レールガン レベル 5。 FIVE_annualreport2016.candafoundation.orgase_”RAILGUN”(ファイブオーバー モデルケース・レールガン)

海外の反応【とある科学の超電磁砲T (3期)】第7話 美琴と黒子の信頼関係良き…(レールガン)

レールガン レベル 5

一位 一方通行(アクセラレータ)本名不明 能力は一方通行(アクセラレータ)。 体表面に触れたあらゆる向き(ベクトル)を操ることができる。 基本的には重力や酸素などの生きるのに必要な力を除いた全てを反射するよう無意識下で設定している。 そのため遠距離狙撃や不意打ち、果ては寝込みを襲うという手段を持っても傷一つつけることができない。 二位 垣根 帝督 能力は「この世に存在しない新しい物質」を作りだし(もしくは引き出し)、その物質の既存の物理法則を塗り替える『未元物質(ダークマター)』。 主な使い方としては飛行、防御、攻撃するための六枚の翼を形成するなどがあるが、それが天使の翼にも似ているせいか、一方通行に似合わないと言われた(本人にも自覚はある模様)。 翼はやや発光する。 打撃、斬撃、烈風等戦闘に関してはかなりの応用性を持ち、この翼は透過した太陽光を殺人光線に変えるなどの『未元物質』としての性質もある。 三位 御坂美琴 能力は電撃使い(エレクトロマスター)。 同系の頂点に位置している美琴は超電磁砲(レールガン)の異名を持つ。 同系統の能力者(電撃使い)は、その威力を見せ付けられただけで力を使う前に恐怖で気を失うほど。 四位 麦野 沈利 能力は原子崩し(メルトダウナー)。 電子を波と粒子のどちらでもない状態に固定し自在に操る能力(正式な分類上では「粒機波形高速砲」と称される)。 結果として、殆ど質量を持たないにも関わらず「壁」として固定された電子は機能し、その「壁」を動かすことで圧倒的な破壊を引き起こすことができる。 威力が強すぎるので目標設定は慎重に行う必要があり、自然と発動は遅くなってしまうのが欠点。 五位 心理掌握(メンタルアウト) 本名不明。 心理掌握(メンタルアウト)。 記憶の読心・人格の洗脳・離れた相手と念話・想いの消去・意思の増幅・思考の再現・感情の移植など多種の精神系能力を一手に引き受けて使いこなす「十徳ナイフ」のような能力。 常盤台中学に在籍 七位 削板 軍覇 能力は正式名称も具体的な原理も不明。 本人は不安定な念動力に刺激を与えて爆発を起こし攻撃をする念動砲弾(アタッククラッシュ)と言っているが、時間割り(カリキュラム)に沿った理論ではその様な現象は起きない。 念動砲弾の他にも驚異的なタフさを見せたり、音速の2倍で動いたりしている。

次の

【とあるシリーズ】超能力者(レベル5)まとめ!8人目は登場するのか?【とある魔術の禁書目録】

レールガン レベル 5

概要 [ ] この装置は、電位差のある2本の製のレールの間に、を通す電気伝導体を弾体として挟み、この弾体上の電流とレールの電流に発生するの相互作用によって、弾体を加速して発射するものである。 弾体を加速し発射する力は、でわかるように、主にレールと移動をつづける弾体(電気伝導体)の接点付近に生じる。 また、直線導体による弱い磁場であるから、非常に大きな電流を流し続ける必要があり、さらに十分な発射速度を得るためには、加速に十分な距離を取る必要がある。 一方、弾体を含め電気回路を形成するためには、レールに弾体 それに取り付けられた電気伝導体)の一部が接触している必要があり、この箇所に摩擦および移動に際しての摩擦熱が発生する。 さらに摩擦が起きる電気接点において、わずかな電気抵抗でも生じれば、投入される大電流のために大きなが発生し、この電気伝導体等の一部が・化する問題もある。 弾体とレールの接点が蒸発して接点が取れなくなれば、電気回路としての装置に電流は流れず、弾体は発射装置内に取り残される。 なお、としての性質を持つプラズマにも電気伝導体としてが働くが、このプラズマが飛散してしまえば、やはり弾丸は取り残される。 このため、後述するように、電気伝導体としてのプラズマを逃がさないようにする工夫も見られ、プラズマを電気伝導体として扱うものでは、弾体自体は必ずしも電気伝導体である必要はなく、この弾体の進行方向から見て後方に薄い金属箔を貼り付ける様式もある。 このように実用化には問題が多いと考えられ、これらの装置は2012年時には、概念的な架空のものとしてや、実験段階のものや試験段階のものなど、実用化は進んでいないが、後述するように様々な利用も想定されている。 実用化の一つとして、2016年に米軍が、電磁加速砲を洋上実験する計画が明らかになっている。 2019年現在、米国、ロシア、中国、トルコなどの国家がレールガンの軍事研究を進めていると発表しており、日本においても実験室レベルでの電磁加速システムが作成されている。 技術的には米軍が最もこの分野をリードしており、陸上と艦船で何度もテストを実施している。 また、トルコ軍は多種の兵器応用能力を備える電磁砲を開発し、国際防衛見本市で販売している。 構造 [ ] レールガンの原理的な基本構造は、2本のレールと電源からなる。 これに伝導体製の弾丸を挟み込んでの電力を入力し、還流させてを形成する。 この場合、弾体には電流が流れる必要性からであるレール電極に物理的に接触している必要があるが、電流さえ流れれば伝導体はプラズマでも構わない。 なお、プラズマが弾体を押すためには、としての性質を持つプラズマが弾体を追い越さないための密封性を必要とし、このため弾体の通り道を残してレール間の隙間を塞いである(砲身として筒状をしている)が、このレールの隙間を塞いだ構造物は非伝導体()である。 弾体を砲身であるレールの間のみで加速するためには相応の電流を必要とするが、この電力供給が必要に見合えば、その形式は問われない。 ただし、程度では、レールガンを動作させるのに見合うだけの電力を短時間で供給することには見合わず、それらで発生させた電力をなどを持たない蓄電装置に蓄えるなど工夫を必要とする。 なお、単純にプラズマ膨張圧のみを弾体加速に用いる形式は、と呼ばれる別形態の装置である。 利点と実現性 [ ] レールガンが打ち出す弾体の最大速度は、理論上はレールが長く加速が長時間維持できれば上げることができるが,ローレンツ力と各種の摩擦や損失がつりあう速度が最大速度となる。 したがって、発射速度は入力した電流の量に正しない。 摩擦や損失が無視できる間は、加速度は電流の大きさに比例する。 速度表皮効果(後述)によって投入エネルギーの多くがとして奪われ、不必要なプラズマの発生によるエネルギー・ロスが発生するために、ある程度以上の高速度運動では入力エネルギーに対する加速の効果に上限が生じる。 また、速度表皮効果による上限以前に、短時間に大電流を供給する電源が必要である他、加速する距離やレールの・・耐熱限界などの物理的・技術的制約がある。 速度表皮効果 [ ] 1. ローレンツ力を受けて投射体が加速される 2. 速度表皮効果によって電流の流れる範囲が狭くなり、やがてジュール熱によって「溶解」「プラズマ化」する 3. この磁力の変化が当初の電流の変化を打ち消す方向に働くため、これが自己インダクタンスと呼ばれる抵抗である。 普通は電気回路は空間に対して固定されていたり、移動したりする場合でもそれほど高速ではないが、レールガンでは投射体の高速移動によって電流路とそれを取り巻く磁界が高速で空間を移動する。 一度発生した磁界はその中心に電流路を保持しようと働くため、移動する投射体に対しては電流路を後方に限定し、レール上の電流路は砲の先の抵抗値が上昇する。 これは交流電流によると同じように働き、移動が充分に高速であれば、まず過大な抵抗によるジュール熱によって伝導体の後端から溶解を開始し、さらに高速であればプラズマ化してしまううえ、通常の砲のように密閉されていなければ、新たな電流路となったプラズマはローレンツ力と速度表皮効果の両方を受けて複雑な挙動をしながら、結局は加速に関与しないで散逸する。 速度表皮効果をコントロールする技術が開発されれば、レールガンの高性能化は容易であると考えられている [ ]。 初速 [ ] には、550メガを入力した長さ5メートルのレールガンで、に所属するらのグループが3グラムの弾丸を5. 混同されやすいその他の投射方式 [ ] 電磁誘導によって物体を加速する装置。 そのものを弾体の推進装置とする。 コイル(ソレノイド)内に弾を通過させる方法を利用したもの。 構造上の問題からレールガンのような高初速を得にくいという欠点と、消費電力が低いという利点がある。 サーマルガン 電磁誘導ではなく入力された電流のにて弾体後方の導体をプラズマにさせ、これに伴う急激な体積の増加を利用するもの。 瞬間的なプラズマ化に伴うを利用するため、比較的低いエネルギー量でも一定速度未満であれば高い初速が得やすい代わりに、プラズマ膨張速度を超えた初速を得ることはできない。 想定される用途 [ ] 現在、レールガンは様々な分野での利用を期待されている。 比較的知られている分野では以下が挙げられる。 等の宇宙への輸送装置• 地球の衛星軌道上に存在するスペースデブリを軌道上から排除• 高速移動物体の衝突時に発生するエネルギーを研究するための設備• (宇宙ゴミ)衝突を想定したにおける新素材や新構造の研究・開発• 被破壊実験等の物理学的な実験• 軍事用途• 宇宙兵器(衝突を回避するための防衛技術も想定されている) この他、入力する電流の量により、発射速度を自由にコントロールできる事から、タイミングを計りやすい事もあり、炉への燃料ペレット投入に対する利用が期待されている。 兵器としての実用化 [ ] での試射(2008年1月) はで採用が決定した と呼ばれるの次の段階として、レールガンの技術開発に着手していることが2007年の米ネイビーリーグ(技術展示会)で発表された。 ()(ONR)でもこの事実は確認された。 ズムウォルト級駆逐艦の特色として統合電力システム IPS を採用しており、大型でを、これを船の電気系統はなおのこと推進器などのとして使う計画であるが、これを更に進めてレールガンにもこの電力を供給し発射しようという計画である。 同艦では2基のガスタービン発電機により、最大80の電力を発生させる。 この電力は全速航行時には70MWまでもが推進に使われるが、常時最大船速を出す訳ではないので、速度を落としている際に余る電力が利用されると考えられており、15~30MW程度をレールガン発射に回せれば、毎分6 - 12発の連続射撃が可能だという。 計画では揚陸作戦支援に重量15kgの砲弾を初速2. 同計画では2020 - 2025年頃を目処に実用機を艦船に搭載することを目標として、BAEシステムズ社とジェネラル・アトミックス社が32MJ砲の試作に入っており、2006年10月の時点で口径90mm・2. 4kg砲弾を砲口での砲弾運動エネルギー800キロジュール(0. 4MJを、2008年1月の試射では3. 64MJを記録している。 2010年12月10日には、約10. 4kgの砲弾を音速の約8倍(約2. これは、目標である15kgの砲弾の2. 、アメリカ海軍は、2016年会計年度中にレールガンの試作機を最新鋭の高速輸送艦ミリノケット に据え付け、洋上での実証試験に入ると発表した。 では、の度にて、「艦載電磁加速砲の基礎技術に関する研究」を記載している。 歴史 [ ] 発射速度は入力された電流に正比例する事は先に述べた通りだが、原理自体は古くから知られており、にはこれに基づいた兵器利用の実用化構想もあった程で、世界各国の軍部が事ある毎に研究してきた歴史がある。 しかし弾体が砲身に接触している事から生じる摩擦の問題を解決できなかったり、実際に発射できるだけの電流を生み出す電源が無いといった理由から、当時の技術ではこの問題を解消できずに研究は放棄され、実用化に到らなかった(一門だけのために、専用発電所が二つ必要という試算さえあった)。 に、前出のリチャード・マーシャルらのグループが の発生させる電流を用いて、従来火器よりも遥かに速い速度で弾丸を射出する事に成功、次第にその威力が現実的な物として考えられるようになり、にはの(SDI計画)により、多額の研究資金を得て、大きく発展した。 特にでは空気抵抗が無いために、高速で運動する物体の破壊力(運動エネルギー)は発射から命中までの間、ほぼ無期限に保存される事、また電源として大気越しではない太陽光が利用できる事から、と並んで宇宙兵器の有力候補に挙げられている。 だが今日では、SDI計画自体が国際情勢の変化に合わせて計画縮小され、実用性においては実績のある既存の火薬を燃焼させて発射する兵器と比較し、巨大な電源装置を必要とする等の点で問題の多い上に、実績も無いレールガンの兵器化研究は進んでいない。 その一方で、頃から技術開発や研究方面での利用も進み、様々な分野で開発・利用されている。 日本ではで、デブリ衝突などの模擬実験用に研究と同時に実用に供されていた。 なおレールガン開発の歴史は、レールガン本体の改良よりも、むしろ電源開発の歴史と述べた方が適切とされており、SDI計画においても、単極発電機の小型化が最重要課題とされていた。 今日各方面で利用されているレールガンにおいては、に(運動エネルギーの形で)蓄電された物やに蓄電した物が利用されるなどしている。 脚注 [ ] []• : electromagnetic launcher• 最新科学論シリーズ15『最新宇宙飛行論』(1991年)学研(P. 153 - 155)• japanese. china. org. 2019年7月26日閲覧。 : advanced gun system• ジャパン・ミリタリー・レビュー『』2007年7月号P. 66参照• 米国海軍研究局 - 2009年4月30日, at the. 米国海軍研究局 - 2008年01月31日発表報道資料-• Technobahn -• WIRED. COM -• : USNS Millinocket JHSV-3• ITmedia. 2014年4月18日. 米国海軍 - 2014年04月07日報道資料 -• : homopolar generator 参考文献 [ ]• 最新科学論シリーズ15『最新宇宙飛行論』(1991年)学研(P. 153-155) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 米国海軍研究局 - (英語)• 2004年6月14-16日に行なわれた国際兵器技術シンポジウム&展示会での (英語)• Military. com - (英語)• - の一般公開でおこなわれていた(2009年度頃から展示なし。 2011年に廃棄されたと言われている)主に実験用のレールガンのデモンストレーションの動画等• 個人製作のレールガンによる実験等.

次の

学園都市のレベル5の6位って誰ですか?「とある科学の超電磁砲」「とある魔...

レールガン レベル 5

御坂美琴の魅力その3 優しさ 基本的には裏表はなく、自身がレベル5であることも常盤台であることも自慢したりすることは全く無く、レベル0相手だろうと対等に接する気概の持ち主で、執拗なスキンシップを図ろうとする黒子や、最初は存在を否定していた自身のクローンの御坂妹相手にも口は悪くても親身になって接し、励ましたり協力したりしてあげています。 色々とやることを間違っていた婚后光子に対してもその持ち前の優しさで接し、彼女の色々な認識を改めさせる事となるのでした。 御坂美琴の魅力その4 ゲコ太 御坂美琴の大好きなキャラクターです。 決してそこまで可愛いのかと聞かれれば少し回答に困るキャラなのですが、御坂はそれを溺愛していて、何かしら限定ゲコ太と聞けば物凄く食いつきます。 ゲコ太が出るガチャガチャに対しては、子供ですら口出しできない異様な雰囲気で黙々と回し続け、常盤台のお嬢様でありレベル5の財力を駆使して回しまくっていました。 御坂美琴の魅力その5 幼い趣味 ゲコ太にも繋がる部分なのですが、普段は男勝りで真っ直ぐな御坂ですが、服の趣味などはとても少女っぽく、ふわふわした感じのものを好んでいます。 レールガン4人娘の中では一番幼い趣味をしてそうな初春でさえちょっと抵抗がある感じのデザインを好み、良くいじられています。 寝る時もなんか可愛らしい抱きまくらがないと寝れないようでいつも一緒に寝ていますね。 極めつけはお母さんのことをママと呼んでいます。 御坂美琴の魅力その6 妹達(シスターズ)の存在 最初は受け入れがたい存在で、嫌悪している部分も見られたのですが、最終的にはきちんと彼女たちのお姉さまとなり、気にかけてあげています。 当の妹達も口では御坂をバカにしたりする言動も多いのですが、互いにとても信頼しあっていて、何だかんだで良い姉妹のようになっていて素晴らしいですね。 御坂美琴の魅力その7 白井黒子の存在 御坂一人ではどうしても比較的真面目に片寄ってしまいがちな作品において、最高のスパイスである白井黒子の存在。 彼女がいるからこそ沢山の御坂の魅力が引き出され、我々に提供されていますよね。 いつも喧嘩のような感じですが、本当に何だかんだで二人はベストパートナーだと思います。 御坂美琴の魅力その8 ツンデレ 上条当麻に対してはいっつも顔を合わせれば喧嘩のような事をふっかけて上条からもやや鬱陶しく思われていますが、一緒に買い物をすることがあったり、優しくされたりした時の御坂の反応はとても必見です、顔はデレまくりの言動はツンまくりでもう見ていてこっ恥ずかしいですよ。 まさに正統派ツンデレという言葉が似合いますよね。 そのツンデレ効果もあったのか、禁書シリーズでは一時期はメインの方の主役のいんなんとかさんを抑えて人気ランキングで首位でしたからね。 御坂美琴の魅力その9 かわいい ツンデレな部分もそうですが、見た目も非常に人気ですよね。 確かに普通にめっちゃかわいいですし、当然人気も出るルックスです。 強いて言うならスタイルが少しだけ物足りないのですが、そこも御坂の魅力といえば魅力ですし、彼女の母はとてもナイスなバディですので御坂にもまだまだ未来はありますからね(笑) 御坂美琴の魅力その10 超電磁砲(レールガン) なんと言ってもこれでしょう、はじめてみた時は本当に超かっこいいと思いました。 中二心を思いっきりくすぐられましたね。 彼女の代名詞でもあるレールガン、名前もかっこいいですし、技としてもとてもかっこいいです。 かっこいいしかいってないですけど(笑)本当にこれを出した時の御坂には心が踊ってしまいました。 御坂美琴の魅力まとめ とても正義感が強く、男勝りでありながらも少女趣味でツンデレというね、なんか沢山の属性を持っている御坂ですが、その属性を持て余すこと無く使用しているのがまたヒロインって感じですね。 ぜひ皆様もアニメや原作で御坂美琴の可愛さに触れてみてください。 それでは最後まで読んでいただきあり難うございました。

次の