大阪 シェアハウス。 絆家シェアハウス|大阪・天下茶屋|コミュニティシェアハウス|株式会社絆人

関西(大阪・兵庫・京都)のシェアハウス

大阪 シェアハウス

どこに行くにも便利な立地です。 家の近くは下町の雰囲気が残る昔ながらの商店街と閑静な住宅街の中にあり、スーパーやコンビニまでも歩いて3分と住みやすい場所です。 そんな想いでスタートした絆家シェアハウス。 「ありがとう」「おかえり」「ただいま」「がんばって」 毎日の生活で温かい言葉が飛び交い、お互いに応援し合える関係がここにはあります。 部屋 タイプ 広さ 帖 家賃 共益費 状況 101 個室 8. 9 56000 15000 【空室】 102A 男性ドミトリー 10. 1 28000 12000 【空室】 102B 男性ドミトリー 10. 1 28000 12000 【空室】 102C 男性ドミトリー 10. 1 28000 12000 満室 102D 男性ドミトリー 10. 1 28000 12000 満室 201 個室 8. 9 56000 15000 【空室】 202 個室 8. 9 56000 15000 満室 203 個室 8. 9 56000 15000 【空室】 204 個室 8. 9 56000 15000 【空室】 205 個室 8. 9 56000 15000 満室 206A 女性ドミトリー 10. 1 28000 12000 【空室】 206B 女性ドミトリー 10. 1 28000 12000 【空室】 206C 女性ドミトリー 10. 1 28000 12000 満室 206D 女性ドミトリー 10. 1 28000 12000 満室 301 個室 17. 8 65000 15000 【空室】 302 個室 17. 8 65000 15000 満室 303A 女性ドミトリー 10. 1 28000 12000 【空室】 303B 女性ドミトリー 10. 1 28000 12000 【空室】 303C 女性ドミトリー 10. 1 28000 12000 【空室】 303D 女性ドミトリー 10. 1 28000 12000 満室.

次の

大阪/女性専用のシェアハウス検索サイト【シェアーズ】

大阪 シェアハウス

部屋数は約100室と大型のシェアハウスです。 外人の数も凄く多く、シェアハウス内は英語が凄く飛び交っていました。 英語の力を身につけたい方にとってはホントに勉強になるシェアハウスだと思います。 立地も喜連瓜破駅から徒歩6分と、すぐに地下鉄にのることができます。 他にも、ショッピングセンターが歩いて1分もかからないのところにあったり、コンビニもすぐ近くにあったりかなり便がいいです。 そうです。 関東で5棟やっていて、関西で2棟でやっていて、合計で7棟やっています。 マネージャーは各大型物件に1名ずつ配置されていて、契約書でチェックインするところからお見送りするチェックアウトまでほぼすべてのことを行います。 また、マネージャーになるためにはバイリンガルである必要があります。 ー シェアハウスに関係するお仕事をしようと思ったのはなんでですか? 僕は大学を卒業して旅行会社で働いていて、そこでは英語を勉強する機会が多くありました。 ただ、日本に帰って来て、「せっかく英語を勉強したのに使う場所がない」と思いました。 それから、「英語を使う場所がないのをなんとかしたいな」と思っていたときに、バックパッカーズに向けたゲストハウスが東京でも増えていて、それに触れることがありました。 「これは凄く面白い!」と思い、このゲストハウスを自分が住んでいる神戸市でも出来ないかと思いました。 神戸では住んでいる外国人も多くいて、それをつなげることによってもっと英語を喋る機会が多く増え、面白くなるだろうと。 そんなことを考えていたときに、僕が思っていたこととほぼ合致するこの会社からたまたまチャンスを頂いて今があります。 ー 住人と運営者の距離感はどうですか? 住んでいる人との距離感は凄い近い仕事だと思います。 お客さんとスタッフという関係ではなくて、ホント友達のような感覚で働けます。 ただ、もちろん何か問題があれば、それを注意したりします。 また、僕がここに来てから住人みんなに言っていることの一つなんですけど、僕の仕事は建物の管理やライフラインの管理などのハード面も行うんですが、それだけでなくてソフト面のメンテナンスもしていかないといけないと言っています。 そして、これはホテルマネージャーやマンションの管理人などの仕事とは大きく違うところだと思います。 それらの仕事とは違って僕の仕事は住人同士のメンテナンスや均衡を図ったり、ケアを行わないといけません。 それで言葉を交わしてつながりが出来ていってます。 それって他ではありえない出会いだと思います。 ま た、ここにいる人達はみんな勉強していることが違います。 で、こういう国際交流ができるところに集まる人達は大体文系の語学を学んでいる方が多くいると思 います。 でも、それ以外に建築とかデザインとか工学、理学、医学などの専門分野を学んでいる方が、『違う視点が欲しいから』という理由で来れられます。 そして、そういった方達と交わるのは凄く楽しいです。 他にも、うちのシェアハウスのリアルな話をすると、入ってきて頂いて友達になって、一緒に旅行に行くとか、結婚されている方も毎年1組以上います。 また、今まで入居されていた方が週末に遊びに来てくれたり、パーティーの時に顔を出しに来てくれたりします。 ー このシェアハウスに入居したいって方はどんな人が多いですか? 女性がとても多いです。 それで、最近は20代後半から30代前半の社会人の方が多いです。 ー このシェアハウスのルールとかありますか? 入居者同士が気持ちよく過ごせるようなものはあります。 それは、日常で誰もが当たり前にやっているようなことばかりです。 なので、生活に制限が出るようなものは特にありません。 何時に帰って来てもいいようにセキュリティーもついてますし、恋愛も全然オッケーですし、ゴミ出しとかも業者が入って行います。 ただ、次の人が気持ちよく使えるように心がけるようにするところくらいです。 ただ、毎回心がけてやるとしんどいと思うんですが、それが心がけずに自然に出来ている人がほとんどです。 また、日本の方も同様に。 で、例えば旅行に行って帰って来たときに『どうだった?』って聞かれると思います。 ホント常に日本語でない言葉が飛び交い合っていました。 英語をこれから学びたい人にとってはすぐに上達できる環境だと思います。 また、みんな凄くフレンドリーですぐに友達もでき、色々な国の方がいるので、いろんな国のことを知ることができるのではないかと思います。 僕も凄く楽しむことができました。 大体、日本に来る外国人はアジア系の人がほとんどなんですが、僕が行ったときにはヨーロッパ系の人が多く、珍しいなと思いました。 部屋の設備もよく、入居するのに必要なものがほとんど要らずに入居できます。 ぜひ、一度見学行くのをおススメします!!!!!.

次の

シェアハウス

大阪 シェアハウス

関西エリアの代表と言えるのが京都です。 長らく天皇が住む御所が置かれていたことや、平安時代に都として栄えたことなどがあり、文化財に指定されている寺社仏閣が非常に多く、日本国内はもちろん、海外からも多くの観光客が訪れる日本有数の観光スポットになっています。 関西の中心地と言えるのが大阪です。 豊臣秀吉が大阪城を築城し、街作りを行ったことから大きく栄え、江戸時代には「天下の台所」と呼ばれるほど活気を持った商業の中心地となりました。 お好み焼きやたこ焼きといった「粉もの」の食文化やお笑いといった地域独特の文化も生み出し、まさに日本の西の顔として機能しています。 兵庫は港町の神戸を中心に、異国文化を湛える街として親しまれています。 異人館や中華街など日本の海運の玄関口を担っていた痕跡が各所に見られ、訪れる人を楽しませてくれます。 新幹線の駅や空港も多く、日本はもちろん海外へのアクセスも便利なエリアで、今後は開催を控える万博の開催地としてもその注目度を高まりそうです。 関西エリアの見どころはやはり「歴史と現在の混在」ではないでしょうか。 京都府は2016年に建造物の国宝の数が全国1位になりました。 清水寺本堂、南禅寺、銀閣寺、二条城など、だれもが知る寺社仏閣が名を連ねています。 大阪府では長年シンボルとして親しまれている大阪城や、令和初の世界遺産となった百舌鳥・古市古墳群といった歴史的なみどころに加えて、日本で最も高いビルであるあべのハルカスやジンベエザメで有名な海遊館、日本有数のテーマパークとして知られるユニバーサル・スタジオ・ジャパンなど、数多くの見どころがあります。 兵庫県では神戸市内の北野異人館や南京町といった異国情緒を味わうことができるスポットに加えて、ポートタワーや阪神・淡路大震災後に始まった神戸ルミナリエなど夜景の美しさを楽しめるスポットも豊富です。 関西エリアに在住の方に多いのは、主に京都市、大阪市、神戸市などにある会社に勤務し、郊外に住居を構えるというスタイルです。 京都市、大阪市、神戸市はどれも政令市であり、多くの企業が本社を構える一大商業圏でもあります。 そのため中心市街地にはオフィス街や商業施設が多く、住居は決して多くありません。 その為これらのエリアに通勤している人の多くは、JRや阪神、阪急、近鉄、京阪、地下鉄、モノレールなどの鉄道網が利用できる郊外のベッドタウンに家族で居住するということが多くなっています。 関西エリアは関東にも負けないほど公共交通機関が便利で、県や府を跨いでの通勤通学も決して珍しくはありません。 それは休日のお出かけにおいても同様で、京都、大阪、兵庫だけでなく、奈良や和歌山など近隣の府県を跨いだ往来がとても多くなっています。

次の