プロ 野球 スピリッツ 2019 能力。 【プロ野球スピリッツ2019】ペナントモード プレイ日記 ヤクルト編2年目②

裏技・小ネタ

プロ 野球 スピリッツ 2019 能力

前作「プロ野球スピリッツ2015」から4年ぶりとなるシリーズ最新作のデモ版を, 初展開となるPlayStation 4版でプレイする機会を得たので,その感想とオススメしたいポイントをお伝えしよう。 前作に続き3Dフォトスキャン技術で立体的に再現された選手モデルは,各選手の顔やフォームはもちろん,顔のシワや髪の毛の揺れ,ユニフォームにヘルメット,グラブにエルボーガードといった用具の質感など,どれをとってもその再現度はかなり高い。 選手の表情やユニフォームは試合の「REPLAY」の際にスローかつアップ目に見られるので,自身の好プレイを眺めつつ確認してみよう。 最も驚かされたのが, 選手の額に浮かぶ汗の表現だ。 連打を浴びて失点したときやロングイニングを投げ切った際など,場面によって汗の量が変わるのがかなりリアルで,試合への没入感も高めてくれる。 ほんのり汗を浮かべながらもピンチをしのいだ投手を,イニング終わりに野手がグラブで「ポンッ」とねぎらうシーンや,汗だくになりながら1試合を投げ切りチームの仲間に祝福されているシーンがクローズアップされると,「よく頑張った!」という気持ちが沸く。 野球好きにはたまらないものがあるので,ぜひ注目してほしいポイントだ。 選手だけではなく,球場の再現度もかなり高い。 フェンスやフィールドの質感,歓喜に沸くスタンドの観客たち,周りの建物といった球場外の風景,さらにベンチの中まで細かく描かれており,なかなかのこだわりが感じられる。 ヒットやファインプレーなど演出のいくつかは,実際に球場で流れる効果音が使われているので,視覚的にも聴覚的にも球場にいる感覚が味わえるだろう。 球場で注目してほしいのが,リアルタイムでの光源計算による 光と影の表現だ。 照明塔が設置されている場所や太陽の角度,雲の位置などによって光の当たり方や影の落ち方が違い,それが状況に合わせて変化していく。 例えば天候の設定を[風:あり][天気:くもり]でデーゲームを行うと,雲の流れによってほんのり暗くなったと思ったら,イニングをまたぐとまた明るくなった……みたいな変化があって面白い。 屋外球場でのナイトゲームにて夕暮れから夜へと移り変わるところや,日が落ちたあとにこんこんと輝く照明塔も,試合への没入感や臨場感を増してくれるだろう。 基本的な操作方法はそのままに,ピッチングの面白さをより向上させたのが,タイミングよくボタンを2度押しする投球システムの新たな仕様となる 「新・投球カーソル」だ。 それが本作ではタイミングの取り方は統一され,失敗した際も大きな失投になる確率が格段に減ったのだ。 投球カーソルのサイズは,各選手ともに持ち球の個別のコントロールによって大きさが異なる。 また,投手のコントロールの違いが分かりやすくなったため「コントロールは不安定だが,荒れ球含みで剛速球で押す」や「あまり球威はないが四隅を突く絶妙なコントロールで打ち取る」といった,投手のタイプ別でのピッチングを楽しめるところも魅力だ。 試合をよりリアルなものにしているのが 「選手個別AI」だ。 これは共同通信デジタルが独自に収集した昨年1年間の実績データをもとに,選手(昨年度成績がないルーキーや新外国人などを除く)の場面別での傾向がAI化されたもので,打撃や盗塁の積極性などと合わせて選手の個性がより際立たせている。 投手であればカウント別でのストレートを投げる割合,打者であれば得意と苦手なコースに対右投手と左投手それぞれの打球方向,さらにセーフティーバントへの意識などが可視化されており,野球のデータ好きな人であれば眺めているだけでも楽しめる。 かくいう筆者も,「プロスピ」や「パワプロ」を購入したときはまず各チームの選手能力をチェックするデータ好き人間なので,同じ嗜好のプレイヤーにオススメしたい。 オリジナルのプロ野球選手が作れる新モード 「甲子園スピリッツ」も紹介しよう。 「プロスピ」シリーズおなじみの「スピリッツ」モードのリニューアル版となる「甲子園スピリッツ」には, 「1年チャレンジ」「大会チャレンジ」「練習チャレンジ」という3つのチャレンジが用意されている。 高校2年生の夏から始まり,3年夏の甲子園出場を目指す「1年チャレンジ」は,物語を読み進めながら練習と試合を行い,選手を育てていくチャレンジだ。 チームメイトやマネージャーといった多くの登場人物との交流やさまざまなイベントなどがあり,「パワプロ」シリーズの「サクセス」モードさながらに,シナリオを楽しみながらじっくりと選手育成が行える。 3年生の夏が舞台の「大会チャレンジ」では,カード選択による練習を行い,高校最後の大会を勝ち進んでドラフト指名されることでより良い選手が作成できる。 「1年チャレンジ」より短時間で育成できるので,ゲームプレイに慣れている人にオススメのチャレンジだ。 「練習チャレンジ」は,限られたターン内のカード練習のみで選手を育成するチャレンジで,「大会チャレンジ」よりも短い時間で選手が育成できる。 かなり運に左右されるが,成長ポイントがたくさん手に入るようになる「ハリキリレベル」を上げ,チームメイトやライバルとのイベントを活用することで選手能力の底上げも可能だ。 年俸制が導入されたシーズンオフの契約交渉や,観客動員率によって球団資金が変化するといった新要素が追加された 「ペナントレース」,試合のほかに選手間の交流やプライベートの部分も重視された 「スタープレイヤー」など,おなじみのモードもより遊びの部分が進化している。 今回はプレイできなかったが,実際の試合をもとにしたシナリオが毎日配信されるという 「プロ野球速報プレイ」や,好きな選手を集めて夢のチームを作り,全国のプレイヤーと対戦する 「ドリームリーグ」,実際の試合結果をもとに週に一度更新される 「LIVE能力」など,オンライン要素も充実されているとのことで,こちらも楽しみだ。 ルーキーや今シーズンから一軍で顔を見るようになった若手,近年は不調が続いていた選手などは基本的に初期能力が低い。 そんな選手達が活躍したときに,「LIVE能力」の更新による能力で試合が楽しめるというのは野球ファンにとってかなり嬉しいポイントだ。 気になる野球ゲームファンは,実際のプロ野球の後半戦を楽しみつつ,よりリアルにそして遊びやすくなった「プロスピ」最新作をプレイしてみよう。

次の

【プロスピ2019】スタープレイヤー、ドリームリーグの詳細が明らかに。彼女は実在のタレントさんが担当!

プロ 野球 スピリッツ 2019 能力

スタープレイヤーモード ひとりのプロ野球選手としてスターを目指すモードです。 最大30年のプロ生活を体験しましょう。 パワプロでいうところのマイライフモードですね。 スターレベル 引用: 選手を評価する指標である「スターレベル」があります。 「実績」「人気」「交友」「資産」から、それぞれに用意された達成条件を満たすと経験値が入り、スターレベルが上がります。 試合での活躍が重要な要素の一つではあるものの、交友関係の充実などでも上がりますので、プレイに自信がなければそちらで伸ばしていくのもありでしょう。 オリジナル選手でスタートする場合、スターレベル1から始まります。 実在の選手でスタートする場合は、その選手の実績に応じたレベルからスタートします。 ひとまずは50を目指すのが目標となるとのことです。 おそらくなんらかの達成条件に関係してくるのでしょうね。 交友関係 引用: 交友には、「選手交友」と「人物交友」があります。 現役選手は選手交友で、スタッフや様々な職種の人は人物交友に含まれます。 交友可能なのは週に1回の自由交友日です。 試合のない日(主に月曜日)に組まれます。 交友ではさまざまなスキルを獲得できます。 選手だと能力系、球団スタッフだとファンサービス系といった具合です。 二軍でコーチとの交友を深めると、一軍に昇格しやすくなります。 プレイに自信があれば、試合だけで評価を稼ぐこともできますが。 特定の選手との交友を深めると、その選手と仲の良い選手を紹介してもらえ、そこから交友関係を広げていくことができます。 紹介は同球団の選手に限られます。 引用: 交友値がMAXになると、その選手が持っている球種や特殊能力をひとつ、「ラーニング能力」として教えてもらうことができます。 変化球は球威やコントロールもそのまま引き継がれます。 ラーニング能力は仮の状態で、試合などで経験値を獲得することで実際の能力として習得可能になります。 効果の高い能力ほど、習得に時間がかかります。 他球団の選手と交友を深めるには、自分が移籍するか、交友中の相手が移籍しそこから紹介してもらうかなどの方法があります。 彼女 引用: 彼女として登場するのは、「永尾まりや」さん、「市川美織」さん、「原あや香」さんの3人です。 オリジナル選手でプレイしているときに、スターレベルが一定以上に達すると登場します。 交友方法はほかの人との交友と同じで、自由行動日にのみ交友を深めることができます。 デートをするには車が必要です。 彼女にできるのはもちろん1人だけ。 1人を彼女にした時点で、ほかの女性とは連絡を取ることができなくなります。 そこはもう少し、リアリティを追求してほしかったなあ… 彼女と結婚するには、さまざまな条件が必要になります。 選手としての能力であったり、お金であったり、相手によって条件が異なります。 練習 引用: 練習はあらかじめメニューを設定し、試合のある日に自動で実行される形になります。 その都度練習メニューを選択する必要がないので、スピードアップが期待されます。 練習には強度があります。 強度が高ければ効果は上がる一方で、疲労が蓄積しやすくなります。 疲労がたまるとけがしやすくなったり、調子が上がりづらくなったりします。 練習設備は強化が可能です。 強化にはお金が必要です。 試合スキップ 引用: 試合をスキップすることができます。 スキップ中に出場する試合があった場合は、能力なりの成績を残します。 能力の低い序盤は、スキップしすぎると苦労します。 ある程度の能力になれば、適度にスキップを活用してテンポよく進めるのもありでしょう。 交友だけ楽しむのもいいですね。 ドリームリーグ スカウト(ガチャ)で選手を集めて夢のチームを作るモードです。 インターネット接続が必須のモードであり、大会に参加するにはPSPlus(有料)への加入が必要となります。 対人戦とCOM戦 引用: ランクマッチは、ダイジェストプレイの対COM戦です。 同ランク帯のプレイヤーのチームとマッチングします。 試合ごとにスコアが算出され、1週間で一定値をためると、次の週にリーグランクが昇格します。 飛び級もあります。 大会はリアルタイムの対人戦で行われます。 3イニング制。 期間中の合計スコアで争います。 ランキング報酬や累計報酬があります。 COM戦のランクマッチだけでも楽しめますが、対人戦の大会はより多くの報酬がもらえます。 そのほか、期間限定のチャレンジをクリアすることでも、報酬をゲットできます。 チーム編成。 選手獲得はガチャ 引用: 選手には「DP」というこのモード独自の数値が設定されています。 5段階の選手ランクから算出されます。 基本的にはランクが高い選手のほうが強力ではあるものの、上限突破により低ランクでも上のランクのDPを上回ることもあります。 上限突破には、素材として同じ選手のカードを使います。 このあたりはソシャゲ風ですね。 同ランクの選手同士であれば100%成功します。 編成を工夫すると「メンバーボーナス」が発動し、DPにボーナスがかかります。 「ジグザグ打線」「球団魂」などのボーナスがあり、条件が厳しいものほど多くのボーナス値が加算されます。 選手の獲得はスカウト、つまりガチャです。 選手能力のアップデートはありますが、すでに所持している選手の能力は変更されません。 疲労と調子 引用: 試合に出場すると、選手に疲労がたまります。 疲労がたまると調子が不調になりやすくなり、試合で活躍しづらくなります。 疲労は試合に出さなければ回復します。 またはアイテムを使って回復することもできます。 メジャー移籍選手も登場 引用: 本モードには海外移籍選手も登場します。 能力は、日本で一番活躍していた頃のものとなります。 攻守の作戦や勝負どころでの特殊コマンドで采配をふるいましょう。 COM戦では、3回ほどの出番があります。 指示は1球ごとではなく、打席ごとに出します。 新たに追加された「VSコマンド」では、攻撃側は打つコースを、守備側は投げるコースを指示します。 監督自身の強化要素もあり、試合後に得られる「采配ポイント」を割り振り、経験値アップや調子安定など、試合が有利になる能力を解放します。 【終わりに】やりこみ要素に期待 ドリームリーグ、スタープレイヤーモードの紹介でした。 実写彼女には心躍ります。 それでは最後に、似てなさすぎる平田良介の画像でお別れします。 引用: これまでに公開された情報はこちら。

次の

【プロスピA】基本機能『特訓/限界突破/継承』について

プロ 野球 スピリッツ 2019 能力

2019年7月18日に発売される「プロ野球スピリッツ2019」(PS4・PSVita)。 新情報が出始めていますので、この記事にまとめておきます。 随時更新予定です。 ペナント 選手を補強したり育成したりしながらリーグ優勝、日本一を目指す「ペナントレース」モードです。 最大30年プレイが可能です。 資金のやりくり 引用: 今作は年俸の要素が取り入れられています。 パワプロでは単位が「ポイント」ですが、こちらでは「円」となっています。 選手との契約では、複数年契約も可能になります。 FA選手の流出を防ぐ効果がありますが、その分高額での契約を要求されることもあります。 若い選手では、複数年契約を望まないこともあります。 収入は、ホームゲームの「観客動員率」の年間平均に応じて得られる仕組みになっています。 観客動員数ではないので、ホームスタジアムの大小による有利不利はありません。 観客動員率は、チームの成績や選手人気、記録がかかった試合など、様々な要因で変動します。 球団資金は8段階で設定可能であり、初期値では全球団同じ設定になっています。 オフシーズン 引用: オフシーズンには、契約更改やドラフト、FA、帰国選手交渉などのイベントをこなします。 パワプロとほぼ同じ流れでしょうか。 選手との契約更改は、希望年俸に対してどれくらい支払うか決めるのみです。 選手には「チーム愛」のパラメーターがあり、高いと調子が良かったり、FAしにくくなったりします。 年俸はチーム愛を左右する重要な要素の一つであり、主力選手ほど慎重に設定する必要があるでしょう。 FAでは、関東の球団に所属しているなら関東の球団が有利に、あるいは選手の出身地に近いと有利になったりするなど、ある程度現実味のある移籍が実現するようになっています。 とはいえ1番大きな要因はお金です。 コーチやドラフト選手、新外国人獲得時の契約金や年俸は固定です。 記録 引用: 各種記録が確認できる「選手名鑑」や、ドラフトで獲得した選手の活躍状況が確認できる「ドラフト選手一覧」なども新たに搭載されます。 歴代記録はトップ30まで表示されます。 過去の名選手たちに並ぶことはできるでしょうか。 その他 引用: 現実に合わせ、1軍の登録枠は29人に増えました。 ドラフトの指名順ルールの変更に関しては、アップデートで対応するとのことです。 その他現実のルールに近い形で再現されている部分がたくさんあります。 選手には特性があります。 「海外志向が強い」選手では、複数年契約を結ぶことができません。 ほかにも「急成長」「コーチ向き」などの特性があります。 現役選手には初期状態では付いていませんが、途中から付くことがあります。 コーチ向きの特性を持っていると、育成力と分析力が確定でAになります。 本作ではコーチの年俸は年々高くなり、また年齢とともに能力が下がることもあります。 適当なタイミングでの入れ替えも重要になります。 試合 グラフィック 引用: 3Dフォトスキャン技術で立体的に再現された選手モデルは、PS4の表現力でさらにリアルに描かれます。 キャラクターメイクでも、しわや髪型、体型など、さまざまなパターンが再現しやすくなっています。 季節によって汗をかく量が変わったり、投手と野手でも異なったりと、細かな部分もよく再現されています。 スタジアムでは新たに、「坊っちゃんスタジアム」と「マスカットスタジアム」が実装されました。 それぞれ細部にわたって作りこまれているようですので、チェックしてみたいところです。 ライトやリアルタイムな光源計算、雲の雰囲気など、PS4に対応したからこその進化も見られます。 PS4Proであれば、対応モニターを用意することで4Kでも楽しむことができます。 投球操作 引用: 投球カーソルは、よりコントロール値の価値が上がる変更が施されています。 サークルは一定の速度で収縮しますが、コントロール値により「ベストピッチ」になるエリアの広さに違いがあります。 ちなみにベストピッチは、球威がワンランク上がるくらいの感覚とのことです。 打撃操作 引用: ミートカーソルの水平ラインでとらえたときに、これまでは若干上方向に補正をかけていたところを、自然な打球角度で飛ぶように変更されました。 それに伴い、速いゴロやライナーが増え、内野守備の重要性が増しています。 強振時には、弾道ごとに差が分かりやすくなっているとのこと。 真芯でとらえるのが一番ホームランになりやすいとのことです。 選手AI 引用: 昨年1年分のデータをもとに、投打のAIが反映されています。 3ボールからストレートが多い、全体的に変化球の割合が多い、引っ張りが多いなどの特徴が再現されています。 打撃積極性のステータスにはAからGまでのランクがあり、高ければ初球からどんどん狙ってきます。 LIVE能力 引用: 選手のステータスは、週ごとに反映されます。 ミートやパワーなどの能力は前週を反映しますが、その週限りで消えます。 ただし守備位置や投手の適正は繰り越されるようになっています。 LIVE能力では、変更がなされることはありません。 選手データのアップデートがあるタイミングでは、適性などに見直しが入ります。 LIVE能力が反映されている選手は、選手名プレートの表示が黄色くなります。 すべての選手に適用されるわけではなく、チームごとに人数は絞られています。 LIVE能力は、ペナント、スタープレイヤー、ドリームリーグなどでは反映されませんが、オンライン対戦では反映されます。 音・解説者 引用: 打撃音が変更され、リアリティのある音が再現されています。 本作には高校野球モードがありますが、そちらでは金属バットの音も楽しめます。 ほかにはキャッチ音なども変更。 観客の歓声は、場面によって敏感に反応します。 実況は「小宮山悟」さん、「仁志敏久」さん、「赤星憲広」さん、「里崎智也」さんの4人から選択することができます。 一部選手能力も公開 一部選手の初期能力も公開されています。 こちらはスーパールーキーの根尾昂選手。 能力はともかく、顔はもっとシュッとしてるイメージですが… 引用: 追加で紹介された情報はこちら.

次の