ファフナー exodus。 蒼穹のファフナー EXODUS

蒼穹のファフナー EXODUSとは (ソウキュウノファフナーエグゾダスとは) [単語記事]

ファフナー exodus

カナ表記されることの多い「」ではない。 『蒼穹のファフナー EXODUS』は、の『』の4作かつ記念作品である。 全26話。 における「第」から2年半後ので、19歳に成長した一騎たちのが描かれる。 より第1が、・・・""にて放送開始。 また、放映に先駆けよりまで、 「第1話(全長尺版)・第2話」を全10館にて劇場先行上映。 そして、 より第2が、・・・""にて放送開始。 なお本作はをで担当、としては初元請け作品となる。 決定の発表は、のとしてに行われた「」にて、以下のと共に発表された。 期間は3年以上も有り、やなどの技術が大幅に向上し、毎回級のなに度肝をことだろう。 「4作のが決定しました。 その通り新しい章に突入します。 一騎・総士、19歳に成長しております。 彼らに迫るを描こうと想いますので、ご期待ください。 (総:戸)」 「いよいよ新作でございます。 まさにみなさんが開いたのです。 たちが成長した分、非常に過酷なになると思いますが、みなさんでしたら絶対に付いてきてくれると信じております。 乞うご期待ください。 (脚本:)」 イントロダクション の大半がと化した二十紀。 たとえには遠くても、を持つための時間を稼ぐことはできた。 しかし、そのである複数のがミールとなって中でしたニーを形成、それぞれに的をもって活動し始める。 0年、と人類の戦いは単純な対立図式から変化しながらも化し、新たな局面を迎えていた。 二年前の 「第」におけるとその属するミールとの対話を経て、共生のへの確信を強めた彼らは、再びの戦いに備えつつ、を理解するための術を探り続けていた。 ら、かつてのたちがそれぞれのへ進み、新しい世代が育ちつつあるに、あるを乗せた人類軍が来訪した。 の広がるに生まれたふたつのが出会う。 未知のが、新たな戦いとともに訪れたその日、彼らの最後の時間が始まった。 登場人物.

次の

蒼穹のファフナー2 スロット新台 天井 フリーズ 打ち方 解析

ファフナー exodus

したから聞こえてくるという不思議なに、幼いたちが答えてしまったその日から、数年後。 いと、豊かなに囲まれ、本土から遠く離れた孤 「(たつま)」。 そこで暮らす、 や友人のたちはなのを、娯楽の乏しさを時々嘆きがらも穏やかに過ごしている。 そのに疑いを抱くことなど、考えもしなかった。 しかし、突如として 「…?」というがき渡り、異形の存在がからへと迫る。 美しくも恐ろしいきを放つそれこそが、人類を同化してに帰すべく襲い来る者 「」であった。 も取り乱すことなくにらを誘導するたち。 どこからともなく現れ敵を迎撃し始めるの数々。 外でが続く中、一騎はある事件の負いから幼少以来疎遠であった・ に促されるまま、地下施設で巨大な人 「」と対峙する。 「これでを守ってほしい」と訴える総士の言葉に戸惑う一騎だが、ため、そしてからるために乗ることを決意し、戦いへと身を投じる。 との果てしない闘争という苛なが曝されたその日、何も知らなかったたちの運命が回り始めた。 登場人物 アー・ 人類の体から文化まで、ありとあらゆるを一箇所に集積・保存し、から防衛し続けるための構想。 「計画」。 同時に人類とが・共存するためのも探る。 [ ミールに受胎を奪われ、新の核攻撃によって土ごと滅ぼされたの生き残りたちが独自に着手した。 ]また、外部に流出したから各でそれぞれ異なる内実の計画が進められたが、 それらがどう推移したのかは元の性質ゆえに不明。 を運用する。 はそのものであり、その名称は 艦自体とこれをする組織の両方をす。 関係する全をし、人類との両営に対し隔絶・秘匿された"存在しない"。 狭義の「」は人工として上に出ている部分=居住区であり、約人が暮しているほか、対の防衛機構や自迎撃が配備されている。 擬装面 時にを覆い不可視とする、状粒子による・機構。 高線を除き外界からのを全に遮断できる。 内部からも外界は見えなくなり、内側で的に見えているのはした状態のの。 ・ を的攻撃から守るため、全域を状に覆う2種類の波。 撃を跳ね除けをする強なとなるが、相手には足止め程の効果。 消費がしく、擬装面と同時の展開はできない。 ェ・デン の至るところに設置されている巨大防御。 警態勢下になると地下からせり上がり、住居や施設のになる。 の入り口も兼ねる。 新・人類軍 侵攻により本部が倒壊、欧戦線が瓦解し機不全となったに成り代わり、旧常任理事会を中心にに立した、人類最大の。 各戦線の生き残りを人類軍として再編し、の殲滅を至上に活動している。 の技術を欲しを探しめると同時に、敵にを読まれ戦増大を招きかねないアー・を危険視しているほか、[ かつてミールごと(と汚染された)を核攻撃で滅ぼした体でもある]ため、上とは敵対関係にある。 から飛来した結晶生命体 「ミール」から生み出される()生命体の総称。 知性はあるが 個別の意思は持たず、ミールというの命を実行する手足にあたる。 人類に対する読心を有し、 「」の問いに肯定すれば同化、否定すれば存在をに帰すため攻撃してくる。 核を破壊しなければ倒せず、にも反応しないため、有視界・接近戦で対抗しなければならない。 個体のを持たないの高なまとまりであり、収集した知識を記憶し続ける存在。 極稀に吸収したに反応して行動を起こす。 のようにの行動全体を管理する中核。 開始時点のには2つのミールが存在し、それぞれ異なる思考のもと活動している。 ミール 外探船のを取り、から「」とに質問を投げかけてきたミール。 人類がそれに解答した信号に応え、約年前に来訪。 と 軌を制圧し、へ落下すると 全人類の同化または消滅を的に全規模の活動を開始した。 人類と状態にある全てのはこのミールに属する。 ミール ミールの飛来よりもさらに以前、のクレーター跡から発見されで・研究されていたミール。 [ その後、このミールのはやの、果てはのそのものへと、様々に形を変え、と共存している。 ] に対抗するため人類が開発した。 系をした機体とジェック・により一体化することで、操縦の意識なく運用し、思考防での読心を防ぎながら攻撃できる。 圧倒的不利な形勢にある人類は、によって辛うじて抵抗と呼べるかたちを保っている状態である。 ゥング・ が開発・製造した。 ミールのをに関わる「」として利用することで、と互以上の優位でが可。 反面となる条件が厳しく、かつ甚大な負荷がかかる。 両手に嵌める10個の機器によって機体の制御と系をする。 起動時には上腕や太腿など身体各所に接続機器が装着される。 ジェック・ とが 繋がるための、の状態。 これを形成することは成長しが発達すると難しくなるため、搭乗者の均年齢は極めて低い。 とりわけゥング・の搭乗には極めて高い数値の形成率が前提となる。 の着用するジェック・は、この形成を補助するためのもの。 なお、人類軍の下位は一定の知識と訓練による的な形成によって、非適性の一般兵の搭乗を可にしている(当然、性は格段に劣る)。 変性意識 にゥング・の搭乗により的に発現する心の変化。 半状態でと全く異なる思考と行動をとることで、の読心に対して強固な防とする。 別人格や本性の表出ではなく、個人差はあれど基本的には攻撃に向く性質に変わる。 同化現 ゥング・等に搭乗することで起きる。 搭乗者の因子が増幅され染色体を起こし、様々な変化が生じる。 症状の進行は抑制剤の投与と各人の耐性により軽減されるが、最終的には身体が結晶化し崩壊する。 ・ 搭乗者がジェック・で各と繋がり 思考を共有(クロッ)することで、全機を統括揮・管理する。 これによって戦局はおろか各機の損状況から精状態までを一括して常時する。 当然極めて高いの並列処理が必要である上、同化現を急速に進める負荷がかかり、現状で適格者はただひとりの専用となっている。 ・ 中枢にある全体の管制。 の読心に拮抗するためであると一体化し、自己防衛本に基づく意思によってその全てがされる。 防衛機構のみならず全の制御のすべてをる、の命そのもの。 の岩戸 の・の眠る人工。 ここから・としている。 における部。 にはな生命の思考を分析・化するために開発された。 本体は内部に設置され、化したによっての接近を感知し、を判別する。 ・と連動し、常にされる。 時限式の気化。 などに内蔵され、ほぼ用途で使用される。 製造機 備考 物語の特徴/ポイント 変転のための構成 ・一騎と総士のギクシャクしたやり取りをはじめ、前半はひたすら錯綜しすれ違うたちのどこか閉じた関係性が、状況の推移としあいながら変化していく構成である。 加えて複雑な観を理解する手がかりが極端に少ないまま中盤まで進行していくため、 ・脚本担当の交代と的な評価の関連がになることが非常に多い。 序盤の説明不足や描写の間延び感が離れの要因、との認識は概ね共有されるものの、単に作劇としての失敗とするかどうかの判断は分かれる。 序盤の内容が放送当時の反応の薄さにしたのはだが、作品全体を見渡せば 「前半あっての後半」かつ「後半あっての前半」と言うべき相関がある。 の中の のであるたちを待ち受ける過酷な運命 ()は見所の一つだが、いなくなるよりもどう生きたのかの過程にあるものを描き、遺され託してゆく生命と賛歌のである。 常ながら、「という文化を保存する」ためのの生活と状態が並行する対、そしてその容赦さから特筆される。 それ果たすべき役割ととしての想いの、苦悩が痛ましいほどに描かれる。 そうした側の生き様がたちのそれと折り重なってが進行していく。 交錯する心情 劇中の隊形にちなんでドッグと揶揄される(? )ような入り組んだ関係が敷かれ、等身大の要素がありつつも、それだけに回収されないとのやが切実かつ繊細に描かれる。 なお、話の中軸となる一騎と総士の関係に見てとれる尋常ならざる精的結び付きは、(氏の効果もあり)実際そのテの者の琴線に大いに触れるのだが(婉曲表現)、これもでは表現しにくい信頼関係としてした結果と言える。 対話の示す 「いなくなった」者と「」者、(親)と、の内と、なによりも人類と。 いくつもの対立・交差する関係に全編を通してが当てられるのが大きなであり、最大の「対話」のもたらす意味へと迫る姿勢を貫いている。 (言うまでもなく「対話」と対になる要素としての「同化」が描かれる) 存在と選択 -ことを選び続ける- 中盤を迎えると、観を紐解く重要なが次々と提示され始めるが、個を持たないのミールが人類の様々なを獲得していく過程等が、になると抽的・観念的で難解に聞こえてしまう。 だがその実態は、を学び受け入れ、それによって新たな可性に至り、新しく選択するというのな繰り返しである。 がそうして生きていくように。 …と面に並べてみたが、 のであるオーターの多くが(子持ち)だったり、のとのの淡い模様があったりで のニッチなを衝いてきたかと思えば、妙に露出度の高いジェック・やら、裸に一枚で外をうろつき回ったりするめく (の的存在!)のような狙いすました描写で、多種多様なをする作品でもある。 作品評価について 先行作品との類似点に対し、的なもしばしば見られた。 そうした要素の数々=取り込んだ問題系の扱いが単なる焼き直しに決して留まらなかったことは、このを着地点から見渡すなら理解を得られると思われる。 特に、 のが同様にに関わった『』的要素は、言わば直系として踏襲したものと言える。 むしろそうした成り立ちでありながら、全く別のの意味付けである種的に結実させ、その巨大な下の一歩外へと到達したことがこの作品の大きな成果との評もある。 パッケージ 小説 の著として、『蒼穹のファフナー』及び、それを修正し新たに「HT OF 」の脚本を収録した 『蒼穹のファフナー 』が刊で発売中。 内容は序盤を元に、一騎の・心情描写に寄せて再構成した。 一騎、総士、、甲洋、、そして蔵前果の6人がに描かれ、人物像や設定に版と違いがある。 とは異なる描き方がされながら、観を相補的に堪できる一冊。 続刊含む展開はだが、編集側から新作を予定している旨の発言は出ている。 コミカライズ 旧より、「刊」で連載された現みかみ版、全2巻が刊行されている。 (16話までを元にした展開) 、 「」号より、 新(:未)始動! 連載中。 ドラマCD• 「ER in the re -NO W- ~蒼穹のファフナー &~」 2• 「ER in the re -NOW - ~蒼穹のファフナー &~」 2• 「『蒼穹のファフナー』v. 1 BY ME」• 「『蒼穹のファフナー』v. 音のみで送るからこその表現、の熱演は必聴。 ゲーム• 『蒼穹のファフナー』() …は・。 「」に以下の作品などで参戦。 『』()• 『』() 舞台 という発としては数の少ない化展開がされている。 それぞれ化されたが発売中。 (「~」は再演版のみ販売)• 『蒼穹のファフナー ~ AND OTION~』(、再演) ・のと、3人の関係にしたとして、のが再構成される劇。 役の、容の七穂ほか一部のは担当のが務め、信義が監修に入った。 反を受け翌年には体制や内容に手を入れた再演版で演が行われた。 『劇 蒼穹のファフナー』 () の終盤をにしたで送る。 が書き下ろしたを含め、面で好評を得る。 からはが同じく役としてされたほか、後に『』で新に加わるが役で出演した。 パチンコ・パチスロ による 『CR蒼穹のファフナー-』がに稼働していた。 (ちなみに、第2回戦の中継においてスポットが幾度も流れ、の歌う「」のが印を残した) 、同じくより 『 蒼穹のファフナー』が登場。 より導入。 略年表 、「『蒼穹のファフナー』試写会~~」開催 では同日、 『蒼穹のファフナー』第一が放送開始(初回は一挙2話の一時間編成) 、 本。 はいずれの局でも話・26話を一時間で一挙放映した。 、『』開催 、 『』が年末特番として放送 、『HT OF 』発売 な商品のが終了。 以降、立った展開のない期間に入る。 (後のによれば、・が再始動を決めた時期) 、による「」発売 放送5周年を迎える。 、「『』-痛み-」開催。 『』後半の第2がより放送開始と発表される 、 で二度の第一期の配信が開始 毎週2話毎 、「『』」。 初の開催。 14話の一部が先行上映 、『』後半第2 放送開始 、 『』。 、続編告知 、開 、『「」~~』。 全新作として全12話と発表。 、『蒼穹のファフナー THE BEYOND』第1~3話劇場先行開。 、『蒼穹のファフナー THE BEYOND』第4~6話劇場先行開。 公式チャンネル.

次の

蒼穹のファフナー EXODUS(アニメ)のネタバレ解説まとめ

ファフナー exodus

ジョナサン・ミツヒロ・バートランド モーガン隊に所属していた人類軍若手パイロット。 仲間内からはミドルネームの「ミツヒロ」と呼ばれている。 モーガン隊時代からパイロットとして頭角を現しており、ペルセウス中隊に転属してからはファフナー部隊の隊長を務める。 冷静沈着で誠実な好青年だが、フェストゥムに対しては激しい憎悪を向ける事も。 ザルヴァートル・モデル開発者の一人、が島外で儲けた隠し子(弓子と真矢の異母弟にあたる)であり、千鶴からは情熱的な使命感の強さに関して、若い頃のミツヒロに酷似した危うさを感じられている。 搭乗機はモーガン隊時代がパワーズ・モデル「オリンピア・エンジェルス」、ペルセウス中隊転属後はドミニオンズ・モデル「ガブリエル」である。 18歳。 【CV:岡本信彦】 ナレイン・ワイズマン・ボース 人類軍統括本部に所属する軍人で、ペルセウス中隊隊長。 階級は大将で、史上最高齢のファフナー・パイロット。 エメリーを保護し、彼女をもうひとつの希望(=美羽)と出会わせるべく、にやって来る。 左目横の傷は2150年のフェストゥムハワイ襲来時についたもので、当時はポリアフ輸送基地の司令を務めていた。 ポリアフ基地壊滅後、エスペラントや共存賛同者を集めて中隊を設立し、同隊を置くアグラ基地の司令となる。 「世界で最も安全」と称されるハワイ生存圏を成立させた実績に加えて、本部所属という事もあってか、人類軍内部においても人望が厚く大きな影響力を持つ。 その一方で、へスターら好戦派からはその異端な思想を含め存在を危惧されている。 【CV:大友龍三郎】 エメリー・アーモンド 朽ちたスフィンクス型によって保護されていた少女。 元々は戦災孤児の民間人だが、ハワイ攻防戦以降はナレインと行動を共にしている。 北極ミールの欠片を手にした弟を通じて、フェストゥムとの対話能力を身に付けた「エスペラント」で、フェストゥムが故郷を襲った際に両親と弟を同化され、自身のみが生き残ったという過酷な境遇を持つ。 そのためか、幼いながらも達観したところがあり、エリア・シュリーナガルのエスペラント達の中心人物となっている。 美羽とは出会う前から思念による対話を続けており、竜宮島で邂逅を果たした際に彼女の最初の友達となった。 所持している緑色の結晶とスニーカーは弟だったものの一部であり、遺品。 【CV:佐々木りお】 ウォルター・バーゲスト 新国連人類軍に所属する大型爆撃機の副操縦士で、2150年時の階級は少佐だった。 ハワイ・ポリアフ基地における交戦規定アルファの発令に反発して指揮官に銃を向けるも取り押さえられ、権限を剥奪された。 この一件で少尉に降格させられたが、その後は自身の希望によりペルセウス中隊に転属し、2151年時点ではエリア・シュリーナガルにて第4守備隊隊長を務めている。 過去のある経験から竜宮島の人々に罪悪感を抱いている。 ハワイ戦での一件まで交戦規程アルファによる爆撃任務に従事し続けていた経歴もそれが上層部に高く評価されたため。 なおハワイ戦での処分は降格だけに留まらず、捨て駒として最前線の防衛部隊で地上部隊員として送り込まれる懲罰人事を受ける事になる。 しかしこの懲罰人事により使命感を取り戻し、人類のために戦う事への喜びを見い出す。 ファフナー・パイロットとなったのはペルセウス中隊転属後。 【CV:置鮎龍太郎】 ダスティン・モーガン 人類軍ベテランパイロットで太平洋艦隊第三ファフナー大隊の隊長だった(同隊の通称がモーガン隊だったのはそのため)。 ハワイ生存圏の救援に駆け付けるもモーガン隊は壊滅してしまい部隊は解体される事になる。 この時、弟のビリーとその戦友であるジョナサンとアイを戦地から遠ざけるため後方支援部隊に移籍させていた。 2151年時点ではアルゴス小隊に転属しておりそちらの隊長を務めている。 ハワイ戦での部隊の壊滅時に同化された味方機による被害の拡大を経験した事から、交戦規定アルファの絶対視と「汚れ役」を担う事への義務感を抱く。 その一方、後方支援に回したはずのビリーが攻撃対象のペルセウス中隊にいる事を知ると煩悶するようになり、彼だけを対象から除外して自身の元に引き込もうと考えるなど、甘さを捨てきれずにいる。 搭乗機はトローンズ・モデル「ラファエル」。 アルゴス小隊隊長となったのもその働きが新国連に評価されたため。 【CV:中村悠一】 キース・ウォーター 元モーガン隊の一員で当時はパワーズ・モデル「オリンピア・エンジェルス」を駆っていた。 2151年時点ではダスティンと共にアルゴス小隊の隊員となっており、同化された同胞を嬉々と始末する。 (この人物像をにおいて『ハワイ壊滅時に「心が壊れた」女』と、皮肉混じりの表現で紹介されている。 ) アルゴス小隊転属後はドミニオンズ・モデル「ガブリエル」に搭乗。 さらに因子の移植によってフェストゥムの敵意や将来迫る危機を敏感に察知するエスペラントとしての高い素質も(本人に自覚はないが)合わせ持つようになり、死地を脱する術に長けるとされる。 またモーガン隊では陸戦チームのリーダーという立ち位置だったとの事。 モーガン隊壊滅後は、後方支援に回されるのを拒否してダスティンとともに最前線で戦い続けていた。 【CV:宇乃音亜季】.

次の