健康 診断 バリウム 拒否。 【定期健康診断】バリウム検査を拒否? ~健診項目の扱い教えて

被保険者(ご本人)の方の健診について

健康 診断 バリウム 拒否

バリウム検査を拒否したくなる事故の発生事例とは? バリウム検査では発生率は非常に少ないのですが、 事故が発生して 健康診断のせいで、健康を害したり、 場合によっては死亡事故もあります。 バリウム検査の診察台から女性が落下して死亡した事故 あれは逆さまになった時、本当に力入れないと落ちそうになるからね! ;゚ロ゚ 手の力ない人でも出来るように改善すべきでしょう。 落下する危険性のことであれば、 注意すればいいだけなのですが、 怖いのはバリウム検査による副作用です。 拒否しておけばよかった?バリウム検査の副作用は体調不良や病気にも! バリウム検査では被爆することも 健康被害を中長期的に起こすリスクです。 短期的にも、バリウム検査直後 体調不良を訴える例があります。 ああ、今日はバリウム検査であります。 バリウム前の胃の動きを抑えるブスコパンという薬で、以前副作用が出たのでいつもブスコパンは止めてもらってるのだけど、今日は試してみようか迷い中。 正確に検査結果が出た方がいいし。 でも、副作用が怖い。 しゃべれないほど喉が干上がって心臓がどきどきするの — Yasuko yakko22 バリウム検査後に虫垂炎になった例もあるので、 バリウム検査を拒否しておけばと思うような例が 検査直後に発生しています。 バリウム検査の副作用として、被爆は発がんの原因にも? バリウム検査による被爆は検査時間が長いことで 被爆量が多めであることが心配な点です。 胃がんを発見するためにバリウム検査をするのですが、 バリウム検査の副作用で発がんするなど 本末転倒ですから。 2% クロアチア1. 8%、ドイツ1. 5%、カナダ1. 1%、アメリカ0. 9%、イギリス0. 6% — 原発はいますぐ廃止せよ kokikokiya バリウム検査ではなく内視鏡検査は 医師の検査能力が十分であれば事故のリスクは小さくて、 バリウム検査の様に放射能は浴びる必要はありません。 内視鏡検査も事故があるのですが、 いずれにしても、バリウム検査がファーストチョイスではなくて、 いろいろな方法が選べる方がいいでしょうね。 ピロリ菌の感染がない人はバリウム検査拒否が正当な理由とは? 特に胃がん患者の99%がピロリ菌に感染している ということもわかってきました。 ピロリ菌への感染がないことを証明できている人は 胃のバリウム検査は拒否しても 胃がんをバリウム検査で発見できなかったと 悔やむリスクは比較的小さいと言えるかもしれません。 バリウム検査がガンを増やすリスクが「医者いらずの食」でも指摘! 医師の内海聡先生は、著書「医者いらずの食」の中で、 ヘルシーな食べ物と病気を助長してしまいかねない 食材や食品についてコメントしています。 この本の中で、そもそも医療事態が病気を助長しているとも 指摘して、放射線検査や、 バリウム検査などがガンを増やすことが 判明していると指摘しています。 検査は早期発見というメリットが有る反面、 病気を予防する健康的な食生活をする人にとっては 病気になるリスクにもなり得るとも 解釈できます。 という本で内海先生が 病気を予防するためのヒントが多く書かれているので、 一読をおすすめします。

次の

被保険者(ご本人)の方の健診について

健康 診断 バリウム 拒否

expandMain? 健康診断はいつ、どのタイミングで受けるもの? 健康診断は、労働安全衛生法によって会社が社員に受けさせなければいけないものと定められています。 健康診断には一般的な定期健康診断と、特殊業務に携わる人のための健康診断があります。 通常の健診は年に1回、会社の定めた月に行うことになります。 平均して月4回以上の深夜勤務を行う場合や、タクシー運転手、厳しい環境下での勤務(高温・エックス線・化学物質等)は特殊業務とみなされ、年1回の定期の間にもう1回、つまり半年に1回の健康診断が必要になります。 これらの作業に従事する場合に半年ごと健診を受けさせていなければ、会社側が労働安全衛生法違反になってしまいます。 個人の健康認識に欠けるものとして、そんな人は面倒みきれん! と放置しておきたいところですが… 会社は全ての社員に健康診断を受けさせる義務があります! だから健康診断の受診時間を上手に考える必要があるわけです。 その社員がどんな状況であれ、受けさせる努力をしないといけません。 状況によっては、最悪業務命令を出すことまでしないといけません。 それでも行かないのであれば、懲罰規定も含めて検討します。 そこまで会社が健康診断を受けさせないといけない大きな理由が、安全配慮義務です。 会社は、社員のコンディションを把握して、適切に社員の業務内容や量に対して配慮する義務があるというわけです。 安全配慮義務は、健康配慮義務とも呼ばれています。 社員自身は、健康診断は福利厚生の一環だから、忙しいんだから受けるのは自由でしょ?と思っていることが多いです。 健康診断を受診しないことで、会社の管理責任が問題になるなんて考えは及びません。 健康診断の受診時間…どうやって受けさせるかがカギ 上で述べた通り、健康診断は必ず全社員に受けてもらわなければなりません。 仕事に穴をあけたくない・代わりがいないから受けられないという人も、稀にいます。 こういう人には土曜日でも受けられるところで受けて頂くことがいいと思いますが、その場合には特別手当をつけることも検討しましょう。 逆に自分から受けようとしない人には、「健診受けてくれれば、今日は仕事来なくていいよ」というエサでつるの企業もあります。 他の社員との不公平感が生じる場合には、健康診断は半日でも1日有給を認める、もしくは午前のみ出勤扱いで午後の半日分だけ有給をつける、という折衷案をとるのも手です。 とにかく、健康診断は受けてもらわなければいけません。 何度言っても受けない、そういう人程もともと健康管理がずさんですから、結果はアヤシイ。 挙句に会社で倒れ、全責任が会社になってしまうのは困ります。 どのみち法定健康診断だけでなく、多くの場合法定外健康診断に含まれている胃カメラをすれば鎮静剤を使うことが多く、バリウムなら下剤を飲みますから、午後は仕事になりません。 たまの休養ということも含めて、1日出勤扱いにする方がお互い気持ちよくいきそうですね。

次の

バリウム検査は本当は危険もあり、ほぼ意味ないのでしないほうがいい5つの理由

健康 診断 バリウム 拒否

バリウム検査は危険もあり、あまり意味がないので受けないほうがいい。 gunma-cc. 会社員であれば毎年の健康診断でバリウム検査は必須となっているところが多いのではないでしょうか。 私もこれまでバリウム検査は数回ほど受けたことがありますが、ある実情を知ってしまってからは完全にバリウム検査を受けることはやめました。 それには私なりの理由があります。 それを知ったらちょっとバカバカしくてバリウム検査を受ける気が起きなくなりました。 海外でこれほどバリウム検査をする国はありません。 危険性も不用意に煽るつもりはありませんが、リスクはやはりつきものです。 大半の人は安全に検査を受けていますが、危険な報告も挙がっているのはあまり公になっていません。 なぜ国はバリウム検査を推奨するのか 国立がん研究センターの「胃がん検診」のサイトを見ると興味深い情報があります。 ここでは胃のX線検査、つまりバリウム検査は明確な胃がん死亡率の減少が認められたと記載されています。 そして胃カメラには効果が認められないとも。 1)胃X線検査 これまでのわが国で行われた研究をまとめると、X線検診を受けることにより、男性では61%、女性では50%の胃がん死亡率の減少が認められました。 このほかの複数の研究でも、X線検診による胃がん死亡率の減少が確認されています。 X線検診の感度(がんのあるものをがんと正しく診断する精度)はおおむね70〜80%、特異度(がんでないものを正しくがんがないと診断する精度)は90%、陽性反応適中度(精密検査が必要と判断されたうち、本当にがんがあった割合)は0. 7〜2. 0%です。 さらに、がん発見率や早期がん率などの間接的証拠でも、精度評価や生存率など死亡率減少効果を導く多くの研究があることから、胃X線検査法による40歳以上を対象とした逐年の胃がん検診は死亡率減少効果を示す相応の根拠があるとしました。 不利益は許容範囲内ですが、間接撮影と直接撮影では不利益の大きさが異なる(被曝線量は直接撮影の方が多い)ことから、事前に不利益に関する十分な説明が必要です。 参考元: しかし次の胃内視鏡検査に関してはこう記されています。 2)胃内視鏡検査 胃内視鏡検査による胃がん死亡率減少効果の直接的証拠は、中国の研究が1件あるのみで、胃がん死亡率の減少を認めませんでした。 参考元: え?これだけ?胃カメラがこれだけ普及していて、この記載内容はお粗末でしょう。 ここではバリウム検査の方が、胃カメラより有能と解釈できます。 裏を返せば、バリウム検査を存続させたいがためにこういう書き方をしているというような、うがった見方すらできます。 胃カメラのがん死亡率減少効果のデータがないなら、とっととデータを取得してくださいよと思います。 長期的な追跡データで時間がかかるとはいえ、データを取っていないことが異常でしょう。 もう胃カメラを導入してから30年以上経っていると思いますが、なぜバリウムはデータがあって、胃カメラはデータがないのでしょうか。 しかもバリウムがそんなにがん発見に効果があるなら、医療保険制度の違いはあれど、海外でも積極的に導入してそうなものです。 何かこのあたりにビジネスというか、裏があるのが見え見えで嫌なんですよね。 先進国でいまや日本だけというバリウム集団検診制度が改まらないのは、巨大な利権があるからだ。 国立がんセンターや集団検診を行なう地方自治体からの天下り組織となっている日本対がん協会と全国の傘下組織が検査を推奨・実施し、メーカーや医者・病院も潤う。 その巨大な公共事業に投入される税金は年間600億円に達する。 news-postseven. html 次では私がバリウム検査を受けない理由を以下に5つピックアップしましたので御覧ください。 私がバリウム検査を受けない理由 理由1:バリウム検査は、かなり進行したがんでないと発見できない。 まず第一に挙げられるのは、バリウム検査では大きながん以外は殆ど発見できないからです。 正確にはかなり進行して凹凸がはっきりしたがんでないと確認できないということです。 これは多くの医者がそう答えています。 この時点で実は答えは出ています。 バリウムよりも胃の内視鏡検査、つまり胃カメラの方が良いという答えが。 なぜなら胃カメラの方がバリウムよりも実際には精度は高いです。 胃カメラがバリウムより検査精度が高い以上、胃カメラより先にバリウム検査受けるに値する説得力のある理由が見当たらない。 それが私の考えです。 肉眼では胃カメラ、画像診断としてはCTやPET検査があります。 そういう意味でバリウム検査はあまり意味がないと感じます。 バリウム検査は、本来がんを発見するための検査のはずですが、がんを発見することが実は苦手な検査なのでは。 バリウムとは、わかりやすく言うと液体状の金属なのですが、それを飲むとバリウムが垂直に胃の中に入っていきます。 あくまで液体状の物が流れていくわずかな時間で、粘膜上の膨らみの有無をX線撮影をします。 特に食道の状態を撮影するのにはバリウム検査は不向きです。 バリウムはすぐに胃に流れていきますから、何枚も何枚も撮影します。 胃の病変をチェックするにも結構な大きさのがんでないと陰影を見つけることはできません。 つまりバリウム検査自体の精度はいまいちで、より小さく微細ながんの病巣などは到底発見できません。 バリウム検査のがん見逃し率は7割といわれています。 胃カメラの見逃し率は3割といわれています。 バリウム検査の見落としの理由は2つ• 検査の技術自体に限界がある。 技師が検査をし、医師が診断をする弊害。 検査自体の限界だけでなく、検査するのは技師、そして読影(診断)は医師がします。 この体制もバリウム検査に関しては良くないですね。 検査中に微妙な画像の反応を察知し、そこを狙ってしっかり医師がリアルタイムで撮影をチェックしながら見るのであればもっと成果は上がるでしょう。 この別々の分業が、却ってがんの診断の見落としにつながることが、一部の医者からも指摘されています。 バリウム検査はあくまでがんの簡易検査という感じです。 しかしそれにしては負担が大きいように思います。 その負担については次を御覧ください。 理由2:バリウム検査の被曝量は胸部レントゲンの100倍以上 とにかくバリウム検査は被曝量が多いです。 胸部レントゲンの被曝量が0. 1mSy(0. 1ミリシーベルト)といわれています。 バリウム検査の1回の被曝量は15~25mSYといわれています。 つまりバリウム検査の1回での被曝量は、胸部レントゲンの150回~250回分に相当します。 ではこの被曝量自体は多いのかどうなのかという問題ですが、これはどこまで害があるのかはっきりはしていません。 ただ被爆が多ければ発がんのリスクは高くなることだけは間違いのないことです。 私たちはただでさえ、自然界から日常的に被爆しています。 不必要に精度の悪いバリウム検査でミスミス被爆することは、やはり大いに問題があると私は考えます。 毎年バリウム検査を20年も受けたら一体どれくらいの被曝量になるのでしょうか。 バリウム検査の被爆がどこまで遺伝子に傷をつけ、どこまで蓄積されるものかはわかりませんが、リスクは間違いなくあります。 ただ被爆するからバリウムは良くないというのではなく、そこまでして受ける価値がバリウム検査には本当にあるのかどうか、そこを考えてほしいと思います。 参考サイト医師監修: 理由3:実はバリウム検査後に死亡者や重傷患者がでている。 これはあくまで40歳以上に限る話ではありますが、バリウム検査後に腸閉塞や腸に穴が開く穿孔(せんこう)を発症している事例が出ています。 PMDA(厚労省所管の独立行政法人・医薬品医療機器総合機構)によると、バリウム検査後に大腸で穿孔が起きた事例が33例、直腸で穿孔が起きた事例が4例、消化管で穿孔が起きた事例が6例と1年間で約50例あるという情報があります。 「大腸穿孔(憩室/けいしつ含)=33人」「直腸穿孔=4人」「消化管穿孔=6人」といった具合に、昨年度分の報告だけで実に50人(40代以上を対象)。 腸管が破れると命に直結する。 緊急手術によって腸を一部切除したり、人工肛門が設置されたりするケースが多い。 その他、6人が腸閉塞になり、80代男性1人が死亡した。 pmda. news-postseven. 仮にこの情報が事実だとすると、毎年50人程度の人はバリウム検査の著しい弊害を受けていることになります。 あくまでこれは報告があったものだけですので、実際はそれ以上の被害がでている可能性があります。 腸に穴が開くと即手術です。 腹膜炎を起こし大変な目にあった人が実際にいるのです。 最悪の場合は命を落とし、場合によっては人工肛門をつけることになった人もいます。 もちろんこれはレアケースであり、大半には影響がある話ではありません。 とはいえ、がんの発見率の悪いこのバリウム検査で、まさかそんなことになるとは思いもよらないことです。 そこまでのリスクを背負ってまで、この検査を受ける必要が本当にあるのでしょうか。 理由4:バリウム検査後に便秘になると厄介 バリウム検査をすると便秘になることよくあります。 通常、バリウム検査時にバリウムに下剤を入れて飲むのですが、下剤の量が足りていないと便秘になることがあります。 バリウム検査後、翌日には排泄がないと対処が必要になります。 バリウムの影響で便秘になってしまうと下剤を更に追加で飲む必要があります。 バリウムの影響で便がカチカチに固まってしまうと、腸閉塞を起こすことが稀にあり、最悪の場合は腸に穴が開くこともレアケースではありますが、実際に事例が毎年数例あるので注意が必要です。 特に高齢者は腸の働きが鈍いのでバリウム検査はしないほうが無難です。 胃カメラにしておきましょう。 理由5:バリウムが原因でトイレが詰まることがある。 バリウム検査後にトイレが流れなくなったという話はよく耳にします。 バリウムを排泄してトイレが詰まったり、便が便器にくっついて流れなくなったりすることがよくあるのです。 そういったトイレでの弊害もバリウム検査によって引き起こされることがあります。 こういった理由があり、私はバリウム検査を受けません。 国立がんセンターのバリウム検査を推奨している理由にも私は納得いきません。 会社の健康診断のバリウム検査は拒否できる。 バリウム検査は必須の検査項目ではないので拒否は可能です。 会社の健康診断でバリウム検査を受けたくない場合は病院側へ検査前に説明すれば拒否は可能です。 断る理由としては、上記理由を挙げると揉めるので、体質に合わないなどの理由でやんわりと断っておくほうが無難です。 会社員の方ですと、自分だけ検査を拒否したことで、会社のルール違反的な扱いになる可能性があるようですが、そうの場合は事前に上司と相談するなりした方がいいかもしれません。 そんな理由でペナルティがあるような会社なら残念な会社ですが、日本にはそういった風潮がまだあるようです。 本当にしっかりした検査を考えるなら胃カメラでいいはず バリウム検査が会社の健康診断で実施されている国は日本だけです。 おそらくその理由はバリウムを最初に提唱した人物から脈々と定着してきた日本の医療の慣習的なものが背景にあるようです。 それについては別の機会にお話したいとおもいますが、なぜバリウム検査がここまで会社の健康診断で行われているのか。 それは「胃カメラより手間がかからない」これ一択ではないかと私は思っています。 胃カメラよりバリウムの方が手軽であり、大きいがんだけは最低限見つけられるという簡易的な意味でバリウム検査が今も行われているのでしょう。 仮にこの発想が事実とすれば、本当に検査を受ける側にとって意味のあることとは思えません。 胃カメラの方が遥かに病巣の発見率は高いです。 それでも見逃しはありますが、胃カメラなら病巣を発見したら細胞をそのまま取って診断にかけることができます。 バリウムではそれはできません。 結局病気の疑いがあれば、後日胃カメラをやるので二度手間です。 それに、食道の病巣はともかく、胃がんの発見に焦点を絞って見た場合、どんな検査を真っ先にすればいいのかというと、何よりまずピロリ菌の検査が先でしょう。 ピロリ菌が胃がんの発症原因に大きく影響しているといわれています。 ピロリ菌の検査がまず最優先だと思います。 ピロリ菌の検査をしていない人は是非検査をしてください。 最近では会社の健康診断でもオプションでピロリ菌の検査ができるようになっています。 ピロリ菌がいなければ胃がんに関してはストレスや遺伝子などの特殊な事例を覗いて、胃がんのリスクは大幅に消えます。 まとめ• バリウム検査はがんの見落とし率が7割。 バリウム検査は被曝量が高い。 バリウム検査は重傷者や死亡者も出ている。 バリウム検査は便秘などの弊害があり得る。 バリウムの影響でトイレが詰まることがある。 バリウム検査は拒否が可能。 これらの理由からバリウム検査は必要無い。 がんは早期発見が重要です。 遅く発見していては対処が難しくなります。 早期発見できない検査に意味は無いと私は考えます。 日本は本当にこういうところが駄目な国だなと痛感しますね。 バリウム検査がほぼ無意味となってきた現代において、もう少し専門家からの指摘があってもいいのですが、さすがは医療ビジネス。 なかなか岩盤は硬いようです。 海外の健康診断ではバリウム検査をしている国は殆どなかったはずです。 がんの発見率が微妙で、肉体的にも精神的にも負担がかかる検査はいかがなものかと思います。 ここまで、不安を煽るような書き方に感じる方もいるかもしれませんが、あくまで検査の精度とリスク、弊害を合わせて総合的にご自身で判断していただきたいと思います。 何の数値的証拠はありませんが、毎年のバリウム検査での被曝が原因で発がんしている人はきっと相当数いると考えられます。 本記事は参考程度にとどめておいてください。

次の