みぞおち 痛い。 お腹やみぞおちがキリキリと痛い!5つの症状の原因と治し方!

みぞおちが痛い!真ん中や左右で原因が違う?胃以外の病気かも!

みぞおち 痛い

みぞおちの痛みは「胃の痛み」と表現されることもあり、その原因にはさまざまなことが考えられます。 みぞおちのところがキリキリ差し込むように痛い• 胸焼けがしてみぞおちのあたりも痛む• 階段を上るとみぞおちのあたりが苦しい… このような症状が見られた時、原因として考えられることにはどのようなものがあるでしょうか。 みぞおちの痛みを引き起こす病気 みぞおちの痛みは、なんらかの病気によって引き起こされている場合があります。 みぞおちの痛みを起こす胃腸の病気は? みぞおちの痛みの原因が胃腸にある場合、考えられる疾患には以下のようなものがあります。 逆流性食道炎 は、強い酸性である胃酸が逆流することにより、食道の粘膜がただれたり、潰瘍ができたりする病気のことです。 食後の胸焼け、げっぷ、喉に酸っぱいものがこみあげる感じ、胸のつかえ感などがよくある症状です。 腸閉塞 とは、なんらかの原因により腸の通過障害を起こしている状態です。 過去にお腹の手術を受けたことのある方は、他の人に比べてなりやすいといわれています。 症状として、腹痛や便秘・ガスが出ないことによるお腹のハリやなどの症状が現れます。 過去にお腹の手術をしたことのある方でこのような症状が現れた場合、早めに病院を受診するようにしましょう。 みぞおちの痛みを起こすその他の原因は? 必ず起こるものではありませんが、以下のような病気でもみぞおちの痛みを感じる場合があります。 尿路結石 結石はごく小さなものであれば症状が現れないこともありますが、尿の通り道がふさがれたり、尿に流されて結石が移動したりすると強い痛みが生じます。 痛みは結石のある下腹部や腰回りから始まることが一般的ですが、みぞおちの痛みから始まることもあります。 受診の目安とポイント 受診の目安には以下のようなものがあります。 痛みの程度が強い• いつまでも痛みが治らない• 痛み以外の症状がある このような場合には早期に受診しましょう。 痛みの原因によって専門科目は異なりますが、まずは近くの内科やかかりつけなどで相談するとよいでしょう。 受診の際のポイントとして、痛みの出る部位やタイミング、痛み以外の症状の有無などを医師へよく伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 食べ過ぎ・飲み過ぎ 暴飲暴食、アルコールの飲みすぎで胃腸に負担がかかり、みぞおちが痛むことがあります。 食べ過ぎ・飲み過ぎた時には 暴飲暴食を控えることは当然ですが、食事の時間も大事です。 夜遅くの食事や朝食を抜いて1日2食にしたりすると、胃腸に負担をかけてしまいます。 3食きちんと規則正しい食生活を送りましょう。 刺激物の摂りすぎ 唐辛子やニンニクなどの刺激物も胃の粘膜を刺激するため、摂りすぎはみぞおちが痛む原因になります。 刺激物を摂りすぎた時は 香辛料を多く使った料理やコーヒーなどの刺激物は適量にしましょう。 刺激物を摂りすぎたことでみぞおちが痛む時は、消化の良いものや胃に負担をかけないものを中心に食事を摂り、胃を休ませるようにしましょう。 よくならないときには 症状がよくならない時には一度病院を受診してみましょう。 思いもよらない原因が潜んでいる場合もあります。

次の

みぞおちが痛い!真ん中や左右で原因が違う?胃以外の病気かも!

みぞおち 痛い

家でのんびりしているときや外出先など、 それは時と場所に関係なく突然やって来る。 そう、 お腹やみぞおちが急に痛くなるってことは たぶん誰でもありますよね? ただ、 お腹やみぞおちなどチクチクキリキリと痛くなっても、 ほとんどの場合はトイレに1回行けば治ると思います。 しかし、まれに トイレに駆け込んだ後も痛みが続くことがあります。 実はこれはちょっと問題があるかもしれません。 具体的に問題というのは病気である 可能性があるということです。 しかも、場合によってはすぐに病院に行ったほうが いいこともあるので注意が必要です。 また他にも日常的に痛いときなども 気をつけなければいけません。 そこで今回はみぞおちやお腹が痛い場合の 5つの原因と治し方についてご紹介します。 1.過敏性腸症候群 まずは実際に解説している動画があるのでご覧ください。 お腹の辺りがキリキリと痛くなる原因としては 「過敏性腸症候群」と呼ばれる病気の場合が多いそうです。 たぶん名前を聞いてもなんだそれって 思う人も多いかと思います。 主な症状としては下痢が続く、便秘が続く、 または両方が交互に来るという3つのものがあります。 理由はわかならいけどしょっちゅうお腹が痛い場合は 実はこの病気だったということもあるわけです。 この病気になる原因としてはストレスなど 心理的異常で起こると言われています。 先進国で多く見られる症状で日本人は10%~15%ぐらい この病気にかかっていると認められているそうです。 そう考えるとちょっと怖くなってきますね。 しかも、特別な治療法がなく、生活習慣の改善や、 ストレスを解消するという感じになるそうです。 こういったことで軽減することはできるかもしれませんが、 完全に治るということは少ないそうです。 現代社会においてストレスを受けないようにするのは、 相当難しいというか働いている限りはほとんど無理ですよね。 普段の生活の中でリラックスする方法を見つけて、 なるべく症状が起こらないようにしていく感じになりますね。 2.急性胃炎 まずは実際に解説している動画があるのでご覧ください。 動画では胃腸炎の解説ですが、胃炎とも繋がる部分が多いので。 上腹部やみぞおち辺りが痛い場合は 急性胃炎の可能性があります。 胃の粘膜が急性的に炎症を起こすものです。 短時間のうちに吐き気や嘔吐、食欲不振など 明らかな異変が症状として現れます。 主な原因としては以下のようなものが上げられます。 1.コーヒー、アルコール、辛いものなど刺激のある飲食物の過剰摂取。 2.抗生物質など薬による副作用 3.ストレス 5.風邪などのウイルスによる感染症 6.食物によるアレルギー 治療法としては原因がわかっている場合は、 それを止めるなり 元となるものを除去するそうです。 ただすでに胃が炎症をしているので、 半日~1日の間は物を食べてはいけないと言われています。 また飲みも物も冷たいものを避けて、 ぬるま湯などを飲むようにします。 さらに症状にあわせて薬を服用していくそうです。 絶食をした後も脂っこいものなどは避けて、 おかゆなどやわらかい消化の良い物から 慣らして食べていきましょう。 まあ何にしてもすぐに病院に行きましょうってことです。 こんなことを言っては元も子もないのですが、 やはり専門の人に診てもらわないと詳細はわかりませんからね。 3.慢性胃炎 それではまずは参考までに動画のほうをご覧ください。 急性胃炎の場合はちゃんと対処すればすぐに治りますが、 まれに 慢性的にキリキリシクシク痛みが伴う場合があります。 特に空腹時などに症状が強まり、食欲が出なかったり、 吐き気などもあり常に状態があまり良くないことが続きます。 この場合は慢性胃炎の可能性があります。 主な原因としては以下のようなものが上げられます。 1.ピロリ菌 2.過度の喫煙や飲酒 特に ピロリ菌という可能性は高い傾向にあります。 治療法としてはまずは 胃の中を検査する必要があるそうです。 まあこれも病院に行って検査が必要ということです。 4.胃潰瘍 こちらも実際に解説しているものがあるのでご覧ください。 みぞおちが痛む原因としては胃炎以外にもあります。 その1つが 胃潰瘍です。 こちらの場合は胸やけ感、酸っぱいゲップ、 さらに出血が伴ったりなどの症状がでるそうです。 主な原因としては以下が上げられます。 1.ストレスや過労 2.ピロリ菌 ストレスや過労などでは大きな要因となりますが、 最近ではピロリ菌もかなり影響しているようです。 治療法としてはバリウム検査や内視鏡検査して、 胃に穴が開いていないかをチェックするそうです。 開いていない場合は手術の必要はなく、 胃酸を押さえる薬の服用や食事療法で治していきます。 胃がん そしてこちらも同じく解説している物があるのでご覧ください。 先ほどのチェックをした際にがん細胞が見つかると、 胃がんということになります。 こちらも 原因の1つとして生活習慣やピロリ菌とされています。 ここでもまたピロリ菌がいますね。 もう、こいつは本当にやっかいなやつですよね。 ちなみに胃がんは初期症状が殆どありません。 早期発見できれば内視鏡で治療もできるそうなので、 回復の可能性もグッと高まるそうです。 違和感があればこまめなチェックが必要です。 また関連記事として以下も良ければご覧ください。 1. 2. 3. 4. まとめ ここまではお腹やみぞおちが痛い場合の 5つの原因と治し方についてご紹介しました。 ただここに書いているのはあくまでも参考程度の情報なので、 違和感があれば必ず病院に行って検査してくださいね。

次の

みぞおちが痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

みぞおち 痛い

胸の前で肋骨(一般的に「あばら骨」と呼ばれる)が重なっていますが、その下の骨がない部分のことを指します。 ちょうどその場所には胃や膵臓が位置しています。 よく「みぞおちを殴られると痛い」といわれますが、これはみぞおちの奥に多数の交感神経が通っており、痛みに敏感なためです。 みぞおちには、主要な臓器が位置し、多数の交感神経も通っているにもかかわらず、骨に覆われていません。 そのため、体の不調が出やすい場所なのです。 日常的なものから深刻な病気まで!痛みの原因 みぞおちの痛みの原因は、日常的なものから深刻な病気までさまざまです。 パーツ別に、考えられる原因をご紹介します。 心臓の病気 心筋梗塞 「みぞおちが痛い」というと、胃腸や膵臓が不調なのだと思われがちですが、実は心筋梗塞の疑いもあるんです。 心筋梗塞は一般的に肥満傾向にある中年男性が患うといわれていましたが、女性が患う可能性も十分にあります。 みぞおちに圧迫感のある痛みを感じたり、冷や汗、吐き気があるときは、すぐに受診しましょう。 胃の病気 食あたり 腐った食べ物を食べてしまったときや、海外の水・井戸水が体に合わなかったときに、胃やみぞおちに激しい痛みを感じたり、下痢や吐き気をもよおしたりします。 急性胃炎 みぞおちがキリキリと痛む場合は急性胃炎の可能性があります。 食中毒やウイルス、ストレスによって胃の粘膜がただれてしまうことが原因です。 逆流性食道炎 みぞおちが痛むだけでなく、胸やけや吐き気もするのであれば、逆流性胃腸炎の可能性が高いです。 胃の中の食べ物を消化して、それを腸に運ぶ機能が低下し、胃の中にいつまでも食べ物が残ってしまうため、胃もたれを起こしてしまいます。 また、症状が幅広いのも逆流性食道炎の特徴です。 胃酸が過剰に分泌されるのが原因で、咳が出たり、耳が痛くなるのもこの病気の症状です。 腸の病気 十二指腸潰瘍 空腹時に特に痛んだり、みぞおちから右わき腹にかけて痛みがあったりする場合は、十二指腸の可能性が高いです。 潰瘍が深くなると、膵臓を突き抜けて、痛みが背中に達します。 みぞおちだけでなく背中にも痛みを感じたら、病状がかなり悪化している証拠です。 急いで病院に行きましょう。 盲腸 我慢できないほどおなかが痛くなり、手術すれば治る病気として、知っている方も多いですよね。 そんな盲腸の初期症状にも、みぞおちの痛みといった症状が見られます。 胆石というと、中年男性に多いイメージがありますが、30代以降の女性にもよくみられる病気なので注意が必要です。 膵臓の病気 膵臓がん 肝臓と同じく「沈黙の臓器」とよばれる膵臓は、その呼び名の通り、さまざまな臓器に囲まれていて症状が出ても分かりにくいです。 そのため、膵臓がんを患っても発見が遅れる場合が多いです。 初期の症状は特になく、進行してくるとみぞおちの痛みや違和感、体重の減少が生じてきます。 膵炎 この病気を患う人は年々増えており、女性に多いのも特徴です。 この病気はお酒の飲みすぎが主な原因です。 激しいみぞおちの痛みを伴います。 膵炎によるみぞおちの激しい痛みは、おへそまで及んだり、背中まで突き抜ける場合があり、咳や急な動き、深呼吸さえも耐えられないほどになってしまいます。 どれも劇的なものではないため、我慢してしまい、気が付いたころには進行してしまっている、というケースが多いです。 たばこを止めるなど生活習慣の改善や定期的な健康診断が一番効果的でしょう。 自律神経の乱れ 過度な精神的ストレスだけでなく、夏はエアコン、冬は暖房による過度な温度差も自律神経の乱れを引き起こす原因になります。 また、昼夜逆転した生活や、乱れた食生活など、不規則な生活習慣も自律神経の乱れを引き起こします。 自律神経は胃や十二指腸をコントロールしているため、胃酸の過剰分泌によって胃や十二指腸の粘膜が傷つき、みぞおちが痛むことがあります。 キリキリとした痛みがある場合は、この原因を疑う必要がありそうです。 みぞおちの痛みには注意が必要です みぞおちはさまざまなパーツに通じる場所です。 日常的な痛みの原因から、もちろん深刻な病気の可能性もあります。 「なんとなくみぞおちが痛いな」と感じている方で、放置してしまっている方も意外と多いのではないでしょうか? 病院を受診する際には「いつから」「どの辺が」「どのように」「どれくらい」痛いのか、正確に説明できるようにしておきましょう。 先延ばしにせず、早めに病院を受診しましょう。

次の