保育 士 転職 求人。 保育士の求人・転職をお考えなら保育士求人サイト【保育パートナーズ】

保育士の求人・転職情報サイト|保育士求人ナビ

保育 士 転職 求人

保育士の仕事内容とは? 0歳~就学前の子供たちを保護者から預かり、子供たちの発育に寄り添う保育士。 保育所、事業所内・病院内の託児所、認定こども園(都道府県が認定する幼稚園と保育所の機能を併せ持つ施設)、児童福祉施設など、保育士の職場は多彩に広がっています。 フルタイム勤務、時短勤務、地域限定勤務など、働き方の選択肢もますます増えています。 主な活躍の場となる保育所では、子供たちの年齢別に分けられたクラスをチームで担当します。 子供たちの身の回りのサポートはもちろん、お絵描きやごっこ遊び、歌などの遊びの考案や、お遊戯会や運動会、バザーなどの行事の企画・実施、保護者への連絡・報告などを幅広く担います。 表情や泣き声などからちょっとした変化も察知するなど、子供たちの健康や安全に気を配ることが最優先。 そのうえで、お箸の持ち方、着替え、歯磨き、うがい、あいさつなどの生活習慣を少しずつ身に付けさせ、集団生活や遊びを通して社会性、好奇心、感性などを引き出していきます。 また、子供たちと地域の交流を育むことも保育士の大切な役割。 地域の方々に園庭やカフェスペースを解放したり、イベントを通じて子供たちと触れ合う機会を作るなどの活動を取り入れている保育園もあります。 保育士のやりがいは? 日々、子供たちの成長を実感 発育盛りの子供たちの成長に間近で寄り添えることが、保育士の何よりの魅力です。 保育所で預かる子供たちは、毎日目に見えて成長していきます。 乳児がハイハイをできるようになったり、言葉を覚えたり。 あいさつができるようになったり、食事をキレイに食べられるようになったり。 昨日できなかったことが今日できるようになる。 そんなすくすくと育つ喜びを、子供たちや保護者の方々と一緒に分かち合うことができます。 保育のプロフェッショナルとして頼られ、社会に貢献 保護者の育児と仕事の両立をサポートするという社会的な貢献の大きさも、保育士にとって大きなやりがいです。 「子供が好き」「子供の発育の力になりたい」という気持ちが、一番の原動力になります。 加えて、保護者から大切な子供たちを預かる立場として、保育のプロとしての自覚と責任感も欠かせない仕事です。 専門性が高く、ニーズの高い仕事 国家資格である保育士は現在、各施設から引く手あまたの状況で、ニーズは今後もますます高まっていきます。 そのため、年齢を重ねても働くことができ、ブランクがあっても復職できることも保育士の魅力の一つです。 そうした活躍を支えるべく、待遇や福利厚生を手厚く整える施設も増え、社内研修などを活用しながら保育、食育、保育所運営などの専門スキルを高めていくことも可能です。 保育士になるために求められるスキルや資質は? 向いている人は? コミュニケーション力 子供たちの目線に立ち、子供たちが何をしたいのか、何を伝えたいのかをくみ取っていくことが保育士の仕事です。 そして、子供たちの気持ちに寄り添いながら、「こうしよう」をきちんと伝える心掛けが大切です。 また、保護者に子供たちの保育所での様子を共有したり、子育ての悩み事などにアドバイスを提供するシーンも多くあります。 そのため、子供・保護者双方に対して、相手を思いやるコミュニケーションが求められます。 気配りと責任感 国家資格の保育士は、育児のプロフェッショナル職です。 子供たちと一緒に楽しく遊ぶだけでなく、子供たちにきめ細やかに目を配り、予期せぬ事態が起きないように未然に対処する。 子供たちの表情や仕草から健康や気持ちの変化を敏感に察知して対応する。 保護者から安心して大切な子供たちを預けていただくためには、保育士にはそうした気配りと責任感が欠かせません。 チームワーク・協調性 複数名の保育士がチームとなって年齢別クラスを担当することが多く、チームで協力して子供たちの成長に寄り添っていきます。 「この子の去年の様子はどうだった?」「ここに気を配ってね」など、クラスを越えた保育士同士の情報共有も密接で、遊びや行事を企画・実施する際にも、保育士みんなでアイデアや工夫を出し合い、協力して作り上げていくことが大切です。 チーム一体となってより良い保育所づくりに力を注ぎますので、ヨコとタテのチームワークや協調性、人間関係を大切にする気持ちが必要になります。 保育士に必要な資格は? 資格取得方法や難易度は? 保育士になるためには、国家資格である「保育士資格」を取得することが必要です。 厚生労働大臣が指定する保育士養成の学校・施設(4年制大学・短期大学・専門学校ほか)で規定の過程を履修・卒業すれば、無試験で資格を取得することができます。 これらを卒業していなくても、一般社団法人全国保育士養成協議会が全国47都道府県で年2回実施する国家試験に合格すれば、資格を取得することが可能です。 試験には筆記試験と実技試験があり、筆記試験の9科目すべてに合格してから実技試験に臨みます。 予算や通学期間を考えると、厚生労働大臣が指定する短期大学(昼間2年・夜間3年)や専門学校(昼間2年・夜間3年)で学び、卒業と共に資格を取得することが近道だと言えます。 より専門的な知識を深めたいなら、同指定の4年制大学でじっくりと学ぶと良いでしょう。 通学することが難しいなら、通信講座などを活用して国家試験での資格取得を目指しましょう。 国家試験のハードルは高いですが、働きながら保育士資格を取得し、オフィスワークや接客業などから転職した人も多数活躍中です。 保育士補助として働きながら資格取得を目指す方法も 資格取得を目指している段階からでも、保育士の仕事をサポートする「保育士補助」として保育所勤務を始め、実際の職場を経験しながら資格取得を目指すこともできます。 通信講座の受講費や国家資格の受験費などの補助制度を設けている園も増え、保育士の先輩たちからアドバイスももらえるため、選択肢の一つとして検討してみると良いでしょう。 未経験者を募集している場合、前職を問われることは少ないですが、保育士への意欲に加え、コミュニケーション力やチームワークが選考通過のポイントになります。 そのため、公私を問わず積極的に人とのかかわりを持ち、気配りや協調性を磨いておくと良いでしょう。 未経験から保育士になるための自己PR例 子供向けスマートフォンのアプリ開発に携わるうちに、もっと直接的に子供たちと触れ合うことで、成長に寄り添いたいという気持ちが強くなり、通信講座を活用して保育士資格を取得しました。 POINT• 未経験からチャレンジする際には、保育士を志す理由や思いを伝えることが大切です。 資格取得がこれからの場合は、現在の勉強状況や合格科目の進捗状況を記載し、資格取得への熱意をアピールしましょう。 保育士で求められるスキルを自己PRでどう書く?• 接客業で培ったホスピタリティを生かせることも高く評価され、未経験からの入所が決定しました。 経験を重ねるうちに子供たちと直接かかわりたいという意欲が高まり、兄の子供たちと触れ合ってきたことも保育士を目指すきっかけに。 国家試験をクリアして資格を取得後、保育所に転職しました。 卒業後、保育所を多数展開する企業に転職しました。 入社後、産休・育休を経て復職し、自社の保育所に子供を預けながら時短勤務で活躍しています。 未経験から保育士へ転職する時の注意ポイント 保育所の理念や方針に共感できるか 保育所にはそれぞれに保育方針や理念があり、自分自身の思いとマッチする職場を選ぶことが大切です。 そのためにも、各所がホームページなどで発信しているメッセージを確認するだけでなく、可能であれば園内見学を申し込んで保育所に実際に足を運び、保育士と子供たちとのかかわりや雰囲気に触れながら自分に合うかどうかを肌で感じとることをおすすめします。 自分がかなえたい働き方ができるか、福利厚生や制度で確認を 近年は福利厚生や研修・教育、勤怠管理に力を注ぐ保育所が増えていますが、より安心して働き続けたいなら、株式会社として保育所を運営し、働く環境の充実に取り組んでいる企業を中心に検討すると良いでしょう。 ただし、保育士の勤務スタイルは基本シフト制で、ローテーションによって早朝勤務や遅番勤務があります。 また、子供たちは想像以上に体力があり、一緒に遊ぶ保育士も大変な面があるということも踏まえておきましょう。 マイナビ転職 編集部 あした転機になあれ。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の

【保育のお仕事】保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト ≪公式≫

保育 士 転職 求人

海外で日本の保育士の求人ニーズが多い理由 海外での日本人保育士は、以下のようなニーズがあります。 駐在員家族のニーズ• 外資系企業でのニーズ• インターナショナルプリスクールでのニーズ• 企業内保育のニーズ• リゾート地でのニーズ 特に重要視されているのは、駐在員家族の保育ニーズでしょう。 駐在員は海外出張とは異なり、数か月で帰国できるようなものではありません。 一般的には4~5年程度を海外で暮らします。 またもっと長い場合には、10年程度滞在するということもあるでしょう。 そのためこのくらい長期の海外赴任となると、単身赴任をするよりも家族と一緒に海外で暮らすケースが多くなります。 ただ家族で海外へ渡った場合、心配になるのが子どもの教育です。 中学生以上の場合は、現地の学校にて現地国語の教育を受けさせると、バイリンガルを目指すのも可能でしょう。 しかし幼児は外国語のみならず、日本語もしっかりと身に付いていない状態ですから、現地の保育園や幼稚園に預けるのは不安でしょう。 このような駐在員家族の不安を解消するために、 日本人の駐在員が多い国では、日本語で教育を行える保育士や幼稚園教諭のニーズが高まっています。 海外で日本人向けに求人を出している施設• 【1】日本人向け幼稚園・保育園 駐在員家族の保育ニーズに応えるために、 日本人の子どもを専門とした保育園や幼稚園の求人は、常に求人が出ている状態です。 また保育士の求人の半数以上が、日本人向けの保育園や幼稚園勤務となっています。 もちろんこの求人が多く出ているのは、日本人がたくさん働いている国やエリアとなるでしょう。 また海外在留邦人が多い国でも、自ずと求人は増加します。 アメリカ• オーストラリア• ベトナム• インド この10年の間にアジア圏への移住が急激に増えているため、日本人向けの保育園や幼稚園は需要がかなり高まっています。 保護者からしても子どもに馴染みの無い外国語で世話をしてもらうより、ある程度なら理解のできる日本語で接してほしいという人が多いようです。 【2】インターナショナルプレスクール 少数 日本人の保育士や幼稚園教諭は、現地の教育機関からもニーズがあります。 先進国ではインターナショナルプリスクールが日本以上に多数存在しており、国際的な教育に力を入れているのです。 特に最近では日本文化が世界的ブームになっているため、インターナショナルプリスクールでも積極的にカリキュラムとして組み込まれています。 求人情報はそれほど多い訳ではないので、競争倍率は高くなるでしょう。 インターナショナルプリスクールでは、日本語以外にも様々な言語を教育することがあります。 中国語• ポルトガル語 日本人と現地の子どもが一緒に過ごす保育園や幼稚園も存在します。 そのため 日本語以外にも、多国語に長けている人を求めていることが多いです。 【3】企業内保育や託児所 求人自体はごく少ないですが、企業のオフィス内にある託児所での勤務も存在します。 女性の社会進出が当たり前になってきているため、 オフィス内に託児所を設けている企業も多いです。 子どもが保護者と近い場所で過ごしていますから、ケガや風邪などのトラブルが発生した時にも、すぐに駆け付けられます。 休み時間に様子を見に行ける、授乳をしに行けるという点もメリットと言えるでしょう。 万が一子どもが風邪を引いている時であっても、病児保育が可能な場合があるのも嬉しいところです。 また オフィス内に託児所があることで、離職率が減少したという調査結果もあります。 就労ビザを取得する3つの方法• 自身で申請する• 転職先の企業から申請をしてもらう• 転職エージェントを利用する 自身で申請する場合、用意しなければならない書類などがとても多いので、時間や労力がかかってしまいます。 そのため転職先の企業に申請をしてもらったり、 転職エージェントを利用した方が効率的といえるでしょう。 また転職に必要な費用も用意しなければなりません。 必要となる費用の内訳には、以下のようなものがあります。 航空券• その他初期費用• 給与が出るまでの生活費 これらを踏まえて、 渡航に必要な費用はだいたい30~50万円程度となるでしょう。 海外で働く場合の保育士さんの待遇・条件 日本で保育士や幼稚園教諭として働いていた人は、ある程度の実務経験もあり、子どもの扱いに長けているでしょう。 そんな即戦力となる人材を、海外の保育園や幼稚園も求めています。 ここからは転職に有利となる条件や、気になる給与などについて紹介します。 海外で働く場合の保育士さんの待遇・条件• 【1】保育士として必要な資格・学歴・実務経験・語学力 海外で日本人向けの保育園や幼稚園に転職する際には、保育士資格や幼稚園教諭免許が必須となります。 これは日本でも当たり前のことなので、問題ないでしょう。 これ以外にも必須とまではいきませんが、次のような資格を持っていると、転職に有利となります。 TOEICにて600点以上• 英検準1級以上• 現地の言語検定で2級以上• 自動車免許• 幼児安全法支援員• マイクロオフィススペシャリスト 資格の取得は必要ありませんが、音楽表現や造形表現に長けている人も優遇されやすいでしょう。 子どもと楽しく接することが可能となるので、ある程度の技術は身に着けておいて損はありません。 学歴は、就労ビザを取得する際の条件となります。 ただこの条件は各国によって異なり、 アメリカやシンガポールなどでは、4年生大学の卒業が条件です。 転職希望先の国の条件をよく確認しておきましょう。 また海外で保育士になるためには、実務経験が1番大切です。 基本的に募集要項には、2~3年の実務経験を求められるケースがほとんどです。 未経験ではそもそも就労ビザの申請が通らない場合があるため、あらかじめ求人先企業に確認をとりましょう。 語学力については、日系保育園での勤務の場合は必要ありません。 実際に日本語のみで大丈夫な求人も多いです。 そうです。 ただ企業向けの託児所やインターナショナルプリスクールでは、英語力が求められることになりますので注意してください。 【2】海外の保育士の平均給料 日本では保育士や幼稚園教諭の給与は安いと言われており、 平均は16~17万円程度となっています。 ここから年金や健康保険などが引かれるわけですから、確かに給与事情は厳しいかもしれません。 では海外の場合はどうでしょうか? 中国 18~20万円 アジア 16~23万円 アメリカ 1500USD~ このように日本と比較すると、少々待遇は良いように感じられるでしょう。 ただ実際には、各種手当の有無も大切になってきます。 また注意したいのは、給与の支払い方法が現地通貨なのか円換算となるのかという点です。 現地通貨での支払いの場合、日本円水準では30万円を超えることもあります。 もしも給与が15万円程度であっても、物価水準が安い国であったら、日本で暮らすよりも豊かな生活を送れる可能性も高いです。 海外で保育士の求人を探す方法• jegsi. 非公開求人ではなく、どんな人でも閲覧可能になっているため、好待遇の求人は競争率がかなり高くなっています。 求人情報には以下のような内容が表記されています。 勤務地• 募集職種• 応募資格・採用条件• 勤務条件• 職務内容• 応募方法と締切日 実際に海外で働いている人の体験談や詳細な求人情報も確認できるので、情報収集には最適です。 こまめにサイトをチェックして、自分に合った求人情報を探してみるのも良いでしょう。 【方法2】マイナビ保育士 海外転職を目指しているなら、転職エージェントの活用が必須です。 特にマイナビ保育士は、人材紹介で有名なマイナビグループが運営しているため、 信頼度が非常に高く人気のある転職エージェントになります。 マイナビ保育士は利用者の満足度を重視しており、サポート体制は抜群です。 ただ一般的には日本国内の保育園や幼稚園の求人がメインとなっているので、海外の求人を多く扱っているとは言えないでしょう。 海外専用の転職エージェントではありませんが、海外にも拠点を設ける保育園や幼稚園へのネットワークを有しているため、そういった求人は待遇も良く働きやすい可能性が高いです。 また海外からの直接求人の他に、現在の保育園や幼稚園から駐在員として海外へ派遣してもらうこともできるでしょう。 hoikujyouhou. 実際に海外の保育園や幼稚園への紹介実績もあるので、かなり信頼度の高い転職エージェントといえるでしょう。 紹介しているのは、海外の日本人向けの保育園や幼稚園の求人がメインのようです。 そのため特別語学力を必要としない求人を紹介してくれます。 また他の転職エージェントとは異なり、 非公開求人の取り扱いや自分の希望に沿った求人の紹介もしてくれます。 個人情報登録後に専任の担当が支援してくれますし、希望や不安点などに対して電話を通して口頭で伝えられるのも良いところです。 【方法4】ボランティア・ワーホリを活用して働く 「いきなり海外で保育士や幼稚園教諭として働くのには不安がある」という人も多いです。 たしかに仕事の時には現地の語学力は必要なくとも、生活をしていく上では必要になってきます。 また文化の違いなどが心配という人も居るでしょう。 まずは気軽に子どもの為になる活動をしたいという人には、 ボランティアやワーキングホリデーの利用がおすすめです。 保育士のボランティアは、多くの国からの需要があります。 期間は最短で1週間程度のものもあるので、気軽に体験できるのではないでしょうか。 また 18~30歳の保育士や幼稚園教諭は、ワーキングホリデーを利用することで、海外での就労体験ができます。 転職した保育士さんのアンケートを調べたら、 転職サイトに登録する方の多くは2~3サイトを使ってるみたいです。 でも、まずは気に入ったサイト1つを試すだけでもいいと思いますよ。 「転職するのはもう少し先だけど…」という方も、 事前準備しておくと後がラクなので、先に登録だけは済ませておきましょう! まとめ 日本人保育士や幼稚園教諭は、海外でも非常に需要の高い職業です。 その理由の多くは、駐在員家族の保育ニーズによるものになります。 そんな日本人の保育士や幼稚園教諭には、以下のような職場があります。 日本人向け保育園や幼稚園• 企業のオフィス内にある託児所• インターナショナルプリスクール• リゾート地の託児所 保育士や幼稚園教諭は、海外でも活躍できる場が整っているのです。 基本的には日本人の子どもと接するため、語学力は特別必要としないのも嬉しい点になります。 だからといってどの求人でも良いという訳ではありません。 きちんとチェックしておかなければならない点も存在します。 住宅手当• 引っ越し支度金• 一時帰国手当• 医療保険や海外保険 これらがある企業と無い企業では、出費の額に大きな差が出てしまいます。 応募の前にきちんと確認しておきましょう。 海外での保育士や幼稚園教諭の求人を探す際には、転職エージェントを利用します。 JEGS International• マイナビ保育士• 保育情報どっとこむ この他にも、ボランティア活動やワーキングホリデーを利用してみるのも良いでしょう。

次の

保育士の転職は50代でも大丈夫!ただし、ポイントをおさえて求人を探すのが重要です

保育 士 転職 求人

【2020年 〇月 〇日】 保育士転職の最新情報 今月は保育士さんが転職活動を開始するのに絶好のタイミングです。 なぜならこの時期は、転職市場の最繁忙期を超え、保育園側も採用に力を入れる時期だからです。 一方で条件が良い保育園は求人数が限られているため、できるだけ早く転職活動を開始すべきです。 実際に保育士の私が利用した転職サイトが『』と『』です。 私は東京在住なので一番役に立ったのが『』でした。 関東圏 東京・神奈川・埼玉・千葉 にひときわ強い保育士専門の転職サイトとして有名です。 その他の地域にお住いの方におすすめなのは『』。 こちらは関東圏含め、全国に対応した保育士転職サイトです。 『マイナビ保育士』『保育ひろば』は一般に公募しない"非公開求人"もあります。 転職を考えている方はもちろん、今は転職できなくても登録だけはして情報を逃さないようにしましょう。 それじゃあ、これから転職サイトごとの特徴を見てみましょう。 転職サイト名をクリックすると、このページ内にある詳細へジャンプできますよ。 転職サイト 特徴 詳しく見る 関東圏 東京・神奈川・埼玉・千葉 の求人がひときわ強く、実績ある優れたサポート力が定評 全国的に求人数が豊富で地方在住者の方も十分に活用できる あらゆる希望条件に幅広く対応しているため理想の求人が見つかりやすい 復帰、無資格者、派遣など状況・条件に応じて柔軟にサポートしてくれる 人間関係の悩みを解消できるような求人に力を入れている 職場情報をリアルに提供することにこだわってくれる 派遣扶養内、パート夜勤といった多様な働き方にも対応した求人紹介 未経験者やブランクありの方がスムーズに求人探しをできる 求人検索が使いやすく自ら探す時にも活用しやすい まずは気になるサイトだけ登録し、相談したうえで使うかどうか決めるのがよさそうです。 地域によってはどの転職サイトでも求人数が少なくなりがちなところもあります。 その場合には全体の求人保有数が多いサイトを 選ぶといいです。 豊富な求人数で有名な転職サイト、サイトごとの強い地域・弱い地域などはあとで詳しく紹介します。 迷ったらこれ!タイプ別おすすめ転職サイトランキング ここではランキング形式で紹介しますが、その目的はどうしても迷ってしまう方への「まずはこれを使ってみたらどうですか」という参考として用意したものです。 ランキングは優劣を意味しないので、順位にかかわらず、気になったサイトを試してみるのもいいでしょう。 【迷ってしまう方】総合おすすめランキング• 【地域別求人情報が知りたい方】転職サイトランキング• 【働き方にこだわりたい方】転職サイトランキング なかなか選ぶのが難しいという方のために3つの評価基準を用いたランキングを紹介します。 【迷ってしまう方】総合おすすめランキング 順位 転職サイト ポイント 詳しく見る 1位 ・関東圏の方なら納得いく求人と出会える ・サポートの質が高い 2位 ・どの地域も求人が充実 ・あらゆる希望条件に幅広く対応 3位 ・どの地域も求人が充実 ・「復帰率高」「ブランクOK」などの条件による求人も充実.

次の