シルク ドゥ ソレイユ 解雇。 【シルク・ドゥ・ソレイユ】解雇!屋比久嗣孝と日本人メンバーは?

シルクドソレイユ、相次ぐ公演中止で4700人のスタッフを解雇

シルク ドゥ ソレイユ 解雇

Contents• シルク・ドゥ・ソレイユの年収やギャラはどれくらい? 世界的に人気がある「シルク・ドゥ・ソレイユ」。 動物などを使わず、人間のなせる技だけで観客を魅了するサーカス劇団です。 といってもパフォーマーは、並大抵の人間ではないというのはみなさんご存知の通りですよね。 パフォーマーの中には元オリンピック選手も多くいます。 現役を引退した後もその身体能力を生かせる場所があるというのは、パフォーマーだけでなく、私たち観客も嬉しいものです。 そんなシルク・ドゥ・ソレイユの年収やギャラって、どれくらいなんでしょうか? やはり選ばれし人間だけが集まっているので、お給料も高いんでしょうか。 シルク・ドゥ・ソレイユはチケットが高いから、社員はお給料がかなりいいと思っている人も多いようですが、実際のところはどうなんでしょうか。 舞台セットや衣装などにもお金がかかっているでしょうしね。 調べてみたところ、パフォーマーとして公演に出ている人でもピンからキリまで年収が違うようです。 トップレベルの人なら年収1500万円くらいだったり、同じ年齢のサラリーマンと同じくらいだったり、貯金を切り崩さないと生活できないくらいの人も…。 やはりレベルに応じた給与体系なんでしょうね。 その代わり、待遇がかなり良いとか! 住むところは提供されているし、医療費が無料だったり保険が充実していたりと、サポート体制もしっかりしているようです。 そりゃ世界トップレベルの人たちが集まる場所ですからね! 何より体調管理は万全な体制にしておくことは重要です。 また、待遇や環境うんぬんではなく、世界的に人気な「シルク・ドゥ・ソレイユ」のステージに立てること自体が名誉なんでしょうね! ただ「シルク・ドゥ・ソレイユ」は公演ごとに一年〜二年契約となっていて、更新している仕組みなので、その間の年収がもし低かったとしても、それ以上のものが得られるんだろうことは素人でも想像できますね。 95%の4700人を解雇とのことですから、かなりの人数が所属していることがわかります。 新型コロナウイルス問題が終息したら、シルク・ドゥ・ソレイユはこの4700人を再雇用するんでしょうか? また、この4700人は突然解雇されて大丈夫なんでしょうか。 この雇用に関してですが、日本の雇用体系の考え方とは違うんですよね。 カナダを含む欧米では、解雇は比較的簡単に言い渡されてしまいます。 が、その分採用も容易にされやすいため、解雇されても「そういうもの」だとして受け入れられているんですね。 そもそもシルク・ドゥ・ソレイユの団員達も、普段はダンサーやインストラクターとして働いていて、シルク・ドゥ・ソレイユの「社員」ではないんです。 普通の会社員とは違うんですよね。 公演ごとに世界中から参加できる人たちが集まるというスタイルは、まるで契約社員のような感じです。 そう考えると、今回解雇されても何もおかしくはないのかな、という気がしてきますよね。 ですが、人一倍の努力をして頑張って雇用されたわけなので、解雇されてしまったらやはり悲しいですよね。 また、いくら一流のパフォーマーが集まったとはいえ、仕上げるまでにかなりの時間と膨大なお金がかかってきたはず。 それなのに再開して「また一からやり直す」ってなると大変ですよね。 もしかすると、解雇前に「身体能力や体型などがキープできていれば再雇用します」といった条件契約がされている可能性はあるのではないかと思います。 そりゃ当然ですよね、日本では解雇される=死活問題です。 「簡単に解雇、簡単に採用」の欧米とは真逆で、日本の場合は「採用までが大変だが、採用されたら簡単に解雇されない」ですからね。 ある意味守られているのかな、とは思いますが…。 ネット上の声はどうなのかというと、• 休業中の保障の支払いをしなくてすむように解雇したのかな• 日本も今後、人員削減されるかもしれない• 日本も再就職を簡単にできるようにすればいいのに。 こういうイベント業って、先の見通しが立たないというのが一番辛いですよね。 シルクドゥソレイユを皮切りに、今後も解雇が増えそう• 解雇というか、いったん解散し各々で生活していって、またみんなで集まろうという感覚なのかも• 再開するときは、ぜひ今のパフォーマーを優先して採用してほしい などと、やはり大々的な解雇に驚きが隠せない感じです。 また、このような解雇ニュースをきっかけに日本でも解雇されだしたらどうしよう、と心配の声もありました。 日本の場合は再就職がけっこう難しいですし、簡単には解雇しないでほしいですね。 新型コロナウイルスで企業も打撃を受けている状態なので、いま解雇されると採用が普段よりも大変な状況であることは明らかですしね。 そこでシルク・ドゥ・ソレイユの年収やギャラ、解雇されたけれど再雇用はあるのか?について調べました。 またシルク・ドゥ・ソレイユが再開される日が来るのを祈りたいですね。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

スタッフの95%を解雇「シルク・ドゥ・ソレイユ」破産申請浮上の衝撃!

シルク ドゥ ソレイユ 解雇

Contents• 【シルク・ドゥ・ソレイユ】の日本人メンバー 5人のメンバーのSNSを調べてみました。 屋比久嗣孝・屋比久友子の現在は? この投稿を見ると 屋比久嗣孝さん と屋比久友子さんは、 2020年1月27日に帰国していたようです。 その後出国したかはわかりませんでした。 見島良拓の現在は? 見島良拓さんは、2020年2月21日に8年前の思い出を投稿。 大晦日には2019年を振り返り、 しっかり縄を跳べた とコメントしています。 谷澤 潤の現在は? 谷澤潤さんは、2020年3月7日にパフォーマンスの動画をアップしています。 橋本昌和 の現在は? ビッツ・ラウンジより 「VOLTA」の見どころについての取材に、 例えミスをしてしまった後でも、観客の心を掴むような一生懸命さだったり、諦めない気持ちだったり、いつでも100%のものを見せられるようにしていきたいですね。 ビッツ・ラウンジ 橋下昌和さんについてはSNSはみつからず、数年前の取材のコメントをお借りしました。 パフォーマンスの見どころや目標を語っていました。 【 シルク・ドゥ・ソレイユ 】公演再開に備え RAFU SHINPOHyori シルク・ドゥ・ソレイユ は解雇しなかった5%のスタッフで今後の再開に向けての企画をするといっています。 この5%に日本人が含まれる可能性はかなり低いといえるでしょう。 シルク・ドゥ・ソレイユ とは? シルク・ドゥ・ソレイユ は、1984年にカナダのケベック州で設立したエンターテイメント集団、及びそれを管理する会社です。 この内訳をみるもともとはカナダのサーカス団ですが、残ったスタッフはアメリカ人が多いのかもしれません。 シルク・ドゥ・ソレイユ のHPには、 コロナウィルスの感染予防に関して、 観客のため、パフォーマーのため 様々なことをしてきました。 と書かれていました。 日本人メンバーについての情報を待ちたいと思います。 【シルク・ドゥ・ソレイユ】解雇!屋比久嗣孝とメンバーは?まとめ 【 シルク・ドゥ・ソレイユ】の日本人メンバーのSNSは 谷澤潤さんの2020年3月7日の投稿が直近のものとなっていました。 日本人メンバーの今後が気になります。 コロナウィルスの早い終息を願わずにはいられません。 最後までおつきあいいただき ありがとうございました。

次の

【シルク・ドゥ・ソレイユ】カナダのサーカス劇団「シルク・ドゥ・ソレイユ」がスタッフの95%に当たる4700人を大量解雇 新型コロナウイルスの感染拡大により各地の公演が相次いで中止に

シルク ドゥ ソレイユ 解雇

シルク・ドゥ・ソレイユ 解雇がヤバイ! 高い芸術性で世界的な人気を誇るカナダのサーカス劇団「シルク・ドゥ・ソレイユ」は19日、新型コロナウイルス感染拡大で各地の公演が相次いで中止となったことを受け、ダンサーを含めスタッフの95%に当たる約4700人を解雇すると発表した。 一体何人のメンバーを解雇する形になったのでしょうか。 それでは、「シルク・ドゥ・ソレイユ 解雇」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。 こちらが記事の詳細です。 【ニューヨーク共同】高い芸術性で世界的な人気を誇るカナダのサーカス劇団「シルク・ドゥ・ソレイユ」は19日、新型コロナウイルス感染拡大で各地の公演が相次いで中止となったことを受け、ダンサーを含めスタッフの95%に当たる約4700人を解雇すると発表した。 同劇団は「極めて難しい決断だが、他の選択肢はない」と表明した。 残るスタッフは、公演が再開されるときに備え、企画などの業務を続ける。 当たり前だろうね。 雇われ側だと人に生活を託してる事だからリスクは高いよね。 他の企業もいつリストラにあってもおかしくない。 そうなってからじゃ遅いから今のうちから学ぶ事よね。 やはり各地で新型コロナウイルスの影響が大きく出ているようです。

次の