ウーバー イーツ 自転車 レンタル。 Uber Eats(ウーバーイーツ)が静岡市で開始!配達エリアや配達員の登録方法は?|デリバリー配達ナビ

ウーバーイーツ(UberEats)とは?最新の副業の仕組みについて紹介

ウーバー イーツ 自転車 レンタル

目次です!• Uber Eats(ウーバーイーツ)自転車レンタルを使った方がいい?【バイトではない】 バイトに見られがちなUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをするうえで、自転車レンタルって必要? 結論から言うと、 一回自転車レンタルで稼働したほうがいいです。 電動自転車での配達はほかの自転車に比べて負荷が全然違います。 バッテリーの充電が少なくなれば自転車を替えればいいだけなので、精神的な負担もそこまでです。 赤チャリの場合だと、替えのバッテリー満タンのチャリがない場合があるので、そこら辺の不安感があるのですが 笑 Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をレンタル自転車で1日やるとだいぶ体感が変わるかと思います。 どちらかというと原付バイクで配達する感覚に近いです。 疲労感が少ないのは大きいです。 どっちかというと、 原付バイクで配達している感覚に近くなります。 坂に対しても動じなくなります。 他の自転車で配達する感覚とだいぶ変わってくるのは間違いないです。 Uber Eats(ウーバーイーツ)自転車レンタルを使った方がいい?【バイトではない】 まとめ レンタル自転車の場合だと、余計に経費が掛かるのでそのあたりも考える必要があるかなと思います。 おそらく、レンタル代は経費になるでしょう。 というか、ダイレクトに仕事に使って配達しているのに経費になれなかったら困る・・・ Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達がまるで違う感じになるので自転車レンタルは一回やってみることをお勧めします。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)自転車とバイク・原付はどっちが有利?~100人に聞いた結果!~

ウーバー イーツ 自転車 レンタル

自転車はウーバーイーツ 提携プランで申し込む! ウーバーイーツ は配達を原付でするか自転車でするか選ぶことができますが、地方民にオススメしたいのは断然自転車です。 そこで、なぜ僕がここまでしてシェアリングサイクルを激推しするのか、その理由と申し込み方についてまとめました。 駐輪場を確保する必要がない 僕たちが住む田舎と違い、東京には無料で使える駐輪場なんて都合の良いものはありません。 その点、このレンタルサイクルなら都内7区(千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・江東区・渋谷区)に約300箇所のサイクルポートがあり、24時間いつでもどこにでも乗り捨てることができます! しかも、対象となっている都内7区はウーバーイーツ においても大人気エリアで、すぐにでも配達を開始することができます。 便利すぎ! しかも電動自転車 僕、電動自転車に乗るの初めてだったんですけど、電動自転車ってすごいですね! 一漕ぎ目のあまりの軽さに感動してしまいました。 あと、東京って坂がめちゃくちゃ多いんですよね、、 普通なら押して歩かないといけないような急坂でも乗ったまま登ることができます。 原付のデメリット ウーバーイーツ はお店から配達先の家までの距離が遠ければ遠いほど、単価は高くなります。 なので、より遠くまでより速く運べる原付が魅力的に見えるかもしれませんが、地方民が短期的に働くことを考えるなら、やはりあまりオススメはできません。 費用が高い 原付にもレンタルサービスが存在しますが、1ヶ月で約2万円かかります。 そこにプラスでガソリン代や駐車場代など、、原付にすることで収入は増えるかもしれませんが、その分出費も増します。 車通りが多く道が複雑 一度でも東京の大通りを見たことがある人なら、土地勘のない地方民が原付を乗り回すことの難しさが分かるでしょう。 しかも道を確認するために何度もスマホのマップを見ることになります。 原付でそんなことができるでしょうか。 僕にはできません! シェアリングサイクルの申し込みは超簡単 ウーバーイーツ パートナーセンターでの初回登録時に、「提携の自転車レンタルサービスを申し込みたい」と言うと、こんな紙を渡されます。 この紙にサービスの詳細や登録方法が書かれています。 形式としては、一旦、通常のプランで申し込み、その後にウーバーイーツ 提携プランに変更手続きをするという形です。 パートナーセンターでは、「この提携プランへの変更には2. 3日かかる」という説明がありますが、僕は夕方に申し込んでその日の夜には変更完了のメールが届きました。 つまり、 パートナーセンターを訪れたその日のうちに配達に必要な全ての準備が整ってしまったというわけです! こういう風に手続きがスピーディなところも嬉しいですよね。 料金形態 気になる料金ですが、 1ヶ月間乗り放題で4000円です! ぱっと見、他のプランの方が安く見えますが、ウーバーイーツ の配達では長時間自転車に乗ることになるので、このプランが最適です。 解約もウェブ上で行うことができて、使用期間が1ヶ月に満たない場合は料金を日割り計算してくれます。 こういうの地味だけどありがたい! 注意点 自転車のキーとしてSuicaやApple Pay対応のiPhoneなどの登録が必要なので、それらのいずれかを持っている必要があります。 一度登録してしまえば、FeliCaと書いてある部分にSuicaなどをタッチするだけで解錠することができます。 慣れるとめちゃくちゃ便利ですよ。 自転車については以上です。 もし何か分からないことがあれば質問ください!追記していきますので。 そして以下からは僕の東京初日の様子です! 大雪の東京へ 何も考えずにバスを予約したら、数年に一度の大雪の日にぶち当たってしまいました。 静岡は全くと言っていいほど雪が降らないので、否が応でもテンションは上がります。 静岡県民の悲しい性ですね。 まずは登録を完了させるために、恵比寿にあるウーバーイーツ パートナーセンターへ向かいます。 せっかくの雪を全身で感じるために傘をささず歩いていたら、着く頃には全身びちょびちょになっていて、早速恥ずかしい思いをしました。 特にメガネが曇るのが一番しんどいですね。 視界的にも見栄え的にも。 肝心の登録の仕方については前回説明した通りです。 カバンを受け取ったらすぐにでも働けるようになるのですが、まだ自転車の登録が完了してないのと、荷物が多くて疲れたので友達の家へ向かうことにします。 背中にでかいリュックを背負って、前面にはギターを掛けて、左手にはウーバーイーツ バッグ、右手のスマホで電車の乗り換え確認。 満員電車でしぬかと思いました、、東京こわい、、、 今日はもう疲れたので、友達と一緒に夕飯食って雪で遊んで寝ました。 彼の手前にある物体は、一応お好み焼きです。 ふたり揃ってお好み焼きのセンスが壊滅的でした。 バス(藤枝-渋谷) 2000円• 電車 381円• 昼飯ラーメン 650円• 夕飯お好み焼き(友達が奢ってくれたよ) 300円 計 3331円 今日の収入•

次の

UberEATS配達員のための【レンタル自転車・バイク】利用方法まとめ

ウーバー イーツ 自転車 レンタル

ウーバーイーツは原付のほうが稼げる! いきなり結論を言います。 ウーバーイーツは 原付のほうが稼げます。 その理由はこちら! 広範囲を高速に移動できる 原付の最大の武器はその機動力です。 自転車よりも素早く、都会の道をサクサク進むことができます。 都会を移動するには、 125ccの原付が最強ってよく聞く話ですよね。 車の間をするすると抜けて渋滞知らず。 最強です。 体力を使わない 原付は当然エンジンが付いてますので、自転車よりも 体力を使わずに移動することができます。 ウーバーイーツでガチで働くなら、まる一日働いたりしますよね。 体力のある人でも、ずっと自転車は辛いでしょう。 原付ならあまり疲れません。 配達依頼が来やすい ウーバーイーツでは、長距離の配達案件は原付にやってきます。 もちろん短距離の配達案件もやってきます。 どちらも獲得できる原付は最強です。 バッテリーが切れたりしない 電動自転車は、ずっと走っているとバッテリーがすぐ切れちゃいますよね。 バッテリーが切れた電動自転車は使い物になりません。 一方で、原付は燃費がいいのでそうカンタンにガス欠になりません。 ガソリンがなくなったらサクッとガソリンスタンドに行けばいいだけです。 めちゃくちゃ楽! 原付からスマホを充電できる ウーバーイーツでは、スマホの充電は命です。 配達はアプリ上で行われるので、スマホの充電がなくなったら何もできません。 電動自転車だとモバイルバッテリーを持ち歩くことになりますけど、モバイルバッテリーの充電もなかなか面倒ですよね。 その点、原付ならバイクからそのまま充電できます。 めちゃくちゃ便利。 デメリットよりメリットのほうが大きい 原付にもこのようなデメリットはありますけど、それでも原付のほうが稼げると私は思います!• 保険料・ナンバー代など維持費がかかる• ヘルメット必須• 交通違反に気をつけなければならない ウーバーイーツ配達の選択肢は3つある Uber Eats配達パートナーとして働くのに使う車両には、現実的に考えて4つの選択肢があります。 3つの選択肢の中でお金が最もかからず、便利です。 とはいえ、ウーバーイーツの配達を効率よくするには、電動自転車やロードバイクなどが必要になってきます。 プランは2つあります。 ドコモのとです。 どちらもUber Eats配達パートナー限定プランとして、月額4,000円で借り放題になります。 ポートの位置はウーバーイーツのサービスエリア内の広範囲に渡っており、どこでも自転車が借りられるような状態です。 これを利用すると、例えば職場の近くの自転車を借りてウーバーイーツの副業をし、終わったら電車で帰宅なんてことを可能ですね。 借りられる自転車は電動自転車で、とても便利です。 原付は自転車よりも高速・広範囲に配達を行うことができ、自転車のように体力もあまり使いませんから数多くの仕事を行うことが可能です。 ウーバーイーツで稼ぎたい!でも原付は持ってない! という方にぴったりです。 初めて配達パートナーになってみたい方は、自転車がおすすめ! とにかく初めてUber Eats配達パートナーになって収入を得たい方は、自転車がおすすめです。 自転車は手軽に入手できますし、Uberの特別プランを利用することもできます。 もしUber Eats配達パートナーを辞めることになっても、自転車の売却はカンタンです😁 バイトより自由なウーバーイーツ配達の仕事を始めるには ウーバーイーツ配達の仕事は、普通のアルバイトのようなシフトはなく、 いつでも自由に働ける・面接も履歴書も 不要・資格スキルいらず・出勤もいらず・うるさい上司もおらず・ノルマもなく・ 報酬は週払い(即日払いなことも)・服装髪型も自由!・仕事中もスマホが使える!・登録費用はもちろんかからない・なのに 稼げる!という、何拍子も揃った素晴らしい副業・仕事です。

次の