受け取れるキャンペーンページと、キャッシュバックが貰えるページの見分け方は簡単です。 飛び先ページに「なるほどWi-Fi」と表記されていれば1万円が貰える申し込みページとなります。 Mugen WiFiの申し込みで10,000円のキャッシュバックを受け取れるのはなるほどwifiだけです。 1万円損しないためにも、しっかりと確認して申し込んでくださいね! なるほどwifi限定のキャンペーンページには、下記ボタンを押すとアクセスできるので活用してください。 また、念のため簡単にNG例を紹介しておきます。 参考にしてください。 毎月や2ヶ月1回など頻繁に海外に行く人は、翻訳機能のついたアドバンスプランをおすすめします。 それ以外の人は格安プランで十分かと思います。 月額の差は600円ですが、2年に換算すると14,400円違うのでプラン選びは慎重に行うことをおすすめします。 また、格安プランとアドバンスプランでは使える端末が違います。 基本的に付けることをおすすめします。 Mugen補償プランを付けた場合、水濡れ・破損・全損の場合の端末交換費用が無料になります。 サポート費用は2年間で12,000円なので、1回端末を壊しまった場合8,000円得することになりますね! モバイルWiFiは持ち運ぶ物なので、破損してしまう機会が多いものです。 解約方法・解約違約金の順で解説していくので是非参考にしてください! 「Mugen-WiFi」の解約方法を3ステップで解説! Mugen-WiFiの解約方法• ぱっと見で解約違約金が非常に安いことがわかりますね! 特に、利用期間が1年未満での解約料金が安いです。 他社やWiMAX・PocketWiFiなどでは1年未満での解約には19,000円など高額な違約金が課させる場合がほとんどです。 また、 更新月以降は解約違約金がかからない点も非常に優れた点です。 2年以上契約すればいつでも自分の好きなタイミングで解約できて安心ですね! 「Mugen WiFi」に関する7つのFAQ 7つのFAQ• ここでは、記事本文中で書き切れなかったMugen WiFiに関する細かい疑問について解説していきます。 FAQ形式で7つ解説していきます。 ここまで記事を読んでみて解決しない悩みがあるようでしたら、是非目を通してみてください! Q1. 10,000円のキャッシュバックが貰えるって本当? A1. 本当です。 提携サイトのなるほどwifi限定で現金10,000円キャッシュバックキャンペーンを開催しています。 MugenWiFiの月額料金は初月日割り計算されるの? A2. MugenWiFiの初月月額は日割り計算されません。 損をせず使いたいのであれば、申し込みの際に「翌月初配送希望」の旨を伝えるのがおすめです。 無限WiFiで受信できるキャリアは? A3. 基本的に「softbank」「au」「docomo」の3大キャリアです。 ただし、前述の3キャリアの電波を借り受けたMVNO 楽天モバイルなど)の電波を受信することもあります。 MugenWiFiで使えるルーターはどこが作っているの? A4. 中国企業の「uCloudlink社」が製造・販売しています。 無限wifiのバッテリーはどのくらい持つの? A5. 「U2s」「G4」共に1日中利用することが可能です。 MugenWiFiの発送が遅れ気味って本当? A6. 大人気のため、時折発送が遅れることがあります。 MugenWiFiはキャンペーンを行っているの? A7. MugenWiFiでは、希にこういったキャンペーンを開催しています。 Mugen-WiFiとは、容量無制限で使えるポケットWiFiのこと!• Mugen WiFiのメリットは「容量無制限」「月額が安い」「キャッシュバックが貰える」• Mugen WiFiのデメリットは「速度が遅い」「端末が重い」• Mugen-WiFiは無制限で安いとてもおすすめのポケットWiFiです! 今回の記事では、Mugen WiFiを実際に使っている私が実際に使った使用感や評価・ネット上での評判・メリットデメリットなどについてまとめました。 Mugen WiFiを実際に3ヶ月以上使った私としては、使用感に大満足しています。 速度も速いですし、何より無制限で容量を気にしなくて良いのは楽ですね! また、 メリットデメリットについてですが「速度が遅い」「端末が重い」などのデメリットがある一方で「容量無制限」「月額が安い」「キャッシュバックが貰える」などのメリットがあります。 結論として、Mugen WiFiは容量無制限で使えて利用料金も安い非常におすすめできるポケットWiFiです。 また、 今ならなるほどwifi限定で10,000円の現金キャッシュバックが受け取れます。 Mugen WiFiの契約を考えているようでしたら、下記ボタンの飛び先から契約を検討してみてくださいね! 現金10,000円が受け取れるのは上記URLだけです!.

次の