引っ越しおばさん その後。 奈良騒音傷害事件

騒音おばさんの真実とは (ソウオンオバサンノシンジツとは) [単語記事]

引っ越しおばさん その後

騒音おばさんの真実とは、は 加者ではなく、実は者であったとする "説"の事である。 たしかにこの説を採用すれば、のあのような行動に対して一つの理由付けが出来る。 しかし、 がの書き込みとそれをした個人しかないため、この説自体は仮定の話と言って差し支えない。 それらのでは、として の書き込みのほかに 、 をあげている。 だが、正しくは刊誌の 新潮の号『特別ルポ「布団騒動」 何がをそせたか』である。 そしてその記事においても、の が『者に先に仕掛けられた。 』とは言しているものの、それ以上のことは書いていない。 そのため、者が員であることなどのが確認できる はの書き込みのみである。 この説に限った話ではないが、 も関係も判然としない曖昧なを、さもであるかのように触れ回る行為はすべきである。 良かれと思った流したが、実際は関係各者の実情と乖離しており、かえって迷惑をかけるという構図はでもままあることである。 概要 実は事件の者は員で、容疑者・K(以下:)がの入信を断った為、者が報復としてに対して嫌が行っていたとする説で、とがこのを隠蔽し、を落とし込んだとする物である。 のに、脈絡なくをする内容のが多いのは、この説が原因である。 この説によると者はに対し、次のような嫌が行っていたとされる。 尚、 出典がなどで確認できたものは太字で記した。 のに向けて強なを設置• 自治会の班長にのを「きちがい」と言った• 『盗み聞き』した事を、『近所に言い触らす』• 『』による濡れ衣を着せ、『塀の』で民事裁判を起こし勝訴• 2間監視での様子を撮• 近所人を連れて宅へ• 裁判で、判事から「塀の」の一件を追及された途端、「頭が痛い」と倒れこみ、閉廷させた。 一方で、は• 夫側の系が原因で、を除くが難病を発症し、に追われていた。 「」より• 者が引っ越してきた頃は、を一緒に飲むなど至ってのだった。 ツウ」より• 死んだを「きちがい」と者に言いふらされた。 自宅の鍵を塞がれた。 法廷で言、は死んでいない• 「者」以外の近所の住民にはでしたり、「申し訳ない」と、温和な対応をしていた。 「ザ・」より であったという。 、者側がの関係者であったという話の根拠はなく。 で者がだというがあるという曖昧な書き込みが勝手にという前提で広まったようであるが、 そもそも 群町にはやの組織などはないし、員が多いというもない。 また当時ののとして、悪の秘密結社のごとく何かとをに陰謀を唱えるのが流行っており。 何かにつけてはが裏で糸を引いておりがそれを隠蔽しているという潮がこの件のみならずあちこちで見られた。 その後、としてのと、でのや嫌いからこのはあちこちにされ、根拠が曖昧なまま上のとして広まった。 、として確認できるのは、が自分もを受けていたとしている点のみであり。 者側がの関係者であるという話は、上で尾ひれつけられたである。 そのためこのを解説したやはどこも根拠は、で調べたいは聞いた程度にとどまっている。 の""とされているが、確固たるが「新潮」だけに限られ、またそれも側もに「事件」で者のさんを扱いするなどの、曲したを行っていたため、一般的には信憑性に欠ける説、いはとして認知されているのが実情である。 外部リンク• 関連動画 関連項目•

次の

奈良騒音おばさんの真実は? 私ね、騒音おばさんの裁判に傍聴した人から聞...

引っ越しおばさん その後

騒音おばさんが事件を起こすきっかけとなった出来事がありました。 それは、1996年に騒音おばさんが朝6時に布団を叩いていたことを被害者である老夫婦に注意されたのがきっかけでした。 それ以来、その住民に対し迷惑行為をするようになります。 抗議だと主張をし、毎朝6時から布団を毎日叩き始めました。 さらに、布団よりも音が大きいカーペットを叩くようになりました。 布団たたきを握りすぎて血豆ができても、絆創膏を貼ってまで叩き続けました。 それに対抗するかのように、老夫婦も布団を干すようになり、時には10枚干したこともあったそうです。 それを見た騒音おばさんは、老夫婦の自宅へ煙が行くようにたき火を焚いて嫌がらせをします。 1999年、被害者である近隣住民の老夫婦は、奈良騒音障害事件として民事裁判を起こします。 落書きされた塀や、不眠、目眩により通院をしなければならなかったため、慰謝料60万円を請求します。 その結果、勝訴となり、これで騒音も収まるかと思われていました。 しかし、その後も嫌がらせは止まりませんでした。 止まるどころか、日ごとに悪化してしまいました。 騒音に続くいやがらせは、被害者の老夫婦の自宅の門を蹴る、門の前に車を停めてクラクションを鳴らす、インターホンを壊すなどエスカレートしていきます。 老夫婦は監視カメラを作動させていたため、騒音おばさんが夫婦の自宅前で起こした行動の一部始終を録画することに成功します。 また、その後の裁判では塀の落書きについて、老夫婦の自演自作だったのではないかと追及されています。 その際に、老夫婦は頭が痛いと突然倒れ込み、閉廷となってしまいます。 なぜ2年半という長い間に警察が逮捕できなかったのでしょうか。 警察がなかなか逮捕に踏み切れなかった理由は、証拠が不十分なのと、警察がきている間は騒音を止めるなどしていたためです。 警察は音の大きさを測定する機械を設置するなどして捜査を進めていました。 被害者の老夫婦は、診断書を証拠として提出し、録画していた監視カメラの映像も提出します。 それが決め手となり、2005年の4月に騒音おばさんはようやく傷害罪で逮捕されます。 一審では、検察側が陰湿な犯行とし、懲役3年を求刑します。 騒音おばさんは罪を認めることはなく、弁護側も無実を主張します。 しかし、裁判長は「陰湿で再犯の可能性も高い」とし、懲役1年の実刑を下します。 これに対し騒音おばさんは判決を不服とし即日控訴することになります。 また、2年以上も危害を加えたのに刑が軽すぎると、地検側も控訴します。 騒音おばさんが逮捕されている間、別の近隣住民が被害者の老夫婦に対し嫌がらせを行っていたという情報もあります。 元のおばさんの温厚さを知っている近隣住民は、豹変してしまったおばさんのことを思って嫌がらせを始めてしまったのでしょうか. 内容は定かではありませんが、騒動になってしまった以上は同じ場所にとどまれないと判断したのか、被害者の老夫婦は別の場所へ引っ越しています。 もし自分たちが被害者で、裁判にも勝訴したのであれば、現在も同じ場所に住み続けることは可能だったのではないかと推測できます。 事件のその後に堂々と住み続けられなかった理由がなにかあったのでしょうか。 現在の老夫婦の行方は定かではありません。

次の

私「旦那の秘密を見つけてしまった…見なかったことにした方がいいか」 → その後…

引っ越しおばさん その後

監督は、『カメラを止めるな!』の製作で知られるENBUゼミナールの卒業生の 天野千尋さんです。 天野さんの作品は、チリ女性映画祭で入選を果たした『うるう年の少女』(2014年)や、結婚をテーマにしたオムニバス『ハッピーランディング』(2016年)などがあります。 主人公の小説家を演じるのは、『さよならくちびる』(2019年)の 篠原ゆき子。 隣人役を『どうしようもない恋の唄』(2018年)の 大高洋子が演じています。 その他キャストととして、主人公の娘役を「Foorin」のメンバーでもある子役の 新津ちせが演じました。 今作は、すれ違いから生まれた隣人同士の対立が、やがて社会を巻き込む大事件へと発展していく、というストーリーです。 当時、「騒音おばさん」のマスコミ報道には過熱感と偏りがあるのでは、と物議を醸しました。 今作のオリジナル脚本を手がけた天野千尋監督は、下記のようにコメントしています。 「物事は、見る角度によって見える景色が違う。 人も別の角度から見ると悪人にも善人にもなる、そういうことを盛り込んだ映画にしたかった」 「SNS炎上」や「メディアリンチ」など、現代の社会事情や、子供のケンカから国や民族の紛争や戦争まで、あらゆる「争い」という普遍的な真理をテーマにしたかったそうです 映画化モデルとなった「騒音おばさん」事件とは? 天野監督も言われていますが、『ミセス・ノイズィ』のモデルになっているのは、2002~2005年に起きた 「奈良騒音傷害事件」です。 この事件は、当時海外でも取り上げられ、そのときの「Mrs. Noisy」が今作のタイトルになっているようです。 今から15年ほど前、奈良県平郡町で近隣トラブルが発生しました。 加害者となったのは、以前から平郡町に住んでいた主婦。 彼女は隣に引っ越してきた被害者夫婦に対して、大音量で音楽を流すといった嫌がらせ行為を何年も続けました。 「引越し、引越し、さっさと引越し!しばくぞ!」と暴言を放っていました。 逮捕される前、ワイドショーはこぞって主婦の「奇行」を取り上げ、バラエティ番組やインターネット上でもパロディ化される事態にまでなり、彼女は「騒音おばさん」の名前で全国に知れ渡ることになりました。 しかし事件後、当時の過熱した報道を批判する声が上がるようになり、いわゆるメディア・スクラムだとして言われるようになりました。 『ミセス・ノイズィ』のあらすじは? 主人公の小説家・吉岡真紀はスランプに陥っていました。 ある日突然、隣の住人・若田美和子の嫌がらせが始まります。 それは日ごとに激しくなっていき、美和子の攻撃に心の平穏失い、家族との関係もギクシャクしていく真紀。 そこで、彼女は美和子をモデルにした小説を書くことで、報復を試みます。 しかし、その行動が予想していなかった事態に発展してしまいます。 2人の争いはマスコミやネット社会を巻き込む大騒動に・・・。 騒音おばさんは実はいい人なのかも? メディア・スクラム 当時、隣人夫婦が撮影した騒音おばさんの動画には、夫婦の声が一切入っておらず、撮影している間も笑っていたそうです。 騒音おばさんが「先にやったのはお前たちだ!」と言っていたりする場面もありましたが、そういったところはマスコミが動画を編集し、夫婦の笑い声などは消し、騒音おばさんの音声のみにしていたこともありました。 騒音おばさんを面白おかしく取り上げて、大事なところを映さないというのも、真実から遠ざかってしまった要因だったのではと思います。 天野監督は、当時のそのような報道の在り方から、 「物事は、見る角度によって見える景色が違う。 人も別の角度から見ると悪人にも善人にもなる。 」と訴えたかったのだと思います。 どちらが被害者なのか 被害者である隣人夫婦は、創価学会の信者でした。 夫婦が引っ越してきた当初、夫婦とおばさんはお茶を飲んだりするような仲でした。 次第におばさんを創価学会へ勧誘するようになります。 おばさんは断り続けていましたが、何度も勧誘され、頑なに拒んでいたことから、夫婦がおばさんに嫌がらせを始めるきっかけになったと言われています。 また、夫婦が嫌がらせをするために集めた30人近くの人も、創価学会のメンバーだったとされています。 なぜメディアはこのことを報道しなかったのでしょうか。 勧誘の仕方や断り方が大事件に発展してしまったのではないかと様々な憶測が生まれていましたが、そこについては、いまだに真実は明かされていません。 事件のその後と騒音おばさんの現在 騒音おばさんが逮捕されたのち、別の近隣住民が被害者夫婦に対し嫌がらせを行っていたという情報もあります。 現在は、被害者とされる夫婦は町から転居し、服役を終えたおばさんは元の家で平穏に暮らしているそうですよ。 まとめ 今回は2020年5月に公開予定の映画『ミセス・ノイズィ』のあらすじや騒音おばさん事件についてお伝えしました。 日常的に誰にでも起こりえる「争い」という身近でありながら重厚なテーマで、考えさせられる点もある作品ですね。 この『ミセス・ノイズィ』は、新たな社会派映画としておすすめしたいと思います。

次の