トゲキッス 朝の日差し。 トゲキッス育成論 : 汎用トリ型決戦兵器トゲキッス|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【剣盾】【評価】いま流行りのアッキトゲキッス使用感どう? あれって誰か結果残したの?

トゲキッス 朝の日差し

こんにちは、もけもけと申します。 この度は構築記事を開いていただきありがとうございます。 シーズン7ランクバトルお疲れ様でした。 最終2桁にはギリギリ届きませんでしたが、自身最高の結果を残せたので記事に残したいと思います。 【コンセプト】 ・ステロor状態異常を絡めてこちらのックスエースor鉢巻ゴリラ、スカーフを対面的に通していく。 ・選出時点では考慮しにくい型のエースを押しつける。 C振りではあるがミラーが起こった際に相手の襷を貫きたいので竜打点としてドラゴンアローを採用。 鬼火や電磁波で相手の初手ックスに抗えたり、打点のない相手にも状態異常技で最低限の仕事ができる点が偉かった。 環境が物理に寄っているため、ックス時の撃ち合い性能がかなり高かった。 このが悪巧みを積んだ状態になると、相手は強制的にックスを切らないと受けられない状況になることが多い。 かつ場持ち性能が非常に高いため、ックスが終わったあとにエアスラ怯みを押しつけられる展開になることが多かった。 炎技としてマジカイムを採用することで、本来不利をとってしまうような一部の特殊 例:、火 に対しても抗えるようになった。 後述するエースバーンが相手のエースバーンに対してどうあがいても同速勝負をしなければならないであるため、対エースバーンの処理ルートとしても重宝した。 はを出しにくい電気ックスエース パッチラゴンや飛 入りや耐久振りのに対して撃ち合えるように採用。 ダイナックルを撃てることで低速パーティによりこのを通しやすいと感じたため、最後の一枠に跳び膝蹴りを採用した。 結果、命中不安に泣きやすいになってしまったが外しはご愛嬌。 大体の相手は氷柱落としを考慮するとに対して引けないため、初手を無駄打ちさせることが多かった。 環境に増えていたゴリランダーに対しても突っ張る選択肢が可能であるため、雑に初手に投げて仕事をできることは多い。 今シーズンはを舐めている構築も散見されたためかなり強いだった。 初手出しは警戒されていた印象だったため、裏に置いて最後にコイツのグラススライダーを通すことが多かった。 ステロと組むことで草技の通しにくい飛行や炎タイプにもこのを通しやすくなると考えてステロ巻きと合わせて使用していた。 途中まで吹き飛ばしではなくなまけるを採用していたが、ラム持ちや浮いてる身代わり持ちが怖く、この技構成に落ち着いた。 ゴリランダーと一緒に選出した際にグラスメー下で地面技を打ちたい場面が少なからずあったので、10万馬力を採用。 と比べてラム持ちやゴリランダー等に対してもビビらず選出しやすいだった。 正直2桁に届かなくてめちゃくちゃ悔しいので次こそは頑張ります。 mokemokepoke.

次の

【対策方法10選】リベロエースバーンが強すぎて対策できない件【徹底解説】

トゲキッス 朝の日差し

はじめに はじめまして、ねがねがと申します。 初投稿です。 剣盾初期環境から愛用しているトゲキッスの育成論です。 別の型を作ろうと思って検索しているうちに、自分のトゲキッスと同じ型の育成論を見かけなかったので投稿してみた次第であります。 至らぬ点が多々あるかと思いますが、何卒御容赦ください。 ダメ計はポケマスさんのツールをお借りしました。 注意 この記事ではHABCDSなどの非公式用語を使います。 特記事項がない限り基本的に相手は理想個体です。 トゲキッスについて S1から猛威を振るい続けている白い 悪魔天使ことトゲキッス。 対戦で見ない日はありませんね。 既に運用されている方も大勢いらっしゃるとは思いますが、段々と対策されてきてしまっているのも現状かと思います。 一般的な型と言えば、大きく分けてCSぶっぱの攻撃型、Hぶっぱ&BD振りの耐久型の2種類、かつ前者はてんめぐ型と強運型に分けられるのでざっくり分けて3種類が思い浮かぶと思います。 簡単に述べると、今回の型はいいとこ取りの汎用型を目指しています。 では、実際に見ていきましょう。 調整について• せいかく このトゲキッスは汎用性の高さを売りにしています。 後述の余程苦手なポケモンを除けば、相手次第でラスイチからの3タテも狙えるポテンシャルがあります。 その為、物理も特殊もだいたい同じぐらいに受けられるようにしたいので、Bにプラス補正のかかるずぶといでBへの努力値振りの負担を軽減してます。 マイナス補正のかかるAは言わずもがなですね。 もちもの 耐久寄りの調整なので火力を補うために じゃくてんほけんを持たせています。 ほぼ確定です。 個体値 物理は無視しているので31-0-31-31-31-31を前提としてます。 努力値 244-0-76-4-60-124 以上のように振ってます。 Hから順番に説明します。 なので、ぶっぱではなく244。 この調整はAぶっぱはりきりアイアントをぶっ潰したかったので、確定で耐えるようにしています。 【追記】 はりきりパッチラゴンAぶっぱ先行電撃くちばしはダイマックスで確2で受けきれます。 更に弱保発動まで出来るのでHPに不安は残りますが、S1段階とC2段階積んで行くことができます。 4と言わず残った分ぶち込んでいいと思います。 【追記】 逆に火力が低いのがダイジェットを2発積みやすいという恩恵があったりします。 トゲキッスの弱点「でんき、どく、こおり、はがね、いわ」に関して、前3つが特殊メイン、後ろ2つが物理メインのタイプなのですが、比較的環境でよく見るので対策すべき特殊アタッカーはヒートロトムぐらいではないかと思います。 ヒートロトムの10万ボルトは無振りでも確定で耐えるので補強程度の認識です。 【追記】またダイサンダーもダイマックスで乱数2発(性格補正なしで99. この調整だと実数値が 116となります。 この数値がキモです。 最速スカーフドリュウズのSが231なので、ダイジェットを2発積むと 232となりちょうど抜けるようになります。 なんだかんだでドリュウズ怖いですからね。 【追記】 コメントでご指摘頂いている通り、アイアントを意識すると若干不備のある調整になっています。 DをBorSに回したり、運用のコンセプトに合わせて調整してください。 エアスラッシュ 鉄板ですね。 ダイジェット要因を兼ねたメインウェポンその1です。 かえんほうしゃ こちらも鉄板のほのお技です。 だいもんじも検討しましたが、命中不安から かえんほうしゃを採用しています。 ここはお好みで採用を検討してください。 以下、選択技です。 げんしのちから げんしのちからは積み技です。 冗談です。 2割の確率で全能力上昇します。 ……が、所詮2割ですので過信できません。 近所のスーパーですら3割引なのに…… 私はロマンで採用してますが あとヒートロトムなどほのおタイプへの打点にもなるので 、後述のマジカルシャインなど他の技の採用も十分検討できます。 マジカルシャイン げんしのちからとの選択ですが、フルアタッカーでも十分運用出来ると思います。 バンギラス辺りが仮想敵でしょうか。 ドラパルトを始めとしたドラゴンアタッカーは相手がダイマして無ければ怖くないです。 しんそく 対タスキ用。 当然ですが、火力に期待はできません。 わるだくみ 耐久の高さが売りなので、積めるタイミングがあるなと思って採用しています。 弱保型が多いシーズンであれば弱保の搭載を警戒される為、Cの補強は比較的重要です。 逆に言うと弱保を警戒されない場合は無用の長物と化すので、シーズンの流行りに影響される枠ですね。 でんじは まひるみ悪夢の再来です。 素の状態では比較的低いSを補いつつ、まひるみワンサイドゲームを開催できるので十分に採用の余地があります。 ダイウォールが欲しいので、でんじはorわるだくみはなるべく採用したいです。 はねやすめ 耐久寄りの運用向け。 HPも奇数で調整しているので採用の余地はあるかと思います。 ダイマックスターンを吹き飛ばせますね。 【追記】今作では覚えません。 過去作から連れてきましょう。 【追追記】ランクバトルでは過去作産のポケモンの使用が出来ません。 今後の追加コンテンツで復活を希望。 基本的な立ち回り• 「 初手わるだくみパターン」 以上3パターンが想定されます。 個人的によくやるのは1、2が多いと思います。 エース運用をするのであれば 「ダイマックスを駆使して耐久&Sを積んで、ダイマックス切れの後はエアスラッシュでひるみを誘発しつつ殴る」に尽きますが、相手の選出次第ではダイマを他のポケモンに切れるぐらいの耐久と火力を両立しています。 比較的長時間居座りつつ、それなりの火力で殴ることが出来るのでトゲキッスのポテンシャルを感じることが出来ると思います。 主な仮想敵 汎用型を意識しているので使用していて特別得意な相手、というのはいませんが、感覚的に安定して狩れるポケモンを書いておきます。 ドリュウズ 基本的にダイマックスを切っていけばほぼ確実に狩れる相手。 ダイマックスでアイアンヘッドを126〜150 32. 9〜39. 4〜62. ここから想定されるのが3パターンあります。 ・相手がタスキだった場合 ダイジェット1発でSは抜けているのでダイジェット2積みでOK。 ・相手がスカーフだった場合 ダイジェット1発でSが抜けませんが、ダイマックスを切るとこだわりアイテムの効果を受けなくなるので相手はダイマを切れません。 急所に当たらない限りアイアンヘッドは確3で耐えるので、約2割のHPを残しつつSを2段階積んで後続を迎え撃てます。 ・相手がチョッキだった場合 ダイジェット1発でSは抜けます。 想定されるのは、「いきなりダイマ」「一発耐えてダイマ」「ダイマなし」の3通りです。 「ダイマなし」の場合がいちばん有難いのですが、前者ふたつは弱保ダイジェット2発で落としきれません。 しかしこの場合でも2発目を食らうことは無いので、Sを1段階、弱保発動済み、HPを6〜7割残して後続を迎え撃てます。 アイアント ダイマックスで球持ちアイアントのダイスチルを確定で耐えます。 268〜320 70. 1〜83. なのでダイバーン一択。 ドリュウズと違って後続に強気で出れないのが辛いです。 出来れば壁貼りサポートをしてあげたいところ。 【訂正】計算間違えてました……。 また、弱保ダイジェットで確1でした。 リザードン 個人的にトゲキッスと言えばげんしのちからなんですが、警戒していないのか、平気でダイマックスを切ってくることが多々あります。 HD無振りの場合ダイロックで確1、ダイマックス状態なら224〜264 72. 7〜85. Cを積めてれば確1です。 ヒートロトム ただしメガネ型に限る。 メガネ型の場合、ダイサンダーの威力が10万ボルトに劣るので 後述 ダイマックスを切るのに躊躇います。 多くの場合Sは抜かれてるので ダイロック一択 後述 です。 【訂正】 ダイジェット1発でSが抜けるので相手がダイマを切ってこないのであればダイジェットから入ってダイロックでも問題ないと思います。 バンギラス A全振りのストーンエッジをダイマなし確2で耐えます。 152〜182 79. 5〜95. ダイマしてれば確3。 弱保マジカルシャインでHD振りに114〜134、ダイフェアリーで182〜216 乱数1発18. ガラルヒヒダルマ スカーフヒヒダルマのつららおとしを確2で耐えます ダイマ。 204〜240 53. 4〜62. 返しは弱保ダイジェットで確定1発です。 276〜325 152. 4〜179. ラプラス 特にキョダイマックスラプラスのオーロラベールが厄介です。 Cに振れてないのでほとんどダメージが通りません。 ダイバーンでダイストリームの火力減衰を狙って相手のダイマックスを終わらせるまで出来れば十分な活躍と言えます。 一応まひるみで強引に突破できます。 トゲキッス トゲキッスミラーは相手の型次第です。 わるだくみを積まれた所に後出しとなるとかなり不利です。 他の手段を講じる必要があります。 まひるみ突破は可能。 ウォッシュロトム 多分個人的に一番苦手。 なるべく相手したくない。 まひるみ突破不可。 その他特殊受けの皆様 素直に物理アタッカーに交代した方が無難。 相手によっては わるだくみや ひるみから強引に突破できますが、 アシストパワー型はやめておいた方が吉。 疑われる場合は即刻退避。 サポート 物理アタッカーの選出は必須です。 使用していて個人的に相性がいいと思うものを書いておきます。 イオルブ 壁貼り要員。 ねばねばネット、 サイコフィールドも張れるので一発耐えて殴るトゲキッスのサポートとして優秀。 【訂正】サイコフィールドの効果発動は受ける側が浮いているか否かでした。 ドリュウズ タスキかたやぶ型が望ましいですね。 チョッキヒートロトムあたりを刈り取れます。 タチフサグマ 先発荒らし要員兼地味に厄介なオーロンゲメタとして。 初手で挑発が打てればリフレクターしか貼れないので、後発のトゲキッスの火力不足を防げます。 また、はたきおとすも搭載できるため 見かけによらず後続サポート力が高いです。 ガラルヒヒダルマ 主に対ラプラス要員。 耐久しやすいダルマモード型の方が個人的には使いやすいイメージです。 採用される かわらわりがオーロラベール対策にもなります。 バイウールー コットンガード積んでからバトンタッチでBを上げるムーブも可能ですね。 前項のダルマモード型ヒヒダルマのサポートとしても優秀なので比較的よく使う組み合わせだったりします。 相手次第でバトン先が選べるのがいいですね。 さいごに Sの調整がダイジェット二積み前提だったり、素の状態では十分な火力が得られない、といったイマイチパッとしないポイントもありますが、十分な耐久性と積み技による拡張性は他のポケモンでは真似出来ないトゲキッスの強みだと思います。 初投稿で読みにくい点や不備など多々ありますが、ここまで読んでいただきありがとうございました。 ご指摘などはコメントお願いします。 げんしのちからは1割ですよ。 育成論なのですがとてもまとまっていてわかりやすかったです。 この型も使ってみたいです。 もう一度計算した方がいいかも。 努力値の欄では珠持ちに負けると書いてあるのでちょっとよくわからないです。 D振りの理由がBDを均等にしたいというだけなら根拠として弱いと思います。 アイアントが困るのならSに回して抜けるようにしたらいいと思います。 耐久に振って弱点保険を発動させ、天敵を逆狩りしたいという発想自体はいいと思います。 アイアントはその天敵として適切なのかは少し疑問ですが。 受けたりしてダイマックスターンを凌いでもいいですからね。 燃やす必要はありません。 修正しておきます! D振りに関しては一応本文でも書いているんですが、ヒートロトム等を意識してます。 性格補正ありヒートロトムでもダイサンダーをダイマックスで乱数2発で耐えるので、そこからのワンチャンを意識してます。 アイアントをそこまで意識する必要も無いと思いますがSに関してはここまで振るのも有りかと思います。 それから、リザードンのところですがサンパワーのダメージと砂ダメは重複する事はないですし、定数ダメは元HP参照なのでダイマリザードンの1ターン処理は不可能のはずです。 対面からの立ち回りでダイマ前提なら初手ダイジェットからのダイロックが最も確実だと思います。 説明が足りませんでした。 申し訳ありません。 三つほどあるのですが 1 最速スカーフドリュウズの素早さは231です。 2 今作トゲキッスは羽休めを覚えないはずです。 3 サポートのイオルブのところですがサイコフィールドも張れるとありますが、サイコフィールドはキッスが浮いてる関係で効果がありません。 指摘が多くなって申し訳ありませんが、これら三つを改めてご確認お願いいたします。 改めて記載しておきます。 サイコフィールドに関しては完全に勉強不足でした。 受ける側が浮いてるか否かに依存するんですね……。 恐らく以前に先制技を打たれなかったこともあるので、私と同じく勘違いしている人も多そうですね。 修正しました。 その旨を追加で記載しておきました。 あさのひざしの採用はいかがでしょうか? はねやすめと違って今作でも使えますし、ダイバーンとの相性も良いです。 耐久振りとはなかなかに厄介な型ですね。 アイアントで大体のトゲキッスは飛ばせるけど、耐えられるとどうしようもなくなりますねw ところで1つ提案ですが、技候補に トライアタックはどうでしょう? てんのめぐみのおかげで2割やけど、2割こおり、2割まひで実質6割で状態異常を相手にかけられます。 こおりを上手く引ければ、安全にわるだくみで積めて、安定して勝ちやすくなりそうですがどうでしょう? ご返答お願いします。 今改めてトライアタックについて確認したらてんのめぐみ込みで4割でした。 ただ、ダイマックス時にダイアタックとして相手のSを下げて相対的に早く動けるようにできたり、第8世代独特の環境を考慮すればまだまだ活躍できるかもです。 改めて検討してみます!.

次の

【S7使用構築】最終43位 受け攻めゴリラスタン

トゲキッス 朝の日差し

パーティの最終系 だいたいこんな感じで仕上がったはず。 エーフィとカビゴンは自慢の型だった。 エーフィの次に大活躍したのが カウンターカビゴンだ。 当時最強クラスの技「はかいこうせん」を耐えてカウンターできる強ポケだった。 8世代となった今も使われているのがすごい。 カウンターは初代(赤緑)で捕まえて、技マシンを使ってから戻すという面倒な作業があった。 勝つためにちゃんとやった。 偉いぞ。 こうしてエーフィとカビゴンに自慢のポケモンをボコボコにされた友人たちは、カウンターカビゴン対策の 身代わりや、 の さいみんじゅつを駆使した戦術を使い始めることとなり、環境は混沌を極めたのであった。 ーーーーーーーーーーー <20年後の私> 「2倍の確率でひるむトゲキッス、化け物だろ」.

次の