チョコレート ファイター。 INTRO

映画『チョコレート・ファイター』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

チョコレート ファイター

チョコレート・ファイターのネタバレあらすじ:承 ジンは安全な環境で、一人で子供を産み育てようと決意します。 やがてジンは無事に女の子の赤ん坊を出産、「ゼン」と名付けますが、赤ん坊は生まれつき脳の発達障害を患っていました。 我が子の行く末を案じるジンでしたが、ゼンには知らず知らずのうちに、自分の目で見た様々な格闘術を一瞬で習得できる能力と驚異の身体能力を身につけていました。 ゼンは近所のジムでムエタイの練習光景を眺め、テレビでカンフー映画を観ながら成長していきました。 チョコレート・ファイターのネタバレあらすじ:転 そして現在。 ゼン(ジージャー・ヤーニン)は美しい女性に成長していました。 しかしある日、母ジンが病に倒れ、白血病と診断されてしまいます。 ゼンは母の高額な治療費を稼ぐため、幼馴染みのムン(タポン・ポップワンディー)と共に路上パフォーマンスを行い小銭を稼ごうとします。 しかし、それでも金が足りないゼンは、かつて母がマフィア時代に金を貸していた相手から借金の取り立てを強行していきます。 しかし、彼女の行動は、街を仕切るナンバー8の知るところとなってしまったのです。 チョコレート・ファイターの結末 ナンバー8からの脅迫されたジンは、日本にいるマサシに手紙を書いて助けを求めようとしますが、それすらもナンバー8の知るところとなってしまいます。 ナンバー8の一味はムンを拉致し、ジンとゼンをおびき出そうと画策します。 ゼンはムンを助け出すためナンバー8のアジトに乗り込み、その類まれなる格闘能力で次々と一味の手下たちを倒していきます。 そしてマサシも日本から駆け付け、ジンとゼンのために刀を抜いて立ち向かいます。 しかし、激しい死闘の末にマサシを庇ったジンは殺されてしまい、マサシも重傷を負ってしまいます。 怒りを爆発させたゼンはナンバー8との激闘に挑み、屋上まで追いつめた末に打ち破ります。 数日後、ゼンとマサシは、ジンを失った哀しみを抱えながら、共に海沿いを歩いていました。

次の

チョコレート・ファイターとは

チョコレート ファイター

常識破りのナチュラル・ファイト 『マッハ!!!!!!! 』『トム・ヤム・クン!』に続き、プラッチャヤー・ピンゲーオ監督がスタント・CG・早回しの一切を排して製作したムエタイ・アクション、約2年ぶりに発表された今回の作品『チョコレート・ファイター』は14歳の少女が主人公だ。 しかしその母親が白血病に罹り、莫大な費用が必要になる。 少女は治療費を得るため、以前母が筋者に貸していた金を回収しようと奔走する。 己の天才的な身体能力を武器に、ゼンは彼らに立ち向かうのである。 並みいる格闘映画の多くは男性が主役を張っている。 伝説的アクションスターたちが魅せてきた、鋼の肉体から繰り出される一撃はたしかに息を呑むような迫力だ。 しかし、華奢であどけない顔の少女の格闘シーンは、私に今まで以上に格闘本来の美しさを再認識させてくれた。 彼女が未知の敵に立ち向かう時、相手の動きを流れとして視界に捉え、その動きを我がものとして一気に相手を上回り圧倒する。 その勢い、小気味よさ。 言葉の要らない純粋な格闘の連続、これこそアクションだ!と思わず喝采を叫びたくなるような衝動に駆られる。 有名カンフー映画、ムエタイ映画のアクションスターも真っ青の動きでゼンは敵を次々となぎ倒していく。 この光景を前にして、私の中で肉躍るほどの興奮が呼び起こされる。 なぜだろうか。 ゼンは格闘のスキルをテレビから学ぶ。 ブルース・リー、トニー・ジャー、超人的な能力を持つヒーローたちを彼女はブラウン管越しに見つめている。 さらに、彼女の闘う理由が私心からではなく他ならぬ母の病気を治すためというくだりは、もはや観客を放ってはおくまい。 単純ながらにして、これほど人を虜にするエピソードも他にはない。 アクション映画を観る主人公ゼンは、相対的に私たち観客と同じ立場に立つ。 本作は、畳みかけるように彼女が「こちら側」の人間だと強調する。 そのために私たちは彼女に親近感を抱いてしまうのだろう。 もちろんエンドロールでは、数限りないリテイクとともに出演者の絶え間ない生傷が映しだされ、結局最後には観客は夢から引き剥がされる。 しかしその恐るべき身体能力を措いてもやはり、格闘から縁遠いはずの「少女」が、「テレビを見て」格闘のスキルを身につけ、「家族のために」その能力を発揮することに、私は強く惹きつけられていく。 しかしここで忘れてはならないのが、少女ゼンの格闘を前にして残る多少の違和感だ。 これまで私にとっての格闘映画は、アクションの迫力に心酔することが中心だった。 だが彼女を見ていると、なぜこんな動きができるのか、どうやってこんな動きをしているのか、と微かな疑問が頭にちらつく。 ローキックからハイキックへの敏速な移行、2人目に瞬時に向き合う時の体重移動など、格闘の仕方そのものに関心が向いてくる。 無論私がゼンのマネなどできるわけがないのだが、この視点で「追いつこう」とする彼方にある彼女の超人的かつ華麗な格闘は、観る者の中に一層の歓び生み出すのである。 そのようなゼンの戦いの中でもっとも魅力的なのは、トーマスと呼ばれる男との対戦だ。 必ずしもこのシーンがクライマックスではないが、私はここを一番の見どころに挙げたい。 強い癖のあるトーマスの動きに、ゼンは初め対応できない。 首を2度左に振って犬のように吠え、右腕を強く震わせる間からは、虚を突くようにカポエラの足技が飛び出す。 何度も吹っ飛ばされてやっと彼女の視界に映るのは、残像の残る彼の姿である。 そして彼の反撃をかわしクリティカルな 一撃を喰らわすその一連の動きは、私を熱狂させるには十分すぎる程だった。 その人物特有の動きを織り交ぜたアクションの数々、人間の本能までも動員する超人的なやりとりがこんなにも面白いのかと思わしめるシーンである。 しかし、残念なことに本作は期待するほどに日本では注目を浴びることがないのではないだろうか、と心配にも思う。 すでに日本でのムエタイブームは、『マッハ!!!!!!! 』『トム・ヤム・クン! 』で過ぎてしまったのだろうか。 あるいは、そもそも主人公の設定が問題視されるからだろうか。 主人公・ゼンは生まれつき脳の発達の遅れである自閉症を持っている。 本作品があまり注目を浴びないままソフト化されていくのがあまりに口惜しい。 前作・前々作に続く傑作アクションである。 ぜひご覧いただきたい。 2009. まだ気候は温和でしのぎやすく、ほどよい涼しさであった。 したがって市民はまだまだいくばくかの希望をもっていたわけだった。 彼らがこ... まだ気候は温和でしのぎやすく、ほどよい涼しさであった。 したがって市民はまだまだいくばくかの希望をもっていたわけだった。 彼らがこ... アクションの凄さとかは、撮影現場を経験された阿部 寛さんの熱い語りや、 他... CGを使わないだのワイヤーアクションを使わないだのと謳... マサシの帰国後、ジンはゼンという女の子を出産した。 美しく成長したゼンは、自閉症... を見て以来 チョコレート・ファイターに比べると・・・という 比較意見が多いのでKG空手ガールと一緒にチョコレート・フ...

次の

『チョコレート・ファイター』ネタバレ映画感想/アクション解説

チョコレート ファイター

映画『チョコレート・ファイター』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。 各サービスには 2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。 配信状況により無料ではない場合があります。 チョコレート・ファイター 評価• 点数: 70点/100点• 日本側が手を引くことによって事態は収集したかに思えたが、あろうことかヤクザのマサシ(阿部寛)が現地マフィアのボス・ナンバー8の交際相手であるジンと恋に落ちてしまう。 事態が悪化することを避けてマサシを帰国させるジンだったが、実は彼女はマサシとの間に子を授かっていた。 そして、ジンは安全な環境で子を育てるためにマフィアの世界から離れることにする。 無事に産まれた娘にゼン(ジージャー・ヤーニン)と名づけ大切に育てるジンだったが、ゼンには脳の発達障害があることを医者から告げられる。 だがゼンは、様々な格闘術を一度見ただけで体得できるほどの動体視力と身体能力を併せ持っていた。 数年後、ゼンの幼馴染みであるムンは、ジンが白血病を患っていることを知る。 治療費を稼ぐためにゼンの能力を利用した路上パフォーマンスを行うゼンとムンだったが、それだけでは治療費に遠く及ばないことを知り、あることを思いつく。 それは、かつてジンがマフィアにいた時代に金を貸した相手から取り立てを行うというものだった。 チョコレート・ファイター 結末・ラスト(ネタバレ) 金を返さないどころか力ずくで追い返す男たちに怒りを覚えたゼンは、母を救うため、能力を活かして男たちを倒し強制的に金を回収する。 だが、そんなことを続けるうちに、いつしかゼンの行動がナンバー8に知られるようになる。 ナンバー8からの脅迫により事態を知ったジンは日本にいるマサシに助けを求めて手紙を送ろうとするが、それさえもナンバー8に知られてしまう。 ジン達の行動が気に入らないナンバー8はムンを誘拐してジンとゼンを呼び出し、マサシを挑発して決着をつけようと画策する。 ムンを取り戻しにナンバー8のアジトに乗り込んだゼンは、その格闘能力を駆使して手下や幹部たちを次々と倒していく。 そして、ジンとゼンを救うため、マサシもアジトへと現れる。 死闘が続く中、マサシをかばって刀で刺されてしまったジンは命を落とし、マサシも重傷を負う。 怒りが最高潮に達したゼンはナンバー8を屋上まで追い詰めて、ついに倒す。 数日後、ジンを失ったゼンとマサシは、互いを気遣うように海沿いを歩いていた。 チョコレート・ファイター 感想・レビュー(ネタバレ) 映画『チョコレート・ファイター』について、 感想・レビュー・解説・考察です。 アクションがすごければ、正直ストーリーなんて気にならない。 この映画においてもそれが言える。 ストーリーなんてあってないようなもの。 ご都合主義当たり前!それがアクション映画だ。 だからと言って、制作側がそこに甘んじてはいけないと思う。 映画は観る人がいないと成り立たない。 その人達を満足させるためにストーリーラインにも細心の注意を払ってもらえれば、何倍も楽しめる映画になったはずだ。 アクションありきのストーリーではなく、ストーリーありきのアクションが観たかった。 それはさて置き、アクションだ。 これは感動ものだった。 主演のジージャー・ヤーニンは、どことなく元AKBの前田敦子にも似ている美少女なのだが、その美少女が鋭い蹴り技や棒術を駆使して強面の男たちをバッサバッサと倒していく。 言葉はいらない。 ただただ、カッコイイ。 スタント?CG?ワイヤー?この子には必要ない! この美少女が披露するアクションの数々が、スタントもCGもワイヤーも使っていないというから驚きだ。 本気度が伺える。 アクションに関しては文字通り、命がけで挑んでいる。 エンドロールでNGシーン集が流れるのだが、ジージャー含め多くの出演者がケガをしている。 主演女優にケガをさせるなんて日本では考えられない。 だからこそ、この映画のアクションはリアリティーがあって頭を空っぽにして楽しめる。 そして、アクションスターへのオマージュも忘れていない。 著作権の問題で映像は出せなかったようだが、ゼンがブルース・リーを真似るシーンは鳥肌が立った。 カッコ可愛いなんて言葉が一時期流行ったが、この言葉は彼女のためにあるようなものだ。 本物のアクションを求めている人には是非観てほしい作品だ。 チョコレート・ファイター まとめ これまでアクション映画といえば、骨太な男たちが闘う映画が主流だった。 だが今作では、か細い美少女が誰もが驚くアクションを見せてくれる。 この映画で気づいたのだが、足技を用いたアクションは女性の方が映像栄えする。 もちろん、ジージャーほどの身体能力があればの話だが。 設定上の細かい粗が気になる人には不向きかもしれないが、そうでない人にとっては純粋にアクションだけを楽しめる作品となっているため、ジージャーの足技を見てほしい。 余談だが、マサシ役の阿部寛も刀アクションで頑張っている。 『』に先駆けて、全裸のサービスショットもきちんと用意されているので、ファンの方は是非。

次の