生理 痛 ツボ。 婦人科系の万能ツボ「三陰交」|Column|セルフモニタリングツール モニシア|コニカミノルタ

生理痛/月経前症候群に効くツボ

生理 痛 ツボ

原因は様々あり、子宮や卵巣になんらかの病気が隠れている場合もありますが、何もないケースも多くあります。 そのような人で特に大きな要因と言われているのは、 プロスタグランジンという物質です。 【プロスタグランジンの働きと特徴】• 1.月経前から月経前半にかけて分泌される物質。 2.子宮の収縮を促して、経血を体外に押し出す働きがある。 3.「血管を拡張させて痛みを起こす作用のもの」と、反対に「血管を収縮させ痛みを軽減する作用のもの」があり、通常はバランスよく分泌されているので、生理痛は起こらない。 生理では、経血を子宮の外に押し出すために、子宮筋(子宮の筋肉)が収縮します。 通常、筋肉が収縮するには豊富な酸素と栄養を必要とします。 子宮筋も同様に、収縮する時は、酸素と栄養が必要になります。 この酸素と栄養を運んでいるのは 血液です。 ところが、もし血流が悪いと子宮は十分に収縮できないため、経血を押し出せなくなってしまいます。 そこで、血行を良くするために、血管を拡張するプロスタグランジンが過剰に分泌され、この時、キリキリした痛みが起きるのです。 鍼灸治療 当鍼灸院では、生理痛のメカニズムと人のからだの仕組みから、東洋医学的に原因を究明し、鍼灸を行っています。 特に、下半身が冷えて血流の滞っている女性は、子宮収縮に必要な酸素と栄養が足りないため、血管を拡張するプロスタグランジンがより多く分泌されて、痛みが起きるわけです。 施術方針 元々、女性のからだは男性に比べて冷えやすく、それに加えて、現代社会は、ストレスや食べ物、エアコンなど、からだを冷やしやすい要素が多くあります。 このため、生理痛に悩まされる女性が年々増えていると思われます。 詳しいページ 本来、血流を良くするためにプロスタグランジンが分泌されることは、身体にとってごく自然なことで、過剰な分泌を招いている「冷え」が問題なのです。 東洋医学には、「冷えは万病のもと」という言葉があります。 当鍼灸院も、この理念のもと、施術を行っています。 骨盤内を中心に、全身の血行を促す施術を行います。 昔からよく用いられてきた、「三陰交(さんいんこう)」などの伝統的なツボを使って、子宮周りの血流を改善していきます。 さらに、お腹や腰にお灸を施し、全身のめぐりを良くして、温かな身体に導きます。 生理痛の抜本的な解決には、温かいからだです。 辛い痛みでお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。 生理痛のツボ.

次の

生理痛は足つぼを刺激して解消する!予防にも効果があるマッサージ

生理 痛 ツボ

生理前や生理中のイライラや、下腹部の痛み、冷え、むくみなどに悩みは女性ならではのものですよね。 ゆっくり休むことができればいいのですが、仕事をしているとそうもいきませんし、ましてや立ち仕事が大半の看護師さんにとっては、生理中はかなり憂うつな期間かもしれません。 生理の時期に体調がすぐれない人は、ぜひ以下のツボを刺激してみてください。 生理痛以外にも、生理不順などに悩まされている場合は・・・ 「血の病」に効果的なツボがおすすめ! 血海(けっかい) 【ツボの位置と押し方】 ひざの皿の骨の内側から、指3本分上にあるツボが血海です。 両手の親指の先を重ねて当て、痛みを感じる手前の強さで2~3秒押して離す刺激を3~5分間繰り返します。 刺激するのは左足の血海です。 そんな人は日頃から刺激するようにしてください。 長期間不調に悩まされている場合は・・・ ツボでバランスを改善しよう! このツボ! 上髎(じょうりょう)・次髎(じりょう) 【ツボの位置と押し方】 背骨の下端(両方のおしりの真ん中部分)に仙骨があります。 上髎はその仙骨の一番上の穴、次髎は二番目の穴の位置にあります。 イラストの位置を参考に、仙骨の上のあたりを探ってみてください。 痛みを感じるところが上髎、そこから親指1本分下が次髎です。 腰に両手を回して中指を当て、痛みを感じる手前の強さで2~3秒押して離す刺激を3~5分間繰り返します。 いかがでしたか? どれもすぐに実践できるものですので、心当たりのある方はさっそく実践してみてください。 次回は、『冷え性』に効果的なツボをご紹介します。 【著者】佐藤一美 さとう・かずみ 日本指圧協会筆頭副理事長、東京都指圧師会会長。 、鍼灸師。 株式会社ケイラク代表取締役。 雑誌、書籍、テレビなどで誰にでもできるツボ刺激を紹介する傍ら指圧治療を行っている。 参考文献:著書『』(永岡書店).

次の

生理痛は足つぼを刺激して解消する!予防にも効果があるマッサージ

生理 痛 ツボ

生理痛とPMSをお灸のツボで和らげる 生理痛とPMSに効くお灸のツボを紹介します。 三陰交 さんいんこう 足の内側のくるぶしから指4本分あがったところで 骨と筋肉の間にあるへこんだところ 関元 かんげん おへそから指4本分さがったところ 気会 きかい おへそから指2本分さがったところ 足三里 あしさんり 膝のお皿 膝蓋骨 から外側に指4本分さがったところ 血海 けっかい 膝のお皿 膝蓋骨 から外側に指3本分あがったところ 合谷 ごうこく 手の甲の親指と人差し指の間のくぼみで万能のツボ 生理痛とPMSのお灸のツボがあることは知っているけれど 自分で使ったことはないという人が多いと思います。 お灸は、どれを選んでいいのかわからない。 お灸は、やけどが心配だから、代わりになるものはない? 生理痛とPMSのお灸のツボは本当にオススメです。 私は生理の時に必ず;レバーのような血の塊がでてきてました。 しかし、お灸のツボでケアをするようになってからなくなり 経血もドロっとしたものから、サラサラしたものに変わってきて 生理痛も楽になってきました。 私はお灸も使うのですが、忙しい時はお灸ができなかったりするので 貼るタイプのものも使っています。 色々試したものの中から良かったものを紹介するので、是非是非、試してくださいね。 オススメのお灸 このテープは本来、肩こり、腰痛や筋肉痛に使われていて、 プロのスポーツ選手が愛用しているものです。 実際、肩こりなどに、すごく良いので愛用しています。 見た目、なんの変哲もないのない丸いテープですが、同じようなものの中で一番いい。 どうしてかな? と思って調べてみると、チタンという金属が入っていました。 人間の体には、とても小さな電気が流れていて、 それを医療では心電図などに利用しています。 チタンが小さな電気の働きを利用して体に刺激を与えているのかもしれませんね。 お腹に貼ってみましたが、一番いいと思いました。 シールはしっかり体に付き、洋服などにいつの間に付いているということはなく、 はがす時も無理なく綺麗にはがれます。 透明タイプのものもあるので、お好みに合わせて選んでくださいね。

次の