ドラマ スペシャル。 ドラマスペシャル「検事・佐方~裁きを望む~」|テレビ朝日

ドラマスペシャル『スイッチ』|テレビ朝日

ドラマ スペシャル

放送日:3月29日 日 21時~ テレビ朝日• 原作:夢枕獏「陰陽師 瀧夜叉姫」• 脚本:山本むつみ• 監督:篠原哲雄• チーフプロデューサー:黒田徹也• プロデューサー:髙野渉、山田大作、中頭千廣• 出演者:佐々木蔵之介、市原隼人、剛力彩芽、本田望結、齋藤めぐみ、橋本じゅん、酒向芳、笛木優子、金子昇、秋沢健太朗、南出凌嘉、九十九一、奥田達士、川野太郎、大出俊、菅田俊、升毅、寺田農、国広富之、竹中直人ほか• あらすじ:死後20年を経て復活した将門の激しい怨念によって、都は滅亡の危機に…!将門の死の真相、なぜ将門は復活したのかなど、平安の世に渦巻く怨念と陰謀に、安倍晴明&源博雅コンビが挑みます!• 放送日:5月25日 月 20時~ テレビ東京• 原作:西村京太郎「十津川警部の事件簿「危険な賞金」」• 脚本:田子明弘• 監督:伊藤寿浩• 出演者:船越英一郎、笠松将、大野いと、大場泰正、西沢仁太、山村紅葉、山口竜央、角野卓造、中山忍、山田純大、美山加恋、山下リオ、大石五朗、遠野なぎこ、山下容莉枝、加藤理恵、坂田聡、奥野瑛太、岩井拳士朗、伊藤正之、増田修一朗、横山一敏、中田華月、辻本一樹、咲音、佐藤祐一、片岡明日香ほか• あらすじ:下町の赤髭先生と呼ばれ、慕われていた王守病院の院長・佐藤幸太郎が胸部を刺され、殺される。 十津川省三 船越英一郎 と亀井定男 角野卓造 が捜査を始めると、警察に王守商店街の平和を守る会会長を名乗る者から1000万円の札束と手紙が届く。 この事件の犯人につながる情報を寄せてくれた1000万円を進呈すると明記されていた!しかし商店街で聞き込みをすると、赤髭先生とは程遠い冷たい人物像が浮かび上がってきて…。

次の

「浅田次郎ドラマスペシャル 琥珀」のドラマを見れる動画配信サイトは?全話無料でお試し視聴する方法!

ドラマ スペシャル

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年1月) BS笑点ドラマスペシャル ジャンル 脚本 監督 雨宮望 1 猪股隆一 2 3 音楽 1 2 エンディング 『笑点のテーマ』 国・地域 言語 シリーズ数 3 製作 製作総指揮 神蔵克 金澤宏次 プロデュース 栖川一郎 黒川浩行 制作 (制作協力) (制作協力) 1 製作 放送 放送チャンネル BS日テレ 映像形式 音声形式 放送国・地域 第1作「 BS笑点ドラマスペシャル 桂歌丸」 (第1弾) 出演者 他 放送期間 放送時間 19:00 - 20:54 放送分 114分 回数 1 第2作「 BS笑点ドラマスペシャル 五代目三遊亭圓楽」 (第2弾) 出演者 他 ナレーター 放送期間 放送時間 19:00 - 20:54 放送分 114分 回数 1 第3作「 BS笑点ドラマスペシャル 初代林家木久蔵」 (第3弾) 出演者 他 ナレーター 放送期間 放送時間 土曜日19:00 - 20:54 放送分 114分 回数 1 BS笑点ドラマスペシャル(ビーエスしょうてんドラマスペシャル)は、で(29年)から放映されている、単発スペシャルののシリーズ。 概要 [ ] の『』にまつわる人物の半生をフィクションを交えてドラマ化したものである。 第1弾『 BS笑点ドラマスペシャル 』が(平成29年)に、第2弾『 BS笑点ドラマスペシャル 』が(平成31年)に放送され、第3弾『 BS笑点ドラマスペシャル 』が(2年)に放映された。 提供クレジット等一部シーンでは当時の映像や写真も使用されている。 3作のキャスティングは共通しており、現行の笑点メンバーも「スーパーエキストラ」として特別出演している。 このうち現司会者のは3作とも笑点のプロデューサー・小里光役として出演している。 また各作品の主人公となった人物の弟子が落語指導要員として参加している。 第1作「BS笑点ドラマスペシャル 桂歌丸」 [ ] 2017年(平成29年)放映 桂歌丸の入門から笑点の前身である『』レギュラー入りまでを描いた作品。 冒頭では案内役として歌丸本人が登場した。 あらすじ(第1弾) [ ] この作品記事はが望まれています。 ください。 スタッフ(第1弾) [ ]• 落語指導:、、、、• エンドクレジットの絵:中嶋修• ロケ協力:横浜フィルムコミッション、横浜観光コンベンションビューロー、、第一町内会、、、、駿河湾沼津FC「ハリプロ映像協会」 ほか キャスト(第1弾) [ ]• 桂歌丸(椎名巌):(幼少期:)• 椎名タネ(祖母):• 椎名富士子(旧姓・白岩):• 白岩ハツ(富士子の母):• 菊池三佐江(富士子の従姉妹):• 小里光(笑点プロデューサー):• 銭湯のおやじ:• 、、、、はるはる、上佳由果、大宮千莉、千鶴ちい、田中悠愛、、井上朱理、、アッキー、ごっちくん、菊仙、井上あかね、名越佳代、小林愛里、温、細井鼓太• スーパーエキストラ:、、、、、、 第2作「BS笑点ドラマスペシャル 五代目三遊亭圓楽」 [ ] (平成31年)放映 5代目三遊亭圓楽の落語界入りから笑点4代目司会者就任までを描いた作品。 冒頭の案内役とナレーションは6代目三遊亭円楽が担当した。 2019年番組部門(テレビドラマ)優秀賞。 あらすじ(第2弾) [ ] この作品記事はが望まれています。 ください。 スタッフ(第2弾) [ ]• 落語指導:、 、• ロケ協力:台東区フィルムコミッション、東京ロケーションボックス、、、 ほか• ナレーション:6代目 三遊亭円楽 キャスト(第2弾) [ ]• 5代目 三遊亭圓楽(吉河寛海):谷原章介• 吉河和子(旧姓・岡村):• 立川談志:駿河太郎• (會泰通):• 桂歌丸:尾上松也• 小里光(笑点プロデューサー):春風亭昇太• 田代健一(笑点アシスタントプロデューサー):• 小池明美(スナックのママ):• 山崎はな(圓生の妻):• 圓生一門幹部:、• 圓楽の子息:(幼少期)、、(成長期)、• 笑点アシスタントプロデューサー:• 、、、、、、、、、、、、、、、、、田中諒• スーパーエキストラ:林家木久扇、三遊亭好楽、三遊亭小遊三、林家たい平、2代目 林家三平、山田隆夫 第3作「BS笑点ドラマスペシャル 初代林家木久蔵」 [ ] 2020年(令和2年)放映 初代林家木久蔵の高校合格から1982年頃まで を描いた作品。 冒頭の案内役とナレーションは初代木久蔵こと林家木久扇本人が担当した。 あらすじ(第3弾) [ ] この作品記事はが望まれています。 ください。 スタッフ (第3弾) [ ]• 落語指導:、、• 芝居噺指導:• 劇中漫画使用:(清水崑展示館所蔵)「」「」、(号)• 漫画指導:• ロケ協力:台東区フィルムコミッション、、、 ほか キャスト(第3弾) [ ]• 林家木久蔵(豊田洋):柄本時生• 豊田武津子(旧姓・清水):• 豊田縫子:• 岡本マキ(正蔵の妻):• 小林仲子(三木助の妻) :• 清水基嘉(武津子の兄、寄席小屋の若旦那) :• 清水家のお手伝いさん:• 劇団の主宰者:• 5代目 三遊亭圓楽:谷原章介• 桂歌丸:尾上松也• 立川談志:駿河太郎• 三遊亭楽太郎:塚本高史• 林家こん平:松本大志• 三波伸介:2代目三波伸介• 小里光(笑点プロデューサー):春風亭昇太• 笑点アシスタントプロデューサー:小澤葵• 、、、小川剛生、、、、、、、、、、、遠藤茂雄ほか• スーパーエキストラ:三遊亭好楽、三遊亭小遊三、林家たい平、2代目林家三平 宣伝番組(第3弾) [ ]• 『春風亭昇太のとっておきの1本 ~今宵のつまみはBS笑点ドラマSP~』(2019年12月25日、2020年1月11日(再放送) 、BS日テレ) 出演:春風亭昇太、柄本時生、成海璃子、谷原章介、駿河太郎 ナレーター:藤田弓子 オールスタッフ [ ]• 脚本:• 監督:(1)、(2)、(3)• 音楽:(1)、近藤智子(1)、谷本成久(1)、(2)、(3)• VFX:(1)、(2. 技術協力:• 美術協力:• 製作者:、金澤宏次• プロデュース:栖川一郎(1. 2)、佐藤明香(3)、黒川浩行• 制作協力:、日テレアックスオン 1• 製作著作:BS日テレ 放送日程 [ ] 放送回 放送日 タイトル 監督 第1弾 2017年10月 09日 BS笑点ドラマスペシャル 桂歌丸 雨宮望 第2弾 2019年 01月12日 BS笑点ドラマスペシャル 五代目三遊亭圓楽 猪股隆一 第3弾 2020年 01月11日 BS笑点ドラマスペシャル 初代林家木久蔵 井坂聡 受賞歴 [ ]• 2019年 番組部門 テレビドラマ番組 優秀賞(第2弾『BS笑点ドラマスペシャル 五代目三遊亭圓楽』) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

ドラマスペシャル『スイッチ』|テレビ朝日

ドラマ スペシャル

2020. 29 「ラストライン 刑事 岩倉剛」いよいよ今夜放送!! テレビ東京では、 ドラマスペシャル 堂場瞬一サスペンス 「ラストライン 刑事 岩倉剛」を 今夜8時より放送します。 本作は、「刑事・鳴沢了」シリーズ、「警視庁失踪課・高城賢吾」シリーズ、「アナザーフェイス」シリーズなど、重厚で正統派のベストセラーを多数生み出している警察小説の旗手・堂場瞬一が手掛ける同名小説「ラストライン」シリーズ、初のドラマ化作品となります。 主人公は捜査一課から所轄の南大田署に異動してきたばかりで定年まであと10年のベテラン刑事・岩倉剛。 村上弘明、志田未来をはじめ豪華キャストが集結した本作。 ドラマ最後の大物ゲスト、ピカソの絵は作中のどこで登場するのか!? 注目してお楽しみください! そして、いよいよ放送を直前に控え、主人公・岩倉剛を演じる村上弘明、原作者・堂場瞬一よりコメントが届いています! さらに、Twitterのフォロワー13万人以上を誇り、勢いやシュール性の高いギャグ漫画で大人気のSNS漫画家・藤井おでこさんが本作のPR漫画を執筆!前後編の2本立てでお送りします。 硬派なサスペンスのイメージとは裏腹に、ギャグ要素満載の作品となっています。 是非、放送までにご覧ください! コメント 村上弘明 Q 主人公・岩倉剛や作品全体の魅力を教えてください。 決して冤罪を生まない、そして自らが確信した上で真犯人を逮捕する、それが岩倉の刑事としての信条です。 卓越した記憶力と経験に培われた直感力、それを裏付けるための地道で丹念な捜査、時としてそれは組織と異なることがあります。 それでも違うと思えば躊躇なく異を唱え、警察という縦社会の中で自らの意見を訴える。 そこには、それを駆り立てる強い信条があるからだと思います。 捜査をしている時の岩倉は、それを表には出しません。 新人刑事をあてがわれ、なだめたりすかしたりしながら、上手く活用します。 そして人脈を活かし検事、暴力団の組長などに、情報収集や事件解決、犯人逮捕に一役加担してもらうというなかなかのやり手です。 ベテラン刑事らしく、マイペースで、清濁併せ吞み、酸いも甘いも嚙み分ける大人の余裕を感じさせながら、事件に対する強い熱意をあわせ持っている相反する二つの要素が岩倉の最大の魅力だと思います。 そしてプライベートでは妻と離婚協議中、年ごろの娘とも別居状態でしがないひとり暮らし。 Q 岩倉剛と似ているところはありますか? 仕事に一途なところと、ヒューマニストなところだと思います。 Q 視聴者のみなさまへメッセージをお願いします。 堂場さんの作品は非常に具体的で現実味があり、演じていても真にせまる部分が多々ありました。 事件は社会を映す鏡だと言われています。 今回の作品のテーマでもある公益通報者保護法の改正案が今月はじめに参議院で可決されました。 まさにこの作品のためにクローズアップされたのでは、と思うほどのタイミングです。 表には取り上げられることのなかった企業や組織の闇の部分が新たな事件へと発展していくこのドラマをお楽しみ下さい。 堂場瞬一 Q 「ラストライン刑事岩倉剛」をご覧になった感想をお教えください。 原作は、私には珍しく複雑な構成なのですが、映像化されることによってぐっと整理され、一つ一つの場面が楽しめます。 キャストが豪華、かつ癖が強い役柄ばかりなので、頭がクラクラしてくるほどでした。 Q 主人公・ 岩倉剛の魅力をお教えください。 超人的な記憶力を持っているかと思うと私生活ではちょっと抜けている、正義感に溢れているかと思えば捜査のためには悪いこともする。 一言では言い表せない、人間臭い二面性です。 Q 印象に残ったシーンはありますか? 伊東彩香(志田未来さん)と二人のシーンが原作よりもずいぶん増えましたが、映像で観るといい組み合わせでした。 バランスの悪さが逆に面白いバランスになっています。 原作通り、途中で「ガンさん」と呼ぶようになって、彩香の成長物語でもあるのだ、と感じました。 Q 注目してほしい人物やシーンはありますか? 全部と言いたいですが、刑事課長・安原康介(勝村政信さん)、北品川署副署長・村沢雄二(ドロンズ石本さん)とのかけ合いは、いずれも「後輩なのに自分より立場が上」の人間と対峙する時の岩倉の立場がユーモラスに出ています。 また、城戸南検事(世良公則さん)との悪友っぽさを感じさせるやり取り、西本浩介(伊東四郎さん)との緊張感溢れる駆け引きも見どころです。 Q 視聴者のみなさまへメッセージをお願いします。 豪華キャストで、原作の世界が見事に映像化されました。 ぜひ観て欲しい作品です。 本作中で50歳の誕生日を迎えた岩倉ですが、まだまだ頑張ります(定年までは)。 今後の活躍にもご期待下さい。 PR漫画 【前編】 2020. 17 新たな出演者を公開! 濱津隆之、 鳥居みゆきの 出演が決定!! ドラマスペシャル 堂場瞬一サスペンス 「ラストライン 刑事 岩倉剛」を 6月29日 月 夜8時より放送します。 本作は、「刑事・鳴沢了」シリーズ、「警視庁失踪課・高城賢吾」シリーズ、「アナザーフェイス」シリーズなど、重厚で正統派のベストセラーを多数生み出している警察小説の旗手・堂場瞬一が手掛ける同名小説「ラストライン」シリーズ、初のドラマ化作品となります。 主人公は捜査一課から所轄の南大田署に異動してきたばかりで定年まであと10年のベテラン刑事・岩倉剛。 主演・村上弘明をはじめ、志田未来、勝村政信、田口浩正、芦名星、世良公則、石橋蓮司、伊東四朗、佐戸井けん太、辻萬長、ドロンズ石本、白石隼也、石田法嗣、山下容莉枝、田中要次ら豪華共演者の出演は既報通りですが…この度、新たな共演者情報を解禁します! 過去に殺人を犯した元暴力団員・本村健太を映画「カメラを止めるな!」で話題となり、その後、数多くの映画やドラマに出演する 濱津隆之が演じます。 9年前に出所している。 【濱津隆之 コメント】 自分がサスペンスに結びつくというイメージがあまりなく、いわゆる悪者、殺人犯を演じるのは初めてだったので、自分にやれるのかという不安はありました。 銃やナイフを持ってのアクションシーンを初めて経験し、すごい方々と共演させて頂き勉強になりました。 とてもありがたかったです。 この作品は誰も報われないなという印象です。 やったー!ってなってる人がいなく、こういう作品ってあんまりないんじゃないかなと思いました。 一人一人の生き様を体感して味わえる作品にはなっていると思うので、そういうところを楽しんでもらえたらなと思います。 ハッピーエンドだけじゃない楽しみ方が出来る作品でもあると思うので、そこに注目して頂きたいです。 バーでホステスとして働いている。 【鳥居みゆき コメント】 サスペンスドラマが大好きで、村上さんがとにかく好きなので共演できてすごく嬉しかったです。 玄関を開けるシーンがあるんですけど、村上さんが勢いよく開けてチェーンが切れちゃったんですよ(笑)。 チェーン無いぞ、どうするってなった時に、私が持ってきていたバッグの持ち手がたまたまチェーンで、これどうですか?って言ったら、採用してもらえて。 自分の我が子が映ったみたいでとても嬉しかったです!子役を育てたママみたいな気持ちでした(笑) ドラマを見て犯人を知りたかったので、わざと台本のラストの方は見てないんですよ。 なので私も誰が犯人なのか気になっていて、視聴者の皆さんと一緒に楽しめたらなと思っています! 番宣番組情報 ドラマスペシャル 堂場瞬一サスペンス「ラストライン 岩倉剛」見どころガイドが放送されます。 堂場瞬一サスペンス「ラストライン 刑事岩倉剛」見どころガイド 村上弘明主演。 堂場瞬一新シリーズの初ドラマ化!ズバ抜けた記憶力のベテラン刑事がラストライン=捜査の最終防衛線となり、特捜とぶつかりながら捜査を進めるうちに、思わぬ大事件に辿り着く本格推理サスペンス!6/29 月 8時放送に先駆けて見どころを紹介。 原作堂場瞬一氏のインタビューも。 本作は、「刑事・鳴沢了」シリーズ、「警視庁失踪課・高城賢吾」シリーズ、「アナザーフェイス」シリーズなど、重厚で正統派のベストセラーを多数生み出している警察小説の旗手・堂場瞬一が手掛ける同名小説「ラストライン」シリーズ、初のドラマ化作品となります。 主人公は捜査一課から所轄の南大田署に異動してきたばかりで定年まであと10年のベテラン刑事・岩倉剛。 岩倉の理解者で、思ったら突き進む岩倉をフォローする。 【勝村政信 コメント】 今までにあまりなかった刑事像が岩倉にはあるので、他の作品とは一線を画す面白い作品だと思います。 安原は岩倉の元部下なのに上司で、その不思議な関係性を楽しみながら演じました。 村上さんは僕より年上で、並ぶと身長差もあって、どう見ても僕の方が部下に見えてしまうので、衣装の力を借りて上司に見えるように助けてもらいました。 ベテラン刑事と新人女性刑事という組み合わせや、安原と岩倉の関係性など、これまでの刑事ドラマとは少し違った面白さを楽しんで頂きたいです。 水谷祐一(田口浩正) 警視庁捜査一課刑事・警部補。 【田口浩正 コメント】 台本を読んで、水谷は少し抜けている刑事という印象だったので、とにかく一生懸命やることが面白く映ればなと思って演じました。 村上さん・志田さんとは違う立ち位置にいるのですが、現場ではすごく和気あいあいとやらさせていただきました。 村上さんはキラキラした目でずっとお話してくださって楽しかったです。 最近の刑事ドラマではあまり出てこない拳銃が出てきているので、アクションシーンも楽しんで頂きたいです。 面白い作品になってます。 とにかく見てください。 かつて特捜部に在籍していたことがある。 原作堂場瞬一氏の人気小説「神の領域 検事・城戸南」の主人公。 【世良公則 コメント】 サスペンスの中でも堂場さんの作品はすごく力のある原作なので、いい意味の緊張感を持ってキャラクター作りをしました。 城戸はネクタイや靴などの衣装がオシャレで、これが似合う人間はどんな立ち姿や振る舞いをするだろうと衣装からインスパイアされて、城戸という人間のイメージを作りました。 そこが成功しているといいなと思います。 村上さん、志田さんとの共演は初めてですが、受け入れてくださるような空気感をお二人が持っていらっしゃったので、どこか懐かしいような感じがしました。 撮影は登場してる時間が少なく、そこで一気に前後の人間味を出さなければいけず、そういう意味では結構ハードでした。 是非、ラストライン楽しみにご覧ください。 よろしく。 週数回バー「フィリー」に勤めている。 岩倉が年齢差を気にしないように合わせたり、さりげなく気を使ったりする。 【芦名星 コメント】 主人公・岩倉刑事と年齢差があるバディ・彩香刑事の掛け合いやテンポ感も面白い印象でしたし「ラストライン」というタイトルである「最後の一線」がどこに引かれているのか、と最後まで見所がたくさんあるドラマだと思いました。 撮影初日は、私の誕生日だったのですがクランクインしてすぐに村上さんはじめ、スタッフの方々、プロデューサーの方々、皆さんにケーキでお祝いしていただきました。 サプライズはとても嬉しく、そのお心遣いにとても幸せな気持ちで初日を迎えることができました。 (赤沢実里役を演じるにあたって)とても真面目でいつも真剣に事件と向き合うガンさんがふと力が抜けて心が解かれる瞬間を作りたいと思いました。 癒されるような瞬間、思わず笑ってしまうような瞬間を無意識に相手に与えられるような、明るく快活で自由な発想を持つ女性をイメージしました。 私の役は事件と向き合う刑事ドラマの中で、少しだけ、見てくださる方々もフッと力を抜ける場所として、皆様にお届けできたらと思っています。 是非、皆様楽しみにご覧になってください。 竹井隆三(田中要次) 広域暴力団「常道会」組長 あらすじ 定年まであと10年の岩倉剛(村上弘明)は、50歳になる誕生日の目前、捜査一課から所轄の南大田署に異動となる。 その直後に管内で独居老人が殺される事件が発生。 彼は元交番勤務の後輩刑事・伊東彩香(志田未来)と共に事件の捜査に加わる。 その後、管内で新聞記者の自殺も発覚。 行く先々で事件を呼ぶと言われるベテラン刑事が卓越した観察眼と人並外れた記憶力で難事件を解決に導く。 原作情報 原作 堂場瞬一『ラストライン』(文春文庫) 堂場瞬一の人気作品「アナザーフェイス」シリーズに続く新たな警察小説の誕生! 週刊文春に連載され話題となった「ラストライン」シリーズの第一弾。 放送情報 「ラストライン」オススメ番組が放送されます。 ドラマの見所や出演者情報が満載なので、ぜひご覧ください。 本作は、「刑事・鳴沢了」シリーズ、「警視庁失踪課・高城賢吾」シリーズ、「アナザーフェイス」シリーズなど、重厚で正統派のベストセラーを多数生み出している警察小説の旗手・堂場瞬一が手掛ける同名小説「ラストライン」シリーズ、初のドラマ化作品となります。 主人公は捜査一課から所轄の南大田署に異動してきたばかりで定年まであと10年のベテラン刑事・岩倉剛。 主人公・岩倉剛を演じるのは、「犯罪の回送」(テレビ東京)、「喪失の儀礼」(テレビ東京)、「刑事の証明」シリーズ(テレビ東京)など、数多くのテレビ東京サスペンスドラマで主演を務めてきたベテラン俳優・ 村上弘明。 そして、岩倉の相棒となる元交番勤務で同じく異動してきたばかりの新人女性刑事・伊東彩香役を「ハケン占い師アタル」 テレビ朝日 「監察医 朝顔」 フジテレビ など話題作に出演、2020年6月に公開を控えるアニメ映画「泣きたい私は猫をかぶる」では主演声優を務める実力派女優・ 志田未来が演じます。 この二人がタッグを組み、難事件を解決へと導いていきます!今作を盛り上げる豪華共演者の続報にも是非ご期待下さい! あらすじ 定年まであと10年の岩倉剛(村上弘明)は、50歳になる誕生日の目前、捜査一課から所轄の南大田署に異動となる。 その直後に管内で独居老人が殺される事件が発生。 彼は元交番勤務の後輩刑事・伊東彩香(志田未来)と共に事件の捜査に加わる。 その後、管内で新聞記者の自殺も発覚。 行く先々で事件を呼ぶと言われるベテラン刑事が卓越した観察眼と人並外れた記憶力で難事件を解決に導く。 役紹介 ・ キャストコメント 岩倉剛(村上弘明) 捜査一課から所轄の南大田署に異動してきたベテラン刑事。 村上弘明 コメント 「ラストライン」は、真実を突き止めるためひたすら全力で事件に向き合う刑事のあるべき姿を、堂場さんが願いと理想をこめて主人公岩倉剛に託した作品だと思います。 岩倉の優先順位は、あくまで真実の探求と犯人の逮捕です。 そのためには手段を選ばず、少々ドラスティックに法すれすれのことまでやってのけます。 まさにこんな刑事がいてくれたら。 早急な犯人逮捕と冤罪を失くすという一般市民の願いがこめられた作品であり、岩倉剛という人物像にその願いが集約されていると感じながら、この役に取り組みました。 ドラスティックな刑事、痛快なエンターテインメント作品であるとともに、その根底には多様性をめざす社会において、同調圧力によって真実を埋没させてはいけないという願いがこめられています。 「ラストライン」面白くて、せつないドラマです。 ぜひ、観てください。 志田未来 コメント 私が演じる彩香は岩倉さんとバディで、ずっと一緒に行動させていただく役なのですが、台本で読んでいた時より村上さんが目の前で演じてらっしゃる方が華やかでかっこよくて、すごく魅力的だなと思いながら隣でお芝居させてもらいました。 村上さんは一緒に話し合って役を作り上げてくださり、その辺りは岩倉さんと彩香の関係性と同じなのかなと思います。 私は刑事役の経験が少ないのですが、今回は彩香も新人ということで、そこが重なればいいな、一生懸命さが出ればいいなという思いで演じました。 堂場さんが私のお芝居を見て彩香にぴったりだと言って頂けことがとても光栄で嬉しかったです。 いろんな事件が絡み合い、目が離せない作品になっています。 是非ご覧ください! 原作者・堂場瞬一 コメント 会社勤めが長かったせいか、物書き専門になった今でも、「定年」にはこだわりがあります。 これまでの仕事をどう仕上げていくか、50代はどう生きていけばいいのか——自分なりのそんな思いや疑問をぶつけた小説が「ラストライン」です。 今回は、素敵なキャストでドラマになりました。 映像で動き出す物語を楽しみにしています。 プロデューサー 川村庄子 (テレビ東京)コメント 大好きな堂場瞬一さんの新シリーズ第一弾をこの度SPドラマ化でき、嬉しい限りです。 初めの事件で社会問題の「独居老人の孤独」が浮き彫りになったかと思いきや、また事件が起き、二つが絡み合い、遂にピカソの絵にまで捜査は及び……二転三転するストーリーに加え、登場人物たちのキャラが際立ち、底知れない面白さがあります。 主人公・岩倉剛は記憶力抜群で優秀なベテランにも関わらず、行く先々で大きな事件が起きるため「事件を呼ぶ男」=「厄介者」「ヤバい刑事」と煙たがられる一面も。 「こういう時は、メモを取らないほうがいい」岩倉はそんなアドバイスをします。 マニュアルに捉われず、空気を読み、気になったらすぐに調べる。 刑事の経験と勘を大切にし、間違いに気づけば大きな勢力にもストップをかける。 他にも、元部下の上司、女優で二十歳年下の恋人、堂場さんの小説「神の領域」の主人公・検事城戸南、まさかの黒幕と犯人など、続々登場するドラマのキーマンたちを壮々たる俳優の皆様が演じてくださっており、最後まで目が離せません。 原作の世界観のもと、スケール感・エンタメ感満載でお届けします。 「アナザーフェイス」等幾つもの傑作が放送されてきた中、また一味違う、新たな堂場瞬一原作ドラマを楽しんで頂けたらとても嬉しいです。 原作情報 原作 堂場瞬一『ラストライン』(文春文庫) 堂場瞬一の人気作品「アナザーフェイス」シリーズに続く新たな警察小説の誕生! 週刊文春に連載され話題となった「ラストライン」シリーズの第一弾。

次の