声優とは。 声優

声優紅白歌合戦2020 公式サイト

声優とは

を使ったを担当する。 ボイスアクター。 ネット上では「 」とも呼ばれる。 活動 上述の仕事のほか、一般的なの進行役や、や幼稚園や保育園や老人ホームなどでやなどを行う、ボイストレーナーや講師をする、などの顔出しを兼ねた仕事もある。 また(名義での活動を含む)としての音楽活動やテレビ番組への顔出し出演など、マルチな活動を行う声優は、概ね「 」や「」などと呼ばれ、一般的な職業声優とは区別される。 現在は声優としての活動範囲から、• やのを中心に活動している声優。 ・・周辺の仕事をどれもこなしている声優。 ほぼや周辺でのみ活動する声優。 の3パターンにおおよそ分類される。 3は上述のなど、キャリアの浅い若手声優が殆どである。 男女は問わない。 2は幅広い役柄をこなせるのが多い。 1のは、アニメファンには全く知られていないことも多い。 労働形態 声優というのは一般企業の会社員と違い「個人事業主」「自営業者」であり、どこの芸能事務所にも所属しないか、芸能事務所と契約して仕事の斡旋をして貰うかの2種類に分かれている。 現在は多くの声優が芸能事務所と契約する形をとっており、フリーランスの声優の数は少なめの傾向になっている。 フリーランスの声優は下記のギャラを全額手に出来る上に、芸能事務所との契約に縛られずに自由に活動出来るというメリットもある。 ただしスケジュールの管理や営業活動などを全て声優本人がこなさなければならないし、開催されるオーディションも全て自分で探さなければならない。 一方で芸能事務所に所属する声優は、事務所側が仕事の斡旋やスケジュールの管理を全てやってくれるので、声優たちは自分の仕事に集中出来るというメリットがある。 その代わりに声優たちはマネジメント料として、ギャラの何割かを事務所側に払わなければならない。 芸能事務所によっては差はあるが、マネジメント料と源泉徴収税として、4~5割程度を差し引いた金額が声優の手取りになるようだ。 ギャラ 声優のギャラは原則として、声優が登録することになる協同組合の日本俳優連合(日俳連)が定めた「ランク制」によって定められており、して最初の3年間は一番下(ジュニア)のランクとなる。 このためのギャラは、どれだけ人気が出ても「30分アニメ1本で15,000円」と決まっている。 ジュニアにあたる3年を過ぎると、ランクは個人申請によって毎年1000円単位で更新できる。 このランクが上がることでも上がっていく。 中堅どころでは、大体27,000円くらいまで上がる。 最高の「Aランク」声優は、30分アニメ1本で45,000円になる。 「Aランク」の上にはさらに「ノーランク」と呼ばれる特別枠があり、このレベル(例としてやといった超クラス)になると、でギャラが決まる。 芸歴が長くなるほどこのランクが上がりギャラも上がるため、高額のギャラを支払ってもなお作品に求められるような特別なや演技力、声質を備えているか、になってもとしてのをし続けていない限り、一線でのが自然に減っていくというもある。 などはギャラの安い新人が重宝されるため、これは仕方が無いと言える。 この為、安定して仕事を得る為に敢えてランクを抑えめにしているもいる。 はランク上限まで到達している大御所だが、現在は幅広く仕事を得る為に逆に 「ランクを下げようと頑張っている」所だと明かしている。 上がってしまったランクを下げるのは非常に難しい。 オーディション 役を獲得するには基本的にを受けなければならないが、が 「20本に1本受かればいい方」と生前に語って言たように、競争は非常に過酷である。 新人声優だと、オーディション100本で1本も受からないなんてこともある。 また、オーディションを受けた役には落ちたが、同じ作品の別のキャラクターにキャスティングされるというケースはかなり多い。 の場合は当落の結果を知るのが、公式ホームページでのキャスト発表だったりすることも多い。 声優業の成り立ち では独立したカテゴリーのとなっているが、日本以外の多くの国では、声優はの仕事の一環と位置づけられている。 市場が巨大なや、日本の影響を受けた声優文化が定着しつつあるなど一部の国を除いては、専業声優は殆どと言ってよいほど見られない。 日本でも昔はの仕事の一環として位置づけられていたが、1950年代の民間放送 ラジオ 開局ブームと、それに伴うラジオドラマの需要から、や民放が「放送劇団」を作って専業声優を育成し始めた経緯から、やがて独立した仕事のカテゴリーとなっていった。 日本においての声優は、や無声映画で声を担当する俳優や活動弁士によって始まり、のテレビアニメ黎明期に声優第一世代が登場。 当初は「声優」という語はなく、「アテ師」と呼ばれていた。 ・のアニメブームによって熟練層の声優第二世代が活躍し、声優業が確立。 のアニメ黄金期に重なる中堅層の声優第三世代の頃には声優ブームが起こり、声優の顔出しや化が始まった。 以降の若年層である声優第四世代は声優のマルチ活動やアイドル活動がさらに強まり、現在に至る。 現在、第一世代のほとんどは消え、第二世代も減少し、第三世代が声優界の中心になっており、さらに第四世代の出現によって世代交代が進んでいる。 「憧れの職業」となった弊害、過酷な声優業 しかしながら「声優になりたい」と憧れる人が増えた分、の過酷な業界となっている。 声優は増える一方でも、声優に要求される仕事(アニメやゲームの制作本数)は増えないからである。 このための間でも、限られた役をめぐって厳しいイス取り競争が続いている。 仮に声優になれたとしても、一生の仕事として生き残るのも、声優業だけで食べていくのも困難をきわめる。 声優志望者だけでも現在20万人いると言われるが、この数も年々増加の一途をたどっており、無認可のも増えている。 こうした専門学校や声優養成所に実際に金を支払って通う者は2017年現在で、 年間3万人にものぼる。 その中で実際に芸能事務所の目に留まり、声優として契約を結ぶ事が出来る者は、 年間50人にも満たないとされている。 この過剰な「声優になりたい」ブームを悪用し、声優養成学校の名を語って形だけのを開催し、合格を通知した受験者たちから授業料の名目で高額の現金を騙し取ってから失踪するという事件まで発生。 犯人は後日逮捕されたものの、当時の『』でも激しい議論が繰り広げられた事もあった。 この系統のは、現在も形を変え行われている。 も学生時代に騙されそうになった経験があったのだそうで、「怪しい養成所とかもあるから気を付けてね」と声優志望者に対して警告を発している。 また、の活躍から「()でさえあれば声優になれそう」「やを目指すよりは簡単になれそう」、また単に「アニメが好きだから」といった非常にな動機から、興味本位で声優を目指すような若者も増えており、結果として当然ながらを絶たれるケースも年々増えている。 そのような甘い考えで声優を目指す者たちをベテラン声優たちのほか、なども痛烈に批判している。 ベテラン声優たちが語る、過酷な声優業の実態 は「 声優自体は1万人いるが、それで食べている人は300人くらい」とでシビアな実情をし話題となった。 も自らの著書において、「 声優の数は全部で約4000人位で、それだけで生活出来ている人は300人位」と語っている。 実際のデータとしては、日本俳優連合に登録されている声優の数は2000人程度、2018年4月号の別冊付録に登場していた声優は1360人(女性800人、男性560人)である。 さらにその中で声優として名前が広く知られている人物は300人-400人程度、さらにその中で声優業だけで食べていけている人物は100人-200人程度でしかないといわれている。 浪川が言う1万人というのは、恐らくプロダクションと正式契約を結ぶ前の見習い期間(後述)の人たちを合算しての数であると思われる。 は、『』(無印)のや『』のといった代表キャラを抱え、そこそこ仕事を貰えてそこそこ忙しかったにも関わらず 「収入が低過ぎて声優業だけでは到底食べていけないから」という理由から引退している。 引退ではないが、も似たような理由から、『』のというキラーキャラクターを持っていたにも関わらず、声優を事実上廃業し、俳優一本に絞っていった。 も自らのブログで引退を報告した際、 「声優というのは一般企業と同じで辛い事ばかりで、一見華やかに見えるけど全然そんな事は無い」と明かしている。 は 「『』の役でレギュラーだった時でさえも、声優としての稼ぎは年収200万円程度で、副業をしながら何とか食い繋いでいた」とバラエティ番組で暴露している。 は上記の過酷な声優たちの現状に対して 「若手声優たちが育成の機会もまともに与えられないまま使い捨てにされている」と、ネットでのインタビュー記事で今の業界の在り方に苦言を呈している。 その上で声優を目指す若者に対して 「馬鹿な事を言ってないで現実的な夢を見なさい」とまで言い切っている。 中堅声優でも、例えばは 「声優は『職業』と思ってやっても無理。 私は『趣味』としてやっている」と、声優志望者を突き放す厳しい発言を自身のラジオ番組で語っている。 の自叙伝『声優魂』のテーマはずばり 「声優だけはやめておけ」である。 今でこそ声優と舞台俳優の両面で活躍する氏だが、そこに至る道程の過酷さを包み隠さず記しており、本書は声優業界で生きていくことの厳しい現実と「それでも声優を 本気で目指すか」という若者たちへの問いかけが軸となっている。 著名人による「声優業」の浸透 プロの声優ではなく、舞台役者や、、、、稀にや、(彼らについては次項も参照)などが副業として「声優業」をこなすケースは年々増えている。 本職が俳優ですらないが演じることもある。 こうした「本業声優ではない声優」は、かつては劇場上映作品やなどの特別として扱われるケースが多かったものの、現在はを含むの主人公などは、概ね声優以外の著名人がキャスティングされるようになっている。 レギュラー放送されるの主演級のキャラクターを演じることも珍しくなくなっている。 こうしたキャスティングは、作品の注目度を上げる「話題作り」という側面もあるが、や、、、のように、「いかにも声優」といった印象のや、アニメーションに特化した演技よりも、一般(または演技の)のクセのない演技を、逆に要求する著名な監督・演出家が多いせいでもある。 も「プロの声優はもう限界がある」と過去に語っている。 近年のアニメ(作品など)の主要キャラも、を代表するようなやによって演じられており、こちらは高い評価を受け一般に浸透している。 これに合わせるとも、豪華な著名人がメインとならざるを得ない。 ただ、日本の場合は演技力に欠ける人物を、商業的な理由から話題性重視で起用し、特にアニメファンの間で物議をかもすこともしばしばある。 かつて『アニメディア』の読者投稿コーナーでも 「新人や若手の声優たちに経験を積ませる方が大事なんじゃないのか」 「興行としてやっているんだから仕方が無い」 と激しい議論が繰り広げられた事もあった。 2010年代に入ってからは、のようにアニメや特撮ドラマでの声優経験を持つ芸能人からも「アニメは本業の声優がやるべき。 (動画に対する)文字のぶち込み方が違う」と、声優擁護の声が見られるようになった。 (山里自身「」の劇場版アニメに出演した際、原作のファンから不評の声が殺到した経緯を打ち明けている。 ) も「 演じている有名人の顔が脳裏に浮かぶと話に入っていけないから」という理由でオファーが来ても全て断ってきたことを某番組で明かしている。 しかしながら、それらの意見と矛盾するかのように、元々声優業が本業ではないものの特定の作品に出演したことがきっかけで声優業が本職になった、或いは、今までの芸能活動を並行させつつ声優業を本業の一つにしていった、という芸能人は昔から変わらず出てきているのである(『』シリーズや『』シリーズはそういう点が目立つ作品として知られる。 当然この2作品に限らずそういう点が目立つ作品は他にもある)。 もちろんその中には、声優として起用された当初は「本業じゃない」「下手過ぎる」という理由で視聴者や声優ファンから批判されたり毛嫌いされたりした者も居るが、そこから徐々に上手くなっていった結果手のひらを返すがの如く一人の声優として認められたり支持されたりしていった者も居る。 テレ東版初代『』における役のや『』で役をやったとなど。 そもそも一般人は声優が誰であろうと(ぶっちゃけその演技がどうであろうと)特に気にしないため、興行収入に影響することはあまりない。 もっとも実写映画がテレビ放送された場合はこの限りでないようである(2017年8月に起きた『ジュラシック・ワールド 放送版 の声優キャスティングを巡る批判騒動はその一例。 ただしこの時槍玉に上がった、は声優としての実績がある)。 その他のケース 師、など声を使った商売を行うの担い手には、声優業を兼業する人物も多い。 特に落語家やなど、今日では「お笑い芸人」として一括りにされる事もある人達は、1960~70年代に放送された海外TVアニメに多く起用された歴史を持つ(代表例として『』)。 これらの商売と声優業との兼ね合いは個人によって当然バラバラであり、著名人枠として上述するようなゲスト的出演に留める者、声優プロダクションに入り二足のわらじを履く者、ほぼ高座に上がらず声優業がメインになっている者、逆に専業声優が演技の幅を広げるなどの理由でその道に入るなど様々なパターンがある。 なお、普段は声優業をやっていない俳優や女優、子役やタレントなどが声優業に挑戦することを特別出演と呼ぶ(ただし、などの一部の作品では例外的に、などの本職の声優が違う職業でも活躍しているという理由から、特別出演として出演する)。 また、テレビアニメの劇場版やOVA、TVスペシャルなどの作品には、本職の声優がメインゲストなどのレギュラーキャラ以外の役で、1分や10秒だけでも出演する事が多く、中には、常連ゲストとして出演する者も存在する(2000年の第1作から第10作までのに出演し続けていた、がその例だ)。 逆に、上記にあるような声優業が本職ではない者が声優業に挑戦する際、特別出演としてではなく、レギュラーとして出演するテレビシリーズ(のを舞台版でも演じてきたや、のを初登場時以来ずっと演じ続けてきた、他にもシリーズや遊戯王シリーズなど)も、僅かであるが存在する。 そして前述した通り、元々声優業が本業ではないものの特定の作品に出演したことがきっかけで声優業が本職になった、或いは、今までの芸能活動を並行させつつ声優業を本業の一つにしていった、という芸能人も居る。 『ラブライブ!』シリーズで声優をした・・、『プリキュア』シリーズで声優をした・はその典型例である。 一方、一部の作品では稀に作品の原や、などのスタッフが役などを担当する事例が存在する。 特に業界では、制作予算の都合からプロを雇えずにスタッフ内からやむを得ず選出することが多く、90年代までは声優を熱心に起用する動きも少なかった。 元来人前で演技や喋りを行う職業で無いために上記の著名人出演以上に演技力が拙いこともままあるが、どちらかというと制作陣のお遊び的な要素も強く、本当に人手不足で出演するようなことは極めて少ない。 たまにこういった作者などに声優としての個別ファンがつくという特殊な事態も発生する。 話が結構ずれるが、オーディションに合格した声優の中には、奇遇にも先輩声優と似たような声質で話題になる者もいる(代表例:と・と)。 声優になるには 前述したように元々声優でなかった人が声優として活躍するケースもあるものの、声優が専門職として確立している日本では、基本的に声優になるには以下の道がある。 専門学校や養成所で技術を学ぶ 現在最も一般的となっているのが、声優養成所や専門学校に入って演技の技術を学ぶという手段。 そこでの養成(教育)期間を修了して、芸能事務所の所属オーディションに合格すると、その事務所所属の声優になることができる。 こういった養成所や専門学校が生徒を募集する際、学費さえ払えば誰でも受け入れる所もある一方で、定期的に開催されるオーディションで「この子には才能がある」「一流の声優になれるだけの資質がある」と審査員に認められなければ入れないような所もある。 また学費の相場は入学金や月謝を合わせて、大体卒業までに100万円前後かかるとされている。 しかし、そうした所には多くの受講生が通っているものの、その中から後に声優になれる者はほんの僅かで、ほとんどの者はなれないという狭き門である。 ほとんどの場合は学生時代、あるいは学生を卒業した直後から(中学生や高校生のうちからということも少なくない)であるが、のように社会人経験を経て養成所に入って声優デビューを叶えた事例も少数ながらある。 芸能事務所のオーディションを合格して声優になったものは新人、ジュニアなどと呼ばれる訓練生となり、正式にそのプロダクションに所属する声優となるわけではない。 見習い期間(一般企業で例えるならば試用期間)が終了した後に内部審査を経て、合格した者だけが正所属となる。 しかし、ここでも訓練生のほとんどの者はデビュー出来ずに脱落するという、これまた狭き門である。 フリーランスの声優として活躍の場を求めるのでない限り、ここで脱落してしまえば再び養成所からやり直しである。 はネットでのインタビュー記事において、この声優養成学校の存在を 「若手声優たちから個性を奪っている」と批判している。 かつては自身も知人に頼まれて声優養成学校で講師を務めていた経験があったのだが、生徒たちが講師の言われた通りにしか演技が出来なくなる様を目の当たりにした事で、今では頼まれても断っているのだとか。 は自らの著書で 「養成所のカモにされてはいけない」などと、声優を目指す若者たちに警告を発している。 なお、かなり例外なパターンとして、実は元々声優が本業ではなかった著名な芸能人でありながら実際に専門学校に通い培ってから声優業デビューした者も居る。 主な例がである(専門学校での恩師はであった)。 芸能事務所企画のオーディションで合格して、直接声優になる 稀に芸能事務所が企画した一般オーディションで選ばれて、直接声優になる者もいる。 、、、、、などがこのパターンである。 若本の場合はかなり特殊な例であり、職場を解雇されて途方に暮れていた所へ偶然オーディション開催の広告を見かけた事で、ヤケクソでオーディションを受けてみたら合格してしまい、そのままプロの声優になってしまったという特異な経歴の持ち主である。 また、田所、鈴木の場合は「声優アーティストオーディション」で合格したように、実質的には将来的な歌手活動を前提としての声優デビューであった。 どこの事務所とも契約せず、フリーランスとして声優活動を行う 実際には声優というのは前述のように「個人事業主」「自営業者」であり、養成所に通って芸能事務所に所属しなければ声優になれないという訳ではない。 日本俳優連合に声優として登録しさえすれば、その時点で晴れて声優としての肩書を持つ事が出来る。 はこの典型例であり、子役時代を含めてデビュー以降一度も事務所に所属する事無くフリーランスを貫いており、マネジメント活動を全て自らの手でこなしている稀有な声優である。 もデビュー以降フリーランスを貫いているのだが、声優業をこなす傍らで実業家としても活躍している。 子役デビューしてから声優に転向する いわゆる「子役上がり」で、近年増えているケース。 など、子供の頃からやに所属し、やとして芸能活動を積んでから声優に転向する。 子役出身の声優は、若くても芸歴自体が長いため、最初からが備わっており、声優活動も順調にこなす人が多い。 女性声優だと、、、、、など、男性声優だと、、、などがこのパターンである。 この場合、ほとんどが養成所経験を経ずして声優デビューしている。 ただし、のように、子役や劇団の経験がありながら養成所に通った上で声優デビューを叶えた事例も少数ながらある。 その他 非常に特殊なケースとして、とが挙げられる。 一条和矢は関西を拠点にボイスドラマの同人サークルでアマチュアの声優として活動していたのだが、ゲストとして現役の著名声優を数多く招いた事が縁となってにスカウトされプロになった。 三ツ矢雄二は元々子役であり声の仕事はしていなかったのだが、と一緒に居酒屋で飲んでいた際に声優にならないかと誘われプロになった。 さらに特殊かつ限定的な形で声優の世界に入った者では現在の役のは本業はモノマネタレントである為、声優の世界を殆ど知らずに巻き込まれた形でルパンを演じる事となった為に、長い間モノマネよりも高度に要求される声の演技に悩んできた。 事実、かなり神経を使うものであった為に本業のモノマネレパートリーで得意としたルパンのモノマネがとっさにできなくなる弊害も出ていたという。 養成所を卒業したものの、どこの事務所とも契約を結ぶ事が出来なかった者が、夢を諦め切れずにフリーランスとして声優としての道を探ろうとするケースもあるようだ。 ただし現在では日本俳優連合に登録を希望する人が殺到しており、手続きに物凄く時間がかかっているとのこと。 声優になった後 ただし前述のように、候補生同士による激しい生存競争に勝ち抜いてめでたくデビューできたとしても、生き残るのはさらに困難を極める。 声優の仕事は基本的にを受けて獲得せねばならないが、の場合はオーディション100本受けて1本も受からないというケースもザラである。 この為などの副業をする事は必須であるが、芸能事務所に所属する声優にはこの副業にさえも様々な制約が課されている。 詳しくは下記参照。 は、自身の著書で声優業の傍らで週2回、学生時代から続けている清掃業のアルバイトをこなしていたことを、は、2015年のインタビューで声優の仕事が軌道に乗るまで(のアニメ化の直前くらいまで)派遣のアルバイトをしていたことをそれぞれ明かしている。 さらに「による顔出しやが」でなければ、オーディションを受けさせても貰えないというケースも多々ある。 そのため、声優業だけで生計を立てていくことが出来ずに脱落する者も多く、後に第一線で活躍していくことになる新人・若手声優はほんの僅かである。 また、一時的にブレイクしてもその後人気が衰えてに追い込まれる者も少なくない。 やのキャラクターは基本的に・ばかりなので、加齢によるは避けられない部分もある。 また近年では、写真集を発表する声優(主に女性声優にこの傾向が強い)が増加傾向にあるほか、一般の漫画雑誌のグラビア(巻頭グラビアや表紙に起用されることもある)に声優が登場する事例も出てきているなど(、、、など)、本職のグラビアアイドルに近い精力的なグラビア活動をする声優が登場してきている。 また、歌手活動を並行して展開する声優も増加傾向にある(の項目を併せて参照されたい)。 声優に課される制約 現在は声優たちのアイドル化が進んでいることもあり、芸能事務所に所属する声優たちの誰もが 「公序良俗に反する活動は一切してはならない」という契約を事務所側と結ばされている。 これは声優としての活動だけでなく日常生活全てにおいて課せられる制約であり、 「副業として風俗関連の仕事を一切してはならない」という事も意味する。 過去にはデビューしたばかりの若手女性声優が、名前が売れ始めてこれからという時にアダルトビデオに出演していた事が発覚し、事務所側から「悪質な契約違反」だとして多額の慰謝料を請求された挙句にマネジメント契約も解除され、引退に追い込まれるという事件もあった。 また2016年にも、ある有力女性声優に10年以上前のアダルトビデオへの出演疑惑が持ち上がる事態が発生。 ネットが大炎上したのだが本人も事務所側も事実無根だと否定している。 前述の通り声優というのは業界内での競争が非常に過酷な職業であり、声優業だけで食べていくことの出来る声優というのは僅かでしかない。 その為副業をしなければ到底食べていく事が出来ない声優がほとんどなのだが、風俗関連の仕事は求められる仕事の内容が内容なだけに賃金が非常に高く、上記の解雇された若手声優にとっても生活していく為には仕方が無かったのかもしれない。 また、恋愛に関しても厳しい制約を設けている事務所も存在する。 2017年6月末に『行列の出来る法律相談所』にゲスト出演したが「事務所の方針で30歳まで恋愛禁止」と発言しているが、実際に20代のうちに結婚したケースは少なく 、など事例としては多くはない 、恋愛には暗黙の了解で厳しい制約を守る覚悟が必要である。 その一方で、 フリーランスの声優には当然ながら上記のような制約は存在しない。 中にはのようにグラビアアイドルを兼業している事を堂々と公言している者さえも存在する(たかはしの場合は、著名人の声優活動への参入に対する声優側からのカウンターという意図があるので、特殊例とも言えるが)。 声優と俳優 女優 の関連性 一般的には声優と俳優とでは芝居の仕方に違いがあるため、別物扱いされることがある。 それ故に、声優業で培ってきた芝居を俳優業でやろうとするとアテレコ調になったりしておかしくなるなどと言われていた。 しかし、元々俳優で今はベテラン声優の代表格となったは 「アテレコやってたおかげで芝居の幅が広がるということはあっても、それが舞台での芝居の足を引っ張ることは一切あり得ないという確信を持つようになった」という。 また、子役時代から知られる若手ベテラン女優ながら声優としては新鋭の扱いであるは 「声優は、もうすでに役が完成されていて、そこに自分が合わせていく。 それもお芝居なんだと気づいてからは視野が広がりました」と、「声優としてか・俳優としてか」以前に「一役者として」の芝居そのものに対して視点を変え、視野を広げるに至っている。 一方、元々声優としてデビューしてきたベテラン声優の若本規夫は 「舞台に立った経験はあるが、声優に活かせるようなものはなかった」という見解の上で「声優と俳優は別物」と考えている。 それは俳優業に於いても どれだけ身振り手振りや容姿が善くても肝心のセリフ読みがだったりに代表するように滑舌が悪かったりすると、演じた役や最悪作品そのものが台無しになる可能性が十分にある為だ。 (しかしながら、それすら一種のネタとして寛容に受け容れ愉しむ視聴者も居ることは居るのだが。 さらにはプロデューサーや音響監督などキャスティング権限のある人すらそういうイメージに惹きつけられてそれと同じようなタイプのキャラにまたその声優を当てるなんてこともあったりする。 ちなみにこういう現象はにも割と多い。 それに加えてそのキャラクターの属性や個性、さらに劇中での描写によって発生したネタが流行った場合、それから何年経った後も声優自身(および以降にその声優が演じたキャラ)がそのキャラに関するネタや設定で弄られ続けることもあり、あまつさえその作品のキャラクターが作品の鑑賞者からすごく嫌われるような、受け入れられないようなタイプであった場合は何故かそれを演じた声優自身が批判ないし非難の対象になったり、逆にそんなキャラを割り当てられたことに対する同情の声が上がったりといった歪な逆転現象が起こることもある。 加えてその声優の演技力や表現の方向性にも先入観を持っていた場合、その配役発表において上記のような自分が思っている声優のイメージとそのキャラクターに抱いているイメージとの間に齟齬を感じて直感的には受け入れられなかったり、それが酷いとその配役に対して強い反発に出るというケースも見られている。 とりわけ声優個人に関する情報が様々なメディアを介して伝えられることが増えた昨今では、それで語られたその声優の性格や人柄などに関してのネタもオタクの間では話題になることが多くなり、そうして広まった声優自身の人間性も含めて作品およびキャラクター全体が評価されることも少なくなくなりつつある。 それが実際にその声優の人気にどこまで影響があるのかは何とも言えないが、その事実が今後の営業や活動においてマイナスとなる可能性(既婚の女性声優は仕事が減るという俗説もあるが、真偽は不明)を懸念する所もあり、この辺の事情も前述したように事務所命令による所属声優の恋愛制限が課せられる要因になっていると考えられる。 そのことがあるからなのか、一部の中には結婚ないし入籍を果たしたとしてもそれをすぐには発表せず、かれこれ数年以上経ってから公表するというケースも散見されている。 ちなみに近頃ではそんな声優に関する話題性の高まりを受けてか、今まで声優のことなどほとんど取り上げなかったようなにも増えてきている。 他にもその入籍した女性声優にいつか子供が生まれた場合、その子供が自分たちにとって思い入れのある声を聞かされて育つことに羨望の目を向けるといった少々ギャグっぽい反応も見られる。 中国の声優事情 中国で声優という職業が認識されたのは日本のオタク文化の輸出によるもので、中国オタクの間では日本と同様、日本人声優はアイドル的な人気を集めている。 最近は中国人声優も育ちつつあるが、中国のなどの中には、中国語版にも日本人声優が出演している(つまり、ボイスは日本語で中国語字幕がつく)ものも少なくない(、、など)。 こちらは、主に などと呼ばれることが多い。 ボイスチェンジャーや音声合成、ピッチ変更と並んで、上記のような面倒な層とマナーの悪い声優ファンに対して、矢印を他に向けさせるという切り札として着目されつつある。 pixivにおける声優 に声優の個人名が付く絵は、本人のなどのほか、演じたキャラクターを描いた絵もある。 後者は、声つながりのや、名台詞の、楽曲のCDのジャケット、写真集のイラストなどをタグによって際立たせることもある。 また、本人とは関係がないが、声のイメージの形容にも用いられやすい。 関連タグ 名前以外の声優関連タグの追加求む 職業・呼称 仕事内容 分類 所属など ネタ投稿タグ 声優を題材とした作品 賞 一覧 外部リンク• 関連記事 親記事.

次の

声優 (せいゆう)とは【ピクシブ百科事典】

声優とは

声優(せいゆう)とは、で演技をするのことである。 「ボイスアクター」とも呼ばれる。 概要 活動範囲は広く、・・・・・・・・、のなどにおよぶ。 それらにを当てることがな内容である。 基本的にはのみの出演となるが、でなどに出演している声優も存在する。 演技だけでなく歌唱も要されることもある。 特にではになりきって歌うことが要される。 最近はと呼ばれる存在もあり、でを行うため、容姿も要されるようになってきている。 特にやにおいて、のおよびその担当声優のことをキャラクターボイス(、と略す)という。 劇団のや、を兼業する声優も多い。 歴史 的には、の会社が局を敵視して、をしなくなったために、のを買ってきて放映するようになって「」というと「声優」というが生じたのが始まり。 当時はも含めて生で演じていた。 まではやは、の余技もしくはであり、明期から活躍してきた多くのは「声優である以前に」「声優は演技の一種」と唱えており、中にはやのように「声優」と呼ばれることを毛嫌いするもいた。 一方で一部のの中には声優は専門的なと考えている人物もおり、は同所属劇団のであったと納とは正反対に「"声優ではなく"と言ったところで、実際に自らの生計を立てたのはのではないか」としている。 は、あるのに「なんて裏じゃないか。 だったら表を」という声優業を蔑視する発言にを立て、「裏で結構じゃない」と反論している。 は放送劇団出身であるの経験がなく、「業が始まってから、劇団で活動していたの多くが兼任してのをやっていたことが立たしかった」と声優専業者と劇団との違いを交えながらっている。 はの経験はあるものの、「それらの経験は声優業において役に立つこともなければ上達することった」と皮を述べていたことから「声優はと別物」「声優はである」と捉えている。 このようにとしての声優のが分かれやすいが、中には上記のとの様にその両方を重んじている者もいる。 の場合、声優業に専念する意向を固めつつも、自身と同世代の声優と同様にとしての基礎が固まっていなければ意味がないと苦言を呈している。 の場合、志望で声優業界に入った経緯から、として高いと声優の専門性を重要視する考えを併せ持っているが、それある著に声優のに疑問視するに対して反論のをしてしまったこともある。 第2次声優は、ののリから始まると直結した。 ()、(あたる)らが、「」を結成したり、が、(、)、(・ャン、カララ・バ)や()が出演したのを歌うなど、声優の活動が立ち始めた。 特にはを4枚出しているため元祖と言われる。 ただしこのころまでは、のと演じる声優の年齢・容姿がかけ離れているのが一般的であり、一部の熱心なを除けば、まだ的なとは言えなかった。 になると、など出身、もしくは的容姿を備えた声優が登場し、がでを行うなど、や声優ストの時代が幕をあけ、の中心も若手のに移っていった。 後半になって、、、、、、、など、声優業と活動を並行して行うが数多く活躍する時代になり、雑誌やから転身する者など、多な人材が入り乱れるようになった。 のような兼業の声優は、ではしくなりつつある。 にが劇場でを行った際に、親しい声優に出演を呼びかけた。 その際の反応の多くが「なんてできない」「私がに立つなんてがましい」であったという。 このことが時代の変遷を徴している。 もっとも、実際に若手声優たちがで演じたは、とても素人が本業の合間に作ったとは思えない度と奔放なで観客を楽しませた。 今でも声優のがであることを明した出来事だったともいえる。 を最後に'〜'的がの中でほぼしたにおいて、は、的にもマーケット的にも、それに代わる存在となりつつある。 系のや、サンケイ系のが「」や「」のでを飛ばしたことも、声優の化を表す動きのひとつである。 (声優・氏の著書) 声優を題材とした作品(大百科記事)•

次の

「声優」の職業解説【13歳のハローワーク】

声優とは

概要 [ ] 声のみで演技するであり、日本の声優の多くはに加盟しているが、俳優とは異なり声に特化した役者と見なされている。 またニュースで原稿を読み上げるやなど放送・報道分野の業務に携わる者とも区別される。 アニメーション作品ではしばしば キャラクターボイス character voice 、略して CVというが使われる。 これは後半に『』で副編集長だったが提唱した用語で、その後、井上がで創刊した『』でも用いられている。 また、時代の作品では、おもにエンディングのクレジットでは「声の出演」と表記されることが多かったが、からにかけての現在では「キャスト」ないし「CAST」「CV」(キャラクターボイス)と表記されることが多い。 後述のフィックス制度によりとして側面もある。 海外では俳優の仕事の一部となっているが、日本では歴史的な経緯から専業の声優が多い。 歴史 [ ] 日本で声優の専業化が進んだ理由は、• 全盛期に、とが自前の放送劇団(など)を組織して専門職を育成したこと• テレビの黎明期は、番組コンテンツ不足のため、からや(日本での「アニメ」とは異なる)が大量に輸入され、声優による日本語吹き替えの需要が増大したこと• アニメやゲームの人気の高まりにより、最初から声優専門の演技者を志望する者が増えたこと などが考えられる。 ラジオドラマ時代 [ ] 3月、NHKの前身である社団法人東京放送局がラジオ放送を開始。 そのわずか1か月後に『映画劇せりふ』の番組内で『大地は微笑む』のセリフ劇が放送された。 このときの声の出演は新派劇俳優の、女優のなどであった。 専門職としてではないが、実質的に彼らが「日本で最初の声優」である。 同年7月には舞台中継をスタジオで再現した『』(出演:など)、さらに日本初の本格的なとして『大尉の娘』(出演:井上正夫、)が放送される。 同年9月、東京放送局は声だけで演技を行う専門の俳優としてラジオドラマ研究生を公募。 100名あまりの応募者のうち12名の女性が選ばれ、11月にラジオドラマ『太っちょう』に声をあてる。 声優の歴史に関する多くの資料では彼女たちが「日本の声優第1号」とみなされている。 この当時は新聞では「ラヂオ役者」と呼称していた。 初期のラジオドラマにはやらの俳優が多く出演していた。 また、このころ(おもに)活躍していた者として舞台女優のが挙げられる。 彼女はラジオドラマのほかにや(流行歌・歌謡曲・童謡オペレッタ)としても多彩な活動をしていた。 、NHKはラジオドラマ専門の俳優を養成する東京中央放送局専属劇団俳優養成所の研究生を公募。 に養成を終えた東京放送劇団の第1期生がデビューを果たした。 これが声優第2号とみなされ 、「声優」という言葉はこのころから使われたとする資料もある が、実際はより古く、『』ではから使用されている。 声優という呼称は、読売新聞の芸能記者だった小林徳三郎によるものという説と、NHKの演芸番組担当大岡龍男が命名したという説がある [ — ]。 声優は当初、ラジオドラマを専門に行う東京放送劇団員やその他の放送局の劇団員を指し、テレビ時代になって吹き替えとアニメを行う役者を指す用語として定着していった。 に民間ラジオ局のラジオ東京(現・)が開局、専属の放送劇団(ラジオ東京放送劇団、のちのTBS放送劇団)を設立してに放送した連続ラジオドラマ『』は当時の子供たちから絶大な支持を得た。 テレビ放送がなく、ラジオがマスメディアで主要な地位を占めていたラジオドラマ時代の声優は決して日陰の存在ではなく、二枚目の主役の声を多く演じたには月に何十通ものファンレターが届いたという。 ラジオドラマは全盛期を迎え、声優の紹介記事が新聞のラジオ欄に掲載されるようになると、声優へのファンレターと同時に声優に憧れ、声優志願者も急増した。 のNHK東京放送劇団の第5期生募集には合格者が10名程度のところへ6,000名の応募が殺到したという。 この時代を声優のは第1期声優黄金時代としている。 アニメでは、には日本初のの短編アニメーション映画『力と女の世の中』が公開。 アニメキャラクターに声をあてたのは、喜劇役者のをはじめとする映画俳優達だった。 にはの長編アニメーション映画『(鉄扇公主)』が日本で公開され、出身の、などが声をあてた。 後に発足したにより日本でもコンスタントにアニメ映画が製作されるようになると、映画俳優、コメディアン、放送劇団員が使われた。 また、洋画の吹き替えはテレビ時代になってから本格的に行われるようになった。 第1次声優ブーム [ ] 民放テレビの草創期には、のでテレビ局への日本映画の供給停止が決まったことなどによるソフト不足から、海外ドラマやなどのいわゆる外画の日本語吹き替え版が数多く放送された。 当初、NHKは基本的に字幕スーパーで日本国外の作品を放送していたため、日本語吹き替え版は民放が中心となっていた。 以後、日本国外の作品は前半をピークとして放送された。 これらを背景として声優人気が高まっていったという。 ブームの中心人物はを持ち役としたで 、までいたという。 テレビや映画の俳優は五社協定とギャラの問題で吹き替えをしなかったため、テレビでの吹き替えは、ラジオ時代からの放送劇団出身者や新劇の舞台役者が多く行った。 放送劇団出身のは当時の吹き替えに参入してきた新劇俳優について、「大部分の連中にとっては片手間の仕事でしかなかった」「日本語として不自然な台詞でも疑問も持たず、台本どおりにしか喋らない連中が多くて、僕はそれがすごく腹立たしかった」と語っている。 海外アニメにおいては、落語家や浅草出身のコメディアンなどもキャラクターの声をあてたという例がある。 労働環境や待遇は恵まれていなかったことから権利向上のために結束しようという動きがあり、は清水昭のに参加するが同社で労働争議が発生。 これを受けて(俳協)が誕生したが、前述の若山弦蔵のように所属せず独立した者もいた。 のちに俳協から分かれて多くの声優プロダクションが結成された。 この時代にはまだ声優という言葉は一般には認知されておらず 、別称として、吹き替えを主にしたことから 吹き替えタレント、声をあてることから アテ師 というものがあった。 テレビの日本語吹き替え作品第1号はの前身であるKRTテレビがより放送開始したアメリカのアニメ『』であると言われる。 実写ではにTBSの前身であるKRTテレビで放送された『カウボーイGメン』と記録されている。 これらKRTテレビでの放送はいずれも生放送による吹き替えで、あらかじめ録音したアフレコによる作品第1号は、アニメでは1956年にが、番町スタジオの安井治兵衛に依頼して放送した海外アニメ『テレビ坊やの冒険』である。 に『土曜洋画劇場』(現・『』)の放送が始まり、この番組によってスターの声を特定の声優に固定する持ち役制(フィックス制度)が始まった。 第2次声優ブーム [ ] 1970年代後半の劇場版『』のヒットによるアニメブームと並行して起こったブーム。 そのブームに押される形で声優業と並行した音楽活動も盛んになり、、、などのアニメの美男子キャラクターを持ち役とする人気声優によるバンド「」を結成してライブ活動を行ったほか 、多くの声優がレコードを出すなどした。 当時万単位のレコードを売り上げる声優として、、、神谷明、、スラップスティックの名が挙げられている。 また自身のアルバムを4枚出した潘恵子は元祖アイドルと呼ばれた。 に放送開始した『』などアニメ声優がを務めるラジオ番組なども誕生。 ラジオドラマでは声優人気を背景にした『』があり、アマチュア声優コンテストも開催されていた。 この時代はが創刊され始めた時代であり、『』の創刊編集長であるは、声優の化を編集方針のひとつとして打ち出した。 『アニメージュ』以外のアニメ誌も同様に誌面に声優コーナーを設けて、定期的に声優の情報を発信した。 人材の供給・育成面では、声優専門プロダクションが分裂することによって次第に数が増え始め、各プロダクションにより声優養成所が設けられた。 これらにより、放送劇団出身者や舞台役者などの俳優活動の一環や余技としての声優業ではなく、最初からアニメ声優を目指した声優が登場し始めた。 このブームはおおむね前半ごろまでとされている。 1990年前後 [ ] 1980年代末のテレビアニメ『』に出演した5人の男性声優でに結成したユニット「 」が人気を集め、ニュース番組で取り上げられるほどであった。 声優がマルチ活動をするようになった先駆け的グループであるとも言われている。 しかし、声優界全体のブームとまでは至らなかった。 一方で、やといった女性声優にも注目が集まるようになる。 一方、になって、吹き替え作品が、地上波放送のほかにも、DVDなどのパッケージやCS放送などさまざまな形態で発信されるようになると、従来の持ち役制度はほぼなくなったとされる。 第3次声優ブーム [ ] 用語として一時期頻繁に用いられていたが、明確な定義は存在していない。 おおむね1990年代半ばごろに起こったとされる。 この時期の特徴として、「声優のマルチ活動化やアイドル化、声優イベントの増加」「声優の音声入りのやパソコンゲーム、声優がパーソナリティを務めるラジオ番組の登場や普及」「声優の歌手活動への進出」などが挙げられる。 このことから、声の演技力のほかにも、特にアニメ・ゲームで活躍するには容姿のよさや歌唱力などといったようなことも声優に求められるようになった。 この時期では、に初めて声優専門誌『』『ボイスアニメージュ』が創刊、に初の声優専門のテレビ番組『』が誕生した。 2000年ごろから [ ] 2000年代後半ごろから、一部のマスコミで「第4次声優ブーム」という表現が用いられるようになった(ただし、明確な定義はない)。 このころから、子どもの「なりたい職業ランキング」の上位に「声優」がランクインするようになった。 2000年代後半以後、の本数が急速に増加。 これにより、いわゆる「アニメバブル」という状況が生まれてデビューする新人声優が増加傾向になり、その中には 、 、 など当時10代でアニメのメインキャラクターを務めるケースがみられるようになった。 、、などの「声優アーティスト」としての成功や、2005年から開催されているなどの系の の開催および普及により、歌手活動を両立させる声優が急速に増加するようになった。 特に水樹は、単独公演やドームツアー、出場など、 声優として初の偉業を達成していることが多い。 また、2010年代半ば以後はこの傾向が年々顕著になり、歌手としてのでの単独公演を実現させる声優がほぼ毎年のように現れるようになっている(一例として、 、 、 など。 特に東山は、自身初めての単独公演が日本武道館での開催であった)。 これらは、実際に各キャラクター担当の声優がアニメのキャラクター同様にライブで歌っても披露するというアイドルグループ並みの活動を行っており、現在の声優には演技力は当然のこと、に加えて歌唱力のみならずダンススキルも求められるようになってきている。 仕事 [ ] 、、、、、、、やの日本語、ボイスドラマ、ナレーション、アナウンス、番組内の語り手、朗読などがある。 声による演技以外にも、出演作の関連イベントやの宣伝など付随して顔出し出演がある。 仕事の取り方はオーディションによる選考か指名であるが、仕事の種類ごとに異なる。 アニメ [ ] 画面を見ながらを吹き込むと、事前に台詞を収録し、それに合わせて後から動画を制作するの2種類の方法がある。 ではアフレコが主流である。 近年のアニメ制作のデジタル化により、アフレコ後に絵を修正するケースも多い。 なお、声をあてることからとも言う。 収録はスタジオに声優を集めて一度に行うのが主流だが、芸人や歌手などの非声優を起用する場合は、個別に別録りすることが多い。 出演料はの適用を受ける。 役は原作者や制作サイドからイメージに適合した声(声質)や演技力を持つ人物が指名されることもあるが、選考オーディションを受けて得るというシステムが主流である。 通常は制作会社などから声優の事務所庶務にオーディションのお知らせが通達され、事務所は役柄に合うと判断した所属声優を数人選び、その選ばれた者だけがオーディションを受けられるというのが通例である。 そのため大人数の声優を抱える大手事務所では、まず事務所内での競争を勝ち抜かないとオーディションを受ける機会すらない。 そして、たとえオーディションを受けられたとしても、60本に1本受かればいいというほどの競争率と言われる。 は『』に出演した際、「大御所なんだから仕事選べ」という一部視聴者の声が出たことに対して「冗談ではない。 アニメのキャラ声は本職だ。 第一仕事を選べるほど偉い立場にない」「一本の仕事を取るのにマネージャーさんが何度頭を下げるかご存知か! 」と反論している。 公募形式とする例もあり、2018年放送のでは主役の1人をプロアマ不問の公募オーディションにより決定すると発表したが、応募総数は2,500人超だったという (新人のが選ばれた)。 2005年のではヒロイン役を公募オーディションとしたが、第1次・第2次審査で絞り込んでからウェブの一般投票も加味される形式で行われた(新人のが選ばれた)。 また、テレビアニメ『』の主人公役を公募オーディションが行われた(新人のが選ばれた)。 日本語吹き替え [ ] 海外ドラマ・外国映画などの登場人物の声を俳優に代わって演じる。 アニメ同様、ランク制の対象となる。 フィックス制度により役が固定されていることもあるが、放送版とセル版では異なる声優となる例もある。 ニュースやドキュメンタリーなどのもランク制の対象である。 アニメとは異なりオーディションはほとんど行われず、プロデューサーやディレクターなどが声優を指名して決めることがほとんどとされる。 ただし、作品、作品、作品などでは指名ではなく、アニメ同様オーディションが行われるという。 ゲーム [ ] 基本的に、かけ合いではなく一人ずつ個別に収録する。 の普及し始めた末から増えた仕事である。 に、などの高性能なゲーム機が登場し、声優が起用されることが一般的になった。 出演料については、当初は明確な基準がなかったが、に(日俳連)と社団法人(CESA)の間で協議が持たれてからは、一般向けのゲームでは、アニメと同様にランク制が適用されるようになった。 アニメと同じくオーディションが主流であるが、制作会社などの指名で決まることもある。 ボイスドラマ [ ] ・など音声のみのドラマ作品でキャラクターの声を演じる。 ドラマCDの場合、キャスティングされる声優は人気声優が多い。 まだ売れてない無名の声優だとなかなかセールスが伸びず、人気声優だと販売店の扱いが違ったり、声優の固定ファンが購入するためセールスが見込めてCD製作に踏み切れたりする。 そのため「ドラマCD」の現場は人気声優達が多く集まりやすい。 メディアミックス [ ] アニメ・ゲーム・ドラマCDなどメディアミックスが行われる作品では、一度オーディションで決定すると同じ役に固定されるが、さまざまな理由により変わることもある。 ナレーション・アナウンス [ ] テレビ番組・テレビやラジオのCM・PRビデオなどの朗読、イベントのアナウンスや、番号案内の録音されたメッセージ、やなどでの録音案内、駅や路線バスなどの公共交通機関のアナウンス(自動放送)など。 ランク制の対象外の仕事 で、ギャラはアニメ・日本語吹き替え・ゲームよりもはるかに高額とされ、特にテレビCMが高額とされている。 ただし基本的に単発かつ不定期の仕事であり、安定した収入にはなりにくい。 日本語吹き替え同様、オーディションはほとんど行われず、指名で決まることがほとんどとされる。 俳優・タレント活動 [ ] 前述のように劇団に所属しながら並行して活動(・など)するほか、のように劇団を主宰する者もいる。 やなど、映画やテレビドラマ、バラエティ番組などに出演している声優もいる。 また、、、など、(を含む)に顔出し出演をしていたり、、などのように、で顔出し出演をする声優もいる。 『』『』『』などといった番組では、顔出し出演のほかにもが演じる怪人などの声を担当するという仕事もある。 代後半には、のようにニュース番組のコメンテーターとして出演する声優も出てきた。 歌手活動 [ ] を発売したり、を開催したりするなど、として活動することがある。 逆に、歌手が声優に転身することもある。 ・においては、メインキャラクター級の担当声優が、その作品のを歌うことがある。 また、が歌っているという設定にして、声優本人の名義ではなく、キャラクター名義でをリリースすることがある。 が声優として初めてキングレコードスターチャイルドレーベルと専属契約を結んだ1991年3月以後、声優がとの専属契約を結び、本格的に歌手活動をするケースが増え、2000年代半ば以後はこの傾向がより顕著になっている。 数名の声優がを結成して、歌手(音楽)活動をすることもあり、これは と称されることが多い。 『』や『』などのように、でを行う人気作品もある。 などのにおいては、かつては向けの曲として別に集計されていた。 また、アニメ専門店やは集計の対象外だった。 これらが修正された1990年代半ばごろから、声優の歌のCDが上位になることが増えた。 2月にが声優初となる単独コンサートを開催したのを皮切りに、声優が武道館のような大きな会場で単独コンサートを開催するようになっていった。 12月にはが声優初となる単独コンサートを開催した。 アニメソングが一般層にも浸透するにつれ、声優が音楽テレビ番組に出演して歌を歌うことも増えている。 には、水樹奈々が声優初となる()出場を果たしている。 やのように、元来歌手を志望していた人物が声優となり、のちに歌手としてもデビューするということもある。 ラジオパーソナリティ [ ] 声優による番組のパーソナリティは、古くから存在するが、1990年代以降はや、が専門の放送枠を設けるなど、番組数が急増した。 2000年代以降は、地上波放送だけでなく番組も増えている。 アダルト作品への出演 [ ] (エロゲー)・などの年齢制限のある作品に声をあてる。 この場合、声優名を非公表とするか、別の芸名を使うことがほとんどである。 や、、など、一般作と同じ名義で出演する声優もいる。 や、など、アダルト作品を専門としている声優もいる。 では成人向けの描写をカットした一般向けと、すべての描写を入れた完全版の2種類を用意しており、それぞれ声優も異なっている。 人形劇・着ぐるみショー [ ] 人形劇はキャラクターの演技とタイミングを合わせながらセリフを言うか、事前に収録した映像を見ながらアフレコする。 ショーでは生で声を合わせることもあるが、基本的には事前に声を収録してそれに合わせて着ぐるみの演者()が演技を行う。 担当声優の交代 [ ] 長期シリーズを中心に、担当声優の引退や逝去、降板以外に、諸般の事情による交代も時折起こる。 また同じく病気や産休、事故などによる療養や、海外留学などによる休業により「一時的に」別の声優が代役を担当するケースも多く見られる。 子供の役に子役を起用するのは演技指導などで難しい面があり、台詞の多い主要キャラクターとしての例はなど少数である。 日本以外では子供の役は子供に担当させることが主流である。 脚本家のは8歳のころにTVプロデューサーだった父親の手伝いとしてらとともに子供の役を演じていたが、変声により解雇されている。 日本以外の声優 [ ] 諸外国では日本のように専業の声優が確立している国は少なく俳優の仕事となっているが、近年では声優業がメインの役者も増えている。 アメリカではをはじめ子供向けのアニメーション映画が定期的に制作され、やのような声優業の比率が多い俳優もいたが、のような専業は少ない。 子供の役などは前述のブレイク・スナイダーように業界関係者の子息など素人 で間に合わせることもあった。 では、放送局が放送劇団()を持っている。 やのように、日本国以外の出身でをとしないながらも日本語を習得し、実際に日本で声優として活動している者も存在する。 経歴 [ ] 声優の経歴としては、以下のようなケースがある。 放送劇団 [ ] NHKと民放が組織したで、局のアナウンサーとは別個に、芸能を担当するために放送局で養成され、おもにラジオドラマを担当した放送タレントである。 彼らを指す言葉として「声優」が生まれた。 芸能事務所などの台頭で現在ではすべて解散している。 NHKの東京放送劇団からは、、、、など、NHK札幌放送劇団出身の、NHK九州放送劇団出身のなど多数。 民放ではのちのTBSにあたるラジオ東京放送劇団からは、、、、、など。 地方局では、CBC中部日本放送劇団出身の、RKB毎日放送劇団出身のなど。 地方局で活動していたのはラジオドラマ時代までで、テレビ時代になると海外作品の日本語吹き替えなどの声優の仕事は東京に集中していった。 声優養成所・声優学校 [ ] 声優プロダクション付属の(養成所)、声優になるためのレッスン指導を主とする養成所、(声優養成学科がある専門学校)などの出身。 養成所・専門学校 [ ] 声優になることを目指すには、声優の養成所や専門学校に通うのがもっとも一般的である。 養成期間はおおむね1年から3年で、養成期間修了後に行われる所属オーディションに合格するとプロダクション所属となる。 この時点では「新人」「ジュニア」「仮所属」などと称される見習い期間となる。 見習い期間が終了し、内部審査を経て、認められた者だけが正所属(正規に所属する)となる。 学生時代のうちから養成所に通う人間もいれば、社会人になってから養成所に通う人間もいる(多くは前者のケースだが、たとえばは社会人経験を経て養成所に通うようになり、その後に声優デビューを叶えた)。 大塚明夫 は、自著『声優魂』の中で、養成所や専門学校は生徒の将来や給与の保証をする必要がなく、「声優学校や養成所というのは非常に儲かる商売です」「売れなければ『お前のせいだ』でおしまい。 うまいことスターが出れば『ありゃあ俺んとこで育てたんだ』と言えばいい。 それを広告塔に次の声優志望者たちがやってくる。 はっきり言って、ローリスク・ハイリターンです」と述べている。 また「『安全策』として学校という道を選ぶ人は、その時点である種のステレオタイプを選んでいるということ、そしてこと芸能の世界においてステレオタイプほどすぐさま使い捨てられる存在はない」と指摘している。 俳優・舞台役者 [ ] おもに舞台演劇やなどをやる舞台役者が声優として長く活動するようになるケースは、声優という職業が成立する時期から多く存在しており、『』シリーズなどで知られる、などがこれに該当する。 またを中心に、として活動してきた役者が声優としても長く活動するようになるケースもあり、、などがこれに該当する。 出身の声優としては、、、、などがいる。 子役 [ ] などに所属する子役が、声優の仕事をするようになったことがきっかけで、そのまま声優業を中心に活躍するケースは、声優という職業が成立する時期から多く存在しており、、などがこれに該当する。 近年では、、、、、、、、、、などがこれに該当する。 その他 [ ] 、、、、番組系俳優、、、などといった経歴のタレントが、声優の仕事をするようになったことがきっかけで、そのまま声優業を中心に活躍するケース。 また、声優になるための足がかりとしてアイドルをしていたケースや、歌手になるための足がかりとして声優を目指すケース、あるいは、各種コンテストで入選したことがきっかけで声優として活動するようになったケースもこれに該当する。 一例として、(元)、(元)、(「」でのグランプリ受賞がきっかけで声優デビュー)などが挙げられる。 特に2010年代になって以後は、アイドルから声優への転身者や、現役アイドルのまま声優としても活動する人間が登場、増加するようになっている。 ナレーションやアナウンスも声優の仕事の一部であり、アナウンサー出身という肩書きで活動する者はいない。 黎明期には局のアナウンサーが声をあてた事例もあるが、現代では演技を行わないアナウンサーと声優は別な職業としてとらえられている。 他分野の芸能人・著名人などの声優活動 [ ] 俳優・歌手・音楽家・アイドル・グラビアアイドル・モデル・お笑いタレント・スポーツ選手・著名人が、声優活動をすることがある。 もともと、専業の声優が確立されていなかった時代、の長編作品のころから、長編アニメーション映画において、ほかの芸能人・著名人などを声優に起用することは珍しくない。 以降の制作作品、以降の制作作品に至るまで、こうした傾向は現在でも続いている。 批判 [ ] 作品の質よりも話題性を狙って芸能人・著名人などを声優に起用するということも多いため 、芸能人・著名人などの声優起用に批判が出ることもある。 公開のアニメ映画『』や公開の映画『』などで、これまでのシリーズで日本語吹き替えを担当していた声優を、新作映画で俳優・タレントに交代する事態が発生しており、企業への批判が殺到した。 『ザ・シンプソンズ MOVIE』『』『』ではソフト化に伴い、劇場公開版に加え、もともと担当していた声優陣による新たな吹き替え版が同時収録された。 しかし、ソフト化の際に劇場公開版のみが収録される作品が大半である。 特に『アベンジャーズ』ではキャスティングの変更などに対する批判のコメントがの本作品のレビュー欄に殺到する事態となった。 公開の映画『』の主人公エリザベス・ショウ役の吹き替えにタレントのが起用された際、ソフト化に際して変更もなかったため『』シリーズのファンなどから酷評され、Amazon. jpのレビューが炎上した。 『』や『』のように、劇場公開版では芸能人が吹き替えを担当したが、ソフト版では声優に差し替えて収録する場合もある。 また、『X-MEN フューチャー&パスト』のように、新規バージョンをソフト化する際に収録し直すケースもある。 公開のアニメ映画『』では、プロデューサーのが大物俳優の起用を立案し、草薙素子役をからに変更しようとしていたが、スケジュールの都合に加えて「できあがっているイメージを変えるべきではない」と出演を固辞した山口と、監督や声優陣の反対により田中が続投したということがあった。 で「タレント(芸能人や著名人など)を声優に起用するべきか、それともしないべきか」というアンケート調査をに行ったところ、ほぼ半々に意見が分かれた。 俳優を声優に起用すること [ ] アニメ監督のは、他の芸能人や劇団の子役・俳優を声優に起用している。 同じくアニメ監督のは、声優の演技は型にはまっていると批判したことがあり 、主役に劇団出身者や新人声優を多く起用している。 同じくアニメ監督のは、存在感と新鮮さが声優に勝ることがあるとして 、複数の作品にを起用しており、『』ではメインキャラクターに俳優を起用した。 では原作・シリーズ構成のがを取材した際、現役であるの舞台を見て声優に抜擢した。 上述の俳優が声優に起用されることに関して、アニメを多く手がける脚本家のは「マイクの前で声を出しているだけの声優よりも、声優としての技量が劣っても、実際に観客の前で芝居をする俳優が買われているのではないか」と述べている。 声優のは「いいですよね。 ぼくは声優という小さな世界がなくなることを望んでいます」と肯定的な考えを持っている。 一方で「俳優が『声のお仕事をした』という報告は応援できるけど、『声優をやってきました』という報告は、仕事がとられたみたいで素直に応援できない」という考えを持った声優も少なくない。 俳優などを多く起用するゲームシリーズ『』では、ある有名俳優を起用したが事前準備もされずに収録に臨まれ、演技がなかなか上達せずの指示で何度もリテイクが行われ、時間をかけてその場面の距離感や感情を説明して及第点といえるところまで収録できたが「同じ苦労をした別の役者に申し訳ない、妥協はしたくない」として仕方なく降板してもらったという事例もある。 劇中でテレビニュースが映る場合は、リアリティを重視して放送局に所属する本業のアナウンサーを起用する例がある。 特撮番組系の俳優の声優活動 [ ] の変身ヒーロー作品、とりわけ「」の「昭和ライダー」最終作にあたる『』および「」では、『』に至るまで長きにわたりオールアフレコで制作されてきた。 いわゆる「平成ライダー」第1作にあたる『』 および『』 から、俳優が顔出しで演じるシーンは基本的に一般的なドラマと同様の撮影同時録音方式に切り替えられたものの、現在でもが演じる変身後のシーンなど番組制作の各所でアフレコが多用されているため、特撮番組に出演経験のある俳優は、声優としての演技経験を事実上しているとも言える。 そのためか、特撮番組で出演経験のある俳優がアニメなどの声あてをすることもあり、中には声優を本業として転向した者もいる。 声優による他分野での芸能活動 [ ] 2000年代以後、声優が歌手や俳優(特に舞台)など、ほかの分野での芸能活動をすることが特に顕著になった。 声優がほかの分野での芸能活動をするケースのひとつとして、俳優活動が挙げられる。 理由として「声優さんには『ああ、あの声の人だ』という知名度ならぬ『知声度』があるので、仮に顔がいまいちわからなくても、『声』がわかったときの感動や話題性があるから」が挙げられる。 特に俳優活動の中でも、舞台での活動と両立する声優が少なくないが、理由として「舞台はやり直しができず、実際にその芝居や息づかいが観客に見られていることで、それが声の芝居に生きるから」などが挙げられている。 また、声優が歌手などの活動と両立させるケースが、特に2000年代以後に顕著になっているが、これについては下記の節にて述べる。 にはとが共同で開催した容姿と声の2つの要素に「美しさ」を兼ね備えた・を発掘する「第1回全日本美声女コンテスト」が開催された。 おもな出身者に、として活動する、に、などの活動をするが挙げられる。 「アイドル声優」と「声優アーティスト」 [ ] 歌手などの活動と両立させる声優について、「アイドル声優」あるいは「声優アーティスト」と表現するケースが登場、増加するようになった(ただし、いずれかまたはいずれにも、必ずしも該当しないケースもあるので留意が必要である)。 アイドル声優とは、第3次声優ブームと称されていた半ばごろから出てきた俗称。 このころには ボイスアイドルとも呼ばれた。 本業にとどまらず、歌を通してそのCDを発売、ライブを開催するなど歌手活動をする、声優専門誌や漫画雑誌などのグラビアに登場する、写真集やイメージビデオを発売する、CMに出演する(これはいわゆる「Web CM」を含む)などといった的活動を行う声優を指すことが多い。 本業を蔑ろにしているという批判的なニュアンスも含んでおり、実際にベテラン声優を中心に否定的、悲観的にとらえることが少なくない(一例としては「アイドル声優は旬を過ぎたら使ってもらえなくなる」と述べている)。 実際、2010年代半ば以後、 、 、 、 、 、 、 などのように、顔出しでCMに出演するケースや、一般の漫画雑誌などでのグラビアに登場するケースが増加するようになっている。 声優アーティストとは、上記のアイドル声優に代わって半ばごろから出てきた俗称であり、おもに声優業と歌手業を両立させている声優を指すことが多い。 「アイドル声優」「声優アーティスト」のいずれの場合も、日本の女性声優に特に多いといわれる。 近年では本格的なアイドルもしくはアーティスト活動までには至らずとも、アニメに出演する場合、主題歌などを担当したり 、各種関連番組(、など)やイベントへの出演など、タレント活動を求められるケースが一般的になっている。 さらには、アイドル主体のアニメ・ゲーム作品における担当アイドル(キャラクター)を完全トレースして、本格的なアイドルレベルの振りつけによるライブ活動を展開し、中には本格的なアイドルを凌ぐドーム公演や紅白歌合戦への出場などを果たす声優ユニットも存在する。 実際、、、などのように、「声優を軸足にしつつも、アイドル的な活動を行うグループ」が登場、増加するようになっている。 「アイドル声優」「声優アーティスト」のいずれであれ、声優の顔出しでの活動が増えた理由として、声優の社会的地位の向上のほかに、声優の役割やイメージの変化(「裏方的な仕事」とされてきたのが「ルックスや若さが重視される」ように変化した)が背景としてあるという。 声優プロダクション [ ] 声優プロダクションは、声優から手数料を徴収し、音響制作会社や放送局などに対して、アニメ・日本語吹替・ナレーションなど得意分野ごとに配置されたマネージャーが営業活動や声優の売り込みなどを行う。 専門の養成所を持ったり専門学校と提携して新人の育成も行う。 もともと制作会社の関連会社に位置していて連携の強いプロダクションが存在し、特に2000年代は特に新たに創業される例が見られた が、2010年代以降は制作会社の一部門として直営され、より連携が強固なプロダクションも存在する。 特定の制作会社との連携が強くとも、ほかの制作会社が手がける仕事も請ける。 また、もともと音楽系のプロダクションでも声優のマネージメントを行う例が近年あり 、この場合は本業を生かして歌手活動も積極的に行われることが多い。 他分野中心の芸能プロダクションが声優部門に力を入れるようになる例も見られる。 経済環境 [ ] 声優は所属事務所からの基本給というものは存在せず 、各人の仕事実績によるギャランティ(報酬金)が収入となる個人事業者である。 歌手や俳優など、ほかの芸能の世界と何ら変わりない厳しい競争社会であり、経済的に自立できずに脱落していく者も多い。 日本語吹き替えが始まったには、声の仕事は顔出し出演の7割の出演料「顔出しの七掛け」とされ 、低い位置にある仕事とみなされ、舞台俳優がアルバイトのような形でやっていた。 ただし、実写の仕事と比較して、吹き替えの仕事は拘束時間が少なくかけ持ち出演が可能だったため、一概に低収入とは言えなかった。 声優の賃金待遇改善については、声優の多くが(日俳連)に所属しており、日俳連は音響制作会社の集合体である日本音楽制作者連盟(音声連)、声優のマネージメントを行う事業者で組織する(マネ協)と「三団体実務小委員会」を設けて、出演ルールの改定や待遇の改善を申し入れて来た。 ときには()や街頭を行うなどして、1973年には報酬が約3倍アップ、には再放送での利用料の認定、には報酬が約1. 7倍上昇するなどの成果を勝ち取ってきた。 業界に対してのみならず、1973年とには、にはが『』()において『磯野波平ただいま年収164万円』と題して、アニメ出演料の安さを訴える記事を寄せて、世間一般への理解を求める行動を起こしている。 日俳連・マネ協・音声連による協議の結果、外画動画出演規定・新人登録制度・CS番組に関する特別規定・ゲーム出演規定などを締結した。 アニメでは、放送局と、で組織される日本動画製作者連盟も加わって、団体協約が締結されている。 これにより、仕事1作品あたりの報酬は作品のジャンル・放送時間帯・放送回数・ソフト化などによる2次利用、そして経験実績などの条件によって受け取る額が算出される方法を取られており、音響制作会社の一方的な言い値で手取りを決定されるということはない。 以上の協定は、声優・マネジメント事業者・音声製作事業者がそれぞれの団体に所属しなければ縛られることはない。 たとえば、は映画『』の出演料が1,000万円だったと言われている。 逆にマネ協・日俳連側は、音声連に入っていない製作会社へ音声連への加盟を奨めることとなっている。 これらの協定を嫌うなどの製作者側もあり、日俳連に所属しない声優を起用するケースが半ばより増加したが、やのように事業を停止したケースもある。 音声連に属していない事業者としてはや脱退した音響映像システム(現・サンオンキョー)などがあり、マネ協に属していない事業者としてはなどがある。 ランク制 [ ] 日俳連に所属する声優が、アニメと日本語吹き替え作品に声をあてる際の出演料についての規定で、この制度では報酬は、ランクと拘束時間によって算出され、演じる役のセリフ量にかかわらない。 また、社団法人(CESA)に加盟するゲーム会社との間にも同様のランク制が設けられている。 ランクの設定は毎年4月に更新され、人気が上がったりキャリアを重ねると、マネ協や音声連との協議のうえ、ランクが上がっていく。 ランクが1つ上がるごとに出演料が1,000円ずつアップする。 例外として、60歳以上の者はランクを上げることはできても下げることはできない。 1991年に出演料が約1. 7倍アップしたこともあり、予算の限られたアニメや吹き替えにはランクの高い(出演料が高い)ベテラン声優が起用されなくなる弊害が生じるようになった。 それにより、2001年から2年の期間限定でランク下げを認める特例期間が設けられた。 30分枠作品の最低ランクの出演料が1万5,000円で、最高ランクが4万5,000円、その上に上限なしのノーランクが設定されており、これが基本出演料となる。 またその基本出演料に「目的使用料」として、アニメは1. 8倍が加算され、吹き替えは1. 7倍が加算される。 予告編のセリフをやった場合、基本出演料のランクをもとにしたギャラが加算される。 放送時間枠が60分や120分の場合は「時間割増」となり、その分のギャラが支払われる。 出演作品がソフト化されたりされた場合、規定に基づいて「転用料(2次使用料)」が支払われる。 新人 [ ] 声優学校や声優養成所を卒業して、(マネ協)加盟の声優事務所のオーディションに合格した新人声優は、まず「預かり」という身分から声優業をスタートする。 この時点ではまだ声優個人としての(日俳連)への加盟はできない。 預かりは声優業の最初のステップとして、ランク制の事実上の番外とでもいうべき存在である。 預かり期間修了後はジュニアランクとなり、ジュニアランクでいられる期間は3年間ないし所定の起用率に到達するまでで、それを終了したあとは日俳連へ加盟し通常のランクの声優になる。 出演料が安すぎるという理由でに一度新人(ジュニア)ランクを撤廃したことがあったが、から新たな形で再び導入された。 預かりとジュニアランクの声優の出演料は1万5,000円で、ランクがついた声優とは違い、上述の「目的使用料」「予告編のセリフ代」「時間割増料」「転用料」は支払われない。 ベテラン [ ] 声優としてベテランになり日俳連のランクが高くなると、予算の関係からアニメ・ゲーム・吹き替えの仕事は自然とできなくなっていく。 そういったことを補うのが、CMやテレビ番組などでのの仕事である。 ナレーションは日俳連の協定によるランクの縛りがなく 、また、ギャラはアニメ・ゲーム・吹き替えよりもはるかに高額とされる。 そのためか、新人・若手声優だったころはアニメに多く出演していたが、のちに中堅・ベテラン格になるにつれてアニメの仕事が徐々に減っていき、ナレーションが中心になるという傾向にある。 ベテラン声優の中には収入の少なさを補うために本業の傍ら、声優事務所の経営、声優の養成所や専門学校の講師、カルチャースクールの喋り方教室の講師、音響監督などといった副業をしている者もいる。 また、ベテランになると、経済的にはむしろそのような副業のほうが本業という声優も珍しくないといわれている。 現状 [ ] 数多くいる声優の訓練生だが、ほとんどの者はデビューを叶えることなく去っていく。 デビューできたとしても、ほとんどの新人声優は声優業のギャラだけでは生計を立てられず、アルバイトなどの副業をこなす、または実家で生活するか実家からの仕送りに頼るといった新人・若手声優がほとんどである。 さらにその中からのちに声優として第一線で活躍できる者は「ごくわずか」であるという狭き門である。 オーディションでほかの声優との競争に勝てず、仕事がもらえずに無名のまま脱落し、経済的に自立できずにわずかな期間でやめる、またはプロダクションから「今後、第一線級の声優として売れる見込みがない」と判断されて契約を解除されるという新人・若手声優が多いという。 実際、一例としては、2015年9月のインタビューにて「声優の仕事一本で食べていけるようになる2、3年くらい前まで、声優の仕事が空いているときは派遣のアルバイトをやっていました」と打ち明けている。 のように(家の都合で)一度引退後に復帰するケース は希少である。 発売のキネマ旬報刊『声優名鑑』には約2,400人の声優が掲載されていたが、このうち声優としての地位が確立されている者は約300人だけで、しかもそのうち声優業だけで食べていける者は約半数であるという。 また2010年代には、『』(テレビアニメ、漫画)や『』(テレビドラマ)など、声優の世界の実状を描写する作品が登場するようになった。 ある程度の知名度、出演本数、活動年数があったにもかかわらず、声優業で生計を立てていくことが難しいという理由で引退した者も少なくなく、継続して仕事を維持するのも厳しい世界である。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ただし、これは無声映画作品に声をつけたものとして放送されており、本格的なラジオドラマとは質が異なる。 後述するように『読売新聞』では1926年の時点で「声優」という言葉が使われていた。 村田美弥子(当時は村田美禰子)、村田竹子(いずれも女優・の妹)とともに「スター」として取り上げられていた。 第1期生のが死去した際、読売新聞は「声優の草分け」と紹介。 初の日本語吹き替え作品はの米映画『』だが、起用された在米邦人の広島訛りが不評で後が続かなかったという。 2007年に、による『』が創設されて以後、この傾向が年々顕著になってきている。 但し、古くはではや、、など、でもや、など、過去に10代で主役を演じた声優は多数存在する。 他には、(2009年開始)、(2010年開始)など。 ただし、アニメ・日本語吹き替え・ゲームのナレーションはランク制の対象となる。 特に「ラブライブ!」から生まれたは、2016年3月31日・4月1日に声優ユニットとしては初めて東京ドームでの単独コンサートを開催し、両日とも満席であった。 2016年にも東京ドームでの単独コンサートを開催したほか、同じ年には声優だけでなく歌手としても初となるでのコンサートを実現している。 水樹はのとして知られており、甲子園球場でのコンサートは自身の念願の一つでもあった。 水樹はその後も毎年出場を続け、2009年から2014年の計6回にわたり連続出場した。 まれに普段使用している声優名のままでクレジットされていることもある。 ホロウェイは変声後も俳優を続けたが、スナイダーは脚本家となった。 やなどで俳優としての活動はしていた。 作品限定の声優ユニット活動を行うこともある。 (・・・)、の・、、のなどの例がある。 特に「ラブライブ! 」シリーズのキャストは歌唱力やダンス力を重視したオーディションにより、 それまで声優経験が皆無であった(女優などの他業種出身のメンバーに加えて、芸能界での活動経験自体がなかったメンバーもいる。 、などがこれに該当)出自を持つ起用者も多くいる。 (旧アクシヴ。 声優プロダクションとしては縮小化したのち、グループ再編での1部門となった)、系、系(廃業の後、アニプレックスから独立)、(ドワンゴ プランニング アンド ディベロップメント。 現在のとなるへ会社統合の後、廃業)など。 MAGES. 、、ポニーキャニオンアーティスツ(現在は取扱なし。 声優・アニメ関連を社内別組織マネージメント組織「スワロウ」へ分割した後、2019年7月より親会社のレコード会社ポニーキャニオンに統合)。 『声優兼アーティスト』枠で所属オーディションを開催するなどしている。 歌手志望者を声優として(も)デビューさせる例があり、株式会社S(現在はディファレンスに移籍)ののように、歌手志望として所属オーディションに合格するも事務所の方針で最初は声優としてデビューし、合格から5年半を経て歌手デビューを果たすという例もあり、また、ポニーキャニオンアーティスツ(現スワロウ)の(2018年6月、芸能活動引退)のように、歌手デビュー後に声優としてもデビューするという例もある。 一例として、(現在は関連会社のホリプロインターナショナルに移管)、、など。 例外的に、のような月給制を基本としている事務所もある。 平成25年度以降の25年間は復興特別所得税が加算されるため、10. ただし、年収が少ないため結果的に源泉徴収税を納めすぎとなっているという者は、翌年の確定申告で還付を受けることができる。 一概には言えないが、日俳連は基本的に土日祝日のゴールデンタイムに放送される番組に最も高いクラスの報酬を設定している。 ただし、現在ではスタッフの移籍がより増えたため実質的に加盟している状況の会社もある。 アニメ・ゲームのナレーションはランクの縛りがある。 声優として2008年にデビューして以後、『』(2009年。 アスクール役)で主演を務めるなど、出演本数を積み重ねてはいたが、メインキャラクターとしての出演が増えたのは2012年以後のことであった。 なお、『』2018年3月号の別冊付録である「声優名鑑2018女性編」で収録されている女性声優は800人、同雑誌の2018年4月号の別冊付録である「声優名鑑2018男性編」で収録されている男性声優は560人(つまり合計で1360人)であった。 出典 [ ]• 第六版• - 日本俳優連合の加盟申請ページ。 「俳優・声優・その他」と表記している。 「いにしへの声優列伝」内。 森川友義・辻谷耕史 「声優の誕生とその発展」『メディア史研究』第13号、ゆまに書房、2002年、p. 読売新聞 1930年(昭和5年)1月6日付朝刊。 113。 西澤實『ラジオドラマの黄金時代』河出書房新社、2002年、18-19頁。 読売新聞 2004年2月1日。 浦崎浩實「映画人、逝く 七尾伶子」『』2006年10月上旬号、。 『読売新聞』1926年4月4日朝刊、p. 「声優の歴史」『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』ジ・アニメ特別編集、近代映画社、1985年、174頁。 『実録テレビ時代劇史 ちゃんばらクロニクル1953-1998』出版局、1999年、20-21頁。 勝田久「声優の歴史」『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』ジ・アニメ特別編集、近代映画社、1985年、175頁。 清水俊二 『映画字幕五十年』早川書房、1987年、p. 乾直明『外国テレビフィルム盛衰史』、1990年、60頁、118頁、557頁。 串間努『少年ブーム 昭和レトロの流行もの』晶文社、2003年、41頁。 引田惣彌『全記録テレビ視聴率50年戦争 そのとき一億人が感動した』講談社、2004年、38頁。 ハイパーボイス監修『すごい! アニメの音づくりの現場』雷鳥社、2007年、79頁。 音響スタッフだったの証言。 , p. , p. とり・みき 『別冊映画秘宝Vol. 3 とり・みきの映画吹替王』 洋泉社、2004年、275頁。 「太平洋テレビジョンの労働争議」について若山は実名を避けながらも証言をした数少ない一人である。 高田城、千葉節子『声優になるには』ぺりかん社、1983年初版、1994年改定版、47頁。 , p. 『テレビ黄金時代の立役者12人の告白 あの日、夢の箱を開けた! 』小学館、2003年、190頁。 酒井広「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・六本木」『映画はブラウン管の指定席で』淀川長治監修、編著、、1986年、p. 『ミスター・ラジオが通る』実業之日本社、1986年、152頁。 『ジ・アニメ』1982年3月号、108頁。 藤井青銅『ラジオな日々 80's RADIO DAYS』小学館、2007年、24頁。 尾形英夫『あの旗を撃て! 「アニメージュ」血風録』オークラ出版、2004年、60頁、120頁。 アニメージュ編集部・編『声優になりたいあなたへ』徳間書店、1994年、p. 「声優業界の明日はどこにあるのか? 」『流行批評SPECIAL EDITION オタクになれないアニメ好きの本』キルタイムコミュニケーション、1997年、107頁。 堀田純司『萌え萌えジャパン』講談社、2005年、264頁。 , p. ORICON STYLE. 2015年2月8日. 2015年8月9日閲覧。 『週刊プレイボーイ』集英社、2013年7月1日号、70頁。 Nizista 2016年11月21日. 2019年6月21日閲覧。 アニメ!アニメ! 2019年6月5日. 2019年6月21日閲覧。 週プレNEWS 2017年11月17日. 2019年6月21日閲覧。 週プレNEWS 2017年11月18日. 2019年6月21日閲覧。 SPICE 2016年8月27日. 2019年6月21日閲覧。 リスアニ!WEB 2018年2月12日. 2019年6月21日閲覧。 リスアニ!WEB 2019年2月24日. 2019年6月21日閲覧。 120。 当時江崎プロダクションの社長だった江崎加子男の証言• , p. 130. 橋本崇宏、柳谷杞一郎・著『声優になる! 』雷鳥社、2008年、p. 157。 こおろぎさとみインタビュー• ねとらぼ• ツイート. より 2018年6月22日閲覧。 コミックナタリー ナターシャ. 2018年8月1日. 2018年8月1日閲覧。 山本健翔『声優になるには』ぺりかん社、2007年、p. 136• 高田城、中川奈美『声優になるには』ぺりかん社、1997年、p. 135。 加藤敏音響監督インタビュー• の発売した家庭用のCD-ROMドライブの発売は1988年12月。 大栄出版編集部・編『なりたい!! 声優』大栄出版、1998年、p. 152• , pp. 121-122. 大栄出版編集部・編『なりたい!! 声優』大栄出版、1998年• 、『』1997年6月号より(のキャッシュ)。 上崎よーいち「開封!18禁アニメの世界」『ビデオボーイ』英知出版、1998年4月号、p. 105-106• アニメ! アニメ! 2017年12月18日、2018年6月22日閲覧。 アキバ総研 2018年6月20日、同22日閲覧。 オリコン 2018年6月1日、同22日閲覧。 アニメ! アニメ! 2018年6月14日、同21日閲覧。 13 SAVE THE CATの法則 本当に売れる脚本術 2010年 フィルムアート社• 「ラジオ名作数々残し 来春NHK放送劇団が"終幕"」『中日新聞』1989年11月5日付け夕刊• Real Sound. 2018年4月28日閲覧。 原恵一、浜野保樹・編著『アニメーション監督 原恵一』晶文社、2005年、p. 「劇場版『クレヨンしんちゃん』の有名人のキャスティングは宣伝の一環だ」と原恵一の証言• ロケットニュース24、2015年3月17日閲覧。 2014年8月1日閲覧。 「原恵一監督が語る新作映画のキャスティング! 」『サイゾー』インフォバーン、2007年8月号。 『富野由悠季インタビュー集 富野語録』、1999年1月、195頁。 『すべての映画はアニメになる』徳間書店、2004年3月27日、307-309頁。 2006年3月1日. 2013年4月18日閲覧。 山本健翔『声優になるには』ぺりかん社、2007年、p. 週刊ファミ通『龍が如くシリーズ10周年記念本 龍大全』KADOKAWA、2015年、p. 81-82• (2014年2月22日時点の)• 東映公式サイト 2014年1月9日閲覧。 オリコン. 2018年4月30日閲覧。 一例として、『声優バイブル2016』22頁-29頁(入野自由のインタビューページ)、『声優バイブル2017』18頁-25頁(関智一のインタビューページ)など。 「声優業界の明日はどこにあるのか? 」『流行批評SPECIAL EDITION オタクになれないアニメ好きの本』キルタイムコミュニケーション、1997年、114頁。 おたぽる. 2018年4月30日閲覧。 ねとらぼ. 2018年4月30日閲覧。 まんたんウェブ. 2018年4月30日閲覧。 ORICON STYLE. 2018年4月30日閲覧。 エキサイトニュース. 2019年6月21日閲覧。 まんたんウェブ. 2019年6月21日閲覧。 シオノギヘルスケア. 2018年9月16日閲覧。 光文社. 2018年9月16日閲覧。 まんたんウェブ. 2018年4月30日閲覧。 まんたんウェブ. 2019年6月21日閲覧。 まんたんウェブ. 2018年4月30日閲覧。 まんたんウェブ. 2018年4月30日閲覧。 エキサイトレビュー 2015年5月11日、同9月22日閲覧。 , p. 148-149. とり・みき『映画秘宝Vol. 3 とり・みきの映画吹替王』洋泉社、2004年、p. 141。 野沢那智インタビュー• アニメージュ編集部・編『劇場アニメ70年史』徳間書店、1989年、93頁。 野村道子『しずかちゃんになる方法 めざすは声優一番星』リブレ出版、2009年、pp. 148-149• ・ 2013年12月21日閲覧。 ファイナンシャルフィールド. 2018年4月28日閲覧。 産経新聞. 2018年4月28日閲覧。 声優グランプリweb 2012年2月6日. 2018年10月1日閲覧。 市原光敏 『声優になれる本 - あの声優がすべてを明かす! 』 世界文化社、1996年、101頁。 参考文献 [ ]• 松田咲實『声優白書』オークラ出版、2000年。 野村道子『しずかちゃんになる方法 めざすは声優一番星』、2009年。 大塚明夫『声優魂』、2015年。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『』 - ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 声優の多くが加盟。 - 声優のマネージメントを行うプロダクションなど事業者が加盟する。 - 声優事業社で組織。 - アニメの音響製作、外国作品の日本語版製作を行う音響製作会社で組織。 - 原告の日本俳優連合側がまとめた資料。

次の