耳鼻 科 耳 掃除 だけ。 2歳の子供の耳垢を耳鼻科で掃除してきました

奥までやっても意味がない!? 正しい耳掃除の方法|eo健康

耳鼻 科 耳 掃除 だけ

耳垢(みみあか)は、医学的には「じこう」と読みます。 耳垢と聞くと皆さんは、耳から出る排泄物といったイメージを持つと思いますが、実は、耳の保護のためにあるとの説もあります。 その説によれば、耳垢の本来の目的は外耳道を清潔に保つことで、ほこりや汚れから鼓膜を守るだけでなく、抗菌性もあって外耳道の表面を保護しているというのです。 また、耳垢は外耳道でも入り口に近い部分だけにできますから、食事をしたり、おしゃべりをしたりして顎(あご)を動かすことで、外耳道から自然に外に出ていくようになっています。 つまり、古くなって不必要となった耳垢は自然に排出されるので、基本的には頻繁に耳掃除はしなくていいのです。 耳垢の種類 耳垢は、外耳道にある「耳垢腺(じこうせん)」と「皮脂腺(ひしせん)」から出る分泌物に、剥がれ落ちた角化表皮細胞(かくかひょうひさいぼう:いわゆる垢)や毛髪、粉塵などが混ざってできたものです。 乾性耳垢は、ミミアカ、ミミクソ、コナミミ、ミミカスとも呼ばれる、カサカサと乾燥した灰白色で鱗(うろこ)のような耳垢のことで、日本人の約7割がこの乾性耳垢の持ち主と言われています。 一方、湿性耳垢は、アメミミ、ヤニミミ、ジュルミミ、ネコミミとも呼ばれる、褐色でアメ状の湿った耳垢のことで、西欧人では約9割がこの湿性耳垢の持ち主です。 そして、湿性耳垢の方は、乾性耳垢の方に比べて耳垢腺の数が多いことが分かっていますから、耳垢の乾湿の差は主に耳垢腺の分泌物の量の差から来ているようです。 耳掃除の方法 健康な方では、耳垢はもともと自然に耳の外に排出する性質をもっているのですから、乾性耳垢の方なら耳掃除の必要はほとんどありません。 むやみに耳掃除を行うことで、外耳道に傷をつけたり、かえって耳垢を奥に押し込んでしまうことにもなり得ます。 ただし、湿性耳垢の方、代謝の早いお子さん、高齢者の方、外耳道が狭い方などは耳垢が溜まりやすく、このような方の場合は、定期的な耳掃除が必要です。 ご自分で耳掃除している方が多いと思いますが、まず、ご自分で耳掃除するときには入り口付近をそっと綿棒でぬぐうだけにし、耳の奥は触らないようにしましょう。 ご家族に耳掃除をしてもらうきも、よく見える場所だけにしてもらいます。 耳の穴には、快感を得られる迷走神経(めいそうしんけい)が走っているので、耳掃除は心地よいのですが、やりすぎると外耳道に傷をつけ、外耳炎を発症してしまうことがあります。 外耳炎のほとんどは過剰な耳掃除と言われているのです。 耳掃除は1カ月に1~2回で十分で、ご自宅では、清潔な綿棒を用いるのが最も安全で清潔ですが、ある程度耳垢が溜まってしまっている場合には、手探りで綿棒を使って耳掃除することで、かえって耳垢を奥に押し込めてしまうことがあるので注意が必要です。 そこで、湿性の耳垢の方、お子さんやお年寄りなど耳垢が溜まりやすい方には、2~3カ月に1度、クリニックで耳掃除をしてもらうことをおすすめいたします。 耳垢の除去は、立派な医療行為として認められているのです。 また、慢性中耳炎などの耳の病気を手術し治療が終わった方の中には、カサブタ状の耳垢が沢山できる場合があります。 そのような場合は、病気再発のチェックも兼ねて、定期的にクリニックで耳掃除をしてもらうとよいでしょう。 耳垢が関係する病気 耳垢栓塞 (じこうせんそく) 耳垢が大量に溜まってしまって固まりとなり、耳の穴を狭くしたり詰まらせる病気です。 お年寄りの中には、耳垢栓塞を気づかずに放置されている方も少なくありません。 お年寄りの難聴を気づかれた場合は、「歳のせいで耳が遠くなった」と思い込まず、まずは、クリニックで耳垢が溜まりすぎていないかどうかをチェックしてみてください。 治療は、耳鏡を用いて観察しながら、耳垢を摘出します。 耳垢栓塞が大きすぎたり、外耳道へ強く付着しているときは、「耳垢水」という液体を使って耳垢をふやかしてから取ります。 耳垢が外耳道一杯に詰まり、鼓膜に付着した状態の耳垢栓塞を両耳同時に除去すると、処置をした後に一時的にふらふらしたようなめまいを訴える患者さんがいます。 そのようなことが想定でき、付き添いの方がいらっしゃらない場合には、片方ずつ2回に分けて除去する場合もあります。 吸引で除去しなければ取れないようなひどい耳垢栓塞の場合は、鼓膜を通した中耳や内耳への刺激で、処置が終わってふらつきを感じる方もいますので、立ち上がる際には注意が必要です。 外耳道湿疹.

次の

耳垢は耳鼻科で掃除してもらえるの?

耳鼻 科 耳 掃除 だけ

耳垢(みみあか)は、医学的には「じこう」と読みます。 耳垢と聞くと皆さんは、耳から出る排泄物といったイメージを持つと思いますが、実は、耳の保護のためにあるとの説もあります。 その説によれば、耳垢の本来の目的は外耳道を清潔に保つことで、ほこりや汚れから鼓膜を守るだけでなく、抗菌性もあって外耳道の表面を保護しているというのです。 また、耳垢は外耳道でも入り口に近い部分だけにできますから、食事をしたり、おしゃべりをしたりして顎(あご)を動かすことで、外耳道から自然に外に出ていくようになっています。 つまり、古くなって不必要となった耳垢は自然に排出されるので、基本的には頻繁に耳掃除はしなくていいのです。 耳垢の種類 耳垢は、外耳道にある「耳垢腺(じこうせん)」と「皮脂腺(ひしせん)」から出る分泌物に、剥がれ落ちた角化表皮細胞(かくかひょうひさいぼう:いわゆる垢)や毛髪、粉塵などが混ざってできたものです。 乾性耳垢は、ミミアカ、ミミクソ、コナミミ、ミミカスとも呼ばれる、カサカサと乾燥した灰白色で鱗(うろこ)のような耳垢のことで、日本人の約7割がこの乾性耳垢の持ち主と言われています。 一方、湿性耳垢は、アメミミ、ヤニミミ、ジュルミミ、ネコミミとも呼ばれる、褐色でアメ状の湿った耳垢のことで、西欧人では約9割がこの湿性耳垢の持ち主です。 そして、湿性耳垢の方は、乾性耳垢の方に比べて耳垢腺の数が多いことが分かっていますから、耳垢の乾湿の差は主に耳垢腺の分泌物の量の差から来ているようです。 耳掃除の方法 健康な方では、耳垢はもともと自然に耳の外に排出する性質をもっているのですから、乾性耳垢の方なら耳掃除の必要はほとんどありません。 むやみに耳掃除を行うことで、外耳道に傷をつけたり、かえって耳垢を奥に押し込んでしまうことにもなり得ます。 ただし、湿性耳垢の方、代謝の早いお子さん、高齢者の方、外耳道が狭い方などは耳垢が溜まりやすく、このような方の場合は、定期的な耳掃除が必要です。 ご自分で耳掃除している方が多いと思いますが、まず、ご自分で耳掃除するときには入り口付近をそっと綿棒でぬぐうだけにし、耳の奥は触らないようにしましょう。 ご家族に耳掃除をしてもらうきも、よく見える場所だけにしてもらいます。 耳の穴には、快感を得られる迷走神経(めいそうしんけい)が走っているので、耳掃除は心地よいのですが、やりすぎると外耳道に傷をつけ、外耳炎を発症してしまうことがあります。 外耳炎のほとんどは過剰な耳掃除と言われているのです。 耳掃除は1カ月に1~2回で十分で、ご自宅では、清潔な綿棒を用いるのが最も安全で清潔ですが、ある程度耳垢が溜まってしまっている場合には、手探りで綿棒を使って耳掃除することで、かえって耳垢を奥に押し込めてしまうことがあるので注意が必要です。 そこで、湿性の耳垢の方、お子さんやお年寄りなど耳垢が溜まりやすい方には、2~3カ月に1度、クリニックで耳掃除をしてもらうことをおすすめいたします。 耳垢の除去は、立派な医療行為として認められているのです。 また、慢性中耳炎などの耳の病気を手術し治療が終わった方の中には、カサブタ状の耳垢が沢山できる場合があります。 そのような場合は、病気再発のチェックも兼ねて、定期的にクリニックで耳掃除をしてもらうとよいでしょう。 耳垢が関係する病気 耳垢栓塞 (じこうせんそく) 耳垢が大量に溜まってしまって固まりとなり、耳の穴を狭くしたり詰まらせる病気です。 お年寄りの中には、耳垢栓塞を気づかずに放置されている方も少なくありません。 お年寄りの難聴を気づかれた場合は、「歳のせいで耳が遠くなった」と思い込まず、まずは、クリニックで耳垢が溜まりすぎていないかどうかをチェックしてみてください。 治療は、耳鏡を用いて観察しながら、耳垢を摘出します。 耳垢栓塞が大きすぎたり、外耳道へ強く付着しているときは、「耳垢水」という液体を使って耳垢をふやかしてから取ります。 耳垢が外耳道一杯に詰まり、鼓膜に付着した状態の耳垢栓塞を両耳同時に除去すると、処置をした後に一時的にふらふらしたようなめまいを訴える患者さんがいます。 そのようなことが想定でき、付き添いの方がいらっしゃらない場合には、片方ずつ2回に分けて除去する場合もあります。 吸引で除去しなければ取れないようなひどい耳垢栓塞の場合は、鼓膜を通した中耳や内耳への刺激で、処置が終わってふらつきを感じる方もいますので、立ち上がる際には注意が必要です。 外耳道湿疹.

次の

奥までやっても意味がない!? 正しい耳掃除の方法|eo健康

耳鼻 科 耳 掃除 だけ

耳穴の入り口から鼓膜までの距離は、約3cmと意外と短いのです。 外耳道はS字に曲がった形をしていて、その手前3分の2は軟骨部と呼ばれています。 入り口から3分の1の所には耳垢腺(じこうせん)があります。 実はこれが耳あかの元となる脂を分泌している器官なのです。 ・耳垢の正体は そもそも耳垢とは、耳穴の皮膚がはがれたものや外部からのホコリに耳垢腺からの分泌液が混ざったものです。 皮膚の細胞は、外耳道の入り口から3cm奥あたりの鼓膜付近から、ゆっくりと耳の外に向かって移動します。 古くなった皮膚の細胞は入り口から1cmのところで剥がれ落ち、耳垢腺からの分泌物と混ざりながら、耳垢になります。 汚いだけだと思われがちな耳垢ですが、耳の中の潤いを保ち、傷がつきにくいように内膜を保護する働きをしています。 また、虫などが入らないようにするためのバリアとして存在するという説も。 一掃したい耳垢にも、実は必要性があったんですね。 ・アナタはカサカサ? ベトベト? 突然ですが、アナタの耳垢はカサカサですか? それとも湿り気を帯びているでしょうか。 日本人の約60%はカサカサした耳垢で、約40%がベトベトタイプだと言われています。 ちなみに西洋などではこの割合が反対のため、欧米ではあまり耳かき棒は売っていないそう。 この違いは、先ほど言及した耳垢腺にあります。 日本人は耳垢腺が少ないため、耳垢における脂が少なくカサカサと乾燥しています。 反対に、耳垢腺が多いとベトッとした質感の耳垢になります。 竹や木製の耳かき棒が有効なのはカサカサタイプだけで、ベトベトした耳あかは綿棒でふきとるか、耳鼻科以外では取ることが難しいそうです。 なぜ耳掃除は気持ちがよいのでしょうか。 その理由は、神経にありました。 耳の穴には、快感を生じさせる迷走神経が走っています。 この迷走神経は触れれば触れるほど快楽信号を脳へと送ります。 そのため、耳掃除にはまってしまう人が続出するのです。 ですがその一方で、耳を触ると咳が出るタイプの人も2割ほどいるそうです。 なんと、全体の6割以上が週に1回以上耳掃除をしていることが判明しています。 意外と「毎日」と答えた人は少なかったんですね。 ここではなぜ耳掃除が必要ないのか、耳を傾けてみましょう。 まず、耳垢が自然に耳奥の方へと進んでしまうことはありません。 また、細胞は鼓膜の表面から耳の入り口へと常に動いていて、耳垢を押し出そうとする力が働いているんだとか。 野生動物は耳かきをしなくても、聞こえなくなったりしませんよね。 それと同じことです。 また耳かきによって耳垢がどんどん奥の方に押し込まれたり、場合によっては傷をつけてしまう恐れもあります。 耳の穴は骨の上に薄い皮膚がかぶさっているだけのため、細かな傷がつきやすく外耳炎などを引き起こしてしまうのです。 以上の理由から、耳掃除は不要だとされるわけですね。 耳に痛みやかゆみがあるという方は、当てはまっているかもしれません。 その場合はきちんと耳鼻咽喉科を受診してくださいね。 ・外耳炎 外耳炎とは、読んで字のごとく、外耳道に炎症が起こっている状態です。 耳掃除の際に傷ついた外耳が感染することで、炎症が引き起こされます。 「耳が感染ってどうやって?」と思われるかもしれませんが、プールなどの汚い水が入ることで外耳炎を発症するケースも多いそうです。 ・外耳道湿疹 耳掃除をしすぎて耳垢を取り過ぎてしまうと、薄い外耳道の皮膚が荒れて湿疹になることがあります。 するとかゆみが増したり黄色の分泌液が出たりするため、耳の中を掻いてしまい、症状が悪化するという悪循環に陥りがちです。 場合によっては、湿疹の傷口が細菌やカビに感染し、外耳炎を発症することもあります。 新陳代謝が落ちてしまっているお年寄りは耳垢が詰まりやすく、難聴の始まりだと思ったら耳垢栓塞だったという人も少なくありません。 「歳のせいで耳が遠くなった」と思い込まず、耳鼻咽喉科で耳垢のチェックをしてみてください。 そんな方は安全な耳掃除方法を知っておきましょう。 ・病院に行く 一番安全で確実なのは、耳鼻咽喉科のお医者さんに掃除してもらうこと。 耳に傷がつかない方法できれいにしてもらえます。 もし傷がついていた場合は治療もしてもらえますし、正しいセルフケアも教えてもらうことができてよいことずくめですね。 ・ 粉タイプには:耳用掃除機、ベビー綿棒、粘着綿棒 乾燥してパラパラと細かく、耳の奥まで自然に入りやすいため、最も掃除が困難なタイプ。 粘着剤が付いた綿棒でくっつけるようにして拭う方法が適しています。 ・ 抜け殻タイプには:耳用掃除機、ベビー綿棒、粘着綿棒 粉タイプと同様に乾燥していて、脱皮したような薄い耳アカが特徴です。 対処法は粉タイプと同様です。 ・ べとべとタイプには:ワイヤー式耳かき、金属製の円盤状耳かき 耳垢腺からの脂分が混ざっているため、黄色くて粘着性がある状態です。 ワイヤー式で絡めとると掃除しやすくなります。 ・ ベトベト粉タイプには:耳用掃除機、ベビー綿棒、粘着綿棒、ワイヤー式耳カキ 粉タイプの耳垢に多く脂がついたもの。 粉タイプと同じく細かいので、耳かきでは鼓膜近くまで押し込まれてしまいます。 ・ ベトベトシートタイプには:ワイヤー式耳かき、金属製円盤状耳かき 抜け殻に脂が多くついたもの。 べとべとタイプと同様に絡め取れる器具がよいです。 ざっくりとですが、油分の少ない耳垢はくっつけて拭きとる掃除グッズ、油分が多い耳垢はワイヤーなどでからめとれるタイプの掃除グッズがよいということがおわかりいただけたかと思います。 どれを用いる場合も、「奥まで」「強く」行うのはNG。 また頻度も多くて 2週間に1回程度で充分ですよ。 さらに、どのくらいの深さまで掃除していいのか気になりませんか? お医者さんが推奨している深さはだいたい 1cmまで。 むしろ入り口からすぐのところだけでも良いくらいだそうです。 ・人の耳を掃除するときは お子さんや恋人など、誰かに耳かきをする機会はないとは言えません。 そんなときのためにコツを知っておきましょう。 人の耳を掃除するときはぎゅっと耳を後ろに引っ張ってから上に引っ張ると、耳の穴が真っすぐになるので奥まで見やすくなります。 冷たい手だとヒヤッとしてしまいますし、温かい人の手というものは安心感を与えることができるのです。 耳掃除をしたほうがいい場合もあります。 耳垢が過剰に溜まり過ぎると聞こえが悪くなることがあり、補聴器を使っている人は耳垢が補聴器の機能を下げてしまうことも。 そんな時には耳鼻咽喉科で掃除してもらうことで改善します。 もし予防として自分で掃除をしたいならば、2週間に1回程度、湿らせた綿棒などで優しく拭き取るくらいで充分です。

次の