違法だよ あげるくん。 「違法だよ!あげるくん」の狙い~民放局が取り組む違法配信撲滅キャンペーン~(後編) / Screens

「違法だよ!あげるくん」の狙い~民放局が取り組む違法配信撲滅キャンペーン~(後編) / Screens

違法だよ あげるくん

foredooming. foredooming. youtube. twitter. tiktok. tom gmail. com Administrator Anime Movies 検索: 人気動画ランキング• 動画一覧• 135• 2,491• 1,888• 603• 1,468• 1,468• 1,287• 300• 913• 746• 746• 3,058• 2,382• 115• 181• 314• 242• 242• 588• 588• 3,752• 106• 218• 3,428 お気に入り一覧• Your favorite page is not registered. 最新動画•

次の

違法動画が絶えない理由とは?~民放局が取り組む違法配信撲滅キャンペーン~(前編)|Screens|映像メディアの価値を映す

違法だよ あげるくん

このCMは、テレビ番組などを許諾なく動画投稿サイトなどにアップロードして公開する「違法配信」について、認識を深めてもらうことを目的に日本民間放送連盟が放映しているものです。 近年、深刻化しているのが無断アップロード・違法ダウンロードの問題です。 インターネット上で、権利者に無断でアップロードされた漫画などを無料で公開する海賊版サイトによる被害の拡大を受け、改正著作権法が2020年6月5日の参議院本会議で可決・成立しました。 現行の著作権法では、違法ダウンロードの対象を、映像・音楽としていましたが、漫画や小説、論文などを含む著作物全般に拡大。 2021年1月1日から施行され、海賊版と知りながらダウンロードする行為は違法となります。 悪質な場合には、刑事罰も科されます。 また、違法にアップロードされた著作物へのリンク情報を掲載し、海賊版に誘導する「リーチサイト」の規制も盛り込まれています(2020年10月1日に施行)。 改正により、どのような行為が違法となるのでしょうか。 罰則は。 弁護士の得重貴史さんに聞きました。 漫画や文章、写真などコンテンツ全般が違法の対象に。 有償コンテンツで、継続的・反復して行われた場合は2年以下の懲役・200万円以下の罰金 Q:著作権法が改正された背景は何ですか? -------- 改正のきっかけは、海賊版サイトによる被害の拡大です。 また、リーチサイト「はるか夢の址(あと)」では、2017年に摘発されるまでの1年間で約731億円の損失があったとされています。 摘発されたサイトが閉鎖後も海賊版サイトは多数存在し、アクセス数上位10サイトの利用者数は、月間のべ6500万人と言われています(データは文化庁「著作権法及びプログラムの著作物に係る登録の特例に関する法律の一部を改正する法律(説明資料)」より)。 摘発が抑止力となっていないことから、サイト自体を規制し、あわせて個人ユーザーによる違法ダウンロードを規制することで、海賊版サイトによる被害減少につなげる目的があります。 Q:改正の大きな柱となるのが、著作物全般を対象としたダウンロードの規制です。 具体的にはどのような内容ですか? -------- そもそも著作権法では、著作権物の複製は違法です。 複製の例外として、個人の私的な利用を認めていました。 私的利用の例外として、すでに、違法にアップロードされたことを知りながら音楽や映像をダウンロードする行為が違法とされています。 今回の改正で対象を広げ、漫画や文章、写真などコンテンツ全般を、違法にアップロードされたと知りながらダウンロードする行為が、私的利用でも違法となります。 違法なアップロードだと知っていたかどうかの立証は難しいですが、いわゆる海賊版サイトからのダウンロードは「知っていた」と認定される可能性が高いです。 例えば「YouTube」は、著作権者から許可された正規のコンテンツも多く掲載されており、違法とはなりにくいでしょう。 一方、海賊版サイトは、違法なコンテンツしか掲載されておらず、常態化している、などの特徴があります。 Q:特に悪質なダウンロード行為には、罰則も科されました。 具体的にはどのような行為が悪質と判断されるのでしょうか。 罰則の内容は? -------- 刑事罰の対象となるのは、もともとコンテンツが有償で提供されており、継続的、反復してダウンロードが行われた場合です。 権利者による告訴が必要な「親告罪」で、2年以下の懲役・200万円以下の罰金が科されます(併科も可)。 民事上では、無償・有償に関わらず、損害賠償請求が可能です。 ただし、次のような事例は対象外とされ、違法となりません。 一方、1話の半分程度は違法となります。 <質> サムネイル画像。 違法となるのは鮮明なイラスト、高画質の写真などです。 ただし、作り替えた本人の許諾を得ず、第三者がアップロードしたものをダウンロードすると違法になります。 Q:利用者に違法ダウンロードを誘導するサイト「リーチサイト(アプリ)」の規制も含まれ、2020年10月1日から施行されます。 どのような内容ですか? -------- リーチサイト(アプリ)とは、権利者の許可なく、違法にアップロードされた映像や漫画などのコンテンツに利用者を誘導する掲示板型のサイト(アプリ)です。 サイト自体に著作物が掲載されるのではなく、違法にアップロードされた著作物へのリンク先が多数掲載されています。 違法にアップロードされた著作物のリンク先を掲載した「リンク提供者」には、3年以下の懲役・300万円以下の罰金が科され、リンク情報を掲載したサイトを設置・運営する「サイト運営者(アプリ提供者)」には、5年以下の懲役や500万円以下の罰金が科されます。 いずれも併科が可能で、厳罰と言えるでしょう。 Q:今回の改正で、海賊版を扱うサイトは減少すると考えられますか?また、ユーザーとして注意すべき点をお教えください。 -------- 海賊版サイトに対する、ある一定の抑止効果が期待できます。 文化庁によると、音楽・映像の違法ダウンロードにおいても、2012年に刑事罰化されて以降、ファイル共有ソフトにおける「有償著作物等」と考えられる音楽・映像ファイルが、大幅に減少したといいます。 また、2019年に、運営者らに対する実刑判決が下されたリーチサイト「はるか夢の址」の裁判では、そもそもリーチサイトが著作権法違反にあたるかどうかが議論となりました。 改正により、はっきり違法と示されたことで、摘発がよりスムーズに進むと考えられます。 何よりもまず知ってほしいのは、漫画などの著作物を創作した人は、下調べや取材なども含め、相当なエネルギーを費やし、作品を生み出しているということです。 本来、その作品を読むには対価が必要です。 リーチサイトなど海賊版サイトは違法です。 定額制で読み放題になる「サブスク(サブスクリプションサービス)」などでないにもかかわらず、コンテンツのすべてが無料で読み放題になるサイトは「問題があるかもしれない」と、一度立ち止まってください。 作者は作品により、社会的な評価を受け、生活しています。 海賊版の利用は、作者の生活を追い込み、今後良い作品を生み出し続ける可能性を奪うことにもつながります。 一人一人が、自分の好きな作品を応援する気持ちをもち、正当な手段でコンテンツを楽しんでほしいですね。

次の

違法だよ! あげるくん 詰め合わせセット 日本民間放送連盟

違法だよ あげるくん

放送番組が不正にアップロードされる違法行為は放送事業者にとって悩ましい問題である。 対策のひとつとして実施しているのが日本民間放送連盟(以下民放連)による「違法配信撲滅キャンペーン」である。 6年目に入った今年度は新啓発スポット『違法だよ!あげるくん』を展開し、特にインターネットのカジュアルユーザーに向けて、「どのような行為が違法となるのか」を具体的に表現している。 この取り組みによって、どのような効果が期待できるのか? に続き、民放連の知財委員会知財専門部会不正流通対策部会主査を務める品田聡氏(日本テレビ)と、民放連で放送番組の不正流通対策に取り組む前田優子氏、同キャンペーンのクリエイティブディレクターである博報堂中野仁嘉氏と川辺圭氏の4人に話を聞いた。 (本文以下、敬称略) 前田氏:2014年度以前は民放連としては違法動画について情報を共有する程度で、直接の対策は全国の加盟社各社にお任せしていましたが、著作権を担当している民放連の知財委員会の席で、「各社の取り組みだけでは足りない。 民放連としても対応を強化して欲しい」という意見が出たことから、キャンペーンの取組みを始めた経緯があります。 また、警察など、違法動画を取り締まる機関に各社が「違法のアップロードを摘発、検挙してください」とお願いするたびに、「業界としても周知を徹底して欲しい」と言われていました。 こうした背景もあり、取り組んでいます。 前田氏:過去5年間にわたって実施したキャンペーンCMはドラマ仕立ての2シリーズ。 どちらも遠藤憲一さんにご出演いただきました。 「違法アップロードの言い訳」編では、刑事役の遠藤憲一さんに違法アップロードした人がアップロードした言い訳を述べていくものになります。 例えば、「これが違法行為になるとは知らなかった」「好きなアニメ作品をアップロードし、見逃した人に褒められたかった」といった理由を挙げていました。 そして「それ違法です」というフレーズを使って、放送番組を無断でアップロードするのは違法であることをダイレクトに知らしめるものでした。 2作目は学校が舞台。 遠藤憲一さんに先生役を務めてもらい、生徒役に対して「10年間の懲役、1000万以下の罰金、またはその両方」という厳しい刑罰が下されることを伝えました。 制作幹事社はフジテレビが担当し、制作会社も贅沢な布陣でクオリティの高いCMを展開できたと思っています。 独自のインターネット調査ではCMの認知度が高いことがわかりました。 遠藤憲一さんをはじめ、皆さんの成果によるものです。 タレントを起用するものより、アニメキャラクターは使い勝手が良いという利点があります。 長きにわたって訴求しやすいものになるのかと。 違法行為をする人に対して周囲が「あげるくんだね」と、ダサい名前で呼ぶようになれば、やりたくなくなるのではないかと思います。 実は「あげるくん」のキャラクターイメージは、仮に例える存在でいうと「のび太」です。 「のび太」になりたくないし、言われたくない。 そんな風に「あげるくん」と絶対に言われたくないことが浸透していって欲しいという思いがあります。 」とたしなめるシリーズから展開されています。 どのようなメッセージを伝えるものになりますか? 前田氏:「無断アップロード」 「SNS」「バレるから」篇の3パターンの中で、SNS篇が個人的には気に入っています。 お笑い番組をスマホで撮影し、SNSで拡散することは違法であることが端的にわかります。 これは実際に使われている手口です。 過去に埼玉県警が動画投稿サイトに番組をアップロードした5人を摘発した実例ではiPadでテレビ画面を撮影し、動画投稿サイトにアップロードした人がいました。 前田氏:6月から民放連会員である138局のテレビ局で、啓発スポットCMを集中放送しています。 地方局をはじめ、BSや一部CS放送も含まれます。 また各社が放送番組を正規に配信するサイトでも使ってもらっています。 民放連では公式オフィシャルサイトを中心に展開中です。 メディア展開のすそ野を広げていければ、いろいろな層に関心が持たれます。 ウェブメディア展開も検討していきたいと思っています。 どのような反響がありますか? 川辺氏:Twitter上で実際に使われているものをみました。 違法アップロードした人に対して「違法だよ、あげるくん」と指摘していたものでした。 これは狙い通りの反響です。 前田氏:反発したご意見は今のところありません。 オフィシャルサイトに届く声は好意的なものばかりです。 「あげるくんのCMに共感を持った」という感想もあり、好評を得ています。 品田氏:啓発活動を今後も継続的に実施し、より強化していきたいと思っています。 一方で技術革新が日々起こっているなかで、それに応じた対策が必要になります。 そのために、いろいろな立場にある方との対話や協力が重要です。 我々の取組みが放送ビジネスの今後の発展に繋がる一助になればと思います。 前田氏:業界団体としてもこうした活動を長く続けていく必要があると認識しています。 規模や手法は変わっていくかもしれませんが、啓発の取組みを当面は続けていくべきだと考えています。 「あげるくん」の啓発スポットを大いに活用しつつ、展開していきたいです。 中野氏:博報堂としては違法アップロードの環境に合わせて、生活者の目を持ちながら、クリエイティブをチューニングしていくことが役割にあると思っています。 川辺氏:「あげるくん」については、小学生が使える下敷きなどグッズ展開やLINEのスタンプ展開なども可能になれば、効果は広がっていくでしょう。 現在、3話まで展開されている「あげるくん」はまだ捕まっていません。 シーズン2を制作することになれば、「捕まる」篇を作りたいです。 実際に摘発の実例が増えることで、「本当にヤバイ」ということになり、撲滅に繋がっていくと思います。 前後編にわたってお伝えした放送事業者が加盟する民放連の取組みは、違法配信撲滅に繋げていくことだけが目的ではない。 権利者に適正な収益を確保し、結果、放送番組の質を高めていく循環を促すものにもなる。 つまり、違法動画の蔓延のつけは視聴者にも返ってくる。 「あげるくん」という新たな啓発スポットが抑止力になることに期待したい。

次の