キヤノン の 株価。 キヤノン (7751) : 株価/予想・目標株価 [CANON]

キヤノン【7751】の日々株価(日足)|時系列データ|株探(かぶたん)

キヤノン の 株価

参照: カメラ、事務機器の最大手。 ミラーレスカメラが注力。 半導体・液晶露光装置、監視カメラも展開。 イメージングシステム分野は、カメラ・一般家庭用のインクジェットプリンターが主な商品です。 メディカルシステム分野は、CT・超音波診断装置・MRI装置等です。 2015年に東芝から全株式が譲渡されキャノンのポートフォリオに加わりました。 産業機器その他は、半導体露光装置・FPD露光装置・有機ELディスプレイ製造装置・ネットワークカメラを展開しています。 キヤノン配当金の推移 キヤノンは高配当が続く。 2016年:150 円 2017年:150 円 2018年:150 円 2019年:165 円 2020年:160 円(会社予想) 株価に対して配当が高い傾向です。 配当が高いことは良い面もありますが、企業が営業CFを出し、投資を行えているか注意が必要です。 直近の株価の推移を見ると、株価は低迷気味です。 経常利益の推移 2020年は増益予想 2016年:2,446 億円 2017年:3,538 億円 2018年:3,628 億円 2019年:1,957 億円 2020年:2,450 億円(会社予想) 2020年3月6日時点の情報で、コロナショックの影響を含んでいません。 2019年の減益は、比較的好調だった国内カメラ需要の減少が影響しています。 減益の状況からどこまで立て直せるか注目です。 財務状況 自己資本比率:56. 93円 流動比率:192. 2% 財務状況としては、問題ありません。 有利子負債自己資本比率は比較的低く、流動比率も問題ありません。 キヤノンの株主優待 キヤノンの株主優待は特にありません。 キヤノンの今後 キヤノンの課題は現状のビジネスモデルからの変革です。 現状のオフィス分野がポートフォリオの多くを占めていますが、複合機・レーザープリンターが今後もこのまま好調にいくとは限りません。 更なるペーパーレス化でも収益を出すか課題となりそうです。 また、近年一般市場向けのカメラもスマートフォンのカメラ性能向上により、低迷しつつあります。 東芝から買収したメディカル分野、そして産業機器分野のへのシフトが進められるかがポイントです。 まとめ キヤノンの事業は比較的好調です。 今後はメディカル・産業機械の事業分野で成長できるかが鍵です。 比較的高配当の銘柄ですが、2019年の大幅減益を考慮すると今後も配当を出し続けられるかが疑問です。 結論として、高配当銘柄と言えます。 しかし、買いとは言えません。

次の

[7751]キヤノンの株価・配当金・利回り ~安定度抜群の高配当株~

キヤノン の 株価

【結論】キヤノンの株価診断結果 この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割安と判断され、また相対比較でも割安と判断されます。 結果、現在の株価は「割安」と結論付けました。 但し、この銘柄の株価が「3,036. 0円」を超えると割高圏内に入ります。 なお、この銘柄は相対比較において割引評価される傾向にあり、理論株価はその点を考慮して算出されております。 加えて、が一倍割れなことから将来のキャッシュフローが悪化する見通しの場合を除き、長期的には下値リスクの軽減から買い圧力が高まる可能性があります。 このように、この銘柄は現在の株価水準において割安と判断されますが、この結果は必ずしも今後の株価の上昇を示唆するものではありません。 投資判断においては、株主還元関連事項を中心に、企業や外部環境の動向に注視してください。 みんかぶリサーチによる株価診断。 現在は【割安】 理論株価 3,036円 と判断されており、結論に至った経緯と要因を、過去比較、相対比較、業績推移の視点から説明しています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

【キヤノン(7751)の株価分析】高配当利回りな優良・大型株だが、業績の先行きに注意

キヤノン の 株価

現在は【買い】 予想株価 2,840円 と判断されています。 「予想精度推移チャート」では、独自に集計した予想精度実績値を時系列で閲覧できます。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の