朝日 新聞 マスク。 安倍首相が皮肉った朝日新聞の3300円マスク 製造元の本音

【コロナ禍】「朝日新聞」通販ショップがひどい 2枚で3300円の布マスク

朝日 新聞 マスク

新型コロナウイルスの感染拡大防止の一環で、安倍晋三首相が洗濯して繰り返し使える布マスクを5千万余りある全世帯に2枚ずつ配る方針を表明した。 布マスクの効用をめぐっては、専門家の間でも懐疑的な見方が多い。 九州大学大学院の矢原徹一教授(生命科学)は「国は布マスクの配布に加え、子どもたちのために自作するよう要請しているが、適切ではない」と指摘する。 布マスクは織り目のサイズが大きいため、飛沫(ひまつ)を防ぐ効果が小さい。 また繰り返し洗って使う場合、管理が悪いと雑菌がはびこる可能性があり、かえって不衛生になる可能性も挙げる。 5年前に英国の医学誌に発表された論文では、1607人の医療従事者を、医療用マスクをつける人、布マスクをつける人、マスクをつけたり外したりする人にわけて感染リスクを比べたところ、布マスクをつけた人がもっとも呼吸器疾患やインフルエンザ症状を示した人が多かったという。 WHO(世界保健機関)は、新型コロナ感染拡大期における布マスク使用について「いかなる状況においても勧めない」と助言している。 聖路加国際大学の大西一成准教授(公衆衛生学)も「布マスクには他者からの感染を防ぐ効果はまったく期待できない」と話す。 布マスクとの間に不織布を挟むというアイデアもあるが、顔との間に隙間ができてしまうため、効果は限定的という。 ただ、大きな飛沫をせき止め、のどを保湿する可能性はあるため「他人にうつさないという目的を考えれば、『つけない』という選択肢はない」と話す。 (岡崎明子).

次の

布マスク、今後さらに8千万枚を配布 不要論でも発注済 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

朝日 新聞 マスク

安倍晋三首相が17日の記者会見で、朝日新聞社の通信販売サイトが2枚3300円で販売するマスクを取り上げたことについて、製造元の繊維メーカーがある大阪府泉大津市の南出賢一市長は22日、首相官邸を訪れた。 SNSで価格に批判が出たことなどから、木原稔首相補佐官と面会し、マスク不足の解消に向けた同市の取り組みの意義を説明した。 朝日新聞社が運営する通信販売サイト「朝日新聞SHOP」が販売していたのは、「繊維のまち」として知られる泉大津市の老舗繊維メーカー「大津毛織」の布マスク。 南出氏らの呼びかけに応じ、マスク不足の解消を目指し手作りで製造、定価3300円(税込み)で販売していた。 記者会見では、朝日新聞記者が全世帯へ布マスクを2枚ずつ配布する政策などに批判があるとして、質問した。 これに対し、首相は「御社のネットでも布マスク3300円で販売をしておられたということは承知をしておりますが、つまりそのような需要も十分にある中において、我々もこの2枚の配布をさせていただいた」と答えた。 首相の発言を受け、SNS上では価格に対する批判や、品質の良さを評価する投稿が相次いだ。 南出氏は木原氏と面会後、記者団に対し、首相発言によって価格に批判が出たことなどについて「若干残念なところは当然ある」「現場のモチベーションがちょっと下がってしまった」と述べた。 一方、大津毛織の布マスクについて「150回繰り返し洗っても使える」と品質の良さも紹介した。 木原氏からは首相からのメッセージとして、「決してこの2枚3300円が高いと言っているのではなく、それだけの価値があるものだと、日本のものづくりの技術が結集されたものだと認識している」と伝えられたことを明らかにした。 朝日通販サイト、来月再開予定 緊急事態宣言前に受注停止 朝日新聞社が運営する通信販売サイト「朝日新聞SHOP」は、一時的に受注を停止していた大阪府泉大津市の繊維メーカーが作った布マスクの販売を5月に再開する予定だ。 マスクの販売は3月20日から始めた。 だが、新型コロナウイルスの感染拡大や4月7日に予定されていた政府の緊急事態宣言の影響で物流が滞ることが予想されたため、同SHOPはマスクも含めた全商品の受注を6日に停止。 その後、物流が改善してきたため、同SHOPで販売を再開できる見通しとなった。 マスクは裏表のガーゼの間に不織布や脱脂綿を挟んだ立体4層構造で、飛沫(ひまつ)が通過しにくく、繰り返し洗える耐久性を兼ね備えている。 同SHOPはホームページで「ものづくりへの志を高くかかげるメーカーのみなさまと提携し、お客様によい商品をお届けすることに尽力してまいります」とコメントした。

次の

“布マスク批判”を指摘の朝日記者に首相が反撃 「御社も3300円で販売」

朝日 新聞 マスク

洗ってくり返し使える、繊維の街・泉大津製の布マスク。 マスクは今、使い捨てでなく、くり返し使えるものが求められています。 大津毛織 創業103年 製の本品は、名前の通り、洗うことでくり返し使えるマスクです。 抗ウイルススプレーを吹きつけた後や界面活性剤入り洗剤で洗うことで、付着したウイルス対策にも。 表裏2層のガーゼの間には、医療用レベルの脱脂綿と不織布シートをはさんだ4層構造。 飛沫や花粉との接触が避けられます。 キルティング加工ならではの立体構造で、外周は密着しつつ、内部は肌との間に空間ができ、息苦しさが少なく口紅やメイクも付着しにくいのが特長です。 ガーゼの気になる毛羽立ちを抑えた「毛焼き」工程を経るなど、大阪・泉大津に伝わる綿布産業の細やかな技術を生かし、ていねいに作られています。 色みは生成り。 肌に触れるものなので自然に近い形で仕上げるべく、糸や布地を強い薬剤で加工・漂白をしてません。 綿花の額が黒い点で生地に残っているのがその証です マスク表面の黒い点は素材由来のものです。 安心してご使用ください。 男女兼用のフリーサイズ、子どもにも。 ゴムひもの長さを調整して着用ください。 外出時に必須のこの時期、洗濯中も着用できるよう、2枚で1セットにしました。 家族の人数分のセット数をお求めください。 【通販朝日】カタログ掲載商品• 【特集】• 展覧会カタログ・グッズ• 仏像・フィギュア・工芸・複製画• 趣味・健康・美容• インテリア・寝具・家具・収納• キッチン・掃除・バスグッズ• 雑貨・日用品・防災グッズ• 家電・冷暖房• 文具・画材• ファッション・旅・身のまわり小物• 時計・メガネ・アクセサリー• 高校野球・イベントグッズ• 書籍・DVD• 供養・エンディング• 食品・飲料•

次の