知らなくていいコト ドラマ 評価。 重岡大毅の演技は下手?上手い?知らなくていいコトで評価が真っ二つに!

重岡大毅の演技は下手?上手い?知らなくていいコトで評価が真っ二つに!

知らなくていいコト ドラマ 評価

ついに、乃十阿に会いに行ったケイト。 しかし、乃十阿はケイトを追い返そうとして。。 こちらの記事では、ドラマ『知らなくていいコト』6話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます! ドラマ『知らなくていいコト』6話のあらすじネタバレと感想 自分が杏南あんな(秋吉久美子)の娘だと乃十阿のとあ(小林薫)に告げたケイト(吉高由里子)。 しかし、高村は「話せることはない」「乃十阿も事件以前の人間とは関わりたくないはず」の一点張りで、結局追いかえされてしまいました。 そんな中、次週の記事のネタを探すケイトは実力派人気棋士・桜庭洋介さくらばようすけ(田村健太郎)の妻・和美かずみ(三倉茉奈)から、女優の吉澤文香よしざわふみか(佐津川愛美)と夫が不倫していると直々のタレコミを受けます。 二人のラブラブな不倫メールを証拠として差し出し、桜庭が社会的制裁を受けて自分のもとに戻ってくるようにしてほしいと話す和美。 しかし密会場所の連絡には将棋の棋譜を使った奇妙な暗号が使われていて……。 早速二人を尾行するケイトたちだが不倫現場を押さえるのに難航。 そんな中、和美が入手した新たな暗号メールを見たケイトは、高校時代に将棋部主将だった春樹はるき(重岡大毅)に棋譜の解読を頼みます。 その夜、和美から続々送られてくる不倫の証拠メールを自宅で一人見ていたケイトは、『会いたい』という言葉の応酬に、自分の中の尾高に会いたい気持ちを強く自覚。 翌日、岩谷いわたに(佐々木蔵之介)によって桜庭の不倫が次週のネタに本採用され、不倫現場を狙った特集班のチームワークが本格始動することに。 春樹は解読に成功し、それを元にケイトはあるホテルで桜庭たちを張り込みます、 張り込みには成功するものの、2ショットは抑えられず。 岩谷の判断で、掲載は次に2ショットが抑えられれば本人たちに直接取材をし、無理なら今ある情報を掲載することになりました。 結果、2ショットと取材に成功。 しかし、これでよかったのかと悩むケイト。 そんな中、ケイトは尾高から「俺の心の中にいつもケイトがいる」と言われた上にキスをされ…! 以上が「知らなくていいコト」6話のネタバレ。 尾高さん、ついに不倫に走ってしまいました。 より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください! ドラマ『知らなくていいコト』7話のあらすじは? 2020年2月19日 水 放送のドラマ『知らなくていいコト』7話のあらすじをご紹介します。 尾高おだか(柄本佑)も自分と同じ気持ちだと知ったケイト(吉高由里子)は、不倫を追う立場でありながら道ならぬ恋に惹かれることに罪悪感を抱くが……。 翌日、高熱を出した黒川くろかわ(山内圭哉)に代わりデスク代理に指名されたケイトは校了前日の編集部で激務に追われる。 そんな中で編集部には次々とトラブルが発生!マネージャーの恫喝を記事にされた演歌歌手(小沢真珠)が殴り込みに訪れたと思ったら、右トップを飾る予定だった政治記事の告発者が突然掲載の撤回を要求しスクープ記事が飛ぶピンチに! 連載を抱える大物作家の接待に駆り出された岩谷いわたに(佐々木蔵之介)が不在の中、編集部は一丸となってトラブル解決に駆け回る。 一方、岩谷は気難しい作家との食事会を盛り上げると後を連載班に任せて急いで編集部へ向かうが……。 さらに、疲労と活気と混乱が渦巻く編集部には、あることでケイトに恨みを抱いた人物が刃物を手に近づいていた……!週刊イースト始まって以来の大惨事、襲撃事件が発生する!ケイトは襲撃者に刺され……!!そして、ケイトと尾高の関係に屈折した思いを抱く春樹はるき(重岡大毅)は、ケイトの父が殺人犯・乃十阿徹のとあとおる(小林薫)であることをある相手に漏らそうとしていた……。 より引用 まとめ ドラマ『知らなくていいコト』6話のあらすじネタバレと感想と7話のあらすじをご紹介しました。 尾高さんがケイトにキスをしてしまいました。 尾高さんとケイトの関係が気になりますね。 尾高さんは離婚するのか? それとも…?.

次の

「知らなくていいコト」へのクチコミ(口コミ)

知らなくていいコト ドラマ 評価

ドラマ「知らなくていいコト」10話(最終回) あらすじ 30年前、乃十阿(小林薫)が幼い息子をかばって罪をかぶった可能性を聞いたケイト(吉高由里子)は、乃十阿の息子が住むドイツへと旅立っていた。 ケイトの暴走を知った尾高(柄本佑)は、当時3歳だった息子に事件の真相を聞いても無駄だと止めようとするが……。 ケイトは、乃十阿が息子をかばった気持ちを理解しているような尾高に複雑な思いを抱く……。 そんな中、帰国したケイトを待っていた岩谷(佐々木蔵之介)は、再び事件の真相についての手記を書くようケイトに迫る。 乃十阿が人生をかけて守ろうとした秘密を暴き、その息子の人生を狂わせる記事を発表することに抵抗するケイトだが、岩谷は「ケイトがイヤなら俺が書く」と編集部の選抜メンバーで30年前の事件の裏取りに動き出す! 自分抜きで進む事件の真相解明を複雑な思いで見るケイトだが……。 数日後、会議室に呼ばれたケイトは、新しい証拠と共に、母・杏南(秋吉久美子)と自分の存在も事件に無関係ではなかったと思わせる証言について聞く……!その頃、会社を休み続けている野中(重岡大毅)は、孤独の中で、ある決断をしようとしていた。 記者として人として記事を書くことに揺れるケイトはその夜、尾高から「話したいことがある」とスタジオに呼ばれる……。 先の見えない二人の関係に意外な結末が待っていた。 そして、乃十阿の事件の先にケイトが見つけたある答えとは……。 ntv. 一緒にキャンプに行った家族から当時の写真を入手した。 写真の後方にはウォーターサーバーに草を入れる乃十阿の息子が写っていた。 弁護士の仮説を裏付ける証拠になる。 さらに乃十阿徹(小林薫)の奥さんが乃十阿とケイトの母・真壁杏南(秋吉久美子)との不倫に苦しんでいたという情報も得た。 不倫相手との間に子どもが出来たと知った乃十阿の嫁は情緒不安定に陥っていた。 それでも乃十阿の嫁は夫婦関係を修復させようとキャンプを計画した。 母と自分もあの事件と無関係ではないと知ったケイトはますます記事を発表することに抵抗を覚える。 話があるとケイトを呼び出した尾高(柄本佑)。 尾高はケイトに乃十阿が無実だという記事を書くべきだという。 ケイトはいまだに悩んでいる。 ドイツにいた乃十阿は何も知らない。 それでも真実を書くべきだという尾高。 ケイトは自分と違って才能がある。 命を削って真実を書くべきだ。 熱弁する尾高。 「ケイトには誰にも書けない記事書いて欲しい」 乃十阿だって初めは傷つくかもしれないが、いずれは娘の手で無実を証明されたことを喜ぶはずだ。 「俺はそういう命削って真実に向き合っているそういうケイトが好きなんだ。 結婚しよう。 ケイトがいないともう辛い。 ケイトもそうだと思いたい」 尾高は離婚を承知してもらったという。 あとは離婚届けを出すだけで今は子どものことで話し合っているらしい。 「尾高さんが好き。 死ぬほど好き。 尾高さんが欲しい。 全部欲しい。 一緒に生きていきたい」 しかし離婚しないで欲しいと言うケイト。 尾高には子どもを捨てて欲しくない。 尾高が乃十阿が息子を庇ったことに共感していたことにケイトは気づいていた。 「親としての心を失った尾高さんは嫌なの。 好きだけど、そんな尾高さん嫌いなの。 受け入れられない。 尾高さんから言われた言葉胸に刻んで記事書くね」 そう行って去ろうとするケイトを後ろからハグする尾高。 「なあ。 俺と一緒になってくれよ。 二回も俺のことフるなよケイト」 そして尾高は強引にキスする。 今までの尾高とのラブラブシーンを思い出し泣きながら記事を書くケイト。 尾高は帰宅。 家には赤ちゃんが置き去りにされていた。 妻が子供を置いて出て行ったのだ。 離婚届けも置かれていた。 親権者の欄には尾高の名前が書かれていた。 ケイトの記事が出来上がった。 そこに野中(重岡大毅)がやってきた。 編集長に退職届けを差し出す野中。 そんで大声で 「みなさん!真相スクープに真壁さんを売ったのは僕です!」 と告白w 「無実だったんだ。 大スクープだ」 ケイトが殺人犯の子供ではないことを知った野中はパニック。 「じゃあ、なんで俺たち別れたんですか?」 「ケイトにはもう尾高がいる。 お前と別れて大正解だ」 「僕は小説家になりますので!!!真壁さんのアドバイスで!!!」 捨てセリフを吐いて強制退場させられた野中www 結局、社長の指示で乃十阿の記事は掲載されないことになった。 必死で記事を書いた一週間なんだったんだろう? 「私たちもどる?子ども一緒に育てよっか?」 「そういうケイト好きじゃないね。 ほんとタイミング悪いよね俺たち」 ケイトは乃十阿に記事を読ませにいく。 【最後まで乃十阿は真壁ケイトを娘だと認めなかった。 本妻の息子の罪を被り学者としての将来も人生も捨てて息子を守り、その後、乃十阿はケイトがどんなに聞いてもケイトを自分の子だと認めなかった。 認めなかったことで乃十阿はケイトを守ったと言える。 この世には知らなくていいコトがある。 乃十阿はそう考えているに違いない】 乃十阿は記事を読んでも何も言わない。 記事を突き返す乃十阿。 ケイトは記事を燃やす。 2023年4月。 週刊イーストは黒川が編集長になり、岩谷は局長になった。 ケイトはデスクに昇進。 このメンバーでフツーのお仕事ドラマが見たかったな。 父親が30年前に起こった連続殺人事件の犯人ってところが「テセウスの船」と設定が似ていますが、あの超絶ファンタジードラマより現実味のない話だと思った。 世間を賑わすような殺人犯が30年で出所できたことや出所後に本名で自転車屋を経営してるところとかなかなか非現実的。 お偉いさんの罪を被っての冤罪とかだったら現在の生活も理解できたんだけどね。 ケイトと尾高の不倫の件 不倫って当人たちにしか分からないことだと思うんですよね。 私は普段、現実の人たちが不倫をしていても叩いたり憶測でものを言ったりしないんですが、これはドラマなので言わせてもらう。 初めて柄本佑にトキめいた。 しかし6話の濃厚キッスから私の中での尾高の評価はだだ下がり。 結局は目先の誘惑に勝てなかった男なんだなーって😩 「元カノが忘れられないから離婚して欲しい」「子どもの面倒見てくれ」って奥さんが可哀想すぎる。 そりゃあケイトも「そんな尾高さん嫌い」ってなるわな。 しかしそんな奥さんも赤ちゃんを置き去りにするのはどうかしてるw 尾高の帰宅が遅かったら赤ちゃん死んでるでしょ。 赤ちゃんが1番かわいそう。 んで、ケイトもケイトで「私たちもどる?子ども一緒に育てよっか?」ってw でもまあ、これは尾高が離婚してシンファザになったので言えた言葉なわけで、嫁に子どもを押しつけてケイトと再婚しようとしていた尾高よりかはマシな発言だとは思います。 そんな感じで結局は結ばれなかった2人。 こっちについてはなかなか現実的だったんじゃないかと思う。

次の

日テレドラマ「知らなくていいコト」最終回に非難殺到!ケイトの不倫の結末に「魔性の女!」「身勝手!」「後味悪すぎ!」: J

知らなくていいコト ドラマ 評価

吉高由里子 吉高由里子が主演を務めた日本テレビ系連続ドラマ『知らなくていいコト』(水曜午後10時~)が11日、最終回(第10話)を迎え、自己最高の10. 6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)をマークし有終の美を飾った。 しかし、全話平均視聴率は9. 2014年前期のNHK連続テレビ小説『花子とアン』でヒロインに起用された吉高は、同作が平均22. 17年1月期『東京タラレバ娘』(日テレ系)は11. 4%をマークするヒット作となった。 だが、よかったのはここまで。 18年4月期『正義のセ』(同)が9. 8%と1ケタ台に終わると、昨年4月期『わたし、定時で帰ります。 』も9. 8%で2ケタに乗せられず。

次の