郵便局簡易保険。 簡易保険

旧郵政省、簡易保険の特別終身保険(ながいきくん)(払込が完了済み)ですが...

郵便局簡易保険

販売チャネルは営業職員(外交員)との窓口である。 加入に際しての診断や上の制約がなかったため、「 簡易保険」という名がついていた。 民間の保険への加入が難しいや関係者など危険度の高いとされる職業の人でも加入が可能だった。 ただし、加入に際する制約が少ない分、契約可能なは一般生命保険に比べて低く抑えられていた。 また、加入限度額も年齢により700万円から1,300万円と規定されていた。 また、簡易保険はによって規定されていたため、で取り扱っている通常の生命保険と違い、様々な特典(公的サービス)があった。 時効期間の違い(3年と5年)などの細かな違いもあったが、中でも特徴的だったのが「倍額保障」と「非常取り扱い」であった。 簡易保険のうち年金保険型商品は、当初は簡易保険とは別制度の「郵便年金」としてに開始されたが、に簡易保険の中の年金保険という位置づけに制度を改め、「郵便年金」という名称は廃止された。 これは年金付保険という両制度にまたがる複合型商品を開発するため、単一の制度に統合したものである。 がに新設されたことに伴い、簡易保険(および当時の郵便年金)は、厚生省の保険院が経営管理を行うことになり業務が移管され、契約募集、周知宣伝、資金運用などの第一線業務のみが引き続き逓信省に残存することになった。 しかし、両省にまたがることで事務的に不効率な面も見られたため、に行政簡素化の一環として、経営管理の事務が逓信省に返還された。 に伴い、付けで簡易生命保険の新規加入受付を終了した。 郵政民営化以後はに基づく民間の(政府保証無し)を扱うことになり、翌10月1日付けで設立済の準備会社「株式会社かんぽ」が「」に社名変更し、同社が設計した生命保険商品(商品性は簡易生命保険を踏襲)を支店(法人営業拠点)および保険代理店である()で募集・諸手続の受付が行われるようになっている。 また、従来の簡易生命保険は政府保証を継続させるため、同日付けで日本郵政公社からに契約移転されており、郵便局が機構代理店として保険金請求・契約者貸付など諸手続の受付を行っている。 特徴的なサービス 倍額保障 倍額保障とは、加入から1年6か月経過後に不慮のや、あるいはなど約款に指定された特定感染症による死亡の場合に、養老保険では満期保険金相当額、終身保険・定期保険では死亡保険金相当額を倍額死亡保険金として上乗せ保障される制度であり、いわゆる民間保険会社の「災害割増特約」が、主契約に自動付帯されているのと同様の仕組みになっていた。 倍額保障制度はかんぽ生命の商品においても継承された。 非常取り扱い 非常取り扱いについては、各種災害時(・・等地震災害・豪雨台風等)あるいはのような際に執り行われ、 具体的には、• 「保険料の払込みが困難な場合、3か月の範囲内で払込みを延伸」• 「罹災により保険証書等がなくても一定の範囲内で金額を貸出、あるいは前納払込みの取消しによる保険料等の返還、さらには死亡保険金の即時払い」• 「罹災によりがなくても、拇(ぼ)印で取扱」 などがあり、他にも「スペースポスト号」の派遣による局舎が機能しない際の対応もあった。 福利厚生 加入者向けの施設として、全国各地にある保養施設「(旧:保養センター)」、老人福祉施設「旧:加入者ホーム(現在は「かんぽの宿」に統合)」、診療施設「総合健診センター(受診)」「旧:総合健康増進センター(現在は「ラフレさいたま」として宿泊施設)」、レクリエーション施設「旧:総合レクセンター(現在は「かんぽの郷」として宿泊施設)」や、東京・五反田にある「(旧:東京簡易保険会館)」が設置され、割引料金で利用できるなどの特典があった。 現在は加入者特典は廃止されている。 簡保旅行友の会 旧時代には一部ので保険料団体割引制度を利用した「旅行友の会」という制度があった。 これは、が定める会員募集期間内に郵便局が定める月額保険料(掛け金)以上の簡易保険に加入するだけで10年間に数回の旅行と年1回または2回のの頒布を受けられるサービスであった。 旅行・ふるさと小包のサービス内容・会員募集期間については郵便局によってまちまちであり、旅行友の会制度がなかった普通郵便局もあった。 旅行友の会の他に観劇友の会というものもあった。 遺族制度 死亡保険金について、保険金受取人を指定しない場合あるいは指定していた保険金受取人が死亡している場合は、旧簡易生命保険法55条2項所定の遺族に支払われ、遺族が存在しない場合は、死亡保険金は支払われない。 遺族は、被保険者の配偶者(内縁を含む。 )、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹、被保険者の扶助によって生計を維持していた者、被保険者の生計を扶養していた者であり、順位は先に並べた順序である。 通常の生命保険の場合は、契約時に保険金受取人を指定しなければ加入できず、また指定した保険金受取人が死亡していた場合は保険金受取人の法定相続人が保険金受取人とされているのとは異なった取り扱いがされている。 また、民営化後のかんぽ契約では遺族が存在しない場合は、第9順位として保険金受取人の法定相続人とされることになるが、民営化前の簡易生命保険の場合は他の加入者への配当原資に回され保険金は支給されないことになるので、注意を要する。

次の

商品紹介 | 独立行政法人 郵便貯金簡易生命保険管理・郵便局ネットワーク支援機構

郵便局簡易保険

保険でお金が借りられるという話、聞いたことありませんか?郵便局の簡易保険なら、1. 75%~6%という低利でお金が借りられます。 では、利用方法、注意点をくわしく見てみましょう。 そこには「保険契約者」「被保険者」「保険受取人」の3人の名前が書いてあるはずです。 お金を借りられるのは、 「保険契約者」です。 つまり、親( 契約者)があなた( 被保険者)にかけている保険があったとしても、お金を借りられるのは親で、あなたは借りられません。 簡保の申し込みをした郵便局でなくても、全国どこの郵便局でも手続き出来ます。 簡保カードを使えば、次回からの貸付もATMですることが出来ます。 また、郵便貯金のキャッシュカードと簡保カードが一枚になった 共用カードもあります。 え、こんな低金利?次のページでご紹介します。

次の

旧郵政省、簡易保険の特別終身保険(ながいきくん)(払込が完了済み)ですが...

郵便局簡易保険

保険でお金が借りられるという話、聞いたことありませんか?郵便局の簡易保険なら、1. 75%~6%という低利でお金が借りられます。 では、利用方法、注意点をくわしく見てみましょう。 そこには「保険契約者」「被保険者」「保険受取人」の3人の名前が書いてあるはずです。 お金を借りられるのは、 「保険契約者」です。 つまり、親( 契約者)があなた( 被保険者)にかけている保険があったとしても、お金を借りられるのは親で、あなたは借りられません。 簡保の申し込みをした郵便局でなくても、全国どこの郵便局でも手続き出来ます。 簡保カードを使えば、次回からの貸付もATMですることが出来ます。 また、郵便貯金のキャッシュカードと簡保カードが一枚になった 共用カードもあります。 え、こんな低金利?次のページでご紹介します。

次の