きん ぐぬ ー 常田。 King Gnu新曲『泡(あぶく)』サーバ・ヴィンチ時代の音源が原曲、映画『太陽は動かない』主題歌に

King Gnu新曲『泡(あぶく)』サーバ・ヴィンチ時代の音源が原曲、映画『太陽は動かない』主題歌に

きん ぐぬ ー 常田

「詩は歴史性に対して垂直に立つ」とは、小説家・稲垣足穂の言葉だが、いま、この時代の波のなかに垂直に突き刺さるようにして立っているKing Gnuというバンドは、その存在自体がまるで一篇の詩のようである。 実際、いまの彼らは他のどんなバンドとも違う独特の「詩性」のようなものを纏っているように思える。 その詩性は熱狂となって、いまを生きる他の誰かへ、詩から詩へと伝播していく。 バンドの首謀者・常田大希が「Srv. Vinci」を結成、メンバーチェンジを経て、去年4月に「King Gnu」へと改名し本格的なスタートを切ってからというもの、彼らは破竹の勢いで活動規模を広げている。 King Gnuは、いままさに熱狂の渦の中心にいるバンドだ。 そして、そこにいることは、彼ら自身が望んだことでもある。 今回、CINRA. NETは常田大希への単独インタビューを行った。 常田は、かつては東京藝術大学在学中に小澤征爾の楽団に在籍していた過去を持ち、現在、個人名義ではDaiki Tsuneta Millennium Parade(DTMP)などのカッティングエッジな音楽プロジェクトから、ファッションフィルム、映画、ドラマの劇伴などにも音楽監督で携わる才人。 米津玄師のアルバム『BOOTLEG』への参加を通して、その名を耳にした人も多いだろう。 King Gnuの根源にあるのは、間違いなく、この男の「詩性」である。 私たちの質問に対し、彼はゆっくりと、一つひとつの言葉を確かめるように語ってくれた。 King Gnuのメンバーも、みんなクソみたいな生活を送ってきた。 —King Gnuのライブを観るたびに思うのですが、ステージ上の常田さんは、どこか孤独に見えます。 どれだけ周りに人がいても、1人でそこに立っている……そんな印象を受けるというか。 常田:……友達はいますけどね(笑)。 —はい(笑)。 常田:そういうふうに見えるのは、俺がこれまで、集団的な生き方をしてこなかったからかもしれない。 根本的な資質だと思うんですけど、昔から、割と自然と孤立できるんですよ。 別に、それが悲しいわけでもなく、自然とそういう感じだった、というだけなんですけど。 周りもそういう連中が多いんです。 あくまでも個々の集まり、みたいな感じというか。 常田大希(King Gnu) —周りも常田さんのような人が多い? 常田:「俺みたいなヤツ」って言うと、語弊があるかもしれない。 周りにはいろんなヤツがいて、俺みたいなヤツはあんまりいないかもしれないです。 だから上手くいくんだろうけど。 でも基本的に俺も、俺の周りもフリーランスで活動してきたヤツばかりなんですよね。 どこにも所属せずに生き抜いてきたヤツって、強いじゃないですか? PERIMETRON(常田が立ち上げた、King Gnuのデザイン面なども担当するクリエイティブチーム)も、フリーの集合体っていう感じだし、King Gnu のメンバーも、みんなクソみたいなフリーの生活を送ってきたので。 そういうところでの絆はあるかなと思います。 King Gnu(左から:井口理、新井和輝、常田大希、勢喜遊) King Gnu『Tokyo Rendez-Vous』(2017年)収録曲。 映像はPERIMETRONが手がけている —その感覚は、歌詞にも表れているのかなと思います。 常田さんは基本的に、「僕たち」や「あなたたち」という視点の表現の仕方はしないですよね。 もっと「1対1」の関係を描写する歌詞が多いように思います。 常田:それはあるかもしれない。 集団に問いかける、というやり方が苦手で。 だから俺は、MCでもなにを喋ったらいいのかわからなくなるんです。 一人ひとりに対して喋ることはできるんですけど、まとめて喋るっていうことが苦手。 だから、1対1の関係の歌詞になるんだと思います。 —常田さんのなかには、集団に対する違和感があるのでしょうか? 常田:う~ん……特にそういう訳ではないですが……集団には作った人の哲学があるじゃないですか? 俺は誰かの哲学に共感して一緒に頑張りたいと思うよりも、自分の哲学に沿って何かを作り出していきたいタイプというか。 —「合わせる」という発想があまりないわけですよね。 常田:そうですね。 俺にとってはなによりも、自分のなかで腑に落ちているか? ということが重要で。 それが、物事の判断基準になるんです。 だから必然的に、自分の周りの仲間たちと育ってきたし、クリエイティブも基本的には、ジャケットも映像も含め、自分たちの周りで完結させている。 でも、このやり方ってすごく責任を伴うんですよ。 もし、かっこ悪いものになってしまったとしても、それは自分の責任ということになるから。

次の

キングヌー常田大希のプロフィール!大学や両親がすごすぎる!|NONMEDIA

きん ぐぬ ー 常田

彼らはKing Gnuの音楽を「 トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル」と語っています。 確かに、彼らの楽曲を聴くと東京の街のような、「 何でもありでいろいろなサウンドが詰め込まれている、刺激的な音楽」だということが分かります。 なんとなく彼らの音楽を聴いていると、東京を思い浮かべてしまいますよね。 King Gnuの作曲スタイルは、常田がデモテープを作成し、その他の三人が自由にプレイして楽曲の良さを引き出すというものです。 個々の音楽的な力がしっかりしているからこそ、そのようなスタイルでの楽曲制作が可能なんですね。 また、King Gnuが多くの注目を集める一つの理由として、 それぞれのメンバーの個性が際立っていることが挙げられます。 今回はこのような唯一無二の楽曲を生み出しているメンバーのルーツに迫ります。 さん daikitsuneta がシェアした投稿 - 2019年 1月月16日午前12時19分PST バンドの リーダー兼プロデューサーです。 また、King Gnu全曲の作詞作曲を担当しています。 King Gnuのアートワーク・MV制作を手掛ける クリエイター集団「PERIMETRON」も立ち上げており、音楽だけでなく多方面でその独創的な才能を発揮しています。 PERIMETRONは、King GnuのMVの他にも、TempalayやTENDOUJIのMV、雑誌「anan」のスタイリストなど幅広く活躍しており、常田含むクリエイターはかなり個性的だと言えるでしょう。 音楽関係者の中にも彼のファンは多く、米津玄師の「爱丽丝 アリス 」の楽曲演奏・編曲・プロモーションを担当したことでも話題になりました。 King Gnuの常田くん、僕の新しいアルバムの「爱丽丝」という曲にアレンジで参加してもらってます。 彼のセンス最高よ。 しかし、在籍中には小澤征爾さんの楽団に参加し、オーケストラの壮大なサウンドを経験したことで、楽曲中にストリングスを大きく取り入れるなど、今のKing Gnuサウンドに繋がっています。 中学生の頃からMTRを使用して曲作りを始め、2014年にキングヌーの前身となるSrv. Vinci(サーヴァ・ヴィンチ)として活動を始めました。 現在も音楽活動と並行して、舞台役者としても活動しています。 リーダーの常田とは小学校・中学校が同じであり、幼馴染の関係です。 しかし、常田が一つ上の学年だったため、存在は知っている程度だったそうです。 また、彼はKing Gnuのムードメーカーとしても重要な存在です。 ライブやミュージックビデオで見せる姿とSNSで垣間見える普段の姿とのギャップがすごいですね。 井口クソリプ特集はこちら。 - 2017年 9月月4日午前6時11分PDT ベーシストとしてKing Gnuのサウンドの低音を担う新井。 一般の大学に入学後、音楽に没頭します。 なんと友人が在籍している音楽学校で授業を受け、音楽の知識をどん欲に吸収しました。 国立音楽大学のビックバンドにも参加してベースを弾いていました。 熱意が凄いですね。 そんな新井ですが、ベースを始めたきっかけはバンドに誘われたときにベースを弾く人がいなかったためであると語っています(ベースとドラムあるあるですね。。 ) ベースを始めたころはASIAN KUNG-FU GENERATIONのコピーをしており、その後ブラックミュージックにハマります。 ドラムの勢喜と同様にルーツはブラックミュージックにあり、 King Gnu のリズムの根幹はブラックミュージックだと言えます。 セッションを通してドラムの伊勢と出会い、ちょうどベースが不在だったSrv. Vinci(King Gnuの前身となるバンド)に加入。 現在も他アーティストのサポートや、ジャズセッションマンとしても活動しています。 井口とはルームシェアするほど仲が良いようです。 単独インタビューや機材解説、奏法分析などファン必見の内容になっています。 勢喜 遊(せき ゆう)• 1992年9月2日生• 徳島県阿南市出身• 何と三歳からドラムを叩き始めたというから驚きです。 中学では吹奏楽部に入部して、パーカッションを担当していました。 また、小学4年生からダンスを始めており、 将来はダンサーになりたかったとのこと。 しかしじん帯のケガによってその夢はあきらめたそうです。 そんな勢喜ですが、高校生でレッド・ホット・チリペッパーズに出会い、ファンク・ブラックミュージックにのめりこむようになります。 高校生でバンド活動を始めると、ドラムの面白さに引き込まれます。 そして19歳で上京し、セッションを重ねる中で常田と知り合いました。 ブラックミュージック・ファンクを好む勢喜のドラムは、King Gnuの楽曲にも反映されており、リズムの重心が後ろにきています。 また ヒップホップのノリを取り入れており、かなりノリやすいビートです。 勢喜のドラムはKing Gnuのサウンドにおいてかなり重要な役割を担っています。 ぜひ一度ドラムに耳を傾けて聴いてみてください。 ベースの新井と同時に、2020年3月号のドラムマガジンで表紙を飾っています。 ベースの新井が表紙を飾るベース・マガジン2020年2月号との連動企画"リズム体対談"が用意されています。

次の

King Gnu(キングヌー)メンバーを徹底紹介。ルーツから探る彼らの音楽性とは?

きん ぐぬ ー 常田

そして、同じくメンバーのボーカル・キーボードの井口理さんは、常田大希さんと幼馴染。 でも音楽ナタリーのインタビューで「サトルは1個下」と言ってるので、井口理さんの年齢は1993年生まれか1994年生まれの25歳でしょう。 残り2人のメンバーの年齢は情報がありませんでしたが、見た目からも常田大希さんや井口理さんと同年代で少し若いかな?という感じなので20代前半くらいだと思われます。 2018. 最近の井口理さんを見ていると末っ子気質がモロに出てきているので、メンバーの中でもあのキャラだったら可愛がられていそうですね。 king gnu(キングヌー )の経歴は? 2015年 常田大希を中心に、前身の「Srv. Vinci サーヴァ・ヴィンチ 」を結成 2016年 ミニアルバム「トーキョー・カオティック」をタワレコ限定で発売 2017年 現在のメンバー編成となり、5月にバンド名を「King Gnu」に改名 2018年 初のシングル「Prayer X」がTVアニメ「BANANA FISH」に起用 2019年 メジャーデビューを果たす 2017年に結成してその2年後にはメジャーデビューも果たしています。 さらに、2017年の結成時には、 米津玄師さんの楽曲「爱丽丝(ありす)」に常田大希さんが共同プロデュース・アレンジ・ギターで参加しています。 常田大希さんは米津玄師さんと以前から親交があったのだとこのツイート見ると分かりますね。 せやせや、爱丽丝チェックしてくれや。 ヨネピの曲に俺のサウンド突っ込んでケミストリー。 ヨネピ、マガちゃん、ヤオくんと4人でワイワイ楽しいレコーディングでした。 おもろい曲に仕上がってるから是非聴いてみて。 king gnu(キングヌー )常田大希(ギター・ボーカル) 本名:常田大希(つねた だいき) 生年月日:1992年5月15日 出身地:長野県 担当:ギターボーカル King Gnuにおける全ての楽曲の作詞作曲を担当。 バンドのリーダー兼プロデューサー的存在。 東京藝術大学でチェロを専攻していたりと、多才の持ち主で、上述した通り今や国民的アーティストの米津玄師さんの「爱丽丝(ありす)」という曲に、ギターで参加するほどに。 かなりワイルドな風貌で体もがっしりしているので身長も大きく見えますが、個人的な見解では 175cm〜180cmくらいかなと予想されます。 小、中学生時代にはダンススクールに通い、ダンサーを志望するくらいハマっていましたが、高校生になってからは自然とドラムにシフトしていったようです。 いろんな人とセッションさせてもらっているうちに、ドラマーを探していた常田大希さんとも出会い、king gnu(キングヌー )ができました。 king gnu(キングヌー )新井和輝(ベース) 本名:新井和輝(あらい かずき) 生年月日:1992年10月29日 出身地:東京都 担当:ベース 出身大学:東京経済大学 高校時代は軽音部。 大学は国立音大ではないものの、国立音大のビッグバンドのサークルに所属。 大学時代にドラムの勢喜遊さんと出会い、「このバンドに入りたいんだけど」という話を新井和輝さんからしたところ・・・ ベースパートしか空いていなかったことから、ベースを始めることになったそうです。 king gnu(キングヌー )井口理(ボーカル・キーボード) 本名:井口理(いぐち さとる) 生年月日:1993年10月5日 出身地:長野県 担当:ボーカル・キーボード 常田大希さんとは幼馴染で、大学も同じ東京藝術大学に進み、声楽を学んでいました。 ただ、常田大希さんと幼馴染といっても小学校が同じくらいで、その後は大学で再開するまで、存在を知っている程度だったそう。 井口理さんは「俺と和輝はサポートで入って、そのままヌルッと正式加入した感じ」と話しています。 じゃああの高音ボイスは一体誰の声??! 実はボーカルの井口理さんです。 東京藝術大学で声楽科を専攻されていた井口理さんは、大学時代に培った発声方法で低音から高音まで透き通った声で歌っており、常田大希さんに「誰に対しても嫌われない声」として賞賛されるほど。 King Gnu(キングヌー)のあの透き通った綺麗な美声は井口理さんの声ですが、あまりの綺麗な声に女性だと勘違いする人が多くいても不思議ではないですね。 井口理と常田大希の声帯が衝撃的すぎる! king gnuの曲を聴いた時、 「king gnuってボーカル2人いるよね?」 「Prayer Xを歌ってる人とFlash!!! 歌ってる人って別なの?」 と井口理さんの声帯が無限すぎて本当に聞き分けがつきませんでした。 実際は、「Player X」は井口理さんが歌っていて、「Flash!!! 」の前までを井口理さんがソロで歌っていて、それ以外は常田大希さんが歌っている歌なんですが、みんな聞き分けできてるのかな~?!! 私はボーカルの声帯の無限さに衝撃が走りましたよ! まとめ メジャーデビューしたばかりのking gnu。 LIVEに行けなかった方や、LIVEでの興奮をもう一度味わいたい方、最近King Gnu(キングヌー)のファンになった方など、LIVE映像を視聴したい方はこのまたとない機会をお見逃しなく! King Gnu(キングヌー)のVIVA LA ROCK 2019のLIVE視聴方法は、事前にスカパーに無料登録しておくだけです。 登録から30分後にはエムオン(MUSIC ON!

次の