ツイン ビクトリー データ。 5/11(月) ツインビクトリー益田店

デジタルツインとは何か? 最新事例から読み解く、取り組むメリット フロスト&サリバン連載~産業別に見るICTのインパクト~|ビジネス+IT

ツイン ビクトリー データ

IoT(モノのインターネット)活用やデジタル変革の流れの中で耳にすることが多くなった「」。 このデジタルツインとは何かを5分で分かるように簡単に分かりやすく解説します。 デジタルツインとは デジタルツインとは、そのまま「デジタルの双子」を意味します。 フィジカル空間の情報をIoTなどを活用して、ほぼリアルタイムでサイバー空間に送り、サイバー空間内にフィジカル空間の環境を再現します。 デジタルツインの環境を活用することで、フィジカル空間のモニタリングを行える他、シミュレーションなどを行うことができます。 つまり、このサイバー空間でシミュレーションを行った結果から、現実世界における将来の故障や変化を予測できるというわけです。 この点がデジタルツインで最も大きく期待されている点だといえます。 そもそも、デジタルツインが注目を集めるようになったのはIoTの普及があったからです。 従来は物理世界の情報をデジタル化するためには、入出力作業などで人手が必要となり、その負担が大きかったためサイバー空間に入力されるデータの量はある程度限定されており、フィジカル空間をそのまま再現するようなことは難しいものでした。 しかし、IoTにより、データを自動的にリアルタイムで取得し続けることが可能となりました。 その結果、ある一定の指標のもとでは、物理世界を仮想世界に再現することが可能となり、デジタルツインが実現できるようになったのです。 IoTと一緒に語られる仕組みとして「サイバーフィジカルシステム(CPS)」がありますが、デジタルツインともほぼ同義で使われています。 どちらも概念ですので、明確な違いはないのですが、あえて違いを見いだすと、CPSはより個別の指標におけるデータ活用のサイクルを示しており、デジタルツインはそのデータの集合体としてサイバー空間に再現した物理モデルを意味しているといえます。 IoT活用の基本的な仕組みとなる「CPS(サイバーフィジカルシステム)」(クリックで拡大)出典:MONOist編集部で作成 デジタルツインの価値を分かりやすく示したFIFAワールドカップ デジタルツインやCPSを最も分かりやすく示していた例が、2018年6〜7月に開催された「2018 FIFAワールドカップロシア大会」で見られました。 同大会は「初めてのデジタルワールドカップ」と呼ばれるほど、デジタル技術が駆使されていました。 これはFIFAが今回のワールドカップに出場した全チームに提供した、選手の挙動を記録し、分析できるようにしたシステムです。 カメラによる光学トラッキングシステムでボールや選手の動きをリアルタイムで取り込み、分析、可視化などを行えるようにしました。 大会中は2台のタブレット端末を、監督らのベンチと、俯瞰した場所で試合を見るデータ分析担当者に渡し、データ分析担当者はEPTSのリアルタイム情報を分析しながら、監督に采配の指標や意見などを送ったといいます。 選手の位置情報などはカメラから取得しますが、認証されたデバイスを選手が取り付けていれば、心拍数などのフィジカルコンディションなども取得可能となり、疲労度などに応じた選手交代なども可能だとしています。 選手のリアルタイムの情報などをカメラを通じて常に取り込みサイバー空間で試合の様子を再現します。 こうした仕組みがまさにデジタルツインの価値だといえるのです。

次の

ビクトリースロット

ツイン ビクトリー データ

デジタルツイン デジタルツインとは、工場や製品などに関わる物理世界の出来事を、そっくりそのままデジタル上にリアルタイムに再現するという意味です。 実際に製造する工場や出荷する製品を、システム上にあたかも双子のように現実世界を模したシミュレーション空間を構築し、現実の工場の制御と管理を容易にする手法です。 次世代のものづくりにおける重要なコンセプトであり、インダストリアル4.0を支える重要な技術とされています。 (インダストリー4. 0とSAPの取組み 2015年7月16日 SAPジャパン株式会社 インダストリークラウド事業統括本部 村田聡一郎 より) コンピ ュータ上で実際の動きと同じもの再現できるようになることによって、製品設計や製造ラインの一部を変更しようというとき、実際に変更する前に現実に近いシミュレーションが可能となります。 コンピュータ上で設計・検討などが行えるということは、例えば製品開発において、その複数の開発プロセスの工程を同時並行で進め、情報共有や共同作業を行なうことで、開発期間の短縮やコストの削減を図るいわゆるコンカレント・エンジニアリングに貢献することになります。 各社のデジタルツインの取組 GE Digital Twin(デジタルツイン)というコンセプトを導入し、デジタル製造業へと変貌しようとしているのがゼネラル・エレクトリック(GE)社です。 例えば、飛行機の飛行データやエンジンの詳細なデータ、粉塵などのデータをIoT技術で収集してデジタルツインを構築することでエンジンのオーバーホールの適切時期での実施を実現しコストの削減を図ることを行っています。 また、風力発電所から送られてくるデータを基に、バーチャル上に構築されたそれぞれの風力発電所を模した仮想発電所(デジタル・ツイン)において、発電機が最も効率良く稼働するようタービンを個別にカスタマイズし、発電所全体を最適な状態に維持するということも行っています。 これらはGEがインダストリアル・インターネット用に特別に開発したソフトウェア・プラットフォーム『Predix』上に構築されます。 Predixは、Industrial Internetを実現するためのクラウド用コンピュータのOSで、Predix上に「data lake」と呼ぶストリームデータを収集・蓄積・分析するデータベース機能があり、「Predictivity solutions(予測可能ソリューション)」と呼ぶ用途別のアプリケーション群を稼働させるというものだそうです。 predix. 2015年4月の「ハノーバー・メッセ2015」で「マセラティ ギブリ」とともにリアルコンポーネントとバーチャルコンポーネントの間の相互作用を製造現場におけるインタラクティブなデジタル化をテーマに展示していました。 2015国際ロボット展においてもデジタルツインのデモンストレーションを行っていたようです。 PTC 2015年6月に東京ビッグサイトで行わた「第26回設計・製造ソリューション展」で、米国の大手CAD/PLMベンダーであるPTCが自転車を用いてデジタルツインのデモンストレーションを行っていました。 自転車に搭載されたセンサーが計測するデータがネットワークに接続されたPCに送信され、クラウド上で解析されてビジュアル化されるというものです。 deskeng.

次の

6/11(木) ツインビクトリー益田店

ツイン ビクトリー データ

デジタルツイン デジタルツインとは、工場や製品などに関わる物理世界の出来事を、そっくりそのままデジタル上にリアルタイムに再現するという意味です。 実際に製造する工場や出荷する製品を、システム上にあたかも双子のように現実世界を模したシミュレーション空間を構築し、現実の工場の制御と管理を容易にする手法です。 次世代のものづくりにおける重要なコンセプトであり、インダストリアル4.0を支える重要な技術とされています。 (インダストリー4. 0とSAPの取組み 2015年7月16日 SAPジャパン株式会社 インダストリークラウド事業統括本部 村田聡一郎 より) コンピ ュータ上で実際の動きと同じもの再現できるようになることによって、製品設計や製造ラインの一部を変更しようというとき、実際に変更する前に現実に近いシミュレーションが可能となります。 コンピュータ上で設計・検討などが行えるということは、例えば製品開発において、その複数の開発プロセスの工程を同時並行で進め、情報共有や共同作業を行なうことで、開発期間の短縮やコストの削減を図るいわゆるコンカレント・エンジニアリングに貢献することになります。 各社のデジタルツインの取組 GE Digital Twin(デジタルツイン)というコンセプトを導入し、デジタル製造業へと変貌しようとしているのがゼネラル・エレクトリック(GE)社です。 例えば、飛行機の飛行データやエンジンの詳細なデータ、粉塵などのデータをIoT技術で収集してデジタルツインを構築することでエンジンのオーバーホールの適切時期での実施を実現しコストの削減を図ることを行っています。 また、風力発電所から送られてくるデータを基に、バーチャル上に構築されたそれぞれの風力発電所を模した仮想発電所(デジタル・ツイン)において、発電機が最も効率良く稼働するようタービンを個別にカスタマイズし、発電所全体を最適な状態に維持するということも行っています。 これらはGEがインダストリアル・インターネット用に特別に開発したソフトウェア・プラットフォーム『Predix』上に構築されます。 Predixは、Industrial Internetを実現するためのクラウド用コンピュータのOSで、Predix上に「data lake」と呼ぶストリームデータを収集・蓄積・分析するデータベース機能があり、「Predictivity solutions(予測可能ソリューション)」と呼ぶ用途別のアプリケーション群を稼働させるというものだそうです。 predix. 2015年4月の「ハノーバー・メッセ2015」で「マセラティ ギブリ」とともにリアルコンポーネントとバーチャルコンポーネントの間の相互作用を製造現場におけるインタラクティブなデジタル化をテーマに展示していました。 2015国際ロボット展においてもデジタルツインのデモンストレーションを行っていたようです。 PTC 2015年6月に東京ビッグサイトで行わた「第26回設計・製造ソリューション展」で、米国の大手CAD/PLMベンダーであるPTCが自転車を用いてデジタルツインのデモンストレーションを行っていました。 自転車に搭載されたセンサーが計測するデータがネットワークに接続されたPCに送信され、クラウド上で解析されてビジュアル化されるというものです。 deskeng.

次の