松浦勝人元カノ。 エイベックス松浦会長と“歌姫”に違法薬物報道、警察による逮捕への“大きな障害”

『M 愛すべき人がいて』打ち切り?エイベックス会長・松浦勝人氏が大麻で告発の影響は?|らぼぴっくこむ

松浦勝人元カノ

1995年:元嫁・原口香(モデル)と結婚• 1996年:元嫁・原口香(モデル)と離婚• 1998年頃:浜崎あゆみと交際• 2000年頃:浜崎あゆみと破局• 2003年11月:元嫁・畑田亜希(モデル)と再婚• 2004年3月31日:第1子となる女児誕生• 2005年:鈴木亜美と愛人関係の噂• 2006年5月30日:第2子となる男児誕生• 2007年10月24日:第3子となる女児誕生• 2009年:鈴木亜美とのツーショットスクープにより破局• 2010年9月:沢尻エリカに愛人契約を迫る• 2013年頃:畑田亜希と別居• 2016年:畑田亜希と離婚 これを見ると、畑田亜希さんとの結婚生活中に、愛人がいたことになりますね。 畑田亜希さんとの離婚理由に関係しているのかもしれません。 離婚理由も明らかになってはいませんが、1995年に六本木にあるディスコ・ヴェルファーレで 浜崎あゆみさんと出会っています。 もしかしたら、松浦勝人さんの気持ちが原口香さんから離れていったのかもしれませんね。 エイベックスが大きく成長していく渦中でもありましたから、すれ違いがあったのかもしれません。 松浦勝人の元嫁・畑田亜希との馴れ初め 再婚した 畑田亜希さんとの馴れ初めは、モデル仲間からの紹介でした。 出会った時期は、2002年の初め頃で、すぐに交際に発展したようです。 畑田亜希さんは「ViVi」「Popteen」のモデルをしており、当時はギャルメイクをしていました。 松浦勝人さんは、雑誌のインタビューで「 彼女といると落ち着く」と話しています。 2003年11月に結婚したのですが、この時、畑田亜希さんは 妊娠3ヶ月でした。 いわゆる、デキ婚だったのですね。 結婚当時、松浦勝人さんは38歳で畑田亜希さんは21歳。 17歳の年の差婚でした。 雑誌「Popteen」では、畑田亜希さんの結婚を祝って白無垢姿の表紙が掲載されるなど、大きな話題となっていました。 雑誌の中では、披露宴やお色直しの様子も紹介されるなど、異例の対応でした。 松浦勝人の元嫁・畑田亜希との子供 松浦勝人さんと畑田亜希さんには、 3人の子供がいます。 2020年3月現在、長女16歳・長男13歳・次女11歳です。 東京の高級住宅街の田園調布に総工費40億円の豪邸で暮らしていました。 畑田亜希さんは、2013年に別居してお子さんと一緒に シンガポールに移住しています。 娘さん2人は、アクロヨガというものを習っていて、こちらはシンガポールのお宅のようです。 現在は、お子さんと落ち着いた生活が送れているようです。 松浦勝人の元嫁・畑田亜希の離婚理由は? 2016年に畑田亜希さんとは、離婚していますが、理由や原因については明らかになっていません。 しかし、松浦勝人さんの薬物疑惑や不倫疑惑などが原因ではないかと言われています。 2012年6月15日の「メンズサイゾー」の記事では、松浦勝人さんと、沢尻エリカさんの会話が掲載されていました。 「高城と離婚すれば、エイベックスの後ろ盾で女優復帰できる」 「エイベックスが芸能界に復帰させてあげるから、とりあえず離婚しろ」 「ドラッグならいつでも用意できる」 「B子(実際には有名女性歌手の実名)が芸能界で生き残れているのは、俺のオンナになったから。 お前も生き残りたかったら、俺のオンナになれ」 沢尻エリカさんは、愛人関係を迫られて「ドン引きした」し、一度は断ったそうです。 しかし、エイベックスとの契約が成立し、主演映画が公開されたことから、愛人契約を結んだと言われています。 さらに、記事中の「B子」とは鈴木亜美さんだと言われています。 真実かは不明ですが、これだけ有名人で綺麗な女性達に囲まれているエイベックスの社長となれば、奥さんとしては心配が絶えなかったでしょうね。 畑田亜希さんが2013年にシンガポールへ移住し別居が始まった翌年。 2014年に、松浦勝人さんは豪邸を売却しています。 そして、2017年にこの豪邸の目と鼻の先に、浜崎あゆみさんが20億円の豪邸を購入したのです。 日本で、セレブが住む土地は限られているのでしょうが。 わざわざ元彼が家族と住んでいた屋敷が見えるところに住むという奇行でした。 松浦勝人さんと、浜崎あゆみさんは別れた後も、仲の良さそうな写真をSNSに上げていました。 2016年10月1日に浜崎あゆみさんは、松浦勝人さんの誕生日を祝うツイートを掲載しています。 今でも、大切な存在と宣言しているように思えます。 畑田亜希さんと離婚した年ですが、離婚前のツイートかはわかりません。 しかし、2013年に別居してシンガポールに移住してから復縁できなかったことを考えれば、日頃から浜崎あゆみさんの存在は、気になっていたでしょうね。 この中で、沢尻エリカさんと松浦勝人さんが、「 タバコでも大麻でもないハーブ」を2人で吸っていたという証言もありました。 それが、日本国内なのか海外なのかはわかりませんが、松浦勝人さんが薬物を用意するのは簡単なことだろうと想像できます。 真実は不明ですが、子供達を守る為に離婚を選んだのでは?という噂もありました。 いずれにしても、毎日家に帰ってきて奥さんや子供達との時間を大事にするような、男性ではないことは誰が見ても明らかです。 畑田亜希さんは、子供達と穏やかに暮らしたかったのかもしれませんね。

次の

エイベックス松浦勝人さんの結婚歴(結婚相手)は?今は奥さんや彼女はいるの?

松浦勝人元カノ

浜崎あゆみとMAX松浦勝人氏が別れたのは1999年 デビュー前から付き合っていた浜崎あゆみとMAX松浦勝人氏 浜崎あゆみさんとMAX松浦勝人氏は、あゆがデビューする前から付き合っていて、 一緒に同棲していた仲です。 二人が出会ったのは、エイベックスが運営する六本木のクラブ・ヴェルファーレでした。 1999年春から夏には二人の心はすれ違いはじめ・・ 1999年、デビュー2年目の浜崎あゆみさんの生活は1年目よりますます忙しくなり、 CDを出すペースも早くなって、あゆはMAX松浦勝人氏と暮らしていた部屋に服を取りに行くためだけに帰るような生活で、 MAX松浦勝人氏も仕事用の部屋に寝泊まりすることが多くなっていったといいます。 浜崎あゆみとMAX松浦勝人が付き合っていることは周囲にはもちろん秘密・・ 二人が住んでいた部屋の周りに週刊誌の記者が張り付いてることもあって、 MAX松浦勝人氏は最新の注意を払っていたといいます。 週刊誌の記者が自宅周辺をうろついていたら、 二人の住んでいた部屋に帰り辛くなるのも頷けますね! 周囲を警戒するあまり、浜崎あゆみさんとMAX松浦勝人氏の間に、距離ができてしまったのかもしれないですね・・ Sponsored Link 浜崎あゆみとMAX松浦勝人氏の別れの原因は松浦宅での飲酒パーティー ある日、子犬を返しに行くと玄関から見知らぬ女が 浜崎あゆみさんとMAX松浦勝人氏の別れの決定的な原因になったのは MAX松浦勝人氏が仕事用の部屋で行っていた複数男女での飲酒パーティです。 当時、MAX松浦勝人氏はトイプードルを飼っていたのですが、 その子犬を浜崎あゆみさんとMAX松浦勝人氏の暮す家には連れてこなかったそうです。 ですが浜崎あゆみはそのまま家に子犬を連れて帰ることもあり、 ある日MAX松浦勝人氏の部屋に子犬を届けようと、浜崎あゆみさんがMAX松浦勝人氏の部屋を訪ねたときのこと・・ MAX松浦勝人氏が一人でいると思っていたら、玄関から見知らぬ若い女性が出てきたそうです。 MAX松浦勝人氏が自宅で盛大なパーティーを行っていた そして部屋の中に入ると沢山ののスタッフと若い女性、酔って倒れている人の中、 女の子にしなだれかかっているMAX松浦勝人氏を、浜崎あゆみさんは見てしまいました。 そのとき、 『私がレコーディングやミュージックビデオやテレビ出演・雑誌の撮影をしているときに、 恋人は陳腐なパーティに興じて酔いつぶれている』 とあゆは思ったそうです。 そしてその場にいたほとんどの女の子は、MAX松浦勝人氏がヴェルファーレのVIPルームから連れてきた女の子たちだということがすぐにわかったそうです。 『マサは私といることに飽きたんだな』と思った浜崎あゆみさんはその場を離れ、 横浜のホテルに3日間引きこもり、失踪してしまいます・・ MAX松浦勝人氏がハワイに移住することになり、二人は完全に別れる ちょうど『Fry high』のレコーディングが終わった頃、 MAX松浦勝人氏から浜崎あゆみさんへ一本の電話が入ります。 『あゆ、俺さ、プロモーションから離れて、ハワイに住んで向こうのスタジオで楽曲を作るよ。 』 とMAX松浦勝人氏が打ち明け、二人の関係は完全に終わってしまいました。 それから出来上がった曲が、 『絶望3部作』と言われている3曲だと言われています。 Sponsored Link 浜崎あゆみはMAX松浦勝人氏と結婚したかった? 『M 愛すべき人がいて』に記されている内容によると、 MAX松浦勝人氏と付き合いが上手くいっている頃の浜崎あゆみさんは、 『いつか私はマサと、マサの子供達だけのために歌うお母さんになりたい』 と語っています。 やっぱりあゆはMAX松浦勝人氏と結婚したかったんですかね〜! でもそのあとTOKIOの長瀬智也さん交際してる時も幸せそうでしたよね。 浜崎あゆみさんは『自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました。 』と語り、 MAX松浦勝人氏のことをとても愛していたと語っています。 『M 愛すべき人がいて』のネタバレレビューはこちらの記事で紹介しています。

次の

エイベックス松浦勝人氏「生きた心地しなかった」

松浦勝人元カノ

この記事の目次• 松浦勝人・大麻使用の証拠まとめ! クラブでの写真 エイベックスのクラブ「X」 出典: 文春に告発した元社員A子によると、松浦氏と一緒にクラブに行くようになったのはA子がエイベックスを退職した2016年9月以降だといいます。 週末になると、よくこのクラブでA子と松浦氏は大麻を吸っていたそうです。 写真右に松浦氏。 その後ろに小さくしゃがんでいる、黒のノースリーヴの女性がA子です。 avex松浦勝人の自宅写真 出典: さらに、A子や松浦氏、その他エイベックス社員らがよく大麻使用していたという松浦氏の自宅。 VRゲームをしたりもして、よく遊んでいたそうです。 ULTRA JAPAN 2016 ドンペリが並んでいる 出典: A子が初めて大麻を摂取したのは、このULTRA JAPAN 2016というクラブフェスでした。 松浦氏から 大麻を凝縮したシートを渡され、舐めたところ強烈な身体の異変を感じたという。 「突然、目がぐるぐる、チカチカして視界が狭くなりました。 広いVVIP席にいるのに、狭いところに閉じ込められたような感覚に陥り、まっすぐに歩けない。 トイレがすぐそばにあるのに、50メートルくらい遠くにあるように見えました。 そしてなぜか『お腹が出てるんじゃないか』というコンプレックスがどんどん大きくなっていって、不安に押しつぶされそうになりました」 引用: サングラスしたA子 出典: 酩酊したA子さんは、ラリッた目を隠すために サングラスをかけられエイベックスの専用車に放り込まれたとのこと。 A子が大麻初使用でメモした内容 エイベックスを退職後はフリーライターとして働いていたため、大麻を使用して感じたことを事細かにメモしていました。 しかし、ラりっていたため文章を読んでも意味が不明。 他にも• 「マリファナ 効き目時間で検索」• 「音の速度は同じなのに、時間が経つのが遅くなる」• 「短時間で皆が優しかったからおもろいたけど」 などのメモが。 これらが全部、写真にも写っている通り松浦氏とULTRA JAPAN 2016でA子が経験したことです。 ハワイの別荘の金庫の中に大麻 文春記事では、年末のハワイ旅行で松浦氏の別荘で大麻や薬を使用したことが明かされています。 そして、この 金庫の中に大麻が入っていることも。 さらに、四六時中ICレコーダーを回していたA子に対し、「お前の弱みも握らせろ」とA子に大麻を吸わせてビデオを回したそうです。 それが後にこんな脅迫に。 avex松浦勝人が逮捕されない理由 出典: 文春から数々の証拠が写真や音声から出ているのに、 エイベックス松浦勝人会長はなぜ逮捕されないのでしょうか。 一番の大きな理由は、 薬物系の犯罪は現行犯でないと逮捕できないからです。 所持しているところか、使用している現場を押さえなければ逮捕できないという日本の法律があります。 そのため、マトリが水面下で捜査を進め、準備を重ねに重ねて、抜き打ちで自宅にガサ入れが入るのです。 また、薬物の検査には「 検出可能期間」というものがあるため、抜き打ちで松浦氏に検査したとしても 摂取から1週間以上経っていれば陽性反応が出る可能性は低いと考えられます。 エイベックスは警察・検察と親しい!? また、エイベックスと警察・検察がズブズブの関係にあることも、松浦氏が逮捕されにくい原因の一つだと言われています。 エイベックスの現在の取締役には• 検察の刑事部長と公安部長を歴任した人物• 警視総監OB といった人物がいるため、よっぽどの証拠がなければ有罪まで持っていくのが厳しい。 そして、有罪にならなければ警察の評判を落とすことになるため、逮捕に踏み切るのが難しいそうです。 逮捕間近?いや文春のせいで遠のいた! 文春砲を受け、エイベックスCEOも退任して「 とうとう逮捕間近か!?」と思われるかもしれませんが、むしろ 松浦勝人氏の逮捕は遠のいたと言えます。 また、文春では「 松浦氏は6月の株式総会までは薬を控えていて、9月から10月の誕生日にかけて羽目を外す。 そこで毎日のようにパーティが行われている」と書かれていました。 つまり、 9月~10月が逮捕する絶好のチャンスなのに、それを文春が潰してしまったと言わざるを得ません。 週刊誌が時々「マトリが狙う、次の逮捕者!」というような見出しでタレントがイニシャルで報じます。 しかし、あれを報じることにより該当のタレントは警戒するため、捜査局からすれば邪魔以外のナニモノでもないのです。 avex松浦勝人は大麻使用を否定 出典: 松浦勝人氏は、文春が報じた内容や大麻の使用を完全に否定。 元社員A子が告発した内容についても「妄想」と切り捨てました。 松浦氏によると、 A子が担当していた松浦氏の自伝本が土壇場で出版されなかったため、お金を巻き上げるために文春に売ったと話しました。 どちらにせよ、A子は警察(マトリ)に密告していれば逮捕間近になったはずが、文春に売ってしまったため逮捕の可能性は遠ざかりました。 それでも、お金を得ることと松浦氏の評判を下げることが目的だったのであれば、A子の目的は達成されたはず。

次の