インスタ 料理 加工。 インスタの加工!おしゃれにするには?アプリは?

インスタの写真は加工して統一感を出そう!センスある超便利アプリ

インスタ 料理 加工

デートで行ったレストラン、旅行で出会った現地の料理、みんなで楽しむホームパーティ、お散歩の途中で見つけたおいしいパンなど、おいしいものに出会うとその思い出を残すべく、写真を撮るという方は多いのではないでしょうか。 でも、料理をおいしそうに撮るのって実は結構難しい…。 instagramなどのSNSで「いいね!」が付くようなおいしそうな写真を撮りたい!ということで、今回は の佐藤朗さんにスマホでの写真テクニックを教えてもらってきました! まずは撮りたい写真のイメージを膨らまそう! 佐藤さんが主宰する「フェリカスピコ」のinstagram()にはたくさんのおいしそうな写真が。 おいしそうな写真を撮る上で、まず大切なことは何なのでしょうか? — 2016 5月 3 12:22午前 PDT 「多くの方が料理を前にすると、『わ〜!おいしそう!』と言いながらその場でパシャパシャ撮り始めるんですよね。 でも、大切なのは『どんな写真を撮りたいかイメージする』こと。 何を撮るのか、どんな写真を撮りたいのか、誰に見てもらいたいのか考えて、そのためにはどう撮るのかを逆算して撮っていくことが大切なんです。 プロのカメラマンもいきなりシャッターを切っているわけではなくて、はじめに撮りたい写真をイメージしてから撮っていますから」と佐藤さん。 そんなときは、instagramを見たり、写真集や雑誌を見て「この写真いいな」と思うアイデアを見つけておくことが大事なのだそう。 「ただ『いいな』と思うだけじゃいい写真は撮れないので、この写真はどういう光の使い方をしているのか、『こういう写真を撮るにはどうしたらいいだろう?』と分析することも大切ですね」とのことでした。 ポイント:写真のできあがりをイメージする! 光の向きは斜め逆光か横から! 撮りたい写真のイメージが膨らんだら、いよいよ撮影。 ですが、その前に確認すべきポイントは光。 お料理が運ばれてきたら、席に座りながらその場で撮り始めるという方、多いのではないでしょうか。 「撮影時、特に重要なのは光。 横から光が差している状態か、斜め逆光での撮影がおすすめです。 写真を撮る前に光が差している方向を確認するようにしましょう。 おいしそうな写真というものには、『立体感』と『照り』があります。 『立体感』を作るには、影になる部分と明るい部分を作る必要があるので、逆光(手前に影が落ちる)や横からの光(光が刺していない方に影ができる)がポイントになってくるんです。 逆に、順光(光が当たっている面)で撮ると、全部ハイライトになっちゃうので、のっぺりした写真になります。 また、『照り』を作るには斜め逆光にする必要があるんです」とのこと。 プロのカメラマンは斜め逆光から撮ることが多いそうですが、instagramにおいては横からの光の写真も人気とのことでした。 横からの光、斜め逆光、それぞれ違った印象になるので、試しながら自分のお気に入りのテイストを見つけていくとよいかもしれませんね。 佐藤さんはこんな裏技も教えてくれました。 メニューや白いハンカチなどを光の方向と逆の方向に置くと、レフ板効果になるのだそう。 また、蛍光灯などの照明よりは、自然光のやわらかい光で撮る方がおいしそうに撮れるとのこと。 自宅で撮るのであれば、照明は消して窓辺から入る光に対して逆光か横から撮るとよいですよ。 ポイント:やわらかい斜め逆光か横からの光を利用する カメラでできることを知ろう! 【明るさに関する機能】 さて、次は撮影するカメラの設定です。 正確なかたちで、明るめにすることでおいしそうに撮ることができます。 画面で見ると具材の部分が暗くなってしまいました まずは明るさについて。 先ほど、「斜め逆光から撮る」と教えてもらいましたが、逆光から撮るとどうしても写真は暗くなってしまうもの。 飛び過ぎないように注意しながら調整するとよいでしょう。 明るさもピントもロックできるので、固定した状態で好みの明るさに調整するとよいでしょう。 【正確なかたちで撮る機能】 instagramで、目を引くのが寄りの写真。 スマホで見ることの多い写真は、寄ったアングルの方が被写体の魅力を伝えやすかったり、インパクトを与えます。 しかし、画面いっぱいに撮りたいからといって、被写体に寄って撮影するのは「正確なかたちを撮る」という点では、あまりよくないのだそう。 被写体に寄って撮った写真(左)と望遠で撮った写真(右) 「iPhoneなどのスマホカメラのレンズには広角レンズが付いていることがほとんど。 広角レンズは広く撮れる一方、かたちが歪みやすいのが特徴なので、寄れば寄るほどかたちに歪みが出てしまいます(左の写真)。 歪みのない正確なかたちは望遠で撮ると可能になります。 少し離れた状態からカメラのズーム機能を使い、プラスとマイナスの中間くらいにするといいですね(右の写真)。 画質は多少落ちてしまいますが、大きく引き伸ばしてプリントしたり、大画面で見るのではなく、スマホ画面で見るのであれば気にならない程度だと思います」。 確かに比べてみるとかたちはもちろん、印象も全然違いますね! 画質を落としたくない場合は外付けレンズを使用するとよいそうです。 佐藤さんのおすすめは「momentレンズ」。 これを付けると画質を下げることなくズームすることができます。 ポイント:カメラアプリの設定を知ること! 構図を決めて、いざ撮影! カメラの設定がわかったところで最後は構図を決めましょう。 「ときどき『あとでトリミングすればいい』と思っている人もいますが、instagramに載せる用の写真なら最初からスクエアで、縦の写真なら縦で撮るようにした方がいいです」と佐藤先生。 お料理をどのように配置するのかというのは、撮りたい構図の中で検討する方がよいとのことです。 構図は写真の印象も左右しますし、センスが問われる難しいところですが、まずはinstagramなどで参考にしたい写真を真似するところからスタートでもよいのだとか。 右の写真は、真ん中にグラノーラがあって、その横に脇役としてのスプーンがくしゃっとさせた布の上に置いてある。 その通りにやってみると構図は簡単に真似できるんです。 光についても、影の方向を見ると光が来ている方向がわかりますよね。 グラノーラの写真だと器の左側に影があるので、右側から光が来ているということになりますね。 そういう『撮りたい写真のイメージ』があると、構図やどちら側から撮るかなどが必然的に決まってきます。 撮りながら悩むのではなく、撮るときにはやるべきことが決まっている状態にしておくのがいいですね」。 具材がよく見えるように向きを調整したり、撮る高さを変えたり。 ちょっと角度を変えるだけでいろんな面が見えるのが分かります。 「このサンドイッチを撮ることで伝えたいことはなんだろうと考えたとき、今回は『Bird代官山』のサンドイッチを食べたということを伝えようと思ったんです。 床が芝生というのもこのお店ならではですし、床に置いて撮ってみました。 さらに細かくバランス角度や位置を変えるだけで、印象がグッと変わるのが分かりますよね。 どこから撮るかは自分の好きな位置でOKだけど、どの見え方がよいかを意識することが大切です」。 芝生の上から撮るアイデアも、佐藤さんがさまざまな「撮りたい写真のイメージ」を持っているからこそ!と、思わず脱帽です。 ポイント:おいしそうに見える構図を研究すること! 加工でさらにおしゃれに! せっかく撮った写真は、加工することでさらにレベルアップすることができます。 雰囲気のある写真になっていますね。 「多くの場合、撮った写真はコントラストが低かったり、メリハリがないことが多いので instagramなどで色や明るさ、コントラストなどを調整することをおすすめします。 朝の光や蛍光灯など、光の関係で青みが出てしまうときがありますが、「暖かさ」で調整するだけで、格段に印象が変わります。 アプリはいろいろ試してみたけど、instagramが一番使いやすく便利です」。 「アイデア、光、カメラの設定、構図があっての良い写真ですので、アプリなどでの画像処理は良い写真を撮ってはじめて生かされるものです。 今日お話したポイントをおさえ、おいしい写真を撮ってみてください」。 知っているようで知らない機能がたくさんあり、そして、ちょっとしたコツでびっくりするほどおいしそうに撮れることがわかりました。 なんとなく撮るのではなく、「おいしい写真を撮る」ことを意識しながら撮りたいものです。 ぜひ、おいしい食べ物や料理に出会った際は、今回のコツを思い出し撮ってみてください。 佐藤 朗(さとう あきら)• 1978年生まれ。 日本大学芸術学部卒業後、2003年にフォトグラファーとして独立。 現在、書籍、雑誌、web、広告などで撮影。 2011年に料理専門のを立ち上げ、いままで約3000人が教室に参加している。 著書に「もっとおいしく撮れる!お料理写真10のコツ」 青春出版• Instagram:•

次の

カメラマンが伝授!おしゃれな写真を撮るコツ&加工方法♪

インスタ 料理 加工

「あのインスタグラマーは写真を加工しているのかな?」 「私でも可愛くなれるのかな?」 このように気になっているインスタグラマーがいると、写真を加工しているのか、どのような加工をしているのか気になったことがあるのではないでしょうか? 結論を言えば、インスタグラマーの多くが写真加工をしています。 しかし、加工をどのように行うのかはインスタグラマーにより異なります。 そこで、この記事ではインスタグラマーが写真加工を行うのかどうかだけではなく、加工がどのように行われるのかも詳しく説明していきます。 最期まで読んで頂ければ、インスタグラマーと同じ写真加工をできるようになります! ちなみに、加工アプリについてもっとよく知りたい方は 『【おしゃれな写真加工が知りたい】人気のスマホ写真加工アプリと撮影のコツ』がおすすめですよ。 Contents• 1.インスタグラマーは写真加工をしているの? インスタグラマーの多くが写真の加工を行っています。 なぜ、写真を加工するのかというと可愛く見せたいという部分も当然あるのですが、写真の質や見栄えをあげ統一感を持たせるためです。 近年では、スマホで撮影した写真であっても画質もよくキレイな写真が仕上がります。 しかし、撮影したままの写真では、撮影時の状況(日光、角度、距離感など)によって写真の出来栄えには差が生じます。 そのため、 インスタグラマーは写真の質や見栄えをよくし、統一感を持たせるために写真加工を行うのです。 2.素人でも加工は簡単? 実は、写真加工自体は素人でも問題なく簡単に行うことが可能です。 ここでは、専門的な知識も必要なく簡単に写真加工を行う方法を説明していきます。 (1)一番簡単な方法はインスタ標準機能のフィルターを使う 素人でも簡単に写真を加工する方法は、インスタグラムに標準で搭載されているフィルター機能を使うことです。 インスタグラムには写真加工を手軽にできるフィルター機能が搭載されています。 フィルター機能があること自体は知っている人が多いでしょう。 しかし、実際にフィルターを使ったことがない人も多いと思うので、この機会にぜひフィルター機能を使って写真のクオリティアップを狙ってみましょう! (2)おすすめのインスタ標準フィルター10選 インスタグラムに標準で搭載されているフィルターは全40種類もあります。 そのため、実際にフィルターを使おうとしてもどのフィルターを使うのがよいのか迷いが出てくることでしょう。 そこで、ここではインスタに標準で搭載されているフィルターの中でもおすすめを10選を紹介していきます。 まず、フィルターを使っていない写真はこちらです。 フィルターを使うと、この写真がどのように変化するのか確認してみてください。 #1:Lo-Fi 発色のコントラストを鮮やかにしてくれるフィルターです。 写真の明暗がはっきりするため、料理を撮影するときに特に適したフィルターです。 また、被写体をアップで撮影するときにも適しています。 屋外で建物などを撮影すると、雰囲気がある写真に加工することが可能です。 その反面周辺は暗くなるので、使い方を誤ると単純に暗い写真になってしまうため注意が必要です。 #3:Mayfair ピンクの色味が強めにでるフィルターで女性人気が高いフィルターです。 写真の四隅が若干暗くなる効果も入るため、写真自体に雰囲気が出ます。 風景写真や、雑貨などの写真をいつもと違った雰囲気に仕上げたいときにおすすめです。 #4:Valenicia 彩度を落とすフィルターです。 写真を色あせさせることができ、全体的に暖色系の温かい写真に仕上げることが可能です。 何となく使っても、おしゃれ感を出すことができるおすすめのフィルターです。 #5:Rise フィルター名からわかるとおり、全体的に日を浴びたような加工をしてくれます。 オレンジ色が出やすく明るいながらも、レトロ感を出すことができるフィルターです。 人物写真の加工にも、風景写真の加工にも使いやすいです。 #6:Willow 写真をモノクロに加工するフィルターです。 モノクロの柔らかい印象に仕上げてくれる点にも特徴があります。 人物の肌がきれいに見えるので、人物撮影にも適しています。 #7:Brannan セピア調の写真に加工してくれるフィルターです。 全体的に若干暗くなり、黄色も若干ですが強調されます。 料理写真や風景写真を雰囲気たっぷりの写真にしたいときにおすすめです。 #8:Walden 優しいふんわりした雰囲気の加工ができるフィルターです。 クリーム感のある柔らかく、優しい雰囲気に仕上げることができます。 ほんわかした写真に加工したい人におすすめです。 #9:Kelvin オレンジ色が濃く発色されるフィルターです。 オレンジ色の発色だけではなく、全体的にシャープな印象を与えることもできます。 発色を活かして、夕焼けなど自然光の中で撮影した写真の加工におすすめです。 #10:Gingham 全体の色合いを落ち着いたものにしてくれるフィルターです。 落ち着いた色合いは、フィルム写真を思わせるもので手軽に雰囲気ある写真に加工することができます。 優しい写真を多くしたい人におすすめできます。 3.おすすめの加工アプリ7選 インスタグラムに標準で搭載されているフィルターでも、ある程度は加工を行うことができます。 しかし、インスタグラマーとして人気がある人の多くが、標準のフィルターではなく加工アプリ使っています。 そこで、ここではインスタグラマーのような本格的な加工を行いたい人のために、おすすめのアプリ7選を紹介していきます。 (1)VSOC インスタグラマーに限らず、一般人でも使っている人が多い加工アプリが『VSCO』です。 フィルターの数が豊富なため、あなたの感性にあったフィルターもきっと見つかります。 どれにするか迷った場合は、こちらを利用してみると良いでしょう。 App Store Google Play (2)Foodie 『Foodie』は料理を撮影するのに特化した加工アプリになります。 このアプリで撮影された料理は、素材が際立ちとても美味しそうに見えるのです。 しかし、実は料理をインスタにアップしたい人だけではなく、人物写真の加工に使うと肌の発色が良くなるという評判もあります。 App Store Google Play (3)カメラ 360 『カメラ 360』は自撮り撮影に特化した加工アプリです。 一番の特徴は、100種類を超える多彩なフィルターを備えていることです。 また、自撮り撮影のための加工アプリということで、目の補正や、小顔補正・歯のホワイトニングなど自撮り撮影の見栄えをアップさせる機能が多く用意されています。 App Store Google Play (4)Adobe Light room 『Adobe Light room』には簡単に加工ができるフィルタ機能はありません。 しかし、色温度・彩度などを細かく調整することができるため、写真の色合いを自分好みに加工したい人におすすめできます。 自動補正機能も備わっているので、細かい調整ができない人でも手軽に質の高い加工を行うことが可能です。 App Store Google Play (5)SNOW 加工アプリとしては説明不要なほど有名なのが『SNOW』です。 変装・扮装アプリとして使われることも多いのですが、メイク機能がついているなど加工アプリとしても使いどころは非常に多いです。 風景などよりも人物の加工を重点的に行いたい人におすすめです。 App Store Google Play (6)MOLDIV 『MOLDIV』は、自撮りにも小物撮影時の加工に使いやすい加工アプリです。 『MOLDIV』が強く支持されているのがキラキラ効果が出るフィルタが備わっていることです。 特に宝石や、夜景、水などをキラキラ表現させることで個性あふれる写真に加工することが可能です。 App Store Google Play (7)Phonto 『Phonto』はこれまで紹介してきた加工アプリとは違い、文字入れ加工を行うものになります。 用意されているフォント200種類以上(日本語30種類以上)もあるため、好みにあったフォントを見つけることができます。 風景や人物の移り具合の加工ではなく、文字入れ加工をしたい人はぜひ利用してみてください。 App Store Google Play 4.加工をするときに大事なことは? 写真を加工するときに知っておくべき大事なことが次の2つあります。 雰囲気を統一する• 何が変化をするか知る 順に説明していくので、写真を加工するときに役立ててください。 (1)雰囲気はなるべく統一する 写真の雰囲気はできるかぎり統一するのが大事です。 インスタグラムの写真は一枚ずつ見られることもありますが、複数枚を一覧できる状態で見られることもあります。 そのため、写真によって印象にバラつきがあると統一感がないインスタグラムアカウントだと思われてしまいます。 そこで、大事になるのが掲載されている写真の印象になるべく統一感を持たせるということです。 写真加工の初心者で統一感を持たせることに自信がない場合は、フィルター機能を使った加工に留めてなるべく同じフィルターを使うようにすると良いでしょう。 加工技術をあげていきたい場合は、次で説明する彩度やコントラストなどの言葉どのような意味を把握して取り組んでみてください。 (2)操作することで何が変化するのか知る 加工をするのであれば、何を調整したらどのような調整をされるのかを知っておく必要があります。 写真を加工する場合でもフィルターを使うだけであったり、アプリによっては加工をほぼ自動で行えるものも多いです。 しかし、加工を本格的にしたい場合は、調整を手動でできるようにしたほうが良いです。 そこで、ここでは加工をするときに、それぞれの言葉がどのような意味を持つのかを説明していきます。 それぞれの言葉の意味を把握して、加工をするときに何をどう調整すればいいのかを決める参考にしてください。 #1:彩度 彩度は 『色の鮮やかさ』を意味します。 彩度を高くすると色が鮮やかに際立ち、低くするとモノクロのような画像に近づいていきます。 #2:コントラスト コントラストは 『明るい・暗いの差』を意味します。 コントラストを高くすると明るいところと暗いところの差が大きくなり、写真ははっきりとした輪郭が強調されるような加工がされます。 低くすると輪郭がぼやけてくるような感じになり、ふわっとした加工がされます。 #3:シャドウ(影) シャドウは 『暗さの調整』を意味します。 シャドウを高くすると暗い部分が更に暗くなり、低くすると暗さが弱まります。 #4:フェード フェードは 『色あせの調整』を意味します。 フェードを高くすると色あせの度合いが高くなります。 #5:ストラクチャー ストラクチャーは 『輪郭や質感の調整』を意味します。 ストラクチャーを高くすると輪郭や質感がはっきりしてきます。 #6:露光量 露光量は 『光の量』を意味します。 露光量を高くすると写真全体の明るさが増し、低くすると暗くなります。 #7:粒子 粒子は 『ザラザラした質感』への調整ができることを意味します。 粒子を高くするとザラザラした質感の印象的な写真に加工することができます。 #8:アンビアンス アンビアンスは 『光のバランス』を調整できることを意味します。 アンビアンスを高くすることで写真全体を明るくすることができます。 イメージ的には彩度とコントラストを合わせたような加工が行われます。 5.まとめ この記事ではインスタグラマーが写真加工をしているのかどうかという基本的なことから、加工方法まで紹介してきました。 加工をすると言っても、この記事で説明したとおりフィルターを使うことで簡単に加工をすることもできます。 写真を適切に加工することで、憧れのインスタグラマーに一歩近づけるかもしれません。 高度な加工ではなく、日常のちょっとした写真にちょっとした加工からすることをおすすめします。 ちょっとした加工をした写真で『いいね!』をたくさん貰えれば、それをきっかけに本格的な加工をしてインスタグラマーを目指したくなるかもしれませんよ! ちなみに、写真加工アプリについては 『もっといいねを貰いたい!かわいい写真加工ができるアプリ13選』でも紹介しているのでこちらもチェックしましょう。

次の

料理をインスタ映えさせるオススメ撮り方10選!美味しく料理を撮影!

インスタ 料理 加工

もちろん、ときどき見せる自然な自撮りであれば友達も好感をもって「いいね!」をしてくれるのですが、 芸能人じゃないのに毎日自撮り写真をアップしていたらさすがにうざいですよね。 また、 スッピンの自撮りをインスタにアップしている女子もいますが、「アイドル気分?」だとか、「自分に酔っているの?」と思われる可能性が大きいです。 スタンプを使って自分の画像をかわいく加工できるので自信のない自撮りでも良い感じ盛ってに見せられるんですよね。 ただしスノーで 「可愛い!」と思ってくれるのは中高生といった10代までで、20代や30代の良い年した女性がスノーで加工した自撮りをインスタにアップしていたらうざい、というかむしろ痛いですよね。 就職してもスノーで加工した画像をインスタあげていたら、仕事で疲れた友達もおもわず 「うざい... 」と思ってしまうかもしれないので注意です。 男性からすれば時々見せるインスタ女子の手料理写真は好感が持てますよね? しかし、 毎日作ったお弁当や夕飯の画像を投稿している場合は要注意です。 もはや食べるためではなく、インスタに投稿するために料理を頑張っているようにしか見えなくなりますよね。 さらに、手料理をアピールしているのにハッシュタグに 「手抜き」や 「不器用」なんてあったらさすがに「うざい!」と思ってしまします。 「〇〇買った!」、 「やっと欲しかった〇〇が手に入った!」という感じで自分の買った高級ブランド品を注目させるようなインスタもありますが、もっとうざいのが ブランド品のチラ見せ自慢です。 「〇〇なう」、「〇〇した」という、一見普通のインスタ画像に見せかけて、 ブランドの財布をうつしたり、 高級時計を見せたりなんかしているインスタ女子がいますよね。 ネックレスや指輪なんていうケースもあります。 自分のブランド品を見せたい気持ちも分かりますが、 他人からすればただの自慢にしか見えません・・・! また、インスタのために高級ブランド品を購入して、 写真をとったらメルカリで売るなんてもってのほかです。 そういう見え見えなアピールはバレていないと思っていても、フォロワーは怪しいと思っていますよ。 最近ではお店側もインスタ用に可愛い盛りつけにしているところも増えています。 自分のフォロワーが食べたことのないようなスイーツであれば良いものの、さすがにみんな行ったことのあったり知っているお店のスイーツ写真ばかりを投稿していたら見飽きますよね。 名古屋の大須にある 「Little Baby Dog's(リトルベビードッグス)」の可愛いデコアイスクリームがインスタで話題になっているのですが、みんな写真を撮った後に アイスを食べずに捨てるそうですね・・・。 また、関連して足元を写すような写真も見飽きたインスタ投稿の1つになっているので注意です。 確かにスタバはおしゃれだけど、東京にはどこにもありますし他の都道府県でも珍しいお店ではなくなってきています。 そんな スタバの画像を週に何回もアップしていたらさすがにうざいですよね。 また、スタバで仕事をしています、勉強していますアピールの画像も 「黙ってやれ!」とフォロワーに心の中で言われそうなので注意です。 ハッシュタグはよくブランド名や場所、キャラクターや話題になっているものをつけるといいね!やフォロワーが増えると言われています。 そんなハッシュタグをまるで ポエムのように長い文章だったり、 自分の気持ちや 日記のように書いているインスタ女子がいますよね。 ハッシュタグでボケたり謙遜したりしている人もいますが、大体スベってます。。。 また、自撮り写真に全然関係のない大量のハッシュタグをつけていたりしますが、 「何のアピール?」と思われるかうざいと思われてしまうので注意です。 LINEや直接言えばいいのに、彼氏のことを 「〇〇だからかっこいい!」、 「〇〇だから本当に大好き!」とインスタに投稿ばかりしていたら、フォロワーの友達もさすがにうざいと思ってしまいます。 本当に友達が多い人でも、そんなに毎回友達と一緒に撮ってインスタにアップしないですよね。 インスタでフォロワーになっている人は大体自分のことを知っている人が多いため、 無理やり撮った画像はバレる可能性が大です。 また、最近ではインスタに載せるための 友達役を依頼できる便利屋もあるようですが、嘘をついてそんなのを使っても痛いだけですよね。 悲劇のヒロイン気取りの投稿 インスタだけでなくツイッターやラインでもうざいと思われがちなのが 「かまってちゃん」アピールの投稿です。 自分の気持ちをわかってほしいのか、相手にしてほしいのかと思うような暗い背景の写真や、ポエムやネガティブなコメント、意味深なハッシュタグなど、思わせぶりな投稿はうざいと思われてしまうので要注意です。 「疲れた」、 「死にたい」、 「嫌い」というような言葉はインスタでは使わないほうが良いですよね。 ストーリーは短い動画や写真を投稿できて、24時間で消えるのが特徴なんですよね。 自分が今何をしているかをインスタで伝えることができるのですが、 1時間おきにアップされたストーリーなんかはさすがにうざいと思われてしまいます。 そもそも、芸能人ではなく一般人のインスタ女子がどこへ行って何を食べて、何を買ったとか、そんなに詳しく知りたくなるもんでしょうか。。 嫌いなインスタ女子の代表!?西上まなみのインスタがうざいと話題 ここまでインスタ女子のうざいあるあるをご紹介してきましたが、芸能人の中でそんな特徴がメチャクチャあるのはモデルの 「西上まなみ」です! A post shared by xxmanachalxx on Jun 23, 2017 at 5:14am PDT 西上まなみは以前、 「ニノさんSP」という番組で 「生活の全てをインスタに支配されている女」として紹介されました。 いわゆるインスタ依存です。 この西上まなみはインスタ映えする画像を撮りたいががめに、偽装した投稿をアップしまくっているんですよね。 たとえば西上まなみは友達がほとんどいないのにカフェで2人分の料理を注文して友達と来ているとインスタにアップしたり、友達に励まされたと嘘ポエムを書いたり、テーマパークに行って知らない人に一緒に写真を撮ってもらったりと、 インスタで嘘をつきまくっているようです・・・! 芸能人だからインスタをよく見せたいというのはありますが、嘘をついたリア充アピールはいつか絶対にバレるものです。 インスタ上で嘘がバレたらただの痛い女、うざい女として見られてしまうので インスタで見栄をはるのはやめた方が良いですよね。

次の