伊之助 落ち込み。 『鬼滅の刃6巻』挿絵とカバー下イラスト!しのぶとカナヲの絆

俺を喚んだのは過去の俺

伊之助 落ち込み

【鬼滅の刃】我妻善逸とはどんなキャラクターか? 善逸は炭治郎たちと同期の鬼殺隊の剣士。 金髪でぱっつんの短髪で、太いタレ眉が見た目の特徴です。 性格は極度のヘタレで女好き。 善人ではあるけど、 どうしようもなく情けない挙動・台詞が目立ちます。 善逸の特徴1:ヘタレ 初めて登場したのは最終選別試験。 炭治郎と同期で同じ選別試験を乗り越えます。 (C)吾峠呼世晴 このときからヘタレっぷりが強調されていて、 「死ぬわ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ ここで生き残っても結局死ぬわ俺」「多分すぐ死にますよ俺は」と圧倒的に弱気なところを見せます。 怯えてるときの言語センスがいちいち天才的。 (C)吾峠呼世晴 口を開けば迷言を吐くので、 善逸のネガティブタオルという不名誉な公式グッズが作られました。 (で買えます) 善逸の特徴2:女好き また、とても女好き。 さすがの炭治郎もドン引き。 (C)吾峠呼世晴 鬼殺隊になったのも、女に騙されてできた借金を鬼狩りの育手に肩代わりしてもらったから、というロクでもない理由から。 (C)吾峠呼世晴 他の鬼殺隊のメンバーは鬼に親とか殺されてるのにね……。 善逸の特徴3:眠ると超強くなる 戦うときもヘタれていて、素の状態では戦うこともままならない始末。 鬼からは全力で逃げ出します。 敵が迫り、恐怖が極限まで達すると、突如眠りに落ちます。 彼は居合の達人。 「雷の呼吸」によって一瞬のうちに鬼の身体を切断します。 (C)吾峠呼世晴 使える技は、 「壱ノ型 霹靂一閃」のみ。 神速の一閃。 鬼ですら目で捉えることができない速さで、善逸が瞬間移動したようにしか見えない技。 雷の型は本来六つ存在しますが、善逸が習得できたのはこれだけ。 唯一できた技を磨き上げて、自ら発展させてきたってのが厨二ポイントが非常に高い。 壱ノ型 霹靂一閃 六連や八連など、技に磨きをかけていくのがたまらん。 (C)吾峠呼世晴 善逸の特徴4:馬鹿みたいに人がいい じゃあ起きてるときはダメ人間なのかというと、そうじゃないんすよね。 弱音しか吐かないしすぐ逃げるし、女には見境がないんですけど、根が良い人間すぎる。 具体的には、自分がボコボコにされても、炭治郎が大事にしていた禰豆子入の箱を身を挺して守ったり。 (C)吾峠呼世晴 耳が良くて人の嘘を見破れるのに、聞こえてくる音よりも、自分が信じたいと思う人を信じたり、とか。 (結果騙されるけど) 臆病でクズであることを自覚しながら、根底ではそれを原動力に「変わりたい」と思い続けてるんですよ。 特に、自分を見捨てずに育ててくれた師匠・桑島慈悟郎には恩を感じていて、「じいちゃんが自分にかけてくれた時間は無駄じゃない」と証明したがっています。 (C)吾峠呼世晴 ホントダメダメなんですけど、大事なとこで決めるので憎めないキャラ。 ……まあかっこよかった次の瞬間には株を勝手に下げるんですけど、それはそれで面白いっていう美味しい人柄です。 このあたりをふまえて、善逸の面白いシーンや迷言と、かっこいいところをまとめていきます。 あまりのギャップに同一人物かこれ?ってなるかもしれませんが、同一人物です。 【鬼滅の刃】我妻善逸の面白いシーン・名言・顔芸 それでは、善逸の日頃の行いをご紹介します。 「死ぬわ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ ここで生き残っても結局死ぬわ俺」「多分すぐ死にますよ俺は」 (C)吾峠呼世晴 原作2巻・8話より。 最終選別試験を乗り越えたものの、ビクつきまくりでなんだこいつ状態。 「え?鴉?これ雀じゃね?」 (C)吾峠呼世晴 原作2巻・8話より。 鬼殺隊員に伝令をする鎹鴉を受け取るも、なぜか善逸だけ雀。 理由は未だに明かされません。 よくわかりませんが、善逸への扱いが伺えます。 炭治郎が見かけたとき、初対面の女性にプロポーズしている善逸の図。 広い心をもつ炭治郎もこの表情である。 「俺はな ものすごく弱いんだぜ 舐めるなよ」 (C)吾峠呼世晴 原作3巻・20話より。 プロポーズを炭治郎に止められ、 「お前のせいで結婚できなかった。 だからお前が責任持って俺を守れ」と迫る男。 どう考えても炭治郎のせいではないし、保身にも余念がないクズムーブ。 「何折ってんだよ骨 折るんじゃないよ骨 折れてる炭治郎じゃ俺を守りきれないぜ!」「死んだよ俺!!九分九厘死んだ!」 (C)吾峠呼世晴 原作3巻・21話より。 炭治郎が骨折していることを知り、自分を守りきれないかもしれないと思うとこのセリフである。 鬼殺隊のくせに一切自分を戦力にカウントしていません。 「心臓が口からまろび出る所だった」 (C)吾峠呼世晴 原作3巻・22話より。 転び出る【まろびでる】とは 転がりでる。 転がるようにして出る。 鼓屋敷周辺で、一般人の少年に話しかけられてビビる善逸の図。 まろび出るなんて単語よくでてきたな。 鬼に襲われた善逸の叫び声。 彼を語るのに欠かせないシーンです。 善逸役のオーディションは、汚い高音選手権と化したそうな。 「はあああ! 膝にきてる 恐怖が八割膝に!!」 (C)吾峠呼世晴 原作3巻・23話より。 同じく鬼に追われる善逸のセリフ。 面白いこと言おうとしてないか、お前? 「いいご身分だな……!!!」「俺の流した血を返せよ!!!」 (C)吾峠呼世晴 原作4巻・27話より。 善逸が守りきった禰豆子を、炭治郎の恋人と勘違いしてキレる善逸。 上げた株を一気に下げる天才。 「俺 嫌われてんのかな」 (C)吾峠呼世晴 原作4巻・29話より。 指令を受け那田蜘蛛山へ向かった炭治郎、善逸、伊之助の3人。 善逸が怖がって山に入らなかった結果、置いてかれて体育座りで落ち込みます。 (二人で説得してくれたらさ 行くからね 俺だって それなのに二人でさ 怖い山の中へ すたこらさっさですか 置きざりにされた俺の気持ちよ) 鬼殺隊なのに説得がいるのかよ。 那田蜘蛛山で人面蜘蛛と遭遇した善逸。 あまりのビジュアルに悪夢を疑います。 「でか!!でっか!! でかいわ!! でかすぎるよ!!」 (C)吾峠呼世晴 原作4巻・32話より。 蜘蛛家族の兄が現れ、そのサイズ感に驚愕。 3コマ連続でツッコむ芸当を見せます。 「でもさァ 俺だって精一杯頑張ってるよ!!なのに最後髪ずる抜けで化け物になんの!?嘘でしょ!?嘘すぎじゃない!?オェッ!」「もう この段階で抜けるの?」 (C)吾峠呼世晴 原作4巻・33話より。 蜘蛛の毒を受け、自らも髪が抜け蜘蛛になることを悲観しての台詞。 「嘘すぎじゃない」とか、「もうこの段階で抜けるの」とか、戦闘中なのにマジで緊張感がない。 「お前が謝れ!!お前らが詫びれ!!!天国にいたのに地獄にいたような顔してんじゃねぇええええ!!女の子と毎日キャッキャキャッキャしてただけのくせに何をやつれた顔してみせたんだよ土下座して謝れよ切腹しろ!!」 (C)吾峠呼世晴 原作6巻・49話より。 善逸の療養中、女の子と訓練していた炭治郎と伊之助に嫉妬して怒り狂う図。 「俺に聞いて何か答えが出ると思っているならお前は愚かだぜ」 (C)吾峠呼世晴 原作6巻・49話より。 なぜそんなにドヤれるのか。 「三人!?嫁…さ…三!?テメッ…テメェ!!なんで嫁三人もいんだよ ざっけんなよ!!!」 (C)吾峠呼世晴 原作9巻・71話より。 音柱・宇随に嫁が3人いると聞いてブチギレる善逸。 宇随に顔でも惨敗し憤慨します。 吉原への潜入捜査で女装する善逸。 顔芸がすぎる。 番外:約束のネバーランドのクローネとのコラ ちなみに同時期に連載開始された約束のネバーランドのクローネとのコラが有名。 クローネは色物として、善逸はリアクション役として親和性が非常に高いです。 このコラのせいか、約束のネバーランドの人気投票に善逸がランクイン。 集英社も認知してそうです。 【鬼滅の刃】我妻善逸のかっこいいシーンや名言まとめ! ……と散々おもしろキャラとしての一面を見てきましたが、決めるときは決めるんですよ彼。 イケメンなところもまとめていきます。 「俺が……直接炭治郎に話を聞く だからお前は……引っ込んでろ!!」 (C)吾峠呼世晴 原作4巻・26話より。 禰豆子の入った箱を、鬼が入っていることを知った上で身を挺して守った善逸。 (C)吾峠呼世晴 「でもさぁ できなかったことできるようになるの嬉しいよね 炭治郎は俺をずっと励ましてくれたよ いいお兄ちゃんだねぇ禰豆子ちゃん」 (C)吾峠呼世晴 原作6巻・51話より 箱に入った禰豆子に語りかけます。 本人の居ないところで炭治郎への本心を語ります。 普通にいいやつで株上がる。 「禰豆子ちゃんは俺が守る」 (C)吾峠呼世晴 原作7巻・60話より。 無限列車にて、禰豆子のピンチを霹靂一閃六連で守り、決めゴマ! ……のあとにアホ面を晒します。 一瞬のうちに立てたフラグを折る男。 「俺は君に言いたいことがある 耳を引っ張って怪我をさせた子に謝れ」 (C)吾峠呼世晴 原作10巻・88話 上弦の鬼・堕姫に対し寝ながら啖呵を切ります。 その前にも、上弦クラスの鬼だと分かっていながら女の子を守ろうとするなど、この頃になると徐々に鬼への耐性も上がってきて鬼殺隊らしくなってきます。 (C)吾峠呼世晴 そして、まだ単行本では出ていないんですが、善逸が最高にかっこいいエピソードがあるので、ネタバレOKという方は下のボタンをタップしてください。 VS兄弟子・獪岳 16巻・134話で雀から手紙を受け取り、善逸はなにかを強く決意します。 (C)吾峠呼世晴 炭治郎が聞くと、「やるべきこと やらなくちゃいけないことがはっきりしただけだ」と答えるのみ。 (C)吾峠呼世晴 「これは絶対に俺がやらなきゃ駄目なんだ」 しばらくは、何のことかは明かされませんでした。 しかし、無惨による産屋敷亭襲撃中、それは明かされます。 善逸の眼の前に現れた鬼、獪岳(かいがく)。 獪岳は善逸のことを見下していた。 (C)吾峠呼世晴 雷の呼吸の壱の型しか使えない善逸と、逆に「壱の型だけが使えない」獪岳。 師匠の桑島慈悟郎は二人合わせて後継者にしようと考えていましたが、獪岳はそれを認めなかった。 雷の呼吸から鬼を出した善逸の師匠は、切腹し長く苦しみ死んだ。 「適当な穴埋めで上弦の下っぱに入れたのが随分嬉しいようだな」 「俺がカスならアンタはクズだ 壱ノ型しか使えない俺と壱ノ型だけ使えないアンタ 後継に恵まれなかった爺ちゃんが気の毒でならねぇよ」 普段からは考えられない皮肉を連発する善逸。 そして、二人はぶつかり合う。 (C)吾峠呼世晴 獪岳の放つ、雷の呼吸 肆ノ型 遠雷。 「おせーんだよ クズ」 (C)吾峠呼世晴 一切寝ていない、完全に意識のある状態での善逸の本気。 鬼と化した兄弟子すらも置き去りにする一閃で圧倒します。 しかし、獪岳は雷の呼吸の技は連発。 それを受けながら善逸は考えます。 (C)吾峠呼世晴 (心の中の幸せを入れる箱に穴が空いているんだ どんどん幸せが零れていく その穴に早く気づいて塞がなきゃ満たされることはない) 心の中で、師匠に謝る善逸。 「畜生!畜生!やっぱりあの爺贔屓しやがったな! お前にだけ教えて俺に教えなかった!」 「違う じいちゃんはそんな人じゃない」 (C)吾峠呼世晴 「これは俺の型だよ 俺が考えた俺だけの型」 「この技でいつかアンタと肩を並べて戦いたかった……」 意識がある状態での最初の戦闘がこれとかめちゃくちゃかっこいい!! 普段の頼りなさは鳴りを潜めて、師匠のために怒って、自分だけの新しい型で決める。 決意もバトルも満点のかっこよさでした。 単行本化が待ち遠しい。 善逸の活躍を見るなら 善逸の面白い迷言やかっこいいところをみたいなら、ぜひ原作やアニメもどうぞ。 FODでアニメを全話見直す 下野紘さんの汚い高音や迷言を聞きたければ、FODがおすすめ。 アニメが全話見直せます。 毎月8のつく日に400ポイントがもらえるので、2冊単行本が無料で読めます。 善逸を見るなら3巻、4巻、9巻がおすすめ。 ebookjapanで原作を一気に読む 善逸の成長を見るなら、ebookjapanで原作を揃えるのがおすすめです。 かなり安く買えるので、今から鬼滅の刃を揃えるならおすすめです。

次の

鬼滅の刃ストーリー・名言(アニメ版)まとめ【バラシすぎて怒られました】

伊之助 落ち込み

某月某日、嘴平伊之助は竈門炭治郎・我妻善逸と同じ部屋でベッドに横になり大人しくなっていた。 「ゴメンネ。 弱クッテ」 「がんばれ伊之助がんばれ!」 「お前は頑張ったって!すげえよ!」 あの山で蜘蛛の鬼と戦い、喉頭と声帯の圧挫傷という傷を負った伊之助は自分の弱さに落ち込み、かつての師とも姉とも言える人物を思い出していた。 ーーーおいてめえ!ここは俺の縄張りだ!誰だ!出てけ! ーーーイノシシのお化け・・・? 伊之助がその人物と出会ったのは、伊之助が恐らく10歳になるかならないかという頃だった。 自分の誕生日など分からないが、言葉を教えてくれた老人が大体の推定年齢を教えてくれていた。 出会い、言葉を交わし、戦った。 雰囲気で強い事が分かったからどうしても戦いたかった。 その人物は戦いに応じて、そして・・・自分は負けた。 圧倒的な強さだった。 勝てる算段が全くなかった。 今までにない強さで、山の獣達に負けたことがなかった自分は心が折れそうになった。 それでも必死に食らいつき、何度も何度も戦いを挑んだ。 その度にその人物は自分の挑戦を受けてくれていた。 それどころか、自分の悪い癖や良いところを指摘し、伸ばしてくれていた。 最初はそれに気がつくことが出来なかったが、稽古をつけてくれていることを暫くしてから理解することが出来た。 ーーーうんうん、今のはすごくよかったよ。 伊之助くん、強くなったね 姉貴、と呼び始めたのはいつだったか。 正確な日時は覚えていない。 覚えているのは、零れるように口から出た姉貴という言葉と、目を見開いた白と黒の髪の女。 ーーーなあに、伊之助 そう言って笑ったシロクロ女・・・ではなく姉貴は、まるで本当の家族のようだった。 自分は家族を知らないが、言葉を教えてくれた爺さんが読み聞かせてくれた昔話に出てくる家族のようだった。 ーーー姉貴、鹿狩って来たぞ! ーーー凄いね伊之助、今日はもみじ鍋にしようか ーーーもみじ?これ鹿だぞ! ーーー鹿鍋のことをもみじ鍋って言うのよ 獲物を狩って来たら褒めてくれて、自分の知らないことを教えてくれた。 ーーーっアアア!くそ!もうちょいだったのによ! ーーーふふふ、今のは惜しかったよ。 すごく良かった。 体が柔らかいのは長所だね。 でもちょっと体幹が不安定かな 何度だって挑戦を受けてくれて、その度に助言をしてくれていた。 本当に、本当に姉のようでいい師匠だった。 額に傷のある男に家族はいないと言ったが、家族のようだった人間ならいた。 ・・・だが、言えなかった。 1年ほどしか共に居られなかった姉は本当に存在したのか。 自分が見た幻なのではないのか。 少しでもそう思うと、なぜか心臓が痛くなった。 そんな時に最後に貰った包帯を見ると、姉は存在したと確信を得ることが出来るのだ。 ーーー伊之助。 なんでここに居るの? ーーー姉貴、が。 包帯、忘れてってたから ーーーそう。 ありがとう伊之助。 それはあげるよ 最後に貰った包帯を、自分の刀に巻いている。 これだけが、姉の存在を証明するたった一つの手段なのだ。 姉は鬼だった。 しかしそれ以上に人間で、師匠で、家族だった。 当時の自分は弱かった。 きっと今もまだ弱いままだろう。 どの口で一緒に戦うだなんて言えたのか。 でももだってもないと言ったのは姉だが、ひとつだけ言い訳をさせて欲しい。 俺は、もう置いていかれたくなかっただけだ.

次の

2度の人生と1度の鬼生

伊之助 落ち込み

普段は猪突猛進! 伊之助の口癖は「猪突猛進!」。 いつも強気で粗暴なふるまいが目立ち、基本的に謝ることもお礼を言うこともありません。 傍若無人で、人の名前を適当に呼び、炭次郎や善逸の名前さえも正確に呼んだことはほとんどありません。。 伊之助の破天荒ぶりがわかるのが、伊之助の 鎹鴉 かすがいがらすへの態度です。 鬼殺隊員に1人に1匹ついている鎹鴉なので、もちろん、伊之助にもついています。 しかし、伊之助の鎹鴉は、炭次郎の鎹鴉や善逸のスズメと違って本編には出てきません。 その理由は、18回ほど伊之助に食べられそうになったため隠れているから…。 (5巻の大正コソコソ噂話に載ってます。 ) そんな伊之助ですが、意外と打たれ弱い一面もあります。 「ゴメンネ 弱クッテ」が可愛い ゴメンネ 弱クッテ 出典:鬼滅の刃 6巻48話 吾峠呼世晴 株式会社集英社 2017年5月7日第1刷 この言葉はいつになく凹んだ伊之助が言ったものです。 『鬼滅の刃』の中で唯一、伊之助が謝るシーンなのではないでしょうか。 那田蜘蛛山の戦いで自分の弱さに打ちのめされてしまい、弱気になった時に発せられました。 伊之助可愛い(笑)。 他にも可愛いシーンがもう一つあります。 イイヨ 気ニシナイデ 出典:鬼滅の刃 6巻48話 吾峠呼世晴 株式会社集英社 2017年5月7日第1刷 これは、蝶屋敷で炭次郎と再会した時、謝る炭次郎に対して伊之助が発した言葉。 いつも伊之助とはキャラクターが変わってしまっています。。 伊之助は、口調が荒く、セリフの吹き出しもトゲトゲしていたり、語尾が「!」で終わったりすることが多いです。 しかし、2つのセリフは字体も違いますし、カタカナ表記してあります。 漫画ではこの後の炭次郎のセリフから、声だけでは伊之助と判断できないくらい、いつもの伊之助と違うことがわかります。 那田蜘蛛山の戦いの時に、のどが潰れたせいなのか、落ち込んでいるせいか、いつもは騒がしい伊之助がほとんどしゃべりません。 何巻何話に載ってたっけ? 落ち込んでいて可愛い伊之助は 6巻48話に載っています。 落ち込みまくる伊之助は、両側から炭次郎と善逸に励まされて、次の49話ではほぼいつもの伊之助に戻っています。 アニメだと何話? アニメでは23話に収録されています。 このシーンで、伊之助の声を担当している松岡禎丞さんがセリフを言った瞬間、スタジオが大爆笑だったそうです。 このエピソードは、公式WEBラジオ『鬼滅ラヂヲ』で炭次郎役の花江夏樹さんと善逸役の下野紘さんが明かしています。

次の