ウォーター サーバー 割高。 ウォーターサーバー売れ筋・人気商品おすすめランキング【2019年版】

ウォーターサーバーは高い? 贅沢??──家庭で使っている人たちの節約意識調査

ウォーター サーバー 割高

特典スタート0円キャンペーン実施中!新規お申し込みで初回お届けボトル&開始月のサーバーレンタル料無料!さらに、「エコバッグ」をプレゼント!また、他社からのお乗り換えで現金5,000円をプレゼント!さらに 当サイト限定で2回目の注文時のボトル2本が無料!当サイト限定キャンペーンにお申し込みされる方は、公式サイトのお申し込みフォームの連絡欄に「 TCP001」と記載ください。 記載されていない場合、限定キャンペーン対象外となってしまいますのでご了承ください。 2回目のお届け本数は、ご利用のボトル、お住まいの地域により異なります。 ボトル種別にかかわらず2本分が無料となり、それ以外のボトルは有料となります。 期間 2020年9月30日まで 特典スタート0円キャンペーン実施中!新規お申し込みで初回お届けボトル&開始月のサーバーレンタル料無料!さらに、「カラビナ付きステンレスボトル」をプレゼント!また、他社からのお乗り換えで現金5,000円をプレゼント!さらに 当サイト限定で2回目の注文時のボトル2本が無料!当サイト限定キャンペーンにお申し込みされる方は、公式サイトのお申し込みフォームの連絡欄に「 TCP001」と記載ください。 記載されていない場合、限定キャンペーン対象外となってしまいますのでご了承ください。 2回目のお届け本数は、ご利用のボトル、お住まいの地域により異なります。 ボトル種別にかかわらず2本分が無料となり、それ以外のボトルは有料となります。 期間 2020年9月30日まで 比較をする前に、そもそもウォーターサーバーにはどのようなコストがかかってくるのかをおさらいしておきましょう。 お水代 ウォーターサーバーでは、注文するボトルの数で月々の料金が決まってきます。 使用した分だけコストがかかるという仕組みなのでわかりやすいですよね。 現在はボトル1本12Lというのが主流で、ほとんどのメーカーでもメイン商品は12Lのものが多いです。 価格は天然水なら1Lおよそ120~130円、RO水なら1L100円くらいというところでしょうか。 最近では女性やシニア世代の方でも利用しやすいよう、小分けにした8Lボトルなんかも人気になっています。 ポイントは、 1Lあたりまたは500mlあたりなど細かく計算してみることです。 そうすることで、よりお得に利用できるウォーターサーバーを探せます。 お水の料金比較はこちらをご覧ください! サーバーレンタル代 ウォーターサーバーは、メーカーからサーバー本体をレンタルし家庭で利用するという方式になっています。 メーカーによっては、買い取りのウォーターサーバーを提供しているところもあったりするのでこの限りではありませんが、ほとんどのウォーターサーバーはレンタル方式が主流です。 サーバーのレンタル費用に関しては、無料で提供しているメーカーも増えてきています。 料金がかかるところでは、 毎月500円~1000円ほどが相場ですので、こちらもよく確認してみてください。 サーバーの比較はこちらをご覧ください! 配送費用 ウォーターサーバーサービスは、ボトルを定期的に自宅まで届けてくれます。 たいてい配送間隔も自分で選択できる場合が多いので、ますます便利になってきています。 ボトルの配送費用に関しては無料のメーカーも多いようですが、 一部配送地域は送料がかかるところもあるため要確認です。 電気代 ウォーターサーバーは、いつでも冷水と温水を使い分けられるというところに大きな魅力があります。 よって電源は常に入れている状態にしておかなくてはなりません。 平均で毎月800円~1000円くらいの電気代がかかります。 しかし最近では、省エネモードを搭載している次世代型ウォーターサーバーも登場してきていて、 350円や400円と謳っているメーカーもあります。 電気代は、ウォーターサーバーのコストの中でも大きな部分を占める項目なので、しっかり計算に入れてください。 電気代の比較はこちらをご覧ください! メンテナンス費用 ウォーターサーバーは家電製品であり、常に水を扱っている機械です。 衛生的に利用するためにも定期的なメンテナンスは欠かせません。 このメンテナンス費用に関しては、メーカーによってさまざまなサービスの形があります。 代表的なのは、通常時のサーバーレンタル代は無料で、年に1回のメンテナンス費用が5000円というメーカー。 そして毎月のサーバーレンタル費用はかかるが、メンテナンスは無償で提供というメーカーです。 この辺りは他のコスト、たとえばお水代も含めて細かく計算しないと メーカー別にどこがお得であるかを導き出すのが難しいでしょう。 中には高性能の自動メンテナンス機能を兼ね備えたウォーターサーバーもあり、原則メンテナンスは不要としているメーカーもあります。 注意点まとめ ウォーターサーバーにかかる費用は、おおむね先述した5項目が中心になるでしょう。 問題はウォーターサーバーを選ぶ際に、どんな点に注意して比較したらよいのかというところですよね。 毎月どのくらいの水を使うのかを把握する 家族で使うのか、ひとり暮らしで利用するのか、はたまた飲み水だけで使うのか、料理にも使用するのかなど、各家庭によって水の使用量はまちまちです。 毎月どのくらいの水を使うのかを把握することは、非常に大切なポイントです。 たとえば気に入ったウォーターサーバーを見つけた時に、サーバーレンタル代や電気代が高かったとします。 ですがあまりお水代がかからない人であれば、お水代を抑える代わりにそのような維持費に費用を割くという考え方もできますよね。 その逆で、お子さんが多いご家族であれば水の消費量も多くなりますから、とにかく水のお値段が安いところを選ぶことを考えるべきだと思います。 近頃はお水代初月無料というメーカーも多くなっているため、まずはどのくらい必要になるのかをそこで見極めるというのもいいかもしれません。 すべてのコストを計算して月額費用を割り出す 先述したウォーターサーバーにかかる5項目のコストを計算して、総合的にどのくらいの費用がかかるのかという「月額費用」を導き出すのも大切です。 各メーカーで、最低の注文本数も違えば、電気代、サーバーレンタル代など常にかかるランニングコストにも幅があります。 気になるウォーターサーバーが見つかったら、 いったん月額費用を調べてみるとより、どこがお得なのかが明確になるでしょう。 ちなみに料金がどこも似たようなものだったとしたら、各メーカーが提示しているキャンペーン情報に注目してみてください。 中には「ボトル4本プレゼント!」、「キャッシュバックキャンペーン実施中」というサービスを展開しているところもあります。 迷ったら最後の決め手にするのもありだと思います。 月額費用の比較はこちらをご覧ください! キャンペーン情報はこちらをご覧ください!.

次の

ウォーターサーバーの汚れ掃除 お手入れ方法をわかりやすく解説

ウォーター サーバー 割高

当サイトの価格表記は、すべて税抜きです。 ウォーターサーバーのコスパは?ペットボトルと水の値段を比較 ペットボトルの水を頻繁に購入して手間を感じている人は、 「もしかしてウォーターサーバーの方がコスパがいいんじゃない?」と思う人もいるのではないでしょうか。 水の値段を、ウォーターサーバーとペットボトルを比較した実際の例を見てみましょう。 上の表を見ればわかるとおり、値段で言うとウォーターサーバーより ペットボトルの方が安いです。 また、単純に値段だけで考えるなら、当然ながら水道水が一番安いのは間違いありません(2Lでも1円以下)。 ただ、コスパは「費用対効果」なので、単純に「安い=コスパが良い」とは言えませんよね。 「その値段を出してどれだけお得があるか」が比べるポイント。 ペットボトルは、冷水を飲むには冷蔵庫内で冷やし、お湯はポットなどに入れ替えて沸かす必要があります。 ウォーターサーバーは、 すぐに冷水と温水が使える便利さが「お得」なポイントでしょう。 「おいしい水をより手軽に飲みたい」と感じている人にとって、ウォーターサーバーはコスパが良いと言えます。 コスパ良好のおすすめウォーターサーバーを紹介 【料金早見表】 ここからは 「ウォーターサーバーのなかでも特にコスパの良いものが知りたい」という人のために、さまざまな観点で「コスパ」を考え、5つのメーカーをピックアップしました。 それぞれのウォーターサーバーの特徴やおすすめのポイントを見ていきましょう。 とにかく月額料金を安くしたい人におすすめ|ワンウェイウォーター Smart 12Lボトル1本1,250円と、 水が業界内でも安いメーカー。 ボトルは本体の下部に設置するタイプで交換がラクだったり、ecoモード搭載と、機能もお得感がある使いやすいウォーターサーバーです。 サーバー 平均月額料金 月額約2,500円 500ml換算 約52円 水の種類 RO水 水代 月2,500円 レンタル代 0円 その他 0円 編集部のおすすめ理由• ボトルの設置場所が足元なのでラクに交換できる• 12Lボトル1本1,250円の低価格• ecoモード搭載で、使わないときは電力50〜60%OFFになり省エネ 一人暮らしの人にもおすすめ|アルピナウォーター エコサーバー 天然水をろ過した水が12L1,050円という安さで、定期購入のノルマもなし。 そのため、一人暮らしの人でも使い切れる本数分だけ注文することができます。 ランニングコストがかなり抑えられるので、 「とにかく安くおいしい水が飲みたい人」にはコスパがいいでしょう。 サーバー 平均月額料金 月額2,972円 500ml換算 約43円 水の種類 RO水 水代(24L) 月2,100円 レンタル代 872円 その他 0円 編集部のおすすめ理由• 12Lボトルの値段が1,050円と、各社標準約1,600円と比べ安い• 注文ノルマがないので、一人暮らしの少ない消費量でもボトルがたまらない• 専門スタッフが配達・回収、サーバー無料交換とサポートが手厚い 赤ちゃんがいる方にもおすすめ|クリクラ クリクラ省エネサーバー 特に子育て向けのウォーターサーバーとして、多くの産院やママに選ばれてきた実績があるメーカー。 水代も安い上に、 メンテナンスなどのサポートも充実していて、 「安心感がある」のがお得な点でしょう。 サーバー 平均月額料金 月額2,704円 500ml換算 約56円 水の種類 RO水 水代(24L) 月2,704円 レンタル代 0円 その他 0円 編集部のおすすめ理由• 故障時の無償対応や、1年に1回サーバーを回収して無料メンテナンス• 省エネサーバーを選べば電気代が約半分に(同社比)• しかしその分、交換しやすい軽量の水パックなど「優秀なサーバー」として、 値段以上の付加価値があると言えます。 サーバー 平均月額料金 月額3,840円 500ml換算 約79円 水の種類 天然水 水代(24L) 月3,840円 レンタル代 0円 その他 0円 編集部のおすすめ理由• グッドデザイン賞とキッズデザイン賞を受賞したデザイン性の高さ• 3つの採水地が選べる天然水• ボタン操作、軽量の水パック、省エネモードなど使い勝手よし 水を大量に使いたい方におすすめ|ウォータースタンド ナノラピア ガーディアン 「水道直結型」という、 水道水を使うタイプのウォーターサーバー。 よって水代は圧倒的に安く、 料理などにたくさん使っても値段が気になりません。 冷水と温水、常温水が安く楽しめるのがお得なポイントです。 サーバー 平均月額料金 月額4,483円 500ml換算 約0. 125円 水の種類 水道水をろ過 水代 (飲み放題) 0円 レンタル代 4,483円 その他 0円 編集部のおすすめ理由• 「水道直結型」タイプで、水道水を浄化して使用するので水代が圧倒的に安い• 卓上型で奥行23cmのコンパクト設計• 瞬間冷温水機能で、タンクレス&省電力 ウォーターサーバーの値段の内訳と月々の使用量の目安は? ここでは、 「ウォーターサーバーの月額料金ってわかりにくい…」とお困りの方のために、月の値段の内訳を紹介します。 しかし、ウォーターサーバー生活における水の消費量は、「家族構成は何人か、水をどれくらい飲むのか、料理には使うのか…」という違いがあるため、家庭によってまちまち。 大まかな目安を算出するのであれば、大人一人で「平均12L/月」といわれています。 ウォーターサーバーの値段の内訳 編集部おすすめのコスパ良好サーバーであるアルピナウォーターのエコサーバーを例に挙げて、料金の内訳を紹介します。 項目 平均月額(24L換算の場合) ボトル料金 2,100円 レンタル料 872円 電気代 (エコモード使用時) 537円 配送料 無料 メンテナンス料 無料 合計 3,509円(+その他の費用) 上記は、あくまでアルピナウォーターの値段の内訳例です。 メーカーによりボトル代に差がありますし、レンタル代が無料だったり、配送料が場所によっては発生したりとさまざま。 月額の値段を比較するためには、 水代やレンタル代などを足したトータルの金額を算出して比べるとよいでしょう。 とはいえ、値段の大半を占めるのが水代。 水の値段を比較する際の最大のポイントは、自分の家庭の水消費量がどのくらいかを知っておくことです。 たくさん水を使う家庭で値段が高い水を使えば、当然ながら月々の料金は割高になります。 逆に、水をあまり使わない一人暮らしの方なら、 「おしゃれなサーバーでちょっと高い天然水を楽しんでみようかな」という選び方もできます。 水の使用量の目安を詳しく見たい方は、「」を参照して下さい。 あなたはどのくらい?月々の水使用量の目安 実際、自分の家庭はどのくらいの水使用量なのかわからないですよね。 下記の表に、世帯人数別の水使用量の目安をまとめてみたので、参考にしてみてください。 一人暮らしの場合 平均水使用量(目安) 平均注文本数 よく外食に行く人 12L 1本 よく自炊+コーヒーなどを飲む人 30L 2~3本 家族がいる方の場合 平均水使用量(目安) 平均注文本数 大人2人 子ども0人 24L 2本 大人2人 子ども1人 36L 3本 大人2人 子ども2人 48L 4~5本 当然ながら、 家族が増えると水の使用量も増えます。 そのため、「ペットボトルの方がリーズナブル」というのは理解していても、月48Lもの水をペットボトルで用意すると買い物が大変ですよね。 また空きボトルも次々に出ることになり、資源ごみを処理する手間も増えます。 ペットボトル・水道水にはない5つのメリット 料金だけで考えると水道水やペットボトルに比べて、決して「コスパがよい」とはいえないウォーターサーバー。 しかし、ウォーターサーバーの利用には多くのメリットがあります。 具体的にどのようなものがあるか見ていきましょう。 安全性の高いおいしい水が飲める ウォーターサーバーで飲める天然水(あるいはRO水)は、メーカーにより厳しい水質検査や放射性物質検査が行われ、安全面に配慮され、公式サイトでその内容を公開しています。 掲載機種:フレシャスdewo 小さな子どもがいる家庭では特に水には気を使うと思いますが、 赤ちゃんのミルクや離乳食にも使える安全性の高い水です。 もちろん「おいしい水」だというのも大きなメリットですよね。 【関連記事】 2. 冷水と温水がいつでも飲める ウォーターサーバーが自宅にあると、冷水と温水をいつでも飲むことができます。 猛暑の中、帰宅して冷たい水がごくごく飲めたら最高ですよね。 掲載機種:フレシャスdewo mini 寒い冬は、 ガスや電気ケトルでお湯を沸かす手間なく温かいココアなどをすぐに飲むことができます。 掲載機種:フレシャスdewo mini カップ麺などのインスタント食品も温水ですぐにつくることができるので、ウォーターサーバーは「おいしい水が飲みたい」というニーズを満たすだけでなく、生活の利便性も向上させてくれるのです。 水を購入したり持ち帰ったりする手間が省ける スーパーやコンビニでペットボトルの水を購入し、持ち帰るのは大変。 たとえ2Lボトル1本だとしても、袋に入れて歩くことを考えるとやっかいな重さですよね。 まして、2Lボトルを2~3本買おうと思ったら、考えるだけでもイヤになってしまいます。 でもウォーターサーバーがあれば、そんな問題がすべて解決。 買い物の手間、持ち帰る大変さとは無縁で、おいしい水のある生活を楽しめます。 冷蔵庫内のスペースを圧迫しない ペットボトルの水は開封後、冷蔵庫で保管する必要があります。 すると冷蔵庫内のスペースを占有するため、他の食材が入れにくくなってしまいますよね。 仮に、一般的なウォーターサーバーが採用する12Lボトルと同量のペットボトルを入れるとしたら、食材のスペースがなくなってしまいます。 ウォーターサーバーなら 冷蔵庫内のスペースをまったく圧迫せず、冷水をいつでも飲める状態に準備することができます。 災害時の備蓄水にもなる 地震や大雨、台風などの災害時に水道が止まることがあります。 そのようなときに、ウォーターサーバー用にストックしておいた水があれば、備蓄水として利用することができます。 また コック式のサーバーであれば停電時にも水を出せるので、もしものときに安心です。

次の

ウォーターサーバーの汚れ掃除 お手入れ方法をわかりやすく解説

ウォーター サーバー 割高

当サイトの価格表記は、すべて税抜きです。 ウォーターサーバーのコスパは?ペットボトルと水の値段を比較 ペットボトルの水を頻繁に購入して手間を感じている人は、 「もしかしてウォーターサーバーの方がコスパがいいんじゃない?」と思う人もいるのではないでしょうか。 水の値段を、ウォーターサーバーとペットボトルを比較した実際の例を見てみましょう。 上の表を見ればわかるとおり、値段で言うとウォーターサーバーより ペットボトルの方が安いです。 また、単純に値段だけで考えるなら、当然ながら水道水が一番安いのは間違いありません(2Lでも1円以下)。 ただ、コスパは「費用対効果」なので、単純に「安い=コスパが良い」とは言えませんよね。 「その値段を出してどれだけお得があるか」が比べるポイント。 ペットボトルは、冷水を飲むには冷蔵庫内で冷やし、お湯はポットなどに入れ替えて沸かす必要があります。 ウォーターサーバーは、 すぐに冷水と温水が使える便利さが「お得」なポイントでしょう。 「おいしい水をより手軽に飲みたい」と感じている人にとって、ウォーターサーバーはコスパが良いと言えます。 コスパ良好のおすすめウォーターサーバーを紹介 【料金早見表】 ここからは 「ウォーターサーバーのなかでも特にコスパの良いものが知りたい」という人のために、さまざまな観点で「コスパ」を考え、5つのメーカーをピックアップしました。 それぞれのウォーターサーバーの特徴やおすすめのポイントを見ていきましょう。 とにかく月額料金を安くしたい人におすすめ|ワンウェイウォーター Smart 12Lボトル1本1,250円と、 水が業界内でも安いメーカー。 ボトルは本体の下部に設置するタイプで交換がラクだったり、ecoモード搭載と、機能もお得感がある使いやすいウォーターサーバーです。 サーバー 平均月額料金 月額約2,500円 500ml換算 約52円 水の種類 RO水 水代 月2,500円 レンタル代 0円 その他 0円 編集部のおすすめ理由• ボトルの設置場所が足元なのでラクに交換できる• 12Lボトル1本1,250円の低価格• ecoモード搭載で、使わないときは電力50〜60%OFFになり省エネ 一人暮らしの人にもおすすめ|アルピナウォーター エコサーバー 天然水をろ過した水が12L1,050円という安さで、定期購入のノルマもなし。 そのため、一人暮らしの人でも使い切れる本数分だけ注文することができます。 ランニングコストがかなり抑えられるので、 「とにかく安くおいしい水が飲みたい人」にはコスパがいいでしょう。 サーバー 平均月額料金 月額2,972円 500ml換算 約43円 水の種類 RO水 水代(24L) 月2,100円 レンタル代 872円 その他 0円 編集部のおすすめ理由• 12Lボトルの値段が1,050円と、各社標準約1,600円と比べ安い• 注文ノルマがないので、一人暮らしの少ない消費量でもボトルがたまらない• 専門スタッフが配達・回収、サーバー無料交換とサポートが手厚い 赤ちゃんがいる方にもおすすめ|クリクラ クリクラ省エネサーバー 特に子育て向けのウォーターサーバーとして、多くの産院やママに選ばれてきた実績があるメーカー。 水代も安い上に、 メンテナンスなどのサポートも充実していて、 「安心感がある」のがお得な点でしょう。 サーバー 平均月額料金 月額2,704円 500ml換算 約56円 水の種類 RO水 水代(24L) 月2,704円 レンタル代 0円 その他 0円 編集部のおすすめ理由• 故障時の無償対応や、1年に1回サーバーを回収して無料メンテナンス• 省エネサーバーを選べば電気代が約半分に(同社比)• しかしその分、交換しやすい軽量の水パックなど「優秀なサーバー」として、 値段以上の付加価値があると言えます。 サーバー 平均月額料金 月額3,840円 500ml換算 約79円 水の種類 天然水 水代(24L) 月3,840円 レンタル代 0円 その他 0円 編集部のおすすめ理由• グッドデザイン賞とキッズデザイン賞を受賞したデザイン性の高さ• 3つの採水地が選べる天然水• ボタン操作、軽量の水パック、省エネモードなど使い勝手よし 水を大量に使いたい方におすすめ|ウォータースタンド ナノラピア ガーディアン 「水道直結型」という、 水道水を使うタイプのウォーターサーバー。 よって水代は圧倒的に安く、 料理などにたくさん使っても値段が気になりません。 冷水と温水、常温水が安く楽しめるのがお得なポイントです。 サーバー 平均月額料金 月額4,483円 500ml換算 約0. 125円 水の種類 水道水をろ過 水代 (飲み放題) 0円 レンタル代 4,483円 その他 0円 編集部のおすすめ理由• 「水道直結型」タイプで、水道水を浄化して使用するので水代が圧倒的に安い• 卓上型で奥行23cmのコンパクト設計• 瞬間冷温水機能で、タンクレス&省電力 ウォーターサーバーの値段の内訳と月々の使用量の目安は? ここでは、 「ウォーターサーバーの月額料金ってわかりにくい…」とお困りの方のために、月の値段の内訳を紹介します。 しかし、ウォーターサーバー生活における水の消費量は、「家族構成は何人か、水をどれくらい飲むのか、料理には使うのか…」という違いがあるため、家庭によってまちまち。 大まかな目安を算出するのであれば、大人一人で「平均12L/月」といわれています。 ウォーターサーバーの値段の内訳 編集部おすすめのコスパ良好サーバーであるアルピナウォーターのエコサーバーを例に挙げて、料金の内訳を紹介します。 項目 平均月額(24L換算の場合) ボトル料金 2,100円 レンタル料 872円 電気代 (エコモード使用時) 537円 配送料 無料 メンテナンス料 無料 合計 3,509円(+その他の費用) 上記は、あくまでアルピナウォーターの値段の内訳例です。 メーカーによりボトル代に差がありますし、レンタル代が無料だったり、配送料が場所によっては発生したりとさまざま。 月額の値段を比較するためには、 水代やレンタル代などを足したトータルの金額を算出して比べるとよいでしょう。 とはいえ、値段の大半を占めるのが水代。 水の値段を比較する際の最大のポイントは、自分の家庭の水消費量がどのくらいかを知っておくことです。 たくさん水を使う家庭で値段が高い水を使えば、当然ながら月々の料金は割高になります。 逆に、水をあまり使わない一人暮らしの方なら、 「おしゃれなサーバーでちょっと高い天然水を楽しんでみようかな」という選び方もできます。 水の使用量の目安を詳しく見たい方は、「」を参照して下さい。 あなたはどのくらい?月々の水使用量の目安 実際、自分の家庭はどのくらいの水使用量なのかわからないですよね。 下記の表に、世帯人数別の水使用量の目安をまとめてみたので、参考にしてみてください。 一人暮らしの場合 平均水使用量(目安) 平均注文本数 よく外食に行く人 12L 1本 よく自炊+コーヒーなどを飲む人 30L 2~3本 家族がいる方の場合 平均水使用量(目安) 平均注文本数 大人2人 子ども0人 24L 2本 大人2人 子ども1人 36L 3本 大人2人 子ども2人 48L 4~5本 当然ながら、 家族が増えると水の使用量も増えます。 そのため、「ペットボトルの方がリーズナブル」というのは理解していても、月48Lもの水をペットボトルで用意すると買い物が大変ですよね。 また空きボトルも次々に出ることになり、資源ごみを処理する手間も増えます。 ペットボトル・水道水にはない5つのメリット 料金だけで考えると水道水やペットボトルに比べて、決して「コスパがよい」とはいえないウォーターサーバー。 しかし、ウォーターサーバーの利用には多くのメリットがあります。 具体的にどのようなものがあるか見ていきましょう。 安全性の高いおいしい水が飲める ウォーターサーバーで飲める天然水(あるいはRO水)は、メーカーにより厳しい水質検査や放射性物質検査が行われ、安全面に配慮され、公式サイトでその内容を公開しています。 掲載機種:フレシャスdewo 小さな子どもがいる家庭では特に水には気を使うと思いますが、 赤ちゃんのミルクや離乳食にも使える安全性の高い水です。 もちろん「おいしい水」だというのも大きなメリットですよね。 【関連記事】 2. 冷水と温水がいつでも飲める ウォーターサーバーが自宅にあると、冷水と温水をいつでも飲むことができます。 猛暑の中、帰宅して冷たい水がごくごく飲めたら最高ですよね。 掲載機種:フレシャスdewo mini 寒い冬は、 ガスや電気ケトルでお湯を沸かす手間なく温かいココアなどをすぐに飲むことができます。 掲載機種:フレシャスdewo mini カップ麺などのインスタント食品も温水ですぐにつくることができるので、ウォーターサーバーは「おいしい水が飲みたい」というニーズを満たすだけでなく、生活の利便性も向上させてくれるのです。 水を購入したり持ち帰ったりする手間が省ける スーパーやコンビニでペットボトルの水を購入し、持ち帰るのは大変。 たとえ2Lボトル1本だとしても、袋に入れて歩くことを考えるとやっかいな重さですよね。 まして、2Lボトルを2~3本買おうと思ったら、考えるだけでもイヤになってしまいます。 でもウォーターサーバーがあれば、そんな問題がすべて解決。 買い物の手間、持ち帰る大変さとは無縁で、おいしい水のある生活を楽しめます。 冷蔵庫内のスペースを圧迫しない ペットボトルの水は開封後、冷蔵庫で保管する必要があります。 すると冷蔵庫内のスペースを占有するため、他の食材が入れにくくなってしまいますよね。 仮に、一般的なウォーターサーバーが採用する12Lボトルと同量のペットボトルを入れるとしたら、食材のスペースがなくなってしまいます。 ウォーターサーバーなら 冷蔵庫内のスペースをまったく圧迫せず、冷水をいつでも飲める状態に準備することができます。 災害時の備蓄水にもなる 地震や大雨、台風などの災害時に水道が止まることがあります。 そのようなときに、ウォーターサーバー用にストックしておいた水があれば、備蓄水として利用することができます。 また コック式のサーバーであれば停電時にも水を出せるので、もしものときに安心です。

次の