削除 した ファイル ゴミ箱 に ない。 削除したデータがゴミ箱に入っていない時の対処法

右クリックで削除したファイルの復元方法

削除 した ファイル ゴミ箱 に ない

間違ってファイルを削除し、ゴミ箱を空にしましたか?フリーソフトを使用してゴミ箱から削除されたデータを復元する方法を学びましょう。 ファイル、ドキュメントなどの大事なファイルをうっかり削除した場合は、すぐパソコンを使用しないようにしてください。 何故というなら、大事なファイルを削除したら、もし続けて使用して、削除したファイルが上書きされてしまう可能性がありますので、復元できなくなるからです。 だから、こういう時すぐに空にするゴミ箱からする必要があります。 HDDに何かを書くのを止めなさい 復元する必要がある重要なファイルが入っているごみ箱を空にしたことが気付いたら、ハードディスクに何か書き込むのをやめてください。 ファイルがごみ箱から削除されたり空になったりすると、実際にはそれらのファイルは実際にはコンピュータから永久に削除されません。 代わりに、これらの削除されたファイルは、生データとしてハードディスクに保存されます。 データがファイルシステムに上書きまたは消去された場合にのみ、削除されたファイルは永遠に消えます。 ゴミ箱から削除されたファイルを復元する機会がまだあることを示しています。 間違った削除を気付いたときにできるだけ早く空のごみ箱を元に戻すことは賢明な選択です。 これらの復元ポイントを使用すると、永久に削除されたファイルを以前のバージョンに復元できます。 では次から、以前のバージョンから削除されたファイルをゴミ箱から復元する方法を見てみましょう。 最初に、デスクトップに削除したファイルまたはフォルダと同じ名前の新しいファイルまたはフォルダを作成ます。 (フォルダがドライブの最上位にある場合(たとえば、C:¥の場合は、ドライブを右クリックし、「以前のバージョンの復元」をクリックします)。 ファイルを右クリックし、「以前のバージョンを復元する」を選択します。 ここでWindowsは、恒久的に削除されたファイルまたはフォルダの以前のバージョンを検索し、異なる時刻と日付で一覧表示します。 最新のものを選択し、「復元」をクリックすると、完全に削除されたファイルやフォルダを簡単に復元できます。 システム保護を無効にすると、以前のバージョンがないので、コマンドプロンプトでデータを回復しようとすることができます。 方法 2:コマンドラインでゴミ箱から復元する コマンドプロンプトで空にするゴミ箱を元に戻し、誤って削除したファイルをすべて取り戻すことができます。 PCを起動するときにF8キーを押し、コマンドプロンプトでセーフモードを選択します。 「cd.. 」と入力し、Enterキーを押します。 Bin」、コンピュータがWindows XPを実行している場合は「cd RECYCLER」入力してEnterボタンを押します。 「cd」とタイプしてTabキーを押すと、ディレクトリ名が表示されます。 これを見た後、Enterを押します。 (下の図のように表示されます) 5. 」と入力>「dir」と入力し、Enterを押し>ren「ファイル名」と入力します。 これで、ごみ箱から削除されたすべてのファイルを見ることができます。 コマンドプロンプトを使用してすべての削除を元に戻すと、ファイル名は元のとおりには表示されません。 この方法にはリスクがありますので、初心者の場合は、この方法を試すことはお勧めしません。 方法 1:フリーソフトでゴミ箱から復元する この2つの方法で失敗した場合は、プロなデータ復元フリーソフトを使用することができます。 Recoveritの公式サイトからし、ゴミ箱から復元する方法を見てみましょう。 ステップ 1. 「Recoverit」を起動とメールデータの復元ウインドウを表示メニューには「ごみ箱の復元」を選択します。 ステップ 2. ゴミ箱復元のサブウインドウが表示されると、ごみ箱の削除されたデータをスキャンします。 ステップ 3. 復元したいファイルをチェック入れ、ウインドウの右下の「復元」をクリックすると復元を開始します。 知るべき:データのセキュリティを確保する無料バックアップソフト 空にするゴミ箱から削除されたファイルを復元することで多くの問題が発生した後、データのセキュリティを確保するため、バックアップを作る必要があります。 定期的なバックアップを作成することはファイルを偶発的な削除から保護するだけでなく、ウイルス、システム障害、HDD障害などからファイルを保護できます。 このフリーソフトを使用すると、増分バックアップを作成できるため、バックアップディスクスペースの問題を心配する必要はありません。 また、ユーザーフレンドリーなインターフェイスで、初心者でもを非常に簡単に操作できます。 ファイルをバックアップするには、次の手順を実行します。 手順 1. AOMEI Backupperを起動し、メインインターフェイスで、「バックアップ」をクリックし、「ファイルバックアップ」を選択します。 (ディスク全体を保護したい場合は、ディスクバックアップをクリックしてください。 手順 2. 次のウィンドウで、「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックし、保存先を選択します。 手順 3. 自動バックアップを定期的に設定するには、「スケジュール」をクリックします。 手順 4. そして、「開始」をクリックします。 誤ってゴミ箱を削除した場合は、AOMEI Backupperで作成したバックアップを使用して、削除したファイルを簡単に復元できます。 これで、空にするゴミ箱から削除されたファイルを復元するための多くの時間と労力を節約します。

次の

削除したデータがごみ箱にない

削除 した ファイル ゴミ箱 に ない

Windows10 削除したファイルを復元する ファイル履歴から復元する Windows10には「 ファイル履歴」という機能があります。 「ファイル履歴」とは、定期的にファイルのバックアップをとり、バックアップからファイルを復元することができます。 ファイル履歴をオンにする Windows10の設定でファイル履歴がオンになっていないとファイルを復元することはできません。 ファイル履歴をオンにする方法はこちらを参照してください。 参考ページ: 参考ページ: 削除したファイルを復元する それでは削除してしまった ファイルを復元してみましょう! まずはエクスプローラーを開きます。 削除してしまったファイルがもともとあったフォルダーを開きます。 フォルダーを開いたら、リボンにある「ファイル履歴」のアイコンをクリックします。 「ファイル履歴」のアイコンをクリックすると「ファイル履歴」がひらきます。 ファイルの復元 編集したファイルや削除したファイルの履歴の一覧が表示されます。 この中から復元したいファイルを選択し、下にある緑の復元ボタンをクリックします。 削除したファイルが復活し、元の場所に復元されました。 これで削除してしまったファイルを元の場所に戻して復元することができました。 このようにWindows10では、削除したファイルでもファイル履歴から元に戻すことはできますが、ファイル履歴がオンになっている必要があります。 もしものために、ファイル履歴はオンにしておきたいところですね。 以上、Windows10で削除したファイルを復元する方法でした。

次の

PCでファイル削除後もストレージ(HDDなど)の空き容量が増えない時の対策

削除 した ファイル ゴミ箱 に ない

ゴミ箱のゴミをそのまま削除する方法 ゴミ箱の中のゴミを確認しないで、そのまま削除する方法は次のようにします。 1.ゴミ箱アイコンの上で、「右クリック」します。 表示されたメニューの、「ゴミ箱を空にする」をクリックします。 2.削除の確認画面になります。 「はい」をクリックします。 3.ゴミ箱の中身が削除されて空になりました。 ゴミ箱を開いて空にする方法 1.ゴミ箱を「Wクリック」または右クリックの「メニューの開く」で、ゴミ箱を開きます。 2.中のゴミを空にするには、上の左にある 「ごみ箱を空にする」をクリックします。 3.削除の確認画面になります。 「はい」をクリックします。 4.ゴミ箱の中身が削除されて空になりました。 ゴミ箱の中身を選択して削除する方法 1.ゴミ箱を「Wクリック」または右クリックの「メニューの開く」で、ゴミ箱を開きます。 2.削除するファイルのアイコンを 「右クリック」します。 メニューの 「削除」をクリックします。 3.削除の確認画面になります。 「はい」をクリックします。 3.ファイルが一つ削除されました。 選択して削除する場合は、このようにします。 ゴミ箱のゴミを元に戻す方法 すべての項目を元に戻す方法 「すべての項目を元に戻す」をクリックすると、ゴミ箱の中のファイルなどが元の場所に戻ります。 選択した項目を元に戻す方法 1.元に戻すファイルを選択します。 その後に、「選択した項目を元に戻す」をクリックすると、選択したファイルだけが元に戻ります。 2.選択した項目は元に戻リました。

次の